養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

兎に角一番人気でした!!

この車両ほど不思議な車両もないと思う。実際にはレギュラーを退いた
のは1980年の事になります。37年も前にレギュラーの座を譲ったこの車両
が今も圧倒的な人気を誇るのです。

 バス車両の不思議。バス車両といえば95-3ロンドンバスですね。この車
両は現行のロンドンバスのモデルがどんどん変化し、現代では超近代的な
車両に変わっているにも関らず。旧タイプの車両がモデルチェンジするこ
ともなく延々と作り続けられている。

 そして相変わらずの人気を誇っているのです。この車両も、多分自分が
トミカファンをしているうちに姿を変える事もないのではないか、そんな
気がしています。

 他のミニチュアカーメーカーでもこんなロングランのモデルってあるん
だろうか?不思議ですね。日本のミニチュアカーの大好きだという基準は
一体どこにあるんでしょうね?無条件にバスは好き!!なんだろうか。
 ま、人気のモデルに対して理由を考えるのはヤボって物でしょうね。こ
れはこれでほっておきましょう。

 出本日のモデルもバスモデルなんですが、やはり相変わらず、何かのイ
ベントや節目に登場してくるんですね。そしてその都度大人気になる。
 何で廃盤にしたんでしょうね?その古さを考えると、間違いなく何度か
金型が作り直されている物と考えられます。個人的に新たな試みとして、
レギュラーに復活なんてのも面白くないですかね!!37年のブランクを超
えてレギュラー復活。これも話題つくりとしては非常に楽しいのではない
か、そんな気がするんですが。

 本日はそんな不思議なモデルの紹介になります。組み立て工場最終日は
こんな車両が登場してまいります。

トミカ組み立て工場 ★★★★第17弾
TOMICA ASSEMBLY FACTORY
いすゞボンネットバス
2016.04
6-2 いすゞ ボンネット タイプ バス
1976.03~1980.07
2017032301.jpg

ブルー
2017032302.jpg
(トミカ 4332)

レッド
2017032303.jpg
(トミカ 4333)

グリーン
2017032304.jpg
(トミカ 4334)

 一体どのくらいのモデルが過去登場してるんでしょうね?出るたび話題
になるボンネットバス。
 実車の方は現存する車両の殆どがレストアを経験した車両達だと思いま
す。バスとして生まれてきていますので、一度現役を引退したとき、もう
車両自体限界ギリギリだったと思うのです。

 廃棄処分されたり、下取りに出されたり。その運命は色々だったでしょ
う。スクラップになってしまった車両に関しては、どうすることも出来ま
せんが、放置されボロボロになった車両に関しては、ベースがあれば何と
かレストアすることが出来る。
 しかしそうしてレストアした車両すら、現在2回目の引退を向かえ、実
際の車両としての仕事は終わろうとしているようです。

 個人のコレクターさんの手によって生き延びていく車両も少なくないと
は思いますが、それでも走る姿を見るのは実にまれなことだと思います。

 排ガス等の問題もありますしね。なかなか大手を振って車検を通すって
のが難しいと思います。

 日本の国の方針として、いやメーカーの方針なんだろうね。古いものは
どんどんなくそうとする。税金もどんどん高くなっていく。普通ありえな
いことだよね。お年寄りをいたわろうなんて気持ちは微塵もないようだ。

 我が家のもう一台も、税金は上がるだけです。なんだか嫌なやり方です
ね。マニアはそんなことには負けないようですけどね。(笑)何とか維持
していくんですよ。多分ね。

 今回のこのバスのカラーリング。懲りましたね!!なかなか面白い仕様
だと思います。この古い形が時代を経ることで、今の子供さんには新しい
未来的な車両に見えているのかもしれないですね。

 さ、こんな所で今回のトミカ博紹介もやっと終了です。やはり毎年楽し
みです。さ、もう少しで大阪のトミカ博が始まります。今年はどんなトミ
カ達が登場してくるんでしょうね!今から楽しみです。ということで、こ
のブログではまた来年かな。ではまた。
スポンサーサイト

自分この車両すきだったかな?

