養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

さ、イベントモデルに戻っていきます。

何だか大晦日なのですが、全然そんな事感じさせないブログですこと
毎度のことなのですが年は変わったいくのですが、トミカ紹介は延々と
続いていくのです。これといって変化も無く淡々と進めていくのです
何故そこまで?実はそこにもちゃんと理由があるのです。
12/20以降に購入したトミカたち。まだ一台も紹介して無いんでやんの
困ったものです。こんな状況なのです。
2008123101.jpg
ね…。淡々と紹介していかないといけない理由解るでしょ。1日1台の
我が家。ここに写っている数だけでも一か月分以上あります。ここに写
ていないトミカも山ほど…あ~タカラトミーさん出しすぎです。
ということで元に戻り今年最後のトミカを紹介して行こうと思ってます。
こんなトミカです。

23-2 ホンダS800M
1980.07~1983.06
トミカイベントモデル★★No.11
Honda S800
2008.08
2008123102.jpg
2008123103.jpg
(トミカ1396)
このブログらしく今年最後の1台はホンダ車になりました。名車ですね!
しかし綺麗なタンポ印刷で仕上げられたS800です。流石にイベントモデル
という特別な1台だけの事はあります。
何だか非常にこの1台に刺激を受け、養さんはショップにてS800のホンダ
オリジナルトミカを2台購入してきました。笑 こんな所が養さんらしい。
同じ車好き、ミニカー好きとして気持ちが痛いほど解りますので。何も
言うことはありません。笑 こうして1台1台また仲間が増えていくのです
こうしてみると我が家はトミカ中心に廻ってますね。笑
それで十分!そんな変な夫婦連れがいても良いじゃないですか。笑
今後もマイペースに楽しんで行きましょう。

さて、明日。もう2009年1月1日なんですがトミカが2台発売になります
1日からトミカ購入の為ひた走る養鶏であります。
今年一年お世話になりました。又来年もトミカ三昧で行きます。みなさま
宜しくお願い致します。では良いお年をお迎え下さい!!

養・鶏。
スポンサーサイト

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

イベントモデルの途中なのですが…その3

今回のW.M.C.CミーティーングにてS.O.さんより伝授されたスペシャル
トミカです。家の嫁さんの強烈なホンダ好きをご存知だったS.O.さんが
今回わざわざ譲って頂きました。いや~家に帰ってあわてて色々なWeb探して
見たのですが…案の定出てきません。こういった特注物欲しいからといって
おいそれと手に入るものでも無いのです。今回はS.O.さん、そして1次オーナー
様にも了承を得て嫁さんの元にやってきました。なかなか見る機会の少ない
トミカなのかもしれません。こんなこの登場になります。

73-1 ホンダF-1
1974.06~1978.04
F1グランプリ特集100号記念スペシャルトミカ
100th issue Memorial special present
(日本製)
2008123001.jpg
2008123002.jpg
(トミカ1395)

なんとF1グランプリ特集100号記念のスペシャルトミカだったのです。
RA302。驚きの逸品です!まさかこんな子が我が家にやってくるとは…
この辺りに来るともうバリエーションとかじゃないです。なんだか我が家に
いていいのか…なんだか凄すぎて。
まずF1グランプリ特集について少し、ソニー・マガジンズが1987年から発行して
いる日本のモータースポーツ専門誌。2006年2月にGRAND PRIX SPECIALと名称を
変更して現在に至ります。実に歴史のある書籍なのです。当時この100号記念で
応募して当選しなかったという記憶のある方も多く見えるのではと思います。
貴重ですよね~。いつも思うのですがこういった景品実際に当たる方が周囲に
いないんです。やはり当選されてる方が見えるんですね。
仕様としてはゼッケンが100に変更されています。当初は高橋国光氏の100番
なのかと思いましたが、そうではなく100号記念の100なのですね。いずれにせよ
ホンダのF1マシンに100番のゼッケン非常に良く似合います。素晴らしいチョイス
です。そしてタイヤにはファイヤーストーンのマーク。時代を感じます
その他にも細かな所に印刷が施されています。素晴らしい出来です。
良いですよね~この当時のマシン。偶然にも数日前に発売されたHonda Racing
Collectionにもラインナップされております。もしお手元にございましたら
見比べてみてください印刷面では現在のトミカ格段に上だと思います。でも
何ともいえない味みたいな物がこのトミカから感じられます。
あまりたいしたコレクションを有していない我が家では本来場違いなのかも
知れませんが精一杯大切にしていこうと思っています。
S.Oさん、1次オーナー様、本当にありがとうございます。感謝です。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

イベントモデルの途中なのですが…その2

今回どうしても欲しかったモデルです。本当にありがたいことに
SNSにてひでPさんが共同購入してくださるとの情報を得て大変無理な
お願いをしてしまいました。昨日「店長のひとりごと」にて開催された
W.M.C.Cミーティングに参加されたひでPさんに届けて頂きました!
http://blog.livedoor.jp/hidepi_hidepi/
感謝感謝です。こんな素晴らしいトミカ入手することが出来ました。

コベルコクレーン株式会社オリジナル
CITY CONSCIOUS CRANE
PANTHER-250X(RK250-7)
2008122901.jpg
2008122902.jpg
(トミカ1394)
凄いこと凄いこと。実に良く出来てるんです。値段が値段だけに素晴らしい
出来栄えです。養さんが実は強烈な建機ファンなのです。というか仕事で
結構絡んでいたこともあるのですが。コベルコも全く知らない会社ではない
ようです…(恐るべし養さん!!笑)最初にこのクレーン車の情報が舞い込んだ
時養さんは値段など聞くまでも無く「購入!!」決定の早かったこと。笑
写真で見ただけだったのですが、その魅力は十分伝わってきました。
建機、重機のモデルって全体的に素晴らしくお高いのです。建機重機ファンの
方大変ですよね。でもショップなどに必ず飾ってある建機モデル。凄い良い
できで欲しいな~なんて思わせてしまう強烈な力持ってます。
でも所詮トミカじゃん!と言う意見が聞こえてきそうですが、いやいや!
侮る無かれ!!実に凄い出来なんです。手に取った時のズッシリ感。トミカ
超えてます。ついにトミカもここまで来たんだな~って感慨深く…。
実際トミカ1台の値段じゃないんですよ4台分の値段です。驚きでしょ。
でもね~後で買っときゃ良かったって後悔するのだけは嫌でした。
ありがたいことに我が家は反対する因子がありませんので、速攻購入が
決定しました。あ~~なんて楽しい、そして何て嬉しい。2009年色々な
トミカを購入しました、最後に非常に印象の強いトミカ購入することが出来ました
飽きさせませんね~トミカ!最高です。まだまだ印象深い子に出会えること
心待ちにしながら。ひでPさんに感謝しながら!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

イベントモデルの途中なのですが…

本日「店長のひとりごと」にてWMCCオフラインミーティングが開催されました
多くの憧れの方にお会いすることが出来非常に嬉しかったです。
何よりも皆さんとミニカーの話をできる。それが楽しい。今回も一杯
お話しすることが出来ました!!楽しかった。
本日はこんなトミカの紹介です。

25-2 光岡オロチ
2007.06~
トミカイベントモデル★No.28
2007.11
W.M.C.Cオリジナル赤オロチ
2008122801.jpg
2008122802.jpg
(トミカ1393)
W.M.C.Cで作った(といっても少しラベル貼っただけです。配布品です)
今回は製作に少し関わらせていただきました。楽しかったです。
いや~それにしても楽しかった。皆で盛り上がりました。
ミニカー交換会。そして、ビンゴ。下手な店屋さんより凄い子が一杯
やはりミニカー好きが持ち込むミニカーって…恐ろしいです。笑
そして何より店長!!美味しい食べ物一杯ありがとうございました。
今回は本当にお世話になりました!!ありがとうございます!!
又色々刺激されましたので、トミカ集め頑張っていけそうです。
よ~し。明日からもまた頑張って紹介して生きます。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

本日はNo10の紹介です。

今回のイベントモデルの特徴として若干古めのモデルをチョイスして
いるところ。非常に好感がもてます。っておぢさんだけでしょうか?
良いんですねこの時代。1970年代。非常に色々な流れがあり車もあっちに
うろうろ、こっちにうろうろ。非常に難しい時代だったんですね。
今でこそ大変評価されている車ですが実は当時こんな評価だったんです
皆さんご存知でしたか?本日は以外に知られていないこんな車の情報。

