養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

今月は結局外車だけだったんだね。

いつの頃からか、トミカの中でランボルギーニが登場するようになった
んですよね。イタリア車って基本的にトミカに対して非常に厳しい時期が
あったんです。
 現在もそうなんですが、ランボルギーニですら、サイドミラーはありま
せん。このサイドミラーがないというのが、トミカの売りみたいになって
る。子供さんの安全性を考えて、なんでも口に入れる子供さん。それを考
慮に入れ出来る限り凹凸をなくしているのだそうだ。

 基本的にスケールモデルじゃないぞって言うのが、イタリア車のデザイ
ン重視姿勢にものすごく訴えかけてきた。デザインをデフォルメするって
のが許せなかったらしい。
 でも、このトミカで最も大きいデフォルメのサイドミラーなしが、世界
的に自動車の主流になりそうな勢いです。

 日本でもサイドミラーレスが主流化してきそうな勢いです。交通事故が
起きた際もサイドミラーがおおきな影響を及ぼす可能性もある。あくまで
も可能性ですからね。出来る限り突起物は少ない方がいいよね。

 それと最近のモニターの能力が非常に拡大したことが、お堅い日本の国
を動かしたのだと思います。元々はバックモニターあたりから流れが変わ
ってきたんですよね。トラック。特にパネルバンにはルームミラーが付い
ているのですが、ただの飾りのようになっていた。サイドミラーを大型化
しただけで。真後ろを確認するものはなかったわけです。
 それがバックモニターのミラー化というべきか、モニターの進化という
べきか、全てのモニター系が進化しだした。

 鏡を使うというある意味旧式な考えが、通常化したシステムに、久しぶ
りに新たなシステムが導入されつつある現在です。

 まだ販売車両でサイドミラーなしの車体は見ていませんが、車両がトミ
カ化していく事は間違いない感じですね。

 そうなれば、デザイン重視のイタリア車もトミカに対して一つの不安要
因が消えていくのかも知れないですね。
 今でもランボルギーニ社は気にしていないようですけどね。

 本日は細かいことは気にしない!!(笑)トミカでも十分カッコイイか
ら問題ないんだと思うんですけどね。そんなランボルギーニ社の新車を!
こんな感じで登場してきます。

81-6 ランボルギーニ チェンテナリオ
2017.02~
2017042601.jpg
2017042603.jpg
(トミカ 4361) 

初回特別仕様
2017042602.jpg
2017042604.jpg
(トミカ 4362) 

 自分ね、極まれな自動車好きなんだろうと思うのですが、ランボルギー
ニに対してそれ程憧れを持っていないのです。
 時代時代で先進的なデザインの車両が登場しているランボルギーニです。

 そのデザインがあまりにも突飛過ぎることもあるのでしょう。もう自分
の中で車としてみていない部分が大きくなっている気がします。
 1970年代のデザインの代表とされるカウンタック。この車両ですら、も
う自動車のデザインに感じられない。自分の自動車という範囲を超えてし
まってるんでしょうね。

 名古屋って所は本当に不思議な所で、日本でもあまり目立たない地域な
んですが、自動車に関してはトップクラスに発達した地域なんです。
 新型のランボルギーニが登場すると、もうしっかり道で見かけることが
あったりする。世界で数台しかない車両とかは別ですよ。これはもう国単
位の話になりますからね。
 隠れたお金持ちが結構いる地域のようです。

 もっと残念なのは、自分がランボルギーニに興味がないこともあり、新
しい珍しい車両が走っていても全然気づいていない。(笑)歳をとったせ
いもあるんだろうね。あんまり違いも判らなくなってるのかもね!(笑)
 あえて否定しません。

 でもトミカにとっては外国車復活の救世主になったのはきっとこのラン
ボルギーニ社の車両達があったからだと思うんです。これからもきっと、
トミカでは夢の車が次々にリリースされていくのだと思います。

 なんか車両が特徴的なので触れるところが多そうで、記事が普通はいっ
ぱい書ける車両なんでしょうけど、自分はあまりありませんでした。
 でも入手困難車が我が家にきて良かったです。
スポンサーサイト

車両活用の広さ。

 本日から2月に入っていきます。順調に流れ出しました。というのか、
このあたりから、購入がもう滅茶苦茶になってるって感じですかね。
 年明けからは仕事がMAXになりトミカの派生品の購入がもうおざなりに
なってると言う事です。通常品に関しても問屋さんにお任せしてしまって
いますので、抜けてるのが一杯あるようです。

