養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

あまりの人気で…。

これ自分だけなんだろうか?この車両が何故人気なのか全く判らないの
です。まさかこれだけの長いシリーズになるとは発売している側も思って
も居なかったのではないかと。
 今回の一台で24台目になります。長いシリーズになりましたね!!

 たまたまなんでしょうが、このシリーズの始まりがアメリカからだった
んです。それゆえなのかこの一台にとてつもない値段が付けられて売られ
ているのです。その大人気のアメリカの再販が今回の一台になります。

 同じものを再販では、芸がないじゃないですか。と言う事で最近のこの
シリーズ全般に見られる、しっかりとしたデザインを施したIIという形で
登場することになりました。

 この車両が登場したことによって、最初に登場したアメリカ国旗仕様は
現在姿を消しています。再販品が出たお陰で、逆に最初の一台に火がつい
た感もありましたね。一時期かるく2万円を超えて取引されていました。
 今では商品すらオークションに登場しなくなっています。うむ~凄いこと
です。
 トミカ1台に2万円越えか…ありえん。どんなに貴重な一台だとはいえ、こ
のくらいしか日にちのたっていない車両に2万円台はありえん。

 とかいってても、現実なんだからしょうがないかな。と言う事で本日は、
こんな一台です。

TL0021 トヨタ2000GT
2002.09
アピタピアゴオリジナル
世界の国旗シリーズ 第24弾
トヨタ2000GT アメリカ国旗タイプII
2017.03
2017052201.jpg
2017052202.jpg
(トミカ 4386)

 今回の一台はアメリカ国旗IIでした。うむ~。今回はサイドのデザイン
をしっかり作りこんできましたね。デザイン性が非常に強くなっています。
 
 しかし自分思うのですが、デザイン性もいいのですが、以前のように、
ただ国旗をかぶせただけのような、簡単なデザインのほうが、小さな友達
には判りやすいんじゃないのかな?
 色々な好みはあると思うのですが、シンプルなデザインがこのシリーズ
は逆に受けていたんではないのか、そんな気さえしますね。

 やはりデザイン性が強くなると、大人向けのイメージが非常に強くなり
ます。嫌いかというと、そうでもないのですが、このシリーズも年代がた
つと共に変化が現れているんでしょうね。

 自分思うのですが、国旗って、結構デザイン性に優れたものがあると思
うのです。国名がメジャーではないかもしれないですが、そんな国を取り
扱って見るのもいいのではないかと思います。

 国旗という概念を超えた、一つの素晴らしいデザインとしても見られる
のではないかと思います。是品、私たちの知らない国紹介してください。


 さて、月曜日。毎週の事なんですが非常にきついですね!!身体が思っ
たように動いてくれてない気がします。
 何とか乗り越えていかないと!!頑張って仕事して行きましょうね。

 さ、明日も頑張って紹介続けていきます。
スポンサーサイト

紆余曲折ありますね!

最近の奇数月トミカってしっかり自分の立ち位置ってのが出来上がりまし
たね。ここまでくるのに各社紆余曲折あり、特に本日紹介するAEONトミカ
は凄かった気がします。
 自分の記憶の中でも、一番後にトミカの市場に参入してきたのが、AEON
さんだった気がします。

 発売当初は、どこに向かっているのか、自分には良く見えなかった。で
もしっかり買い続けておりました。しかし素人目に見ても、その販売状況
は大変だった気がするんです。
 いつ行っても、トミカが山ほど残っている。一年が経過する頃には、値
段をさげての販売するしかなくなる。それでも売れない。そんな時期が結
構あったようにおもいます。

 今から思うと、よく続けてくれましたよね!あれだけ出しても購入され
る台数より、在庫になるほうが多い商品。現在だったらどうだろう?結構
早い段階で終了されていたと思うんです。
 実際に、我が家をトミカにいざなってくれた、イトーヨーカドーさんは
このオリジナルの世界からは撤退していきました。これはもう、仕方のな
い事だと思うのです。
 あの当時、今の異常な販売状況を想像できる方なんて、誰もいないと思
います。頑張ってくれたと思います。

 その後、シリーズも色々ありましたね!!個人的にはAEONカラーのトミ
カが結構好きでした。しかしこれも売れてなかった気がするな。(笑)

