養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

良い感じにやつれた救済君の紹介だ!笑

気が付けば働く車ばかり紹介している…
これはいけない!乗用車も紹介しなければ!!しかし本日
紹介する子は実に年季が入っています。すごいぞ~。
ましかし、前から言ってるように我が家で新車はなかなか無理なのさ
したがって、毎度のように救済君の登場と相成るわけです。
でも、よく見つけてくるでしょ!最近は救済君レーダーでも備わって
いるかのように良い子に当たります。素晴らしい。でも世間ではこれを
決して素晴らしいとは言わないのである。笑
こんなこの紹介です。

6-4-5 ニッサンシルビアクーペ
1984.03~1989.08
DSCF0391.jpg

(トミカ1027)
1月26日に紹介したシルビアがこのオンボロ君の1台後の6-5に
なります。乗用車って言うとシルビアかい!!って言う声が…
決してそうじゃないんですがたまたま今回購入したトミカにこれが
含まれていただけなんです。偶然です。
いや~しかし古い子ですね。ほぼ20年前ですか。そりゃ年季も入る
はずですよね。コレで遊んでた方すっかり成人になられている
訳ですね。うむ~おめでたい!!
すんごいボロボロですね。かろうじて判別がつきますね。今回紹介
している6-4シルビアクーペって意外と見分けるのが容易なんです。
カラーリングもしっかり違いますしね。おぢさんの様な素人向きです。
全面黒ボディーはこの6-4-5だけですから非常に見分けやすいのです。
ボディー下部の金色が目印になります。ここで疑問
何でおぢさんの所に来る子フロントが行っちゃてるんでしょうね?
この子もフロント下がり気味です。しっかりホッドロッドしてます。
見た目悪くないので良しとしましょう。
今回仕入れた乗用車部門。程度としてはこの当たりが多いです。
そう、あまり程度が良くないと言うことですね。しっかりチープな
世界にご案内していこうかと…笑
きっと色々出て来ると思われます。おぢさんも整理しながらの紹介と
なります。何を紹介するかその日の気分で。笑
お付き合いください。
(紹介するおぢさんは、ウキウキワクワクである)
スポンサーサイト

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

本日実に贅沢です。なんと一挙3台紹介!!

はい、救済君ですから。3台紹介も可能です。一杯あるぞ!!
まだまだしっかりあります。本日の救済君も比較的程度は良い
方かと思います。なにせ他のトミカとガチャガチャ箱の中に
入って売られていた商品ですから、少しの傷はご愛嬌です!!
なんと、ほぼ同じ柄の色違い3部作です。笑 かわいい…
本日はこんな子の紹介になります

109-2-1 バヤリースイベントカー
1997.07~2003.01
DSCF0389.jpg

(トミカ1024)

109-2-2 バヤリースイベントカー
1997.07~2003.01
バヤリースセット
1998.02
DSCF0388.jpg

(トミカ1025)

109-2-3 バヤリースイベントカー
1997.07~2003.01
バヤリースセット
1998.02
DSCF0390.jpg

(トミカ1026)
最初の1台はオリジナルものですね。2003年に廃版になっているんですね
まだまだ程度の良い子が少し探せば出てきそうな気がします。
我が家にはあったのかな~?今度時間が出来たら捜索してみます。
買っているような、買ってないような。実に微妙なところです。
まだまだそれ程珍しい車両ではありません。

2台目からは一気に古くなるんですね。10年ほど前に発売された
セット品のなかみ2つです。このセットは確か我が家にあったような
気がするのですが…これまた定かではありません。
4台セットの中の2台です。

でもこの3台揃うとなかなか綺麗ですよね!まだまだフリマなどで多く
見かけることが出来る車両たちです。1台だとなかなか目立ちませんが
(十分目立ってるって!!)3台揃うとコレはカッコイイ。
このイベントカーのシリーズ実に多くのバリエーションを誇ります。
並べてみたいものですね。きっと綺麗だと思いますよ。
こんな展示のしかたも面白いですよね。ちょっとした提案でした。
救済君も立派にお役に立ちます。はい。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

いいな~このチープな絵柄!最高です。

昨日紹介したトラックセット98実はもう1台ありました。
意外に救済君まとめて購入するとこういったセットの生き残り
数台が混入する場合が非常に多いようです。
そりゃそうですよね。何処の家にもセットの1箱や2箱あって
当たり前ですよね、だってお安いもん!笑
全部揃っていそうなものですがやはり、ギミックがあるものから
崩壊していく。これもごくごく当たり前。だから今回のセットも
比較的ギミックが少ない車両2台が残ったのかも…
本日はこんな子の紹介です。

7-4-2 三菱スーパーグレートトラック
1997.05~2006.03
トラックセット98
1997.05
DSCF0387.jpg

(トミカ1023)
いんや~~いいじゃないですか。結構素晴らしくいい。
このセンスわざとかな~?コレ作るの逆に難しいと思うんだけどな。
作り込めば作り込むほどリアルなものが出来ますが、このあたりで
止めておこうってのが難しい。
デザインを手がける仕事をしている者が途中でとめるって
非常に難しいんです。自分もその端くれとして仕事していますので
こういったチープな作品大好きなんですが、自分で作ろうとすると
実にわざとらしい絵が出来上がってしまうのです。笑
こういった素敵なデザインどうしたらできる?絶賛です。笑
(株)大海漁業 何だか実際に走っている所を目撃できたら
何だか幸せになっちゃいそうな気がします。

しかしこの7-4バリエーション多いですね、全て集めるのは
絶対無理だな!ま、また縁があった子が我が家にやってくるのを
楽しみに待っていましょう。
今回も実に素敵な子が紹介できました。うん良かった。
さ~明日は何行くかな。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

おぢさん、このトミカ好きなのかもしれない…

なんだろう、何だか凄く惹かれるのです。魅力あるな~。
トミカの働く車好きだけど、その中でもこの種類のくるま
は特に魅力があるのです。できれば色々な種類がほしいなと思って
しまうのです。本日は別のものを買ったら一緒にやってきた子です
非常に嬉しい1台でした。本日はこんなこの紹介。

11-2-23 日野セミトレーラートランスポートタンク
1975.09~2003.10
トラックセット98
1997.05
DSCF0386.jpg

(トミカ1022)
凄く一杯種類があるんですよ。石油卸売りメーカーさんがこぞって
オリジナル出したりしています。
挙句にマークが変わったり、ロゴ変更があったりで、その都度新しい
タイプが登場してきます。トレーラーの先頭車両は流石に年代を感じますが
これはこれで非常に良い味が出ていると思うのです。
残念ながら現在はSTDでこの車両売られていませんが、いまも引き続き
バリエーションが発売され続けています。つい先ごろもイトーヨーカドー
迷彩シリーズとして発売されました。迷彩もなかなかおしゃれでしたよ!
まだまだ色々な種類が発売されるといいのにな。

