養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

良い感じに病んでしまったミニカーたち。2

けっこう色々なLESNEY入手してきたんですが、これは初めてかな?
自分はここがメインって訳ではないのですが、養さんがこんな感じの少し
難アリのミニチュアカー達が大好きな物で、そんな事もあり結構な数が集
まって来てると思うんです。
 相当仕事した子達がやって来る訳ですから、完品は難しい。本日紹介す
る車両も実は完品ではないんです。昨日に引き続きTOP部分が欠品してお
ります。しかし養さんが「ごっとんさん」から購入している値段考えたら
そんなの当たり前なんです。自分もそんな細かな事は気にしません。

 そんな中でこうした40年を超えた車両達でもっとも欠品するパーツがあ
るんです。プラスチックパーツ。うん!確かにそれも経年劣化とか子供さ
んが一番最初に破壊するのがそういった少し出っ張った部分だったりしま
す。ここはなんとなくわかるじゃないです、しかしコレクターさんがどん
なに大切に扱っても欠品若しくは破損する所があるんです。それが今回の
車両にはあるんですが、ちょっとびっくり、しっかり残ってるんですよ。

 TOPのパーツが欠損するくらいなのに、肝心のパーツが残ってくれてま
した!これは凄い。そして嬉しい。自分のように病んでしまった車両メイ
ンだとこれがなかなか見られないんです。ましてや40年以上経過した物で
は殆ど期待出来ないパーツなんです。いや~こんな感じだったんですね。
初めて見たかも。ちょっと嬉しいです。
 養さんは何気なく入手して来てますが、過去我が家には一台もいないん
ですよ。ちょいと貴重です。

 本日なんですが、現代も基本的な形が殆ど変わっていない、しかし重要
な働く車紹介して行きます。こんな車両が登場してまいります。

LESNEY
16D CASE BULLDOZER
1969
2015100501.jpg

 例のごとく「タロささん」のぶろぐを参考に見てみると、ボディ色とあ
まり合わないTOPがプラスチックパーツで付いてるようですね!
うむ~先程も触れましたが、取り外しの利くようなとくにプラスチック製
パーツの欠損はもう仕方のない事です。ある意味このコンディションでそ
れを求める方が難しいと思うんです。
 
 それよりも本日注目したいのはゴム製のパーツ。キャタピラなんです。
これだけはどうやっても硬化して行きますし、無理に遊べば確実に切れて
無くなります。なにせ40年以上も前のゴム製品です。輪ゴムだって40年
経過すると箱の底とかでドロッと溶けてとんでもない事になっちゃってま
すからね。
 良く残ってましたね!凄い事だともいます。我が家がこれをグリグリ動
かす事もありませんので、たぶんこの状態が少しは保たれると思うのです
が、しかしいつ切れるかはわかりません。現在の状況も決して良いわけで
はなく何とか残ってる状態ですので、できる事ならこの状況を長く保って
あげたい物です。なので撮影後は塩ビの透明ケースに入れてあげます。
長く持ってくれるといいですね。直接塩ビにゴムパーツがあたってるのも
問題ありますので、ティッシュ包みってのがいいのかも。これでのんびり
と休憩出来る事でしょう。いや~本日は貴重なLESNEY紹介出来ました。
満足満足。
 明日なんですが、LESNEYなんですが、これはまたちょっと豪華な1台紹
介して行こうとおもってます。何かもの凄く楽しんでますよね。
 でもこれ全部養さんが入手した物ですからね!(笑)ということで明日
に続いて行きます。めげずに付き合ってくだされ。
スポンサーサイト

