養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

日産マーチ展15

もう15回目なんですね。早いものです。
今月の半分はマーチ展に費やしましたね。笑
早いもので3月も本日で終了です。しかし早い。
ついこの間ブログ開始したと思っていたのですが
もう3ヶ月経ってしまいました。
これからも、ぼけ防止の為(笑)継続していこうと
考えております。宜しくお願い致します。

さて、本日のマーチ展最初の1台です。
日産マーチ
日産自動車オリジナル
2004.01
DSCF1856.jpg

DSCF1857.jpg

DSCF1858.jpg

(トミカ0149)
2004年1月となっていますが実際に登場したのは
2003年12月です。
クリスマスの美しいディスプレイの中の1台です。
本社と日産ギャラリーで開催されたミニカー展示
イベントでアンケートに回答した来場者にプレゼント
されたオリジナルのマーチです。
ディスプレイされたマーチの配布だったと記憶して
おります。当然台数は限られていたんでしょう。
貴重なマーチ君なんですよ。
この当時、養さんはマーチ集めに躍起になっており
仕事から帰ってきて日課のようにヤフオクを見ていました。
たぶん相当の値段がついていたように記憶しております。
人気があったんですよ、このマーチ君。
名古屋にも日産ギャラリーあるんですが。
やはり東京にくらべると小さく狭いので大きなイベント
開くことが出来ないようです。寂しいです。
名古屋の日産ギャラリー地下街の突き当たりにあります。
どうやって車入れているのか不思議でした。
日産さんの仕事をさせて頂くようになり搬入現場を
見ることも出来、疑問が解消しました。
大変な努力されているんですね。ご苦労様です。
また、機会があったらミニカーイベント開催してくれると
いいのですが。

もう1台紹介です
日産マーチ 
特別仕様トミカ 12星座COLLECTION
東京トミカ博
2002.08
DSCF1892.jpg

DSCF1893.jpg

DSCF1894.jpg

(トミカ0150)
東京で開催されたトミカ博で発売された特別仕様のマーチ君
です。当然のように来場しておりませんので、これも
オークションで手に入れたのでしょうか?
記憶が定かではありません。
何処かのイベントで購入したのかもしれません。
いずれにせよ、黒のマーチ君は現在これ1台です。
黒もなかなか良い感じですよね、好きです。
この頃はマーチにしか興味がなかった養さん。他の11台は
購入していないと思います。笑
徹底的にマーチオンリーでしたので…
頑張っていっぱい仕事して、みんな玩具に化けました。笑
楽しい想い出です。

養さんコレクション トミカ紹介、今日で150台目です。
あっという間でしたね。これからもマイペースに紹介して
行きます。宜しくおつきあいください。
スポンサーサイト

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

日産マーチ展14

昨日一気に7台紹介致しましたので、これで
マーチバリエーション19種類紹介したことになりますね。
まだまだあるようですよ。笑
本日は特別仕様トミカ2台紹介しようと思います。
まず1台目です。
日産マーチ
特別仕様トミカ★★No.03
大阪トミカ博
2003.04
DSCF1850.jpg

DSCF1851.jpg

(トミカ0147)
大阪トミカ博一度はいって見たいものですね。
東京は遠いですが、大阪ならすぐなので。
きっと今年も開催されるんだろうな~。行って見たい。
名古屋でも1度開催されましたがおぢさんは仕事で
行くことが出来ませんでした。
養さんは頑張って一人で出かけトミカ見てきたようです。
非常に羨ましいです。
よく考えると、トミカ博いってないのにわが家にある?
うむ~。オークションで購入でしょうね。笑
オークションのお陰で遠くで開催されたイベント記念品
がいとも簡単に手にはいるようになりました。
有難いことです。
そして、養さんのコレクションは充実して行くのです。

そして次の1台
日産マーチ
特別仕様トミカ★★★No.04
大阪トミカ博
2005.04
DSCF1853.jpg

DSCF1854.jpg

(トミカ0148)
2年後の大阪トミカ博でもまたまた登場マーチ君。
大阪出没率が高いですね!
しかしながらこのトミカ博にも出向いておりません。
これは名古屋駅前JR高島屋で電車に関するイベントがあり
鉄道好きのおぢさんが無理を行って連れて行って頂きました
そこにはプラレールも展示されており、一緒に特別仕様
トミカも販売されておりました。
また、オークションで買おうねって言っていたマーチが
簡単に定価で手に入ってしまいました。
なかなか運がよかったようですね。
たぶん、おぢさん達が知らないだけで色々なところで
販売されているのでしょうね。
情報には敏感にならないといけませんね。

さて、これでマーチバリエーション21種類です。
明日も頑張って紹介します。これが終わらないと
次に進めません。笑 さ、がんばろっと。



テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

日産マーチ展13(めげずに復活・笑)

イベントが入りましたので2日程中断いたしました。
さて、またマイペースに進めていきます。
今日紹介するのは、日産マーチ イトーヨーカドー限定
今回は半年かけて発売になった6種類を一挙紹介です。
しかし、このシリーズ本当に買うのに苦労しました。
朝一で店舗前に並び、オープンと同時に売り場までダッシュ!
朝早くから並んでいた女性!完全に蹴散らされていました。
文句が出て当り前ですよね。
マーチシリーズの後、整理券配布となりました。
しかし凄かった。買えない方もいましたよ。
養さんと、どっと疲れたの覚えています。
でも、楽しかった。買えたときの嬉しさ忘れられません。
日産マーチ(ブルー)イトーヨーカドー限定
2002.10
DSCF1868.jpg

(トミカ0140)

日産マーチ(グリーン)イトーヨーカドーオリジナル
2002.11
DSCF1874.jpg

(トミカ0141)

日産マーチ(イエロー)イトーヨーカドーオリジナル
2002.12
DSCF1877.jpg

(トミカ0142)

日産マーチ(ホワイト)イトーヨーカドーオリジナル
2003.01
DSCF1871.jpg

(トミカ0143)

日産マーチ(ピンク)イトーヨーカドーオリジナル
2003.02
DSCF1883.jpg

(トミカ0144)

日産マーチ(レッド)イトーヨーカドーオリジナル
2003.03
DSCF1880.jpg

(トミカ0145)

日産マーチ(スペシャルバージョン)
イトーヨーカドーオリジナル
2003.04 非売品
DSCF1865.jpg

(トミカ0146)
トミカコレクション本腰入れるきっかけのマーチでした。

2日程お休みしたので久しぶりのマーチ資料紹介です。
多分オーナーさんでも殆どの方が存在すら知らない
激レア印刷物紹介しておきます。
内容は申し訳ありませんが内緒ということで。笑
とりあえず表紙のみ。
※MARCH「マーチ」販売マニュアル 
ad0049.jpg

こいつはレアでしょ!なかなかお目にかかれないと思います。
オーナーさんでもなかなか所有している方珍しいはずです。
こんなものまで所有している養鶏場何者???
あ!業者じゃありませんから。一般の年寄りです。笑

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

タカラトミー展報告2

昨日はトミカ紹介しましたので、
本日はチョロQを紹介いたします。
このブログ、トミカを中心に紹介していますが
実はトミカに強烈なこだわりを持っている訳では
ありません。
現在の養さんの趣味のメインがトミカという事で
トミカ中心に構成しております。
本当は車なら何でも大好きなんですよ。笑
実は昨年の中位までは熱烈チョロQファンだった養さん。
大量のチョロQ捕獲致しております。
特別なイベント等のチョロQは今でも買います。
今回のタカラトミー展は特別も特別。別格です。
タカラとトミーが一緒になっちゃった訳ですから。
チョロQがこの先どのような形で進んで行くのか
私たちにはさっぱり検討もつきませんが、一つの変換期
を迎えたのは事実でしょう。
今回会場で購入した2台のチョロQは色々な意味で特別
なのかもしれませんね。
実はおぢさん、チョロQのこんな路線大好きです。
車のスケールモデルではなく、思いつくままみたいな。笑
(決してそうではないと思いますが。)
見た目可愛い。もうこれでOKのおぢさんでした。笑
その1
エッグチョロQ (フィギュア入り)
DSCF2070.jpg

DSCF2069.jpg

(チョロQ0007)
その2
展覧会記念 チョロQ トヨタパッソ
DSCF2067.jpg

(チョロQ0008)