なんか今回のトミカ博の組み立て工場のなかでどれが一番?って聞かれ
たら、ひょっとしたら本日紹介する車両かもしれないです。

 過去この車両も色々なバリエーションが登場してきていると思うのです
が、2014年に新金型が登場してから、一気に出来が良くなった気がするん
です。
 全体の造形が非常に良くなってきた気がします。特にフロント部分が非
常に実車を上手く表現している気がします。スカイライン系統の車両に、
自分それ程興味がなかったんですが、なんかこの新金型の車両大好きです。

そしてカラーの分け方も独特で大好きです。この色分けしてくるのは、こ
の車両の系統だけなんじゃないのかな。なかなかこういったさりげない感
じが物凄く好きです。

 しかし地味かといえば、全然そんなこともなく、しっかり主張してくる
んです。トミカ組み立て工場の中でも非常に良く出来た車両の中の一つな
んじゃないのか、そんな風に感じております。
 本日の車両なんですが、こんな車両が登場してまいります。

トミカ組み立て工場 ★★★★第15弾
TOMICA ASSEMBLY FACTORY
2016.
日産 スカイラインGT-R(R32) (新金型)
2014.04
2017032201.jpg

ブルー
2017032202.jpg
(トミカ 4329)

レッド
2017032203.jpg
(トミカ 4330)

グリーン
2017032204.jpg
(トミカ 4331)

 R32!!いいですね!!最高じゃないですか。自分の中で仕事していて、一
番印象に残っている車両がこれです。
 
 もうGT-Rって出ないんじゃないのかな?って思いながら仕事していた時
期に、満を持して登場したのがR32でした。試乗会等も一番多かったマシン
がこのR32だったように思います。
 そして鈴鹿の第2コーナーでスピンしたという、とんでもない記憶を持
っております。
 なかなかスピンするようなマシンじゃないんですけどね。ちょっと深く
突っ込みすぎました。(笑)隣に乗ってたテストドライバーの方が、笑っ
てました。この車両でスピンした人見たの始めてでっすって。(笑)

 結構車両の限界は高いところにあるので、普通スピンなんてしないので
しょうが、サーキットは別です。車両特性より、タイヤが追いつかなかっ
た気がします。スリックなら、間違いなく回りきれたと思います。
 ま、運転が下手だったって事ですね。(笑)未熟者でした。

 今も忘れない。GT-R R32 NISMO 楽しい車両でした。こんな派手な車両
じゃなかったけどね。ガンメタの渋~い、車両でした。しかし気持ちよか
ったな~そんな記憶だけが残っております。

 そんな思いもあってか、今回のマシン結構好きです。久しぶりに良い組
み立て工場のマシンでした。

 さ、明日の組み立て工場の車両で今回のトミカ博紹介終了になります。
頑張って紹介して行きます。ではまた明日です。

トミカ博最後のシリーズ物。

トミカ博で何が一番時間がかかるって、本日紹介するイベントが一番時
間がかかるのです。そ、本日より紹介するのは組み立て工場です。養さん
と時間かけながら、作って頂いて結構楽しんでいるイベントなんです。

 毎年あたらしい物が登場してきます。自分思うんですが、この組み立て
工場の順番待ちをしているとき、トミカで今どんなものが人気なのか結構
判るんですよね。
 
 年齢層にもよるんですが、トミカ博名古屋初日の組み立て工場で一番時
間が掛からず作ることができたのが、本日紹介するトミカでした。ちょっ
と驚きですよね。対照が大人だけだったら、間違いなくこのトミカが一番
大行列が出来ると思うのですが、当日の子供さんの目当てはここではなか
ったようです。

 トミカ博のメインは小さなトミカ仲間ですから、仕方ないです。

 トミカ博の中でも最も親御さんの我慢が必要なのがこのイベントなんで
しょうね。最初は我慢して並んでいるんですが、流石にその待ち時間が30
分を超える訳ですから、子供さんが我慢できるはずもなく、そのうちぐず
りだす、なだめすかしながら、少しづつ前に進んでいく。そして後すこし
って所で離脱していく親子連れをよく見かけます。
 最後まで辿り着く小さなファンは実に少ない。ある意味勝ち組です。(笑)