 まだまだ色々あって、そのご現在のチューニングカーシリーズに落ち着
きました。

 そのシリーズも今回紹介する1台でなんと30弾と言う事になりました。
結構最初はどうなる事かとおもったんですが、今は兎に角凄いことに。本
日は、今では絶好調のシリーズのこんな一台です。

26-8 マツダ ロードスター
2016.02~
AEONオリジナル
チューニングカーシリーズ 第30弾
マツダ ロードスター
2017.03
2017052101.jpg
2017052102.jpg
(トミカ 4385)

 今回の車両はロードスターです。これまた日本を代表するスポーツカー
です。人気ありますよね!残念ですが今回も自力で入手は不可能でした。
「ken-6さん」の尽力で入手させていただきました。本当にありがとう!
 車両の仕上がりなんですが、実にシンプル!!チューニングカーシリー
ズという名前からはおよそ似つかわしくない、仕上がりです。
 でもきっとベースがあるんでしょうね!!

 さて、現在のトミカの販売状況なんですが…。自分が生息してる名古屋
では、このAEONのトミカもし平日に発売になったら、間違いなく、自分た
ち一般のサラリーマンには購入不可能です。
 出勤時間が比較的自由な職種か、外に仕事に出られる営業職の方なら購
入可能でしょうが、自分のような内勤の者にはもう絶対購入不可能です。

 昨日土曜日に新しいトミカが発売になりました。名古屋のある店舗の状
況です。
 どれくらいもったと思います?しっかり最後まで見ていた方の報告です。

第3土曜日。トミカの新車の発売とも重なり、結構な人手だったようです。
 で、販売の状況なんですが。なんとお店開店から、5分だったようです。
うひょ~~~。凄すぎです。
 そのあといつもお世話になってる「ken-6さん」にお伺いしたのですが

 静岡県でも2時間だったそうな…。

 もう車種の人気もあるんでしょうが、驚きの販売ですね。いつからこう
なっちゃったんでしょうね。驚きの状態が続いております。

 ま、バブルと同じだと思うんですが、これがいつまでも続くとはどうし
ても思えない。それにしてもトミカの収集が難しい時代なんです。

 トミカの大暴走!!どこまで続くんでしょうか。

 色々やってたら日曜日終了。こんな感じです。さ、明日も頑張ります。
本日これにて終了となります!!ではまた明日です。

うん!充実してる気がする。

なかなかレース車両のチョイスをするのは難しいですよね。そしてスポン
サー企業の名称なしでも、その雰囲気を造り上げるのは結構大変なんじゃ
ないのかな。そんな風に感じます。

 しかし苦労すれば苦労した分、しっかりその評価は上がるのです。本日
紹介するのはホンダ車なんですが、比較的ホンダ車は、車名を中心にした
レイアウトのレースコンセプト車両なんかを結構作ってるので、比較的モ
デルにしやすいかもしれないですね。それでも結構な頻度で、スポンサー
名入ってるんですよ。
 それをなくすことによって、どんどんそのレーシーな雰囲気は失われて
行くのです。

 そういった面でいつも驚いてみてるんですが、トイザらスさんは見事に
纏めてますよね!!というか、別にトイザらスさんが製作にしっかり関与
してるとは思ってないんですけどね、タカラトミーの規格担当さん頑張っ
てるかんじです。

 今日の一台なんかも色々省いてもしっかりレーシーなイメージ保ってま
す。いいんじゃないかな?本日なんですがこんな一台紹介していこうと思
っています。

66-4 Honda フィット
2015.05~
ホンダ フィット1.5チャレンジカップ仕様
トイザらスオリジナル
2017.03
2017052001.jpg
2017052002.jpg
(トミカ 4384)

 このラインが全てなんですかね。もうこれだけで随分レーシーなイメー
ジですよね。
 
 しかし自分見てて思うのですが、このレースに関連するシリーズ、車両
チョイスによって、売り上げが全然違うような気がするんです。
 今回のフィットはどうかというと、やはりそれ程高いほうじゃないきが
するんです。

 通販の在庫が出る時がたまにあるのですが、この車両に関しては結構後
々までのこっていた気がします。やはり購入側が求めているレーシーな車
両ベースはここじゃないのかもしれないですね。
 現在のホンダ車両なら、NSX若しくはS660なのかも知れないです。ま、確
実にそのうち登場してくることでしょう。期待して待っていましょうね!