養鶏ぶろぐにとってとても大切な2台の紹介でした。
さて、今後価格面も含めどのように進んで行くんで
しょうね。
会場には、もうすぐ発売されるディズニーチョロQが
展示されていました。しかし値段が…。
やはりトミカの価格に馴れてきてるんでしょうね
チョロQが異常に高く感じてなりません。
私たちもこれからどうして行くのか分岐点に差し掛かって
きているのでしょう。
じっくり流れ見ていきたいと思います。期待を込めて!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

マーチ展、本日休園。

昨日イベント見てきましたのでそちらの報告入れさせて
頂きます。
タカラトミー展名古屋パルコで開催されていましたので
観に行ってきました。
ad0048.jpg

タカラとトミーが合併してタカラトミーという新会社が
出来ました。それを記念して開催されているのが
タカラトミー展です。
東京での開催情報は入ってきていましたがまさか名古屋で
開催されるとは思ってもいませんでしたので、大変嬉しく
養さんと、ドライブの予定キャンセルして見学に行って
参りました。
入場量は大人300円です。
中にはタカラとトミーの代表される玩具が展示されています。
とにかく車玩具好きの養鶏場です。チョロQとトミカが一緒に
なるだけでも大変な騒ぎです。
会場内にも初期のA品番チョロQとかいっぱい展示してあります。
いま、少しチョロQ抑えている養さんですが、これを見ると
また欲しくなっちゃいますね。笑
出口に近いブースにはトミカの黒箱がいっぱい展示してあります。
凄いな~。
そして、出口はショップとなっています。
ここが大変なんです。
なかなかトミカイベントに出かけることがない我が家にとって
イベント限定スペシャルモデルは喉から手が出るほど欲しい。
しかし全て買うわけにも行かず、ピックアップして買います。
今回も、チョロQの限定品2種類は当然購入。
あとはトミカをどれだけ購入するかが問題。笑
とにかく、いままで買って無かった2台セットのトミカ
を3種類購入しました。
あと、スペシャルモデルもパラパラと…。
その中の一部を紹介させていただきます。
特別仕様トミカ
★★★No.07
マツダRX-7 FD
(大阪トミカ博)2005.04
DSCF2059.jpg

DSCF2060.jpg

(トミカ0136)
★★★No.11
トヨタMR2
(東京トミカ博)2005.08
DSCF2065.jpg

DSCF2066.jpg

(トミカ0137)
★★★No.13
Hondaビート
(東京トミカ博)2005.08
DSCF2061.jpg

DSCF2062.jpg

(トミカ0138)
★★★No.14
スバルR1トミカエディション
(東京トミカ博)2005.08
DSCF2063.jpg

DSCF2064.jpg

(トミカ0139)
と、今日は4種類の紹介でした。
残りはまた少しづつ紹介させて頂きます。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

日産マーチ展12

この子も出た当時はよくオークションで見かけました。
しかし、最近はあまり登場してきませんね。
これって、2次加工品なんでしょうか?
その辺おぢさん詳しくないのでよくわかりませんんが…。
MODEL AUTO SWAPMEET
2003.02
何のイベントなのでしょうか?
紹介しておいてさっぱり知りません。笑
そして、調べようともしてません。笑(ちゃんと調べなさい!)
多分このイベントで販売されたか、記念品です。
それは誰でも想像がつきそうな…。笑
相当数出回っているはずなんですがあまり見ませんね。
現行品との違いなんですが、天井に文字があります。
たぶん、MODEL AUTO SWAPMEETのロゴだと思います。
そこだけですね、違いは。
後は35-4STDと全く同じだと思います。
こういったバージョン違いがたまらなくコレクター心
くすぐっちゃうんでしょうね。
大切な1台です。
DSCF1895.jpg

DSCF1896.jpg

DSCF1897.jpg

(トミカ0135)

今日は足周りに目をやってみます。
ホイールって時代を反映してますよね。
K11用のオプションパーツですから10年近く
前のデザインの物も含まれている訳ですね。
当時はかっこよかったのに、今見るとってのも
結構あったりします。
でも、センターホイールキャップはおぢさん
今でも大好きです。不滅のデザインですね。
MARCHPHOTO_064.jpg

いいね~!!
こんなところなかなか注目浴びませんものね。
オリジナル物は意外になかったりします。ある意味
貴重なのかもしれませんよ。
MARCHPHOTO_062.jpg

MARCHPHOTO_063.jpg

MARCHPHOTO_065.jpg


テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

日産マーチ展11

毎月発売されていた大規模小売店チェーンのトミカたち。
本日のアピタオリジナルで一旦幕引きです。
養さんと、「一杯買わないといけないね。」って悩んでいた
トミカ達もいざ、販売終了ともなると寂しいものです。
しかし、AEONのトミカ売り場にある大量の在庫。
これを見ると、あ~これは中止も仕方ないかなと思わされます。
AEONオリジナルも先月のエレメントで一応終了となりました。
いや~こんなに一気になくならなくても…寂しいぞ。
ということで、今日のマーチは大規模小売店チェーン発売物
です。
日産マーチ標識付AEONオリジナル
2005.01
若草色の可愛いマーチです。リアの部分に初心者マークが
印刷されています。
何だか初心者マークが良く似合う車ですよね、マーチって。
ぽかぽか陽気に誘われてちょっとそこまで!
もってこいの車じゃないですか。
お弁当、水筒、おやつ。一杯詰め込んでお出かけです。
少し遠出もいいよね。
何だかトミカのマーチを見ていたら何処かに出かけたく
なってきました。
明日は日曜日。養さんとドライブしにいきます。
DSCF1835.jpg

DSCF1836.jpg

DSCF1837.jpg

(トミカ0134)

マーチだけでなく色々な車がそうなりつつあるんですが
キーが必要無くなってきています。
う~ん。これは確かに画期的なんですが、何だか
寂しい気もします。
ちょっと凝ったキーなんてのも車のお洒落な一面などと
思っていた部分もあり、電子部品になるのは何だか…。
しかし、完全に無くなってしまっているわけではないので
良しとしましょう。
K11のキーです。
MARCHPHOTO_030.jpg

可愛いよね。お洒落じゃん。
おぢさんは、こういうちょっとしたお洒落な感じが
大好きです。さりげない所がマーチだったりする。いいな~。
技術革新も必要ですが、やはりマセラッティーのアナログ
時計てきなもの、何処かにあるといいですよね。
一つでいいのさ、こだわりが多くなると今度は押し付けに
なってしまいますから。
ぜひ小物でこっそりってのお願いしたいものです。
因に現代の(K12)キーです。近代的です。
進歩が凄いね!
20060325213005.jpg

20060325213046.jpg

20060325213134.jpg

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

日産マーチ展10

マーチ展もついに2桁行ってしまいましたね。
そうか今日で10台目何ですね!早いものです。
今日の紹介はこの子です。
トミカくじIV
2003.03
トミカマーチのコレクションの中でも養さんの
お気に入りの1台紹介です。
他にも白いマーチあるのにこれが気に入っているんだ
そうです。こだわりがあるんですね、きっと。
カラフルセット白とどう違うんでしょう?
濁りの無い白マーチです。
ホワイトって感じの白です。(意味が解らん。笑)
なかなか微妙な違いですが、この辺りの微妙さが
養さんの心をくすぐるんでしょうね。
現物2台並べてみると一目瞭然、全然違う白色です。
なかなか微妙です。
マーチ展2台目の白い車紹介でした。
DSCF1889.jpg

DSCF1890.jpg

DSCF1891.jpg

(トミカ0133)

さて、本日のマーチ実車は
K11Rumba.
ルンバですよ!ルンバ。凄いな~。
ネーミング最高。好き好き。
その1
はい、いつものように全体イメージ。
う~ん。いいじゃん、いいじゃん。
Rumba_P01.jpg

その2
うんうん。そうね!横向いた感じ。
なかなか行けてるね。
Rumba_P04.jpg

その3
ハイ!お尻です。
やっぱり微妙に変えてあるんですね。
よく思いつくな~!偉い。
Rumba_P03.jpg

インパネ。
お!思った以上にしんぷるですね。
これも好きだな。
Rumba_P06.jpg
この音楽シリーズ内装凝ってますね。
最後は内装。
あら!綺麗。
Rumba_P07.jpg

