養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

そうですよね!1台で終わるはずもなく…

当然のようにお仲間も登場して来る訳です。しかしこのトミカ、シュー
ター装置が以上に高いのか、定価がちょっと…なのです。税込1,470円。
これきついですよね。3台出ちゃったんだな。ってことは4,410円ですぜ!
バリエーションのトミカが欲しいが為に4,410円って強烈ですよね。出来
るだけお安い所で購入しましょうね!例えば大手電気屋さん玩具売り場と
か、大手外国資本玩具屋さんとか。なかなか大変なんですよトミカ好きも
 さて、カーズトミカシリーズこれで終わるとは思っていないのですが、
実に小出しにちょろちょろと新車が登場して来るんですね。確かにいっぺ
んに発売されるのも大変なんですが、このちょろちょろってのも少し興味
が薄れ気味になる可能性もある訳で、なかなか難しい所ですね。
 個人的には年末あたりトミカくじ利用してカーズ登場するのかな?とか
思っていたんですが、今の所そういった情報は流れて来ませんね。しかし
ディズニーストアーとか侮れない販売店がありますので、油断だけはしな
いようにしておこうと考えております!笑
 さ、本日ですがこんな車両の紹介になります。
 
フランチェスコ・ベルヌーイ
シューターボックス
(ハイスピードタイプ)
2011.08
2011103101.jpg
2011103102.jpg
(トミカ2523)

 またまたこの1台が欲しいが為に、こんな高いものを購入してしまいま
した。うにゅう~~自己嫌悪。なんですが、個人的には凄く満足感が一杯
なのではありました。
 今回の車両の違いですが、やはり違う所は目なんですね。これだけの為
に1,470円ですは…。
 因に(スタンダードタイプ)はこんな感じでした。
http://youkei3298.blog43.fc2.com/blog-entry-2091.html
確かに違うでしょ!2011.06に発売となっております。
人気のある内に販売しないとね!最近の映画のペースって本当に早いです
この前まで話題になっていたと思ったら、もうDVD発売ってなってますか
らね。あっという間に忘れ去られて行ってしまいます。ディズニーさんの
強みは、CSなどにディズニー専用チャンネルがありそこをうまく利用しな
がら、新たなショートストーリーなどを流し、いつまでもファンの興味を
持続させることができるという凄い力持ってますからね!中には映画とは
全く関係ないストーリー展開が始って行くテレビシリーズなんてのもあり
ます。こうなるともう不動ですよね!個人的にはカーズもこうなって欲し
いんですが、なかなか思ったようにはいかないでしょうね!まだまだ一杯
キャラクターが登場してくれたら、トミカも継続的に新バージョン発売し
てくれるでしょうからね。是非これからも頑張って続けて頂きたい。

 さて、ミニカー仲間の皆さんミニカー収集を止めると言う事はありませ
んが、色々な方面に広がって行ってますね!いつもお世話になっている
「店長のひとりごと」店長ひろみさんも、念願のバイク購入が決まったよ
うです。いや~~目出たい!!年齢と共に趣味の幅を広げる。一つにこだ
わらない!素敵な事だと思う。年々経済的には厳しくなって来てる気がし
ますが、そんな中出来る範囲で楽しんで行く。楽しみがないと一生懸命仕
事出来ないですからね!W.M.C.Cなんだかまだまだ広がって行きそうな気
がしています。いつまでも若く楽しく!さ、不良中年になりましょう!!爆
スポンサーサイト