4-2 トヨタニュークラウンパトロールカー
1972.10~1975.12
トミカイベントモデル★★No.10
トヨタクラウンMS60(覆面パトカー仕様)
2008.08
2008122701.jpg
2008122702.jpg
(トミカ1392)
MS60今でこそ鯨クラウンとして非常に人気のある1台です。当時の車の特徴
でもありますが大きなボディーに似合わない以外にも小排気量のエンジン
この当時は3ナンバーの税金がめちゃめちゃ高かったこともあるのです。
一般の方は当たり前のように5ナンバーだったんです。ってことは1999cc
以下という事になります。
細かな仕様ですがこんな感じです。
スーパーデラックスであればフロア4速 1980cc ダッシュボードには角型3連
メーター 左からアナログ時計、スピードメーター、集合メーター燃料・水温・
オイル等。
フロントベンチシートであればコラム3速だったと記憶しています。
実は当時は名車ではなく迷車だたんですよ。当時発売されたセリカの成功を受
けて、クラウンにもスポーティなテイストをと臨んだトヨタ開発陣の読み違い
だったのか…そのシンボルマークである王冠の如く、市場を席巻する予定で
登場したMS60だったが、実際フタを開けると、極度の販売不振。理由は斬新的
過ぎた、スピンドルシェイプと称されるボディデザインにあったのです。
歴代クラウンの中で、唯一他社ライバル車に後塵を拝したクラウンそれが4代目
MS60型なんです。何と!!4年にてフルモデルチェンジ
こんな書き方すると聞こえが悪いですが、車自体が悪かったわけではないんです
よ、まだまだ国内ユーザーの感覚が、先進他国に比べて未熟だったからだと
いわれています。
しかし、この4代目が残した軌跡は大きく、クラウンとして初の3ナンバー車が
登場したり、(クラウン8は別格車として)オートドライブや、4輪ESCなどの
新技術が奢られていたり…何よりコマーシャルに吉永小百合が登場したこと。笑
日本全国のサユリストからは素晴らしい評価を得たことは間違いないと思います。
知らないよね!当時の吉永小百合さんの人気!ハンパなかった。笑
とこんな車なんです。
現在の評価が後世の評価と同じか、これは全然別のものだということですね。
さ、明日はどんな車が出てくるかな。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

最近思うのだが、この車両って…

ひょっとしてトミカの代表モデルなのかなって。一杯種類のあるトミカ
アピタなんてお正月って言うとこの車両発売になってる気がします。
しかし、色々な種類が発売されているのですが、どれもこれも素晴らしい
出来なのです。来年早々にもアピタで1/1初売りにて売られるそうです。
今回は微妙な仕様のようですよ。我が家は結構楽しみにしてるんですけどね
漢字が書いてあるらしい。笑 楽しみ楽しみ。あ!全然脱線してる。本日の
車両はこんな車両です。

TL0021 トヨタ2000GT
2002.09
トミカイベントモデル★★No.09
トヨタ2000GT
2008.08
2008122601.jpg
2008122602.jpg
(トミカ1391)
バンバン出るね~2000GT!!またね~良いんだこれが。何台か並べて
みたいな~なんて思ってしまう。ということで。ツーショット。
いい感じでしょ。イベントモデル2000GT2台です。
2008122603.jpg
素晴らしい!!いいね~~~!!
いったい何年前のデザインなんだい?
凄いとしか言い用が無いですね。しっかりしたデザイナーさんが作ったもの
ってしっかり残っていくんですね。今も尚トヨタでは2000GTを超えるデザイン
目標にしてるのでは…。そう思えてしまうのはおぢさんだけなのだろうか。
知り合いといっても、おぢさんのはるか先輩に当たる方。皆さんから見ると
そろそろおじいさん。この方が言ってました。前期方の2000GTは非常に乗り
にくい。その点後期型の2000GTは非常に乗りやすいとの事でした。
おぢさんはずかしながらこの時まで前期方と後期型があるの知りませんでした
外観ですぐ解るとのことです。ね~なかなかそこまで知らないよね。
当時2000GTに乗っておられた…めちゃめちゃ金持ちだよね。今なら家買える
らしいよ。凄い車だよね。おぢさんはそんな車の話聞くのも大好きなんです。
楽しいよね、おぢさんが知らない世界がそこにはあるんです。
お酒飲めないのでのんびりとトラジャコーヒーなんか飲みながらゆっくり
お話。あ~~いいな~~。又何処かで至福の時間送りたいものです。

今回紹介しているイベントモデル★★No.09以降は2008.08開催されたプラレー 
ル博inSAPPOROにて追加モデルとして発表されたものです。良いチョイスです。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

最近の入場記念品はTDMになっているんですね。

いや~長かったな。おぢさんずっと名古屋で配布されるの待っていました。
オークションなんかでも結構な安値で取引されていたのですが。我慢しました。
何故我慢する?という意見もありましたが。我慢しちゃいました。
名古屋で頂くときに楽しみなくなっちゃうもんね。4月から12月まで8ヶ月
まちました。やっといただいたよ。
さ、本日はこんなトミカの紹介になります。

TDMエレキトルネード
非売品 トミカ博入場記念品
2008.04
2008122501.jpg
2008122502.jpg
(トミカ1390)
このトミカこんなに一生懸命紹介するブログも珍しいと思うのです。
でもね~このブログの心情は1台1台トミカを大切にするなんですよね。
だから一生懸命紹介してしまいます。
イベントモデルにもあります。我が家でもイベントモデル先に紹介して
います。ホラこんな感じ。
http://youkei3298.blog43.fc2.com/blog-entry-885.html前回はイエローベースだった
んですね。今回の青ベースも良いですがイエロー
も良いもんですね。以前にも触れましたが、本来はアームが3本なんですよね。
モデル化されたときにはアーム2本に簡素化されてしまいました。
ま、とにかくモデル化されただけでも嬉しく思います。
次もTDMなのかな。結構楽しみにしてるトミカファンはおぢさんだけかも…
今回の名古屋トミカ博には現物のカニクレーンがありました。始めてみた。
結構小さかったです。あれなら少しの足場で活躍してくれそうですね。
何だかあれ見ただけで得した感じがしちゃいました。トミカ博やっぱ楽しい
ですよね。来年もやってくれるかな。楽しみに待ってますね!

さて、来年早々横浜でトミカ博が開催されますが、入場記念品が素晴らしいんです
放送中継車なんです。いいな~前回も確かそうでしたよね。いつも特別なんです
羨ましいです。しかし関東は遠い…残念だが行けません。又何処かで縁が
あるかもしれません。縁があったら我が家に来てね!!
本日からすこしの間トミカ博関連の商品紹介して行きます。宜しくおつきあい
下さい。では、本日はこんな所で。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

本日は珍しく箱つきの古い子の紹介になります。

珍しいよね。本日は青箱紹介して行こうと思います。めったに無い
珍しいぞ~このブログで箱つきの古いオリジナル物。クリスマスイブ
だしね。実はクリスマスのプレゼントに養さんから頂きました。嬉しい
楽しいクリスマスが迎えられそうです。
皆さん今頃楽しんでるのかな?おぢさんは間違いなく残業です。笑
さ、本日のトミカ行きましょう。こんな子の登場になります。

F25-1-7 ロータスヨーロッパスペシャル
1977.07~1981.12
2008122401.jpg
2008122402.jpg
(トミカ1389)
いいでしょ!良い感じ。おぢさんの最も好きな車ロータスヨーロッパ
実に良い。実車でも最も好きな車です。本当に走るためだけに作られた
車両。走りに関係ないものあまりついていません。そこが又魅力でもある
クーラーなんて必要ない。そんなのつけたら重くなっちゃう。そんな所まで
徹底的に簡素化された素晴らしい車両です。ま、実車のインプレッションは
ヨーロッパのHPで十分ですね。おぢさんはトミカのブログですからトミカを
紹介して行きます。
このヨーロッパなんですが箱は比較的やつれています。しかし中の商品は
非常に素晴らしい状態です。白金のツートンは2種類あるんですね。この
車両は後に発売されたバリエーション7です。何処で見分けるか。結構
わかりやすいんですよ。ボディーサイドにユニオンジャックが付いている
んですが大きいのが1小さいのが7なんです。しかしどちらでも良い。この
ツートンが非常に欲しかった。いいでしょ!凄く嬉しい1台でした。
これから少しづつ集めていこうかなって思ってます。時間をかけてね。
いっぺんに集まったら面白みがなくなっちゃう。少しづつ少しづつ…
あ~やっぱりトミカは最高に面白い。

今日はクリスマスイブですね。皆さんにも良いクリスマスが訪れます
ように。メリークリスマス!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