それぞれ個性的でK11が長生きした原因の一つでしょうね!
乗っていたら、マーチってイメージはないですよね。
きっと違う車に乗ってる様な気がするのだと思います。
こういったこだわり大好きです。
K12でもこういった展開始まらないかな!!
楽しいのにね。日産さん宜しくね。


テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

日産マーチ展9

カラフルセットの紹介も今日で終了ですね。
最後に残ったのは濃いグリーン。
そうそう濃いグリーン。
ブリティッシュグリーンっぽい色です。
こういった渋い色も合うんですね。
現在リリースされているトミカマーチのなかで
これだけですかね。渋い色リリース。
おぢさん結構好きな色だな~。いいじゃん
こんなのも。
さてこれでカラフルセット6台全て紹介しました。
明日から何を紹介しようか悩んでいます。
トミカ以外のマーチも面白いかな!
今晩じっくり考えてみます。
これも楽しい。色々考えるのがまた楽しい。
ブログの楽しみですね。よいよい。
結構ひまなおぢさんです。笑
DSCF1946.jpg

DSCF1947.jpg

DSCF1948.jpg

(トミカ0132)

今日の実車です。
K11Bolero紹介します。
この車は未だによく走っていますね。
しかし不思議なデザインですね。
コンセプトはなんでしょうね?
ボレロ。ラヴェルですね。しかし凄い所突いて
きますね。そうか~ボレロか。
さて、じっくり見てみましょうね!

その1、お!見覚えのある外観です。
Bolero_P01.jpg

その2、そうそうこんな感じです。
Bolero_P02.jpg

はい、お尻。お!こんな感じでしたっけ?
そろそろ自信がなくなって来た。
Bolero_P03.jpg

インパネはこんなかんじ。
ほっほ~なかなか新鮮。中なんか見た事無いもの。
こんな風になっていたんですね。
Bolero_P05.jpg

内装はこんな感じ。
Bolero_P06.jpg

あら!シンプルですね。ボレロだからほら、もっと
凄いのかと思いました。(どうして?)
ポルカと全然違ったイメージですね。よく考えて
ありますね!凄いです。

そうそう桜が咲いてるの。綺麗ですよ。
名古屋市内で一番最初に咲くんですよ。綺麗です。
DSCF2042.jpg

DSCF2052.jpg

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

日産マーチ展8

連日紹介しておりますマーチカラフルセット
残り2台となりました。
今日紹介するこは、これなに色なん?
オレンジ色でもないし、黄色には赤すぎる
何?薄いオレンジ色ということで。笑
ソリッドです、メタリック入っていません。
いいな~ソリッド。おぢさんが乗ってる車もソリッド
なんですよ。いいな~。大好きだ。
パステル調のモデルいっぱい出るといいのにな~。
なんだか喜んで買っちゃうような気がする。
あっ!!!トミカですよ、トミカ。実車は無理。
可愛いよね~
ということで、薄いオレンジ色でした。
日産マーチカラフルセット
2002.10
DSCF1943.jpg

DSCF1944.jpg

DSCF1945.jpg

(トミカ0131)

今日の実車です。
K11ポルカです。
色々あるんよね、マーチって。みんな音楽にちなんだ
名前が付いてるんね。
今日はポルカ。
チェコの民俗舞曲、はやい2拍子のリズムに特徴が
あります。
ってところで、どの辺りがポルカなの?笑
ま、気にしない気にしない。笑
外観はこんな感じです。
その1
PolkaPHOTO_01.jpg

その2
PolkaPHOTO_02.jpg

はい、お尻。
PolkaPHOTO_03.jpg

インパネはこんなかんじ。
PolkaPHOTO_04.jpg

内装はこんな感じ。
PolkaPHOTO_05.jpg

お洒落だよね!いけてるとおもうよ。
ふ~ん、こんなんなってたんだね。知らなかった。
そういえば現物見た事無いです。
興味津々。


テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

日産マーチ展7

さ~本日もマーチのトミカ紹介していきましょう。
今日も昨日に引き続き日産マーチカラフルセット
2002.10です。
赤、銀、白と3色紹介して来ました。
今日は青色のマーチを紹介します。
綺麗な色ですよね。
おぢさんの好きな色にターコイズブルーという色があります
そんな方向の色です。
しかし、どんな色でもさまになるクルマですね!
基本のデザインがしっかりしているとどんな色もしっかり
受け止めてくれるんですね。凄いですね!
トミカを通してマーチについて勉強しています。
面白い車ですよね。マーチ大好きです。
現在少しトミカマーチのリリースが止まっていますが
またどこかで出てくると嬉しいのにな~。
きっと出るね!ゆっくり、じっくり待っていましょう。
DSCF1940.jpg

DSCF1941.jpg

DSCF1942.jpg

(トミカ0130)

本日の実車紹介ですけど
こんな車知ってますか?知ってますよね。笑
今日はトミーカイラm13。
亀のマークの凄い奴です。
とにかくかっこいいんですよ。最高に良く出来てる。
m13が売りに出された時たまたまなんですが日産の
ディラーさんに行っていて、トミーカイラ知りました。
カタログ頂いた養さんの目がキラリンコ!!!!って
輝いたのを憶えています。笑
養さん絶対欲しかったんだと思います。笑
とにかくインパクトの塊。衝撃がはしりました。
当時は赤色のスパルタンな奴しかありませんでしたが
今は色々な色がある様です。
どれも最高の出来です。特に白!!こいつのカラーリング
センスは群を抜いてお洒落だと感じています。
m13white.jpg

勉強になります。脱帽です。
これからも頑張って素敵な車両作って下さい。期待してます。
m13kinden.jpg

13ushiro.jpg

13innteria.jpg

毎日笑顔になれるクルマ
日産マーチ(K12)をベースにトミーカイラが全てのクルマ好きに提案する
「FUN CAR」!
そのスタイルは観た人を全て自然と笑顔にしてくれます。フロントバンパーを
変更し、センターストライプを装備したそのフォルムはクルマというよりは
愛くるしいペットを思い起こしてくれます。
でも、かわいいだけのクルマでもないのです。トミーカイラの考える
「FUN CAR」を形にするために細部のパーツにこだわりました。
そう、m13はオーナーのあなたをなにより楽しませてくれるクルマなのです。
大排気量のスポーツカーのように飛び抜けた速さがある訳じゃありません。
でも、m13はきっとあなたをどんなクルマよりも楽しませてくれるでしょう!!
もしm13を街中で見かけることがあればドライバーの表情を確認してみて下さい。
きっと笑顔が溢れていることでしょう。
「トミーカイラm13紹介文より。」



テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

日産マーチ展6(復活。笑)

昨日は突然舞い込んだミニチュアカー紹介のため
マーチ展休業致しました。笑
本日よりまた開店致します。
日産マーチカラフルセット
2002.10
白色です。
日本人が最も好きな色、白色です。
トミカでみても解るのですが大きく見えます。
膨張色なんですね。
何だかお饅頭みたいで可愛いです。笑
トミカとして最初に発売になった白色です。
このあと4種類ほど白色がリリースされております。
現在5種類の白色マーチが存在することになりますね。
さ~区別がつくのだろうか?養さんにしっかり聞いて
おかないとね!素人おぢさんにはさっぱり解らないから。
きっと微妙な所が違うんです。
バリエーションってそこがまたマニアの心くすぐるん
でしょうね。
カラフルセットの白は若干ベージュっぽい白です。
何故か解りませんが白いトミカ好きです。
DSCF1937.jpg

DSCF1938.jpg

DSCF1939.jpg

(トミカ0129)

マーチだけではない話題です。
マーチのフロントグリルに燦然と輝く日産マーク
これって若干変化してないだろうか?
ほんの少しだけど。K10の資料がないのでここは
解りませんが、K11とK12は若干違うような…。
どうでもいいじゃん!という些細なことですが何だか
気になるおぢさんでした。
これがK11の日産エンブレム。
PolkaPHOTO_10.jpg

