養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

さ、またミニカーの世界に

なんとも幅の広いホットウィールの世界。我が家は全く購入していない
のですが、「ken-6さん」の力で、結構な数がやってきています。
 面白いですよね!こうしていただくようになるまで、ホットウィール自
体ほとんど興味がありませんでした。

 無知というのは恐ろしいもので、ホットウィールの魅力ってのを知らな
かったんですね。兎に角幅広い。車種にこだわらないとにかく魅力のある
物に対しては貪欲にキャストにする。アメリカの懐の広さみたいなのを感
じるミニカーです。

 すごいのはリリースされる数ですよね!トミカなんて足元にも及ばない
ものすごい数の車両たちが登場してきます。
 選ぶのも面白いし、きっとそれを何とか手に入れる楽しみなんてのもあ
るんでしょうね。

 ホットウィールのリリース日には熱心なファンが早朝から並ぶことにな
ります。兎に角熱い!!名前そのままですね。
 なかなか自分がその列に並ぶことはないと思いますが、色々自分のもと
にやってきてくれる車両たちをちょくちょく紹介していこうと思ってます。

 本日はこんな車両です。

2017080301.jpg

Hot Wheels
BATMAN vs SUPERMAN
down of justice
ROCKSTER

 こういったキャラクター商品の強さも、最近のホットウィールの特徴な
んじゃないかと思います。
 兎に角、車両と名がつくものには敏感に反応する。そんなメーカーにな
ってる気がします。
 これも独自性ですよね!ホットウィールの味なのかも。

 アメリカにはマーベルがあります!このマーベルのキャラクターが兎に
角すごい。日本にも戦隊ものや、仮面ライダーなんてのもありますけど、
マーベルの幅広さには勝てない。

 そこに登場するメカもまた強烈にすごいものが多い。色々出てくる映画
のメカ追いかけるだけでも、強烈な商品リリースになりますよね。
 ホットウィールの大量のリリースは、こういった多くのネタにも支えら
れている可能性大ですね!!

 さ、じつはまだまだ一杯あるんですが、またネタがなくなった時ように
とっておきましょうね。(笑)
 そんなこと言ってるうちにどんどん増えていくんですけどね!(笑)
 
 本日こんなところで!!明日はトミカに戻っていこうと思います。

 いいお休みいただきました!!楽しかったです。
スポンサーサイト

こういうのがイメージされてる。

ホットウィールのイメージって。いろいろあると思うんです。最近では本
当に幅広く、スケールモデルもしっかりカバーしています。そのカバーし
ている範囲は、トミカがなかなかカバーできていない領域だったりします。

 そして同じ車種がリリースされていたとしても、どこかトミカと違う、
いい味を醸し出しているのです。
 ホットウィールはそのリリース数の多さから、兎に角幅が広いのです。

 でもみんなそれぞれホットウィールに関して、持ってるイメージっての
があるんです。あくまでもミニチュアカー好きの方に関してのお話ですよ。
 みんなそれぞれ、メーカーに対してのイメージ持ってると思うんです。
このイメージ持ってる方が、ある意味ミニカー好きなのかもしれないです
ね!

 自分の中のホットウィールのイメージは二つあるんです。
●エンジンやマフラーの異常なほどのデフォルメ
●車でないものの車化
 自分の中のホットウィールってそんなイメージなんです。

 今回紹介するホットウィールは間違いなくそのイメージなんです。でも
基本的にあまりにもやりすぎてしまったものは、ちょっと違うなとも思っ
ちゃう。
 ま、そんな基準なんてそれぞれ色々で。好き嫌いもいろいろです。

 本日紹介するのは個人的ものすごくホットウィールだと思える車両紹介
していこうかななんて思います。
 今日のホットウィールです。

Hot Wheels
TRACK STARS
TOONED
SURF'N TURF
2017073002.jpg

Hot Wheels
TRACK STARS
LEGENDS OF SPEED
ROLLER TOASTER
2017073001.jpg

 あくまでも個人的感覚ですので、違ってても怒らないでね!
最初の車両なんですが、これは車両のデフォルメと、エンジンの強調です。
しかしアメリカらしい車両の雰囲気は残しながら、アニメにそのままあ登
場してきそうないい味出してる車両です。

 カラーリングも間違いなくビビットで目を引く。これが自分の中で大き
な要因の一つです。この車両もブリバリ出来ないのでしっかり撮影できま
せんが綺麗です。
 ルーフにはサーフボード。なかなかカリフォルニア的なイメージが自分
の中で勝手に作り上げられていくんです。実際にこんな車両が走っている
はずもないのですが。、それでもイメージというのは恐ろしいものです。
 これがいい感じに感じてします。これ以上やりすぎるのは自分の中では
ちょっと違う世界になります。この基準が難しいんですけどね!要は好み
の問題ですね!(笑)


