養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

性能より印象

この車両だけではないように感じます。当時のアメリカの車は、インパ
クト重視だったように感じます。
 そして自動車のカッコよさをどこから引き出してきたか、というと航空
機だったんですよね。

 本日紹介する車両もそうなんですが、自動車の性能にそれ程影響を及ぼ
すとも思われない、パーツが特徴になっているんです。
 多分1950年代の車両の特徴のような気がします。若者のあこがれ。
 ヨーロッパでいえばスーパーカーたちにあたるのかもしれません。

 確実に一線を画したデザインではありますが、独自の美しさがあると思
います。
 その航空機のパーツなんですが、自動車の後部、垂直尾翼なんですね。

 どう考えても、この当時の車両のパワー考えたとき、垂直尾翼をつける
ことによって、何か走りに影響を与えるとは思われません。
 そして、垂直尾翼をつけるだけのスペースが必要ですよね。

 当時の戦闘機。今もそうなんですが、コクピットからの導線少し距離が
あってからの垂直尾翼です。

 当時のアメリカの車両はそれを意識したんでしょうね。テールの長さ。
驚きだ。だって間違いなくこの長さのテールトランクは必要ないと思う。
でもそれがカッコいいにつながってると思う。
 本日の一台こんな車両です。

トミカプレミアム
25-2 キャデラック エルドラド ビアリッツ
2018.01~
2018042901.jpg

2018042902.jpg

(トミカ 4612)

 自動車のカッコいいって色々ありますね!この車両のビビットなカラー
も魅力の一つなんだと思います。アメリカの1950年代の街中。見てみたか
ったな~。
 
 ひょっとしたら、今の京都 八坂さんあたりの ビビットな外国人着物
の方たち見てる雰囲気なのかな(笑)もう笑っちゃうくらい、京都の観光
地色鮮やかになって来てますよね。
 凄い色の反乱。ひょっとしたら1950年代のアメリカの街中では。色の反
乱が起こっていたのかもしれないですね。
 凄い時代だったんだろうな。ちょっと想像できないです。

ビビットカラーの車が走りまくる街角。凄いな。

 またこの車の幅も、なんともすごくないですか。日本だったら叱られて
しまうような大きさです。マイカーにはならないですよね。車庫だけでも
日本には確保できなと思う。

 持てないから憧れる。そんな車両なのかもしれないです。
現在の日本では一層難しいと思う。趣味の車。なんとなく代名詞のような
車両に見えてくる。
 実に自動車の世界観。国によって大きく変わって来るんだという見本の
ような車両です。
 なかなか楽しかったですね。休日の日曜日締めるには良い車両でした。
スポンサーサイト

古き良き時代の車両

 好みの問題もありますので、一概にカッコいいとは言い切りません。
この当時の車両の特徴として、全体的に金型から作成されるボディー形状
が角ばっている事なんです。
 現在の車両のような、複雑な局面の製作は難しかった。何よりプラパー
ツの複雑な曲面は、いくら技術が進化したといえ、恐ろしい形状をしてい
ます。その最たるものがレクサスのフロントグリルの曲線的な3次元形状
だと思うんです。怖い。もう、あれ作れとか言われたら御免なさいって、
素直に謝っちゃいます。

 本日紹介する車両は、結構局面が増えてきているとはいへ、現在の車両
に比べて相当直線的なフォルムの多い車両だと思うんです。
 この時代1980年代の半ばに登場した、四角丸い車両人気あるんですよね

 この少し前のカクカクの車両は今でもヤンキーのお兄さんに大人気のよ
うです。
 このお兄さんたちに目をつけられると、残念な結果になるのです。最終
的には残らない。510とかその結果ですよね。

 本日紹介する車両は、また少し違うマニアがついてますので、末代まで
残っていきそうな気がします。
 しかし今見ると新鮮な車両ですね。残念ながら自分はあまり興味がない
ですが(笑)