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

やはり、カーズは簡単に終わらない。笑

トミカで遊ぶ可能性を広げるってのが、今回の商品なのではないでしょ
うか。基本的に中に入っているものは一緒。トミカなんですよね。ホット
ウイールなんかにも昔あったような気がする。勢いつけて発射させて、レ
ールのようなコースを走らせる。そんなのありましたよね。自分が小さい
時近所のお金持ちの子が持ってた気がするんです。何だか凄く羨ましかっ
た。今回の商品コースはないんですが、トミカを打ち出すシューターが付
いており、勢いよく発射することが出来る。
 しかし自分達トミカが好きなものにはこのシューターは全然興味の対象
外なんですよ。何が欲しいか。そうなんですね、中に入ってるもの。走ら
せる対象のトミカが欲しいわけです。しかし、このシューターがあるお陰
でお値段はとんでもないお値段。トミカ3台分!!。いや~負担が大きい
 トミカそれ程興味ない方とか、集め始めて間もない方とか、まさか中身
のトミカが違うなんて思いもしませんよね!実は違うんです。本当に些細
な違いなんですが確かに違うんです。その証拠に裏板の名前がしっかり違
う。こうなるとトミカ大好きっ子としては放っておけない。高いの覚悟で
購入するしかない。うむ~~。大変です。本日のトミカですがこんな感じ
の子が登場してきます。

ライトニング・マックィーン
シューターボックス
(ハイスピードタイプ)
2011.08
2011103001.jpg
2011103002.jpg
(トミカ2522)

 結構前に発売になっていたんですけどね。ま、このブログはマイペース
が売りみたいなところがありますからね。笑 結構自由です。
 しかしこうしてみると未だに8月発売になったトミカが紹介出来ずに残
っている。どんだけ売りに出たの?って感じですよね。ちょっとやりすぎ
感一杯の8月でしたね。題目にも書きましたが、本日から少しまたカーズ
で楽しんで行こうと思います。しかしここまで来ると楽しいんだろうか?
 結構苦痛だったりもする。ディズニー好きの方でも、ここはスルーして
いる方も多いのでは。それも仕方ない気がするのです。しかし…。
 ライトニング・マックィーンが入ってるとなればこれは放って置けない
しっかり購入しました。今回の仕様は(ハイスピードタイプ)なのです。
どこが違うのでしょうか?はい!毎度お馴染み、目の違いだったりします。
 ちょっと気合の入った目してませんか?よく判らない?
こちらが(スタンダードタイプ)。
http://youkei3298.blog43.fc2.com/blog-entry-2089.html
ね!違うでしょ!この目の違いの為だけに購入するトミカ好き!驚きでし
ょ!自分が驚いてます。笑 この執着心!!
実は8月に発売になったもう一つの大物セットの中身ライトニング・マック
ィーンの仕様は全く違うのです。
http://youkei3298.blog43.fc2.com/blog-entry-2119.html
今回のものと目の形は同じですよね!しかし何とボンネット上の模様が違
っていたり、屋根上のゼッケンの大きさが違っていたり、大きな違いはリ
アウイングだったりします。8月に発売になった3台のマックィーンでもこ
れだけ違ってるんです。凄いでしょ!トミカって同じ仕様では発売されな
いってことなんですよ。
 え!違うの!!って思われたカーズファンの皆さん。急いでお店に走ら
れよ!!まだまだ売ってるぞ!!と、悪魔の囁き。笑
 しかし驚きなのは、マックィーンだけではなかったんです。もう少し紹
介は続いていきます。少し付き合ってね!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

あ~働く車オンパレード。

流石にトミカ中心に6年間も紹介し続けていると、この時点で持ってな
いトミカを探して購入するとなると、当時あまり興味のなかった働く車に
向かう訳です。昨日紹介したバスもそうですが、働く車ですよね!ま、自
分が好き嫌いした結果が今頃こんな形で現れてしまうんですね。
 企業さんがオリジナルで作られているトミカ10年程経過してもショップ
さんには在庫として残って行くんですね。当時の販売価格が幾らだったの
かよく判りませんが、結構なお値段で販売されていた事は確実ですね。
 年数を経過する事により余剰在庫となった現在、思わぬ値段で販売とな
っているわけですよね。今から考えると、ブログを始めた頃に発売された
車両です。オリジナル車両ですからきっと欲しかったとは思うんです。し
かし当時は今のように簡単に手に入らなかった。個人で購入するにしても
送料など掛ってしまい1台が結構なお値段になってしまう。そんなこんな
で諦めたんでしょうね。働く車といっても、本日紹介している車両の元は
普通の軽自動車ですから、興味はあったと思います。いまは収集も少し落
ち着き何でもかんでも購入ってのが無くなりました。のんびりペースで縁
がある物だけ我が家にやって来る、って感じになってきました。この車両
もリアルタイムと言う訳ではありませんが、縁があって我が家にやって来
ました。こんなのんびりペースもなかなか楽しい物です。
 さ、本日の1台こんな車両になります。
 