 そしてもう一台これはもうありえないを絵にかいたような車両。なんと
その題材はトースターだったりします。
 見事に車両化されてしますね!!この見事なデフォルメ感覚とまとめ方
が自分の中ではトミカには出来ない独特な世界であり、魅力であるような
気がしています。
 ボディーサイドにはコンセント!!これが自分勝手に判断してるんです
が、アメリカ的なEVなのかな?(笑)なんてね、考えたりします。

 勝手な想像ができるようなしっかりとした車両が好きです。ホットウィ
ールすべてにそれを感じるわけでもなく、でもそんな中に必ず気に入った
車両なんかがあるんです。

 ミニカーを楽しむ。こんなものなのかもしれないですね!!

 本日あまりにも抽象的でしたが、好みの2台紹介してみました。

 メーカーに拘らず、色々好みのものだけを集めるのも面白いですよね!
本日もスペシャルサンクス「ken-6さん」ありがとうね~~!!

兎に角いつも話題を頂けてます。

本日もホットウィ−ルテなんですが。もうね、「ken-6さん」我が家の
ホットウィ−ルの好みを適格に捉えています。
 確かにかっこいい車両は、それはそれは魅力一杯です。しかしそれ以外
にもトミカに無い実に楽しい世界をホットウィ−ルは展開してくれている
んですね。

 それもアメリカの流行です。私たちのような日本から全く表に出て行こ
うとしないものには、さっぱり判らない世界なんです。

 そしてもう一つ、ゲームの世界。これが我が家には全く判らないのです。
実に残念な事なんですが、ゲームをやっている時間が全く作れないのです。
その時間があれば、養さんも自分も確実に寝てしまうともいます。
 兎に角時間が無い。ゲームの世界我が家から最も遠い世界なのかも知れ
ません。

 本日頂いた車両。どうもそのゲームに登場して来るものなのだそうです。
といっても別に「ken-6さん」が渡してくれる時に説明してくれる訳では
ないので、基本的に興味が無いと調べません。
 そういった意味でも、流石ですよね!!確実にこんなのが大好きだって
のを「ken-6さん」は知っている。(笑)

 何だか物凄くミニカーらしくないんですよ!!そこが又魅力だったりし
ます。本日こんな奇妙な車両です。
2017072902.jpg

Hot Wheels
HW RIDE ONES
MINECRAFT
2017072901.jpg

 何だか不思議な車両ですよね!!なので調べてみました。

 ホットウィールから、同じく世界的人気を誇るゲーム「マインクラフト」
のミニフィギュアを乗せて遊べるミニカー「HW マインクラフトアソート」
が登場します。
 「マインクラフト」といえば、様々な素材の立方体を自由に組み立てて
遊べるゲーム。
 PCやタブレット、家庭用ゲーム機まで幅広く展開され、大人から子ども
まで誰でも楽しめるゲームとして人気を博しています。
 模したミニカー。ホットウィールのトラックセットにも対応しているの
で、お気に入りのキャラクターを乗せてコース上を走らせれば、まるで現
実でマインクラフトをプレイしている気分になれるかも?
 パッケージは「マインクラフト」の中でも人気の高い6キャラクター
(スティーブ、アレックス、クリーパー、ゾンビ、スケルトン、ブタ)を
プリントしています。
 クリーパーやブタがトロッコに乗っているパッケージ写真はとってもか
わいらしいですよ! ミニフィギュアと合わせてプレゼントするも良し、
コレクションするも良し。
 大人も子どもも一緒に楽しめること間違いなしです!

 ということらしい。ゲームキャラが乗るトロッコなんだね!!うむ〜こ
れマニアックだ!!こういうのたまらないですよね。
 いや~今回のお題もなかなか面白かったです!!また楽しませて下さい。
「ken-6さん」しっかり楽しみました!!サンキュウ~~~~~。

ちょっと遅くなりそうです。

ごめんなさい!!こんな時間に帰ってきてては記事も書けません。
これから頑張って書きます。
少々遅くなります。よろしくです!!
では後程です。

うむ~!ここで新シリーズが登場ですか!

