養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

やっぱりジブリというと、この作品が…

色々な見方が有りますので絶対とかは言いませんが
やはり多くの方がジブリ映画というとこの作品を思い出される
のではないかと思います。
「となりのトトロ」何処か懐かしく、それでいて現実には
絶対に有り得ない世界。ジブリ映画の醍醐味だと思います。
風景的にはおぢさんが生まれた前後の時代なのではないかな?
良く似た風景、良く似た環境の中で育ちました。
そんな楽しい映画の中からこんな車両がエントリーです。

トミカリミテッドコレクション
となりのトトロ 東電鉄ボンネットバス
2007.07
DSCF8320.jpg

DSCF8321.jpg

(トミカ0861)
あ~懐かしい。ボンネットバスの登場です。
しかし、明確なモデルが有る訳では無さそうですね。
あくまでも映画の中に登場してくる車両をリリースという事です
実在でない車両であっても良いじゃないですか!
今回の車両も◎です。笑 お値段は昨日の自転車と同じ1575円です。
ぶは~~。今回も若干高いですね。ま、お気に入りですから
良しとしましょう!!笑

このボンネットバスが登場するシーン。雨の中バス停で
お父さんの帰りを待ってるシーンですね。
木から雨粒が一杯落ちてきて傘に当たるシーン。
これ、おぢさんが小さい時経験が有ります。楽しいんですよ。
おぢさんの実家は、岐阜の山の中。そして家の前は中山道
すぐ近くに今も昼でも暗い場所が有るんです。
曲がりくねった道、未だに冬は車がスリップし大変とか…
しかしそこは神社になっており、道を切り開くことが出来ない
のです。おぢさんが小さい時から環境が変わらないのです。
大きな木が生い茂りいまだにこんもりとした森になっています。
小学校の頃迄、ボンネットバスが実際に走っていました。
何だか懐かしい風景が「となりのトトロ」だったんですね。
お子さんより、一緒に見られたお父さん、お母さんの方が懐かしく
そして楽しめた映画なのではないかと思います。
あの時代、今に比べたらそれはそれは不便でした。しかし
楽しいことも一杯あったように思い出せます。良い時代だった
のかもしれませんね…。
スポンサーサイト

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

これ、高いんだけど、凄くお気に入り!!

いつ紹介しようかと悩んだ末一月後れです。笑
番号の無いトミカ。こういうの大好きです。
やっぱりあちこちのWebで「これはトミカなのか?」という記事
みかけました。そうですよね。おっしゃる通りですね。
確かに分類に困りますもの。でもこの分類に困るのもまた楽しみ
困っちゃうのが好きなのかも知れませんね。笑
いや~しかしちゃんとした商品になって売りに出されましたね。
納得納得。さて本日はこんな子の紹介です。

トミカリミテッドコレクション
魔女の宅急便・トンボの自転車
2007.07
DSCF8318.jpg

DSCF8319.jpg

(トミカ0860)
その中でも最も人気薄の商品だったのでは…。
トミカの自転車!これは画期的では有りませんか。個人的に有りです。
今後、トミカブランドで自転車が出る確率低そうなので
迷うこと無く購入いたしました。
このジブリ製品って版権も有るんでしょうが非常に高価なのね
自転車とフィギアで1575円也。どひゃ~。お高いこと。
でも出来は満足です。もう少しキャラクターが似ていたらなんて
思ってしまいました。
おぢさん、この映画で印象に残っているシーンがあるんです。
たまたま自転車のシーンなんですがトンボが運転する自転車
の後ろで素晴らしいタンデムコントロールを披露するキキ!!笑
サイドカーのレースを見ているようで非常に迫力を感じました。
なかなか出来ませんよ!あの地面すれすれのハングオンは!!笑

そして調べていて分ったこと。
「宅急便」という単語はヤマト運輸の商標登録だったんですね!
ということは他社は使えないのです。うむ~知らなかった。
この映画が劇場で封切られるにあたって、正式にヤマト運輸さんが
スポンサーになられたそうです。ふ~~ん。これまた知らなかった。
一生懸命交渉したんでしょうね。映画のタイトルが変わる可能性も
あった訳ですね。知らないって言うのは恐いことです。
思わぬ所に商標登録が隠されている訳です。
それが原因かどうかは定かではないのですが、
エンディングでは黒猫のジジが子連れでホウキに乗っている…
ジブリさんなりのスポンサーに対する配慮なのでしょうか?
世界中に夢を与え続けているジブリもスポンサーには弱いのかな…
色々有るのでしょうね。難しいことは解りませんが。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

最終日だよ!今回もあっという間でした!!

たらたら紹介していたらあっというまに5日が過ぎ去ってしまいました
トミカって曜日泥棒なのかも知れませんね。笑
うちのブログだと5台セットだと5日掛かる訳ですが紹介している
おぢさんにはとてもそんなに経過したとは思えません。
最終日ですからとりあえず外箱からです。
こんなかんじでした。
DSCF8312.jpg

ちょっと現在の外箱とイメージが違いますね。
時代と共にどんどん変化して行ってるんですね。
さて、最終日はこんな車両の紹介です。

108-4 日野はしご付消防車(モリタ・スーパージャイロラダー)
2002.08~
ファイヤーエンジンコレクション
2004.03
DSCF8313.jpg

(トミカ0859)
お!この車両は現車見た事があります。
今年のお正月休み、名古屋港で行われた出初め式です。
この時現車はじめて見ました。大きかったな~
そしてイタリア村の前に止まった沢山の消防関係車両凄い眺めでした
その中でもひときわ長く大きな車両でした。
実際に町中で活動している姿は見た事はありませんが、存在感のある
車両でした。
名古屋も高層ビルが多くなってきました。必然的にこう言った
車両が活動するのでしょうね。
でも、できれば活躍しないで欲しいものですね。どの消防関係
車両にも言える事ですよね。平和が一番。火事は何も残りません
火の始末はしっかりしなければなりません。
おぢさんも気を付けます。皆さんも火事には気を付けましょうね!

さて、今日でセット紹介終了しました。明日からは何紹介するかな?
やっぱり、例の不思議トミカ行くしか無いでしょうね!!
ということで明日からもまたお願い致します。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

さ~また解らない車両だ!!笑

今日のトミカ詳細がイマイチ解らないのです。いったいどんな
場面で登場してくる車両なのでしょうか。
トミカの生産され出した年月日をみると結構古い物のようです
ひょっとしたたら現車にお目にかかる事が出来ないのかも…
消防の車両って結構頑張って現役を貫いているのもいるんですよね
しかし流石に20年は難しいだろうな。
今日はこんな1台です。

68-2 いすゞシュノーケル消防車
1985.10~
ファイヤーエンジンコレクション
2004.03
DSCF8317.jpg

(トミカ0858)
このシュノーケルって言うのは車名なんですか?それとも
ポンプ車とかと一緒で何かの機能の名前なのでしょうか?
もうその辺りから分っていないのです。う~~ん。誰か教えて下さい。
68-2長生きですね~。未だにSTDとして現役で売られています。
世代番号が2って言うのもなんとも凄いですよね!もうすぐ
2桁に達してしまいそうな勢いの品番もあるのにね。
でもなんで世代番号にばらつきが出るのでしょうね?
タカラトミーさんにはきっと凄いこだわりがあるに違いない!
(勝手に思い込んでおる!!。笑)

ギフトセットの価格変動を考えてみる。
今日紹介しているファイヤーエンジンコレクション2004発売
なのですが当時1800円で販売されました。税込み1890円
5台セットですので@378円ですSTDトミカ1台の値段ですね。
やはりそれも現在では無理になってきているようで、
1600円税込み1680円販売となり中身は4台セットが主流となりました
これですと@420円、若干の値上がりですね。仕方ありません
どうも最近はそれでも治まりが付かないようです。
昨今発売されたギフトセットの価格は1800円税込み1890円
@にすると472.5円税金が入ると変な値段になりますが
450円ってことでしょう。やはり中国産の単価が徐々に上昇してきて
いるのが解りますね。
トミカSTDの現在の値段はこのまま保っていけるのでしょうかね?
やはりMADE IN CHINAの時代は終るのでしょうか??
国産→香港→国産→中国…(1種類だけMADE IN THAILANDという
種類があるのが確認されています。ま、1種類ですので除外とします。)
はたして第四世代のトミカは現れるのでしょうか?非常に興味深いです。
候補はVIETNAM…でしょうか。うむ~~~。奥深いな~~。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

バリエーションが結構出ているのね!!