 実は、本日奇数月のトミカの発売日だったんですが、一足早くAEONさん
が登場させてしまいました。さ、どう対応してくるんだろう?自分結構注
目しています。ここは伝家の宝刀!NSXしかないかもしれないですね。

 しかしもし出てきたら、これまた購入が強烈に大変な事になる気がしま
す。(笑)素人が考えてるくらいだからメーカーが考えてないはずがない。
さ、どんな形で登場させてくることやら!!
 また別の形のS660なんかにも注目してみたいとも思います。

 さ、て、土曜日のトミカ紹介こんな感じで終了です。明日は休みだぞ!
最近休みが非常に少ないので。しっかり休養します。
 ではまた明日です。

今日も一日ご苦労様でした!

と帰ってきたのがこんな時間です
これから記事書きますので、もう少しあとに
なります。
今週これで終了の方お疲れ様でした!!
ではもう少し後に更新かけます。後ほど!!

やはり3月も結構発売になってるね!

本日からは恒例になった奇数月発売トミカの紹介になります。名古屋に
はもう復活はないんだろうな。トミカショップさんが名古屋を撤退してか
ら、名古屋駅は凄い勢いで変わりました。
 今回新しく出来たJRゲートタワービルは、なかなかお洒落な建物で、中
に入っている店舗は、しっかりお洒落な小物形のお店が中心で出来上がっ
ております。上階の方にキャラクターショップなんかも結構入っておりま
す。もうトミカショップがここにあったら!って感じのビルに仕上がって
おります。

 このビルの中全体的に、名古屋感があまり感じられないんです。大阪の
トミカショップが入ってるビルの雰囲気ともまた違い、ちょっと東京のお
洒落な感じを意識したビルに仕上がってる気がするんです。
 惜しいな!もう少し早くに、このビル出来てたら、トミカショップ十分
ここに移れたのに。なんだか悔しい感じです。

 現在の名古屋駅は以前の名古屋市の中心地栄の勢いが、そのまま移動し
てきた感じになっています。凄い人手です。名古屋駅にこんなに人が集ま
ってるのってどれくらいぶりなんだろうね?ちょっと自分が名古屋に出て
きてからは見たことない気がします。

 自分は名古屋駅を通勤の中心に使っています。乗換駅なんです。もう何
年使ってるんだろうね。以前夕方の名古屋駅はただただ、帰宅を急ぐ方達
が急ぎ移動する場所でした。自分は新しく出来た名古屋市交通局のバスタ
ーミナルを使ってるんですが、バスにのっていると人の動きが手に取るよ
うに見えるんです。
 流れが変わってますね!!それもビックリするほど流が変わりました。

 名古屋といえば地下街!というイメージだったんですが、今は人が表に
出てますね。背の高いビルを移動するのに外を人が歩くようになってきま
した。これも今までの名古屋にない流ですね。色々入ってくる情報では、
まだまだこれから変化がありそうな、名古屋駅面白くなりそうです。

 名古屋駅の話はまたいつかするとして、本日はとりあえず奇数月トミカ
の最初です。こんな一台から始めて行こうと思います。

46-8 トヨタ86
2012.06~2016.06
トミカショップ オリジナル
トヨタ86
2017.03
2017051901.jpg
2017051902.jpg
(トミカ 4383)

 今回のトミカなんですが、珍しくリアルタイムで購入しておりました。
こんなこともあるんです。たまたま大阪に行ったものだから。トミカショ
ップにおのぼりさんとなり、買ってまいりました。

 それにしても大阪店と東京店のカード持ってるんですが、そこに名古屋
店がないのが非常に悲しい感じがする。仕方ないけどね。

 今回登場してのは、人気の86ですね。現在は86番に新しく後期方が登場
しておりますが、本日のトミカベースは旧型46番の車両がベースになって
おります。

 極微妙な違いではあるいのですが、新型の86より若干丸みが感じられる
旧型。自分はこの車両のほうが好きかな。
 攻撃性という面では、確実に少し鋭角さが感じられる後期方なんですけ
どね。好みは色々です。

 全体が金色のトミカ。なんだかイベントの当たりのトミカのような!!
ちょっと特別感漂う一台でした。

 週末にはこんな豪華な一台がいいですね。さ、少し遅くなりました。
また明日がありますので、本日はこんな所で。遅くなりました!明日はこ
んなことのないように頑張って書きますね!!ではまた明日です。