良い感じに病んでしまったミニカーたち。1

本日からは題名が若干変化しました。(笑)素晴らしくから良い感じに
変化いたしました。それは扱うシリーズが変わったからなんです。しかし
全体的にメーカーが変わったわけではありません。同じなんですが発売し
たシリーズ名が変わってまいります。
 良い感じに、に変化した理由はシリーズ自体が少し古くなったこと。な
ので製造された年代が少し古くなってきます。と言う事でやつれ方も「良
い感じ」に変化していきます。これね、個人的には物凄い褒め言葉なんだ
よね!
 本日からLESNEYに変わっていきますが、もう個人的には欠品とか全然問
題ではないんです。車両の形のままで自分のところに来るだけでも、実際
凄いことだと思うんです。

 今はどうなのかわかりませんが、物を大切にする日本人ってのが当時の
当たり前だった気がします。その後使い捨ての時代なんてのがやってきま
すが、個人的には物を大切にする日本人の方が好きだな。残念ながら車に
関しては国の制度が、どんどん古いものを捨てなさい的な税制をしいてお
ります。我が家もその対象で、1台はエコカーにも拘らず、もう1台は割り
増し税金の対象車です。考え方によっては、いってこいでチャラって感じ
かな!!(笑)

 本日登場してくるミニチュアカーほど古くないですが、色々な時代や流
れを経験した物達です。本当は大切にするべきだと思うんだけどね。
 残念だけど、時代はそれを許してくれないのかもしれないです。景気が
良い、悪いは確実にありますから仕方がない事です。現在は色々な意味で
余裕がなかなかなくなってきてる時代のようです。
 我が家も決して余裕があるわけではありませんが、それなりに一生懸命
仕事して、できる限り余裕を作るように心がけております。

 そんな一生懸命を癒してくれるのが、自分的にはこうした古いミニカー
たちなんですね。本日登場してくる車両も欠品がありますが、そんなのは
問題外。十分楽しませてくれる車両です。本日はこんな一台が登場してき
ます。

LESNEY
47C-2 TIPPER CONTAINER TRUCK
1968
2015100401.jpg

コンテナのTOPが欠品のようです。年代考えたらこれくらいの欠品はしょ
うがないですよね!車両の形が判断できるだけでも凄いと思うんだ。
 1968年です。このシリーズとしては比較的新しいほうだと思うのですが
それにしたって、47年前の車両です。トミカの歴史より古いんです。凄い
ことです。

 この時代の車両のエンジンマウントがシート下に収められたこのスタイ
ルが1960年代に一般的だったという事実。海外の技術が如何に進んでいた
かが判ります。こんなこともミニチュアカーを見て判ることですね。だっ
てね、ミニチュアカー見るとき以外で、1968年の頃のトラックってどんな
形だったかなんて調べませんよね!それをまた日本製の当時のトラックと
の比較なんて絶対しないですよ。
 このあたりの車両紹介するときには「タロささん」のブログ参考にする
んですが、まだまだこのあたりの車両は新しいほうなんだな!って感じて
しまいます。LESNEYの歴史の古さ。本当に驚きです。
 ヤバイな~こうして紹介続けてると、トミカも面白いが、古いミニカー
の楽しさガンガン表に出てきますね!!ソコソコにしないと。(笑)

 この車両を楽しんでいた方、当時5歳か6歳くらいと仮定しても50歳超え
ているんですよ。そうかんがえるとすごいですよね。持ち主は確実に寿命
があります。しかしこうした車両達は持ち主は変わっていくのでしょうが
コレクターと言う生き物に運よく渡れば、寿命はないと思われます。色々
なものを見ながら生きていくことでしょう。

 しかし一年に一度浜松にお邪魔すると、一杯買っちゃいますね!楽しす
ぎです。まだまだ一杯買っちゃったんだよね。買い物は養さんの仕事なの
で、改めてこうしてじっくり見るのが楽しみです。さ、まだまだ続いてい
きます。しかし良い時間過ごさせていただいてます。この時期はミニカー
紹介してるものにとっていい時期ですね!新しい週ものんびりと進めてい
きましょう!!では又明日です。

取り合えず、オンボロシリーズ最終日

今週楽しかったな!何のプレッシャーも感じる事無くブログ記事を書く
事が出来ました。本来ブログの記事ってこういう物だと思うのですが、ブ
ログやってる方、わかりますよね!!
 長い事続けていると、記事がドンドン義務的な方向に向いていってしま
うんです。自分のような結構暇なおぢさんは別として、仕事が忙しくて時
間に追われまくってる方にとって、その毎日は単に苦痛となっていってし
まう場合が多いんですね。
 記事を書こうと構えてしまうんでしょうかね。なかなか継続が難しいん
だね!
 FBのように写真付きコメントくらいが長続きするには良いのかもね!
 
