養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

定例会での頂き物 3

「はらさん」まともにお礼も言えなくて本当に申し訳ありませんでした。
又我が家のマーチコレクションが充実しました。嬉しい!!
 なかなか1/43高くて手が出ないんですよね。本当に感謝です!!

今回「はらさん」にこの車両頂いて改めて車両しっかり見直す事が出来ま
した。
こうしてみると、本当に皆さんに愛された車両なんだなと改めて感じる事
ができました。
 女性顧客の心を掴んだ傑作車両だったんじゃないかと思うんです。

 新型車両の方、兎に角見掛け無いですね。名古屋に限った状況なのかも
知れ無いですが。
 自分、どうにも関東圏の仕事が少ない物で、しっかりとした情報を得る
事ができてないのかもしれないです。
 関東地域に行くと物凄く沢山走ってるのかも知れない。

 一つ言えるのは先代の車両の時は、名古屋でも例外なく多く見掛けまし
た。コンパクトカーと言えば、この車両とヴィッツ、フィットの戦いだっ
たんですが、圧倒的にマーチの勝利だったと思います。

 その後ヴィッツは改良が施され、カラーリングの大量追加。フィットの
方は燃費の改善等があり、ボディーはよりシャープになり、フィットファ
ンの気持をしっかりキャッチしているようです。自分から見ても両車進化
はしててもデザイン的に見ても退化は感じられないです。
 マーチも同様に新型が登場したのですが、何故か価格面で抑えられたの
ですが個人的にはあまり特徴をとらえられない車両になってしまいました。

 先代の車両にくらべるとCMに露出する事も少なく。注目度は殆どなくな
っちゃいましたよね。本日紹介する車両のようにキャンぺーンの目玉とし
て使われるなんて事もなくなっちゃったし…。ちょっと淋しいですね。

 本日はキャンペーンの為に作られた車両。こんな一台を紹介します。

Kyosho
Jcollection
NISSAN MARCH bubble version
2016052501.jpg

 みずたマーチは、日産自動車の乗用車マーチのキャンペーン・広報用に
作られた特別な車両です。2008年5月27日に行われたマーチ・コレットの
発売記念イベントで実車が初披露されました。
 なんともう8年も前の企画だったんですね!!月日の経つのは早いもの
です。
 ベースはマーチ・コレット(K12型)を使用し、ボディに大小の白の水玉
をランダムに配した柄となっています。
 「レアマーチ」と呼ばれる広報用のマーチとして、「しましマーチ」
「花咲かマーチ」に続く第三弾であり、前述2台と同じくCMに登場しまし
た。
(マーチ・コレット「シンプルなルール」篇)CMに登場するのはチャイナ
ブルーをベースとした白い水玉模様のマーチですが、他にもサクラ、フラ
ンボワーズレッド、ルミナスレッドのボディカラーをベースにしたものも
存在しました。
 また、デモカー90台が街中や日産の店舗に出没するという企画も実施さ
れ注目を浴びました。
 本日紹介しているカラーはフランボワーズレッドベースにした みずた
マーチ だと思われます。

 懐かしいですね!!コマーシャルの中にマーチが登場するなんて最近で
はなくなってしまいました。残念です!折角こんな可愛い車両があった
のに。生かせなかったってのが兎に角残念です。
今回新たに色々調べてみて、日本国中で注目されていた車両なんだなとあ
らためて気付く事が出来ました。ミニチュアの世界でもこうして沢山のモ
デルが登場している。そんな所が全てを物語ってますね!!

 「はらさん」こんな豪華な一台本当に有り難うございました。改めて勉
強させて頂いちゃいました!大切に他のマーチと一緒に展示させて頂きま
す!!もう感謝感謝です。有り難うございました!!
スポンサーサイト

ひょっとしたら…。

「ちっちくん」これ行き先違いますよね。お店に入って「きっとこれも鶏
さんだと思う」って渡されたのだが、多分これって店長のところ行きだっ
たのかな?
箱の中から登場して来たのが、プラキッズだったんですよ。これはしっか
り店長のところにお届けにあがりますので。ご心配なく。

他のミニカーたちも店長のところ行きのようだったら連絡くださいね!!