こんなものまで出てくるんですね。

本日紹介すのも一昨日手に入れた救済君です。う~ん
考えてみればこの種類はもっと出てきてもおかしくないはずなんですが
不思議と出てこないのです。購入の対象が子供ではなく大人なのかな?
コレクターアイテムとして定着しているのかもしれませんね。
本日はこんなトミカの登場になります。

東京ディズニーランドライド
グランドサーキット・レースウェイ
Disney Vehicle Collection
2004.09
2008122301.jpg
(トミカ1388)
後ろのオンボロクルーザーも今回60円で購入してきた子です。笑
2008122302.jpg

珍しいです。ディズニー物なかなかでてこないんですが今回は
こんな子が出てきました。我が家は現在収集していませんが
60円ですから購入しても全然問題無しですね。このディズニー物
我が家には全然縁がないのです。ディズニーランドを訪れることが
無い我が家。う~ん何だか大元のディズニーランドに縁が無いから
なんでしょうね。そういうおぢさんの周囲にはやはり同じような人が
集まる。友人も行かないのでお土産も来ない。笑 そんな悪循環が
現在の状況を産んでしまいましたね。笑 全然トミカ嫌いじゃ無いんです
出来も良いし、単価が高い分素晴らしい出来ですもんね。
店長のお店にもたくさん展示してありますが、実に美しい。
ディズニートミカの場所だけ華やかに見えるのは気のせいでしょうか?
本当にトミカ奥深いな~。広いジャンルがそこには広がっているのです。

さてフリマなんですが、
当然といえば当然子供さんが遊ばれた遊具がメインな訳です。
フリーマーケットって本来そんなものですよね。、しかし最近は
どうもそうではないようです。要らない物一杯並べても、やはり
あまり売れない、そこで売れ筋を並べる。新しく傷の少ない物
そこにはおぢさんたち少し古くて「あ~あ」見たいなトミカは並ばなく
なってくるんです。実はそんなトミカ皆探してるんですけどね。なかなか
難しいものです。やはりおぢさん達の欲しいものは世間ずれしてるのかも
しれませんね。笑 しかしめげずに今後も探していこうと思ってます。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

名古屋ではトミカ博が開催されています、なのに…

我が家ってマイペースだね。皆さん一生懸命お子さん連れて吹上で開催
されているトミカ博に朝早くから向かっています。我が家は別の所に
向かっているのです。フリーマーケットに行こう!!笑 何やってんの?
って感じですね。笑 我が家いつもこんな感じでマイペースなんです。
名古屋市の東の外れ名東区藤が丘駅近くで開催されました。
今回も養さんにガサガサして頂きました。5台ほど購入してまいりました
5台で300円でしたので、1台60円ですね。そんなものです。その5台の中から
紹介ですこんな子がやってきました。

31-3-1 スバルサンバーハイルーフパネルバン
1985.02~1994.10
2008122201.jpg
(トミカ1387)
良い味出していませんか?おぢさんお気に入りだ~~!!
新しそうに見えて結構古い子なんです。初期の子ですので20年くらい
たってると思います。成人式かな。笑 良い子がやってきました。
おぢさんが好きな軽トラです。たまたまなんですが我が家にいなかった子
なんです。バリエーション番号が1番う~~これはラッキー。素晴らしい子が
やってきました。今頃皆凄い人混みの中でイベントその他に一生懸命なんだろうな?
トミカ博は又今度、トミカファンとしては少し外れた行動でしょうかね。笑
我が家はいつもマイペースなんですよ。こんな感じが良いのです。
お陰で大好きな軽トラが我が家にやってきてくれました。行ってよかった。
60円は安いでしょ!何だか嬉しくなってしまいました。まだまだフリマは
良いものが眠っていると思うのです。こまめに通わなきゃね!うんうん。

さて、今回トミカ博が開催されている吹上ホールなんですが、街の中にあって
非常に良いのです、しかし難点は駐車場がそれ程確保できていないという事。
今回も吹上ホール周辺は大量の車が路上を埋め尽くしていました。そして
駐車場に入ろうとずっと待ち続ける車そして車。う~~ん。こりゃ次回ここでの
開催はないな…そう思ってしまったおぢさんです。
使用料に関しておぢさんたちが知る由もありませんが、色々なイベントが
港から吹上に変更されている所を見ると、値段的にも問題があるのかも
しれませんね。しかし利用者は港のほうが使い勝手が良いかもしれません
駐車場も大きいしね。なかなか会場選びは大変なんでしょうね。個人的には
レインボーホールお勧めです。あ!今は日本碍子ホールだったね。あそこなら
駐車場もしっかりしてるし。良いとおもうんだけどな~。何処も会場選び苦労して
いるんだろうな~って思います。やっぱ港に戻ろうよ。吹上は辛いです。
明日も救済君行こうと思います。では、又明日。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

昨日発売された車両紹介して行きましょう!

最近は紹介というより、新車を消化しているって感じが強いです。
次から次に発売されるトミカ達。あまりの量にすこしビビリ入って
ます。今年は最後になるのかな大スーパーオリジナルトミカ。
最近はトミカ自体の出来があまり良くなく非常に困った状態が続いて
おりました。しかし、少しですが塗装に関して解消の傾向にあるように
感じられます。今回発売されたトミカもOKラインだと思います。
さ、今回はどんなトミカが発売されたのかな?こんな子が登場しました。

8-5 日産スカイライン
2002.02~2007.09
AEONオリジナル
捜査用パトカーコレクション第4弾
2008.12
2008122101.jpg
2008122102.jpg
(トミカ1386)
今回のスカイラインですがどっちのバリとして登録したらいいのか
わかりません。とりあえず8-5で分類しておきます。ま、周囲の流れを
見ながらおいおい修正していきましょう。ということでこのブログが
資料にならないことが暴露されました。笑
さ、今回の車両について少し見てみましょう。
少し厚塗り感はありますが、前回のトヨタ車のようにプラスチックパーツと
合金パーツの色むらが出てしまったりと非常に出来の悪いトミカが続いて
おりました。今回辺りから一気に出来が変わってきてるように思うのです。
やはり前回の粗悪が相当響いてるのかもしれませんね。若しくは中国産
仕事が無くなり単価下げてきたのかな?そして中国生産に戻りつつある…
それはないかな。一度工場作ったら後戻りは出来ないもんね。
Vも頑張ってるんだなと思いたい。これから年度末までが多くのトミカを
製作することになるわけですね。ここでノウハウを手に入れれば裏板が
Vに変わる日も近いかもしれません。又新たな裏板登場を今か今かと待ちわびる
トミカファンなのでありました。

東海地区の皆様はもうトミカ博いかれましたか?連日OPEN時間が早まるほど
人気を博しているようです。噂によると今回組み立て工場大量注文システム
なるものが存在しているようで係員の方に注文書お渡しすると待ち時間込みで
製作していただけるようです。非常に良いシステムですね。私達多くを
欲しがるトミカファンには非常にありがたいことです。トミカ博名古屋は
第一弾日産スカイラインGT-R(R33)、第二弾Honda NSX-R、第三弾トヨタ
ハイエース。以上3種類我が家は例のごとく3台づつ合計9台。これ並んでたら
半日で終わるかな?ということでシステム活用です。宜しくです!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

こんな新車も出てたんだ!いや~トミカ恐るべし!!

でもな~見つけちゃったんだ物。しょうがない。買うしかないじゃん
ということでやっぱり買っちまいました。最近の傾向としてこの抱き合わせ
という商品に弱いということが解りました。笑 すっかり抱き合わせ
スペシャルが続いております。ドンだけ買うんだ~!!そしてどんだけ
売るんだ~!!もうそろそろ辞めようよ~出たら買っちゃうからさ~。
お願いですからやめてください…でもちょっと楽しみ。笑
本日はこんなトミカの紹介になります。

66-2 ふそうトラッククレーン
1977.03~
トミカわいわいDVD ぼうけん編1
DVDオリジナルトミカ 
オリジナデザイン
2008.11
2008122002.jpg
2008122001.jpg
2008122003.jpg
(トミカ1385)
すいません!出来心です。ついつい買ってしまいました。笑 やっぱ
弱いんですね~抱き合わせ商品。そして何より箱に書いてある文字。
Not for Saleこの文字に弱いんです。これ見ると欲しくなってしまう。
最近日本全国に新作トミカ情報をいち早く流してくれていた業者も廃業
され、トミカファンに統一した情報源がなくなってきているのも事実です。
各々の情報収集能力が試される時代になってしまいました。
そんな中SNSが大きな威力を発揮し、我々情報源の少ないものにとって
救いの神になっています。しかしそこでも全ての情報が手に入る訳では
ありません。皆さんの収集範囲であったり、好みであったり全てをSNSの
巨大な情報網の中から探し出すことは不可能に近いのです。ですのでこんな
トミカがあまり注目を浴びずに発売されていることもあるんです。抱き合わせ
商品は価格設定が高い所にあり、必然的にスルーされる方が多くなります
何処かで誰かが紹介しないとこのトミカも浮かばれません。
ということでおぢさんが紹介しておきます。お年玉の時期も近づいてきました
是非買ってあげてね。と、お年玉を出す側からのお願いでした。
本日も無事トミカ紹介できました。良かった。明日も無事紹介できますように。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