今回のJOMOのトレーラー、ギフトセットの中の1台なんです。
残念なことに我が家にはありません。ギフトセット好きの我が家としては
是非是非欲しい1セットではあります。
STDには無いカラーリング。実に魅力的です。バリ好きのおぢさんには
最高ですね!!たまらない。
しかしな~、トミカの少し前のセット結構人気があってお値段も張るんです。
でもね、セットに関しては養さんも、おぢさんも結構頑張って買うように
しています。結構珍しいでしょ。普通はセットにお金かけないって方が
多いのにね。ちょっと変わってるんです我が家は。笑
昨日もギフトセット1つ仕入れて来ました!!定価より安い値段だと
思います。少し前に発売されたものです。また時間が出来たら紹介しますね。
さて、本日もまとまりの無い文章をだらだらと書いています。
基本的にトミカに関する知識が非常に薄いもので、だらだら文章でごまかす
これですね。笑 ま、めげづにお付き合いください。宜しく
では、明日に続く!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

さ~解らない。これは箱がないとサッパリ。

実に難しいのがトミカのバリエーションを見分けること。
いつも悩み倒すのです。笑 しかし最近思うようになったのですが
やはり全てのトミカをお持ちの方しか微妙なバリエーションの見分
は難しいと言うこと。実感いたしております。
特に本日紹介するトミカ、これに至っては箱無しでは絶対に見分ける
事が出来ないものなのです。は~~難しいものです。
ま、いつか箱の付いた子が我が家に来るかもしれませんね。
では、こんなこの紹介です。

F22-2-1 テレックス33-07ダンプ
1980.09~1988.05
DSCF0385.jpg

(トミカ1020)

102-2-1 テレックス33-07ダンプ
1988.05~
DSCF0384.jpg

(トミカ1021)
現在もなお発売されているトミカです。現在はオフロードダンプ
と言う名前で発売されています。人気があるんですね。
今回悩んでいるのは緑の方ではなく黄色の車両の方です。
102-2として販売されだしてからは黄緑色のバリエーションは発売
されていませんから黄緑色はF22-2-1であることは間違いないのです
しかし、F22-2-2と102-2-1との差が全くわからないのです。なにより
違いが無いのです。唯一違いがあるとすれば箱だと思います。
確実に外国車シリーズと赤箱では違いますからね。
おぢさんのような素人でも確実に判断がつきますからね。
やはり正確な判断は外箱込み出ないと解らない物もあるんですね
うむ~今回も大変勉強になりました。
ま、あまり良くわかりませんでしたので、少し謙遜の意味も込め
102-2-1とさせて頂きます。基本的に車両は同じですから。

救済君のトミカでこれだけしっかり悩まされます。トミカの
奥深さ解りますね。良いとしをしたおぢさんがノメリ込んで
いくの解っていただけるでしょうか?笑
しかし、楽しい趣味を養さんから奪い取ったものです。笑
さ、これからも頑張って紹介していかないとね!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

乗用車久しぶりの乗用車かな。

比較的現代の乗用車に近い形の車紹介できますね。笑
最近は古い働く車紹介するのを楽しみにしていましたので
どんどん浮世離れして行くおぢさんでありました。笑
とは言え、今日紹介する車も結構前の車なのですよね。
なかなか現代の車紹介に至りません。笑 何だか古い車の魅力
にしっかりやられています。いや!古い車と言うより古いトミカ
かな。うん。こちらの方が正しいな。てなことで少し現代よりの
車紹介といきますこんな車です。

6-5-1 日産シルビア
1989.08~2001.06
DSCF0383.jpg

(トミカ1019)
S13ですね。現在は生産されていないシルビア。残念だな。良い車だと
思うのですが、S15生産が終了されてからも根強い人気を誇っています
皮肉なものですね。どの車も生産が終了してからブームがやってきます。
もう少し早ければシルビアもS16の生産が始まっていたのかもしれませんね
ですが、ちょうど日産にも変革期がおとずれました。多くのネームが
消え去っていきました。悲しいことです。しかしこうすることしか日産が
生き残る術が無かったのですね。多くのネームと引き換えに日産は
再生できたのですね。悲しい話です。でも復活したネームもあります。
メーカーが生き残れば復活も夢ではありませんからね。頑張って頂き
たいとおぢさんは節に願うのでありました。

さて、トミカの話になりますが今回のシルビアバリエーション調べていて
また新しいトミカ用語に当たり非常に悩みました。それは何か?
シートリブと言う言葉です。悩みました。
6-5-1と6-5-6の違いが最後まで理解できませんでした。色々調べたら
シートリブの有り無しなのだそうです。「なんだ?シートリブって?」
色々調べてやっと解りました。ドアを開けるギミックのある車は開いてみる
するとそこにシートの突起があるか無いか。これがシートリブなのだそうな
は~悩んだこと。しかしまた今回新たに見分け方が身につきました。いや~
実に奥深い。たまらなく楽しい色んなトミカ見て一喜一憂したいと心から
願うのでありました。は~面白かった。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

さて、我が家の新入り君紹介いたします。

これまたオリジナルものなんですがこの車両、実に多くの
バリエーションが存在します。見分けるのに非常に時間が掛かる
のです。結構楽しかったりする。笑 結構我が家にもオリジナル
もの増えてきましたね。といっても殆どが救済君なんですけどね。
でも、昨日も書いたんですが現物見ながらバリエーション調べる
これって結構勉強になるんですよね。実に楽しいです。
ラベルとかがどんなにボロボロでもついていれば、なんとかバリエーション
が解ります。今回のものも決して状態は良くありませんが、大変
良い子です。こんな子のしょうかいです。

4-3-6 トヨタクラウンロイヤルパトロールカー
1975.12~1981.05
DSCF0382.jpg

(トミカ1018)
パトランプの形状はCタイプ、ボディーのラベルは警視庁(小)
そして、1Hホイール。ということで4-3-6と判明です。
比較的初期のモデルのようです。1970年代のようですね。最近では
AEONクラウンパトカーコレクション第3弾2007.09発売のオリジナル
モデルになります。まさかこんな子が我が家に来るなんて思っても
いませんでした。本当にラッキーでした。今回も非常にお安いお値段
です。いつもついている養鶏です。ありがたいことです。

クラウンパトロールカー結構人気があるんですよね。オンボロなのに
凄い値段が付いてたりします。それ程玉が少ないわけでもないと思いますが
やはり人気のパトロールカーということもあり、当時の子供さんたちに
しっかり遊ばれ、現存する固体も少ないのかもしれませんね。
遊ばれまくる運命にあるんですね、パトカー、そして働く車たち。
何かの縁で我が家にやってきたトミカです。のんびりしてくださいね!!
あ~毎日が楽しいこと。笑

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

本日も以前紹介したトミカのバリエーションです。

実に微妙なバリエーションが豊富にあるトミカ、そのなかでも
古い日本製トミカには結構多くのバリエーションが存在するのです。
びっくりしますよ。しかしよくこだけ些細な違いを見つけたもの
ですね驚き以外の何者でもありません。
本日のトミカの何処が違うのかゆっくり説明して行きましょうね。
こんなこの紹介です。

