養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

強烈な加速!!印象に残る車体。

現在この車両見ると街中を走ってる軽自動車によく似たスタイリングで
それ程インパクトもありませんよね。しかし発売当時この車両のインパ
クトそれはそれは凄かった。特にこのターボII張り出したフェンダー
に似つかわしくないトールボディー。本当に不思議な車両でした。
そして何より驚いたのが、オートバイのように吹き上がるエンジン!!
レブカウンターの針の動きが殆どオートバイでした。それだけでなく
当時のフランス車やイタリア車などに見られた「どっかんターボ」搭載
めちゃめちゃ楽しいマシンでした。この車両発売された時、宗一郎さん
は嘆いていたようです。しかし外観はともかくエンジンの凄さはホンダ
そのものでした。パワーバンドに入った時のエンジンのフケは別物でした
まるでツーサイクルオートバイ、カワサキのSS500やヤマハのRZ350
みたいな感じでした。突然ステアリングが軽くなった気がする。フロント
が浮き気味になってたんだろうか?凄いパワー出してたと思います。
素晴らしい車両です。今も極稀に見かけます。元気に走ってる姿みると
なんだかほっとします。本日はこんな車両の紹介になります。

54-5 ホンダシティターボII
1984.05~1988.04
トミカ40年記(下)
2010.01
2010043001.jpg
(トミカ1930)
当初発売になった車両はコンパクトなスペースをフルに活かす設計が
とられていたようです。トランクスペースに折り畳み式オートバイが
収納可能。発想が凄いですよね。何よりこの車用にオートバイまで開発
してしまう。2輪、4輪共に生産するメーカーならではの行き届いた総合
的デザインだと思います。カラーリングの奇抜さ、そして何より後に
発売となったカブリオレ!!これはもう秀逸以外の何ものでもありません
今見ても最高だと思います。今走ってると如何に凄いデザインかよく解り
ます。突飛なイタリアンデザインをも凌駕してると個人的に思ってます。
当時あまり国産車に興味がなかったおぢさん、しかし車ではなくオートバイ
の方には素早く反応!!(笑)モトコンポって言うんですけどね。
それほど高い値段でもなかった。最初から乗る意志は全く無かった。笑
ただ飾りとして欲しかった。未だに実家のリビングに生まれてこの方一度も
土を踏んだ事のないモトコンポ、赤色と白色2台が飾られています。
今からエンジン始動はなかなか難しいと思います。おぢさんがオーナー
の内は座敷きオートバイとして余生を過ごしていくことでしょう。
ホンダさんが産んだ副産物ですが今見ても何の違和感もなく見られる
デザイン力の凄さが伺えます。
これから先の30年後、おぢさんはいないかもしれませんが現在発売されて
いる車両はどんな評価が下されるんでしょうね。どの車が名車って呼ばれて
いるんでしょうね。飛び抜けたデザインを持った車…。なんだろね??

CL-6キャラトミカ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!
バンガードソニック Vanguard SONIC
1996
2010043002.jpg
(トミカ1931)
烈が育て上げたソニックセイバーのデータを基に土屋博士が新たに開発した
2代目ソニック。大型リヤウイングの装備によって、コーナリングにおける性能
はソニックセイバーに比べ大幅に向上した。しかし、サイクロンマグナム等の
ニューマシンの登場によって、劣等感を抱いた烈によって無茶な改造が施され
たが、自滅してしまう事に。
え!!今度は自滅ですか!!笑
スポンサーサイト

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

すかさず続編に!!

気力が充実してるうちに、すかさず次の続編に突入して行きます!!今年
はトミカ40周年ですからお祭りなんです。一杯出ますよ。おぢさんは無理
しない程度にお祭り楽しんで行こうと思っています。本日もちょっと時間
を作って玩具問屋さんに行って来たのですが非常に楽しい。そして抱き合
わせ商品みてきたんですが、いいね~~~。欲しい。あのタワー凄く魅力!
40周年記念 回転パーキング(トミカ付き) この抱き合わせトミカがまたいい!
来夢音さんもう手に入れたのかな??赤のRX-8。いい感じですよね!!
ほっし~~。ま、今度余裕があったら購入ということで!!
あ!!思いっきり話し脱線中です。笑 本日は続編でしたね!こんな一台
の紹介になるんです。ほい!!

82-1 ニッサンスカイライン2000GT-X
1974.08~1989.10
トミカ40年記(下)
2010.01
2010042902.jpg
(トミカ1928)
先に言っておきますね!この車輌嫌いじゃないですから。むしろ好きです
しかし残念ながら直6の吹けあがりはおぢさんには向いていなかった。
そんなところがセリカ派になった所以です。さ、本文行きます。

この車輌トミカで見ると結構大きいじゃないですか。以外にも大きくない
のです。っていういか今の車が大きいんですよね。考えたら5ナンバーサイズ
のスポーツマシンです。小さくて当たり前か。おぢさんが免許取った頃
結構みんな乗ってましたね。当然のようにパワーステアリングなんてものは
ありませんでした。現在のように重い車輌では車庫入れなんて全然不可能です
ボディービルダーみたいに上半身だけがたくましくなるぞ!!笑
ちなみにおぢさんが乗ってたセリカLB2000GT タイヤサイズ185だったと思う
んです、でもね思いっきり逆ハン切らないと車庫入れ出来ませんでした。
逆ハンなんて言葉すら知らないよね。きっと…。残念!!!
便利な機能ですパワーステアリング。今なかったら全く乗れないかもよ。
おぢさんの世代の方みんな納得してくれてると思う。
兎に角メチャメチャ車が楽しい時代だったんですよ。パワーウインドー見て
お~~~!!とか言ってた時代ですから。ちなみにドアミラーは車検通り
ませんでした。爆笑 そう、そんな時代だったのさ。
あ~楽しい。今回のセットは最初がこれですよ。楽しませてくれそうです。
また明日、楽しみです。
さ、本日の第2特集にいきます。ほんじつはこんな1台の登場だ!!

CL-5キャラトミカ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!
ビクトリーマグナム Victory MAGNUM
1996
2010042901.jpg
(トミカ1929)
マグナムセイバーのデータを基に土屋博士が新たに開発した2代目マグナム。
空力性能や重心が大幅に強化されており、スピード重視の性能を考慮して、
リヤウイングは小型化されており、ストレート走行重視であるマグナムの名
を受け継ぐに相応しいマシンとなった。しかし、ビークスパイダー、ブロッ
ケンGとのレースにおいて、突如乱入したレイスティンガーのニードル攻撃
によって大破した。後に、市販品として量産が行われた。
あらら…大破だ。やっぱ壊れるストーリなのね。しかし少しづつ楽しくなってる
また明日。笑

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

(上)セットこれにて終了。

上セット。何だか高そうな感じがしますね。笑 順調に上巻が終了
致しました。興味のある車両ばかりでしたのであっという間に終了
して行きました。しかし簡単に4台に別けるってこりゃ難しいです
よね。ある意味よく考えたなって感じがしました。上セットは、
トヨタ、日産、ホンダ、トヨタ。こんな組合せでした。国内の車両
リリース状況見てもトヨタさんが圧倒的多数になるのは本来仕方ない
はずですが下巻でどのように仕分けしてくるか楽しみなところです。
2004年極最近の車両ですね。確かに話題になった車両です。
本日はまだまだ街中を現役でバリバリ走ってる車両の紹介になります。
こんな1台です。

106-4 トヨタプリウス
2004.03~2009.02
トミカ40年記(上)
2010.01
2010042803.jpg
(トミカ1926)
そして外箱です。
2010042801.jpg
おぢさんの会社の近くでも、社用車をこのプリウスで固めている会社が
2件あります。どちらも10台以上駐車場に止められているのが見えます。
一社は官公庁に出入りしている会社のようですから、社用車をエコカーに
変換したのも解るような気がします。もう一社はそれとは全く関係ない
パチンコ台メーカーさん。ここも結構な数の社用車を有しています。
一時期補助金なんかが出てた時期もありますから一気に普及したのも解る
気がします。
そうそう、プリウスではないのですが、少し前に養さんと東名高速を東に
向かって走っている時、神奈川県警と書かれたインサイトパトカーを積んだ
積車見かけました。「神奈川県警いいじゃん!」なんて言ってたんですが
最近愛知県警の交通取り締まり(駐車違反)に回ってるパトカーもインサイト
に変わって来てるようですね。値段的にインサイトに落ち着いたんでしょうか?
なかなかこう行った車両購入メカニズムが解りませんので、書きようがあり
ませんがハイブリッド=プリウス 的な感覚が強いですから何だか凄く新鮮
な感じがしました。
しかし実際に白黒パンダ色に塗装された車両に回転灯、ドアに○○県警。
申し訳ないのですがプリウスなのか、インサイトなのか区別が…。笑
唯一、ボンネット上のHマークだけが速攻で区別出来るポイントです。
よく似た車両だと言う事改めて思いしらされました。CR-Zのパトカーなんか
出来たらめちゃめちゃカッコイイのにな!!何処か予算がある県警さん作って
くれませんかね。無理かな。
この話は別にしても官公庁、公共の使節公用車両は最低HVにするべきですね.
もう一歩先でもいいのかもね!時代はどんどん変わって行ってるんですね。

さ、誰も待ってないかもしれませんが第2特集行きましょうね!!笑
結構楽しくなってきました。笑

CL-4キャラトミカ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!
スピンアックス SPINAXE
1996
2010042802.jpg
(トミカ1927)
三国藤吉の初代のマシンで、藤吉のマシンの中で唯一土屋博士にもらったもの。
「サンダードリフト走法」で星馬兄弟を苦しめた。
あら!本日は解説嫌にあっさりじゃないですか。笑
この車輌は壊されなかったんでしょうか?長生きできたかな?笑

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

今日は1992年の車輌です。

今から18年前の車輌なんですね。実は現在養さんが乗ってる車輌がこの
車輌と同い年なんです。ホンダアコードワゴンCB9。アコードワゴンの
一番最初の車輌です。今年で18歳になりました。ご高齢ですのであちこち
壊れまくってます。笑 でも養さんは大切に乗っています。どこか治療
すると治療していない古いパーツがどんどん壊れていくんです。本日紹介
する車輌も同い年ですからきっと同じような症状が出ているんでしょうね
車はこの時期を乗り越えると長生きできます。なぜか?そう壊れまくって
新しいパーツで固められる。従ってまた長生きできるって訳です。20年
車にとって大きな山なのです。つい最近も多くの車輌を見かけました。
鈴鹿サーキットの駐車場にて。しかしよく似合いますね。鈴鹿サーキット
に駐車してるホンダ車。みんな里帰りしてるみたいで、車がいきいきして
います。気のせいかな。笑 
さて本日の車輌です。こんな1台です。