そしてこれがK12のエンブレム。
ad0047.jpg

少し違いますよね。
K12がルノーと提携して第一号の日産車ですので
マークも手をいれたのでしょうか?
言われないと解らない、こんなことにもコソコソ
突っ込んでいきます。笑
そういえば、マーチのエンブレムには金色バージョンって
ないんですね。ま、あえて金色エンブレムがいるとも
思えませんが、色々な選択はあったほうがいいということで。
金色じゃ無くていいから可愛い色のエンブレムなんか
売りに出しても好かったのにね。
あ!簡単に塗れるってか。笑 おっしゃるとおりですね。
DIY。これもまた楽しいって訳ですね。フムフム。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

本日はマーチ展お休みします。

何故かといいますと思わぬ物が我が家に舞い込んで
まいりました。
数カ月前にTV番組を見ていて最後にプレゼントの告知が
ありました。HONDAさんが提供だしここは応募だね!
養さんとnet検索して応募いたしました。
はっきり憶えていないのですが確か景品は選べなかった
ように記憶しております。
数カ月たち応募した事すら忘れておりました。
昨日何かを飛脚マークの運送屋さんが運んで来てくれました。
養さんの名前。
「何か買った?」「憶えてないな~?」なんだろね?
とにかく開けてみましょう!
あれれ~!!ミニチュアカーが入ってる!!
通販で買ったっけ?お手紙いりです。
DSCF2034.jpg

ありゃ~!そういえば応募したぞ!!当ったんだ。
きゃっほ~い。当るもんだね。応募してみる物です。

今回当選したのは
EBBRO Honda FCX Fuel cell Power Car
LIGHT BLUE
1台
DSCF2028.jpg

DSCF2029.jpg

Honda Direct Marketing Corp
CIVIC HYBRID
1台
DSCF2030.jpg

DSCF2036.jpg

学研まんがでよくわかるシリーズ20
燃料電池車のひみつ
1册
DSCF2033.jpg

以上の3点が送られて来ました。
嬉しい物ですね!当選するのって。
本好き、車好きの養鶏場には大変嬉しいプレゼントです。
TBSさん有り難うございました!
ハイブリッド、燃料電池車。これから時代を駆け抜けて行く
車種達。
ようこそ!いらっしゃいました。大歓迎いたします。
と、言う事で本日は急遽Upさせていただきました。




テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

日産マーチ展5

本日紹介するのは昨日に引き続き

日産マーチカラフルセット
2002.10

5種類目の紹介ですね。
昨日は赤色の紹介でした、本日はシルバーパープル
とでもいうんでしょうか?
なんとも不思議なシルバーです。
デジカメで撮影するとどうしても色が少し変ります
実際はもう少しシルバー系です。
実車にはない色なのである意味夢があっていいですね。
こういった実車にない色を立体で見られるのもトミカ
の良い所なのでしょうね!
最近リリースされるトミカは実車のカラーリングが
基調となっていますので少し夢がなくなったかな。
しかし、そこをカバーするのがバリエーションですね。
マーチは一杯楽しませてくれてます。楽しいぞ!!
カラフルセット残り4台です。明日も頑張って紹介します。
DSCF1934.jpg

DSCF1935.jpg

DSCF1936.jpg

(トミカ0128)

本日の実車
おぢさんこれは結構変ったコラボで好きです。
足の長い車種だからこそ色々なことが出来たのでしょうね。
miniにもいろいろなコラボがありました。
やはり足が長いって好い事ですよね!おぢさんは好きだ。
MUJI Car
2001年4月19日日産自動車は「無印良品」でおなじみの
(株)良品計画との共同開発車、MUJI Car 1000を発表した
発売は2001年5月11日
ベースはマーチの3ドア、コレットfだが、専用色のマーブルホワイト
専用のラジエターグリル、黒いバンパーとドアミラー
専用リアコンビランプなどで、外観はシンプルで実用的なデザイン
にまとめられている。
内装も専用のシート生地に穴あきヘッドレスト、ダブルフォールディング
のリアシート、汚れにくいビニール張りのラゲッジルームなど
、無駄のない機能的な装備を採用している。
最近では珍しくなった黒いバンパーがむしろ新鮮シンプル
ゆえに飽きはこないだろう。
そして当然ながら?笑 エンブレムは付かない。
価格は93万円、1000台の限定販売で購入はMUJI.netから
申し込み商談、契約、納車、アフターサービスは日産で
おこない、問題はないようだ。
という当時の記事。
いいな~。無印って言うのがいいじゃないですか。
このコラボおぢさん的に当りです!!
muji.jpg

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

日産マーチ展4(まだまだ続く…)

ギフトセットの中から紹介です。

日産マーチカラフルセット
2002.10

じつはこのカラフルセット、養さんが最初に買ってきた
マーチ単品の付属だったんですね。一緒に買ってきちゃった
んですね。笑
マーチだけでいきなり7色揃ったことになります。
小さい頃から人形さんより、車玩具が好きだった養さん
女の子という理由で買ってもらえない。悲しいね!
そんなこんなで、一気に堰が切れたように、トミカ道に直進です。
元来収集癖のある夫婦でしたから。火が付かないわけがありません。
どっぷり行くわけです。何処にいく!アホ夫婦状態。笑
誰も止めません、ストッパーが無い状態。溜まって当り前。笑
困ったものですね。でも、楽しいから良しです。
本題に戻ろう!このマーチのセットなんですが
つい最近までトイザらスなんかにいくと積んでありました。
最近はめっきり見なくなりましたね。
生産中止になったのかな?おぢさん詳しくないので解りません。
お仲間にフィットカラフルセットなるものも存在しています。
(間違いなく、当然のように購入済み。笑)
そのセットの中からの1台です。
赤。綺麗な色ですね!本当にカラフルという言葉が当てはまります。
この色バリエーションがミニカー収集する者の心くすぐる訳ですね。
並べて楽しむ。凄く楽しい時間が過ごせます。至福の時なんですね。
養さんの栄養剤のようなものです。癒し…なんでしょうね。
4台目は赤色のマーチでした。
DSCF1949.jpg

DSCF1950.jpg

DSCF1951.jpg

(トミカ0127)

実用的なマーチの考え方。
おぢさんが結構好きだったマーチがあります。
それはK11系のバリエーションの中の1台
BOX なんです。
MARCHPK_38.jpg

MARCHPK_49.jpg

1999年11月に発売されたBOX通常のマーチを後ろにブニョ~ンって
延ばした感じです。
この安直さが大好きです。
現実には、ラゲッジスペースを拡大して、さらにアンダーボックス
やサイドポケットを設けて収納性を大幅に向上。
リアハッチゲートはマーチらしさを残し新設計
ボディは専用色のオレンジ、銀、青、紺の4色です。
通常版マーチK11と比較するとあら!長いじゃんってくらいです。
この中途半端さがたまらなくGoodなのであります。
7年前の車です。微妙に少なくなってくる時期なのかも
しれませんね。
現行版K12にはバリエーションまだ出てきませんが。
こういった遊び心溢れる、楽しい車作りしてくれると
良いのですが…。
期待して待っています。楽しいマーチ。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

日産マーチ展3

昨日で現行版の2台紹介終わりました。
本日より沢山あるバリエーション紹介して
いきたいと思います。
バリエーションの多い車両といえばスカイライン、
miniなど思い浮かびますがマーチも以外と沢山あるんですよ。
現行品を含め3台目の紹介です。今日はこれ。

日産マーチパトロールカー
湾岸警察署(WPS)配備車両コレクション
2003.07
同じじゃん!って声が聞こえてきます。笑
「踊る大捜査線」公開時のグッズとして売り出されました。
もう1台違う車両が入っていたと思います、マーチしか
表に出てきていませんのであまり詳しく解りません。笑
昨日紹介した車両との相違点です。
外観的な違いで一番大きいのは回転灯でしょう。
STDがフラットなのに対して、今回紹介する車両は
ブーメラン型です。
正面から見たときグリル内ウインカーがしっかり塗分け
されています。ナンバープレートも付いています。
サイドのドアに書かれた警視庁の文字は一緒なのですが
全体的にこの車両のほうが後ろにプリントされているのが
わかります。
リアハッチに書いてある警視庁の文字が大きいです。
そして天井に警視庁の文字がありません。
極め付け、裏板に踊る大捜査線FUJITELEVSONの白文字
が入っています。
こんなところでSTDと見分けてください。
「踊る大捜査線」はトミカと関係無く養さんの大好きな
映画です。養さんと映画館に一緒に見にいきました。
楽しかったな~。もうやらないのかな?
DSCF1841.jpg