その中でも物凄くカッコイイ一台がいたのでちょっと紹介しておきます。

自分はkyoshoのミニカーシリーズ購入していないのでこういう車両なかな
か間近で見ることがない。何かこうしてみさせていただくとめっちゃカッ
コイイですね。

 基本トミカとは全く違ったコンセプトで作られたミニチュアカーたちで
すので、スケール的には略同じだったとしても、なんだか全く違うものに
見えてしまう。新鮮だな!!本日は特別にこんな一台

Kyosho
1/64 Ferrari 250 Testa rossa
2016041001_20160410231917cae.jpg

詳細については自分はまったくの素人ですので、触れることが出来ません
この車両達、物凄いマニアの方が一杯存在するカテゴリーなんですよ。
もし間違うと申し訳ないので。触れないようにします。

見た目の感想。兎に角カッコイイですね。こういったロードスタータイプ
の車両はなかなかトミカでは登場しないし。特に現在、あえて旧タイプの
車両が新車としてリリースされるなんてことはありえない。

 基本的にフェラーリがトミカ化されることも今後無いかと思われます。
ま、絶対は無いと思うんです。世の中何が起こるかわかりませんから、ひ
ょっとしたらいつかはトミカにもフェラーリが登場してくる可能性もなき
にしもあらず。果たして自分がコレクターをやってるうちに見られるかは
微妙な所ですが、気長に待つのも楽しいかもね!!
 
当時のロードスターは物凄く小さい。助手席のドライバーさんと肩が当た
るくらい接近して乗るのが常識です。
外人さんの大きさ考えたとき、これは相当きついですよね!人間の乗り心
地を犠牲にしてでも、スピードを生かした当時の知恵だったんだろう。

しかしこの小ささで、自動車が事故を起こしたら、乗員はひとたまりも無
かったことだろう。文字通り命がけのレースだったんだろう。

 こんなレースレースしたマシンをこのブログで1/43以外で紹介すること
も珍しい。たまたまアクシデントかもしれないが我が家にやってきてしま
った1台。何となく紹介しておきます。
 ごめんね!あんまり色々記事に出来なくって。でもせめて写真としてこ
のブログの中で残っていただこうと思ってます。

 箱の中にはトミカが入ってるんだけど。これこのブログで紹介してもい
いのだろうか?とりあえず紹介しておこうかなって思う。

豪華すぎる名阪近鉄バス浪漫Ⅱ

 現在わがやが住んでる地域、にあるバス会社なんです。自分の住んでる
地域は昔ながらの小さな町工場が点在した地域です。現在は残念ながら全
盛期をすぎ、物凄くゆっくり衰退してる感じがします。街自体はのんびり
した時間が流れてる感じがします。
 確実に世代交代はされることもなく、衰退の一途ですね。これは仕方自
分の住んでいる地域だけでなく、どこの小工業地帯も一緒なんじゃないの
かな。
 すると何が起こるかというと、空き地がすこしづつ増えてくる。そして
その空き地に都心であればマンションが一杯建つわけですが、残念ながら
高級マンションがあまり似合う地域ではないようです。すると必然的に空
き地が増えてきますよね。そこに増えてきたのがバス会社、運送会社の営
業所なんですね。

 今回紹介しようとしているバス会社も私達の住む所から少し行ったとこ
ろにあります。結構自動車で移動すると名古屋駅がすぐ近くにあるんです
。バスの車庫としては便利な場所だと思います。

 そんな近くにあるバス会社なんですが、そこで今回オリジナルのバスが
発売されたんです。自分はまだ利用したことが無いのですが、このバス超
豪華なので有名なようです。そうですね~、近鉄電車の「しまかぜ」のよ
うな車両のようです。う~ん。バス旅も色々と差別化を測らないとお客様
を呼ぶことが出来ないようです。凄い時代ですね!!