うむ~。このシリーズで紹介している車両たち。色々な所で
バリエーションが発売されているんですね。
この手の特殊車両の人気本当に凄いです。
さて、早速本日の車両です。

43-2 日産ディーゼル クレーン車
1987.11~2006.09
ファイヤーエンジンコレクション
2004.03
DSCF8316.jpg

(トミカ0857)
クレーン車。
なんとも現車を見た事がないので出来栄の善し悪しは
あまり良く解りません。
しかしトミカの世界では結構人気のある車両である事は
間違い無さそうです。
トミカくじに登場したり、そうそう、トミカメイトにも登場
していましたよね。特殊車両系のセットなどにも欠かせない
1台になってきているようです。初版発売は1987年ですから
もう20年も前なんです。残念なが昨年でSTDからは引退
しましたが。でもまだ人気が衰える事はないようです。素晴らしい。

自分がトミカを好きになって感じた事。
大きさの判断が付かない!!笑
トミカを買う事によって存在を知った車両というのが結構
あるのです。トミカでしか知らないので実車の大きさに
全く見当が付かない場合が多い。特に特種車両、建設車両。
確かに裏板にスケールが書いてありますが、確固とした
大きさの目安となる訳ではないのです。
たまたま実車にお目にかかった時のギャップ!!
本当に驚かされます。トミカは平等に手のひらサイズです
皆同じ大きさになっちゃうんですよね。
これがまた非常に良いんですけど!トミカの魅力の一つかな。
きっと、今日紹介しているクレーン車も大きいんだろうなと
想像しております。現車見てみたい物ですね、きっと凄い
ギャップがあるんだろうな…。
そんな意外性のあるトミカ今後も出してくれる事すこし期待
しているおぢさんなのでありました。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

赤い車両2日目です。

本日新しくリンク貼らせて頂きました。
「店長のひとりごとII」さんです。今後とも宜しくお願い致します。

そうそう、以前会社でね言われた事があります。
「毎日トミカ紹介してて、面白い?」って。
これがね、面白いんですよ。笑 なかなか辞められないのです。
トミカ中毒患者なんです。笑 楽しいですよこの中毒!!
幸いな事に、一番近くにいる奥さんが同じ患者さんなので。大笑
仲良く中毒ってます。(そんな言い方ありかな?笑)
さ、本日のトミカ行きましょう。こんな子です。

41-5 モリタCD-1型 消防ポンプ車
2003.12~
ファイヤーエンジンコレクション
2004.03
DSCF8315.jpg

(トミカ0856)
養鶏ぶろぐでも何度か登場した事のある車両です。バリエーションが
けっこうリリースされている車両でもありますね。
トミカくじ7 緊急出動24時!特別警戒スペシャル。今年の6月に
紹介しましたがその中にも含まれていました。
やはり、消防系車両としては非常にSTDな車両ですよね。
今回の車両の大きな違いはウインドーカラーでしょうか。
イエローが使われていますね。うんうん、こういうマニアックなのが
大好きだ。笑 ほんのちょっとの違いってのが非常に良い。笑
消防車両もボディー横の文字を変えるだけで簡単にバリエーションが
できます。コレクターさん大変です。皆欲しいもんね!!
こう言った多くのバリエーションがファンの心鷲掴みしてるんでしょう!

さて、このファイヤーエンジンコレクションが発売された
2004.03なんですが結構一杯発売になってるんですね。
STDはトヨタプリウス&プリウス初回限定色の2台
突然発売トミカは、マットビハイクル。
そしてなんと言っても、トミカくじVが発売になっているんです。
リミテッド、リミテッドセット等も発売されとんでもない
1月となっていたようです。おぢさんは喉元過ぎれば…で
すっかり散財は忘れています。笑 そりゃこんなかんじで購入
続けていればトミカも増えて行く訳ですね。笑
今後も楽しく続けて行くのです。あ~~辞められないトミカ地獄!!笑

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

暗所をゴソゴソ…。

さて、本日から何を紹介しようかなということで
例のごとく暗所(押し入れとも言う)を捜索いたします。
我が家有り難い事にまだまだ紹介していないトミカセットが
豊富にあります。いやいやネタ切れの無いトミカです事。
養さんと相談の結果、本日からはこんなセット物の紹介となります。
まず初日はこんな車両からです。

9-5 コマツ油圧ショベルPC200ガレオ(グラップル装着車)
2001.10~
ファイヤーエンジンコレクション
2004.03
DSCF8314.jpg

(トミカ0855)
たまにはこんな車両紹介しないと。笑
キャタピラ付き車両。そして頑張ってますよね。おぢさんの
住んでいる側で現在新しい橋を架け替える工事が行われています
ここでもPC200バリバリ仕事しています。本当に働く為に生まれて
来た車両なんですね、頑張れ~ってこっそり応援している
おぢさんなのでありました。
このガレオなんですが色々なバージョンが存在するみたいです。
今回紹介しているのはグラップルを装着したタイプですその他にも
通常版ショベル それから、ブレーカー、リフマグなどもありますね
実際には先端部分をアッセンブリで交換しているのでしょう。
うん?操作はどうなんだ??やっぱり専用車両なのかな~?
この辺り又時間があったら調べておきます。
そして、特徴と言ってはなんですが、なんと言っても美しい
カラーリングです。建設車両目立って何ぼです。笑
トミカ巨大Webさんのバリエーションを見ていると嬉しくなるほど
多くのカラーバリエーションが出ている事が解ります。
またこういうの見ると欲しくなるんだな…いかんいかん。笑
こう言った特殊工事車両って大好きな方多いんですよ!!
(養さんもその一人のようですが…笑)
CSで工事車両など扱った番組やってたりするんです。それはそれは
真剣に見入ってしまう我が家でありました。笑
さて、本日はこんな所で。明日も引き続き赤い車両で!!
ちょっと前まで黄色いシリーズでしたので、本日より数日赤い
シリーズ行きます。宜しくおつき合い下さい。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

相方は対照的な車でした。

今日紹介するトミカ昨日紹介したイベントカーの相方です
また、全然違う車の組合せです。
色々なコレクターさんがおられます。あれはいるんだけど
これはいらない。そんな意見に答える為にも色々な車種
リリースする必要があるんですね。
今日はこんな車両の紹介です。

94-5 マツダRX-7
1999.08~
トミカショップ オリジナルトミカ
2007.08
DSCF8310.jpg

DSCF8311.jpg

(トミカ0854)
本当に人気がありますね、FDって。
またミニチュアカーになっても結構イカしてるんです。
元のデザインがいいんでしょうね。個人的に大変好きな1台です。
昨日養さんと仕事が終ってから待ち合わせをして家に帰りました。
待ち合わせ場所は、そう!トミカショップ。笑
我が家ではここは最高の待ち合わせ場所なんですよ。
ついでといっては何ですが現在発売されているトミカショップ
オリジナルミニカーの状況見て参りました。
やはり、Webで案内がある通り7種類が販売されておりました。
日野プロフィア 2005.08×
ホンダフィット 2005.08○
トヨタスプリンタートレノ 2005.08×
スバルインプレッサWRX 2005.12○
三菱ふそうエアロクィーン 2005.12×
ダイハツミゼット 2006.08○
マツダRX-8 2006.08×
三菱i 2006.12○
オフロードダンプ 2006.12○
イベントカー 2007.08○
マツダRX-7 2007.08○
第1弾から1台、第2弾から1台、第3弾から1台、4弾5弾は
フルに発売ですね。古い順に消えていってる訳でもないんですね。
なかなか難しいな。ま、しかしフィットは発売されてから2年経っています
そろそろサヨナラしてもおかしくない感じがしてます。
まだまだオークションなどにも多く出品されているようです
価格もそれ程高いという感じではないようです。
全然手に入らないという訳ではないですね。さ、頑張ってGet
しましょう!!