 以前ですと、慌てて購入に走っていたんですが、最近はそれも出来ない
くらい疲れきっています。仕事が忙しすぎるのは、変な所でトミカの紹介
の助けになっているようです。(笑)ま、無理したくても全然無理できな
いですから仕方ないですね。

 普通だとこんな感じでトミカのコレクションとかが終わって行っちゃう
んでしょうけど自分の場合、購入が他人任せになってるので、自分の都合
だけで、勝手に収集を辞められなくなってる気もします。(笑)お陰でこ
うしてブログが続けられてるので。ありがたいんですけどね。

 ということで、早速2月のトミカ紹介に入って行きます。

 表題にもしたのですが、車両の活用の広さでは、本日紹介する車両の右
に出る車両ってないんじゃないんだろうか?そんな風に感じます。

 日本の車両ではないのですが、日本でも大変有名な車両になっています。

 少し豆知識を。この車両どこで販売してると思いますか?ヤナセとかで
は買えない車両なんですよ。
 そうなんですね、この車両メルセデスのトラック販売店で販売されてい
る特殊車両扱いなんです。11tとか、ロングトレーラーヘッドなんかと一緒
のいディーラーで販売されているんです。生まれついての商用車なんです
よ。
 本日はそんな血統書つきの商用車紹介していきます。こんな一台になり
ます。

22-7 メルセデスベンツ ウニモグ 除雪仕様車
2017.02~
2017042501.jpg
2017042502.jpg
(トミカ 4360) 

 本日の使用と全く同じ使用の車両を名神高速道路関が原の峠付近のネク
スコ車両が保管されている場所で見たことがあるな!!あ!!少しフロン
トについているシャベル部分の形状が大きかった気がします。高速道路で
は比較的大きなシャベルつけて作業にあたっていますね!!

 力持ちのこの車両。以前車のクラブをやっていたとき、メルセデストラ
ックの販売をしている方と話したことがあります。
 実に丈夫で、日本車に匹敵するくらいの壊れない車両だそうです。そし
て昔から基本的な機構が変わっていないので、整備もしやすいし、共用の
パーツも非常に多いとの事です。そんな合理性が長生きしてる理由なのか
もしれませんね。

 このブログでもたまに出てくるのですが、鉄道関係。架線の修理だった
り保線などで、この車両が実に重宝されているというのも現実です。

 通常の車輪の他に鉄路ようの車輪もそなえ、実にマルチな活躍をしてい
るのがこの車両です。残念ながら名古屋鉄道は軽自動車でしたが。(笑)

 そうそうトミカでもロングトミカに貨車を引っ張った使用で登場してき
ていますね!!鉄道好きにも、電車好きにも、働く車好きにも実に馴染み
深い車両なのでありました。

 今回の22番はウニモグからウニモグへの引渡し。仕様が大きく変わって
世代交代したのでした。こういうのもいいよね!!本来世代交代はこうで
なくっちゃ。

 なかなか楽しい車両の世代交代。嬉しいですね!!と言う事で2月はいい
スタートが切れました。明日も頑張って紹介していきます。

何台目になるんだろう?

我が家の特徴として、気に入ったものは何台でも入手する傾向がありま
す。本日の一台も過去このブログで何度か紹介させて頂いております。
 果たして今は我が家に何台いるんだろうね?何台いても全くかまわない
のです。

 でもブログ見てる方からしたら、また出てきた!って感じですよね。(笑)
ま、なんだかおじさんの楽しみのようなので許してやってください。(笑)

 このトミカももう先々代のトミカになってしまいます。今はこのトミカ
が存在した番号は、ランボルギーニが幅を利かせています。
 あの車両が登場してきたら、多分当分この番号が国産車に戻る可能性は
非常に低いと考えられます。こうしてトミカの世界はどんどん外国車勢力
が浸透してきてるんですね。

 実は本日紹介する車両少し見てみたら、2013年に廃盤になってるんです
ね。トミカの4年はまだまだ最近の話のように感じますが、実際には結構
な年月が経過していると言う事ですね。
 我が家の車両も、今年で購入してから7年目。昔の車両ならもうそろそろ
ガタが来る頃なんだけどね。今の車両は丈夫です。
 ホンダさんのほうも、昨年で生産が終了し、もうこれ以上はこの車両世
の中に登場することは無くなりました。自分の中では結構貴重な一台にな
っております。
 評価は色々だったけど、乗ってる本人は物凄く気に入ってます。我が家
の車両は、結局二回のマイナーチェンジが施されたことにより、実質3種
の車両が存在する事になりました。
 うちのは今では結構少なくなってるはずの初期型です。ZF-1という形式
ナンバーは初期型のみです。結構良い感じに気に入ってます。