 本日の車両はこんな車両の紹介になります。


トミカプレミアム
04-2 日産レパード
2018.01~
2018042801.jpg

2018042802.jpg

(トミカ 4611)

 個人的にはどうしても欲し!と思って買ってしまう車両の対象ではあり
ませんでした。この当時から車の仕事してましたから、この車両のチラシ
やカタログ製作した記憶があります。

 個人的な記憶では、チラシやカタログの対象年齢が結構高い所に設定さ
れていた気がします。
 対象は40歳以上みたいな感じで製作していた気がします。

 しかし、販売が終了して数年後に何故か人気が出てくる。不思議です
よね。それも比較的若い年齢の方に人気があったりしてます。カッコいい
の対象がなかなか難しい。

 自分なんかは曲線に魅力を感じてしまうんです、特にフェンダー部分に
あるふくらみ。これがセクシーだと思うんです。

 この車両なんか、なんとものっぺりしてて、曲線美というより、直線美
という感じかも知れないですね。いや~不思議。時代によって自動車のは
やりすたりって物凄く差があるんですね。
 ま、もともと年齢層の高い所に設定された車両ですので、おとなし目で
おっとり感のある方がいいような気がしますね。そういう面ではこの車両
は当時の おじさんたちのストライクだったのかも知れないですね。

 久しぶりにミニカー紹介しました。余程時間が出来ないと難しくなって
しまいました。ま、またのんびりと時間作って紹介します。ではまたです。

締めましょう!

今回登場したマーベルチューンの締めを!!なかなかうまく毎日紹介する
ことが出来ませんね。ま、仕方がない感じです。
 この時期仕事が忙しいってだけでもありがたいことなのかもしれません。

 そこそこ仕事があるにもかかわらず、人数がいないってのも決定的な条
件なのかもしれないですね、ひ~ひ~言ってるうちが花なのかもしれない
です。(笑)とにかく頑張りましょう。

 さて今日のトミカはキャプテンアメリカを車化してみました。という一
台です。
 多分ストーリーなんかは全く関係ない車両なんじゃないかと思うのです
が、非常によくできている車両だと思います。

 実際に乗ってるわけじゃないんですが、雰囲気こんな感じかなって思い
ます。よく特徴を捉えた一台なんじゃないのかな。そんな気がします。
 本日の一台です。

マーベルチューン
Evo.8.0
ミサイルヤード
キャプテン・アメリカ
2017.11
2018041801.jpg

2018041802.jpg

(トミカ 4610)

 先に紹介したマスクドキャリーより、この車両のほうがスマートという
か、自分の中のイメージなんですが、キャプテンアメリカはスマートなイ
メージがあるんです。

 いかにもアメリカンな車両をキャプテンアメリカとして紹介する。良い
じゃないですか。

 こういったヒーローは個人的なイメージの中で出来上がってるところが
大きいように思うのです。勝手な思い込みで見ております。

 なんにしろ、キャラクターを車両化するのって難しいですよね。マスク
ドキャリーが表現したキャプテンアメリカと、今回のミサイルヤードでは
全く正反対の表現方法のような気がします。車両ベースが変わるとここま
でイメージが変わる物なんですね。

 結構納得の一台で占めることが出来た気がします。

 いいですね、こうして好きな車両をのんびり紹介できるのは。なんか最
近購入方法を少し変えただけなんですが、のんびり感が増した気がします。
うん!いいですね。しっかり趣味を楽しんでいきます。ではまた明日です。

これもいいな…。

はい、まだ続いていきます。
 今日のトミカもなかなかいい感じです。今回の発売は2キャラクターに
絞ったわけですね。という事で本日はハルクに戻っていきます。
 個人的には、本日のキャラクターが、このトミカシリーズのメインなん
ですよね。
 
 昨日まで紹介していたマスクドキャリーは共通車両なんですよね。全て
のキャラクターの荒筋的な物を紹介するために存在する車両のような気が
します。

 そういった共通の車両もまた魅力があるんですよね。良いと思うんです。

 果たして今回のシリーズに魅力を感じている方がどの位いるのか判りま
せんが、アメコミファンの養さん的は。すべてが納得のいく車両の様な気
がします。
 昨日までの車両でも十分気に入ってると思うのですが、そこにもう一味
良い感じの味付けがされた車両が登場してきます。こんな車両です。いか
がでしょうか?