現在はまだ夏休みという事もあるのでしょうね
トミカショップ内ではトミカ釣りが平日でも開催されている
ようです。昨日も養さんとお話していたのですが景品トミカ
非常に興味があるのです。特別カラーのモデル達いいな~!!
ひょっとすると今日の夕方、養さんがトミカショップで真剣に
釣りをしているかもしれない…笑(なかなか恐い姿である。笑)
さて、明日は何を紹介するかな…な~んも考えてません。笑
今晩考えましょう!!ではまた明日。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

久しぶりに出ましたね!!

これも名古屋にトミカショップが出来る前は結構苦労して
入手していた車両達です。
大半のトミカファンが予想もしていなかったトミカショップ
名古屋店のオープン。本当に有り難い事です。
今日紹介する車両は、そのトミカショップさんがオリジナルで
製作して発売している商品です。
久しぶりに今回新車種が2台投入になりましたので紹介します。
まず本日は、こんな車両です。

37-5 コカコーライベントカー
2006.07~
トミカショップ オリジナルトミカ
イベントカー
2007.08
DSCF8308.jpg

DSCF8309.jpg

(トミカ0853)
トミカショップオリジナルトミカに付いて少し。
2005.08 トミカショップ東京店OPEN時3台発売。
2005.12 2台追加発売。
2006.08 トミカショップ1周年記念として2台追加発売。
2006.12 2台追加発売。
2007.08 2台追加発売。(いわゆる2周年記念でしょうか。)
ということで現在までに11台がリリースされています。
トミカショップのWeb上では7台になっています。
実際の所はどうなのでしょうか?やはり古い車種から消えて
いっているのかも知れません。
こうして書き出して行くと次の追加リリースは12月ですかね?
書いてみて始めて解る事って一杯あるものですね。うんうん納得。

このイベントカーってトミカで結構出てくるんですよね。
過去に存在した事は事実のようです。しかしこれが現在となると
情報が定かでなくなってくるのです。
コカコーラさんが所有しているという情報が大のようですが…
どちらにしても現車を見るのは現在不可能に近い車両である事は
間違いないようです。
さて明日は、オリジナルトミカのもう一台です。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

しかし毎月どんどん発売されるトミカ達

凄いですよね、この発売される量は驚き以外の何ものでも
ありません。全て発売されるトミカの購入は個人的に不可能
です。いや~買手が置いていかれてます。
もう少しでいいですからペースダウンお願いできませんか?
絶対無理だね。笑 ま、マイペースに行きましょう。
といいつつまだ先月のトミカを紹介しているブログです。笑
本日は久しぶりに登場、こんな子です。

ディズニートミカコレクション D-35
ダイハツムーヴカスタム スティッチ
2007.07
20-9 ダイハツムーヴカスタム
2005.08~
DSCF8306.jpg

DSCF8307.jpg

(トミカ0852)
いや~しかしネタが切れないディズニートミカですこと。笑
どんどん増えて行きます。
今回は軽自動車登場です。スティッチはムーヴなんだね。
うむ~~??またまた選択理由は不明ですが実に綺麗な仕上がり
になっています。
一般のトミカの数倍手間ひまが掛けられたトミカなのだそうです
そりゃ綺麗な訳ですよね!
先月が新番号だったので今月はRですね。うむうむ。楽しみです
何が出るかな?もうすぐ発売です。ワクワク。

しかし暑いですね!連日の猛暑日がおぢさんの住む名古屋では
記録されているようです。(今日も暑かった!!)
やっぱり異常気象ですかね?本当に秋は来るのでしょうか…
少し心配になってしまいます。
まだまだ風鈴の音が似合う暑さです、
皆様も身体に気を付けてお過ごし下さい!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

今回のセットこの車両がメインなのかも。

う~ん。スペシャルな車両の登場ですね。
セットならではの逸品が登場となりました。
これがあるのでセット物の購入辞められないんですよね。
最終日ですのでまずは外箱の紹介からです。
DSCF8301.jpg

こんな感じでした。
今回も基本的なギフトセットのコンセプトから外れる
ことなく上手くまとまっていると思います。
さ、最終日はこんな車両の紹介になります。

70-4 いすゞエルフ 高所作業車(ベース)
2004.05~
高速道路NEXCOセット
いすゞエルフ橋梁点検車
2007.07
DSCF8302.jpg

(トミカ0851)
一応おぢさんはベースを70-4 いすゞエルフ 高所作業車
としておきました。これはあくまで勝手な判断です。本当の所
どのようなバリエーションになるのかよく解りません。
いすゞエルフ橋梁点検車は他にリリースされておりませんので
一応SPと言う事で。
エルフまたやってくれましたね!新しいバリエーションです。
非常に嬉しい。
実車の写真はこちらにあります。
http://www.c-nexco.co.jp
特種車両のデパートみたいな所ですからね。
これからも色々な車両が登場する事でしょう。しかしその都度
トミカに出てくる訳ではありませんので。たまに出るこういった
車両バリエーションは大変貴重です。
橋の上から下を覗く。考えましたね~!!
高架、橋梁の多い高速道路メンテナンスをする上で絶対に
必要な一台ですね。うむ~楽しい車両が手に入ったぞ!
何だかこの1台だけで得したようなきになってしまいます。(単純。笑)
あっというまに4日間が過ぎ去りました。早かったです。今回も最後に
素敵な車両入手出来非常に楽しかったです。
さて明日から何を紹介して行こうかな!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

この車両のバリエーションの多さ!驚きです。

おぢさんだけなんでしょうか?妙にこの車両が多いように
感じるのですが…。
確かにこの車両をベースにした車が多いのは承知しております。
しかし最近目立つ訳です。
これが嫌いかと言われると、大好きなのでなんとも文句の付け
ようもないのです。笑
新しいバリエーションが出ると嬉しくなって購入してしまう
なんとも悲しいおぢさんなのでありました。
それはな~に~??こんな車両です

70-4 いすゞエルフ 高所作業車
2004.05~
高速道路NEXCOセット
2007.07
DSCF8305.jpg

(トミカ0850)
この、いすゞエルフがまた一杯種類が出てくるんですよ。笑
バリエーション作りも結構簡単ですよね。パネルバンであれば
パネルの色変更、マークの追加で簡単にバリエーションが出来ます
各運送会社さんのロゴなどいれてもそれでバリエーションですもの!
これはたまらない。新しい、いすゞエルフの型が出来て以来
どんどん仲間が増えています。うむうむ。大変宜しい。
我が家に存在する「いすゞエルフ高所作業車」ですがこれで
5台目になったのかな。なんとも早いものです。
STD70-4、トミカくじ7、スペシャルカラーコレクション、
高速道路メンテナンス中セット、そして今回の高所作業車です。
これもトミカの醍醐味ですよね。少しずつ違うバリエーションを
集めて行く。実に楽しいものです。
同じ車両そんなにあっても…。そうなんですよね。同じ車両
なんですよ。でもカラーリングが違うと、いても経ってもいられない
うむ~悲しいトミカバリエーション好きの性です。笑
やはり今後もバリエーションが出るといそいそ買いに出かける
おぢさんなのでありました。笑
さ、早いものであすでこのセットも最終日です。もう一日黄色い
車両が続きます。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

ほっほ~。実車はいるのかな?