 自分今までは自分でワックス掛けるのが趣味だったんで、一切コーティ
ングとかしなかったんですが、この車は初めてKeePerコーティングを施し
てます。水がなかなか名古屋市内では確保できないんですよね。なのでコ
ーティングしました。今では短期でコーティングするパターンを選んだの
で、コーティングしに行くのが、物凄く楽しみです。ピッカピカになるん
ですよ。綺麗にしてくれるんですよね。とても7年経ったボディーとは思え
ないほど光っております。

 と、結局本日は愛車の話になっちゃいそうです。(笑)本日の車両、こ
んな車両です。

81-4 Honda CR-Z
2010.10~2013.11
Honda CR-Z(スポーツ&エコ プログラム仕様車 赤)
トイザらスオリジナル
2016.03
2017042401.jpg
2017042402.jpg

 今回も「ken-6さん」からの入手になります。ありがとうございます。

 手前味噌ですいません。結構良い車なんですよね。乗ってると楽しい車
両。いいですよ。一杯遠乗りしたくなっちゃうんですが、ま、車の事も考
え、この車両に関してはあまり遠乗りしないでいます。

 多分今のところこの車両以上に楽しい車両が出てきてないので、のんび
りと楽しんで行こうと思っています。

 まさか自分がハイブリッドの車両に乗るとは思っても見なかったんです
が、これって時代ですよね。これからはハイブリッドですら時代遅れにな
っていくとおもいます。時代は電気に流れています。

 ヨーロッパ車が化石燃料を必要とする車両の生産を中止すると発表しま
した。自動車先進国のヨーロッパでの流は、日本がどんなにあがこうとも
流を変えるのは不可能だとおもぴます。
 世界のトヨタさんですらその流れに乗るしかない。そう感じます。

 オイルマネーという、言葉がいつか消えてなくなる時期が来るのかもし
れないですね。まさか自動車がこんなに劇的に変化していくとは思っても
見ませんでした。

 ハイブリッドの流は、その電気100%に対しての過程だったんでしょうね
その節目にいい車両に乗れたな!って思っています。
 車両の名前が残るかどうかは置いておいて、ハイブリッドは必ず残って
いく名前です。そんな時代に立ち会えたんだなと、感慨深く感じておりま
す。

 さて、本日のトミカなんですが、何台目なんだろう?果たして今後何台
我が家にやってくるんだろう?それも結構楽しみです。
 ではまた明日に続いていきます。

超話題になった一台ですね。

最近のトミカの傾向ってこんな感じじゃないんでしょうか?販売直後は
殆ど入手が不可能になる。
 販売する側も、あっという間に商品が完売していく。当然自社HP等では
売り切れました!!ってデカデカと出るわけじゃないですか。

 これね以前のトミカだったら、これで市場になかなか出る事がなかった
んです。何故かというと、売り切れたイコールそれはコレクターさんの手
に渡ったことを意味したのです。コレクターさんの手に入ると、今もそう
なんですが、その方がコレクションを辞めない限り表に出てくる事はない
そんな状況だったんです。

 トミカってそんな感じのものだったんですよね。

 でも今は違うんです。売り出されたとき一気に人気が上がり、品薄にな
る、その後起こることはというと、某巨大オークションで高い値段で販売
されるんです。最初はどうしても欲しい、経済的に余裕のある方が購入さ
れます。とうぜん、もともとの金額とはかけ離れたところでの取引。
 すぐに買い手が付かなくなります。

 その後時間さえ経過すれば、普通に入手が出来るようになる傾向です。

 これって自分たち単純にトミカ好きから見ると販売が操作されていると
しか見られない。その一要因を作ってるのが転売だと思うのです。一要因
ですからね、全てだとは言いません。その中には確実に某C国のめちゃ買い
もあると思いますから。

 ま、最近は仕事の忙しさもあり、以前のように発売直後にトミカが欲し
と考えてる余裕がなくなってきてます。それが幸いしてか、逆にのんびり
トミカを楽しめてる気がします。ある意味これいいのかもしれないですね。
 最近やっと見えてきたきがする。本来コレクションってこれでいいです
よね。

 本日紹介するトミカは入手してなかったわけじゃないんですが、欲しか
ったので購入してみました。こんなトミカです。

48-7 トヨタハイエース多目的車
2005.07~2009.11
江崎グリコ株式会社 オリジナル
グリコワゴン VerII
2015.04
2017042301.jpg
2017042302.jpg