72-2 ホンダビート
1992.04~2001.07
トミカ40年記(上)
2010.01
2010042701.jpg
(トミカ1924)
先々週の日曜日でした鈴鹿サーキットに行ってきました。ここには殆どの
ホンダ車が駐車場に止まっていたと思います。例外なくビートも多く駐車して
おりました。しかし元気ですよね!軽自動車という特異な存在です。ボディ
ーの軽さから考えても養さんの車輌より負担は少ないのかもしれません。
そしてスポーツ車ですので基本余分なものが余りついていない。これも
現在まで多くの車輌が存在している理由なのかもしれません。我が家のアコード
ワゴン。もう修理してないのはミッションとエンジンのみ。他は殆ど手が入って
おります。オリジナルを維持するのって本当に難しいのです。大変お金が掛かり
ます、一度修理となるとうん十万ってのが当たり前。たいへんたいへん。
皆さん苦労してるんでしょうね。
ビートですが養さんがお世話になってるホンダディーラーさんにも多くの
オーナーさんが通ってみえます。古いホンダ車のオーナーさんが多いお店なん
です。不思議な光景が広がるお店でもあります。旧車は楽しいのですが苦労が付
いて回ります。たいへんです。我が家は頑張ってます。頑張らないと維持でき
ないもの!多くの旧車オーナーさんも頑張ってくださいね!!
ホンダ軽自動車の傑作がトミカ40年記にエントリー出来たこと非常に嬉しい!
実にホンダらしい素敵な車輌が紹介できました。満足満足。
さ、本日もめげずに第2特集に!!

CL-3キャラトミカ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!
トライダガーX TRIDAGGER X
1996
2010042702.jpg
(トミカ1925)
鷹羽リョウ最初のマシンで、土屋博士製作のマシンの一つ。ダウンヒルレースと
GJCスプリングレースで豪のマグナムセイバーと対戦し敗れる。しかし前者では
スタート時に豪に100秒のハンデを与え、後者ではアクシデントに巻き込まれた
豪をわざわざ待っており、実質的にはトライダガーの勝利であったため、その後
長らくリョウは「無冠の帝王」と呼ばれることになった。GJCサマーレースにて、
沖田カイのビークスパイダーに真っ二つにされる。
おいおい!今度は真っ二つですか。なんとも物大切にしないストーリーらしい。笑

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

1989年のトミカはこれらしい!

昨日がトミカの生産が始まった1970年でした。本日紹介するトミカは一気に
1989年まで飛びます。しかしタカラトミーさんの苦労判りますね!トミカ記
と銘打ったにもかかわらず、上巻、下巻あわせて8台。う~~これは厳しい。
そして単純によく売れたトミカだけをチョイスするわけにもいかない。多くの
メーカーの車輌を訳隔てなく満遍なく。これは実に大変。担当さん苦労した
んだろうな。お疲れ様でした。しかしこんなときでないと本日紹介するトミカ
がセットに入るってなかなか考えられない。少しセットの中身にするのが難し
いトミカなんじゃないかなって思います。おぢさんとしては、なんだか嬉しい
1台でした。本日はこんな1台の紹介となります。

104-2 日産シーマ
1989.08~2000.12
トミカ40年記(上)
2010.01
2010042601.jpg
(トミカ1922)
シーマか。まさかこのチョイスがあるとは思いませんでした。一生懸命
考えたんでしょうね。個人的には上、中、下。12台でも良かったんじゃないかな
12だいあればもう少しマニアックな車輌も入れられたんじゃないかな。
すこし期待を裏切るようなマシンもあったら非常に面白かったと思います。
とはいえ、シーマはなかなか良いチョイスじゃないですか。なかなかお目にかか
れませんものね!バリエーションも少なめじゃなかったかな?貴重なバリになった
のでは!!
しかし実車のシーマ。縁のない車ですね。あまり欲しいな~と思う車輌でもありま
せんし、基本的には自分で運転して楽しい車じゃないような気がします。やはり
リアシートに乗る車みたいな気がします。極々僅かな若い方たちが凄い仕様で
乗っておられたりします。車って見方一つでいろいろな方に向かっていくんですね
事故もそうですが乗り手の乗り方に掛かっているんですね。決して車が悪い訳じゃ
ないんです。大切に乗ってあげたいですね。車はいつまでも友達であって欲しいと
願うおぢさんでありました。
さて、本日の第2特集ですがこんな車輌が登場してきます。

CL-2キャラトミカ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!
ソニックセイバー SONIC SABER
1996
2010042602.jpg
(トミカ1923)
土屋博士によって開発されたソニックシリーズの初期型であり、豪のマグナム
セイバーといっしょに、前後のタイヤをカバーするフルカウルボディを最初の
採用したマシンでもある。星馬兄弟の兄・星馬烈に与えられた。コーナリング
において真価を発揮するマシンであり、スピンアックス等を相手に様々な成果
を挙げていったが、最終的にはバトルレーサーであったJの操るプロトセイバー
JBに敗退し、豪のマグナムセイバーと共に溶岩の中に落とされた。
あらら~~。溶岩の中に落とされちゃったの?なんだか非常にシビアなお話なん
ですね~怖いな~~。物は大切に押しましょう。笑
さ、本日はこんなところです。また明日お付き合い宜しくです。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

久しぶりにセット物行きましょう!

少し気になってはいたのですが、最近なかなか気力がなくて、でも
購入したトミカに罪はないのです。昨晩、店長のお店に仕事帰りにお
邪魔しました。少し早く終わりましたので養さんと待ち合わせです。
色々店長とお話して元気一杯頂きましたので、本日からまた頑張って
セット物のトミカを紹介して行こうという気合が出来ました。笑
そしてこのセット物と抱き合わせでもう一種類トミカを紹介していこう
かなって考えてます。何故かと言うとあまりにもこのトミカのこと
知らなすぎ。このトミカだけで1日1記事書けそうな気がしない。笑
トミカ好きの方でもあまり相手にしていない系のトミカなんですよ。
でも一応トミカって名前がついてますしね。おぢさん的にはトミカ
って名前が付いちゃうとついつい購入となってしまうわけです。
なので軽い感じでお尻に付け加えながら紹介して行こうと考えており
ます。しかも強烈に長い特集になりそうなのです。笑いながらお付き
合いください。まずメイントミカを!こんな1台の紹介になります。

TL0021 トヨタ2000GT
2002.09
トミカ40年記(上)
2010.01
2010042501.jpg
(トミカ1920)
本当から言ったらこのセットの目玉的な車輌じゃないかな?って思うおぢ
さんでした。笑 ましかし今回は題材が、トミカ40年記(上)です。
これは古い順に紹介していくしかないですよね。ということでこの車輌
から紹介が始まっていきます。もういったい何台紹介したことでしょう。
トミカではもうすっかり定番になりつつある1台では。
今回のセットはこんな事が書いてあります。
トミカが誕生した1970年からの40年間を10年ごとにわけ、それぞれの年代の
特徴的なトミカを集めました。
なるほどね~~。しかしまたメーカーで問題なく分けるのは非常に辛い訳で
結局上下になっちゃったって感じですね。兎に角出だしとしては非常に贅沢な
1台を紹介出来ました。上下ですので本日含め8日間お付き合い願うことと
なります。宜しくね!!

さて本日から始まる我が家的抱き合わせトミカさん。こちらに喰いついて
いただけると凄く嬉しい。だって内容書けませんから、誰かフォローして
いただけると嬉しいのさ!!初日はこんなトミカです。

CL-1キャラトミカ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!
マグナムセイバー MAGNUM SABER
1996
2010042502.jpg
(トミカ1921)
マグナムセイバー
土屋博士によって開発された「セイバー」シリーズの1台。マグナムシリーズの
初代を飾るマシンであり、前後のタイヤをカバーするフルカウルボディを採用し
たフルカウルミニ四駆第一号でもある。所持者である豪の性格を反映したような、
徹底的な軽量化による高速走行を重視しているが、ダウンフォース不足で安定性
を著しく欠く一面もある。トライダガーXやブラックセイバーを相手に優秀な成果
を挙げていったが、最終的にはバトルレーサーであったJの操るプロトセイバー
JBに敗退し、烈のソニックセイバーと共に溶岩の中に落とされ、大破。
空中でマシンを回転させて弾丸のように飛翔する、「マグナムトルネード」と呼
ばれる必殺走法が存在する。
という事のようです。細かい事は解かりません毎日この位の紹介でいきます。
宜しくです。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

ぶれる事無く発売は続いて行くのですね。

いつもですと発売と同時に急いで購入に向かうのですが、最近仕事が
異常に忙しく夫婦揃ってなかなか時間をあける事が出来ませんでした。
ついつい購入は後回しになってしまいました。今日紹介するトミカ
勝手に売り切れがないと思い込んでしまっている節があります。
なんとも怠慢。トミカ好きとしてはこれはいけない体制なのかも知れ
ません。トミカショップもちゃんと顔ださないと情報に乗り遅れる
可能性もありますからね。もう少し時間作らないとね!本日のトミカ
もう一月前の発売になってしまったんですね。早い物です。
1月後れの紹介です。こんなトミカの紹介になります。

39-4 リフマグ油圧ショベル
2001.01~2009.07
トミカショップオリジナル
2010.03
2010042401.jpg
2010042402.jpg
(トミカ1919)
トミカショップに毎日でも通えてしまう環境。なんて贅沢なんでしょう。
会社からは10分程度です。残念なのは最近は帰りに寄ろうにもお店が閉店
している時間が多く、なかなか訪問が出来ておりません。世の中上手く
行かない物です。しかし以前のように東京まで行かなければならない、
そんな状況ではありません。身近にあると言うのは有難い事です。
近くにあると感謝の気持が薄れて行ってしまいます。気を付けないと!!
今日紹介しているトミカショップオリジナルトミカ、福岡店OPEN記念
なのかどうかはおぢさんよくわかりませんが、ほぼそれに合わせ発売と
なりました。こうしてどんどんバリエーションが増えて行くんですね。
2005年8月から発売が開始され、この子は23台目の発売となります。
昨日紹介したTDMアドカー(我が家では、たこちゅ~と呼ばれてます。笑)
がスポットものでなければ24台目となります。
5年が経過したんですね。うむ~こちらもしっかり歴史を感じます。
色々な物がシリーズ化されるのかと思いきや、どんどん消えて行くと言う
なかなか厳しいトミカのシリーズものレギュラー争い。そのなかで堂々
生き残っているシリーズなのです。これから先も色々な物が登場しては
消えて行くのでしょう。これより先の展開を期待しながら!!