F46-1-1 ブガッティクーペドビル
1978.06~1988
DSCF0381.jpg

(トミカ1017)
2007.04.09に紹介したブガッティクーペドビル このときはバリエーション
調べるすべが無かったので書きませんでした。今回改めて調べてみました
前回のクーペドビルはF46-1-5のようですね。
何処で見分けるのか。
一番見分けやすいのは全体の色ですよね。今日紹介している紺色が
基本的な色です。この紺色が少し濃いもの。茶とベージュのもの
この3種類です。そして次に目がいくところが裏板ですね。どうも
刻印は全て同じようですが色が2種類黒と赤今回の車両は赤ですね。
そしてこれが今回のトミカの最も凄いバリエーション見分け方
エアダクト穴の位置の違いが3種類存在するのです。今回紹介している
エアダクト穴はAタイプです。ここまで来ると1か10に絞られます
では1と10の違いは何処でしょうか?ほぼ同じ仕様。違いは?
最終的にはホイールなんですね1~9までは11Fホイールをはいています
10のみ10Dホイールはいているんです。ということで今回紹介した車両
は貴重なF46-1-1と言うことになりました。比較的入手が難しい種類
のようです。相変わらず新品ではありませんがバリエーションを見分ける
練習には持って来いです。非常に勉強になります。
やはり現物見ながら出ないと違いがわからないところ一杯あります。
先日も養さんと必死にバリエーションの間違い探ししました。笑
楽しいですよ!!最近は我が家の楽しみになっています。
http://youkei3298.blog43.fc2.com/blog-entry-464.htmlと一度
見比べてみてください。違い解りますよ。きっと!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

このトミカにもバリエーションが!!驚

実は半ば諦めていたトミカなのです。名古屋でトミカ博が開催される
雰囲気も無かったですし、(無事開催が決定しましたが。)これは残念
ながらオークションで手に入れるしかないかなとか思い諦めていたのです。
でも不思議なこともあるものです。我が家にひょっこり現れたのです。
実はあるトミカを買ったら抱き合わせでやってきました。
え!どっちが抱き合わせなんだ?と言う意見も、ちらりほらり。笑
こんな子が来ちゃいました。

TDMパトロールカー
トミカ博2007入場記念
2006.04
DSCF0379.jpg

(トミカ1016)
2007.08.05にこの車両のバリエーション先に紹介しています。
トミカイベントモデルとして発売されたのです。また実に洒落ているのが
今回紹介しているモデルがパトロールカー前回紹介したものが
ファイヤーチーフカー。なんともトミカとしては人気のあるカテゴリー
を選んだんですね。
当初設計されたのがパトカーですから、今日紹介しているモデルが
正当なもでるなんでしょうね。いや~おぢさん実はTDM大好きで。
以前名古屋でトミカ博が開催されたとき、TDMブースがありじっと見入って
しまいました。他にも多くのコンセプトカーがあります。魅力一杯
のモデルたちなのです。
コンセプトカーは「TDM-007パトカー」と言うのが正式名称のようです。
こんなことが書いてあります。

省スペースを重視したデザイン。出動したパトカー自体が渋滞を招かない
ように、タイヤ部分は内側に可動し、よりコンパクトなサイズを実現。
イベント会場では、仮説の交番にもなります。
※因みに、TDMとはTOMICA DREAM MOTORSの頭文字です。
ミニカーメーカーが他社の車のモデルを作るだけでは飽き足らず、自社で
コンセプトカーを作ってしまうあたり、さすがタカラトミーさんです。

おまけです。
実は1台ではなくこんなに集まっちゃった。笑
DSCF0380.jpg

いいかんじでしょ!3台並べてみました。ほんの記念写真です。
諦めていたのに一気に3台!!どうなっちゃってるんでしょうね。笑
縁とは実に不思議なものです。願えば叶う!!世の中統べてこうであって
ほしいものである。(無理だね。笑)本日は実に楽しいトミカ紹介できました。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

やはり新しいトミカが出たのだから紹介しないと!

多分そう来るだろうと予測された方その通りです。笑
期待を裏切りたいのですが、せっかく新しいトミカをオリジナルで
出してくれているわけですのでここは紹介しておかないとね。
実際には日曜日に発売になりました。少し遅れてしまいましたね
ま、これくらいはこのブログでは即攻に近いわけで…笑
いかにルーズなブログかがわかるわけです。
さ、こんな子の紹介になります。

55-4 トヨタクラウン4ドアセダン
1984.05~1988.07
AEONオリジナル
クラウンパトカーコレクション第5弾
7代目クラウン
2008.01
DSCF0377.jpg

DSCF0378.jpg

(トミカ1015)
…と簡単に仕分けしてしまっていいのでしょうか?7代目クラウンって
パトカー仕様無かったんじゃなかったっけ??っていうことはAEONさんの
オリジナルじゃないですか。基本的には55-4ベースのスペシャルモデル
って分類した方がいいのかもしれませんね。
しかし今回のAEONオリジナルトミカ素晴らしく力入ってますね!
まさかと思われてた車両次から次に復刻させています。素晴らしい!!
日本中でAEONトミカ手に入らない地域も早々は無いと思います。
いったい日本全国でどのくらい売れていくんでしょうね。は~~
それぐらい売らないとこういった幻の車両系は復刻させてくれないので
しょうね。いや~よく頑張ってます。AEONさんに脱帽です。

何だか数年後にこのシリーズ結構人気が出そうな気がします。
今後これに似た車両が発売されなかった場合ですけどね。残念なことに
1度発売されると結構発売されてしまうのもトミカなんですね。
どうぞここでストップしてくれますように!!
珍しい子は少しでいいのさ!!笑

今回も発売日当日に買いに言ったんですが結構な売れ行きでしたよ!
なかなか今回は当たったようですね。やはりしっかり練り上げた計画的な
販売必要ですよね。
さ、各スパー共に3月でこのシリーズ終了となります。どんな形で各社
締めに掛かるか非常に楽しみなところです。期待を大きく持ってわくわく
しながら待っていましょう!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

昨日に引き続き残りの2台の紹介になります。

この時期単一車種のカラーバリエーションで構成されたセット
多く販売されているんですね。それも今見ると皆それぞれに
魅力的なセットばかりです。最近は一つの主題がありそれに沿った
車種を限定して1セットにして販売するのが定番のようになって
きているみたいですね。
中には、カラフルマーチセットとか、カラフルフィットセット
とかもありましたね。個人的にこのカラーバリエーションってのが
非常に大好きなおぢさん、カラーバリエーションセットが発売される
のを心待ちにしているのです。
さて、今回紹介しているセットの外箱はこんな感じです。
DSCF0372.jpg

今のセットに比べるとシンプルで、これはこれで非常に良い感じ
に出来上がっていますね!同じ年の10月に発売されたイプサムセット
とかも魅力一杯なんです。やっぱセットは面白いですね。
本日はこんな2台の紹介になります。


21-5-4 ホンダステップワゴン
1997.11~2006.04
ホンダステップワゴンセット
1997.12
DSCF0374.jpg

(トミカ1013)

21-5-5 ホンダステップワゴン
1997.11~2006.04
ホンダステップワゴンセット
1997.12
DSCF0373.jpg

(トミカ1014)
なんともシンプルな車両の登場です、しかし味があるな~昨日紹介した
赤、青という非常に目立つ色もいいのですがこのシルバーとブラックという
実車では定番ともいえるカラーリング非常に良いチョイスだと思います。
ディラーさんの営業さんとお話したんですが、この車両が売りに出された当初
このツートンが気に入らないお客さんが多く単色に塗装し直す方が多かった
という話を聞きました。マイナーチェンジ後の車両は単色のボディーになった
のだそうです。車には色々な歴史があるんですね!しかし、キャッチコピー
の子供と一緒に何処行こう!!名文句ですね。コマーシャル鮮明に思い出せ
ます。トミカを見ながら当時の事を思い出す。おぢさんお酒飲めませんが
飲めるものなら良いつまみになるんだろうな、トミカって…。笑
さ、明日は何が登場してくるのかな!!

