FC2ブログ

養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

今回締めの一台

 カスタマーさんにかかると、ひと時代前の車両マーチもしっかり現行車
として行けるんじゃないのか、そんな気が新たにしてくるのでした。

 現行発売されているマーチは、製造コストをいかに絞るか。そして海外
で製造が簡単にできる事。これのみで考えられた車両です。
 残念ながらその車両には魅力と言う物は存在しません。日産さんも、そ
んな物を求めて生産販売はされていないようです。

 現在の日産車では、ほぼ同一車種の生産販売で新車の販売はありません。
そう考えると、自分が好きだったマーチは日産車の可愛らしさ部門の最終
だったのかもしれませんね。

 もともと日産さんはこういった特徴のある車両を作るのが得意でした。
そこを捨て、現在の堅実路線を歩むことになりました。
 少し時間はかかったのですが、ノートe-powerが登場し、売り上げが一気
に伸びました。新たな形を作り上げた日産。

 今後このマーチのような可愛いを前面に押し出した車両は登場しなくな
るのかもしれないですね。


 今回の一台が、頂いたマーチ君の最終なんですが、こうしてレーシーな
カラーリングに変更しただけでも、絶対的にいい雰囲気が醸し出せる。
まだ十分行ける車両だと思うが…。そんな考えを持っていると、今の日産
は出来なかったんだろうな、そんな気がします。


 車両の製造販売権移行。なんてのがあってどこかの自動車メーカーさん
が作ってくれたらいいのに。miniみたいにさ。

2019011501.jpg

 本日の一台です。


 いつ見ても凄いな。驚きの仕上がりです。
十分カッコいいじゃないか!この車両にハイブリッド着けたら、今も売れ
るように感じる。


 何かを捨てないと生きていけない世の中。なんだかもったいなさ過ぎる。
ぜめて、ミニチュアカー好きの自分くらいはマーチ好き継続していかない
とね。

 これから先も、まだまだマーチ収集進めていこうと思います。
また気が向いたら、カスタマーの皆さんよろしくお願い致します。


 ちっちくん!!今回は本当にありがとうございました。
感謝しても感謝しきれません!!本当にありがとうございます。
またよろしくお願いしちゃいます!!
このブログも、ひっそりと続けていきますので。
スポンサーサイト

うん!このカスタムは新しい分野ですね!

しっかり驚かせていただきました。毎年驚きがやみません。しかしいつ
も思うのですがカスタマーさんの凄さ。頭が下がります。
 このアイデアはどこから出てくるんでしょう?凄すぎる。

 本日からマーチ君のカスタムを紹介させていただくんですが、これは
想像すらしていなかったカスタムマーチです。

 まさかマーチがこの映画に登場してこようとは…。
誰も想像してなかったカスタムです。

 本日の一台こんな凄いのが登場します。

2019011401.jpg

カーズマーチ

うお!!凄い。
このマーチカスタム初めてですよね。驚きのカスタムです。
まさか顔作っちゃうとは!!
流石ちっち君です。こんなアイデア出て来るなんてすごい。

 これ色々できますね!(って簡単にできるか!!)カスタムっていうよ
り、もう完全に手作り状態です。
 手間暇かかってる一台です!いや~凄い一台だ。もうしっかり大切にさ
せていただきますので。

 我が家のマーチカスタム棚。いっぱいになりました。
増やさないとね!!

 多くの方々の努力の結集ですから。多分世界に一つのマーチ展示棚が出
来上がってます。言い切れます。絶対に世界に一つの展示棚です。

 これもお店に行く事になっるんだと思います。

 いや~また貴重な1台が増えました。
ちっち君ありがとう!!感謝です。

 そして明日に続きます。

性能より印象

この車両だけではないように感じます。当時のアメリカの車は、インパ
クト重視だったように感じます。
 そして自動車のカッコよさをどこから引き出してきたか、というと航空
機だったんですよね。

 本日紹介する車両もそうなんですが、自動車の性能にそれ程影響を及ぼ
すとも思われない、パーツが特徴になっているんです。
 多分1950年代の車両の特徴のような気がします。若者のあこがれ。
 ヨーロッパでいえばスーパーカーたちにあたるのかもしれません。

 確実に一線を画したデザインではありますが、独自の美しさがあると思
います。
 その航空機のパーツなんですが、自動車の後部、垂直尾翼なんですね。

 どう考えても、この当時の車両のパワー考えたとき、垂直尾翼をつける
ことによって、何か走りに影響を与えるとは思われません。
 そして、垂直尾翼をつけるだけのスペースが必要ですよね。

 当時の戦闘機。今もそうなんですが、コクピットからの導線少し距離が
あってからの垂直尾翼です。

 当時のアメリカの車両はそれを意識したんでしょうね。テールの長さ。
驚きだ。だって間違いなくこの長さのテールトランクは必要ないと思う。
でもそれがカッコいいにつながってると思う。
 本日の一台こんな車両です。

トミカプレミアム
25-2 キャデラック エルドラド ビアリッツ
2018.01~
2018042901.jpg

2018042902.jpg

(トミカ 4612)

 自動車のカッコいいって色々ありますね!この車両のビビットなカラー
も魅力の一つなんだと思います。アメリカの1950年代の街中。見てみたか
ったな~。
 
 ひょっとしたら、今の京都 八坂さんあたりの ビビットな外国人着物
の方たち見てる雰囲気なのかな(笑)もう笑っちゃうくらい、京都の観光
地色鮮やかになって来てますよね。
 凄い色の反乱。ひょっとしたら1950年代のアメリカの街中では。色の反
乱が起こっていたのかもしれないですね。
 凄い時代だったんだろうな。ちょっと想像できないです。