トミカショップオリジナルもので気になると言えば100pで頂けるご褒美
トミカ。こちらもちゃんと年に1度車種変更が行われています。
懐かしいな~。初代は金フィット、金トレノ、青RX-8、青ロンドンバス
そして現在の青清掃車とこちらも現在で5代目となっております。
やはり買う量が多い物で、すぐにポイントがたまってしまいます。
早く次のご褒美トミカにならないかな~と心待ちにしているおぢさんで
ありました。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

そろそろ始りましたね!トミカのお祭り。

事前に情報として流れていたもの、そうでない物も含めて本格的な
トミカ40周年商品の販売が始りましたね。まだこのブログでは紹介して
おりませんが、セット物も2種類発売となっております。30周年の時も
そうだったように今年いっぱい手を替え品を替えってところでしょう。
さ~何処までおつき合い出来るか問題ですが頑張ってついて行こうかな
なんて考えております。今日紹介するトミカなんですが、ちょっと予測
範囲外でした。トミカショップでもオリジナルで40周年記念トミカ発売
があるとは…つくづく感じます。名古屋にトミカショップがあって
よかった!感謝ですね。
トミカのお祭りといえば、大阪トミカ博本日より始りました。おぢさんは
名古屋で開催される年末まで購入は控えておくようにしています。
じゃないと楽しみが減ってしまいますからね、SNSではやはり車種等について
話題となっておりました。最近はある程度日にちが経過するとイベントモデル
に関してはトミカショップさんが販売してくれますので、イベントモデルは
比較的早い段階で購入が可能かも知れませんね。組み立て工場だけはそうは
行きませんの、年末の名古屋トミカ博開催を待ちましょう。さて前置きは
このくらいにして、本日はこんな1台を紹介して行こうと思います。

TDMパトロールカー
2006.04
トミカショップオリジナル
TDMアドカー トミカ40周年記念バージョン
2010.04
2010042301.jpg
2010042302.jpg
(トミカ1918)
今回このトミカを紹介するにあたり、いつ発売になったか調べていて感じました
「え!もうそんなにたってしまったのね。」最初に発売されたのが2006年
発売ってのもおかしいかな。トミカ博の入場記念トミカとして配付された
んですよね。もう4年も経過してるんです…早い物です。
トミカファンにとってはTDMって評価も色々だったりするのでしょう。実在
しない車両はコレクションの対象外というコレクターさんも多く見えられます。
コレクションにこれが正しいなんて物はありませんから、本人が良いと思った
方法がBESTなんです。しかしタカラトミーさんが自動車をコンセプトする。
小さな自動車メーカーとして活動する訳です。凄く楽しいですよね。
こんな感じで一生懸命生産されてるトミカですから買わない訳には行かないじゃ
ないですか。今回もすかさず購入でした。
TDMも歴史を重ねて来ているんですね!う~~ん。ついこの間だったような気が
します。年齢を重ねるって怖いことですね、ヤバイ!!

今後も発売40周年記念トミカ一杯出そうですね。外箱デザインが統一され
色々な商品に活かされているようです。まだ現物見に行ってないのですが抱合せ
商品も登場しているようです。トミカ自体は白箱でボンネットにタンポ印刷が
施されているようです。凄く魅力的ですね。金銭的には非常に辛いのですが
個人的に魅力を感じてしまうおぢさんです。購入は今の所未定です。ないかもね。
トミカくじの情報もチラホラ入りだしましたね。おぢさんが今回の40周年記念
トミカで一番期待してるのがトミカくじです。またこれもアッセンで購入になる
と予測しておりますが非常に楽しみにしております。いや~今年いっぱ結構
楽しめそうですね!!わくわく。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

なんとかなるものですね。笑

何となく記事かいて、何となくUpしていました、気づいたらもう8日
が経過していました。早い物です。そうかあれから1週間が経過して
しまったんですね。早い物です。と言う事で本日が最終日となります。
なんか少しですが肩の荷がおりた気がします。我が家のまだ紹介され
ていないトミカが治まっている箱があるのですが、その中でひときわ
存在感を示していたのが、この箱でしたから。始めてコンプリートで
購入した物ですし、毎度気になっておりました。よかった!やっと
日の目を見る事が出来ましたね。一瞬ではありましたが表に出ました
これでまたコンプリートで暗所にてお休み願う事となります。お疲れ
さまでした。さ、シリーズの最後を締めくくるのはこの車両です。

67-7 三菱ランサーエボリューションX
2008.03~
第41回東京モーターショー開催記念トミカ
No.8 三菱ランサーエボリューションX
2009.11
2010042201.jpg
2010042202.jpg
(トミカ1917)
そして外箱はこんな感じだったのです。
2010042203.jpg
これは毎度シンプルに出来上がっております。判りやすくていいですね。
こいうシンプルな箱結構好きです。何だか事務的ですが確実に情報を
伝えてくれています。良い仕事してます。笑
ランエボこの車両もトミカでは非常に人気の高い1台ですよね!
しかし実車はどうなのでしょう?あまり街中で見かける事のない車両
ではあります。愛知県には三菱の工場もあります。名古屋の三菱車好き
人口決して低くないと思います。値段的な問題?それともやはりスポーツ
タイプの車両は敬遠されているのでしょうか?時代が時代ですから仕方
ない事です。
さ、これで今回のシリーズ全8台紹介終了になります。たまたまなんですが
現在トミカショップ名古屋店(他店は解りません。)では販売されており
ます。気になる1台がありましたら、購入してみてください。やはり今年の
モーターショーの集客が低かったんでしょうね。当然それを当てにして
オリジナル商品販売している業者は相当な打撃があった事でしょう。
来年開催されるであろう東京モーターショーは是非活気に満ちたいつもの
モーターショーであること願ってやみません。
明日からですが、少し新しいところを。何だかここの所一気に発売された
トミカさん達がいますので。その辺りを少し行ってみます。では8日間
おつき合いありがとうございました。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

実に見事にメーカー分けがされていますね!

流石モーターショー記念に発売されるトミカだけの事はあります。
各メーカーさんの代表になりうる車両をピックアップしています。
日産さんの代表はGT-RではなくZだったのは少し以外ではありまし
たが、日産を代表するスポーツカーである事には疑う予知もなく。
ファンの多さからしても問題の無いところでしょう。
今回のコンセプトは各社を代表するスポーツカーなんでしょうね。
なかなか見事な物です。本日も例外なくマツダさんと言えば的な
1台の紹介になります。こんな1台の登場となりました。

96-5 マツダRX-8 
2003.08~
第41回東京モーターショー開催記念トミカ
No.7 マツダRX-8
2009.11
2010042101.jpg
2010042102.jpg
(トミカ1916)
やっとでて来ましたね!良い車両です。全てのデザインがロータリー
を徹底的に意識したデザインになってるんですよね。最初見た時
「これは凄い!結構時間掛けて作ったんだな!」って感じました。
内装から外装に至るまであちこちにロータリーのコンセプトを感じる
事が出来る1台に仕上がっております。また特徴的な観音開きとまでは
行かないまでも、独創的なドア機構。特出すべき物がありますね。
ずっとずっと以前に発売されたコスモスポーツなんかもそうですが、今
見ても何の違和感も感じない程素晴らしい先進のデザインなのです。
ローターリーエンジンと言う最高にコンパクトで出力のでかいエンジンを
手に入れた事により、他社では絶対に真似の出来ない凄いボディーを
設計してくるマツダ。日本の車メーカーとして誇らしい1社だと思います。
おぢさんは個人的に乗っている車と自動車自体の善し悪しは分けて考える
ようにしています。何処のメーカーであろうと良い物は良い。悪い物は
悪いのです。痘痕もエクボ的な考えは持っておりません。
何の影響力もないのですが、笑 各メーカーが一生懸命作ったもの
見逃しちゃそんですもんね!日本の車メーカーがどこも元気一杯頑張って
世界に進出していく姿は、誇らしくもあります。またいつかきっと
元気な日本車が帰ってくるといいなって思ってます。
ガンバレ~~日本の自動車産業!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

走ってましたね~!鈴鹿サーキット。

現在唯一、赤Hをつける事を許されているホンダのマシンがこれです。土日と
お邪魔した鈴鹿サーキットでもマーシャルカーとして、ガンガン走っていました。
サーキット走行しているマーシャルカーはコーナーでの挙動など見ていても
足周りから殆ど別物って感じですね。全くローリングする気配が見えません。
ガチガチって所でしょうか。凄い勢いでかっ飛んでます。
2種類ありTYPE Rとユーロが存在します。どちらも鈴鹿には配備されており
同時に2台ガンガン走ってたシーンもありました。鈴鹿サーキットはホンダ好き
には堪らないところですね!セーフティーカーはレジェンドだったり。
メディカルカーがアコードワゴンだったり。ツアラーもありましたがレース
シーンには登場して来ませんでした。良いですよ鈴鹿。
さ、本日はこんな車両の紹介になります。

54-9 HondaシビックTYPE R
2007.11~
第41回東京モーターショー開催記念トミカ
No.6 HondaシビックTYPE R
2009.11
2010042001.jpg
2010042002.jpg
(トミカ1915)
ホンダさん最後の砦です。スポーツカーのホンダだったのに…いまではこの1台
が唯一のスポーツカーになってしまいました。淋しい物ですね。宗一郎さん
怒ってるかな…。仕方ないですねホンダさんのピンチなんだから。ここは少し
我慢なのかも知れません。赤Hこれってホンダ好きにしか解らないのかな?
フロントエンブレムにHマークがついていますよね。これが赤色なんですよ。
何処から始ったかと言えば当然F1マシンです。葉巻き型の昔のF1マシン見ると
ちゃんとついてるんです。正当なホンダのスポーツマシンの証なんです。
本当はなかなか恐れ多い赤いHマークなんですよ。
現在はパーツとして結構安価にて発売されておりますので、思わぬ車種が赤い
Hマーク着けて走ってたりします。笑 ミニバンが赤いHマーク装着ってのも
見た事があります。本来はF1マシンとNSX-R。インテグラType R。シビック
Type R。この4台だけなんです。実は純粋なスポーツカーであるS200などに
は赤いHマークの仕様は存在していないのです。ヨーロッパでレースに出場して
いたアコードユーロR、これも赤いHマークは装着されませんでした。
もし、HSVが発売されていたら間違いなく赤いHマークが装着されていたでしょう
ホンダの旗艦はやはりスポーツマシンであって欲しいと願うおぢさんでした。
そんな事解って街中走ってるホンダ車見ると面白いですよね!あらら。って
一杯走ってますから。
各メーカにも色々な決めごとみたいなものが存在するのでしょうね。
おぢさんはHONDAの事しか解りませんけどね。

ホンダさん次に赤H発売してくれるのはいつのことでしょう。気長にまって
いますから。発売された時には値段高くて購入出来ない可能性大ですが。笑
復活待ってます!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

東京モーターショー開催記念トミカも後半戦です!