あ~やっぱり我慢できませんでした。

って言うか、もう随分前に購入していたのです。やっぱりこのシリーズ
買い逃しが出来なくなってしまいました。そしてまた出るは出るは…。
こういったドラマってワンクール1年ですかね。すると来年の4月までに
どれだけ出せるか勝負ですよね。まだまだ行くんだろうな~こんなことで
終わるタカラトミーさんではないと思っているおぢさんです。
本日は非常に美しいトミカを紹介できます。嬉しいね!良い感じの1台です
こんな子の紹介になります。

レスキューフォーストミカシリーズ
コアストライカーマックス
ファイヤーバージョン
トミカヒーローレスキューフォースDS限定版
2008.11
RFT-15 コアストライカーマックス
2008.09~
2008121901.jpg
2008121902.jpg
(トミカ1384)
やっと来ましたね。ちょっと紹介までに時間が掛かってしまいました。
実に素晴らしい色です。この奥深い色。改めて中国の技術向上したこと
実感できます。素晴らしい!最高の色合いに仕上がってます。
この時点で何とかレスキューフォーストミカはコンプリート出来ております
ありがたい事です。縁があったんですね。ここまで来ると最後まで頑張って
見たいと思うのです。そしてそこにはこんな大物が立ちはだかる事に
なるのです。それはこれ!!トミカヒーローショップ オリジナル第3弾
金のコアストライカーマックス!!やばいです。これどうやって手に入れような
結構頑張らないと入手難しいかもしれませんね。何とか頑張ってみます。
我が家にやって買い!レスキューフォーストミカ。待ってるぞ~!!

しかし、ここの所のトミカの発売の凄いこと。一時期のチョロQの発売ラッシュ
のようで怖いですね。これが逆効果にならなければ良いのでが…あまりの
発売台数にトミカ離れなんてことになりませんように。殆ど毎日のように
新たなトミカが発売になっています。明日もイオンオリジナルの発売日に
なっております。う~~。出し過ぎだって。でも何とかついていってる
我が家です。それもリミテッド、リミテッドビンテージに手を出していない
お陰なのでしょうね。全て行ってたら確実に破綻です。やはりどれかに
絞る買い方が必要なのかもしれませんね。買える余裕がある方は全然OK
バンバン購入して下さい。私達が購入できない分宜しくお願い致します。
う~んしかし、まだまだ発売予定が目白押しです。取り合えづ年内乗り切ります
頑張れ~トミカファンの皆さん!目の前にある大きな山を越えよう!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

これまたラッキーな1台が手に入りました。

この車種もトミカの中では多くのファンを抱える1台です。トミカにも
当然ですが素晴らしくたくさんのバリエーションが存在するのです。
もう22年も経過してしまったんですね。いや~時が経つのは早いもの
です。今日もまた救済君ですが探せばあるものですね!といっても
今回は探して入手した訳ではなくまとめて仕入れた際一緒に混入されて
いた1台なのです。ダンボールとかにまとめて入っていると何があるのか
解らずに購入することになります、多くのダブりも生むのですが、なにが
出てくるかというワクワク感なんとも楽しいものです。
本日はこんな救済君の紹介になります。

20-5-1 ニッサンスカイライン
1986.12~1990.05
2008121801.jpg
(トミカ1383)
比較的新しいのでミニカー大百科の方には記してないかなと思い、最初
からトミカバリエーションノートの方から調べだします。しかしここに
掲載されている車両の中に同じ仕様の車がないことに気づきました。
バリエーション番号1だけがバリエーションノートに記載されていないのです
「まさかな」と思いながらミニカー大百科を見てみるとなんと、この車両では
ないですか。あらら~20-5はこの1台から始まったんですね。22年前のお話
になります。
ね、救済君でも十分古いトミカ味わえるでしょ!古いトミカの保護と収集
一石二鳥ですね。こういったメチャメチャ古いというわけではないトミカ
なんですが一箱いくら、とかいう感じのまとめ売り物に含まれている可能性が
高そうです。トミカ詳しい方が売られていると間違いなく我が家が購入できる
ラインを超えてしまう金額が設定されてしまっています。処分品でないと
無理ですね。したがって品質はあまり良くないものばかりです。
そんな物好きなおぢさんがいないと古いトミカも浮かばれませんよね!
そんな姿勢がトミカにも解るのか、最近は一杯集まってきます。有り難い
事です。これで古いトミカ楽しませていただいてます。ふるい美品購入して
たら新しく発売される大量のトミカ購入絶対無理ですもん。
やはり両方は無理ですよね。皆さんもマイペースに楽しんで行きましょう。
これが正しくて、これが間違ってるなんて、絶対ありません。自分が良いと
思う方法で収集するのが最高にいいのです。マイペースで行きましょね!
さ、本日はこんなもので。明日は新しいトミカいきます。では。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

オンボロ出て来い!!笑

なんて改めて言わなくても、毎度オンボロトミカが登場してくる養鶏
でございます。しかし尽きることなく出てくること出てくること。
まだまだ実は山ほどオンボロ救済君のストックはあるのです。
今日の救済君本当にわかりやすいバリ見分けなんですホラねこんな感じ。
わかりやすいでしょ。本日はこんなトミカの登場になります。

52-1-14 日野ダンプカー
1973.06~1989.03
2008121701.jpg
(トミカ1382)
ざんねん!リアのあおり欠品です。ま、しかし養鶏では全然珍しくない
これくらいではめげない。救済君なんだからこれくらいはまだ全然良いほう
もっとひどい子一杯います。
さ、バリ訳に行きましょうね。
紫色です。ということで14です。笑 この色一種類しかないんです。解り
やすいですよね。しかし残念だな~もう少しで完品だったのに。
この日野ダンプカーですがトミカが一番悲しく力が抜けている時代です
ね。運転台フロントガラスの中からっぽなんです。コストを何とか削減
しようとするトミーさんの努力がわかりますね。おぢさんもトミカ集め歴
長くないので詳しくありませんが、トミカにも全く売れない時期があった
そうなのです。今では信じられませんね。出すもの出すもの全て売れてる
今では全く考えられない暗黒の時代があったそうなのです。今のチョロQ
みたいな感じでしょうか。多分その時代の物なんでしょうね。は~その時代に
トミカファンやってたかったな。一杯買い捲ってやったのに。残念!!
そう考えるとおぢさんなんてトミカ発売から買おうと思えば買えたのです
あ~~残念だな。でも、だからこそ今めちゃめちゃ楽しめてるんだけどね。
まだまだつづくぞ~おぢさんのトミカコレクションは。

そうそう、売り切れてた日産オリジナルGT-R本日日産ギャラリーに入荷
したそうです。しかしいくつ入荷したのかお姉さん全然教えてくれないん
です。かたくなに口が堅いお姉さん達です。まだ購入してない方チャンス
です。店頭に並べるほどはないのだそうな。急げギャラリーへ!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

しまった!バリが最も見にくい車両かも…

う~よりにもよってこの車両選ばなくても良かったのにね。なんとなく
目に付いた子、ほいって選んだのがこの子でした。それが何とクラウン!
ぎょえ~。最も種類が多くバリエーションもメチャメチャ微妙な車種
選んじゃいました。仕方ない選んでしまった以上なんとか解決したい。
いま、少し参考書見てみたのですが、頭が痛い!!笑 殆ど一緒じゃん!
あ~先が思いやられる。でもめげないのがおぢさんのすごい所。笑
本日はこんな車両を紹介して行こうと思います。よろしく。