 でも今回のように主題から外れた、多分適当な感じで終われる記事は、
結構な勢いで筆が進むのです。(現在は筆では無く、キーボードとでも言
うのでしょうか。)ある意味自分で書いてるのに、第三者的な雰囲気で記
事が構成出来るのはいいですね!!

 さて今週紹介した少々難有りのミニチュアカー達なんですが、ここに来
て重代発表です!!実はこれ、自分が購入したものではないのです。これ
ね、ぜんぶ養さんが「ごっとんさん」のところで譲って頂いた車両達なん
です。
 大体いつもそうなんですが、我が家のバックヤードに大量にストックし
てある海外ミニチュアカーは略 養さんが購入したものなんです。なんか
ジク、マッチボックス、マジョレット、この辺の古くてなんか味のアル車
両見るといてもたってもいられなくなるようです。

 そして我が家の特徴として、入って来たものは出ていかない。(笑)ど
んどん溜る一方ですな!!それも又楽しいのですが。いつか何処かに退避
場所考えないとね!!

 さて本日のミニチュアカーで取り合えず今週シリーズは終了となります。
こんな一台で〆になります。
2014092701.jpg

29C Fire Pumper, Issued 1966

 最終日はLesneyで〆です。しかし「ごっとんさん」ところいつも色々な
ものがあるんですよね!面白くて溜らない!!
 もともとLesneyに完品、美品を求めている訳ではありませんし。存在を
確認出来る程度の個体でも十分なんです。
 そして自分の机の左側には無造作にこの車両達が置かれております。も
う、コレクションというより机と一体化しています。(笑)そこに無くて
はならないものなんですね。
 綺麗に展示するだけがミニカーじゃ無いと思うんだ。如何に日常に同化
していくかってのも大切なんじゃないか、自分はそんなふうに思ってます。
 ミニカーって小さい頃はそうだったよね!その辺に転がってる物だった
きがします。でもね、仕事終わってからの数時間この車両達が癒してくれ
るんですよ。不思議なものです。
 人に寄ってはただのゴミなんですが、私達にとっては宝物なんですよね!

 しかし日本人で良かったです。なかなかミニチュアカー購入して楽しむ
程の生活が送れる国って少ないんですよ。
 ある程度裕福な面もないと、コレクションなんて絶対できないですから
ね!基盤があるからできる、余暇ですよね。うん。何となく幸せです。
 
 さ、明日あたりからしっかり形をとどめる車両達が登場して来ます。ま
だまだトミカは出て来ませんが、実は我が家の隠れコレクション達の紹介
進めていきます。いや~良い時間過ごさせて頂きました。又明日からの全
く違うシリーズ紹介です。なんとなく一緒に楽しんでいきましょうね!!
では又明日です。

この車両が辿った年月。

自分の周囲には色々なミニチュアカー好きがいるんです。自分はこのブ
ログの主題としてトミカを題材にしております。実はね集めだすまでは、
こんなに沢山のトミカファンが存在するなんて知りもしなかったんです。
 そんな幅広いファンを抱えるトミカのお陰で色々な友人が出来ました、
ありがたい事です。