NEXCO車両3台目の紹介です。
今日は高速道路のパトロール担当の車両です。
四輪駆動の車両はよく見かけます、今日紹介するワンボックス
タイプってあまり見かけた事がありません。
しかし、最近は実車にこだわるタカラトミーさんです
何処かで走っているのかも…さて本日の車両です。

89-3 日産エルグランド
1999.05~
高速道路NEXCOセット
日産エルグランド道路パトロールカー
2007.07
DSCF8304.jpg

(トミカ0849)
エルグランドですか!これって結構豪華版パトロールカーですね
実際に事故等あった時、怪我人を運ぶのはこの車の仕事では
ありませんね。それではなにをするのでしょうか?
道路を封鎖する時、その先頭に立っているのはこの車両なのでしょう
あれって結構恐いんですよね!閉鎖を知らせる車両にそのまま追突
してくる事もあるそうです。いや~恐い。
高速道路って走っている車両はスピード感どんどん鈍ってきます。
しかし走っている車両を側で見ているとこれは非常に迫力がある
驚く程のスピード感!!100km/hで側を走る車って異常な迫力です
命掛けで仕事してるんですね。頭が下がります。
こうして仕事している方がみえるので安心して走れるのですね!
なかなか中に入らないと仕事の実情は判りません。
詳しく知るのは難しいです。しかし頑張ってる人がいるんだということ
忘れないように高速道路利用して行きたいと思います。

うむ~トミカで本日もいろいろ考えているおぢさんでした。
奥深いですな~ミニチュアカーの世界。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

黄色い車セット行きます!!

本日から4日間、高速道路NEXCOセット紹介していこうと思います
昨日紹介した新車、自走式標識車。それ以外にも多くの特種車両を
使用して日々道路の維持管理をしておられます。ご苦労さまです。
まずこの車両から紹介して行きましょう!

24-7 コマツモーターグレーダー
2005.09~
高速道路NEXCOセット
2007.07
DSCF8303.jpg

(トミカ0848)
昨日も少し触れたのですがNEXCO(ネクスコ)について少し。
NEXCOは高速道路の建設、管理などを行っている、東日本高速道路、
中日本高速道路、西日本高速道路、の3社の愛称なのだそうです。
「NEXT(次なる)」+「CO(共に)」という言葉の組合せでも
あるのだそうです。
この3社色分がされておりマークの色で分けられています。
NEXCO東日本 緑色
NEXCO中日本 赤色
NEXCO西日本 青色
今回発売になったセット、昨日紹介したSTD どちらにも
3社のステッカーが付属されています。凄いですね。
おぢさんが住んでいる地域は中日本さんですね。赤いステッカーを
張ればよいわけです。
結構詳細に貼る位置なども指定してあります。素晴らしい
残念ながら貼れませんが…笑 NEXCOはおおまかにはこんな会社の
ようです。道路公団さんですね。やっぱり。笑

さて今回はいきなり大物から来てしまいました。
この車両は冬名神高速関ヶ原IC辺りでよく見かけますね。
除雪作業とか一生懸命している車両ではないでしょうか?
これに近い車両を先頭にのんびり除雪されながら走った経験が
あります。冬には大活躍の車両なんでしょうね。
ウニモグも待機していたように思いますが。多種多様な車両が
存在するのでしょうね。何だか駐車場にずらっと並べてみたい気が
します。きっと面白いですよ。笑
年に数回しか使わない車両でもイザという時の為に必要な車両
なのです。うむ~維持管理ってやはり大変です。
さて、明日も黄色い車です。ページが黄色に染まっていきます。笑
楽しいぞ~~。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

さ、本腰を入れて黄色いの紹介です。

昨日上げたブログの文章めちゃめちゃですね。笑
何だか休みボケなのかめちゃめちゃ眠くて、凄い睡魔と戦いながら
ブログUpしたんです、今朝読んだら文章めちゃめちゃ、なんだろう?
やっぱり仕事中にこっそり書かなくちゃダメですね!笑
(おいおい、それもどうなんだ?笑)
さて、本日より黄色い車を紹介して行こうと思います。
7月に発売されたSTDトミカのもう一種類、そうこんな
車両なんです。

36-6 NEXCO自走式標識車
2007.07
DSCF8298.jpg

DSCF8299.jpg

(トミカ0847)
お盆と言えば帰省ラッシュですよね。おぢさんが住む名古屋も
例年のごとくみなさま帰省されたようでガラガラでした。
しかし、逆に普段走らない他府県ナンバーの車が多く、結構
走りにくい…毎年の事ですが。
帰省ラッシュと言えば高速道路ですよね!今年も強烈な渋滞が
そこかしこで発生していたようですね。ラッシュに巻き込まれた
皆様本当にご苦労さまでした。
そして、この車たちも一生懸命仕事した事間違い無しです!!
NEXCO聞き慣れない言葉ですね。
Nippon Expressway Company Limitedの略がNEXCOみたいです。
そう旧道路公団ですね。黄色い車両色々な種類が存在しているようです。
今回登場した自走式標識車なんですが付属のステッカーによって
所属する地域のNEXCO仕様にする事ができるようです。
いかん!これって3台買わないと!!笑
根本的にステッカー貼れないおぢさんなので1台でOKなのさ。笑
自走式標識車もよく見かけるのですが、一番良く見かけるのは
落とし物を拾ってる車両です。
あれって恐いですよね!1歩間違ったらあの世行きです!!
命がけで仕事しているNEXCO職員さん。本当にご苦労さまです。
さて、本日はSTD36番紹介したんですが、ほぼ同時期にNEXCO
セットなるものが発売されております。明日からはそちらを紹介
させて頂きます。
さ~黄色い車両が続きますよ。楽しみ楽しみ。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

久しぶりに働く車です。

たまっていました。これまた紹介しそびれていた車両です。
この車両が発売された時、おぢさんは、は~タクシーですか…
とか思っていたのですが、これはびっくり!!
トミカファンって待っていたんですね。
歴代発売されているクラウン、そのタクシー仕様。皆さん
まっていたんですね。
発売された当初はどこのHPもこの車両の話題が飛び交っていました
本日わこんな車両の登場です。

51-6 トヨタクラウンコンフォートタクシー
2007.07
DSCF8295.jpg

DSCF8297.jpg

(トミカ0846)
名古屋では、つばめタクシーが結構使っていますね。
そうそう、富士タクシーに全体が金色のタクシーがいます。
最近よく見かけます。目立ち過ぎです!!夏は反射しまくりです。笑
三重県の鈴鹿市ではトルネオのタクシーが走っています。
これは新鮮だったな~。ホンダ好きにとって大変嬉しいタクシーでした。
実は現実にはタクシーを使う頻度が極めて少ないおぢさんです。
走ってるのはよく見るんですが、意外にも区別がつかないのです。
クラウンコンフォートとコンフォートが別だということも
ここに来て始めてしりました。うむ~~。
お!生産は関東自動車ですね。養さんに非常に縁のある会社のようです。
結局我が家は車に依存していないと生きていけないのです。笑
だからね、どの車に関しても文句は無いのである。
基本的にタイヤが付いている乗り物は大好きです。笑

しかし名古屋のタクシー事情少し変化が出て来ているようです。
あくまでも個人タクシーがメインなのですがやはりプリウスが
増えて来ているように感じます。
いっぺんに沢山の人は乗れませんが、個人客が乗られるのであれば
十分かと思います。
最近は不景気なのでタクシーさんも空車が目立ちます。だからこそ
ハイブリッドタクシー意義があるのかも知れませんね。
さ~これから、どんなタクシーが登場するのでしょうか。楽しみです。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

おや?昨日で終わったのでは?