DSCF1842.jpg

DSCF1843.jpg

(トミカ0126)

1982年10月に初代マーチが発売されて24年がたちました。
24年で3代目。なかなか足の長い車ですね。
日本のminiのような存在になってくれないかな。
そんな車1車種くらいあってもいいのにね!
トミカにバリエーションが多いのと同様実車にも多くの
バリエーションが存在します。
24年間に多くの仲間が生まれているんですね。
その中でも最も有名な3兄弟がいます。
K10をベースに大量生産を前提とせず遊び心のある「とんがった」
車造りがコンセプト、それが「パイクカー」です。
1987.01 Be-1発売 
pike_be1_photo.gif

pike_be1_inpane.jpg

1989.01 PAO発売
pike_pao_photo.gif

pike_pao_inpane.jpg

1991.02 FIGARO発売
pike_figaro_photo.gif

pike_figaro_inpane.jpg

それぞれ個性的な車達です。え!20年近く前の車なんですね
そんなに経つんですね。
現在街中を走っていても何ら違和感の無い車達。凄いですね!
K13から突然古いマーチの話になっちゃいました。
しかし、マーチ語る上では欠かせない車だと思います。




テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

日産マーチ展2

昨日は大元35番のマーチ紹介しました。
今日は84番紹介します。
STD120車種の中に2台のラインナップです。
これで基本の2台は終了です。

84-5
日産マーチ パトロールカー(35-4ベース)
2003.03~
DSCF1828.jpg

DSCF1830.jpg

DSCF1831.jpg

(トミカ0125)

STDパトロールカーの特徴は天井の回転灯ですね。
最近一般的な横フラットの回転灯です。
警視庁って書いてあります。
実際に見ますか?マーチのパトロールカーって。
本当に存在しているのでしょうか?
残念ながら名古屋市内では見掛けない車種のようです。
働くマーチ君(業務用、営業車)はよく見掛けます
パトカーは見ないな~。踊る大捜査線で湾岸署の前に
止まっていた個体くらいしか見たこと無いです。笑
名古屋はトヨタお膝元ということもありトヨタ車が
多いような気がしますが気のせいかな…。

さて、本物のマーチのお話に移りましょう。
マーチの最も特徴的なのはやはりライトでしょうね。
昆虫系ライト。うむ~。真横から見てもライトが
見える。なんちゅうデザインじゃ~。
K12_P009.jpg

K12_P031.jpg

mmがコンセプトカーで出たときあまりの斬新さに
驚きました。
「新型マーチになるらしい!」
「NEWビートルに似すぎてないかい?」
「しかし、良くできてるな~」
K12_P071.jpg

K12_P074.jpg

評価は色々でしたが、確実に売れるな!が大方の
意見だったと思います。
ものの見事に大売れしたわけです。
ルノー主体で設計されたのか、日産主体なのか具体的な
詳細はわかりませんが、やはり他社の考えが入るとここまで
変わることが出来るんだという驚きがありました。
ヤリスに対抗するマイクラ。このくらいの斬新さは必要
だったのかもしれません。
ヨーロッパで売れる車理解している人が手を入れているのが
解りますね。
Illustratorソフトなどでお馴染みのベジェ曲線。
これはルノーが開発した技術なんですよ。今ではこれが
ないと出来るものも出来やしない。流石です!
今日の日産。カルロスゴーン氏の偉大なる手腕は言うまでも
ありませんが、最初に出したmmの成功が大きいと個人的には
思っております。
最高の経営者だから最高の車が生まれた。至極当然の話なのかも
しれませんね。マーチは小さいけど偉大です。
少しの間 乗り物印刷物に浸るはお休みします。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

日産マーチ展1

本日より少し長い企画スタートさせます。
日産マーチ展
色々なマーチ、おぢさんの解説(いちゃもん?笑)
つけながら紹介していきたいと考えております。
養さんとおぢさんが集めたマーチの資料なども一緒に紹介
していければいいなって考えております。
資料、モデル、玩具など大量に所有しておりますが
マーチオーナーという訳ではありません。ただ好きなだけです。
ドライブフィール等は紹介できません。ご了承下さい。
あくまでもトミカマーチが中心にある特集です。
K12_P004.jpg

K12_P005.jpg

K12_P006.jpg

K12_P007.jpg

K12_P008.jpg

さて、トミカのマーチですが現行版として2種類リリースされて
おります。
35番と84番2種類です。
バリエーションは35番マーチから始まります。

35-4
日産マーチ
2002.07~

4年前何ですね。そっか~つい最近のような気がします。
現在何台所有しているのか解らないトミカ収集も4年前に
スタートしたんですね。4年間で溜まったこと溜まったこと。笑
当時、強烈に仕事が忙しくストレスの溜まった養さんが取った
行動とは…、トミカを購入してきました。笑 それもマーチ!
そう、このマーチこそコレクションの始まりなのです。
箱から出されてゴロゴロってよくテーブルの上で遊ばれてました。
1番遊んでもらった車両だと思います。小さいのに本当に良くできています。
実車のK12なんですが、ルノー日産共同開発の1号車なんです。
色々な意味で記念すべき車なんですね。
K10、 K11、 K12、と三代続いたマーチ。コンパクトカーの
代表格といっても差し支え無いでしょう。
資料面ではK10関係は手元にございません。K11も終盤あたり
からでしょうか。微妙です。
トミカもK10、K11はラインナップされていません。ミニカーに
関してはK12のみとします。
初日ですこんなもので。
DSCF1832.jpg

DSCF1833.jpg

DSCF1834.jpg

(トミカ0124)

乗り物印刷物に浸る38
特集にちなんでマーチです。
14s 12SRですね。走りのマーチ君ですね。
色々な印刷物がある物なんです。
楽しいね!印刷物って。
ad0045.jpg

(おぢ0039)




テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

おぢさんが20代のころ頂いたトミカ

トミカを真剣に集めている友人がいました。
N君。おぢさんと仲がよくいつも一緒に遊んでいました。
そのN君がくれたのが今日紹介するトミカです。
このトミカは20年以上前に頂いた訳ですが程度は非常に
いいんです。
おぢさんは玩具で遊ばないタイプなんですね、きっと。
そのため頂いたときガラス戸の付いた本棚に置いてそのまま
現在に至りました。
残念なことに箱はありませんでした。頂いたときすでに
ありませんでした。裸で頂きました。
DSCF1355.jpg

DSCF1356.jpg

22-1-18
ニッサンR382
1971.07~1980.09
現物のR382は観たことがありません。
何処かで出会えること期待しておりますが。なかなか
機会がありません。残念です。
しかし常連、トヨタ博物館にR390が展示されております。
日産自動車からお借りして展示してあるようです。
トヨタさん太っ腹です。
3階の一番目立つ所に展示してあります。
ニッサンR382 実際マークはどうなんでしょうか?
R390はプリンスのマークが付いています。
まだ、プリンスだったのかな?流石にこの時代のことは
良く解りません。勉強不足ですね。
数枚トヨタ博物館で撮ったR390の写真がありますので
UPしておきます。
DSCF0963.jpg

DSCF0964.jpg

DSCF0961.jpg

DSCF0960.jpg

DSCF0962.jpg

良くできていますよ!復刻版でなく当時ものです。
テールランプは54Bと同じものですよねきっと。
こんなところに、市販車のパーツが流用されているんですね。
当時のスカイラインオーナーさん喜んだでしょうね!
古き良き時代の1台です。
夢の塊ですね!
(トミカ0123)

乗り物印刷物に浸る37
今日はステージア。スカイラインの血を引くワゴン
ですね!
最近のステージアは良く解りませんが大きい車
みたいですね。
今日紹介するのは、その中でも特別AXISです。
いや~ごっついね!アメリカ車みたいなフロント。
これで純正!!すこしヤリ過ぎじゃないですかね?
ま、日産さんが良いって言ってんだから良しです。
初期のステージアにくらべると本当に顔変わりましたね。
別人のようです。
ステージアも進化して行っているんですね。うむ~。
ad0046.jpg

(おぢ0038)


テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

本日はZだよ!