さ~久しぶりにギフトセットの紹介と行きましょう!

新しいギフトセットも一杯溜まってしまっています。あまりにも
救済君が楽しいものでついつい…申し訳ない。しかし今回も新しい
ギフトセットではないんです。少し前の子です。やっぱりか~
どうも新しい子の紹介できませんね。うむ~~。またちゃんと
しょうかいしますから。本日は10年程前のセットです。
こんなのは如何?

21-5-2 ホンダステップワゴン
1997.11~2006.04
ホンダステップワゴンセット
1997.12
DSCF0375.jpg

(トミカ1011)

21-5-3 ホンダステップワゴン
1997.11~2006.04
ホンダステップワゴンセット
1997.12
DSCF0376.jpg

(トミカ1012)
初代ステップワゴンを集めたセットです。いいじゃないですか。
今見るとカクカクだったんですね。もう現在のステップワゴン
の印象しか残っていないので。時代は確実に経過しているんだな
ということが良くわかります。今この形の車出して売れるかな??
非常に微妙なところです。先祖帰りとでも言うのでしょうか三菱
D5は時代を逆昇ったデザインで受けていますから。一概にスタイルだけ
では無いんですね。デザインとは実に難しいものです。
ま、実車のことはこの辺にしておきましょう。
この21-5多くのバリエーションがありそうですね。人気ありました
ものね!このセットなんですが、トミカのステップワゴンが発売された
のとほぼ同時期に発売されています。一気に4種類のバリエーションが
増えることになりました。そんなセットの中身を一気に2台紹介しました。
は~贅沢贅沢。笑
このセットの良い所は、ボディーのツートンカラーですね。
良い味出してます。実にいい子が手に入ったものです。

この10年前のセットなんですが実は店頭につい最近並んでいたところ
を養さんが発見して購入して来てくれました。場所は名古屋市内では
ありませんが、電車で30分ほどのところです。
あるところにはあるんですね。驚きました。たまたま発見した玩具屋さん
だったそうです。やはり玩具屋さんは一度は覗いてみるものですね。
これからも忘れることなく玩具屋巡りしてみたいと思っています。
さ、明日も2台紹介してこのセット終了とさせて頂きます。
は~本日もまた充実でした。

いいね、こういった商用車が大好きです。

いかん。新しいトミカ紹介しなければいけないのにどうしても
救済君を紹介してしまうのです。ま、魅力があるのでしょうがない。
おぢさん最近諦めぎみである。笑
今日紹介するトミカですが、確実な完品ではないようなのです。
救済君なのでしょうがないことです。個人的には満足しております。
当時の雰囲気が十分味わえます。本来それで十分なんでしょうが
ブログを使って物を紹介する訳ですから、いい加減はいけない
こんなこの紹介です。

19-3-3 日野バルクトレーラ
1985.12~1992.11
DSCF0371.jpg

(トミカ1010)
今回のトミカ19-3-3で紹介してあります。実際にフロント部分
がどこかで入れ替わっているように思われます。
車両の日野トレーラーに間違いは無いのでしょうが、フロントガラス
の色ボディー後部の色の違い、確実に違う車両が使われています
でも、おぢさんには十分なのです。これでもしっかり楽しめます
雰囲気は味わえています。
後部トレーラー部は遜色なくオリジナル品であることは間違い
ありませんそれも19-3-3のものです。
またいつか、完品手に入るといいですね。縁があること期待
していましょう。
いや~しかしトミカの種類無限に感じてしまうほど奥深い
どんどん辞められなくなって行くのです。果たして辞める
意思があるかどうかは謎である。笑

本日トヨタ博物館に行ってまいりました。
初公開収蔵車展が開催中。やはり見学しておかないと車好きとして
納得できませんので。笑
今回展示されていた車両は古い順にこんな感じです。
1908年製ビュイック・1917年製フランクリン・1951年製サーブ92
1960年製ファセルヴェガファセリア・1965年製トラバント
1970年製ダットサンブルーバードSSSクーペ
1971年製ホンダZ・1972年製トヨタクラウン
以上の8台が展示されていました。トヨタ博物館の自動車コレクション
こうした色々な方からの自動車寄贈によって成り立っているんだなと
思うのでした。素晴らしいことです。名前はトヨタ博物館ですが
メーカー車種に拘らないこの素晴らしさ。トヨタが運営するこの博物館
事業に関しては脱帽です。素晴らしいです。今後もどんどん充実した
自動車博物館運営お願い致します。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

ちょいとオンボロなんですが、いつものことか!わはは。

やっぱりオリジナルを箱付き新品で購入はどうしても難しいのです
しかし運の良い事に、おぢさんのところには救済君ですがオリジナル
物がやってきてくれます。今日もそんなこの紹介です。しかし、救済君
ばかりではいけませんので美品トミカも一緒に紹介いたします。
今日は2台紹介いたします。以前紹介したトミカの美品トミカなので
トミカカウントは増えません。1個だけです。ではこんな子の紹介に
なります。

112-1-1 いすゞエルフボトルカー
1989.07~1996.09
DSCF0296.jpg

(トミカ1009)
某通販サイトの商品紹介欄にこう書いてありました。
赤キャブ、白荷台にオレンジジュースラベル、荷台補強(この車両は細タイプ)
シート無し、ホイール11F フロントにISUZUロゴマーク付き、裏板にも車名等が
刻印されています。コストダウンむき出し時代の製品で、あまりの造りのそっけ
なさと品質感低下でがっかりしたものです。その後キャブとシャーシのリブ補強等
細かな変更があり、この後に登場の105-3コカコーラ・ルートトラック(1996年)では
ISUZUロゴが削除されました。
なるほどな~トミカが売れなかった時代の製品なんですね。しかし運良く
荷台補強細タイプが手に入りました。かなりラッキーでした。いつか112-1-2なんかも手に入れたいものですね!

そしてもう1台!!2006年9月10日に紹介した、
56-4 日野ブルドーザー運搬車
1989.04~
DX R/Cトレーラーセット2
2000
の完品を入手することが出来ました。非常に嬉しいことです。
ということで、トミカ番号は更新いたしませんが車両のみ紹介
させていただきます。
DSCF0297.jpg

まさか非常な安価で完品が入手できるとは思ってもいませんでした。
こうしてまた我が家のトミカコレクションが充実して行きます。
非常に嬉しいことです。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

車ばかりでは飽きてしまうかと思い…

そうでもないか。トミカ紹介するブログだから車ばかりで
当たり前ってかんじですね。笑
しかし、紹介する側もすこし雰囲気を変えてみたいな、なんて。
ということで本日はこんなトミカ紹介することにしました。
如何でしょうか?