71-7 スズキワゴンR RR
2001.06~2007.02
ガリバーオリジナル
JR東日本保線車両
2006.02
2011102902.jpg
2011102901.jpg
(トミカ2521)
 
 I年に1度行われるイベント。兎に角車大好きな方が全国から長野県に集
まるのです。そしてこれがフランス車の集まりともなると、結構マニアッ
クなんですよね。出店している店舗もこういったクルマイベントとしては
非常に多い方だと思うのです。主催者側も凄く優しいんでしょうね。駐車
スペース色々な所でお店開いても誰も文句いわない。今回のトミカはメイ
ンテントの販売ブースでちゃんと業者さんが販売しているトミカなのです。
 それもミニカー好きなら皆さん知ってる有名店です。フランス車イベン
トなんですがきっと自分のように出店しているお店に興味を持っている者
も多いと思うのです。お店側も目玉になる安価なトミカ毎年用意してくれ
てるんですね!有難い事です。長野までの交通費考えると決して安いトミ
カじゃないんですが 笑 しかし我が家は旅行込で遊びに行く事にしてい
ますので楽しいお土産って感じです。

 さて、本日の保線車両なんですが、JRさんという大きな会社ですから敷
地内移動用の車両か何かなんでしょうね。保線に使われる専用車料は他に
あるはずですので。ま、保線と言っても幅が広い訳ですから。色々な用途
があるのでしょう。いぜん勤務していた会社には素敵な保線車両が存在し
ておりました。土台はスズキキャリイだったかな?少し曖昧ですが。ボデ
ィーはそのまま、軽トラの荷台には幌が張られたよく見かける軽トラです。
 しかし足元を見ると、ちゃんと列車の車輪なんですよ。この車両どこで
見掛けたのかな?岩倉だったか、新安城だったか、随分昔のことで記憶が
定かではありません。現在も活躍してるのかな?当然ですがナンバーはあ
りませんでした。それほど大きくない私鉄では経費節減の意味合いもあり
こういった車両が活躍していたんでしょうね。
 この車両で除草薬運んだ記憶もうっすら残っています。何だか凄く昔の
ようなきもします。不思議なものですね。
 トミカが思い出させてくれる、昔の想い出。う~ん。奥深いな!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

少しだけ休憩頂きましょう!

休憩って言っても、トミカ紹介お休みする訳ではないんですよ、ちょっ
と前に発売されたトミカなんかを紹介しながら、だらだら過ごす時間の事
なんです。PC仕事してる自分。休憩はWebだったりします。結局PCなん
ですね!トミカ紹介もそれと似た感じがあって、自分の意思とは関係なく
セット物として発売された商品を紹介していると、どうしても気持がギュ
ウギュウになっちゃうんですよね。トミカ好きとしてはトミカ紹介してい
るんだから、何の問題もないはずなんですけど、それでも精神的に追い込
まれる感じがするんですよね。不思議な物です。
 そんなこんなで、大きな単位のワンセットを紹介し終えた時には、いつ
も救済君を紹介してみたり、少し前のトミカを紹介してみたり、色々な方
法でリフレッシュを図って行くのでした。今回もそんな谷間のトミカ紹介
なんです。
 今回は先頃参加したイベントFBM会場内で結構お安く販売されていた物
を購入して来ましたので、そんな子を紹介してみたいと思います。こんな
1台になります。 
 
1-4-24 三菱ふそうエアロクイーン
2000.06~2008.05
新日本プロレスオリジナル
2001.12
2011102801.jpg
2011102802.jpg
(トミカ2520)
 