ビビットカラーの車が走りまくる街角。凄いな。

 またこの車の幅も、なんともすごくないですか。日本だったら叱られて
しまうような大きさです。マイカーにはならないですよね。車庫だけでも
日本には確保できなと思う。

 持てないから憧れる。そんな車両なのかもしれないです。
現在の日本では一層難しいと思う。趣味の車。なんとなく代名詞のような
車両に見えてくる。
 実に自動車の世界観。国によって大きく変わって来るんだという見本の
ような車両です。
 なかなか楽しかったですね。休日の日曜日締めるには良い車両でした。

古き良き時代の車両

 好みの問題もありますので、一概にカッコいいとは言い切りません。
この当時の車両の特徴として、全体的に金型から作成されるボディー形状
が角ばっている事なんです。
 現在の車両のような、複雑な局面の製作は難しかった。何よりプラパー
ツの複雑な曲面は、いくら技術が進化したといえ、恐ろしい形状をしてい
ます。その最たるものがレクサスのフロントグリルの曲線的な3次元形状
だと思うんです。怖い。もう、あれ作れとか言われたら御免なさいって、
素直に謝っちゃいます。

 本日紹介する車両は、結構局面が増えてきているとはいへ、現在の車両
に比べて相当直線的なフォルムの多い車両だと思うんです。
 この時代1980年代の半ばに登場した、四角丸い車両人気あるんですよね

 この少し前のカクカクの車両は今でもヤンキーのお兄さんに大人気のよ
うです。
 このお兄さんたちに目をつけられると、残念な結果になるのです。最終
的には残らない。510とかその結果ですよね。

 本日紹介する車両は、また少し違うマニアがついてますので、末代まで
残っていきそうな気がします。
 しかし今見ると新鮮な車両ですね。残念ながら自分はあまり興味がない
ですが(笑)

 本日の車両はこんな車両の紹介になります。


トミカプレミアム
04-2 日産レパード
2018.01~
2018042801.jpg

2018042802.jpg

(トミカ 4611)

 個人的にはどうしても欲し!と思って買ってしまう車両の対象ではあり
ませんでした。この当時から車の仕事してましたから、この車両のチラシ
やカタログ製作した記憶があります。

 個人的な記憶では、チラシやカタログの対象年齢が結構高い所に設定さ
れていた気がします。
 対象は40歳以上みたいな感じで製作していた気がします。

 しかし、販売が終了して数年後に何故か人気が出てくる。不思議です
よね。それも比較的若い年齢の方に人気があったりしてます。カッコいい
の対象がなかなか難しい。

 自分なんかは曲線に魅力を感じてしまうんです、特にフェンダー部分に
あるふくらみ。これがセクシーだと思うんです。

 この車両なんか、なんとものっぺりしてて、曲線美というより、直線美
という感じかも知れないですね。いや~不思議。時代によって自動車のは
やりすたりって物凄く差があるんですね。
 ま、もともと年齢層の高い所に設定された車両ですので、おとなし目で
おっとり感のある方がいいような気がしますね。そういう面ではこの車両
は当時の おじさんたちのストライクだったのかも知れないですね。

 久しぶりにミニカー紹介しました。余程時間が出来ないと難しくなって
しまいました。ま、またのんびりと時間作って紹介します。ではまたです。

締めましょう!

今回登場したマーベルチューンの締めを!!なかなかうまく毎日紹介する
ことが出来ませんね。ま、仕方がない感じです。
 この時期仕事が忙しいってだけでもありがたいことなのかもしれません。

 そこそこ仕事があるにもかかわらず、人数がいないってのも決定的な条
件なのかもしれないですね、ひ~ひ~言ってるうちが花なのかもしれない
です。(笑)とにかく頑張りましょう。

 さて今日のトミカはキャプテンアメリカを車化してみました。という一
台です。
 多分ストーリーなんかは全く関係ない車両なんじゃないかと思うのです
が、非常によくできている車両だと思います。

 実際に乗ってるわけじゃないんですが、雰囲気こんな感じかなって思い
ます。よく特徴を捉えた一台なんじゃないのかな。そんな気がします。
 本日の一台です。

マーベルチューン
Evo.8.0
ミサイルヤード
キャプテン・アメリカ
2017.11
2018041801.jpg

2018041802.jpg

(トミカ 4610)

 先に紹介したマスクドキャリーより、この車両のほうがスマートという
か、自分の中のイメージなんですが、キャプテンアメリカはスマートなイ
メージがあるんです。

 いかにもアメリカンな車両をキャプテンアメリカとして紹介する。良い
じゃないですか。

 こういったヒーローは個人的なイメージの中で出来上がってるところが
大きいように思うのです。勝手な思い込みで見ております。

 なんにしろ、キャラクターを車両化するのって難しいですよね。マスク
ドキャリーが表現したキャプテンアメリカと、今回のミサイルヤードでは
全く正反対の表現方法のような気がします。車両ベースが変わるとここま
でイメージが変わる物なんですね。

 結構納得の一台で占めることが出来た気がします。

 いいですね、こうして好きな車両をのんびり紹介できるのは。なんか最
近購入方法を少し変えただけなんですが、のんびり感が増した気がします。
うん!いいですね。しっかり趣味を楽しんでいきます。ではまた明日です。

FC2Ad