養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

これは堪らない!!

ゴメンネ!本日紹介するものも、自動車好きには堪らない一品です。
昨日に引き続き、本日も読み物を。

 この本見て非常に懐かしく思うのは、自分達の世代の車好きだと思う。
どういったら良いんだろう?この時代車好きに対して物凄く大きな影響を
与えていたのは雑誌だったような気がします。
 兎に角車の大きな流行を雑誌が作り上げていた気がするんです。流行に
とらわれない王道の雑誌なんかもありました。カーグラフィックなんかは
自分達のまた一つ上を行く車好きの方々は、歴史のあるこの車本を愛読し
ておられました。

 その少し下のちょっとチャライ世代の自分なんかは、本日紹介する雑誌
には物凄い勢いで影響されていた気がします。
 今回紹介する雑誌は現在はcar magazineと呼ばれています。創刊された
ころはスクランブルカーマガジンという名前で登場しておりました。
 これねっけこう楽しみにしていたんです。

 カーグラフィックで紹介される車両はどちらかというと、自分達ではな
かなか手の出ない車両が紹介されておりました。それに対しスクランブル
カーマガジンは車好きの若者雑誌という感じでした。フォルクスワーゲン
や、miniなんかを若者に気合を入れて紹介したのはこの雑誌だったと思い
ます。

 今回この雑誌を頂いたのは、「のっぽさん」です。現在も一貫してフォ
ルクスワーゲンビートルを愛する方です。世代的に略一緒ですので、車両
の好みや、自動車雑誌の好みも似ている。
 そして、集まっている皆さんもこの雑誌見て一斉に懐かしいという言葉
が出てくる。みんな同世代なんだね!!

 こんな本当に懐かしく貴重な雑誌頂いてしまいました。

2016082701.jpg
Revival Impression
car magazine 101
1987年10月 増刊号

 87年!!良い時代ですよね!!まだまだこの雑誌に登場してくる車両た
ちが少し無理すれば入手可能な時代だった。
 
と言っても、表紙に登場してくるALFA ROMEO GIULIETTA SZ2や PORSCHE
CARRERA904GTS何かが買える筈もなく。このあたりは夢のまた夢の車両だ
ったとおもう。

 この雑誌にも大々的に紹介されているBMW2002何かが、ネオクラシックの
時代なんだと思う。まだまだしっかり走り回ってましたよ!!ターボは簡
単には入手難しかったですけどね。通常の2002は結構安価に入手できた時
代でした。しまったな~!!買ってストックしとけばよかったよ。

 「のっぽさん」にこの雑誌頂いたとき、しっかり夜更かしさせていただ
きました。楽しいんだ。この一台のインプレッション読んだら寝ましょ!
とか思いながら、ついついもう一台行ってしまう。これはもう危ない薬の
ような本だと思うのです。
 当時の若者に対して、一生懸命訴えかけるような記事。今読んでいても
しっかり引き付けるものがあります。
 いつもそうなんですが、まず一回読んでしまって、もう一度しっかり読
み込む!!これがね~本当に楽しいんだ。なんだか資料的なものが勝手に
頭の中に入っていく気がします。
 勉強もこれくらいしっかりやってれば…。(笑)

 「のっぽさん」今回はめっちゃ良いものありがとうございました。車に
とって物凄く良い時代の雑誌です。
 これからまだまだ時間かけてしっかり読み込ませていただきます!感謝
感謝です。

 明日は「来夢音さん」だぞ~~。また明日に続きます。また読みたくな
ったぞ~。明日は休みだし。少し読んで寝ましょう。楽しい時間だ!!
スポンサーサイト

FC2Ad