 このプロレス団体オリジナルバス、他にもあるんです。存在は以前から
知ってはいたんですが、トミカのバスに手を出すと本当に大変な事になる
っていう感覚があった物だから、手を出していませんでした。
 ま、しかし苦手意識克服の為にバスシリーズなども一杯紹介させて頂き
以前程バスから遠ざかる事も無くなりました。しかし積極的に購入までは
まだ行けないのも現実です。今回のようにイベント会場で結構お安いお値
段で売買されていたりするとついつい購入してしまいます。
 オリジナル商品ってなかなか全ての数を捌くのって難しいんですよね!
今回の商品も発売が2001年ですから略10年経過して、まだ新品が販売さ
れている状況なんですね。
 個人的にプロレスも大好きですし、いろんな意味でお知り合いの多かっ
た新日本プロレスさんのバス今回たまたま入手出来ましたので紹介となり
ました。
 現在はどうなんでしょう?選手や関係者バスで移動しているんでしょう
かね?以前はどの団体もバス移動が一般的でした。スター選手は別だった
ようですけどね。そんな事から目を付けた会社さんが製作された物なので
しょう。しかしプロレス団体バスとはマニアックなところに目を付けた物
です。結果は10年後の現在も安い値段で販売と…皮肉なものです。

 こんなかんじで本日はお気楽なトミカ紹介となっております。あ!決し
て働く車が大好きって訳じゃないですからね。笑 何だか苦手意識克服が
大好きに写るようです。車種うんぬんは置いておいて、トミカは大好きで
すから、これからもジャンル関係なくガンガン紹介して行こうと思ってま
す。あ~、良い感じで休憩させて頂いてます。
 明日も休憩トミカ行きます。何が出てくるか判らないってのも楽しいで
すよね!明日も安売りトミカ行きます。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

よし!最終日に到達!!

又一つ、トミカくじの紹介終わる事が出来ました。何だかホッとします
ね。長い間ずっと放置でしたから、このままブログ上でも紹介される事な
く暗所に保存となってしまうのか…って思ってたんですが。よかったよか
った。こうして紹介してみて始めて気付く事も一杯ありましたね。まず、
このセット自体がコンパクトカー中心のセットだった事。もうその辺に気
付いていないという恐ろしい状態。笑 平均的に派手派手って言うよりも
渋い系でまとまったカラーリング。一台づつしっかり見る事もなかなかあ
りませんでしたので凄く楽しかったです。そして軽自動車の紹介が多く、
結構知らなかった事も色々勉強させて頂けた事。うん!今回もトミカくじ
紹介は有意義でした。又少し苦手にしていた軽自動車も改めて調べてみる
と面白いと言う事を発見です。やはり好き嫌いはいけないですね!
 
 さ、最終日の車両に付いて少し触れてみましょう。最終日に相応しいか
どうかは皆様の判断にお任せするとして、この車両が発売された時ディー
ラーさん最悪の状況でした。こんなにスタイル抜群で注目を浴びる車両を
持ってしても、当時のディーラーさんの状況を好転させる事は出来なかっ
た。もしかしたら潰れちゃうんじゃないかとも言われていました。
 本日の車両ですがこんな車両の紹介となります。
 
117-4 三菱i
2006.07~2010.04
トミカくじIX 綺羅星 16
2006.12
2011102701.jpg
(トミカ2519)

 良く頑張ったよね!本当に三菱さん潰れちゃうんじゃないかって思いま
した。リコール隠しとか結構問題になってましたもんね。始まりは三菱ふ
そうさんのバス事故に端を発し、大きく色々な所に広がっていたんですね。
 そんな時期にこの車両は発売になりました。三菱さんとしたら何とかし
て信用回復、そしてお客さんをもう一度ディーラーさんに呼び戻そうとい
う一生懸命さが感じられました。しかしその思惑も残念ながらそれ程効果
はなかったのかも知れません。
 デザイン的にも素晴らしく、他社の追随を許さない程モーターショーな
どでは注目を浴びていました。我が家も現車を見たかったので三菱のディ
ーラーさんにお邪魔したのです。あの時の三菱ディーラーさんの淋しさ、
今でも思い出せます。別に買う訳でもなくただiを見に行っただけなんです
が、とんでもない量のお土産頂いて帰って来た事思い出します。
 お客さんが殆ど来なかったんでしょうね。販促品のみが余っていた状況
だったようです。その後努力され現在はしっかり元に戻られているようで
す。良く持ち直した物です。
 今では、逆にEV部門のTOPを走っているのは三菱さんだと思います。
 ニッサンさんがリーフ発売で必至の追随を見せている中、しっかりとし
た、土台を元に好調を続けているようです。なんとニッサンさんにOEMで
軽ワゴンを出してしまうと言う太っ腹!!
 三菱さんはもう次に目が言ってるのかも知れませんね。EVも新型車種は
その後発表になってないみたいですし、そろそろ新たな車両が登場しても
良いのかも知れませんね。今後の三菱さんの動きにも注目したい所です。