 最後は親が切れるパターンが多いですね。可哀想だがどうにもならない。

 トミカ博の組み立て工場に参加することで、泣こうがあがこうが、手に
入らないものがあるんだと子供は思い知ることになります。良い勉強の場
となっているのではないのか、そんな風に感じております。

 さてそんな組み立て工場ですが、大人としてはメインのトミカから紹介
になってしまいました。しょうがないです。番号の若い順に紹介していま
すので。本日の組み立て工場こんな車両の登場になります。

トミカ組み立て工場 ★★★★第6弾
TOMICA ASSEMBLY FACTORY
2016.04
46-8  トヨタ86
2012.06~2016.06
2017032101.jpg

ブルー
2017032104.jpg
(トミカ 4326)

レッド
2017032103.jpg
(トミカ 4327)

イエロー
2017032102.jpg
(トミカ 4328)

 まさかまさかの86からの紹介になりました。現在86は後期型が発売され
ておりますので、型としては少し古いものになりますね。
 しかし圧倒的な人気を誇っている車種です。

 トヨタさんのドル箱車種ですね。今回の仕様なんですが、いわゆるツー
トンですね。ボンネットはレーシーな雰囲気を醸し出す、カーボン調の艶
消しとなっています。こってますね。これは確実に組み立て工場としては
人気が出るのは間違いない!!そう思いますよね、普通。

 会場に行ったら、一番行列が短かったです。ま、同時にある組み立て工
場の中に働く車があれば、小さなトミカ仲間の人気は間違いなくそちらに
向くのです。スポーツカーは残念ながらあまり人気がないようです。それ
が平たくなればなるほど、人気がなくなっていくように感じます。

 形は小さな手で握る感覚に重点が置かれるのだろうか?このトミカの握
り心地はあまりよくなかったようです。
 今回このトミカ購入に並んでいたのは、C国のトランクを持ったトミカに
殆ど興味のなさそうな若い女性が一杯でした。こんなところにも変な爆買
い事情が存在しているんです。なんだか並ぶ風景も変わってきてますね。
 果たしてこの風景いつまで続くことやら。

 さて初日は86でした。あすも組み立て工場紹介続きます。よろしくお付
き合い下さい。

少しづつですがリハビリ

いや~この三連休強烈でした。とんでもない強行軍が続きました。今回
は養さんが行きたいところと、見たいところメインで動いてきました。
 もう体力的には一杯一杯ですが、結構楽しい3日間過ごしてまいりました。

 ま、遊びばかりじゃなかったんですが、それでもしっかり楽しむのが我
が家的でございます。
 久しぶりにガッツリ疲れましたが、楽しかったです。

 流石にこれだけ動き回ると、文を書くだけの体力が残ってない。久しぶ
りです。人間ってギリギリまで動くと、全然頭が働かなくなっちゃうんで
すね。睡眠時間がそれ程少ないわけでもなかったんですが、しっかり疲れ
果てた感があります。

 少し驚いたのは、全然頭が働かなくなったとき、コーヒー飲んだら結構
頭動くようになるんですね。本当にコーヒーって効果があるんだなと、初
めて感じました。

 と色々なことに改めて感動しながら、少しづつリハビリを。完全に遊び
モードに入ってしまうと、なかなか戻れないものですね。

 さて本日の一台で販売ブースにあった物は終了です。昨日も書いたので
すが一年に1チーム登場させる気なんだろうか?
 自分は野球に全く興味がないので、どのチームのが欲しいとか言うのが
全くないんですが、こういう風に出だすと、自分が贔屓にしてるチームの
が早く欲しいって思うのが、ファン心理って物じゃないんですかね。なん
か拍車が掛かりそうな気がしてきたな。ちょと怖い。(笑)
 自分は購入していないんですが、武将シリーズなんてトミカのシリーズ
もあるようです。でも個人的な感覚だと、コレクターズアイテムとしては
この球団集めたトミカのほうが魅力感じるんだけどな…。

