養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

モータースポーツつながりで!!

本日は「たにさん」にお願いして入手することができた一品です。
モータースポーツ好き、特に自分は「たにさん」にもお話していたのです
がインディシリーズ大好きなんです。

 このインディシリーズなんですが、時差の関係上、日本でリアルタイム
で中継を見ると、日曜日の夜中から、月曜日の朝にかけての放送になるん
です。一番きつい時間帯に放映となるわけですが、頑張ってみてます。

 そんなシリーズに日本から佐藤琢磨選手が単身参加しています。もうこ
のシリーズ参戦選手の中ではベテラン中のベテラン。誰も簡単に抜ける選
手だとは思っていないと思います。

 でもね、ベテランだからって簡単に勝てるレースじゃないんですよ。
過去優勝経験はあっても、次がなかなか。皆さんよく言われるんですが、
単純だからこそ難しいレースなんですよね。
 オーバルレースが多いレースシリーズです。つまらないと思うでしょ。
これがね、ずっと見てるとなんか引き込まれていくんです。

 自分はそろそろフルシーズン見だして、十数年になるんですが、たまら
なく面白いんです。嵌ってますね!!

 そんなインディシリーズの中でも特別なレースがあるんです。F-1にも
モナコがあり、耐久シリーズにもルマンがある。インディシリーズには
「インディ500」があるんです。

 もうね、日本でこのレース楽しみにしてる方、どれくらいいるのか分か
りませんが、一年に一度この時期を物凄く楽しみにしている。
 このレースで過去佐藤琢磨は物凄く優勝に近づいた事があります。でも
簡単には優勝するなんてできないんです。
 ひょっとするとシリーズ優勝するより印象に残っちゃう気がするんです。

 今シーズン琢磨選手は非常にメジャーなチームに移籍しました。ひょっ
としたら…ってかすかな希望はありました。しかしまさか本当にインディ
で優勝しちゃうとは!!それもものすごい横綱相撲でした!!(笑)
 で、優勝した後当然なんですが優勝記念品が発売されるんです。これは
絶対入手しないといけないってものがあるんです。
これです!

2017080101.jpg

2017080102.jpg


 毎年このレースで優勝した選手の名前の入った牛乳瓶が発売されるんで
す。今年はその牛乳瓶に琢磨選手の名前が入るんですよ!!


 「たにさん」が注文しますけど乗りますか?って連絡くれたんで、すか
さずお願いします!!って。

 ひょっとしたらこれ以降ないかもしれない。これは絶対入手せねば!!
って思ってたので最高にありがたかったです。

 ま、しかし牛乳瓶買う奴なんて、自分か「たにさん」くらいだろうな!
って思ってたら、いましたいました!!
 周囲には一杯お仲間いるのに驚きました!!もともとレースに関しては
超特別な環境ですので。これが普通だとは思いませんが、それでも仲間が
一杯いたのは嬉しかったです。

 牛乳瓶を貴重な記念品だと感じてくれる方が、近くにいるのは嬉しいこ
とです。

 出来ることなら来年もこの牛乳瓶に琢磨選手の名前が入っていたら!!
なんだか夢のような話ですが、そんな夢を持ちながら、本日はちょっと特
別な一品でした。大切に保管していかないといけない一品だな!そんな風
思ってます。「たにさん」ご足労おかけいたしました!!感謝です!!
スポンサーサイト

やはり見入ってしまう。

本日は少しだけミニチュアカーから外れます。これは懐かしいという物
頂きました。
 F1に関するグッズなんですが。これが実に懐かしい一冊でした。
 
 F1に関する正確な情報は持ち合わせていませんが、人気に関して、やは
り大きな変化があるんです。その最も大きい要因の一つが、F1日本グラン
プリを開催するにあたってのスポンサーの数だと思うのです。
 確かに、自分が思っているF1の黄金期、アイルトン・セナが走っていた
時代にくらべれば、若干減って来たころだとは思うのですが、それでも現
在のF1をサポートする企業より随分多い頃だと思います。

 本日は「はらさん」から頂いたパンフレットを紹介して行こうと思って
おります。
 結構懐かしい!!と思ってみられている方が多いんじゃないのかな。

2017073101.jpg
FUJI TELEVISION
JAPANESE
GRAND PRIX
SUZUKA
11-12-13 OCTOBER 2002

 これ頂いた時の第一印象。このころのパンフレットの厚いこと!!なん
かちょっとした冊子のような厚さがあります。
 その厚さの原因は、やはりスポンサーの多さなんでしょうね!!
 何せこの頃の日本グランプリの冠スポンサーがFUJI TVさんでしたから。
147Pフルカラーのパンフレットなんてなかなか出来ないですよ!!時代
を感じますね。

 ドライバーもこの時代良い感じですね!!トップにミハエル・シューマ
ッハ/フェラーリ それに対抗するのはマクラーレンのクルサードとライコ
ネン。
 そして日本グランプリが盛り上がってるもう一つの理由が、佐藤琢磨が
F1ドライバーとして参戦しているのです。
 マシンはジョーダンホンダ。良い時代だな!!