 ブログの主題としてトミカを使わせて頂いてるんですが、実は基本古い
物が大好きなんです。ミニチュアカーもそうなんです。
 メーカーは関係なく時代を感じることの出来るミニチュアカーは大好き
です。
 名古屋にある「店長のひとりごと」このお店の中にもメーカーを問わず
古いミニチュアカーたちがひしめき合っています!奥の座敷は古いミニチ
ュアカー好きには堪らないスペースです。よ~く見ると実は凄い車両達が
一杯だったりします。ホットウイールのファーストモデルなんかもありま
す。色々なミニカーの中で何気なく並んでたりします。それが又良いんで
す!!そんなスペースの中でいつも古いミニカーについてお話しする仲間
がいます。「のっぽさん」と「タロささん」自分を含めそれぞれ5歳くらい
づつ年齢差があるのですが、ミニカーの前では皆同級生なんです。面白い
物です。年齢とともに年の差は年の差ではなくなっていくこと最近知りま
した。物凄く楽しい時間過ごせてます。

 「のっぽさん」は実車でも有名な方です。そして時代を感じるミニチュ
アカーの話題などをいつも提供してくれるのです。誕生日に時代物のミニ
チュアカーをプレゼントとして何台も頂いております。
 定例会に「のっぽさん」が持参するミニチュアカーが凄かったりします。
 自分達の生まれる前の物だったり…ミニチュアカーの歴史の深さを感じ
る事が出来ます。

 そして「タロささん」は自分たちが知り合った頃はトミカユーザーでし
た。きっと周囲の皆さんの影響もあったのだと思います。そして何より持
って生まれたミニカー好きが大きかったのでは、たまたま「タロささん」
が子供の頃遊んでいたミニカーがまだ残ってるお話からどんどん時代が逆
行して行き今ではそういったミニチュアカーなどを扱うブログを立ち上げ
られておられます。 

‘LESNEY’から始まった
http://wlcc.blog133.fc2.com/
 本日はそのブログの主題にもなっているLESNEYです。
 購入先は、これまた嫁さんを含めいつも物凄くお世話になってる「ごっ
とんさん」のところです。毎年浜松で凄くお世話になってます。

 本日ですがこんな一台登場してきます。
2014092301.jpg

48C Dodge Dumper Truck, Issued 1966 

 LESNEYって聞きなれないミニチュアカーだな!って思われてる方もお見
えになると思います。そんな方の為に。簡単に説明すると現在では別の名
前で呼ばれてます。「マッチボックス」これは聞いたことがありますよね
現在も販売が続いております。実はその「マッチボックス」のご先祖様の
名前なんです。実は「LESNEY」の前にも名前があるんです。それ程歴史の
古いミニチュアカーメーカーなんです。英国は実車もミニチュアカーも歴
史が深いですね!もしこれ見て興味が湧いたら是非色々検索してみてくだ
さい。あまりの歴史の深さに驚くことでしょう。

 本日の一台物凄い使用感がありますよね!それもそのはず。生産され販
売された年が 1966年なんです。なんと48年前のモデルです。この車両が
売られていたころトミカは存在しません。
 それでもLESNEYとしては最終に近いモデルです。世代番号もCですので3
世代目にあたります。Aが発売された年代は1958年ですから自分が生まれる
前の話になります。

 本日の車両は1966年この車両が日本で発売されていた当時遊んでいた方
私達と同年代でしょう!当時6歳くらいとしても、現在54歳です。この車両
の使用感は当たり前ですよね!多くの方の手から手へわたり我が家にやっ
てきてくれました。ミニカー1台ですけどなんか感慨深くないですか。
 
 ミニカー1台でこんなに楽しめるんです。なんか凄い力持ってますよね!
ミニカーって。なかなか辞められないわけです。
 自分はブログ内で紹介しているのはトミカがメインですが多くのミニカ
ーに囲まれながら楽しい時間過ごしてます。こんな楽しみもたまにはいい
ですよね!
 明日からは少し新しくなって来るのですがそれでも味のある車両達の紹
介続けていきます。う~~~ん!良い時間だ。(笑)又明日です。

FC2Ad