STDなんですが一つ前の子かな。
もう現行版じゃないわけですね。う~なんだか残念。
このZ結構好きだったのにな~おしいな~廃盤。
色々な種類の車が次から次に出て来ます、仕方ないですよね。
トミカも常に新しい物に!当然ですよね。
特に120台という枠が存在するトミカです。新車が出れば
確実に新しい物に変化して行くのでしょうね。
15-5
日産フェアレディZ300ZX
1990.06~2002.05
赤いZ~~!!
しかしZは全て個性的ですね。
S30、S130、皆時代を生きた貴婦人です。
しかしこれだけ違うのになんだかZなんですよ。
不思議でなりません。そう思いませんか?
きょうはZXですね。良い車です。
Tバールーフですか。このZもあまり見なくなりましたね。
スポーツカーの宿命ですよね、こんなに美しい車体なのに
フルノーマルって絶対的に少ないんですね。
多分オリジナルのZ探すの至難の技でしょう。
おぢさんはどちらかと言うとオリジナル好きなんですよ。
だからオリジナルのスポーツカーみると非常に嬉しくなり
ます。
良くないですか?オリジナルのスポーツカー。
大事にされてるな~って感じがするんです。
そんな気しませんか?しますよね。(強制。笑)
多分このくらいのスポーツカーってオリジナルで維持する
の非常にお金掛かりますよね。
チューンナップするのと同等、いや、それ以上の維持費が
掛かるのかも知れませんね。
色々な意味でお金が掛かるのがスポーツカーなのかも
しれませんね。い~な~何だかズッポリハマって行くんだ
ろうな~エンスーな世界に。
美しいオリジナルスポーツカーに心底憧れるおぢさん
なのでありました。
DSCF1352.jpg

DSCF1353.jpg

(トミカ0122)

乗り物印刷物に浸る36
LAFESTAですか。
すいません。詳しく解りません。申し訳ない。
きっと四角い車系統でしょうね。違うかな?
あらら、天井がガラスなんですね。
このカタログ表紙のLAFESTA何処見てるんでしょうね。
海みてます。どこいきたいのかな?
お家は海の向こうなの?お家帰るっていってます。笑
勝手に判断しない。笑
とにかく現行型車の紹介です。
ad0044.jpg

(おぢ0037)

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

養さんに聞いて見た。

「何でこの子はここにいるの?」
「う~む~。記憶にございません。」笑
という子の紹介です。
しっかり遊ばれ、外観は相当ボロボロになっています。
欠品もみられますね。どこかに置き忘れてきちゃったかな。
これが、本来のトミカの姿なんでしょうね。そ、お仕事
子供に目一杯遊ばれるんです。
現在はじっくり療養生活に入っておられます。笑
アニバーサーリー24 II
62-5 ダイハツミゼット
2000.09
本来なら緑色のシートの荷台カバーがあるはずですが
どこかで捨てられちゃったみたいですね。
でもなんか、このボロボロ加減がおぢさん大好きです。
フリーマーケット等に行くとよく売られています。
子供が遊んだトミカボロボロバージョン。笑
当時から養さんはそんなところに行ってはトミカ
買ってきたりしてたんですね。
楽しいことです。
この三輪乗用車カーブで転倒とか昔聞いたことがあります。
いっぱい荷物積んだんでしょうね。
実車も酷使されていたわけですね。
さすがにこの時代はおぢさんの時代とは違っていますので
現実に見ていた訳ではありません。
きっとおぢさんが生まれた頃に活躍していた車両達なんで
しょうね。
残念ながら懐かしいと思える記憶が無い車両でもあります。
相当田舎に住んでいたのですが、もの心付いたときに
三輪乗用車は周囲を走っていませんでした。
フロントに大きなHマークの付いた薄青色の軽トラが一杯
走っていたことは覚えています。耕運機積んでね!
こちらももう、見ることが無くなってきました。
時代はどんどん流れているんですね。
トヨタ博物館にあったかな~?何だか現車が見たくなりました。
養さん、また行こうね!
DSCF1342.jpg

DSCF1343.jpg

(トミカ0121)

乗り物印刷物に浸る35
昨日に引き続きキャラバンです。
昨日のカタログにはシルクロードなる文字が入っておりました
するって~と限定車なのでしょうかね。
本日紹介するのは何も書いてありません。いわゆる
現行版のカタログなんでしょうね。
こうゆう商用車のカタログって忘れ去られて行くんです
なかなか取り上げられない陰の存在ですものね!
せめて養鶏ぶろぐでこっそり取り上げて上げたいな
などと考えている訳です。
日産車も相当紹介してきましたね。しかしまだまだ
あるんですよ。
じっくり乗り物印刷物に浸って行きましょう!
ad0043.jpg

(おぢ0036)

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

つい最近まで近所で生息してたよ。

今日紹介するのはSA22です。
車好きの方にはこれで何かお解りですね。
そうです、RX-7の初期型です。リトラクタブルの
可愛い奴です。
ディズニートミカコレクションD-19
マツダRX-7レーシング リトル・グリーン・メン
2006.02
サバンナの名前がまだ生きていたのかな?
あまり定かではありませんが、サバンナRX-7だったような…。
SA22の白い車体がつい最近まで家の側の車庫に生息
していました。
しかしオーナーさんが引っ越されたのか最近は見掛けなく
なりました。寂しいですね。
やはり個体はどんどん減っているのでしょうね。
ところで、ロータリーエンジンの耐久性は如何なもの
なのでしょうか、相当な高熱を発すると聞いたことが
あります。エンジン本体もですが周辺機器にも多大な
影響を及ぼすのでしょうね。熱は大敵ですからね。
エキマニとかやっぱりいかれるんですか?
何だか細かい話聞いて見たいですね。ロータリーは
未知の世界ですから。興味は尽きません。
1台でも多く残って頂きたいものです。頑張れ~。
このトミカ、レーシングって書いてあります。
IMSA用のRX-7なんでしょうね。
しかし、おぢさんにはSA22のレーシングマシーンというと
大きなフォグランプ装着した252iの方が印象的なんですが。
79mazda.gif

当時シルエット・フォミュラーと呼ばれていましたね。
マツダ・オート東京がRX-7で参戦しました。
残念ですが予選落ち!!
ボンネットに日の丸。カラーリングがなんとなくマルティニに
似ていたりして…。結構好きでした。印象深い車両なんですよ。
このトミカ仕様はレーシングというより××車みたいな…。
そう感じませんか?ま、細かいことはなしですね。
トミカですから…。
紺色の美しい車体に三つ目のエイリアン付き。綺麗ですが
これまた実車が存在したら、どん引きです。笑
昨日に続き美しい塗装が目を引く1台であることには
間違いありません。
※昨日誤字がありました。意気これは×粋が?ですね。
誤字脱字の天才ですから。ふぉふぉふぉ。反省の色なし。笑
DSCF1481.jpg

DSCF1482.jpg

DSCF1483.jpg

(トミカ0120)

乗り物印刷物に浸る34
今日は日産のキャラバン。いいな~四角いぞ!!
養さんと道の駅巡りするときにあったらいいな~っていう
1台ですね。車の中でお食事できたり、休憩できたりしそうです。
余裕ができたら大きな移動用車欲しいものですね。
あくまでも余裕ができたらの話です。
このキャラバンを大事に育てると
日野のセレガになります。(絶対ならない!!笑)
四角い車の紹介でした。
ad0042.jpg

(おぢ0035)