 まだ民放で放映がされていて、超盛り上がってた時代です。ミハエルも
異常な強さを発揮していた時代だったと記憶しております。

 兎に角一年に一度の鈴鹿を物凄く皆が楽しんでいた時代だともいます。
そうか…もう15年も前の話しなんですね。当時は日本グランプリが近付く
と仕事が手につかなくなってた記憶があります。ワクワクしましたよね!
 パンフレットをパラパラめくってるだけで色んな事が思い出されます。
パンフレットは貴重な資料だとかんじました。この一冊には当時の熱気が
そのまま封じ込められている感じがします。

 たまたま今朝、F1のホンダのW入賞の記事が入って来ていました。F1
つながリ。なんかの縁かも知れ無いですね。

「はらさん」今回は貴重な一冊有り難うございました。ついつい読みふけ
ってしまいました。(笑)たのしかった!!最高の時間でした。

別冊 W.M.C.C忘年会 その3

モータ-スポーツといえば、やはりその花形は選手ですよね。命懸けで
毎レースギリギリの走りを私たちに見せてくれています。
 
 昨日の記事は裏方的な、個人的な非常にマニアックな収集品です。これ
はなかなか理解していただける方が少ない。しかしいざ入手しようとする
と簡単には入手出来ない品です。貴重なんです。
 レース開催時やイベント開催時にしか入手出来ない貴重な資料です。

 本日紹介する頂き物なんですが、これも昨日紹介した資料と同じくらい
サーキット等に行かない限り入手が難しいものなんです。
 そして多くの方が収集しているという、非常にメジャーな物です。

 レーシングドライバーのサインを頂きました。
 今回頂いたのは、お二人。こんな方のサイン頂きました。
かずきサイン
 中嶋一貴選手
だいすけ
 中嶋大祐選手


 兄弟揃ってのサイン頂きました。

 うむ~一貴選手、どんどんサインが胆略化されて行ってる。もう誰のサ
インなのか教えて頂かないと判らなくなりつつある。(笑)
 そして大祐選手選手のサイン ゼッケン64番が入ってる。2017年シー
ズンから無限に移籍が決まった大祐選手。という事はこの64番のサイン貴
重になるかも。

 今回は「たにさん」から頂きました!いつも有りがとうね!!感謝です。
また貴重な我が家のモータースポーツ資料が増えました。有難いです。

 実は本日夜から東京に出掛けて行きます。雪が降るという予報の中出か
ける事となりました。なんてこった。久し振りの東京は雪予報。幸い東京
には大雪予報が出ていませんので。しかし名古屋に大雪予報!!帰れるん
だろうか?運を天に任すしかない!!ま、普段関東に行かない物が行くと
かいうとこんな物です。(笑)明日の記事は東京からアップ予定です。宜
しくです。

別冊 W.M.C.C忘年会 その2

今日はモータースポーツです。いつも記事にしてるんですがモータース
ポーツって自分の大好きな消えものの宝庫のような気がするんです。

 現場で配布される色々な印刷物や、お客様に配られるステッカーなど。
その場でしか入手できないし、次に行ったときにはもうない、その場限り
の物が多い。これを収集するのって、結局現場に行くしかない。
 自分達のように、纏まった時間がなかなか取れないものにとって、サー
キットにいつも行くのはなかなか難しい事になる。つらいところだよね!

 でも周囲には一杯友人がいて、それをカバーしてくれている。ありがた
いことです。

 で、今書いたのは、サーキットに行って色々回ってると入手できるもの
の事を書きました。これが集められない現状。でもサーキットにはこれを
超える、自分のような消え物マニアにはたまらないものがあるんです。
 1レースごとに大量に関係者に配布されている、リザルトだったり、多く
の報告や確認の書類。もう最高の消え物だよね!あまり一般の方は気にな
らないようだが。気になってしょうがない。
 これも最近は自分の周囲にレース関係者の方が増えたこともあり、色々
入手できるようになりました。

 そして最も入手が難しいものが関係者にのみ配布される解説であったり
ブリーフィングに使われる資料だったりする。これって関係者にならない
限りその存在すら知らないわけです。今日紹介する資料もレースに関係す
る資料なんですが、自分のように撮影等にあまり縁のないものは資料の存
在すら知らない。今回頂いたの初めてだったので、これは貴重です。