スカイライン誕生50周年記念トミカ昨日で終了したのですが
もう1台スカイラインがあるんですよ。
本日、栄方面に養さんと出かけましたのでその際トミカショップ
にて購入して来ました。
こんな子の紹介です。

TL0005 ニッサンスカイラインGT-B
2001.06
トミカイベントモデル★No.22
日産スカイライン2000GT-B
2007.04
DSCF8293.jpg

DSCF8294.jpg

(トミカ0845)
1964年5月 日本グランプリGTIIレースで勝つために100台だけ
限定生産したスカイラインGT。エボリューションモデルの先駆車
総合2位をゲットしたのがこのマシンです。ポルシェ904GTSと
バトルを繰り広げる。ゼッケン39は特別なマシンなんですね。
しかし…ここで少し勘違いが。
ポルシェ904GTSの前を走ったのは1周だけ。そしてその車が2位
になったゼッケン39だとおもわれているのですが、実は違うんです
前を走ったのは生沢徹氏、その生沢氏の車をパスして2位に入ったのが
砂子義一氏です。
どちらにしても快挙には間違い無いのです。
しかし、このマシンがエボリューションマシンだったとは知りません
でした。当時のマシンは外観に大きな変化があった訳では無いですから
言われなければ判らなかった訳ですね。
おぢさん思うんですが、このシンプルなそのままの形の車がレースする!
できればもっと原点に戻った方が良いのでは無いのかな…って思うのです
いつかフェラーリに勝ってやる!!っていう純粋な開発競争が本来の
レースなのでは?レギュレーションで、フェラーリやポルシェに
勝ったってちっとも面白く無いです。もう少し根本考えてみたいですね。
しかし、よい想い出のマシンでした。

日産ギャラリーに寄りました。
名古屋の日産ギャラリーは栄の地下街にありそれはそれは小さな規模です
今回はそこに4台のスカイラインが展示されておりました。
ハコスカGT-R ケンメリGT-X 秋発売になるV36クーペ V36セダン
いや~美しい良い感じですよね。
NEC_0050.jpg

NEC_0041.jpg

NEC_0052.jpg

そしてお土産も頂きました。
DSCF8292.jpg

12枚セットの写真ハガキです。楽しかったです。
さ~明日から通常勤務に戻ります。果たして社会復帰出来るのでしょうか?
頑張って行きましょう!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

スカイライン誕生50周年記念前期最終日です。

いつもならトミカ番号順若いほうから紹介するのですが
さすがに今回は50周年記念ということもあり、古い順に紹介
して来ました。早い物で前期シリーズも最終日となりました。
今日はこんなモデルの紹介です。

20-4 ニッサンスカイライン2000ターボGT-ES
1982.07~1986.12
スカイライン誕生50周年記念 前期
SKYLINE2000TURBO RS-X/KDR30
2007.07
DSCF8290.jpg

DSCF8291.jpg

(トミカ0844)
このモデル結構ファンがいるんですよね。残念ながらこのモデルにも
GT-Rは存在しませんでした。しかしそのスタイル、カラーリングの
素晴らしさから、以前にも紹介したのですが西部警察のスーパー車両
として採用され世の中のスカイラインに興味の無かった小さな子供さん
にまでカッコイイ車の代名詞のようになって行きました。
養鶏ぶろぐにトミカを寄付してくれた我が社の専務さまも実は以前
このRSの実車に乗っておられました。筋金入のスカイライン党なので
ありました。
今回発売された6種類のスカイラインやはり人各々好きな車両があるのは
当たり前です、おぢさんは54B。しかし色々なWeb読んでいると意外にも
このRSが一番人気だとおもわれます。
まだこの前期の中には好きなスカイラインはないな~って言われる方も
おられることでしょう。嬉しい事に後期の発売も予定されています。
いまから発売が楽しみですね!!

さて、このお盆の間に養さんに一冊の本を購入して頂きました
こんな本です。
DSCF8289.jpg

Racing on特別編集
時代を駆け抜けたモンスターたちのすべて
Cカーの時代[総集編]
おぢさんがレースに熱中する切っ掛けを作ったのもCカー
そしてモータースポーツの世界に足を突っ込む切っ掛けを作ったのも
Cカーだったんです。全てはここからって訳です。
どうも今でもCカーの本を見るとワクワクしてしまい今回も購入して
頂きました。なんとなく嬉しくなってブログでも紹介してしまいました。
ま、書店で見かけられましたら立ち読みでも…。笑
何度見ても嬉しくなる本が我が家にやって来ました。嬉しい。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

KHGC210って、馴染みが無いよね。

この呼び方は実は本日まで知りませんでした。
う~~日産関連の仕事してるのに全然知らないのね。だめですね
でも愛称はしってるよ。
おぢさんたちの年代の方は皆知ってるジャパン
何だか印象に残る愛称ですよね!!
こんな車両の紹介です。

61-2 ニッサンスカイライン2000GT-ES
1978.08~1981.05
スカイライン誕生50周年記念 前期
SKYLINE2000GT-ES/KHGC210
2007.07
DSCF8287.jpg

DSCF8288.jpg

(トミカ0843)
国産車両いっぱいあるのに何故かジャパンなんです。
後にも先にもジャパンなんて壮大な愛称頂いた車ありませんよね
それも、海外でジャパンって愛称が付いたのなら、なんとなく
わかるのですが、日本国内で付いた愛称なんですよ。
国内でジャパンです。不思議な物ですね。
しかしこの時期スカイラインにとっては不毛の時代といっても
過言ではないのです。GT-^Rは存在せず。きっとスカイライン
ファンはやきもきした事でしょう。
でもスペシャルなスカイラインGT-Rはありませんでしたが街の
中にはジャパンが一杯走っていました。
スカイラインファンはしっかりこの新しい車を認めてくれたんですね。

しかしスカイラインファンって本当に根強いですよね!!
ずっとスカイラインに乗っているという筋金入りのファンが
一杯います。その環境をずっと見守って、継続してくれている
日産自動車も凄いです。これからもスカイラインファン、いや
日産ファンの期待を裏切る事無く頑張って、出来る限り後生に
スカイラインの名称継続してくれる事願っています。
さ、明日は最終日です。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

さ、ハコスカとくれば次はこれですね!!

ハコスカの後は当然これです。そうケンメリ!
しかし、今回の外箱にはGT-Rとは書かれていません。おっと
これは少し驚きです。
しかし残念ながら当時の型Hは存在していないようで改良型の
ケンメリが使われています。少し残念ですね。
さ~こんな車両の紹介です。

82-1 ニッサンスカイライン2000GT-X
1974.08~1989.10
スカイライン誕生50周年記念 前期
SKYLINE2000GT-X/KGC110
2007.07
DSCF8285.jpg

DSCF8286.jpg

(トミカ0842)
改良前の型にオーバーフェンダーはありません。今の時代なら
新たに型を作らなくても当時と同じ物が出来る技術がありますから
できれば発売当初の車両作っていただけると嬉しかったのですが…
ちょっと残念ですね。ましかしおぢさんの大好きなバリエーションが
また一つ増えた訳です。非常に嬉しいです。
さて、ケンメリですが基本的にエンジンはハコスカから大きく変る
事はありませんでした。そのエンジンにハコスカより重いボディーを
乗せたわけです。するとどんな事が起きるか判りますよね。
そう、ボディーが重すぎて機敏さを感じる事が出来なくなって
しまいました。(個人的な印象ですけどね。)
そんなボディーに救世主!GT-Rが登場!!するはずだったんです…
しかし、残念ながら排ガス規制にモロに引っ掛かり発売するには
したのですが、何と195台しか世に送りだす事ができなかったのです。
従って一般の方が乗られてインプレッション出される事も無く
おぢさんなど未だに違いは判らないのが現状です。
エンジン音だけは聞いた事があるのですが、全然別物でしたきっと
走りも別物でしょう!!乗ってみたかった物です。
何とも非運のケンメリでした。しかし。このKPGC110はよく売れた
車種だったのです。コマーシャルのウケもよくケンメリと呼ばれるように
なりました。キャッチコピーがケンとメリー 愛のスカイライ
これが爆発的なヒット!!ブレット&バーターの歌う「愛と風のように」も
ヒットしいったのです。
おぢさんもいつも聞いておりました。車より先にコマーシャルが
頭の中に残ってしまうと言う、実に素晴らしい出来だったのです。
当時の車のCMはそれはそれは印象に残る物ばかりでした。
やはりまだ海外旅行など夢の又夢。そんな時代に海外を走り抜ける
スカイラインはそれは最高にカッコよかった!!
このミニカーを見るとそんな事を懐かしく思い出す事ができました。
いや~トミカはやはり偉大です。。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