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

毎月いっぱい発売になるんですね。

今年ブログ始めて気が付きました。
う~んトミカって毎月結構な数発売になるんだな~って。
STD、ギフトセット、くじ。
コレクターさんはやっぱり全て買っているんだろうか?
どれとどれを買おうって絞るのも難しいものですよね。
果たして家の養さんはというと…。触れないでおこう。笑
さて本日の紹介車は奇しくもまたHONDA車です。
ディズニートミカコレクションD-08
HONDA S2000 スティッチR
2006.02
S2000か~。いいな。2日くらい自分の物にしたいな。
この2日くらいってのが微妙な所です。笑
きっと長い間乗っちゃったら古いイギリス車なんて絶対
乗れなくなっちゃう。笑
完成度が高過ぎなんですね日本のオープンカー。
S2000、マツダロードスター、コペン、Z、MRSくらいですかね
思いつくのはこんなところです。
この中でこの車の為だけにエンジンまで専用設計されたのは
多分S2000だけでしょう。
DOHCの何ともいえない吹き上がり。
VTECエンジンのパワーバンドに入ってからの爆発的な加速。
まさにスポーツカーです。
でも、おぢさんは非力でも英国車に魅力を感じてしまうのです。
何故なんでしょうね?
ポテポテ県道走って、(この県道ってのがまた良い!)
美味しい缶ジュース飲んでプハ~ってして家に帰る。
そんなカーライフ送りたいのです。
S2000だったら間違いなく高速道路走って、PAでコーヒー
飲んじゃいそうだもの。笑 こいつはおぢさんの理想とは
少し違うのだよ。
30歳前後の英国車がいいです。クーラーなんてない奴。
外気温に左右され、運転手がオーバーヒートと戦いながら。笑
何とも意気じゃないですか。涼しい顔して戦ってるの。
いいね~!
あ!脱線。笑
このトミカみたいなカラーリングのS2000が走ってきたら
ドン引きですが(笑)綺麗な塗装が施されたトミカです。
ディズニー関係のトミカ金掛かってますね、流石です。
ディズニートミカS2000の紹介でした。(どこが?笑)
DSCF1477.jpg

DSCF1478.jpg

DSCF1479.jpg

(トミカ0119)

乗り物印刷物に浸る33
今日の車はZです。でも通常版カタログとは違います。
Premium Sunshine Yellow
これって限定車なのかな?わざわざこれだけのために
カタログ作ってあるからきっとそうでしょう。
しかし不思議な色ですね。
中の写真。ほら!最近のオープンカーは高速道路でしょ!
いかんいかん。のんびり県道がいいのです。笑
珍しく中の写真もUpしたりして。気まぐれさ!
ad0040.jpg

ad0041.jpg

(おぢ0034)

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

レジャーカーコレクションも最後の1台です。

レジャーカーコレクション早いもので最後の1台になって
しまいました。もともとHONDAさんがあまり得意な分野
ではなかったはずですよね…、レジャーカーって。
時代が変われば会社の方針も変化する、これ当然ですね。
と、そんな中、現在国内生産されているミニバンの頂点がこの
車ですね。
LEISURE CAR COLLECTION レジャーカーコレクション
HONDA エリシオン
2006.02
養鶏場には残念ながら縁が無さそうな車両です。
なんせ、奥さんと2人ですからミニバンは必要無さそうです。
それって、3ナンバー車2台所有してる者が言う台詞
じゃないですね。笑
始めてディーラーで見た時思ったより小さかったのに
驚いた覚えがあります。
ラグレイトの後継という話を聞いていましたので
かってに大きい車だと勘違いしていたんでしょうね。
値段も驚く程ではなかったです。
同時期に出たMDXの値段に愕然としたのを憶えています。
なにせレジェンドとほぼ同価格のSUV!!
強烈としかいいようがないですよね。
あれ?エリシオンの話がMDXになっちゃった。笑
15年経った時、ミニバンってどのくらい残っているのでしょう。
ガソリン事情、少子化間違いなく見直される時期が
やって来るように感じます。
現実的な話になっちゃいましたね。
とにかく、HONDA車の1バリエーションです。
出来る限り長生きして頂きたいと考えております。
DSCF1461.jpg

DSCF1462.jpg

DSCF1469.jpg

(トミカ0118)

乗り物印刷物に浸る32
では予想通りエルグランドのカタログ紹介。笑
よくできた車です。
販売店の方が戦車と言ってましたが言い得て妙!笑
当たっていますね。戦車みたいです。
どんどん大きくなっていくミニバン!もうミニじゃないです
よね!そう感じませんか?
ad0039.jpg

(おぢ0033)

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

トミカのオデッセイ。

種類豊富、バリエーションも豊富。果たして
このオデッセイでいくつめのバリエーションなのでしょうか。
レジャーカーコレクション
LEISURE CAR COLLECTION
HONDA オデッセイ
2006.02
初代オデッセイと初代アコードワゴンは共通点があります
さて、それはなんでしょう。
実はフレームなんですね。
全く同じものなのか、改良型なのかは詳しく解りませんが
見た限り殆ど同じです。
大きさが全然違うように見えますがフレームが同じなら
ホイールベースは同じということになりますね。
う~ん。信じられないことです。
個人的にオデッセイと言うと現在も生産が続いている
USオデッセイが印象的です。日本国内での販売はされて
いないようですね。残念です。
数年前までラグレイトという名前で販売がされていました。
現行USオデッセイは国内版とは別路線をいっているようです。
ラグレイトの進化版ですね!凄い迫力です。
同じ名前でも別のもののようです。
それぞれの国の事情が形に反映されているのでしょう。
それは、アコードにも言えるようですよ。
中国国内で生産、発売されているアコードですが
日本国内ではインスパイアという名前で売られている車種
です。ま、もともとインスパイアはアコード名が付いていた
車種ですので違和感はありませんよね。
現在は排気量もアップし、HONDAセダンラインナップの一角を
確実に確保しています。
海外で頑張っている国産ブランドの車達応援せずには
いられません!
DSCF1463.jpg

DSCF1464.jpg

DSCF1465.jpg

(トミカ0117)
乗り物印刷物に浸る32
日本の経済成長の陰には確実にこのオートバイ達の
活躍があったことは言うまでもないでしょう。
HONDAスーパーカブ、YAMAHAメイト、そして
今日紹介するSUZUKIバーディー50.80
外観見たら全部スーパーカブですよね。笑
そんなにしっかり見る人もいない車種です。
しかし、この商用車が頑張ってくれたおかげで発展した
分野も多いことと思います。
燃費をみてもエコカーの先駆けのようなリッター100
とか凄い性能を持っています。
見直されなくてはいけない車種なのではないかと考えます。
現在のバーディー50は燃費リッター120と表示されています。
驚きの燃費ですね。まさにECOカーそのものです。
今後も進化していくんでしょう。期待しています。
ad0027.jpg

(おぢ0032)

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

さて、通常版養鶏ぶろぐに戻ります。

昨日の余韻、なかなか覚めませんね。
レースマシンの大きな音が耳の奥に残っています。
心地よい音です。
またスペースありましたら、少しづつ写真紹介して
行きます。
本日は通常版、養さんコレクショントミカ紹介です。


エアウエーブですか。坂口親子頑張ってCM出演しています。
知っている方多いと思いますが、実はエアウエーブってフィット
のワゴンバージョンなんですよ。
え~!!って声が聞こえてきます。しかし本当なんですよ。
じゃ何故名前変える必要があるの。フィットワゴンでいいのに。
そこは、ほら…。HONDAさんにも色々事情があるんでしょうね。
発売当時は大丈夫かな~って思ったんですが、なんと
大売れの模様です。1500ccという小排気量だから非力なのかな?
と思いきやこれがまたいい感じ。
最近のHONDA車全般にいえるのですが乗って観ると驚くほど
なめらかでパワー感じます。
凄いですね!最近の技術って。
これからの車購入は絶対試乗しないといけません。
そう固く心に誓ったおぢさんでした。
殆どのHONDA車、NISSAN車は試乗してます。小排気量車の
パワー凄いですね。驚きのパワーです。
良くできています。
低燃費も考えるとハイブリットより格安な1.3~1.5クラス
侮れないところでしょう。
しかし、その反面大排気量車も続々リリースされています。
何だか色々矛盾を感じてしまうおぢさんでした。
DSCF1457.jpg

DSCF1458.jpg

DSCF1468.jpg

(トミカ0116)

乗り物印刷物に浸る30
今日はマーチボレロです。
お~進化したな~。どんどんモスラの顔に
似てきます。養さんは気に入っているようです。
おぢさんはというと、好きです。笑
可愛くていいよね!
マーチの進化。のんびりですが着実だと感じる
おぢさんでありました。
ad0038.jpg

(おぢ0031)
昨日のイベントなんですがSGTの公式テストもかねています。
従ってこのタイヤの数!!
凄い数です。
これだけでも、おぢさん最高に嬉しい光景です。
裏舞台なかなか見られませんね。いいでしょ!
DSCF1666.jpg