 と言う事で、本日の一台です。

37-5 コカ・コーラ イベントカー
2006.07~2009.10
トミカイベントモデル コラボトミカ
阪神タイガーズ×トミカ
2016.04
2017032001.jpg
2017032002.jpg
(トミカ 4325)

 でたな~~。大阪トミカ博でこれ売り出したわけですよね。絶対に売れ
たんだろうな。自分大阪トミカ博一度も行ったことないんですよ。トミカ
博の一年がここから始まっていくんです。
 トミカ好きにとっては特別なイベントなんですよ。

 今回も関西を回っていて、あちこちでトミカ博大阪のポスター見かけま
した。あのポスターって奴は、不思議なくらい人の心を盛り上げるんです
よね。印刷物のもつ力おおきいです。

 昨年のトミカ博で登場した阪神タイガース仕様。今年は開催地ごとに登
場させたりしたら面白いのにね。
 幸いなことに、トミカ博って全国で開催されているんですよね!!上手
くあちこちで登場したら、自分達最後に開催される、名古屋も楽しみが出
来るって物です。

 ご当地物ってのはなかなか魅力のあるものです。でもこんなこと書いて
るくせに、どこの球団がどこの都道府県の名前が付いてるのかよく判らな
いのです。兎に角興味がないもので。
 そんな野球知らない奴に、せめてチームの事知らせる情報キットとして
トミカ利用するのも面白いよね!!

 さて、明日から通常の仕事に戻っていくわけですが、本当に戻れるのだ
ろうか?(笑)ちょいと心配です。

 明日もまだ、トミカ博の続きです。頑張って〆ていきます。ではまた明
日。

昨日は失礼いたしました。

なかなか難しいですね!PCってやつは。本日もあまり本調子ではないの
で、少々短めになるかもしれません申し訳ないです。

 さて本日のトミカなんですが以前にも紹介しております。かれこれ2年程
前になりますかね。トミカとのコラボとして登場して来た商品になります。

 色々な物が実験的に登場してくるんですね。前回もトミカ仲間の方にお
願いして購入することになったんです。今回はトミカ博名古屋の会場にて
販売になっておりましたので、改めて購入してまいりました。
 生産ロットも2016年4月になっておりましたので、自分には判らない、
何か違いがあるのかも知れないです。

 残念ながら自分にはそれを比べるだけのベースがないので。までも、な
かなか入手出来る場所もわかりませんし、購入できるときに購入する。こ
れ鉄則ですね。
 今回基本的に違いが判りませんので、、今回はトミカの連番なしでいき
ます。
 本日はこんな一台を紹介していこうと考えております。

37-6 コカ・コーラ イベントカー
2009.10~2012.02
トミカイベントモデル コレボトミカ
東北楽天ゴールデンイーグルス×トミカ
2015.08
2017031901.jpg
2017031902.jpg
(トミカ 4324)

 実際に販売している所を見たことがないので、どんなところで販売する
ために製作された車両なんでしょうね?トミカにはなかなか判らないこと
が多いですね!
 
 ひょっとして、野球場とかでは発売されているんだろうか?球場とかで
発売しても、こういったものに興味のない方が多そうですので、やはり処
理仕切れなかったんだろうか?の割にはロットがトミカ博開催されたころ
です。
 なんだかトミカ博のために再生産された感じがしますね。野球とは全然
関係ない感じが漂ってきますね。

 しかし、今回会場でこのトミカの仲間みたいなトミカを発見しました。
と言う事は、以前にもあったように、プロ野球チームのシリーズ作ろうと
してない?また新しいシリーズですか。少し怖いな。

 トミカ博はお祭り的に購入してますので、1台くらい増えても何の問題も
ないのですが。
 こんなところでもトミカの増殖は続いている感じですね。怖い怖い。

 さてやっと記事がアップできました。一安心です。明日も何とか更新出
来る気がして来ました。頑張ります。
 いや~しかし疲れてるな。もう少し頑張ります。ではまた明日です。
 なんか記事が、支離滅裂になってる。

FC2Ad