昨日紹介したスカイラインのレーシングモデル

なかなか実際にはお目にかかる事が出来ない車両になってしまいました。
どこで見たかな~?ずっと前に今はなきモーターパレスで
見た覚えがあります。
このレーシングタイプのマシン見ると非常に懐かしさを感じるのは
何故なんでしょうね?実際にはおぢさんより一世代前の先輩達の
憧れの車なんでしょうけどね。不思議だな~~。
兎に角こんなカッコイイ車の紹介です。

21-2 ニッサンスカイライン2000GT-Rレーシングタイプ
1975.11~1980.07
スカイライン誕生50周年記念 前期
SKYLINE 2000GT-R RACING/KPGC10
2007.07
DSCF8270.jpg

DSCF8271.jpg

(トミカ0841)
いくないですか?笑
昨日紹介されたスカイライントミカとの大きな違いはと言うと。
ライト形状の変更(実車はライトカバーにより目隠し)丸目から角に
そしてフロントのインタークーラー。なんだかこれも定番って感じです。
そしてフロントチンスポイラーにワークスオーバーフェンダーって
所でしょうかね。
実車はフロントグリルからインタークーラーに2本のラインが
伸びており結構特徴的です。
こうして見ると空気抵抗とかは殆ど考えられていないようですね。笑
しかし、この時代はエンジンパワーが絶対の時代ですからスカイラインの
直列6気筒のハイパワーエンジンはどんな空力をも上回る素晴らしい
武器だったのでしょうね。レースマシンとしてみると非常に良い感じです。
しかし…
おぢさんの印象に残っているのは何故かこんな仕様の族の兄ちゃんたちの
マシンです。笑
思いっきり大きな音。なんとも品のない八の字になったタイヤ
板バネを抜いた強引なシャコタン。どれをとっても当時の族の定番です
現在ハコスカ、サバンナ(RX-3)が極端に少ない理由は違法に改造され
徹底的に潰されてしまったからに他ならないのです。
その他にも510も同じ運命だったように記憶しています。悲しいね。
今の時代は車ここまで触れ無いですからね。
だってエンジンの中に手を入れる隙間さえないですもんね!
逆に当時は好き勝手が出来てよい時代だったのかもしれませんね。
そうか!わかったぞ。族の車で印象に残ってるんですね!なるほどな
所詮おぢさんの記憶なんてその程度のものです。笑
トヨタ博物館とかで企画展してくれないかな?昔の族車。笑
絶対やってくんない!!!!笑 客層まで変っちゃうものね。笑
あ~楽しい1台の紹介が出来ました。色々思い出しながら楽しく今日も
紹介できました。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

スカイライン50年か…。凄い歴史ですね。

1957年デビューのスカイライン。ALSI型から始まり
50年いや~凄い歴史です。
昨日紹介したS54Bこの車の為に出来た言葉があります。
「羊の皮を着た狼」外観のおとなしさと、走りは別物と言う
ことですね。素晴らしい例えですね。
本日紹介するスカイラインはこの54Bの後を引き継いだ
モンスターです。皆さんがご存知のスカイラインの代表的な
スタイルなのではないのでしょうか?
こんな1台です。

21-1 ニッサンスカイライン2000GT
1971.05~1975.11
スカイライン誕生50周年記念 前期
SKYLINE 2000GT-R/KPGC10
2007.07
DSCF8268.jpg

DSCF8269.jpg

(トミカ0840)
日産さんがKPGC10を簡単に紹介していますのでちょっと引用します。

「ハコスカ」の愛称で今なお根強いファンを持つ3代目で、スカイライン
はスポーツカーの頂点へと加速して行く。グランツーリスモとして
クルマの楽しみ方を築いただけでなく、ツリングカーレースのフィールド
でも圧倒的なパフォーマンスを発揮。デビューから2年10ケ月で50勝
を挙げ、また一歩未知の領域へと突入した

う~~ん。スカイラインのレース戦績に関して文句の付けどころが
ありません。素晴らしい戦績ですから。
しかし、トミカに関して。おぢさんこの辺りの分類がよく解りません。
2000GTなのか、2000GT-Rなのかトミカ見て判断できますか?
残念ですが自分には判断がつきません。ま、この辺りはアバウトに。笑

さて、お話戻ります、ニッサン車に乗り有名なドライバーさんも
数多く出てきました、星野監督もその中の一人なのでしょう。星野監督
元々オートバイの有名選手だった事知ってる人も少ないかと…
ラーイダーからドライバーへ。
最近では宮城光氏、ワインガードナー氏などが有名ですね。
現在ワールドチャンピオンのロッシもいつかそうなりそうです!!
2輪、4輪共に現役の方をドライダーと呼びます。笑
伊藤新一氏もそのひとりです。凄いですよね、2輪も4輪も
一流なんて。もうそれは天才としか言い様がありません。
神様は不公平です。笑
と本日は愚痴で締めとなります。笑
明日もスカイラインだ!!笑

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

さ!遅ればせながら50周年祝いましょう!

本日より6日間はスカイラインに染まります。
先月発売になったスカイライン誕生50周年記念 前期(6車種)
の紹介をして行きましょう。
そろそろ他ブログ、Web上では紹介が一通り終った頃と思われ
毎度毎度出遅れの激しい、養鶏ぶろぐなのであります。笑
他のWebではあまり紹介されていない物から行きましょうか。
ダース箱こんな感じです。
DSCF8265.jpg

うんうん、シックに仕上がっていますね!店頭にはこの箱に入って
並んでいたのでしょうかね。
殆どのトミカを店頭で購入しておりませんので、見る機会が少ない
のでございます。いつも購入する問屋さんがダース箱取っておいて
くれるんです。有り難い事です。
ブログ上で紹介されると折り畳まれ整理されて行きます。
さて、トミカ本体です。6台の先頭を切って紹介するのはこの車両

TL0005 ニッサンスカイラインGT-B
2001.06
スカイライン誕生50周年記念 前期
SKYLINE 2000GT-B/S54B
2007.07
DSCF8267.jpg

DSCF8266.jpg

(トミカ0839)
GT-Rの前身ですね。おぢさんの年代にはもう懐かしいと言う車両では
ありません。もっと前の車両なんですね。
しかし、そのむかしおぢさんが足しげく通っていた喫茶店(ここは
車好きが大挙おしかける場所でした。)に54Aに乗っておられるお客
さんがおり、いつもまじかで54に触れさせて頂いていました。
そんなこんなで何だか54にはリアルタイムではないのですが思い出が
残っているのです。
このお客さん、その後54Bも所有するという暴挙にも似た快挙を(笑)
成し遂げられました。
現車はそれはそれはこじんまりとまとめられており非常に運転し易い
大きさだった様に記憶しております。ま、当時の車は今の車にくらべれば
ぜんぜん小さいですけどね。
当時その喫茶店にはこんな車が集まっていました。
S54B ロータス7SrII ロータスヨーロッパ mini1275s S600
S800 MGミゼット ロータスエラン オースチオンヒーレー
S30/240ZG SR311 コンパーノスパイダー トヨタS800
BMW2002it…etc。こんな車達が駐車場にずらりと並んでました。
すべてエアコンが装備されてない車ばかりですね!!笑
おんぼろ中古車販売店みたいなものです。笑
一般のお客さんがなかなか入りずらいお店だったのでは…笑
今はみんないい歳のおぢさん、おばさんになってるだろう。
だっておぢさんの先輩ですから!!笑 何しているんでしょうね!笑 
非常に懐かしいです。また何処かであえるのかな…。
環境に厳しい車達ばかりです。でもね人の心には凄く優しい車達
なんですよ。旧車の魅力それはそれは恐いものがあります。
本日はここまで~~~。明日に続く…