104-1 D51形 蒸気機関車
1975.08~1989.08
トミカくじI
2000.12
DSCF0295.jpg

(トミカ1008)
D51形 蒸気機関車2度目の登場になりますね。何だかこのトミカ
見るたびに思うんです。トミカの種類の多さ驚くばかりですね。
実際にこんな緑色したD51があるとは思えませんが、トミカだと
許せてしまう。このなんともいえないアバウトさがトミカなんだな~
って思ってしまいます。
しかしこのトミカ意外にも多くのバリエーションが存在するんです。
非常に解りやすいバリエーション。車両番号が違うものが結構
存在したりします。わかり易くていいですよね。

さて以前に少し触れたトミカトーマスなんですが結局購入すること
に決定。と言うか少しづつ購入中です。また、気分転換に紹介する
時がやってくること間違いなし!!笑
ま、そのときは軽くハハハと笑って許してやってください。
何だかどうしても買わないといけないという使命感に駆られて
しまうんです。不思議ですよね。そして1台買うと次がどうしても
欲しくなってしまう。そして2台並べるともっともっと並べたくなる。
19台あればやはり19台並べたくなってしまうのです。
これはトミカ好きというだけでなく、物をコレクションするのが好きな
人皆一緒だと思います。辞められない病んだおぢさんです。笑
ま、ここまできたので楽しくいっちゃいましょう!!
さ、明日は何を紹介しようかな。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

う~~ん非常に難しい分類だ!!

今日紹介する子も比較的古い子かな。でも少し問題が…
バリエーションの分け方が微妙すぎて、わからないのです。
それに比べるものが無いんですよね。解らないので取り合えず
新しい方であろうということで2にしてみました。
トミカのバリエーションの見分けは時として微妙なのである。
非常に難しいのである。こんな子の紹介になります。

109-1-2 ニッサンブルーバードタクシー
1988.08~1997.07
DSCF0293.jpg

DSCF0294.jpg

(トミカ1007)
バリエーション番号1と2の見分け方タンポ印刷が緑と黄緑
これって解りますか…笑 多分比べる2台がないと絶対解らない
バリエーションでしょうね。ましかしオリジナルの古い子
ですから文句はありません。
しかしこのバリエーション番号つけてる方1人しかいないんですよね
もし森山義明さんいなくなったらどうなるんですかね?
ま、おぢさんが心配することじゃないか。笑
出来ればタカラトミーさんが引き継いでくれると嬉しいんですが
販売元がつけるのが一番なんですけどね。そうも行かないのかな。
基本的に世代番号すら存在しないことになってますからね。
は~~しかしバリエーションの見分けは難しい。

発売される全てのトミカを購入しないとつけられないバリエーション
番号…
兎にも角にもとみかを全て買えるだけの財力が凄いですよね。
羨ましい限りです。後発のトミカ好きがバリエーションを判断する
事自体なかなか難しいということが解りました。
奥が深いな~トミカって。
ちなみに本日のトミカも100円なのでした。有難いこと!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

救済君がメインになりつつあります。

本当は救済君だけでも1年持ちそうなんですが、笑 そうも
いかない。新しい子もちゃんと紹介していかないといけない。
不公平になってはいけないので。満遍なく行きましょう!!
といっても、本日紹介する子は少し風変わりな子なんです。
こんなこの紹介になります。

55-7 日産フェアレディZ
2001.12~
日産工場見学記念品
(トミカは通常品を使用)
DSCF0291.jpg

DSCF0292.jpg

(トミカ1006)
実は中身は現行版のフェアレディZなんですよね。これは何と
箱のバリエーションということで。笑
実はこのブログで現行型メタリックグレーの車両紹介していませんでした
ちょうど良いですね、一石二鳥って感じです。笑
昨年2007年の10月15日に最初に出たネズミ色のZ紹介しています。
是非お時間ありましたら見比べて見て下さい。
新しいものはラメラメってしてますよね。何だか初期に出たもの、
のめ~~ってしていませんか?笑 でも何だか初期の色も憎めない。実は
好きだったりします。ソリッドのネズミ色は英国車に多く用いられて
いる色です。なかなか素敵じゃないですか!!個人的に好みです。
今回の子は、メインだったのかそうじゃなかったのか良くわかりませんが
付け合せの一品みたいな感じで我が家にやってきました。毎度の
ことですがお値段は適価ではないかと思いますなんせ4台で1000円ですから
1台250円適価でしょ!何だか安いものばかり買ってる養鶏です。笑

現在日産自動車の工場見学するとこのトミカが頂けるかと言うと
そうではないようです。
現在はZではなくスカイラインになっているようです。それも
オリジナルカラーの。うむ…魅力的である。
「あ!日産さんったら、STDトミカの使い回しじゃん!!」と言われるのが
辛かったのか、オリジナル物に変更です。笑
元々日産さんはチョロQ大好きだったのでトミカが出るだけでも素晴らしい
また縁があったらスカイラインにあえることでしょう首を長くして
待ってるからね!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

違うメーカーの軽トラだってあるんだよ!

連日紹介したのがスバルサンバー。そしてちょくちょく
登場してくる軽トラはスズキキャリーおぢさんのブログでも
何度か登場しています。そしてもう1社軽トラ作ってるメーカー
があるんですよ。本日はそれを。ちょいと前のモデルですけどね。
こんな子の紹介だよ。

19-1-18 ホンダTN360パネルバン
1971.01~1976.07
トミカ博2002(大阪・東京)入場記念
2002.04
DSCF0289.jpg

(トミカ1005)
っていっても、今日紹介してるこがオリジナルの古いモデルって
わけではないんですよ。そしてこのトミカが世に出たときおぢさんが
トミカファンだったかというとそうでもない。
そういう場合は、そう救済君。笑
たまたまなんですが何故か救済君の中には軽トラが多く含まれて
いるのです。お子様には大人気なのかな?
しかし、ホンダ車好きのおぢさんにはこれはたまらない。いいのが
入ってたな~。ありがたいありがたい。
このトミカ2002年に開催されたトミカ博の入場記念品だったん
ですよね。今もそうなんですがトミカ博入場する際に記念トミカ
頂けるんです。このトミカもそれなんでしょうね。思うに
親子で見に行ったのかな。何故か2台来ちゃいました。
有料入場者には配布されますから。お父さんと見に行けば2台
手に入っちゃう。てなわけで意外とトミカ博見に行った家庭には
転がってるのかもしれません。
DSCF0290.jpg

ってわけで、2台並べて撮影しちゃいました。笑
おんぼろですが、これもまた味ということで。我が家のブログには
ふさわしい。笑
諦めていたトミカ博も3月に名古屋で開催が決定したようです。非常に
嬉しいのです。いい歳したおぢさんがわくわくしながら開催をまって
いるのです。楽しみ楽しみ。