マーベルチューン
Evo.7.0
デストロイド4WDS
ハルク
2017.11
2018041601.jpg

2018041602.jpg

(トミカ 4609)

 いいですね!これなんかアメリカ軍がそのまま使ってそうな感じがしま
せんか?
 ミリタリー車両とっしてしっかり使えそうなデザインです。しかし現実
的にはボディー底面に隙間がありすぎるのは、相手に攻撃されるので実践
向きではないのかもしれません。
 と、トミカを見て何をそこまで真剣に考えているのか(笑)

 どこでも走れますよ!的な車両が作りたかったのだと思います。そう言
った面では非常によくデザインされた車両です。

 個人的に気になるのは4WDSの表記。これは何の略だろう?

4WS 4Wheel Steering 四輪操舵と。4WD four-wheel drive 四輪駆動の
合わさったものと理解していいのでしょうか?色々考える物です。

 4駆系車両はとにかく好きです。やっぱりどこかでこういった威圧的な
車両に憧れているのかもしれないですね。うんなかなか良い車両が紹介で
きた。納得納得。

 さ、また新しい週が始まりました。頑張っていきます。皆さんもまた頑
張って行きましょうね!自分は老体に鞭打って頑張っていきます!ではま
た明日になります。

本来のイメージ

物凄くスマートなキャラクターのイメージがあります。
昨日紹介したキャラクターは非常にごついイメージです。しかしすべて、
変身前は非常にスマートな主人公ばかりです。すべてが変身してしまうキ
ャラクターではないですし、色々です。

 自分もこのシリーズについて詳しくないのですが、色々な超人。が集ま
ってストーリーが展開されています。

 自分特に判らないのが、敵と味方の区別です。これね、申し訳ないので
すがトランスホーマーの映画を見てみてもそうなんですが、敵と味方の区
別が付かないんです。

 これ養さんにはしっかり区別がついているらしく、これが出来ると映画
を見ていても面白さが倍増するのだそうです。

 ま、アメコミの段階からしっかり読み込んでいるファンと、ポット出の
アメコミ好きのキャリアの差なんだと思います。

 こういったマニアックなものは奥が深いんですね。

 本日はアメリカが誇るヒーローの紹介になります。

マーベルチューン
Evo.6.0
マスクドキャリー
キャプテン・アメリカ
2017.11
2018041501.jpg

2018041502.jpg

(トミカ 4608)

 アメリカな感じですよね!特にこのキャラクターはアメリカです。

キャプテン・アメリカのスーツおよびマスクは、星条旗をモチーフ。
大戦中にルーズベルト大統領より贈られた地球の希少金属「ヴィブラニウ
ム」と鉄の合金で製作された円形のシールド

 こんな装備のようです。

 実は結構古いキャラクターのようで、この星条旗のモチーフも現在のイ
メージとは少し違うイメージの星条旗ですよね。

 第二次世界大戦中のアメリカの航空機のイメージは間違いなくこの感じ
でした。

 今回のトミカなんですが、昨日紹介した車両と同じ少し無骨な、大きめ
のトラックで再現してあります。
 昨日の車両同様、結構な重さです。ズッシリな感じです。本来の非常に
スマートなイメージのキャラクターとはちょっと違う感じですかね。

 でもなかなか面白いシリーズです。楽しく紹介させて頂いてます。

 
 楽しい日曜日はあっという間に終了です。また明日から仕事ですね。
頑張らないと。またのんびりと進めていきます。本日はここまでです。

FC2Ad