 さて、最終日ですので外箱を!これが毎度ながら大きい!なかなか上手
く写真に撮れません。なんだか申し訳ない。こんな感じでした。
2011102702.jpg
 雰囲気だけ。笑
これにてトミカくじIX 綺羅星終了になります。
又少し時間頂いて次のトミカくじの紹介させて頂きます。先は長いですね
頑張らないと。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

さ、残りは2台です。

今回も寄り道しながらも、何とか最後まで辿り着けそうな気がしています。
以外に最初から20台紹介しなきゃいけないってなると、先見ちゃって凄く
長く感じるんですよ。ま、紹介しだせばいつものトミカ紹介と何ら違いが
ない事に気付くのです。ま、こんな勢いでまだまだ残ってるトミカくじ紹
介していこうと思っております。頑張るぞ~!!
 自分は今回もいつもと同じようにレギュラー番号の若い順で紹介して行
きました。こう言った再販物を含んだセットの場合、目玉になるレギュラ
ー番号は非常に若かったりします。すると最初に固まって目玉紹介って事
になってしまう訳で…若干面白みにかけるのかな?なんて考えたりしてい
ます。今回のように箱に番号がある場合は番号順に紹介した方がいいのか
もしれませんね。次回から少し考えながら紹介進めて行こうという反省点
でした。
 だから残りの2台がつまらない車両かと言うと、個人的には結構好きな
車両が残り嬉しかったりしてます。本日の車両も経済的に余裕があったら
乗ってみたい車両でもありますね!実家に帰った時もし軽自動車と言う選
択が必要であれば、この車両も有りなんじゃないかとおもってます。
 本日紹介する車両は軽自動車ではありませんがミニという、軽自動車カ
テゴリーも存在していますから。魅力あるな~~。この車両なら養さんも
気に入って乗ってくれるような気がする。さ、本日の1台こんな車両です。
 
112-2 三菱パジェロJr
1996.09~2002.02
トミカくじIX 綺羅星 17
2006.12
2011102601.jpg
(トミカ2518)

 レギュラー車両はルーフにキャリアが付いていた気がします。この何も
ない仕様もなかなかさっぱりしていいですよね!四輪駆動車、過信はいけ
ませんが、自分の田舎のように山の上にあると非常に役に立ちます。滑り
出せば車なんてどんなのに乗っていてもダメですが、滑り出しまでが非常
に頑張ってくれる。山には非常に威力発揮する車両です。
 しかし最近は低燃費競争の影響なんでしょうね。とんと、この車両の話
題は出て来なくなりました。車は確かに低燃費がいいのですが、それでも
楽しく乗れなきゃ意味がないような気がするんですが…。 残念ながら、
実車は1998年をもって生産終了となってしまいました。
やっぱ人気なかったんでしょうかね?決して悪くないと思うのですが、ち
ょっと中途半端だったかもしれない。選択肢の多さは良いと思うのですが
今回は外れてしまったようですね。残念!!
 色々な意味で、この時期にこのセット紹介出来たのは非常によかったで
すね。色々考えさせられました。