55-5 トヨタクラウン
1988.07~1992.09
2008121601.jpg
(トミカ1381)
さ~早速行って見ましょうか!何処からかかりますかね。
一番見分けやすいのが色ですね。我が家にやってきた子はシルバー系です
参考書には1~15までのバリエーションが掲載されています。このなかで
シルバー系の車両は、2.5.8.12.15の5種類になります。基本的のこの車両
のオリジナル色は白でしょうね。ということで1/3に絞られました。
さ、ここからが問題ですね。次は何処見て行きましょうね。
そうか!これ日本製ですね。ということは15は中国製ですのでこれも消えます
2.5.8.12の4台に絞られてきました。
ウインドーカラーにも注目してみましょう!完全にクリアーです。
5番はモス。ウインドーに色がついているんですね。ということで5も
外れることになります。さ、2.8.12の3台に絞られました!!
この車両のシルバーなんですが、二種類あるんです。メタリックシルバーと
メタリックグレー。メタリックグレーは若干アオ系のグレーです。どう見ても
メタリックグレーではありませんね。ということはメタリックグレーの2は
消えていきます。さ~8.12に絞られてきました。
さ~ここで問題8.12は殆ど区別がつかないのです。★黒色ラインタンポの意味が
良く解りません。ここまでですね。救済君の限界ですね。
ま、しかしここまで解っただけでも凄いことです。どちらにしてもギフトセットの
中身なんですね。カーキャリアセット2。の中身となります。
ま~しかしここまで良く調べたものです。やはり森山さんは神様ですね。
素晴らしいです。あ~本日も仕事の疲れを癒してくれるトミカでありました。
非常に楽しかったです。さ、明日は何が出るのかな?又明日。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

相方の紹介になります。

赤白車の相方になります。久しぶりじゃないですか?こういった形の
一般的な車両投入は。トミカショップオリジナルというとどうしても
マニアックな車両が投入されるイメージがあります。ファミリーカーか。
これもたまには良いものですね。あまり続かなければこれもまたヨシです。
本日はこんな車両の登場になります。

107-6 トヨタヴォクシー
2008.02~
トミカショップオリジナル
2008.12
2008121402.jpg
2008121404.jpg
(トミカ1380)
トヨタヴォクシーごめんなさい。詳細解りません。笑
年齢でしょうか、ファミリーカーが入るほど周囲に人がいません!笑
冗談はこの辺りで。本当に詳細があまり解りません。ということで
トミカショップのお話でも!
18台目の登場ですね。本当にあっという間ですね。最初に発売されたのは
2005年8月3年も経過しているんですね。早いものです最初のシリーズが
売りに出されたときは本当に憧れました。東京の方はいいな~って、いつも
思っておりました。養さんが出張に行って帰りに購入してきてくれたトミカ
本当に嬉しかった覚えがあります。それでもトミカショップのポイント100点
で交換していただけるトミカは夢のまた夢です。オークションで手に入れる
しかない。夢のトミカでしたね!トミカショップオリジナル実に酷な代物でした。
そして何よりトミカショップでは通信販売してくれないのです。名古屋から
東京は早々いけるところではありません。は~~もう集まらないな…
と思った矢先、何と名古屋にトミカショップが出来たのです。びっくり何て
ものではありません。次は絶対大阪だろうな、名古屋は飛ばされるに決まってる
と思っていた所に名古屋出店の情報!!これには驚きなんて物ではありません
もうひっくり返りそうなほど嬉しかったです。そのときはまだ100P交換トミカ
初代が生きておりました。かろうじてオークションを利用することなく手に入れる
事が出来たのでありました。トミカショップが自分のテリトリーに出来る
嬉しいことですね!!現在はその贅沢に慣れてしまったんですね。これはいけない
やはり現在オリジナル以外は量販店の方が安く変えます。どうしてもそちらに
足は向いてしまいます。難しい物ですね。トミカショップはタカラトミーの
アンテナショップですから商品から値引きは難しい。なかなか歯痒いでしょうね
これから先も出来る限り購入しに行きます。宜しくお願いしますね!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

そろそろ皆さん紹介し終わり落ち着いた模様です。

うちはいつも後々で紹介になります。凄く贅沢な話なのですが、名古屋に
トミカショップが出来たお陰でいつでも買えるトミカショップオリジナル
トミカとなってしまいました。当初はおぢさんが出張のない仕事をしている
せいで養さんが東京に行くときにまとめて購入して来ていただく。これしか
手に入れる術が無かったのです。憧れのトミカだったんですね。
今では昼休みにちょいと、って買いに行けるトミカになりました。贅沢な
話です。今日明日はこんなトミカの紹介となります。

76-5 いすゞギガダンプカー
2007.09~
トミカショップオリジナル
2008.12
2008121401.jpg
2008121403.jpg
(トミカ1379)
何だか、オリジナルよりも良い仕上がりになっていませんか?笑
おぢさんこの方が好きだな~!!やっぱりトミカは空想物、ありえないぞ!
が良い感じですよね。
さて、オリジナルトミカについてです。
今もトミカショップは全国に3店舗しかありません。TOY KINGDOMという
トミカショップサテライトも4店舗(千葉富津、茨城石岡、長野諏訪、栃木)
と全てあわせても7店舗。果たしてサテライトでこのトミカ売っているのかどうか
は解りません。関東圏に集中ですね。何とかサテライトだけでも全国展開できない
ものでしょうか?こんな時期ですからなかなか難しいものがありますよね。
経営が悪化しても問題ですので、無理のないように全国のトミカファンの為に
オリジナルが手に入る状態を作っていただけること願っています。
(特に、北海道、九州。何とかしてあげてください)
過去にはこんなオリジナルトミカが発売になっています。みなさん何種類お持ち
ですか?
●トヨタ スプリンター・トレノ
●Honda フィット
●日野 プロフィア
●スバル インプレッサ WRX
●三菱ふそう エアロクィーン
●ダイハツ ミゼット
●マツダ RX-8
●三菱 i
●オフロード ダンプ
●イベントカー
●マツダ RX-7
●トヨタ カローラ・レビン
●日野 セレガ
●日産ディーゼル クオン ミキサー車
●三菱 ランサー エボリューションⅦ GT-A
●日立建機 ゴムクローラキャリア EG110R
今回2種類発売になっておりますので、全18種類となりました。もうすっかり
手に入りにくくなってしまった機種もありますが、皆さん集めてみませんか?
赤白のなかなか綺麗なものばかりです。
初心忘れるべからず!今後も発売されるの楽しみに待っています。
おぢさんの楽しみの一つでもあります。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

まだまだ紹介していないトミカが一杯!

来年の1月1日で4年目に突入するこのブログです。しかし全然紹介しきれて
いないのです。なんとま~トミカの種類の多いこと!!驚きです。
当初からオリジナルトミカをあまり真剣に紹介していなかったこともあり
なんだか全然紹介しきれてないんですね。ふわ~。
最近は救済君一生懸命集めてますので、それ使いながら紹介進めて行こうと
思っております。まず手始めにこんな車両行ってみましょうか!

104-2-1 日産シーマ
1989.08~2000.12
2008121301.jpg
(トミカ1378)
日本製。最初に発売されたものですね。オリジナルオリジナル!
参考書トミカバリエーションノートによれば、104-2-5以降は中国製になって
いるようですね。お!このトミカって結構長い間発売になっているんですね。
発売されたのが1989年ですから11年発売されたことになります。なかなかご長寿
トミカだったんですね。しかし8年も前に絶版になってしまったんですね。
トミカはこうしてどんどん新しくなっていくのです!!
現在は何とオートバイに変わってしまっています。トミカの歴史感じられます。

昨晩のトミカ出所が判明いたしました!う~胸のつかえがおりました!笑
何だか解らないと気持ちが悪くないですか?
結局こんな所から出たものでした。
TOY KINGDOM
トミカ ハイパーレスキューシリーズ3,000円以上購入「HBP-04 ブルーファルコン」
・「HR-06 機動無人放水車」この機動無人放水車はトミカショップにも置いてありました
ので知っていましたが、ブルーファルコンは知りませんでした。いろいろな店舗で
色々な限定品が出ているんですね。トミカはやっぱり奥が深いのです。
何だかこれも抱き合わせなんですよね…考えさせられるな~~複雑。
今もまた非売品NSXなるものが発売されている現実!つらいな~。一杯出しすぎ
だって!!タカラトミーさんお願い。もう少し抑えてください。よろしく。
以上本日はこんな所で終了としましょう。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

これって何ですか?何かの景品ですか?