 記事にする前に少しだけ、オークションのぞいて見ました。相変わらず
無茶苦茶な値段付いてるものもありますが、基本的にもう殆ど売れてるよ
うには見えないですね。
 それでも平均価格は下がってきてる感じですね。極まれに安い値段で登
場してくると、それは売れてる感じですかね。

 ま、若干高いくらいはオークション仕方ないと思います。でも販売直後
の価格はどうなんだろうね。それでも欲しい方が一杯いるからオークショ
ンも成り立っているんですよね。

 最近はコンサートチケットの転売も大きな問題になっています。やはり
すべての物が安易にお金に変わってしまうシステムの現代。全ての商品に
対し何らかの対策が講じられるべきだと自分は思います。

 残念ながら今の段階で自分は転売をどんな理由があったとしても、よし
と見ることが出来ません。必要悪なのかもしれないですけどね。あくまで
今は自分には必要ないです。

 ま、こんなところで転売について色々語ってても仕方ないです。

 最近のんびりトミカを覚えたので、結構のんびり楽しんでます。おじさ
んにはこんなトミカの楽しみ方がいいのかも知れないですよね。
 のんびりいきます。

 さ、明日から仕事ですね。頑張っていきます。また明日です。

こんな時期に入手する。

今回は「ken-6さん」から入手したトミカを紹介していこうと思います。
昨年には如何に沢山のトミカが世に登場したのかが判るというものです。

 もうこのトミカが発売された頃は仕事がピークに忙しかったころで、物
凄い勢いで仕事にまい進しておりました。その頃は養さんも強烈な忙しさ
で二人ともトミカという存在がすっ飛んでいた時期です。しかし実際には
7月くらいからトミカはピークとなっており、自分の知らないところで、
一気に発売となっていたのでした。

 最近も決して仕事が、暇になったというわけではないんです。なので、
過去のトミカを調べている時間がなかなか持てないでいます。そんな時い
つも助けてくれているのが、「ken-6さん」なんです。

 今回は「ken-6さん」の余剰と言う事で、放出していただいたトミカを
入手させて頂きました。もうね自分にとっては宝の山なんです。
 その第一弾が本日のトミカになります。

 このバス会社なんですが、物凄く自社車両に対する思い入れが強いので
しょうか、凄い勢いでモデル化が進んでいます。自分はバス大好きで追い
かけまわってるって訳ではないのですが、それでも過去に数台、このバス
会社のトミカを入手しています。

 遠い場所にあるバス会社なもので、自分の力で元々入手が出来るはずも
なく、いつも多くの方の力に頼りながら入手いさせていただいております。

 昨年の8月こんなトミカが発売になってたなんて。全然知りもしません
でした。凄いスペシャルなトミカ紹介させて頂きます。本日はこんな一台
になります。

93-5 三菱ふそう エアロスター
2002.10~2009.12
神奈川中央交通オリジナル
yamate liner
三菱ふそうPJ-MP37JK
2016.08
2017042201.jpg
2017042202.jpg
(トミカ 4359)

「ken-6さん」今回はありがとうございました。またなんかあったら分けて
ね!!(笑)

 この神奈川中央交通、羨ましい会社ですよね。名古屋にもこうして自社
車両に拘るバス会社が出てくるといいのですが。
 自分の会社が好きってのが、非常にいいじゃないですか。最近少なくな
って来てる気がします。

 名古屋近郊、中心にしたバス会社さんは結構多いんです。以前、自分が
名古屋に就職する前。この頃は私バスオンパレードでした。どんな表現し
たらいいんだろう?もうね戦国時代みたいな状況でした。自分もそのバス
に関る会社に就職してしまったので。それも本社でした。

 時代だったのかな、その小さな各地の観光バス会社や路線バス会社がど
んどん合併されている時代でした。それが本社という所で仕事をしていた
もので、どんどん子会社が増えていき、色々な会社に派遣される事になり
色々見てきました

 でもそんな合併が繰り返された事もあり、各会社に自社の車両に対して
思い入れのある担当者さん見たことがあまりないです。

 やはり、生え抜きの会社は違うな。そんな感想です。外箱の懲りようか
らわかるってものです。最近はここまで頑張ってるところも少ないよね!
 実に落ち着いたカラーリングの良いバス紹介させて頂きました。良い時
間です。明日は休みだし。いいです。

 たのしかった。明日もダブルかもしれないですが、気に入ったの「ken
-6さん」からゆずって頂いたのいで、紹介していきます。ではまた明日で
す。

FC2Ad