流石に東京モーターショー開催記念トミカだけの事はあります。しっかり
乗用車でラインナップが固められております。徹底してますね!素晴らし
い。本日紹介する車輌なのですが、トミカ40周年記念車輌にも選ばれた
1台でもあります。タカラトミーさんと日産のつながり強固なものになって
来ましたね。なんと40周年記念プレゼントに実車1台プレゼントなんてこと
になっています。雨降って地固まるまさにそんな感じですか。我が家のブログ
でも結構な数のバリエーション紹介していると思います。ミニチュアカーに
なってもさまになる1台です。本日はこんな1台の紹介になります。

55-8 日産フェアレディZ
2009.01~
第41回東京モーターショー開催記念トミカ
No.5 日産フェアレディZ
2009.11
2010041901.jpg
2010041902.jpg
(トミカ1914)
日産さん頑張りますよね!今こうしてガンガンスポーツカー販売している
メーカーって日産さんだけじゃないでしょうか?ある意味時代にそぐわない
流れを作っているのかもしれませんが、やはり誰が見たってスポーツカー
はカッコイイ。もう定番です。フェアレディも長年にわたり引き継がれた
スポーツカースピリッツを引き継いでおります。各メーカー1台はあった
スポーツマシンも現在ではその筆頭にあったホンダさんのなんとも悲しい
撤退により日産さんに全てを任せている状況にあります。
何故あそこまで完成されたHS-Vが販売されなかったのだろう?本当に悔しい
と思うホンダファンの我が家でありました。発売されていたとしても決して
我が家が購入できる値段じゃなかったと思うんです。予想では1500万円
とか言われておりました。夢の車ですね。でもそんな夢の車がHマークつけて
走ってる姿がひょっとしたら見られたかもしれない。もう今では夢のまた
夢になってしまいました。悲しいな~。
トヨタさんはちゃっとレクサス名を使って世界限定でトップカテゴリー
マシンの発売がなされました。LF-Aこれまた限られたお金持ちしか手にする
事の出来ないマシンでした。しかしこれって名古屋で売れたんだろうか?
某パチンコやさんは購入なのかな?きっとあそこくらいしか購入できないぞ。
いつか現車見る機会もあるかもしれません。ナンバーつけて街中走る車輌
見てみたいものです。日産はGT-Rですが。これは実に太っ腹なことにギャラ
リーで自由に乗れちゃいます。すごい。
いつまでも車好きの憧れはスポーツカーなんですよ。何とか夢を見させて
くれないものでしょうか。日産さん。頑張って生産し続けてくださいね!!
かっこいい車乗りたいですね!こんな時代だからこそ乗りたいですね。
は~夢ゆめ。笑

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

この車輌も見事に出る杭ですね!

実に独特な車輌、ショートホイールベースに小さめのエンジン。コンセプト
カーと殆ど変わらない形で販売になりました。日本ではなかなか受け入れられ
ない仕様なのかもしれません。でもね、色々選べる車という観点から言えば
大切な1台なのだと思います。それもトヨタさんのような大企業から売りに
出されたってところに意義があるような気がします。大企業が出る杭作って
売っていただければ、各メーカーさんも車開発しやすくなってくるって物です。
コンセプトでは何でもできる、しかし市販は別の話って時代はどんどん終わりに
近づいてきているのかもしれませんね。良い事だと思います。さ、本日はこんな
変り種の1台です。

28-8 トヨタiQ
2009.06~
第41回東京モーターショー開催記念トミカ
No.4 トヨタiQ
2009.11
2010041801.jpg
2010041802.jpg
(トミカ1913)
欧州よりやや遅れ、ようやく日本にも「1NR-FE」型エンジン(なお日本仕様の
トヨタ車としては初となるNR型エンジン搭載車となった)を搭載した新グレード
「130G」と、その上級グレードである「130G"レザーパッケージ"」を追加(とも
に基本的な装備に関しては1.0L車に準ずる)。燃費性能は1.0L車と同じく20.8km
/L(JC08モード燃費)を実現しており日本の「環境対応車普及促進税制」(エコ
カー減税)にも適合する。トランスミッションはCVTのみで欧州向けに存在する6
MT+アイドリングストップ機構の設定はなく、エンジンもレギュラーガソリン仕
様となるため欧州仕様車よりも若干最高出力が下げられている(欧州仕様車より
4PSほど低い)。また「130G」以上のグレードの1.3Lには、欧州仕様車と同じく
16インチのアルミホイールと175/60R16サイズのタイヤが装着されるが、リアブ
レーキは欧州仕様車と違いディスクとはならずに1.0Lと同じドラムブレーキとな
るのが日本仕様車の特徴。

とこんな詳細が載っておりました。1000cc~1300ccなかなか良い感じじゃないで
すか。
本日は鈴鹿にお邪魔していたわけですが、流石に駐車場はホンダ車の山でした。
iQ見かけませんでしたが、いわゆるエコカー多く見かけました。時代ですね。
レース会場にも多くのエコカーが集まるのです。年々多くなっていくのでしょう。
しかしエコカーで、無駄の温床のようなカーレースを観戦しに来る。これなかなか
皮肉ですね。時代はエコカーだが楽しいのはレースマシンなんですね。まだまだ
基本的な理念が一致してないのでしょう。これも時間と共に是正されていくことで
しょう。昨日登場したエコカーによるレースが開催される時代が必ず来る
ことでしょう。各メーカーでエコカーレース見てみたいものです。
確実に変わっているんだな!やはりエコカーの時代なんだと改めて感じることが
出来ました。しかしその反面全くワクワク感のない駐車場と化しておりました。
車種の少なさも要因ですね。色々選べる時代が早く来るといいなと思いました。
さ、本日はこんなもので。また明日です。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

これですよこれ!!贅沢な空間の使い方。

最高の贅沢っておぢさんの中ではこうなんですよOPEN AIRを絶賛して
いるわけではないのです。軽自動車のスペースってあるじゃないです
か、このスペースって奴はある意味とんでもなく色々なものを縛って
しまうのです。しかし制限があるからこそデザイナーさんは必要なん
ですよね。その制限とスペースを限りなく有効的に使おうと試みる。
すると、現在発売されてる軽自動車の出来上がりです。うむ~~。
これって凄いのかな???おぢさん的にはそうじゃないんですよ。
スペースの無駄。これが凄く大切だと思うんです。本日紹介する車輌
全ての面で見事にいろいろをこなしてるデザインだと思うのです。
こんな車輌です。

15-6 ダイハツコペン
2002.05~2007.01
第41回東京モーターショー開催記念トミカ
No.3 ダイハツコペン
2009.11
2010041701.jpg
2010041702.jpg
(トミカ1912)
限られたスペースを有効に使うとどうなるか。そうですね四角になっ
ちゃいますね。現在発売されてる軽自動車見てそんな感じしませんか?
真四角。笑 これってデザイナーさんに余裕がなくなってきてる証拠
なんじゃないかな?制限を考えすぎると制限に縛られてしまう。呪縛
って奴ですね。今の日本の自動車どれもそんな感じがしてしまうんです。
しかし、日本人の性格って突飛は許されない。出る杭は打たれるなどという
言葉まであるくらい。常識的なラインなのかもしれません。するとこの
コペンは企画からはみ出した車なのかもしれませんね。
デザイナーさんに拍手です。おぢさん的にこういった無駄というか余裕
が乗る側にも余裕とか色々なものを与えるんじゃないかな、なんて思っ
ちゃってます。スポーツカーの存在ってそういったものだと思うのです。
出る杭なんですね。笑 本日は素敵なトミカが紹介できました。
さて本日ですがちょっとホンダさんの絡みで鈴鹿にやってまいりました。
ここでも車の出る杭を求めて!!笑 ありましたよ。ホンダさんやって
くれますね。これが現代の出る杭なのだと思います。
2010041703.jpg
どうこれ!!エコカーですよ所謂エコカーです。笑 どこがって感じでしょ
中はシートはないし完全にやる気一杯仕様!完全なレースマシン。
少し聞いたのですが燃費はエコカーの分野ではありません。笑
これですよこれ!!無駄っていいですね。何やかやいいながら色々探す
おぢさんでありました。
2010041704.jpg
今の時代こんなオートバイもいいんじゃないのかな?ロードパル懐かしい
ですね。これもある意味非常に無駄っぽくっていい気がする。
本日はこんなところです。明日も鈴鹿です、は~頑張ります!!寝ましょ
寝ましょ。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

さ、2日目となりました。まだまだ先は長いぞ!