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

まだレギュラーにはない車種ですね。

たまたま数日前にトミカショップ名古屋店にお邪魔して
店長さんとお話していた所、「こんなトミカ明日から売りに出すんですよ」
という先行情報頂きました。早速養さんと購入を決定いたしました
しかし残念な事に何かトラブルが発生したようで翌日の発売が延期
となりました。翌々日にもう一度お邪魔し無事入手する事が出来ました。
しかしトミカショップって色々なものが手に入るんだな~って
つくづく感心してしまいました。
こんな車両の登場です。

MBS大型ハイビジョン中継車
Mainichi Broadcasting System
大阪キングオリジナル
いすゞ GIGA
2007.08
DSCF8262.jpg

DSCF8263.jpg

(トミカ0838)
番号のないトミカ何だか嬉しいな~~!!
最初裏板みたら2007ってかいてあるし、あれれ?2007って今年?
いすゞGIGAなんて発売されたっけ?と非常に疑問になり
あちこちの巨大トミカWebを検索しましたがやはり見当たりません。
うむ~新金型ですねこれ。
確か、大阪トミカ博で予約受け付けていた車両ですよね。
しかしまた何でトミカショップにて発売になったのでしょうか?
大阪トミカ博にいけない方もおられますから、そんな方の為に
優しいタカラトミーさんの思いやり販売なのでしょうか。笑
ひょっとしたら、思った以上に売り上げが伸びてなかったりして…笑
新金型ともなれば大量に生産されているでしょうし…。
それと、これって東京、大阪でも発売されているのかな?
トミカショップって各店舗の独自色が結構ありますよね。
色々な疑問が発生してくるのでありました。
ツアートラックとしての需要もありそうです。
売れている歌手の皆さんのオリジナルグッズになりそうな予感が
するのですが、ちょくちょくオークションとかチェックしないと
これもまた楽しみの一つです!!
金型が出来たと言う事は、いずれレギュラー化されるのでしょうね
ハマーの時もそうでした、しかし12月までの商品は発表されて
いますので来年になるのでしょうか。これもまた楽しみが増えました
本日はちょっと変わったオリジナルトミカ紹介出来非常に
幸せでございました。あ~名古屋にトミカショップあってよかった。嬉

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

全て欲しいのですが、今回は3台で…

実はまだ数台店頭に並んでいたのですが、流石に買い過ぎの
今月。この3台でとりあえず終っておきます。
そう言えばオークション見ていたらまた新しいイベントモデルが
出ているみたいですね…う~~終わりがないな~…。
強烈な勢いで発売され続けるトミカ達。ちょっと発売多くないですかね?
そりゃ、少ないよりは全然いいですが、多すぎるのも…ね~~
我が家は無理はしたくないのでそこそこで抑えておきます。
また何処かで縁があれば購入してあげるからね!!
今回購入した3台の締めはこんな車両です。

86-1 トヨタセリカLB2000GT
1974.07~1988.11
トミカイベントモデル★No.18
トヨタセリカLB2000GT
2007.04
DSCF8259.jpg

DSCF8260.jpg

(トミカ0837)
LBですね。おぢさんの最も好きなセリカです。
自分が最初に乗った車でもありますから、思い入れがあるのも当然です。
よく間違われるのですがLBはダルマではありませんTA-22を
ダルマと呼んでいたようです。
ダルマという愛称は決してカッコイイを表す愛称ではなかったと思います。
(当時ダルマセリカなんて呼んでいたかな???記憶にないです)
愛称なんですが結構後で呼び方が変わってるものが多いんですよね。
カワサキのオートバイにZII(ゼッツー)ってありますよね
当時そんな呼び方してるやつ見た事無いです。いまだにおぢさんの
中ではRS750です。…いかん脱線しとる 笑。愛称なんてその程度の
ものです。話を元に戻しましょう!!
やはり、LBとフロントは一緒でも、全体のボディーライン比べて
当時「TA-22」の方がカッコイイという人は少なかったと思います。
あくまでも、当時ですよ。ずっと昔の話です。今の話ではないので。
TA-22オーナーさん怒らないでね。おっさんの戯言ですから。笑
全体のシルエットは100%アメ車意識して作られています。テールランプ
類も当時はやっていた、マスタング系で仕上げています。
DSCF8261.jpg

リフトバックと言う作り自体アメ車バリバリですよね。
いや~カッコ良かったんですよ。当時はこれ最高のボディーラインでした
数十年経った今見てもボディーラインは最高だと思います。
難は足周りですね、貧弱なブレーキ系、ローリングの激しい足回り
なんせ板バネですからね。笑 板バネの乗り心地、絶対今の車では
味わえないです。それはもう…笑
なにせ、数十年前の車ですから、現車と張り合う自体無理ですね。笑
う~ん当時の車は皆、走るの難しかったな~。コンピューター制御なんて
そんな気の利いたもの無いしね。でも楽しかったです。
古い車の魅力はそんな所にもあるのかも知れませんね。うんうん。

さ、明日は少し変わり種を。ではまた明日ね。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

未来マシン~乗用車普及モデルまで…

実に色々な分野の車がイコールコンディションで発売される
トミカの世界。本当に不思議です。
おぢさんはいい歳になるまでトミカに極力興味を持たないように
心掛けてきましたが、相方養さんのトミカ(ミニチュアカー)好き相まって
ついに禁断のトミカ道に邁進することと相成りました。笑
流石に抑えていたのは正解だったようです。
おぢさんの性格からいって若い内にトミカ熱に犯されていたら
今頃大変な事になっていたと思います。
実車の台数は確実に減っていた事でしょう。
結構徹底的に長い時間掛けてのめり込むタイプで飽きがないのです。
それゆえ趣味は極力持たないようにしていました。
ま、手を出してしまったので、これから先長い時間掛けてとことん
楽しんで行こうと思います。
本日は昨日に引き続きイベントモデルです。

21-4 スバル360
1983.06~1997.11
トミカイベントモデル★No.17
スバル360
2007.04
DSCF8257.jpg

DSCF8258.jpg

(トミカ0836)
昨日紹介した未来カー。これから先こんな形になるのかな?的な
車でございました。一転本日は現実的な一般家庭に自家用車という
物を確立するにあたってこの車を語らないと始まらないという車両です。
現在の自家用車の歴史はここから始まったと言っても過言ではないでしょう
そうそう、おぢさんたちがいつも走っている道路脇にある中古車屋さん
の一番目立つ所にこの車両が展示してあります。
「かわいいね!」っていいながらいつも前を通りますが流石に購入は
無理。笑 従って今回トミカ購入です。笑
いや~本当に多種多様ですね、トミカって。何でもありです。
しかし、最近リリースされて人気のあるモデルって以外と古い車の
バリエーションが多いですよね…。やっぱりこれって購入層が上がっている
という事なのでしょうか?
個人的には非常に嬉しいのですが。笑 
さ~勢い、明日も少し前の車です。(少しじゃない 笑)
楽しく紹介して行きましょう!!
夏のとんでもなく暑い毎日!!
トミカ発売の量を見て、ブルって震えるおぢさんでした。笑

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

賛否両論。考え方色々

今日紹介するトミカなんですが好みがわかれるところですね。
おぢさんは大好きの部類です。
オークションを見る限りでは、値段の面から言ってあまり人気が
あるとは思えません。
でもね~個人的にはこういう形のトミカの発売は大変素敵な事
だと思います。ミニカーメーカーからの脱却を目指した訳では
ないのでしょうが、実車に対してのプレゼン的な感覚で見れば非常に
夢があって良いのでは。
ミニカーメーカーとして一つ先を見越したモデルだと思います。
本日のトミカはこんな子です。