それ程古く見えないのですが、そうでもないのです。

作りなどぱっと見は結構新しく見えますよね。しかし結構
前に廃盤になったモデルなのです。一緒に譲っていただいた
トミカ達の年代を参考にすると結構初期のモデルと思われます
今回も救済君です。日本製ですし。そこそこ古いのでは…
と思われます。働く車なのですが過去に紹介した事のない
種類です。こんなこの紹介です。

48-5-1 いすゞエルフ除雪車
1989.10~1998.11
DSCF0288.jpg

(トミカ1004)
今日の名古屋非常に寒いです。流石に雪は降っていませんが。
年に1度降ればいいところの名古屋です。そして少し雪が降ろう
ものなら、名古屋の街は途端にパニックに陥ります。
流石にこの車両が活躍することなど殆どありませんが、きっと
どこかには存在している車両なのかもしれませんね。
名古屋の近くで、この車両が活躍する場所といえば名神高速
関ヶ原付近では。ここは毎年結構雪降る場所なんですよね。
ずっと前にこの車両見たことがあるような記憶があります。
現在は専用車両になっているのでしょうね。

トミカよく見ると時代を感じます。回転灯が素晴らしくシンプル
この形を何と表現するのか専門用語がわかりません。
この単純な形の回転灯今では見られませんよね。懐かしさすら
感じます。これ見ると昭和って感じがするんですが。おぢさん
だけなのでしょうか。良い味出しています。
この頃のトミカ今見るとなんとも味がありますね。トミカが
一番売れていない時代ですよね。今では信じられませんが
トミカ暗黒時代があったんですよね。色々製作側も試行錯誤
していたんでしょうね。元になったエルフを上手に使い回しして
います。製作コストが結構抑えられているのではないかと考え
られます。したがってバリエーションがこの時代の車両多いのでは…
しまったな~この時代にトミカに目覚めていたら楽しかっただろうに
残念です。その分救済君で徹底的に楽しもうとおもいます。
は~楽しくてたまらない。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

我が家の救済君アパートを捜索した…

すると、やはり出てきた。まだあったんですこのセットの
中のトミカ。ある物ですね。大量に譲っていただいたので
整理が全然できていないのです。何があるのか未だに解らず。
我が家のトミカ救済君アパートはおぢさんにとって宝の山なのです。
本当はセット買ったんでしょうが残っているのがこの2台
なのでしょう…貴重な生き残り君なのです。
昨晩のワーゲン同様程度非常に悪し!!しかし良い味でてるよ!
こんな子の紹介になります。

31-3-17 スバルサンバーハイルーフパネルバン
1985.02~1994.10
トミカみんなの町セット
1990
DSCF0280.jpg

(トミカ1003)
相当来てますね!!今回は足回りは比較的大丈夫なんですが
ボディーの印刷部分が薄らいでしまいました。
しかしなんとなくうっすら見える「クマ運送」可愛いイラスト!
う~~ん。このなんとも安直なネーミングがまたおぢさんの
心をくすぐるのです。笑
クマ運送。これって実在するんですか?多分しないな。
このセットが発売された1990年って意外と実車にこだわったり
していないんですよね。おぢさんは単純にトミカが好きなので
細かいこだわりが無いので、こんなチープな子が出てくると
実にたまらなく嬉しくなってしまう。
たまたま今回はバリエーション番号が判別しましたが結構
この時点でバリエーションがでているんですね。17台目か。
やっぱりトミカ全て集めるなんて不可能ですね。笑
ま、はなからそんな事考えていませんが、1台でも多くのトミカと
巡りあえたら嬉しいものです。
ゴソゴソしてみましたが、我が家にはこのセットの中身2台しか
無いようです。残りはいつか縁があればいいなって思ってます。
いや~~実に充実した救済君紹介が続いています。楽しい!!
明日は何が飛び出すのやら。

お~~また珍しい子が来ましたね!

なんともボロボロのトミカがやってきました。
養鶏ぶろぐにふさわしい。本来こんな子を好んで紹介していたん
ですが、最近はトミカ運がよく非常に程度の良い子ばかり紹介できて
いました。それはそれで有難いことなんですけどね!!
でもやっぱり、こういった子のところに戻ってきてしまう
訳なのです。こんな子の紹介になります。

100-2-? フォルクスワーゲン1200LSE
1988.06~2002.06
トミカみんなの町セット
1990
DSCF0279.jpg

(トミカ1002)
あんまり見かけない子ですよね。これギフトセットの
バラなんですね。トミカみんなの町セットあんまり出回らない
セットですよね。
昨晩たまたま調べているときオークションに出ていました。
5000円以上の値段で落札されていきました。は~なかなか
新しい子は手が出ませんね。またいつか縁があることでしょう
待ってるからね!!
しかし、凄い使用感ですねタイヤもヨレヨレです。笑 
タイヤ軸がいっちゃいましたね。10円前後ですから仕方ありません。
ボディー横には何故か男の子と女の子のイラスト、そして
フォルクスワーゲンのマーク。唐突です。笑
全体のピンク色。ワーゲンならではですね。しかも似合ってしまう
実に凄いことです。ホイールも実際はメッキされていたようですが
それも剥げてしまっています。う~~ん。正しい救済君の姿が
そこにはありますね。笑

実は我が家でワーゲン非常に旬なんです。それはなぜか?
先週の日曜日に養さんが借りてきたDVDそれがワーゲンが主役
の映画なんです。ハービーって言うんです。
これがまたなんともメチャメチャな映画でワーゲンがナスカー
で優勝するというとんでもないお話なんです。
それ見てたら、我が家にやってきたワーゲン。我が家のハービー
ですね。とても走れそうにはありませんけどね。笑
今回紹介してケースの中に入り、ゆっくりお休みしていただきます
長い間ご苦労さんでしたね!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

うひゃ!昨日のが凄すぎて…。

さ、2000台に向け再スタートです!!
昨日の車両が凄すぎて、本日の車両がかすんでしまう。笑
あ!みんな全然上下ありませんからね。一緒なのさ!
今日紹介する子は箱付です。昨日のブルーバードより良いじゃん。笑
少しの間紹介するのストップしていましたが箱付100円シリーズ
なんです。いやしかしおぢさんこの子好きだな~。
これは実在した車両なんでしょうか?街中走っていたら
楽しいのにな~。さ、こんな子の紹介です。

96-3-1 スバルサンバー牛乳車
1988.11~2000.05
DSCF0277.jpg

DSCF0278.jpg

(トミカ1001)
全く雰囲気が変わってしまいました。笑 この車両2000年まで
生産されていたんですね。基本的な形は殆ど変わっていないようです
日本製、中国製大きく2つに分けられているようです。

赤帽仕様のNo.31(1985年)パン屋仕様のNo.10(1987年)に続く
さんばーをベースにした3台目のモデルです。牛乳パックをモチーフ
にした荷台部分は側面パネルが開閉可能。内部にも大小様々な
牛乳パックが用意されていた。トミカ大図鑑から流用

そっか。3代目だったんですね。なるほどね。
当時の外箱って主要諸元表がついていたんですね。やはり
オリジナル物は実車に忠実だったんですね。素晴らしい。
軽トラをミニチュアカーにするのはトミカくらいですよね。
日本が誇る軽自動車という文化。これは世界に誇れるのでは
ないでしょうか。
新しく始まる1台目には非常にふさわしいのではないでしょうか
さ、明日は何が出てくることやら。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