ごめんなさい。どなたか情報お持ちの方おられましたらお教え下さい。
調べてみたんですけどね…これといった情報を手に入れることが出来ないのですよ
なんだろう?銀メッキだからトミカショップとか、トミカ博とかのイベントの
景品なんでしょうかね?おかしいな??そんな情報全く聞いてないんだけどな?
お仲間ブログ、お仲間Web見ても殆ど登場していない??う~わからん。
本日こんな子の紹介です。

トミカハイパーシリーズ特殊小型ジェットヘリコプター
ハイパーブルーポリス  HBP04ブルーファルコン
2007.09~
ブルーファルコン銀メッキバージョン
2008.09
2008121201.jpg
2008121202.jpg
2008121203.jpg
2008121204.jpg
(トミカ1377)
これね~値段安かったの。違うトミカが欲しくてついでに購入してしまいました。
あの値段から行くと、相当流通しているんでしょうか?おかしいな?情報が
ないな~。大WebのBBSなどでも全く触れられてないし???不思議だな~。
そういうときは後で大量に出て来るんだと思う。笑 最初は珍しいもんね!
しかし、何の景品なんだろうね?全くでてこないんですよ。
明日辺りには情報が舞い込むかな?お宿の方ならご存知なのかも。明日メール
してみようかな?あ~~気になる。解らないときになる。

全体の作りはトミカイベントの景品と同じですね。
ナンバーですが、I1908です。ってことは2008.09.19発売ですね。このあたり
何か開催されてましたかね?そして箱には非売品。なんだかどう見てもイベント
景品ですよね。情報が手に入らないようでしたらトミカショップに行って
店長さんに聞いてみようかな?やっぱり気になってしょうがない。笑
本日は情報のない新しいトミカの紹介でした。
些細な情報でも構いません情報待ってます!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

昨晩のトミカに比べると比較的簡単に入手できました。

救済君の連投になります。ごめんね、勝手に楽しんでます。自分はバスのこと
あまり良く知らないのです。現物知らないから逆にトミカのバス魅力的に思える
のかもしれません。トミカを集めだしたときバス、パトカーに手を出したら
後に引けなくなるぞ~って。それどころか今はトミカ全てに手出してます。
確かに後に引けなくなってしまってますね。笑 おぢさんは以外に物事に飽きない
タイプなんです。きっとこれからもずっと集め続ける事でしょう。
ここで教訓です。これに手を出したら後に引けなくなる種類、っていうより
トミカに手を出すともうそれは大変なことになるという事です。笑
恐ろしいですね、トミカの魅力。
さ、本日はこんなトミカの紹介になります。

41-3-1 日野レインボースケルトンバス
1981.07~1988.10
2008121101.jpg
(トミカ1376)
このバスについて調べてみようといろいろ見て回ったのですがあまり情報が
掴めませんでした。もし詳しい情報お持ちの方見えましたらコメントお願い
いたします。やっぱ、素人ではバス情報集めるのは非常に難しいです。
高原書店にいてバス雑誌でも買って勉強しないとだめかな…
何だか無知だな~とつくづく感じられます。勉強不足!!

バリエーションノートには27までありますね。うむ~流石にバスですね
オリジナルがいっぱい出てるんですね。殆どがオリジナルなんですね。きっと
中国製になっても出てますよね。いったい何台くらい出ているんでしょうね。
その沢山出ているバリエーションの中の1を手に入れる事が出来るのは非常に
嬉しいことですね。確かに年代は新しいですが関係なく嬉しい。
おぢさんのように、最近トミカを集めだしたものにとってオリジナルが手に入る
喜びはいつもかわりませんね!
最近結構集まってくるんですよ。救済君ばかりなんですけどね。笑 類は友を呼ぶ
昔の人は良く言ったものです。仲間が一杯いる所には、又新しい仲間がやって
来るんですね!長い間トミカ収集している人も一度はあるのでしょうか?
一気に集まる時期。我が家は今それがやってきてるような気がします。
お金かけづに集めるのも面白いものですね!無理しないようにのんびりマイペース
に収集続けていこうと考えています。逆にそれが長く続けていく為の条件の
ような気もしてきました。細く長くで行きましょう!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

あ~惜しいな!幌どこかにおいてきちゃいました。

ま、救済君なんで完品はなかなか難しい。何処かで又手に入ったら幌だけ移植
って手もありますね。でも我が家の救済君らしくて良いか!良い子が来たこと
まちがいありません。よいよい。
おぢさんは、軽トラトミカが大好きなんです。このトミカが完品であれば言う
事無しだったんだけど贅沢言っちゃいけません。良い味出してますね~
それもそのはず古いこと古いこと。トミカ発売になってスグくらいにリリース
された商品なんですよ。欠品も仕方ないなって感じでしょ?
本日のトミカこんな子の登場となります。

18-1-2 ホンダTN360トラック
1971.08~1974.10
2008121001.jpg
(トミカ1375)
良かった、バリエーションの見分けに幌がありませんでした。笑 幌どこかに
置いてきちゃった子ですから。決しておぢさんがどこかに忘れてきたわけじゃ
ないんです。長い間遊ばれてるうちにどこかに行っちゃったんですね。
しかし本体は比較的綺麗です。良い子が来たものです。さ、本日のバリエーション
の見分けかたです。今回は外観的にそれ程違いがないんですねということはまずは
ホイールですね。おぢさんが手に入れた子は1Eホイール。1Eホイールは2.3.5の
3種類です。次は何処を見れば良いのかな。なになに?裏板行ってみましょう。
1Eホイールの中で5は1974刻印が入っています。見たところ入っていませんね。
この時点で5は消えました。すると2か3ということになります。
この2と3の見分けかたなのですがドアラインのありなしです。ドアラインが
あるほうが2、ないほうが3ということになります。どうもこの車両にはドアラインが
存在しています。したがって初期のモデル2と判断いたしました。
1971年トミカが発売されてわずか1年目に発売されたモデルの初期型、後期としても
1974年。本当に初期のモデルだとすると37年前のモデルということになります。
37歳ですよ。もうすっかりおぢさんでございます。笑
こうしてみるとトミカって本当に歴史ありますよね。凄いことです。

最近少し仕事が忙しすぎて…贅沢な話なのかもしれませんね。色々な会社が不況の
どん底にいる現在、忙しいだけでも幸せなことなのかもしれません。
もう少し頑張ればお正月休みがやってきます。頑張っていきましょう!
皆さんもふんばれ!もう少しだぞ!ここを乗り切ろう!苦あれば楽あり!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

何だか相当気に入ってるな、って感じ出てますね。

このシリーズも何台目になるのでしょうね。ベースになってる車両はこれに
決まってきましたね。確かに可愛いキャラクターにこの車両は非常にマッチ
しているように思います。おぢさんは非常に無知なので良く解らないのですが
名古屋にもあるんですかね、blender of tinkerbell。これって何屋さんですか
誰か教えてください。何でここがいつもトミカ出しているんですか?
あ~わからない。さ、本日はこんなトミカの登場になります。

109-2 バヤリースイベントカー
1997.07~
blender of tinkerbell
テヅカモデルノ・アトム&レオ
イベントトラック2008
2008.12
2008120901.jpg
2008120902.jpg
(トミカ1374)
blender of tinkerbellて何者ですか?名古屋にあるんでしょうか?
そこはおぢさんが行っても良いところ?全然解りません。
前回はヤッターマンでしたね。今回はアトムです。テヅカモデルノというくらい
ですのでこのキャラクターは当たり前ですかね。しかしまたなんでこんなに寸
足らずになっちゃったの?思いっきり可愛いキャラに変身してますね。
しっかし凄いのがこのイベントカー。もう何種類くらいあるんでしょうね?
我が家には全てありませんのでどれくらいあるのかおぢさんには検討もつきません
きっと凄い数だぞ~。これだけ並べても綺麗かもしれませんね。魅力的です。
ちょっと集めちゃおかななんて思ったりして。いかんいかん。これ以上対象広げて
何とする!!笑 ま、しかし無理しないように集めて行きましょう。

しかし今月のトミカの発売台数の多いこと。年末は毎年実に大変です。ことしも
無事乗り切れると良いなと思っています。
でもトミカ121~130番が来年に持ち越されて良かった。少し伸びただけなんです
でもなんとなく、気分的に楽になった気がします。でも発売されれば間違いなく
購入は決まりです。あ~なんとこれだけでほぼ1万円ですね。あ~~なんともはや…
しかし噂ですが、まだまだ伸びていくと…何処まで行くんだろう?
どこかキリの良いところで辞めとこうね。バブルはじけちゃうぞ!!笑
う~んトミカは現在バブルですな~。のめりこみ過ぎないようについていこう。
もうすぐトミカくじが発売されちゃう。これまた豪華絢爛。カーズです。1万円
超えでございます。くわ~~。でももう予約しちゃったしな。笑 憂鬱半分
ワクワク半分でございます。微妙ですな~~。ホンダレーシングコレクションも
発売控えてます。何だかホンダに関しては悲しい気がしてならないが…
年末までにトミカだけでどれだけ出費があるのだろう?あ~絶望的です。

忙しさにかまけてどんどん日にちが過ぎていってます。色々やることが多すぎですね。
頑張って片付けていきましょう。皆さん身体に気をつけましょうね、インフルちゃんが
攻めてきてますよ。くわばらくわばら。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