仕様としてはインディ寄りなのかもしれない。

本日紹介しようとしている車両なんですが、ボディ形状は確実にオープ
ンホイール形状なんですが、ホイールにはしっかりカバーされています。

 最近のインディー車両や、Formula E車両なんかも徐々にカバードされた
車両に変更されつつありますね。色々な物がどんどん変わりつつあるんで
すね。

 日本のフォーミュラに関してはそのスピードとコーナリングスピードの
高さ等から、世界的に注目を浴びているのですが、残念ながら日本では、
レースシーン自体がそれ程人気がなく、少し残念な気もします。
 昨日も少し触れたのですが、自動車自体に人気がなくなってしまった現
在の日本。そんな状況でレースの世界に目が向くとも思われません。
 しかし根強いレースファンは存在しており、その方達が子供さんをつれ
て熱心にレース通いされている。この子供さんたちに次世代がかかってい
るのかもしれないですね。

 レース好きには色々な意味で楽しむシーンが多いのだが、興味のない方
には只々暇な一日となってしまうのです。
 晴れていれば日向ぼっこ的に、土手でお昼寝なんてのも気持ちのいいも
のなんだが、雨が降った日には…。
 実はレースファンは雨の日もまたワクワクしながらレースが見られて、
非常に楽しめるのです。

 ある意味起こってはいけないのですが、軽いアクシデントであれば、ス
ピン程度。見ごたえがあるのです。
 殆ど川の様に水が流れるサーキットでドライバーのテクニックが問われ
る。見る側も力の入る実に楽しい時間が遅れるのです。

 しかし彼女などを連れて行くのは、少しお勧めできない。観戦する席に
よるのだが、見ていて楽しい場所はトイレなどの施設が遠かったりする。
致命的ですな。そして襲い来るぬかるみ、容赦なく降り続く雨!!
 女性が嫌気がさすのが判る。

 中には特例もいますからね!家の奥さんとか、友人の奥さんとか。(笑)
もうね、たまらなくいい時間が過ごせるんですよ!!

 出来ることなら、カーズの映画を見て、私たちのような不思議な世界の
虜になってくれる方が、一人でも殖えてくれるといいのだが。
 新しいお話に期待しながら!!本日もトミカの紹介をしていこうと思い
ます。
 本日はこんな一台です。

カーズトミカ
リップ・クラッチゴンスキー
(カーボンレーサータイプ)
2017.03
2017051701.jpg
2017051702.jpg
(トミカ 4382)

 カーズ2で登場したキャラクターです。多分ですが自分だけではないと
思うのですが、このキャラクターの元の姿がどんな形だったのか、
 本日紹介している特別な仕様、どこがそんなに特別なのか、さっぱり判
っていないように思います。

 自分カーズ大好きとか言いながら、結構いい加減にキャラクターを記憶
してるんだなと、改めて感じる次第です。困ったものだ。

 先ほどの雨のサーキットのお話に戻るのですが、見ている方は物凄い試
練なんだと言う事を少しだけ書きました。
 レースを運営している側も地獄なのは同様!!ドライバーは別に雨合羽
を着てレースをしているわけではないので。ドライバーもずぶぬれでお仕
事してるわけです。これはキツイ!!

 いろいろな意味で色々な所が耐久なんですね!!レースが終わった後は
皆、疲労困憊。異常なほどの疲れがレースに関るすべての人にやって来て
いるのです。
 それがレース会場が鈴鹿であれば、名古屋なんかすぐなんですが、富士
スピードウエイだったりすると、帰宅までにもうひとレースなんて事にな
るわけです。モウグタグタです。でもそれがまた良かったりして。

 本気で疲れることって最近ありますか?足腰立たないくらい疲れること
ってありますか?なかなかないんですよ。
 是非レースお勧めします。(笑)無理だね。(笑)めっちゃグダグダに
なりたいときは是非レースをお勧めしたい。

 7月公開のカーズを切っ掛けに、レースが見たいって言うお子様が増える
といいのですが。
 残念ながら、親は「うん!!行こう!!」とは言わないだろうな。

 ということで、本日もトミカに殆ど触れることもなく、紹介は終了とな
ります。ま、こんなもんです。(笑)

 さ、これでディズニー関連終了かな。明日からはまた違うトミカを。
ではまた明日です。

FC2Ad