 こういったもの頂きました。

FUJIガイド
Press Activities and Photography Information
取材・撮影ガイド
FUJI SPEEDWAY

 こればかりは撮影等仕事で関っておられる方しかこの冊子の存在知らな
いわけで。これが自分の手元にやってくるのは、非常にありがたいことな
んです。
 今回は「ta_jiさん」から頂きました。本当にありがとうございます。

 なかなかこういった消え物大好きって方も少ないと思うんですが、実際
に印刷物マニアってのは結構いるみたいなんです。全てに興味があるかと
言うとそうではないのですが、自分の場合はモータースポーツに関して非
常に興味をもってみております。

 過去色々なレース関係の冊子頂いたのですが、撮影に関する資料は初め
てです。これは物凄く興味津々で読ませていただきました。

 全く自分と関係しないところで配布されている冊子。うむ~貴重でした。
 また、フジスピードウエイってところが凄い!中部地区に住んでいる者
にとってやはりホームは鈴鹿です。その鈴鹿でもきっと存在するであろう
冊子でしょうが、如何せんその存在を知らなかった。
 全ての分野で厳格なルールが存在する世界です。もっと知らない冊子が
これからも出てくるんだろうな…。ちょっと楽しみが増えてまいりました。

「ta_jiさん」!!こんかいは素敵なものありがとうございました。また
こっそり何度も読ませていただきます。いや~堪らない読み物でした。
感謝感謝です。

頂き物紹介4

空想の旅行は続きます。
一日にしてサーキットめぐりが出来てしまいます。「はらさん」に鈴鹿サ
ーキットの風を頂き。そして昨日、「こんすけさん」より もてぎ の風
を頂きました。2016年度結局自分はどこサーキットにも行くことができま
せんでした。残念ながら仕事があまりにも忙しすぎました。

 でもこうして多くの方がさーきうっとの風を運んできてくれます。本当
にありがとうございます。年末。そろそろモータースポーツも完結し寂し
くなる頃。自分だけ勝手に盛り上がっております。

 本日は頂き物最終日です。なんと今度は富士スピードウエイの風が!!

 「たにさん」今回はありがとうございました。まずはこれから。
1_20161203000055ffd.jpg
2016 FIA WORLD ENDURANCE CHAMPIONSHIP ROUND 7
6HOURS of FUJI
 流石に世界をツアーしているレースだけの事はあるな!!なんとも独特
の雰囲気のするパンフレットです。どことなくレトロな感じがする。しか
しレース事態は最先端の技術が使われた超モンスターマシンたちの集まり
あ~。もうゾクゾクする。
やはりこれがあるともっと盛り上がるグッズ!!
3_201612030001141ad.jpg
Final Classification
4_20161203000145124.jpg
Final Starting Grid

レースが始まる前に、これ見ながら勝手に盛り上がって行く自分。どこの
サーキットいっても同じです。そして盛り上がりすぎて天気の良い日は、
読み物を全て読み終わった頃には、眠くなってくる。(笑)天気の良い日
土手なんかでレース見てると最高に眠くなってくる。あのエクゾースト聞
きながら。最高の子守唄です。30分くらいうとうとして、そして活動再開。
何かもう勝手にサーキットの行動を予測している。(笑)

やっぱ良いですね!読み物。最高です。

そしてこれなんか物凄く読んで感動してしまった冊子2冊
5_20161203000156165.jpg
HERITAGE of FUJI Speedway in the 80's
2_20161203000105aaa.jpg
HERITAGE of FUJI Speedway in the 90's

富士スピードウエイっていうより、トヨタさんの力もあると思うのですが
こういった冊子の作り方が物凄くうまいと思います。
洗練されてますね。これは間違いなくトヨタさんのセンスが注入されてる
気がします。

 そしてこれもやはりセンスがある。
6_201612030002106b6.jpg
TOYOTA GAZOO Racing HANDBOOK
勉強になるな!冊子ってこうして作るんだ。いつも大企業の凄さこういっ
た小さな雑誌で思い知らされます。
 小さなものにも全力を!!そこが今のトヨタの成功に結びついてる気が
します。

 最後にこのクリアーファイル。
8_20161203000247288.jpg
9.jpg
 もうこの力の入りよう!!これ作るのにどれだけの時間がかかるか!!
自分同じような絵を描いていますので、ヒシヒシと伝わってきます。

「たにさん」今回は本当にありがとうございました!最後の月12月にサー
キットの楽しさ再確認させていただきました。来年は必ず自分なりに新し
いモータースポーツに向き合う活動初めて行こうと思っています。感謝感
謝です!!

 こんかいは多くの皆様の力で、モータースポーツの世界に引き戻してい
ただいた気がしています。さ、頑張っていくぞ!!

FC2Ad