DSCF1668.jpg

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

本日は鈴鹿サーキットに行って来ました。

第19回2006モータースポーツファン感謝デー
にいってきました。
DSCF1744.jpg

年に一度のモータースポーツまるごと体感出来る日です。
養さん実はモータースポーツ初体験です。
おぢさんは仕事絡みでちょくちょく…。
1日で色々体験出来る感謝デーは入門にもってこいです。
しかももともと車好きの養さん、はまらない訳がない。
さて、現実はどうだったかというと…。
は・ま・る。笑
どっぷりでしょう。笑
2輪、4輪両方見られるんです。それも2006年版のこれから
レースに出る車両がまじかで見る事ができるんですよ。
う~ん。最高のイベントです。
今回はマクラーレンMP4/4が走ったんです。懐かし~!!
88年ですよね。
最高のHONDA MUSIC聞かせて頂きました。なんだか忘れていた
昔を、ふっと思い出させてくれました。
養さんは初体験でしたので、楽しそうに見ておられました。
笑顔が続いておりました。
今日はミニチュアカーの紹介お休みです。
こんな感じってのを紹介します。
DSCF1570.jpg

DSCF1672.jpg

DSCF1817.jpg

いかがですか?
何だか今年はレースいっぱい見に行きたくなりますよね。
皆さんも是非楽しんで下さい!!
養鶏場は言うまでもなく楽しみますよ。
車関係のイベントには目がない2人組みでした。
これからも、そそくさ出かけて行くのです。
閑人ね!笑

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

昨日に引き続きHONDA車です。

なんと車種も同じエレメントです。
同じ物じゃないですよ。笑 そしてSTDでも
ありません。
え~っとね、先月発売になったセット物の中身
なんです。
レジャーカーコレクション
LEISURE CAR COLLECTION
HONDA エレメント
2006.02
お~!屋根に何か乗ってますね!
カヤックだ~!特別だね。いい感じに出来上がっています。
そういえば、エレメントってアメリカでは色々な
グッズが出てるんでしたっけ。
いいよね。
我が家にはHONDA車2台あります。それも同じ車種
古いのと新しいの。変ってるでしょ。
残念ながらトミカにラインナップされていません。
沢山車の種類がありますから仕方ないことです。
おっと、話が脱線しちゃいました。
このレジャーカーコレクション4台入っているんですが
その全てがHONDA車なんです。
当分の間HONDA車紹介できますね。嬉しい事です。
ということで2日続けてエレメントなんです。
養さんの会社の方もエレメント乗っておられるようです。
トヨタ系のお仕事してるのにHONDA比率の多い
養さんの会社です。
DSCF1459.jpg

DSCF1460.jpg

(トミカ0015)

乗り物印刷物に浸る29
昨日紹介したのがフーガの初期型カタログでした。
はい!想像通り。現行型フーガのカタログです。
中身は基本的に変りませんが4.5が追加になった分
車種が増えています。
4.5と3.5の違いですが解りますか?
実は全長が若干伸びているんです。本当に若干
気が付かないくらいね。
苦労したんでしょうね。御苦労さまでした。
こんな感じです。ほい。
ad0037.jpg

(おぢ0030)
昨日書いた紫電ですが本当はこんなにかっこいいんです
是非、活躍して頂きたいと思っています。
日本人デザイナーの底力見せて頂きたい物です。
頑張れ!
20060208112327_2.jpg


テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

連続でHONDA車リリースされています。

嬉しいですね。連続HONDA車リリース。
AEONオリジナルからですかね。
今日はAEONオリジナルトミカの紹介しましょう。
イオンオリジナル
ホンダエレメント
2006.02
何とも風変わりな格好。実に不思議なドア形態。
この時期に観音開き!凄いことするな~HONDAって。
発売当時思いました。
ボディー合成は大丈夫なんだろうか?とか買わないのに
心配したりして。笑
今ではごくごく当り前な手法となりましたが
発売時には早速ディーラーさんに見にいきました。
大きかったのを覚えております。
そしてなにより感動したのは、鷲マークです。
昔からUSホンダの車には鷲のマークがついていました。
デザインは変化しましたが、誇らしげに鷲が
ついています。
いいな~!逆輸入車って感じが漂ってきます。
本国仕様と少し形の違うサイドマーカー。
なぜここが変えられたのか良く解りませんが…。
ま、どちらも好きです。
鈴鹿サーキットのマーシャルカーに使っているのは
左ハンドルの本国仕様です。サイドマーカーが三角です。
カラーリングがツートンってのにもやられました。
色々考え出してきます。自動車メーカーさんの努力
恐れ入ります。
街で見かけるHONDA逆輸入車たち。遠い異国で頑張って
いるんですね!
大事にしてあげないとね。
DSCF1454.jpg

DSCF1455.jpg

(トミカ0114)

乗り物印刷物に浸る28
今日紹介するカタログは日産フーガ
発売時のカタログです。
この時点では3.5しかなかったんですがこの後
4.5なる大物が出ることになります。
セドリック、グロリアの後継として売りに出された
はずのフーガですが。今ではシーマの領域まで
進出してきているようです。…。
この辺の考えは良く解らない。なにがそうさせたのか。
きっとなにか日産さんの中で変化が生じたのでしょうね。
時代にそぐわない大型化のような気もします。
ハイブリッドとか出れば別ですが。考えさせられます。
と、本日はフーガ初期カタログでした。
ad0036.jpg

(おぢ0029)
少し前に書いたマーチ君養さんに誉められました
気をよくしたおぢさん。今度はトランポ作りました。
いかが?だめか…。
marchtoranpo.jpg

pink.jpg

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

さて本日は!!

不思議なものですね。今では一日の行事のようになって
おります。この作業しないと何か落ち着かない。笑
ま、今後もコツコツ続けていきます。
このところ続けて紹介してきた30周年記念復刻シリーズ3
本日で6台目の紹介です。これでとりあえづ終了ですかね。
リアルタイムに縁のある車が多くモデリングされていて
トミカは楽しいですね。しかし勉強嫌いなおぢさんはトミカ
について依然として詳しくないのが現状です。笑
夫婦揃ってのめり込んだらとんでもない事になりますものね!
これはあくまで奥さんの楽しみに留めておきましょう。笑
さ、30周年記念復刻シリーズ3、最後を飾るのは…
3-1 クラウンスーパーデラックスMS50
2001.02
トミカが発売された1970年大阪万博の年ですよね。
おぢさんは小学校5年生でした。
小さかったんですね!
おぢさんの家には車文化がありませんでした。
おとうはんは車の免許を持っていない人でしたので
でも、周囲の方が乗っていたのは三菱コルトとか
カローラとかサニーが主流だったな~。
クラウンは当時別格だったように思います。
小市民には馴染みの無い車だったこと間違いなしです。
だから印象が全然ありません。
大きな車って言うくらいかな。笑
なんせ、嫁の養さんに至っては生まれていません。笑
印象があるわけがない。笑
生まれる前の車ですもの。ふ~んで終わりですよね。笑
トヨタ博物館で今観ると味のあるいい雰囲気醸し出しています。
メーカーにこだわること無くこの時期の車は皆素敵です。
「頑張って走るぞ!!」ってのがフロントグリルに現われて
ますよね。
おぢさんの住んでいた家の前は中山道でした。舗装して無い
じゃり道を埃を舞上げながら走る車。印象的な風景でしたね。
個性のある顔。お尻。みんな頑張ってた時代でした。
DSCF1363.jpg

DSCF1364.jpg

(トミカ0111)

乗り物印刷物に浸る27
当時の車に書き忘れましたが、ブルーバードも忘れては
いけない1台ですよね。
この頃だと何かな?510はもう少し後ですか?
すると310かな?そいつは古すぎですか?
う~ん良く解らない。笑
という、ブルーバードも現在はほら!こんな感じ。
変われば変わるものです。長生きすると色々見られます。
凄い進歩ですよね。
きっと今でも当時からブルーバード乗り続けてますって方
多いんでしょうね!こだわり持って頑張って乗り続けて
下さい。ブルーバードは健在です。
BLUEBIRD SYLPHY
ad0035.jpg

(おぢ0028)

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

FC2Ad