さて、本日も楽しんでいきましょう。どうにも仕事が忙しい物でバタバタ
しながらブログ更新続けております。なかなか毎日更新って根性入ります
よね。日記と同じなんですよ。続きそうなんですが続かない。
おぢさんは何とか4年程続いてますね。日記替わりですから止めどない
文章で日々だらだら記事かいております。
本日も昨日に引き続き、第41回東京モーターショー開催記念トミカの紹介
を進めて行こうと思っております。まだ2日目です。先は長いのです。
頑張って紹介していかないといけませんね。本日ですが昨日の車両と
全く関係ないと言う訳ではなさそうな1台となっております。
本日のトミカこんな1台です。ほい。

11-4 スバルインプレッサWRX STI
2008.07~
第41回東京モーターショー開催記念トミカ
No.2 スバルインプレッサWRX STI
2009.11
2010041601.jpg
2010041602.jpg
(トミカ1911)
ちょいとトミカとは関係ないのですが、寒い日が続きますね。皆さん体調
崩していませんか?本格的に異常気象になっちゃってますね。こればかり
は私たち人間ではなんともなりません。せめて風邪引かないように暖かく
してくださいね。
さ、本日の話題を。
トミカの方はスバルインプレッサWRX STIです。この車両もトミカとして
発売され多くのバリエーションが作られております。しかし赤色はこの
シリーズだけですね。イメージ的にスバルブルーが基本のようです。
確かにこのカラーリングが一番しっくり来ます。どんなスポンサーロゴ
入れても様になっちゃう気がします。いいですね~!三菱の車両だと
何となく赤ひれなんですが、やはりスバルにも特定のカラーがあるんで
しょうか?きっとその辺りもこだわっちゃってるんだろうな。
WRカーの良さって、レース車両と、市販車両に大きな差がない事です
よね、スポンサーロゴを全面に張る勇気さえあれば、あっというまに
WRカーもどきが出来上がってしまいます。スーパーGTもどき作ると
色々問題が大きいですから。警察さんからも叱られそうですしね。笑
この辺りの車の人気の高さ、こういった事も大きな要因なのかもしれませ
んね。

今回の第41回東京モーターショー残念でしたね。色々な要員が一気に
重なってしまいましたね。自動車業界不況が一番の要因でしょうが、
しかし各メーカー車両の変革紀に入ったのも要因の一つでしょう。
そんなに簡単にエンジンから主導力を別のものに替えるかとは出来ま
せんよね。あれからほぼ半年が経過し、当時まだ大丈夫だろうと思われて
いたトヨタさんにも色々な問題が発生。何だか明るい未来がなかなか
見えてこない自動車業界さんのようなきがします。どう変わって行くので
しょうね。じっくり流れが見てみたい。そう考えてます。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

実はコンプリート購入は初めてなのです。

何だか物凄く嬉しい。いままでなかなか購入するまで行かなかったの
で。今回縁があり非常に嬉しく思っております。本当はリアルタイム
に購入させて頂いていたのですが、なかなか8日間連続というのですぐ
に心が折れてしまい結局、略半年後に紹介となってしまいました。
でも車種見ていたら、何とかなりそうな気がしてきました。
さ、本日から何と8日間連続のシリーズ物紹介となります。がんばるぞ!!
どこまで頑張れるか。途中で心が折れないように色々と調べながら楽しく
行こうと思っております。さ、シリーズ最初の1台ですがこんな車輌の
紹介となります。ほい。

61-5 スズキスイフトスポーツ
2007.03
第41回東京モーターショー開催記念トミカ
No.1 スズキ スイフトスポーツ
2009.11
2010041501.jpg
2010041502.jpg
(トミカ1910)
スイスポ登場!あれれ。結構出てますね。スイスポのバリエーション。
コンビニ発売トミカにも含まれておりました。人気ですからね!ラリー
車輌として登場するかと、発売当時随分期待してしまいました。結局
WRCにはスイスポが登場することはありませんでした。かわって登場した
のはSX4だったのです。
2007年8月からのWRCへのフル参戦が発表され、WRカーのコンセプトカーが
参考出品車された。その後、2006年7月4日の日本での新車発表会の場に
おいてプロトタイプが展示され、テスト走行の動画も公開された。
2006年7月現在、一部の自動車雑誌などにこのプロトタイプの走行写真が
掲載されている。実際のマシンの開発やレースでのチーム運営は田嶋伸博
率いるスズキスポーツが担当する。
と、まあ、こんな車輌でした。しかしおぢさんの記憶の中でスズキの車輌が
大活躍したという覚えがありませんので、それ程活躍してなかったのだろうか
やっぱり寂しいですね、あれだけ走っていた国産車が現在走っていない。
走っていないわけではないのですが、メーカーがワークス活動をしていない
せめて一社でもいいから復活してくれないだろうか。日本人が思っている
以上にWRCは有名なのです。その証拠にF1でチャンピオンまでとったキミ
ライコネン選手が今年から移籍しております。我が家も北海道是非行きたいな
と以前から計画だけは出ておりますがなかなか実現までたどり着いており
ません。いつかいけたらいいな!諦めることなく計画だけは立てていこうと
思っております。スイスポの話じゃなく、WRCの話になっちゃいました。笑
おぢさんらしい脱線でした。笑 こんな感じで軽く進めていこうと思ってます。
では明日はNo.2を!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

3台セット最終日となりました。

なんとか最終日まで辿り着きました。いや~今改めて感じるディズニー
に対しての知識のなさ。困った物ですね。笑 かといって一生懸命勉強
するタイプでもないのでこのままズルズルと行ってしまうのでした。笑
トミカは大好きなんですけどね、残念ながら販売場所に関しては全く
うといのでした。オールマイティーに解ってしまう方が怖いと思うので
ここは素直にギブアップ!!笑 何とか最終日まで辿り着いただけで
充実感に浸っております。笑 最終日はこんなトミカの紹介になります。

DM-01 ディズニーモータース
ドリームスターミッキーマウス
2008.04
ディズニーモータース ドリームスター
ミッキーマウススペシャル 販売店特別仕様車
3台セット
2010.02
「ミッキー、ドナルド、グーフィーの三銃士」
2010041401.jpg
2010041402.jpg
(トミカ1909)
そして、外箱の外箱。こんな感じでした。笑
2010041403.jpg
お金掛けてますね。さすがディズニー物です。今回の3台も素晴らしい
としか言い様のない良い出来でした。おぢさんは写真にこだわっても
いませんし、そんな腕もありません。ブログ上でトミカの凄さお伝え
する術がありません。個人で手にとって頂く。これしかないですね。
レギュラーもののトミカと並べていただければ、一目瞭然です。
ディズニー品質とでも言うのでしょうか、ずば抜けて良い物が出来上
がっていると思います。
さて今回の3台ですが、兎に角紹介するので一杯一杯でした。何を
どう記事にしていいやら。非常に困ってしまいました。新しく発売
されるもの次から次に紹介して行きたいところなのですが、どうも
その1台で足踏みしてしまう。以前にサメトラックのセット紹介しよう
としたときもこんな感じだった。トミカ自体綺麗で大好きなんですが
いざ記事にしょうと思うと「綺麗だね~」「良く出来てるね!」
こんな言葉しか思い浮かばないのです。ブログの記事書くって本当に
難しいと最近つくづく思うのでありました。
一つ山を越えることが出来ましたので、ここは勢いで紹介出来て
いない大物を紹介して行こうかななんて考えてます。
折角購入したのに紹介してない子山積みです。このままではいかん。
頑張って紹介していかんといかんですね。トミカに申し訳ない!!
明日から頑張ってガツンガツン行こうと思います。今さら~!!
って感じですが気が向いたら見に来ちゃって下さいな。ではでは。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

昨日に引き続き。3台セットを。

なんとも凄い歴史ですね。本日紹介する短編映画も1935年に製作され
た物だそうです。これは凄い1935年、昭和10年ですよ。なんだそれ。
全然見当もつかない時代です。日本がまだまだ封建的だった時アメリカ
ではこんな短編が作られていたんですね。そんな国と戦争しちゃった
訳です…結果は、ね~~。物の考え方見方色々な物が遥かに先をいって
いたんですね。1台のトミカ見ながら、は~~~ってため息ついてるおぢさん
がいます。笑 奥深い物ですね。本日はこんな1台の紹介になります。

DM-01 ディズニーモータース
ドリームスターミッキーマウス
2008.04
ディズニーモータース ドリームスター
ミッキーマウススペシャル 販売店特別仕様車
3台セット
2010.02
「ミッキーの大演奏会」
2010041301.jpg
2010041202.jpg
(トミカ1908)
内容にふれないでしょ、全く知らないからです。笑 綺麗なトミカだな~
くらいしか触れられないのです。しかもこのブログで時代背景に触れても
これまた場違いな感じが一杯です。笑 困った物ですね。
そうそう話は全然変わっちゃいますが、4/1にまたオリジナルがディズニー
リゾートで発売になっていましたね。すごく春から初夏をイメージしたような
爽やかなカラーリングの1台でした。また縁があったら何処かで手に入れたい
物ですね。しかしま凄いペースでオリジナルが発売になって行くディズニー
トミカであります。出せば売れる。凄いですよね。
開発費用も相当掛かっているとは思われますが、それを軽く上回る
売り上げ確実ですね。海外のディズニーランドでは発売されていないのだ
ろうか?アメリカは別のミニチュアカーメーカーが生産してたりしてね
しかし、日本人の器用さがあるから、オリジナル作らせたら日本の右に
出るものないような気がします。いつか進出していくのかな。あ!!
もう進出してるかもしれないですね。
明日がこのセット最終日になります。もう一日お付き合いください。

話は少し変わっちゃいますが、最近気象予報士制度が確立してからというもの
天気予報の当たる確立極端に下がってませんか?全然あたらない。これで
いいのだろうか?最近殆ど天気予報を当てにしなくなったおじさんでありました。
こんなところで、おやすみなさ~~~~い。笑

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

これまた驚き突然販売!