トミカイベントモデル★No.16
TDM ファイヤーチーフカー
2007.04
DSCF8255.jpg

DSCF8256.jpg

(トミカ0835)
TDM=トミカ ドリーム モータースそして詳細は下記から
http://www.takaratomy.co.jp
元になったモデルは2001.10発表のTDM-007パトカーだと思います。
実はトミカ博大阪の入場記念品としてこのパトカーが配られたのです。
おぢさんは大阪のトミカ博に参加する事が出来ませんでしたので
この入場記念品は入手いたしておりません。泣
ひょっとしたら、今年の年末にトミカ博名古屋が開催されればそこで
Getできるかな~と甘い考えを持っておりますが、果たしてどうなる
ことやら。(お願いです、今年も開催して下さい!!切望!!)
((いざとなったらオークションで入手だ!!))
そして今日紹介したモデルはそのパトカーをベースにして新たに
バリエーション化されたモデルです。
おぢさんは、このバリエーションという言葉に非常に弱いのです。笑
イベントモデルとして早速登場したTDM-007!
個人的に非常にお気に入りのモデルです。実車は存在しませんが
トミカ博にはいつも特設ブースが出来ており非常にわくわくして
見た覚えがあります。トミカが作るコンセプトカー!!良いじゃないですか
どんどん行きましょうよ。売る側から買う側への提案としては
非常に素晴らしい事だと感じています。
現実にTDMとのコラボで実車が完成しているものもあります。
おぢさんは、あくまで個人的にこの考えに賛成です。
色々な考え方があるのは当たり前、その中の一つです。大賛成。
夢のある楽しいトミカオリジナルモデルこれからも出して下さい。
タカラトミーさんの今後の活動に期待して行こうと思っています。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

限定物のみの購入です。

そりゃね、トミカ好きだったら発売される全てのトミカ
欲しい所なんですが絶対そんな訳いかないじゃないですか。
我が家は基本的にリミテッドとリミテッドビンテージ購入は
出来るだけ抑えるようにしております。
どうしても欲しい車種や、限定ものが手に入る場合を除いて
購入は差し控えるようにしているのです。
どこかでSTOPライン作らないと止めどなく行っちゃいますからね。
さて今日は、久しぶりのリミテッドビンテージの紹介です。
こんな子の紹介です。

TOMICA LIMITED VINTAGE
ニッサングロリア パトカー(大阪府警)
トミカショップ大阪店オープン記念
LV-48a
2007.07
DSCF8249.jpg

DSCF8250.jpg

(トミカ0834)
関西地区の皆さんが待ち望んだトミカショップ大阪店がオープン
しました。!パチパチ。
場所も難波ウオークと非常に分かりやすい場所です。
また大阪に行く機会があれば立ち寄ってみたいと思っております。
さ~これでトミカショップも東京・名古屋・大阪と3店舗になりました
福岡とか仙台とか札幌とか出来るのかな?出来てくれると楽しいね!
果たして今後、トミカショップの新たな展開はあるのでしょうか?
期待して待っていましょう。

今回はトミカショップ大阪店オープン記念という限定品の為迷う事無く
購入です。トミカショップ名古屋店でもまだまだ大量に在庫されています
是非覗いてみて下さい。
しかし高いだけあってTOMICA LIMITED VINTAGEは良く出来て
いますね~!!重量感もあり素晴らしいの一言です。
大人のトミカ。流石にタカラトミーさん目の付けどころが違います。
いつも購入と言う訳には行きませんが、たまに購入すると毎度毎度
感動させて頂いております。素晴らしい!!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

我が家はレースすきなのでもちろん購入です。

通常版トミカとは全く出来が違います。
裏板にも番号等無くオリジナルものって訳ですね
一時期のトミカリミテッドがGT車両大量にリリースして
いました。その流れなのかも知れませんね。
リミテッドは現在本来の路線に復帰しトミカファンを喜ばせて
います。
レース大好きなわりにはリミテッド購入はしておりませんでした
しかし今になると、養さんは欲しくてたまらないようです。笑
気持ちは痛い程わかります。コレクターの性ですね。笑
と云ったところで本日のトミカ紹介です。

スーパーGTイエローハットYMSモバHO!トミカZ
07バージョン
2007.07
DSCF8247.jpg

DSCF8248.jpg

(トミカ0833)
7/29に紹介した、イエローハットYMSトミカZ 2006.11発売
さ~何処が違うのかな?これがまた微妙なんです。笑
しかし、この微妙さ見つけるのもトミカコレクターの楽しみの
一つなんですよ。
実際の車両は大きく変化がありましたトミカでそこまで求める
のは無理と云うもの。雰囲気だけでも楽しみます。
しかし微妙でしょ!カラーリングでここは違うってところは
リアウイングの色分けくらいでしょうか?笑
しかしおぢさんはこの黄色いZが欲しかったのです。06仕様が
我が家にあり、折角発売された07仕様をみすみす見のがすのは
どうしても出来なかった!!笑
そうです、自己満足の世界なのです。笑 興味の無い方が見ると
「何、同じ車2台も買ってるんだか…」って思われます。しかしそこは
完全無視です。笑 ひたすら自己満足の世界に突入です。笑
は~楽しい。こんなに楽しんで良いのだろうか?
お酒でも飲めれば、トミカつまみに一杯ってところかな?笑
世の中色々な楽しみ方があると云う事ですね。うむうむ勝手に納得。

トミカショップ名古屋店 組み立て工場情報です。
8月はスバル360トミカショップオリジナルを発売中です。
来月9月はセリカです。え~これは2006年11月に名古屋店で
発売されています。2度目の登場になります!!
我が家は前回発売時に購入しておりますので今回はスルーです。
と、ミニ情報でした。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

都営バス。知らないおぢさんが説明は…無理。笑

今回のバスセット出来は非常によいのです。個人的に
納得の粋に達しております。しかしながらその内容に至っては
全くと言って良い程無知なのであります。悲しい。
昨日も触れましたが、東京と言う所に全く縁がないおぢさん
でして、トミカのこんなのが出たよ~って紹介は出来るのですが
内容が伴いません。笑 困った物ですね。
ま、とにかく外箱の紹介です。こんな感じになっております。
DSCF8242.jpg

可愛いね。そしてもう一つ疑問なのが本日最後に紹介する
車両に但し書きされた言葉、みんくる。
みんくるって何?は~全く見当もつきませんこれはWeb検索
ですね。
本日はこんな車両の紹介です。

93-5 三菱ふそう エアロスター
2002.10~
T0y's dream project LIMITED EDITION
都営バスコレクション 限定版
三菱ふそうエアロスター(みんくる)
2007.05
DSCF8246.jpg

(トミカ0832)
都営バス。東京都交通局っていうんですね。
いかん!!このあたりからもう納得している。知らん事ばかり
です。ささ、本題のみんくる。
なになに…、都バスのマスコットキャラクター。
「みんなのくるま」「都民の車」を縮めたものなのだそうです。
お~そうであったか。
このマスコットキャラクターは都バスのフロントをデフォルメして
デザインされているようです。なるほど奥深い。
平成11年ということはもう8年も前なんですね!は~、全く
知りませんでした。
http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/fan/minkuru/index.html
そう言えば名古屋市交通局にもキャラクターがいたな~…
ハッチー…なんでいつもこんなキャラクターなんだ?
http://www.kotsu.city.nagoya.jp/
う~~ん。どう見ても海老フライです。笑
ま、名古屋らしいと言えばそれで統べて解決です。笑
可愛いキャラ作ればいいのにね。と変な愚痴を言ってみる
都営バスコレクション 限定版も本日で終了です
さ~明日からは何紹介しようかな。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

FC2Ad