 前シリーズは大人気だったですね!まさかまさかの新パッケージで新た
な展開です。

 これも全く知りませんでした。またこまめにお店回れば、今なら見つか
る可能性もありますね。ひょおとしたら買い漏らし品が残ってる可能性も
ありますので。
 自分そこまで必死で、Hot Wheels買ってないのですが、このシリーズだ
けは別です。できる限り集めていきたいと思います。
 相変わらずですが結構忙しい毎日を送っておりますので、店舗がOPENし
ている時間に回るのが難しいです。なかなか歯がゆいですね!!

 ま、急ぎながら頑張って回ってみます。本日なんですがこんな一台を紹
介していこうと思っております。

2017072801.jpg
2017072802.jpg

Hot Wheels
POP CULTURE 2016- STAR TREK B
70'CHEVELLE DELIVERY
 

 前回の台紙は、なかなかポップなイラスト仕様だったんですが、今回は
写真仕様に変化いたしました。
 これも魅力がありますね!!
 Web等で見た限り、前回のシリーズとメンバーは同じようです。これは
頑張って収集できたらいいな!!

 前回も結構ちらほら見かけたんです。今回のシリーズも結構残ってる可
能性大です。
 やはり、アメリカ本国でもこのシリーズはドル箱なのかもしれないです
ね。出せば売れる。
 トミカでいうところのディズニーモータースみたいなものです。今回も
きっかけを「ken-6さん」に頂きました。いつもいろんなワクワクをいただ
いてます。

 こんばんは時間がないので、あまり詳しいこと書けませんでしたが、次
に新たなキャスト入手出来たらしっかり調べますので。
 明日も仕事です、本当に中途半端で申し訳ない。いや~Hot Wheels侮れ
ないな。隙を見せるとどんどん攻められます!!(笑)近いうちに新たな
キャストが紹介できることを祈って、本日こんなところで。

どうにもこの車両が大好きで。

実際にこの車両の仕様などが実車と若干違うということもあり、色々な
意見があるのも事実です。
 しかしこの車両が、お手頃なお値段のホットウィールのモデルとして登
場してきたというのは非常に有意義なことだと思います。

 しかしこのキャストを入手するのは尋常ではない。やはりホットウィー
ルが相当好きで、いつも必ず並んでいる方たちにしか入手するのが難しい
キャストだというのか確実。
 どれだけほしくたって簡単に入手することができないのです。

 オークションなど見てもやはりどうしても倍くらいの値段で取引されて
るちょっと無理だなとあきらめておりました。

 そしたら今回定例会に参加したら「ken-6さん」がこんなのあるけどいか
が?とかいうの。うひょ~~~。大好物目の前に置かれてしまいました。
もうこれは買うしかない。ということでしっかり購入してしまいました。
 本日はこんな一台の紹介になります。
2017072701.jpg
2017072702.jpg

Hot Wheels
RACE DAY
PORSCHE 962
GReddy IMSA-GTP CAR CULTURE
4967834202832.jpg
 
 自分ね、このポルシェの962にものすごく憧れてた時期があるんです。
何がそんなに引き付けたかというと、日本の国内レースでも活躍し、国際
レースの多くのシーンで登場してきて、とにかく世界各国でレースと言え
ばこの車両!!的なイメージが強かった時期があったんです。

 デザイン的に無地の白色にしたら、結構シンプルなマシンなんじゃない
かと思う。今のマシンのようにカナードやらなにやらいっぱいついた、複
雑な形状ではないのだと思います。実際には相当細かな部分に凹凸がある
とは思うのですが、それでもまだ平らなマシンだろうと想像ができます。

 その効果もあったのだと思うのですが、このマシン兎に角いろいろなカ
ラーリングに変身していったんです。

 当時の有名カラーリングは、ほとんどポルシェが纏ってるんですよね。
どのカラーリングもよく似合うんですよ。
 正確にこの一車種だけがまとったわけではないのですが、どんどん進化
して言った車両にも関わらず、基本的なボディーラインが変わらなかった
気がします。

 正確には変わっていたのでしょうが、自分のような素人には同じに見え
るのです。

 本日の車両もスポンサー名がしっかり描けないこともありイマイチだと
いう意見もありますが、自分の頭の中ではしっかりトラストの文字やら色
々なものが見えてるんです。

 いや~やっぱこの車両好きだな。トミカでも出てこないのかな。スポン
サー名はとにかく。
 トミカプレミアムなんかで出てくれたら嬉しいんだが…。なかなか難し
いかな
962よろしくお願いしたい。その際、全然仕様が違ってもOKですので。(笑)
懐かしいCカーの世界。今更ですが再現してくれたらうれしいです。

 ということで、本日は「ken-6さん」から奪い去ったモデル紹介させて
頂きました。いや!もう、いい感じに納得です。いいキャストだ!!

FC2Ad