これがあるからトミカは怖いんです。おぢさんのように情報をこまめに
集めない物にとって、突然販売程怖い物はないのです。今回は2月にイトー
ヨーカドーさんから急遽発売になったトミカを紹介して行こうと思います。
イトーヨーカドーさんでは過去にも突然オリジナル販売があったんです。
何も知らずにイトヨオリジナルトミカ購入しに行ったさい、突然購入する
する事になったヤサカバスなんてのもありました。当時からめちゃめちゃ
情報にうとかった。同時に発売してくれるのであればいいのですが、今回
のように平日に発売とかなるとどう足掻いても鳴海まで行くのなんて不可能
でも欲しい。ということで店長にお願いして、通信販売分に乗せて頂きま
した。ありがとうございます。どれだけ店長に助けて頂いてるか。もう
いつもすいません。さ、本日ですがこんなトミカの紹介になります。

DM-01 ディズニーモータース
ドリームスターミッキーマウス
2008.04
ディズニーモータース ドリームスター
ミッキーマウススペシャル 販売店特別仕様車
3台セット
2010.02
「蒸気船ウイリー」
2010041201.jpg
2010041302.jpg
(トミカ1907)
SNSないと実にやばいです。間違いなく買いそびれる可能性大です。
トミカファンのほうが今回は情報遅かったかも知れませんね。ディズニー
ファンさんは凄い情報網もってますから。最近はSNSのお陰でトミカの
発売情報はどんどん充実しております。以前なら間違いなく発売されて後
情報が入って来ていた事でしょう。怖い怖い。それにしてもイトーヨーカドー
さんってディズニーさんと何らかの繋がリが有るんでしょうか?そのあたり
全く知りませんので不思議でしょうがありません。なんでイトヨさんだけ
ディズニーオリジナルトミカ発売するんでしょうね?今回の商品みても
解るんですが実にお金が掛かってるんです。3台セットって書きました。
しかし一般的にトミカのセットとなるとギフトセット形態ですよね。
でも違うんです。各1台づつそれぞれに外箱があり、それを入れる中箱
があるんです。こんなの普通お金掛かってなかなか出来ないですよ。
おぢさんのブログもこんな綺麗な外箱があるのに一気に紹介って訳にも
いきません。従いまして3日間使って紹介させて頂きます。
しかし中にはこんなのが発売になった事すら知らなかった方もお見えだと
思います。残念ながら現在ではオークションくらいでしか入手できない
かと思われます。中には全然知らなかったって方も見えます。
トミカって結構発売されえてるんですよ。一生懸命ついて行ってます。笑
本日題材になってる「蒸気船ウイリー」製作は1928年です!!なんと
82年前。昭和の初期ですよ。驚きです。人気は衰えるどころかまだまだ
上向き加減です。恐るべしディズニー。特徴としてモノクロですね。
なんだかそのイメージを見事に表現しちゃいました。凄いですねデザイナー
何だかずば抜けてます。こんな調子で後二日続きます。宜しくお願いします。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

本日お休みでした!いいね~お休み。

ということでトミカ紹介も、のんびりムードをかもし出しながら。
のんびりといえば救済君。今回も養さんがリサイクルショップから救済
してきた1台を。袋に入って吊るされてた1台なんですが、こんなトミカ
ただのオンボロですよね。誰も買いそうにないのです。子供さんが多い
リサイクルショップ。こういったトミカは以外にも見逃されてしまうの
です。そういった見逃されたトミカをどう拾い上げるかが、最近の我が
家の楽しみとなっております。しかしこの手のトミカが出てくるって
やはりまだまだ荒らされてない証拠ですよね!!お休みの日曜日に
相応しいかどうか解かりませんが、本日はこんなトミカの紹介になります。

4-2 トヨタニュークラウンパトロールカー
1972.10~1975.12
2010041101.jpg
(トミカ1906)
残念ながらセンターピラーの細い太いは比べるものがありませんので我が家
では判断は難しい。解かるところまで調べていくとこんな感じです。
まずホイールですが、今回紹介しているものは1Eです。ということは1Fを
装着している2は消えましたね。参考書にはバリエーションは5種類掲示されて
おりますので残りは4種類。
後判断がつくのは、リブがあるかないかです。今回の1台はリブの存在が
確認されましたので、4か5となります。これ以上の判断は難しいので
今回はバリエーション番号は書きませんんでした。多分、4か5でしょう。
下調べはこんな感じですね。

今回のトミカもいつものトミカと同様袋に入って吊るされてたものですから、
当然のようにボディーサイド等に張られていたであろうシール等は欠損して
しまいました。
以前から、書いてはいるのですが、まず現実に手の上に乗せてみる。これ
我が家では非常に大事とされております。オンボロだっていいのさ!200円
程度でこの車輌が我が家にやってきてくれましたから、おぢさん大満足です。
しかし養さんはめざとい!ちゃんと見つけてきちゃうのです。
大量につるしてある中から欲しいもの見つけるのって根気が要りますよね!
おぢさんには、なかなかそれが出来ないのです。養さん様様であります。
回転灯はつぶれちゃってますね。これも時代と共に!仕方ない事です。
逆に良い味になっちゃってます。いや~今回は良い子が紹介できました。
やっぱり良いですよね、救済君の世界。たまらないものがあります。
この子も我が家でのんびり余生を過ごしていただきます。お疲れ様でした。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

何と今日のトミカ1月発売!!なんてこった。笑

何とも怠慢の極みですね。しかし一杯たまりまくってて。これでも必死に
紹介しているつもりなんですが、全然追いつく気配すら見えてきません。
おぢさんの会社の人と話してても感じるのですが、トミカを必死になって
集めてる人以外、こんなにたくさんのトミカが毎月発売されているなんて
全く知らないみたいなんです。当たり前といえば当たり前なんですが。
毎月2台づつ発売されてること自体知らない方が大半なんです。結構お手軽な
趣味ね!って思われてるようです。本当はメチャメチャ大変なんですけどね
そんなわけで1日1台ペースは出来るだけ守るようにしてますから、こんな
事になってしまいました。ま、これからもマイペースに紹介して行きますので
こんな感じでたまりまくっていくのでしょう。そういえば今日紹介する
トミカ最近出ていないな?そろそろなのかな?兎に角本日はこんなトミカ
の紹介になります。

DM-17 ディズニー・モータース
タップンタップ
ミッキーマウス&ミニーマウスセット
2010.01
2010041001.jpg
ミッキーマウス
2010041002.jpg
(トミカ1904)
ミニーマウス
2010041003.jpg
(トミカ1905)
しっかし、メッサーシュミットがこんな形になっちゃうんですね。しかも
見事なまでにディズニーキャラクターになっちゃってるじゃないですか。
デザイナーさん上手いな。素晴らしいです。絶賛。トミカ好きじゃない方が
一杯買い集めたくなっちゃうのが解かる気がします。ここまでくるとトミカ
とか関係ない世界ですよね。間違いなくもうディズニーの世界です。
噂によると、この元になった車輌、メッサーシュミット社が飛行機のコク
ピット上手く利用して製作した車輌なんですよね。オリジナル車輌のステア
リングはそのまま飛行機の物流用していたそうです。コクピットの開き方も
航空機そのもの。排気量は実に可愛い191cc、単気筒空冷2サイクル、前後に
2名乗車できるという優れものなのです。ミッションにバックギアがなく
後退する時は、一度エンジンを止めスターターキーを押しながら回すと、
エンジンが逆回転します。つまり前進4段、後退4段!!お~~凄い機能だ!
驚きの車輌でしたね。KR200、日本には推定200台あるといわれてます。以外に
長い間生産が続けられていたのです。1955年~1964年。9年間生産されたん
ですね。しかし年式考えても普通に走らせるのは非常に難しくなってきてる
のは間違いなしです。50年以上経過した物もあるという恐ろしい車輌です
こういった車輌が名車なのでしょうね!BMWイセッタとも違いまた独特の
雰囲気の車輌です。何だか憧れてしまいます。目立つだろうな!!!
あ!ディズニーの話題に触れず…。すいません。触れようがありませんでした。
笑 何せ知識がありませんので。申し訳ない。本日はこんな感じで終了と
させていただこうと思います。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

難しいな~。どうしたらいいんだ?

今日紹介するトミカなんですがSUVというカテゴリーとなります。個人的に
あまり詳しくないカテゴリーなんです。
おぢさんは詳しくないんですが人気はあるんですよね。各社色々なかたちで
出揃っているところを見ればその人気がわかります。特に力が入っている
ように見えるのが日産自動車ですね。発祥はアメリカなのでしょうか?
当然デザインは日本人じゃないですよね。北米日産さんですね。ムラーノ
が登場した時は本当に衝撃的でした。大きさも凄かった。全然日本向きじゃ
なかった。この時はレギュラートミカとしてモデル化されませんでした。
後に、日産自動車が協賛するトミカヒーローの車輌としてスポットで登場
する事になりました。日産自動車レギュラー物としては今回が初めてなのか
本日はこんなトミカの紹介になります。

111-5 日産スカイラインクロスオーバー
2010.03~
2010040901.jpg
2010040902.jpg
(トミカ1903)
何の因果か、この日産スカイラインクロスオーバー販売時に少し仕事で関わる
事が出来ました。その時点でおぢさんが見ていたのはポスターになるであろう
写真だけだったんです。「お!いけるじゃん」仕事仲間はみなそう感じた
みたいでした。そして発売前明日より日産ギャラリーで日産スカイライン
クロスオーバー展示されますとのこと。みんなで見に行きました。
……。無言で帰ってまいりました。笑 自分たちは写真しか見ていなかった
今から考えれば当たり前なんですよね。カメラマンさんが何千枚の中から選んだ
一番かっこいいであろう一枚の写真。誰が見たってカッコイイのです。笑
大きさも解かりませんでしたしね。こんなもんですよ製作なんて。笑
しかし、一社でなんで3種類のSUVを販売する必要があるんでしょうか?Xトレイル
入れたら4種類です。力はいってますよね。しかし街中をそれ程多くのSUVが
走っているかというとそうでもなさそうですね。なかなかメーカーさんの思いは
お客様には届いて頂けないのでしょうね。難しいものです。
でもね、こうして色々なカテゴリーが選べるってのは非常に幸せなことだという
事です。皆さんそれぞれお気に入りのメーカーがあり色々選べるって素敵なこと
です。我が家が大好きなホンダさん一気に販売車種を絞ってしまい、選ぼうにも
選べない。なかなか辛い事になってしまいました。難しいものですよね。
どんどん車人口が減っていると聞きます。就職したら車買うぞ!なんてのは今は
ないのかもしれませんね。現在はまだまだ車欲しい世代が残ってますからいいですが
10年後、20年後絶望的な状況になってなきゃいいんですけどね。心配ですね

レギュラー物紹介って難しいですね!全ての車に詳しいわけでもありませんから、
記事非常に困ってしまいます。ましてやトミカにも詳しくないと来てますから
問題山積み!ついつい足が遠のいてしまいます。これにてレギュラー物追いつき
ました。しかしまだまだ紹介し切れていないトミカが山積み。ま、少しづつ
焦ることなく紹介続けていきましょうね!ではまた明日。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

名古屋では名古屋鉄道さんが使ってるのかな。

ごめんね。定かではない。この車輌なのかどうかイマイチ解かっていま
せん。調べりゃいいんだけど、ちょいと現在忙しくって調べられないで
います。怠慢です。すいません。
しかし朝はよく見かけます。名鉄BCに吸い込まれるように入っていく車輌
車高が低く天井にリュックしょったみたいな感じ。非常に愛らしい。
定床にするためにみんな上に持って行っちゃったんでしょうか。なかなか
目立つカラーリング。頑張って働いています。名古屋市内では名鉄だけだと
思うのです。市営バスはまだ走ってないですよね。いつかバスの主流になっ
ていくのかもしれませんね。時代の流れって速いですよね。ついにバスまで
エコハイブリッドですよ。大型ダンプとかも売りに出さないのかな。
さ、本日はこんな車輌の紹介になります。