お!なんだこれ。こんなものが手に入りました。

って、結構以前に手に入れてたんだけどね。なかなかどのきっかけで紹介
して良いのか全然解らなかった。いつまでもテーブルの上に置いていては
せっかくのトミカが勿体無いじゃないですか。ここは思い切って紹介です。
今回のトミカを含めこのシリーズは異常なほど抱き合わせであったり、限定品
であったりが多いのです。トミカファンは何とか収集しているのでしょうが
フルコンプリートはなかなか至難の業である。思った以上に難しいのだぞ。
本日はこんな車両の紹介になります。

レスキューフォーストミカシリーズ
トミカヒーローショップ オリジナル第2弾
レスキューセイバー限定ゴールドバージョン
2008.09
RFT-08 レスキューセイバー
2008.08~
2008120801.jpg
2008120802.jpg
(トミカ1373)
商品の詳細を説明してみます。

全国のトミカヒーローショップにて、レスキューフォース商品2000円分を
買うことでもらえた限定レスキューカード3枚(2008年7月下旬分
「ターボセイバー」、8月下旬分「ドーザーセイバー」、9月下旬分「R1マックス」
)を揃えると、トミカヒーローショップにてもらえた限定版レスキューフォース
トミカ。2008年9月下旬から交換開始。交換方法は限定カード三枚を提出
すると交換確認のためにカード左端にパンチで穴が開けられ、トミカと共に返却
される。景品はなくなり次第終了。限定カードはそれぞれショップ1点につき
先着50枚のみなので、同等数が用意された物と予想される。ちなみに、前回
キャンペーン(4月~6月)の半数となっている。商品はレスキューフォース
トミカシリーズ「RFT-08 レスキューセイバー」のカラーリング変更品。
専用のボックス型パッケージに梱包され配布。
ということなのだそうな。解りますか????
簡単に言うと3ヶ月に渡って毎月2.000円づつレスキューフォースグッズを買いなさい
する3ヶ月で6.000円購入した事になります。6.000円お金使ったらトミカあげる!
って言うキャンペーンです。笑 解りやすいでしょ!トミカショップのポイント
トミカが10.000円で1台。しかし期限が長い。どっちもなかなか大変です。
でも3ヶ月に限定されると辛いよね。トミカだけだとレスキューフォーストミカ
だけで2.000円はちときつい。なかなか難しいわけですね。しかしオークションも
なかなか登場しない。困った一台である。
順番がおかしくなってしまいましたが、第1弾も確保してありますのでいずれ…
本日はこんなところで。ふぁ~~~~眠い。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

さ、NISSAN Racingcar Collectionも終了しました。

本日は少し休憩ということで、大好きな救済君の登場となります。本日は
比較対照がないと判別が難しいバリエーションについて少し触れて見たいと
思っております。パッと見全く判別は不可能ですね。今回もどこか違う所は
あるのか一生懸命探す所から始まります。如何せん救済君です只でさえボロボロ
というハンディがあるんです。そこをあえて探し出そうというのです。なんだか
考古学に似た…笑 頑張るぞ!本日の検証車両はこんな一品です。

67-3-4 日産キャブオールパネルトラック
1981.07~1983.10
G155 トミカ働く自動車セット
1986.11
2008120701.jpg
(トミカ1372)
やはり比べるものがないと絶対に解らないバリエーションでありました
それもしっかり並べて見て初めて解る!確かに違う微妙な色違い!凄い
http://youkei3298.blog43.fc2.com/blog-entry-994.html
で紹介した67-3-1佐川急便。こうして並べてみて違って見えますか?そして
オンボロカメラでは違いは解らないのです。難しいものです。
今回4と判断したわけですがこれ絶対並べないと解りません。並べて初めて
あ!違うってのが解りました。
まず、大きな違いはないのです。基本的に見分ける所はどこ?フォロの色
を比べてみます1は橙色ほろ、4はオレンジ色。こいつはなかなかわからない
デモね確かに色が違うんです。そしてパネル色なんですが前回の商品より
濃いのですってことはダークグレーだ。フロントガラスの色も少し濃い。ま、
殆ど間違いないですね4でしょう。ということで4と判断。しかしこの違い
どうやって見つけたんでしょうね?現在もバリエーション判定に燃えておられる
コレクターさんおられますが、多くの固体を購入し地道に比較検討してみえる
ようです。いつの時代も研究者は大変なのであります。現在もどんどんバリは
増えて行ってるようです。凄いね~。
おぢさんにとっては救済君は研究対象になりつつあります。面白い!!
本日は軽めにこんな所で終わっておこうと思います。またコソコソ救済君研究
して見ましょうね。ではまた!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

何とか最終日までもって来ましたね。よかったよかった

NISSAN Racingcar Collectionも最終日を迎えることが出来ました。
6日間ですか早いものですね。6日間の間に色々ありましたが、めげずに
頑張っていきましょう。最終にはたまたまおぢさんの好きな車両になり
ました。トミカで発売されるこの車両なんでいつもこんなに綺麗なんで
しょう?以前イベントモデルで登場したときそれはそれは美しくカッコよく
見えてしまったおぢさんなのでありました。美しい青色魅力の塊です!!
本日の車両はこんな車両になります。

TL0024 スカイライン 2000GT-B
2002.12
NISSAN Racingcar Collection
スカイライン 2000GT-B(S54B) 1964年 第2回日本グランプリ2位
2008.11
2008120101.jpg
2008120106.jpg
(トミカ1371)
第二回日本グランプリで二位に入賞した砂子義一選手の39番ですね!
1964年の第2回日本グランプリが開催された鈴鹿サーキット。
(驚くのは、この時おぢさんは生まれていたのです。笑)
式場壮吉選手のポルシェ・904を生沢徹選手のスカイラインGT(S54B)
が1周だけ抜いたという伝説のレースなんです。当時はいかにポルシェが
早かったかの証明ですね。国産車から見たポルシェそれはもう新幹線と
競争する在来線のような物だったんでしょうね。だって1週だけですよ
1周抜いたことが伝説になるんですよ。何て時代なんでしょう。それから
何年経ったんでしょうね、今ではニュルブルクリンクでポルシェをチギリ
市販車で最速タイムをマークできるまでになりました。時代の流れ凄い物です
いかに日本の車技術が進歩したのか解りますね!
この勢いでどんどん進歩していって頂きたかったのですが、何だかすこし
停滞を余儀なくされそうですね。新たなモータリゼーションの方向性がはっきり
見えてくる日が来るのでしょうか。あ~何だか暗い時代に突入ですね…。
あのメーカーが嫌い、このメーカーが好きとかそんな事言ってられない時代が
来てしまいましたね。これで車産業が倒れるようなことがあれば、確実に
日本の経済崩壊します。日本という国自体存在が危ぶまれることとなるでしょう
この最悪の時代どうにかして乗り切っていただきたいものです。
アメリカの上院でも言っていましたが、「全ての企業が存続できると思わないで
欲しい」事実でしょうね。日本も淘汰されるべきなのかもしれません。
どんな形でも良いですどの企業も生き残っていただきたいものです。
頑張れ!日本の車業会!!応援してます。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

なんだかよく登場しますね、気のせいかな?

流石に年末です。忙しくなって来てしまいました。しかし絶望的な忙しさ
迄はいっていませんね。もう一月ですから頑張って行きましょう!
さて本日のトミカなのですが少し前に現車が名古屋のニッサンギャラリーに
展示されていました。何だか現車よりミニカーの方が美しく感じてしまい
ます。当然ですが現存する1台のみの車両、古くなって行くのは当たり前
ですがミニカー製作技術はどんどん進歩しています。ミニカー程美しく無い
現車になりつつあります。本日はこんな車両の紹介になります。
TL0001 ニッサンスカイライン2000GT-R
2001.04
NISSAN Racingcar Collection
スカイライン 2000GT-R(KPGC110) 1972年 東京モーターショーカー
2008.11
2008120103.jpg
(トミカ1370)
実際にはレースデビューすることの無かったマシンです。ニッサン気合い入れて
作ったと思うんです。しかし現実には色々な世の中の変化に伴い残念ながら参戦
ならず。惜しい!実際のレースでの活躍が見てみたかった物です。
このマシン京商フェアーで限定品として売りに出されました。もうそれは芸術的な
美しさだったんです。フェアー開催初日(午前中という話も…)に見事完売!!
のちのちミニカーのお仲間から譲って頂きました。その時ニッサンギャラリーに
現車が展示されていたのでした。本当にタイムリーでしたね。
レースは常に色々な環境の変化や、情勢の変化に左右されます。水物なんですね。