1000台記念。これね、復刻版じゃないんですよ。

恐らく我が家で一番古い子です。新しくても1974年ですから
新しくても34年前の車です。驚きでしょ。
しかも、ほぼ新車状態なんです。
このトミカ譲っていただいたのですが、たくさんの中の1台
でした。お渡しした金額から計算すると82円で譲って頂いた事に
なります…何だか申し訳なくって。まさかこんなトミカが含まれて
いるなんて思いもしなかったもので…。
とにかくありがたく我が家の家宝としていきたいと思います。
箱はありませんが、このコンディションのよさ十分です。
大切にケース内で保管されていたものと察することが出来ます。
こんなこです。

1-1-6 日産ブルーバードクーペSSS
1970.09~1974.09
DSCF0276.jpg

(トミカ1000)
オリジナル物です。トミカはブルーバードクーペSSSから始まった
んです。1-1。1000台記念には丁度良くないですか?
実は復刻版のブルーバードクーペSSSがあるんです。
今回紹介している物と殆ど変わりません。
復刻版はカラーリング、インパネ等実に忠実に復元されています
裏板見れば一目瞭然。中国製と日本製の違いがあります
もう少し手っ取り早い方法、それはホイールなんです。
復刻版のホイールは1HWホイールが使われています。
今回紹介させて頂いているブルーバードなんですが1Eホイール
はいています。結構古いものですね。
1Aホイールのブルーバードなんかが手に入ればそれは最高なんですが
現在の価格ではわれわれが手に入れるのは不可能です。
現在軽く10万円超えちゃうんじゃないでしょうか。絶対買えない値段
です。トミカに詳しい方に聞くと最近では1Eのブルーバードもなかなか
手に入らないとの事でした。今回は実にラッキーでした。古いトミカ
救済するつもりで購入したのに、とんでもないものが入ってました。
こんな事もあるんですね。
ね、救済君も捨てたもんじゃないですよね。
養鶏ぶろぐの1000台目は日産ブルーバードクーペSSSになりました。
これからもとてつもなく珍しいトミカとかは簡単に手に入らないと思います
が、マイペースに少しづつ出来るだけ途切れないよう紹介し続けられれば
いいなと考えています。まだまだトミカは、おぢさんから見たら無限大
にあります。これからですね!!
今後もまた宜しくお願いいたします。まずは区切りです。2000台目指して
行きましょう!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

あと1台でございます。しかし…

着々と進み、本日の紹介で999台目となりました。
ということで外国車シリーズ紹介して行こうと思います。
このブログでは初登場ですね。魅力あるな~なんともカッコイイ
しかしここで問題発生です。この車両のバリエーション番号が
解らないのです。どなたか助けてください。
こんな感じの車両なんですが…

F23-1-5 シボレーシェビーバン
1977.09~1979.07
DSCF0274.jpg

(トミカ0999)
どう。カッコよくない?
ボディー横に書いてある文字はRACING TYRES
GOOD YEAR THE CHOICE OF CHAMPIONS
結構一生懸命調べたんだけど、わかんないんですよこれ。
もしバリエーション番号解る方おられましたらお教え下さい。
1Hのゴールドホイールはいてます。宜しくお願い致します。
ということで、
うむ~~。これまたレース関係車両って事かな。むふ。嬉しい
このアメ車にグッドイヤーのロゴとかマークの似合うこと!!
最高じゃないですか。
何でアメ車ってこんなにカッコイイの。なのにさ、最近の
トミカって国産ミニバンとか結構リリースしてくれるんですが
アメ車のカッコイイどころピックアップしてくんないんですよ。
残念だな!!PTとか結構かっこいいのに。なんでラインナップに
入んないんだろう?
今青箱できたら、そりゃカッコイイ車両いっぱいあるのにな。
実に惜しいな。復活してくださいよ。これまた無理か…
さ、明日はいよいよ1000台です長かったような、早かったような
2年とちょっとか。明日は我が家で恐らく一番古い子の登場になります
よろしくね!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

1000台近いぞ記念古い子一杯出すぞSP

12/26に一度紹介しましたアメリカンミキサー車前回はミドリと
黄色という結構おとなしめのカラーリングでした。
今日紹介するのはその車両のバリエーション違いです。
前回より少し派手になった気がします。笑
救済君ですが結構お気に入りの1台です。何だか知らないうちに
どんどん集まってくるのです。救済君地獄(天国)なのであった。
さ、こんな感じだ!!

F18-2-3 アメリカンミキサー車
1979.04~1988
DSCF0273.jpg

(トミカ0998)
ボディーが赤、フレームが青、そして赤/白ドラムこのシリーズの中で
一番派手なのではないのでしょうか。ボディー等結構傷みが来ています
がしかし毎度のことのように我が家には宝物なのでありました。
傷みがフロント部分に集中しているのは何故だろう?非常に不思議です
ま、年代考えても結構遊ばれたかな。当たり前ですよね。
不思議なことにボロボロ救済君が好きだよっていうと、どんどん集まって
くるものなんですよね。類は友をよぶですかね。は~い
来るもの拒まず。どんどんいらっしゃい。ウエルカムです。
実は救済君数百台は集まっています。実に古い子から現行版まで
多種多様。ごった煮状態です。少しづつでも紹介できたらなって
思っています。
本当は1000台目は箱つきの新しい子紹介しようかなって、思って
いたのですが我が家のブログはやはり救済君で行くべきだろうという
周りの声があり。(あったかな???)とにかく救済君で行くことに
決めました。こんな訳の解らないブログがたまにはあってもいいのでは
という、わがまま放題、やりたい放題でいきます。
1000台目は救済君でも納得のいく車両で締めます。マニアック車両
出来ればどんどん登場させていきます少しの間お付き合いください。
では明日に続く。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

オリジナル物です(程度はよくないけどね。)

結構古い子の登場です。このトミカ、ペプシコーラのマークがついた
子が有名ですね。おぢさんもそっちなら知ってます。
まさか今日紹介する子、こんな仕様があるとは知りませんでした。
またまたレース好きのおぢさんにはたまらない一品です。
こんな子のしょうかいだよ!