72-5 三菱ふそうエアロスターエコハイブリッド
2010.03~
2010040801.jpg
2010040802.jpg
(トミカ1902)
何ともバスについての知識がない。申し訳ありません。
このトミカが発売された時、SNS内でも話題になっておりました。のっぺり
ボディーまったくといっていいほど色がないのです。サック箱のなかには
2枚に分かれたステッカーが入っております。老眼のおぢさんには非常に
厳しい仕様となっております。おぢさん基本的にステッカー貼れない人
なのでどれだけ細かくても何の問題もありません。笑
我が家の、三菱ふそうエアロスターエコハイブリッド君は一生のめっとした
ボディーのままでしょう。笑 
しかし、渋いリリースですよね。トミカならでは。バス人気は世界共通です
よね、最近アジアのバスが気になり。養さんと色々調べてみました。
香港のバス専門ミニチュアカーショップ。凄く大規模です。あのHPみてたら
香港行きたくなりました。非常に魅力的です。バス専門であれだけ大規模
にできるって、ひょっとして香港のかたってバス大好きなんですかね。
是非一度行ってみたい。ちょっと近いところの夢が出来たような気がします。
楽しみ楽しみ。さ、本日少し少なめの文章ですがこれにて。
明日はもう少し頑張って書きたいな!何とも時間がなさ過ぎて。申し訳ない。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

店長のお店に届けにいけない!申し訳ない。

本日紹介するトミカなのですが、店長の分も購入したんですが
なかなか配達に伺えません。申し訳ない。
そう言えば養さんが今度お邪魔しますよね。その時に配達
させます。遅れてしまって申し訳有りません。
3台スーパーオリジナルトミカの〆がこのトミカです。
我が家このトミカなめてました。笑 AEONだし、全然大丈夫
なんて思ってのんびり構えてました。するとどうでしょう!
イベント中にお話を伺っていると、今回は何だか品薄とのこと
ありゃりゃ???こいつはやばい。ということで急いでお店に
う~~~~。おぢさんが住んでる地域は田舎なんでしょうか?
全然品薄じゃなかった。笑 結構一杯いました。
やはり同じ名古屋地区でも場所によってこんなにも売れ方が
変わるんですね。西の方は全然OKでした。嬉しいやら悲しいやら。
非常に複雑です。
さ、本日のトミカなんですがこんなトミカの紹介になります。

92-5 トヨタコースター
2005.04~
AEONオリジナル
消防車タイプコレクション 第6弾
2010.03
2010040701.jpg
2010040702.jpg
(トミカ1901)
トヨタ車2連発です。これいいですよね。人気があったの解る
気がします。実はいつも購入する店舗では残り1台でした。でも
売り切れてはいませんでしたから、名古屋中心部に比べ比較的穏やか
に売れていっているようです。このAEON港店、いつもどんな時も
売り切れになるような事がなかったのですが、今回はおぢさんが
購入した1台で品切れとなったようです。この店舗で品切れって
凄いと思います。やはりトミカコースター人気が有るんですね!
しかし以外にもそれほどバリエーションが登場している訳では
ないようです。なかなかバリエーション作るには難しい車両なのかな
企業名入れて良ければ幾らでも出来そうな気がするんですが
なかなかそんな訳には行きませんもんね!

確かコースターがリリースされた時って新車限定カラーなんて
のが一緒に売りに出されていましたよね。もう随分日にちが
経過してしまいました。5年も経っちゃったんですね。早いものです。
なんだかトミカ購入しだしてから1年が早く経過していきます。
歳のせいか…とかいいつつ明日も続く。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

ついにこれで最後ですか。残念だな!

2000GTワールド。思い切りましたね!アピタピアゴ。絶対売れると確信して
たんでしょうね。毎年お正月は何も言わなくても2000GTでしたから。1年間
通して2000GTでも何の問題もないというわけでしょう。しかしその考えに
まんまと乗ってしまったおぢさん。笑 奇数月がメチャメチャ楽しみでした。
これはおぢさんだけではなく、きっと多くの方がそう思っていたいたことで
しょう。特に店長は満足の1年間だったことでしょう。筋金入りの2000GTファン
ですから!次は何をしてくれるのか非常に期待しています。
兎に角3大スーパー緊急自動車から離れたところで勝負してくれないかな?
少し突飛な企画なんかやってくんないかな。ちょっと楽しみにして見ていよう
各社趣向をこらして頑張っていただきたいものです。
さ、ほんじつはこのこです。

TL0021 トヨタ2000GT
2002.09
アピタピアゴオリジナル
トヨタ2000GTワールド
第6弾 パトカータイプ
2010.03
2010040601.jpg
2010040602.jpg
(トミカ1900)
いいよね~古き良き時代の車輌ですよね。そうそう先日岐阜方面に行った時
東海北陸自動車道で240ZGにぶち抜かれました。めちゃめちゃ良い音させて
ました。あの手の車にぶち抜かれても全然切れませんね。笑 頑張れ~
とか逆に応援しちゃってます。笑 しかし日本が作り上げた長物車輌本当に
カッコイイですよね。アメ車の長さもいいのですが、少し日本の道では
大きく感じてしまいます。その点基本の設計が日本ですとピッタリはまる
低い車高に長いボンネット。こりゃ最高にカッコイイ!!瞬間でしたが
高速道路で拍手してしまいました。笑 
Z、2000GTともに兎に角カッコイイ!!今一番おぢさんが乗りたいなと思う
車は日本車なのかもしれません。しかし、そんな憧れの車輌をこんかい現代
のパトカー仕様にしてしまいました。無茶!!笑 ま、それがアピタピアゴ
トミカの良いところです。未だに夢の車輌をリリースしてくれてます。当然
評判も二分してしまいますが、いいじゃないですか。そんなの気にせづ我が
道を行っちゃって欲しいものです。なにせチープなトミカ見ると非常に魅力
を感じてしまうおぢさんですので。今年のお正月仕様のトミカ見たとき最高に
幸せな気分になりました。さ、次はどんなシリーズで来るのかな?AAワールド
なんてのも好きだ。笑 やってほしいな~。
さ、本日はこの辺りで。明日は3大スーパー物の〆です。また明日も宜しくです。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

大変遅ればせながら。先月のトミカを!

先月は何だかメチャメチャな量の仕事を抱えどうしていいやら訳が
解からず。そんなときは救済君に頼ってしまう。良いのか悪いのか
そうなるとどうしてもリアルタイムにトミカ紹介するのが難しく
なってきちゃう。ふと気づいたら本来真っ先に紹介している3大
スーパーオリジナルトミカを全く紹介していないことつきの最初に気づく…
ま、毎度のことですが。笑 今回はまた月またぎという強烈な遅さで
紹介することになりました。今日から3日間は3大スーパーオリジナル
トミカで行きます。宜しくお付き合いください。
本来月の最初の週の土曜日に発売されるイトーヨーカドーオリジナル
トミカなのですが今回は何故か20日に発売日が伸びてしまいました。
おぢさんと養さんも全然知らず、朝までしっかり購入に行く気まんまん
でした。何気にSNSを覗いたら、「今日は発売がない!」との情報が。
そんなこんなで3月の紹介を逃しました(いいわけだ~~!!笑)
さて、3月20日に発売された商品を今日紹介させて頂きます。
今回は締め、こんなトミカになります。

67-7 ランサーエボリューションX
2008.03~
イトーヨーカドーオリジナル
パトカータイプコレクション
第6弾 三菱ランサーエボリューションX
2010.03
2010040501.jpg
2010040502.jpg
(トミカ1899)
お!羽根つきパトロールカー。やる気満々!いいですよね。
リヤっぱね着くだけでやる気を感じる。実際のパトカーも威圧をアピール
するために、羽装着っていかが?無理か。笑
1年間で6台。1年ってあっという間ですね。早いこと早いこと。今回の
オリジナルトミカで各スーパーオリジナルトミカ〆となります。今回の
イトヨさんは、三菱ランサーエボリューションXちょっと順番間違った感じで
すよね。トヨダAA型最終に持ってきたら相当激しい終わり方になったと思わ
れます。〆にふさわしい売り切れ終了!こんな感じだと次回に弾みがつく
ってものじゃないですか。おしい!今回も発売当日はお仕事につき購入
出来ず。1日おいてのんびり購入でしたが、全然余裕って感じでした。
レジ横に大量に並んでいました。
物としては人気のランサーエボリューションXですがパトロールカー。
ま、確かに今までにないバリエーションですね。しかしイトヨさんそろそろ
パトロールカーを始めとする緊急自動車シリーズ以外のシリーズが見たいと
思うおぢさんでありました。
過去にはマーチという大ヒット作を生んだイトヨオリジナルトミカ。また何か
仕掛けてくれないかな?朝早くから並ばなきゃって思わせてくれる商品リリース
出来ないものでしょうか?おぢさんならどうするかな??
やっぱり可愛いシリーズがいいと思うな。何だかわくわくするシリーズ。
ラパンいろいろシリーズなんて非常にウエルカムです。兎に角来月も何事も
なかったかのように新しいシリーズが始まるといいな~~。おぢさん毎年
5月は憂鬱になってしまいます。三大スーパー揃って新しいシリーズに突入
してくれること願ってやみません。今のところ打ち切りとかの情報が飛んで
いませんので何とかなるのかな?是非何とかなってほしい。イマイチ何が起こ
っても不思議じゃない時代ですから。来月ふたを開けて見ないと解からないのが
怖いところです。あまり貢献できませんがちゃんと購入しますから。頑張ってね!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

リミテッドって難解ですね。

リミテッドは全品コレクションではなく、縁があって入手出来た子が
このブログで紹介されていくのです。考えたらトミカリミテッドレギ
ュラー商品ですらまともに購入してないのに、ましてやセット物となる
と余程の縁がない限り…ね~~。しかしありがたいことにリミテッド
を含めセット物って思わぬ値段で販売されている場合が非常に多い。
本日紹介しようとしているリオテッドも実に安価にて販売されており
養さんがすかさず購入してくれました。
リサイクルショップでは箱なし使用感たっぷりトミカってのが通常品
として店頭に並んでいたわけですが、最近は箱つき物も当たり前に並んで
いる訳です。どんどん変わってきてるんですね。お店によってはミニカー
屋さん?と思わせるほどの品揃えを誇る店舗もあります。あちこちに
ミニカー屋さんがあるみたいで、非常に嬉しいおぢさんでありました。
さ、本日ですが非常に嬉しい車両の紹介になります。こんな2台が我が家
にやってきてくれました。こんな2台の紹介になります。
2010040401.jpg
GROUP C CAR 2MODELS
TOMICA LIMITED
2005.02
`84 SKYLINE TURBO C
2010040402.jpg
(トミカ1897)
`85 SKYLINE TURBO C
2010040403.jpg
(トミカ1898)
しかし良いできですね!素晴らしい。細かなところまでしっかり作り
込まれております。流石リミテッド。やはりスポンサーステッカーが
多く張られたレースマシンはリミテッドには向いているのかもしれま
せんね。良い!非常に良いです。