 さて本日はトミカではないのですが、こんな一台を昨日「クッキーさん
」から頂きましたので、早速紹介させて頂きます!!う~~ん。なんとも
素敵な一台頂きました。ありがとうございます!!こんな一台の紹介にな
ります。

名阪近鉄バス創立85周年記念モデル
浪漫II
2015.05
2015081301.jpg
2015081302.jpg
2015081303.jpg

 車両ベースとしては日野のセレガでしょうね。この車両大好きです。
良いバスですよね!自分この車両デザイン大好きです。只でさえも豪華な
車両なのに、それをもっと豪華に作り変えた車両が本日の「浪漫Ⅱ」うむ
~良いんじゃないですか!!是非乗ってみたくなりました。

http://www.kakkotour.com/special/20388

 旅は良いですよね!少しだけ忙しい仕事していると、旅行は最高の息抜
きです。特に自分で運転する事無くいける旅もたまには良いものです。こ
の記事書いていたらまたバス旅行きたくなりました。
 さて、バスミニチュアカーの詳細書いていきます。

 詳細ですがこんな感じになります。現在も発売は続いているようです。
興味のある方はぜひ!!
 
名称 浪漫Ⅱ 1/150スケール ダイキャストモデル(限定5,000個)

製造元 京商株式会社

通販も可能なようです。
https://www.mkb.co.jp/roman_index-html/

販売方法
■浪漫Ⅱを利用した名阪近鉄旅行カッコーツアーへご参加いただいた お客
様に乗車記念として車内販売を 実施させていただきます
お支払いは現金のみとさせていただきます。
http://www.kakkotour.com/special/20388
※上記バナーリンク先からは名阪近鉄旅行のホームページとなります
・バスへ積込む個数に限度がありますので当日ご希望いただいてもご購入
できない場合がありますので予めご了承ください。
・在庫数の関係上当日積込みが出来ず販売できない場合があります。

もともと「浪漫Ⅱ」の乗車記念のようですね!こういった記念品、ミニチ
ュアカーを収集するとかではなく、記念の一品として購入されるんですよ
ね!色々なバス会社さんも出されると楽しいですよね!

 今回は「クッキーさん」に頂いた一台で楽しい旅行気分味あわせて頂き
ました本当にありがとうございました!!
 なんか忙しい一日でしたが、やはり最後は楽しめましたミニカーの威力
は偉大ですね!!

2014年の締めになります。

何にしようか大忘年会前までは必死に考えておりました。今年はそれ程
高価なものも購入しなかったし、結構なレアトミカも登場したのですが、
残念ながらそんな凄いトミカが我が家にやってくるはずもなく。(笑)こ
まったな~って思ってました。そしたらやはり大忘年会!こんな凄いミニ
チュアカーが我が家にやってきました。トミカじゃないんですが、こんな
に迫力感じるミニチュアカー久しぶりに見ました。
 自分は1/43を購入することなんて殆ど無いのです。この1/43は凄いイン
パクトでしたね!!今回我が家だけでなくken-6さんのところにもやってき
たようですが、良い物一杯見てるken-6さんも、この一台褒めてました!!
 大型車両というほど超大型ではないのですが、普通乗用車に比べれば大
きな車両です。
 この車両1/43でモデルにする。う~ん流石です。メーカーの凄さ感じま
す。2014年最後の一台はメーカーミニチュアカー紹介して行きます。

 たまにはトミカじゃないミニカーで一年締めくくるのもいいな!なんて
おもっております。こんな一台です

2014123101.jpg
HINO DUTRO SCALE MODEL
HINO MODEL CAR COLLECTION
2014123103.jpg
 すごいでしょ!なんとも凄い。この車両「かなでさん」がプレゼントし
てくれました。
 2014年一番のミニカーどころか、過去一番凄いミニカーなのかもしれな
いです。
滅茶苦茶「かなでさん」に感謝して今年は終わっていきます!!
2014123102.jpg
 自分の長々とした文よりも今年の最後はめっちゃカッコイイ車両紹介で
終了して行こうと思います。このまま普通に2015年に突入していきます。
2014123104.jpg
何か締めって大切ですね。今年はそれがないおかげで何か物凄く変な感じ
です。と言う事で今年はこれで終了です。皆さん元気に過ごせましたか?
2015年も楽しく過ごして行きましょうね!!では新しい年にお会いしまし
ょう。

パイクカーってご存知ですか?