76-3-26 ふそうウイングルーフトラック
1978.05~1989.01
DSCF0272.jpg

(トミカ0997)
なんだか古い感じがたまらないですね。きっと今ならもうすこし
精密なギミック出来る事間違い無しなんですけどね。
でも何だか逆にこのいい加減さがたまらなくいい感じです。
CIBIEこれシビエって読むんですけどね。車レースのスポンサー
などで結構有名です。シビエのバイオスカーが一番有名ですよね
ライト、フォグランプで有名な会社。猫マークのマーシャルも
結構有名ですよね。どちらもレース好きには有名どころです
こういったレースの裏方的な車両がおぢさん大好きです。
つい先日紹介した長谷見さん仕様タイヤ運搬車みたいに
もっとこんな感じの車両一杯リリースされるといいのだけど
最近では版権の問題もありスポンサー名が入った車両を勝手に
つくるなどもってのほか、現行のトミカの値段維持するのが難しく
なってしまう。ま、いまどき360円で購入できる玩具もすくないです
からね大切にしないとね。
以前に比べると企業物のバリエーションが少なくなってきたのは
そのせいでしょうね。
しかし企業オリジナルのトミカ非常に高くて買えなかったり
非売品になったりで入手が難しくなってしまいました。以前みたいに
タカラトミーさんが作ってくれるといいのだが…そうもいかないか
古いトミカはいいな~。やっぱ魅力的です。どんどん集まってくるといいな
さ~明日は何紹介するかな。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

お!順調な滑り出し。本日発売トミカです

2008年に入って2台目ですね。ミニカーショップオリジナル
の発売は除いて一般的に手に入るトミカとしては2台目だと思います
基本的にショップでの買い物はトミカショップ位なので。笑
ま、それくらいがいいのかもしれません。のんびりね。
1月は奇数月そうスーパーのオリジナル物発売日なんですね。
何故か1月は毎年アピタが1日販売してしまいますので今回のトミカ
が2番手になってしまいました。本来なら一番乗りなのにね。
さ、今日はこんな子だ!!

11-2 日野セミトレーラートランスポートタンク
1975.09~2003.10
イトーヨーカドーオリジナル
<迷彩カラーコレクション>
2008.01
DSCF0269.jpg

DSCF0270.jpg

(トミカ0996)
お!これは実際に存在しそうですね。しかしいくら迷彩にしても
確実に標的になること間違いなしでしょう!!(それは、いかん!!)
実際のところ、こういった燃料運搬車とかは迷彩にする必要が
あるのでしょうか?多分、のこのこ燃料積んで戦場は走らない
ものと思われます。燃料あげるよ~って言ってるみたいなものです
よね。笑
ま、実在しないシリーズとしては非常にいい感じですね。
以前のトミカってみんなこんな感じだったんですよね。
空想車両ってところかな。個人的には大好きです。
各スーパー独自な路線を走ってますね。イトヨのトミカ人気が薄いと
どこかのWebで見た覚えがあります。これってそれだけ個性が強い
ってことですよね。おぢさん大歓迎です。
どんどん色々な車両出してくれるのがおぢさんの楽しみです
これからも色々な意見、色々な見方があるのかもしれませんが
頑張って発売してくれること期待して止みません。
がんばれ~イトヨさん。応援してるぞ!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

お!いきなり年末に紹介できなかった子だ!

何だかあれもこれもって紹介していたら年末結構
紹介出来てない子が一杯いるんです。
セットも全然紹介できてないしね。ちょっとづつ紹介
していきましょう。いや~日にちが経つのは早いもので
早くも4日になっちゃいました。この調子だと今年もあっという
間に過ぎ去っていきそうです。ヤバイな~とにかく日々トミカ
三昧で行きましょう。(それでいいのか??笑)
ま、とにかくこんなトミカです。

ディズニートミカコレクション D-37
マツダロードスター ミッキーマウス
2007.12
115-3 マツダロードスター
2006.01~
DSCF0267.jpg

DSCF0268.jpg

(トミカ0995)
111-2から115-3に引き継がれていきました先代リトラクタブル
ヘッドの車両もなかなか魅力があったんですが、改めてデザインの
無駄を省きライトウエイトスポーツに徹するこの意気込み。
う~ん、気合が感じられます。外観的に大きく変わったように
見えないのですが実際は結構別の仕上がりになっているようです
って、実車のことばかり触れております。
おぢさんブリティッシュライトウエイトが大好きなもので
国産ライトウエイトの出来が気になってしょうがない。
S2000とかロードスターには是非頑張って頂きたいのです。
日本車頑張れ~!!

さ、今回のキャラは大御所ミッキーマウスでした。
2007年最後はミッキーだったのにすっかり無視したおぢさん
でありました。笑 すまぬ!!
今年は出来るだけ遅れないように紹介して行こうと思っています。
(多分無理だ!!力強いな。笑)さて色々言いながら今年も
ふにゃふにゃマイペースで紹介して行きましょう!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

さ、通常のペースに戻っていきましょう!!

本日紹介するのは、年末にも少し紹介していたのですが
フリーマーケットにて購入した箱付きお安いトミカさんです。
今回も箱はあまり綺麗ではないのですが、中身は非常に
ミントコンディションです。今回も100円で購入でした
いやいやラッキーな子とめぐり合ったものです。嬉
さ、こんな子の紹介です。

93-2 三菱ふそうレーシングトランスポーター
1989.10~1995.09
DSCF0265.jpg

DSCF0266.jpg

(トミカ0994)
今回も車イベントフリーマーケットにて入手した1品で
ございます。一緒に購入したトミカ達の年代を考えると多分
1990年前後このトミカの発売年月日が1989年ですから大体
あってきますね。とすると発売されてすぐのものだと思われます。
オリジナルが少ない我が家。何だかこのフリマのおかげで
ちょっと箱入りが増えましたね。ありがたいことです。
何といっても100円ですので箱の状態など問題になりません。
どうもこのレーシングトランスポーター、長谷見昌弘さんの
タイヤサポート車をモデル化したものなのだそうです。
当時はタイヤサポート車もドライバーが所有していたのですね
うむ~大変な出費ですね。現在ではタイヤメーカーからのサポート
でまかなわれていますから、やはり当時はレースをするということ
実に大変な事だったのでしょうね。
昨年、コンビニで発売された長谷見コレクションこれ入って
いませんでしたね。笑 こういった物もれっきとした長谷見
コレクションですよね。おぢさんレース好きですのでこういった
車両の復刻版もありだと感じてしまうのです。
とにかく楽しい1台でした。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

本年度の救済君始めでございます。笑

あ!やっぱり救済君行くんだ!という声が聞こえて
きます。笑 このブログで救済君がないとどうも
始まらない!!今回紹介する子救済君といっても非常に
程度が良いものです。
昨年の9/29日に実に良く似た車種を紹介しました。
しかしこれ別のものなんです。見分けが付かないくらいです
ま、とにかく行きましょう。こんな子です。

38-5-3 いすゞエルフスカイマスター
1987.08~1999.01
トミカ公用車セットA
1988.04
DSCF0264.jpg

(トミカ0993)
ね!よく似てるでしょ!!外観的に違うところはドアに
付いた東京電力のマーク位置よく見ると違います。(微妙かな)
一番解りやすいのは裏板ですね。今回紹介しているものは
日本製です。前回9月に紹介したものは中国製なのです。
ホイール区別が付く方であれば、今回の物が1Hホイール前回
が11Fホイールです。
実は今回のものはセット品のバラなのです。日本製の古いセット
なかなか高くて手に入れることが出来ません。こういった
救済君であれば何とか手に入れることが出来るのです
しかしこのスカイマスター前持ち主さんが相当大切に保管
されていたようで埃一つのっていません。ケース内に飾られて
いたんでしょうね。美品です。
しかしツイテますね。こんな極上品が手に入るとは!!
今年も多くの救済君紹介して行こうと考えています
その最初がこの子、勢いがつきます。
また頑張って紹介していきます。よろしくね!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

FC2Ad