トミカリミテッドってトミカにあまり興味のない方から見ると全く別の
商品だと思ってる方多いようです。何を隠そうおぢさんも、トミカ集め
だしたとき全然別の大きさのものだと思っておりました。実は同じなんだよ。
このリミテッドの生まれた理由などおぢさんは知りもしませんでしたから
現行版トミカの豪華版なんですよね。並べてみれば同じ大きさなんです。
違和感はありません。今はまた販売の定義が少しづつ変化して来ている
ようです。時代と共に定義も変化しているのです。なかなか深いな~。
レギュラー発売されている商品には番号が付けられているのです。…が
本日紹介している車輌は番号がないんですよ。ここがまた不思議なところで、
突然番号なしのリミテッドが登場してきたりするのです。
現行トミカでその豪華版であればリミテッドとして突然登場してくるのです。
中にはトミカのレギュラー商品として存在しないものまで登場してしまい
ました。これは…。やっぱり昨日に引き続きトミカは奥深いわけです。
解からないことが一杯。笑
何はともあれ、おぢさんの大好きなCカーということもあり、以前から非常に
欲しい一品ではありました。運良く我が家にもやってきてくれました。
非常にありがたいことですね。本日も感謝しながらまたトミカ紹介出来ました
本当にトミカって底知らずです。底どころか。全然全体像すら見えません。
これが全てのトミカです!って発表しているHPもありませんし。いったい
何台存在するんでしょうね。は~~無限トミカスパイラルです。凄い凄い。
さ、また新しい1週間の始まりです。また頑張って行きましょうね!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

トミカファンの凄さ今回も思い知りました。

好きこそ物の上手なれ。よく言ったものです。何事によらず、
好きであれば自然それに熱中するので、上達する。とそんな意味です。
トミカファンというのも実にそんな感じなんですね。大好きでなけれ
ばこんな細かな見分けなど出来ようはずがない。おぢさんもトミカ大好
きなのですが、見分けなど全然できません。凄いな~と驚きながらいつ
も情報に乗せていただき、トミカを購入させていただくおぢさんです。
それにしてもこんなにはっきり違いが出てるって珍しいですよね。これは
買わねばなるまいって、おぢさんも思ってしまいました。本日のトミカ
ですが、今回も某SNSから頂いた情報を元に購入したトミカの紹介です。
こんな子の紹介になります。

117-4 三菱i
2006.07~
2010040301.jpg
2010040302.jpg
(トミカ1896)
情報の細かさ、半端ではありません。おぢさんは細かな写真は載せません
が、最初この情報知った時は驚きました。バリエーションの発見にも驚いた
のですが、それより一度購入したであろう現行番トミカを製造ロットが違う
というだけでまた購入しなおしているというトミカファンが多く存在する
と言う事実。こちらの方に驚かされました。皆さん購入されているトミカ
の台数半端じゃないってことですよね。今回のようにバリエーション違い
という成果にたどり着けたからいいのですが、そうでない場合も非常に
多いのではないのでしょうか。まさに研究ですよね。確実に研究課題で
すよね。凄すぎる。
この写真でははっきり解かりませんが、実は何が違うかというとリアに
その秘密があるのです。そう何とリアワイパーが付いてるんです。発売
当初のものにはこんな仕様はないのです。明らかに別の金型ですよね。
ほらこんな感じです。
2010040303.jpg
ベトナム製三菱iワイパー有。
これは明らかにバリエーションですよね。最初この記事を見たとき無性に
欲しくなってしまい、慌ててトミカショップに走りました。ありがたいです
トミカショップの存在。最新ロットのトミカが確実に存在します。欲しい
ロットが確実に入手できるのです。素晴らしいことです。
皆さんの研究成果に勝手に乗せていただき、ありがたいな~と思いつつ
購入し、紹介するおぢさんでありました。
※実はiにはこれ以外にも多くのバリエーションが発見されたのでありました
凄いことです。おぢさんはここまでで終わりますが、さ~皆さんはどこまで
追求されたのでしょうか。
トミカは奥深いぞ~~!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

であろう…非常に曖昧。笑

最近不思議と縁があるのが、このディズニーリゾートオリジナルトミカ。
以前は全く我が家には、やってきてくれなかったんですが最近ちょくちょく
救済君で発見する事ができるようになりました。もともとディズニー物
ですから確実に全国に出回っております。しかし根強いファンが多いのか
なかなかリサイクルショップなどに出回る物も少なく、直接買いに行かない
我が家にはなかなか高嶺の花でした。そして何処かにあったんでしょう、
「ここに手を出しちゃいけない!!」そんな恐怖心。笑 次から次に登場
してくるディズニーリゾートオリジナルトミカ達。内心収集しだすのが
恐かったんでしょう。本腰入れると全部欲しくなっちゃいますもの。ヤバイ
てな事で殆ど購入していなかったわけですが、最近は多くのトミカ仲間が
出来た事も有り、有難い事に収集する事が可能になって来ました。新しい
物は購入しています。少し購入し出すと、あら!不思議。あれだけ見かけ
なかった救済君もやってくるわけで。本日はそんな救済君で見つけた車両
こんな感じです。

ディズニーリゾートライン3両セット
2006.07
先頭車両
2010040201.jpg
(トミカ1894)
中間車両
2010040202.jpg
(トミカ1895)
…ではないのかな?です。これぐらいの仕訳しか出来てません。
おぢさんリアルタイム収集でない事も有り詳しい事が解らないのです。
この車両、とくに先頭車両は「トミカディズニーリゾートラインセット」
6台入にも同じ色が有りますね。このセット中身見分けは付くのでしょうか?
研究者の多い題材ですのできっと差違を発見されておられる方も見えるかも。
なにせ比べるのもが有りませんので、どう仕分けていいやら。悩みます。
あ!単品でも販売されているのかな。う~~これは厄介。一層解らなくなって
来ました。なかなか一筋縄ではいきませんね。奥深いな~トミカの世界。
しかし今回は1台250円と比較的良心的なお値段にて吊るされておりました
のでちょいと購入です。
あ!後尾車両は何処いっちゃたんでしょうね?1台だけ何処かに忘れ去られて
しまったんでしょうか?可哀想に。仲良くセット購入といきたかったのですが
実に残念です。う~これまた難解な1台が残ってしまいました。後尾車両だけ
発見するなんて至難の技です。笑 また何処かで縁が有るのでしょうか?
あるといいね。2台が淋しそうにしてますから、早く遊びに来て下さい。笑

兎に角色々な物が、雑然と吊るしてある中からチョイスするスリル。これ
なかなかたまりませんよね。何だか微妙になりつつ有る記憶力との戦い!笑
日々苦闘しておりますが、ダブリという敗戦は避けられません。そんなのも
含めながら楽しくリサイクルショップを利用するおぢさんでありました。
これって絶対ボケ防止に一役買ってると思います。色々少ない記憶掘り起
こす。トミカは色々な意味で生活に関わって来ているようです。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

我が家がトミカを集め出した頃。

そんなに昔ではないのですが、いや、十年ひと昔といいますから
しっかり昔扱いなのかも知れません。笑 切っ掛けはイトーヨーカドー
さんがオリジナルで発売したマーチでした。当時の車業界、可愛い車
旋風が吹き荒れておりました。実車のマーチにぞっこんだった養さんは
ミニチュア集めにも本格参入。笑 そんな中非常に画期的な1台が登場
それが本日紹介させて頂く1台です。ベースは何だったんだろう?
大きさ等から考えるとヴィッツなのかな?曖昧さが売りのブログです
しっかりした情報はWebにて検索お願いします。笑
自動車が非常に楽しかった頃の1台なのかも知れません。
本日はこんな1台紹介させて頂きます。

27-6 トヨタWill Vi
2000.11~2004.08
ピカピカトミカ 04
2001.04
2010040101.jpg
2010040102.jpg
(トミカ1893)
本日も救済君にて紹介になります。吊るしなのに特徴的だった袋も付属
されています。う~なかなか珍しい。ピカピカトミカ自体救済君で登場
してもボロボロって場合が多いですから。今回は比較的程度良しです。
ね、本当に荒らされてないリサイクルショップでしょ。なかなか普段
出てこない物が出て来てくれる。有難い事です。最近紹介してる救済君
は1店舗で入手してます。なかなか品揃え良しです。
一時期色々なお店の店頭に無造作においてあった気がします。今と
なってはなかなか入手も難しいかも知れませんね。購入してない原因
としてブリスターパックだった事、これが大きな要因ですね。最近は
ブリスター物にも興味が行っております。というかブリスター好きです。
妙な魅力が有ります。いつか残りの5種類とも仲良くなりたい物です。

当初トミカ収集始めた頃はコンパクトカー限定だったんです。日産マーチ
Will Vi、Willサイファ、凄く限られた車両のみの購入だったんですね。
ま、イトーヨーカドーさんに並んで購入している内にどんどん範囲は拡
がっていったわけです。トミカの働く車購入しだした頃にはもうすっかり
トミカの虜になっておりました。
我が家に唯一展示されているトミカ。マーチ棚ってのがあるんですが、
名前のごとく中身はマーチーです。2ケース有ります。1つはマーチで
しっかり埋まっておりますが、もう一つはまだまだ埋まるまで行ってません
間を埋めているのは、サイファとViなんです。今でもやはり基本は忘れない
養さんなのでありました。
今から思い出すとViは試乗すらしていません。サイファは乗りに行った
な~いろいろ記念品頂いた記憶が有ります。車業界あの当時は凄く活気が
ありました。またあんな時代が来るのかな。現在はECO色に染まり過ぎて
車の個性忘れてる気がします。個性、やはり可愛いは不滅だと思うおぢさん
でありました。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

FC2Ad