ごめんなさいね、自分の言葉で書くにはあまりにもボキャがなさすぎる。
ということで、Webで調べた資料をまず載せます。

※パイクカー(pike car)とはレトロ調であったり先鋭的であったりと、デ
ザインが特徴的な自動車の一つ。生産の台数や期間が限定されて販売され
ることが多い。
1987年に日産自動車がK10型 初代マーチをベースとしたBe-1を販売。予約
注文が殺到する人気車となった。その後、同様の手法を採ったパオ、フィ
ガロが開発、販売された。通常、単に「パイクカー」と言う場合はこれら
の車種を指す。 
 また、同じ日産車で、通常量産車のラシーンと、期間限定受注車のエス
カルゴを含めることもある。
 この他では、トヨタが1990年代末から2000年代前半にかけて発売したWi
LL Vi等の「WiLLシリーズ」と、光岡自動車の各モデルもパイクカーに含
めることがある。光岡自動車は大手メーカーの車両をベースにした、クラ
シカルな外観の自動車を製作・販売している、パイクカー専門に近いメー
カーである(オリジナル車両もある)。ビュートは、英国車のジャガー・
Mk2をデザインモチーフに、ノーズ部分とテール部分をハンドメイドで製
作した改造型自動車である。初代・2代目・3代目ともにハッチバックボデ
ィの日産・マーチをベースとしている。

 パイクカーってこんなに奥深かったんですね。自分は日産のK10ベース
にした車両のことだけを言うのかと思ってました。このパイクカーという
車両カテゴリーちゃんとした一つの形が出来上がって行ってるんですね。
 素晴らしい!そして本日紹介するのはそんなパイクカーをモデルにした
ミニチュアカーです。こんな一台が登場します。

NISSAN Be-1 Pink
Kyosho Fair 2008
MARUEI Original
2013071201.jpg
2013071202.jpg
 もう殆ど当時の資料が残っていないものなんです。基本的にこの四種の
カラーがKyoshoさんから発売されたようです。 この京商が発売したBe-1
は各色1008個限定での販売だったらしい。キャンバストップが装着され、
閉まった状態がさいげんされたモデルが発売されたようです。
レッド、イエロー、ブルー、ホワイト。
 正式な名前はというと、こんなカラーリングだったらしい。
●パンプキンイエロー
●ハイドレインジアブルー
●トマトレッド
●オニオンホワイト
というようだ。ということは、本日登場したピンク色は実車にはないオリ
ジナルカラーという事です。MARUEIさんだけのオリジナルなんですね!
 とてもとても貴重な1台だと思います。43ファンの方なら多分お持ちかも
知れませんが、我が家はメインが43ではないので、こういった貴重なモデ
ルが入手できるのは、店長のお店のイベントだからなんですね。

 多くの43が我が家のテレビの前に並んでるんですが、驚くなかれ、殆ど
が店長のお店のイベントで頂いたものばかりなんです。驚きでしょ!
 自分から手を出してしまったら、もうトミカだけでは収まりません。し
かし、結構43溜まってきてますよ!!少しの間今回のイベントで頂いた43
紹介して行こうとおもいます。

 しかし昨日の記事でも少し触れたんですが、なんで自動車メーカーさん
はこういった非常に面白い、乗る側をワクワクさせてくれる車両の生産を
辞めてしまったんでしょうね?現在の技術ならもっともっと楽しい車両が
登場してくると思うのですが。エコでカッコイイ!是非そんな素敵な車両
又登場させてくれないかな。そしてその車両のベースがK12だったりしたら
もう最高に嬉しいんだけどな~。ダメだろうか。
 これからの時代新たなパイクカー出てくる事って、意外に若い年代の新
たな層が作れる気がするんですが…ふるきを見直すってのもいいのでは?
 
 ミニカー奥が深いですね!!そして楽しい!!1/43はやはり魔物です。
週末の初めこんな素敵な一台から。ではまたあした。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

FC2Ad