実は本日はあまりのショックにどうして良いやら解らないおぢさんでした。
想像はつきますよね。そうです。HONDA F1撤退!!なんだそれ、信じられない。
何年間F1ファンやってると思ってるんだ!こんな情けない終わり方ってありか?
エンジンマニファクチャラ-の時、絶頂期に撤退。ま、この時は納得出来ました。
しかし今回はイマイチ納得が出来ていない。レースで培われたHONDAが…
何だかおぢさんの中の国産車、この辺りで終わってしまったような気がします。
は~悲しい。文に等到底出来ない程口惜しいです。本当にHONDA撤退だけでF1
収拾がつくんでしょうかね?ルノーはそんなに儲かってるのかね?3000人を解雇
してでもF1は続けるんですかトヨタさん?自動車メーカーどん底の時代果してF1
生き残っていけるのでしょうか?全てが疑問になって来ました。本日は何書いても
愚痴になりますからこれまでにします。今晩はヤケコーラだ!(酒飲めないから。)
あ~あ。もう!!!!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

このシリーズの中の目玉なのかもしれませんね。

もう現在ではこのシリーズ店頭で見かけることもなくなりました。
発売当初から店頭であまり見かけませんでしたけどね。おぢさんは
友人がコンビニのオーナーなもので非常に楽しています。ありがたい
ことです。オーナーさん曰くおぢさんが頼んだ分以外は発注しなかった
そうです。1ケース売れれば十分なのだそうです。やはりDカプセルで
相当痛い目にあっているようですね。トミカはいいや!って感じでした。
オーナーさんも言ってました、最近車関係のミニチュア出すぎだって。
なので在庫が残らない程度しか仕入れないそうです。名古屋市内であまり
見かけないわけですね。とかなんとか言ってるうちに12月23日には新たに
Honda Racingcar Collectionが発売になるようです。う~ん。年末厳しいな!
でも、一応メール入れて置きました。「1ケース入れとけ」。買うんじゃん!!笑
あ!話がそれた。本日は真打登場です。

50-7 日産GT-Rレーシングカー
2008.08~
NISSAN Racingcar Collection
日産GT-R(R35)テストカー スーパーGT2008 GT500出場
2008.11
2008120104.jpg
(トミカ1369)
何故かこの車両のみ箱のシリアル番号が違うのです。そりゃ買い占められる
わけですわ。だって発売された頃にはこの情報すっかりファンの間では有名に
なっていましたから。色々あるんですね。
いや、しかし良く出来ていますね。確かに多くの方が言われるように車高が
低かったら完璧ですね。しかしそこは大半のお知り合いの方が改造を試みて
おられました。改造する為にももう1台オリジナルで残して置くべき車両が欲しい
これはコレクターとして当たり前の心理です。そこに今回の情報。そりゃ安心
して改造できるって物です。知らずに買いに行かれた方、手に入らない訳です
早々に店頭から姿を消していた可能性が高いのです…。ブラインド販売するん
だったら徹底するべきですよね。情報をもってない方は可哀相です。
中には番号の入ってない固体もあったようですがきっとまれでしょうね。
商品管理上入れないのはおかしい。入ってないほうが普通じゃなかったかも。
こんな販売の裏がありますので、皆さん、象さんのお耳になっていろんな
情報仕入れましょうね!こんな所にも情報戦があったとは…なんとも世知辛い
世の中なのでありました。うむ~~。ぶつぶつ文句を言いながら明日に続く。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

あまりこの車については解らないのです。

1969年ですよ。39年前の話ですからね。でも悲しいことにおぢさんは
その時もう小学校の高学年だったのです…ぐわ~~~。
そんな昔にニッサン対ポルシェの戦いは始まっていたのです。
ここの所おぢさんがドイツ車に対して敵対的なお話を書いてきた理由は
こんな所にあるんです。現在のドイツ車がイマイチ好きになれないのは現実
の話です。別に作り話でもなんでもないのです。69年にドイツ車に勝とう
なんてのは愚の骨頂です。不可能だと思われてました。
そこに戦いを挑んだのがニッサンです。がんばったぞ~。本日はそんなニッサン
車を紹介して行きます。

22-1 ニッサンR-382
1971.07~1980.09
NISSAN Racingcar Collection
R382 1969年 日本グランプリ優勝
2008.11
2008120102.jpg
(トミカ1368)
1969年10月10日
富士スピードウェイで凄まじい戦いが繰り広げられました。何と観客10万人!!
この当時の10万は凄い。日産は6リッターV12気筒という空前絶後のエンジン
を搭載した「R382」で参戦。「GRX-Ⅲ」エンジンは、排気量5954CC。
最高出力は580PS/7200なんだそれ!お化けみたいなエンジンですね。
一方のトヨタは5リッターの「トヨタ7」このレースで最も注目を浴びたのが
この車両。
シュツットガルトの白い巨人と言われた「ポルシェ917」国際レースで優勝し、
マニファクチャラーズ・チャンピオンにもなっていた、4.5リッター水平対向12
気筒エンジンを搭載した当時の無敵マシン。しかも、ワークス・ドライヴァーで
当時世界最速と言われた「ジョー・ジェファード」までが来日し、まさにポルシェ
はフルワークス体制で乗り込んで来た。
当のレースはというとトップに立っていた「ジェファートのポルシェ」を「高橋」
「黒澤」と「北野」のR382が追い回すという展開になったのです。結果は
黒澤のR382は、途中一回の燃料給油、タイヤ無交換、ドライヴァー一人・・
という4時間近い戦いを戦い抜いた。40年近くも前に、日本の自動車技術が、
ポルシェの野望を打ち砕いた事は、日本人として決して忘れてはならない偉業で
す。2009年是非40年の節目にもういちど夢を見させてくれませんか?
期待をしてはいけませんか?現在の目標はドイツ車でも違う車種です。
打倒、アウディー!!ニッサン頑張れ。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

いや~いいね~!この辺りの車両は実に良い!!

やっぱりこのレースマシンのコレクションは良いですね。
何処からとってもハズレがないような気がします。現在コレクターさんを
賑わしているGT-Rトミカ。日産のオリジナルは発売されるは、工場見学の
記念トミカなる物は出てくるわで、それはもう大騒ぎなんです。人気あります
ね。本日紹介するトミカなんですがそのGT-Rのご先祖様ですね。さ、
いきましょう。こんな感じです。

21-2 ニッサンスカイライン2000GT-Rレーシングタイプ
1975.11~1980.07
NISSAN Racingcar Collection
スカイライン 2000GT-R(KPGC10) 1971年 日本グランプリ出場
2008.11
2008120105.jpg
(トミカ1367)
最強のカラーリングですね。ツートンカラーが良く似合いますね。しかし
現車でこんなカラーリングの車両一度も見たことがありません。今だったら
市販車をすぐこの使用で走り回る日産ファンが現れてもおかしくないのでが
当時はいませんでしたね。白のハコスカ、ガンメタのハコスカに乗っていた
友人は多くいましたが派手に塗り訳してるような奴はいなかったな~。
今ほど塗装も安くなかったように思います。何よりも皆さん異常なほど車を
大切に乗っていたように思います。確かに現在より車検制度も全然厳しかった
ですしね。下手な改造しようものなら間違いなく車検通らなかったと思います
笑われちゃうかも知れませんが175のタイヤをワイドタイヤって呼んでいました
そんな時代なんです。ハコスカは175履かそうとするとフェンダーの爪折らないと
多分入らなかったと思います。若しくは内ワイドのホイールしか手が無かった
と記憶しています。車自体それ程触れないように出来ていたんですね。
今日紹介しているレースマシンですとフロント下にオイルクーラーが装着され
ていたと記憶しています。当時流行りましたこの改造。今では考えられません
がオイルクーラーだけでヤンチャな車に見えてしまいました。パワステなども
なく気合のいる重さのハンドルでした。駐車するときの気合が行った事!
多分女性には難しいくらいハンドルが重かったです。そして足がつるくらい
クラッチが重かった。渋滞に嵌ろうものならとたんに疲れがでるくらいでした
凄い車だったんです。
多分それが原因でもあったのでしょうが、現存する車も圧倒的に少ない。
この時代のマニュアルスポーツタイプは絶対的に寿命が短かったと思われます。
現存するスポーツタイプ車の値段の高さは圧倒的な玉不足が原因なんでしょうね。
こうして思い出しながら色々書くと、良い時代だったのか、悪い時代だったのか
解りませんね。笑 カッコよさとは反比例した乗りにくさを誇る車であることは
間違いありません。見かけによらないのさ!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

FC2Ad