 個人的なイメージなのですが、パジェロって価格帯が結構上のほうにあ
りませんか?ちょっとお高めの車両ってイメージがあるのです。
 現在発売されているパジェロミニで調べてみました。
一番上のグレード
Puremium Selction Navi Edition VR 1,696,000円
一番下のグレード
XR 1,241,000円です。うむ~軽自動車としては高価ですかね。ま、買え
ない値段じゃないですね。
 そしてこんな選択もあります。OEM車両の購入。
日産自動車から販売されているKIX。これってパジェロミニなんですよね
価格なんですが、1,593,900円~1,404,900円。なるほどやはりOEM車
両はちょっと高めですね。色々検討のできる車両ではあります。
 軽自動車の燃費侮るなかれ、ターボ付き車両ですと普通車より燃費が悪
い場合が結構ある。気を付けないといけませんね。最後は実車に行っちゃ
いましたね!ちょっと興味がある車両紹介出来たのでついつい真剣に価格
検討してしまいました。笑 トミカみながら何考えてるんでしょうかね。
 さ、明日は最終日です。がんばって締めていこうと思います。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

さて、ミニカー紹介に戻っていきましょう。

もう、本当にすいません。ついついわき道にそれてしまう。ミニカーだ
けでなく色々なものに興味持ちながら楽しんでいる我が家です。ま、飛行
機見に行くのも趣味の一つです。旅行も趣味の一つです。そして車本体。
何だか滅茶苦茶趣味の多い、そして金のかかる趣味の多いこと。笑 一生
懸命仕事して、一生懸命遊ぶ。これが我が家の楽しみ方です。
 次は11月27日かな。今度は輸送機とは違い戦闘機見に行こうと思ってま
す。次回行く場所は駐車場の用意がないそうです。公共交通機関で行かね
ば!そのときは又脱線します、申し訳ないが宜しくお願いいたします。
 
 さ、ミニカーブログに戻っていきましょうね!一日あいただけなんです
が随分間が開いたような気すらする。不思議ですね。トミカくじIXももう
少しラストスパートしていきます。
 本日紹介しようとしている車両なんですが、W.M.C.Cのなかにオーナー
さんがおられます。今年の春、遠足時にじっくり拝見させていただきまし
た。そしてじっくり見すぎて、写真取るの忘れてしまったのです自己嫌悪
又機会があったら一杯写真を取らせて頂こうと心に決めております。
 自分の中で軽自動車というとどうしてもスバルさんが出てくるんですよ。
やはり「てんとう虫スバル360」のイメージが強いんでしょうかね。
 そして本日紹介しようとしている車両が発売時に使ったのが「NEWてん
とう虫」やっぱり。スバルさんはスバル360をいつも意識してるんだなと
感じました。しかし、そのネーミングに負けることのない、実に考えられ
たデザイン。当時デザイン的には群を抜いていたと思います。本日はそん
な皆さんの印象に残っているであろう軽自動車の紹介になります。
 こんな1台です。 

111-4 スバルR1
2005.06~2010.03
トミカくじIX 綺羅星 2
2006.12
2011102501.jpg
(トミカ2517)

 私だけではないと思うのです、この車両印象に残っていませんか?ネー
ミングも素晴らしく特徴的ですよね。先に発売されたのいはR2の方だった
と記憶しております。このR2ですが。360ccの時代にスバル360の後継車種
として登場していたんですね。ということはR2もスバルさんの中では、伝
統を継承する名前なんですね。R2が発売された後ですのでR3かと思いきや
NEWてんとう虫ですから、先代の後継者ということになりR1になったのかも
しれませんね。実際にはR1とR2の大きさは随分違うのです。R1は2+2シータ
ーパッケージという方式がとってあり、我が家の車と一緒、あって無いよ
うなリヤシートになっています。大きさ的に軽自動車枠考えると全然余裕
のはずなんですが、乗車人員のことを優先するより、デザインを優先した
感じが、当時のスバルさんの本気度を感じさせます。
 そしてもう一つ印象に残っているのがコマーシャル。養さんはたしかビ
デオテープ持ってたと思うのですが、なかなか可愛い、誰が見ても可愛い
CMだった印象です。
 実に残念なのはスバルさんが軽自動車の生産販売を辞めてしまったこと。
それによって、この車両の後継者はもう現れないって事ですよね。残念!!
このデザインセンス、今の軽自動車に絶対必要だと思うのです。またいつ
かスバルさんから軽自動車発売があること願ってやみません。しかし現実
的に難しいのも承知です。なんだか悲しいですね!!

 さてこんな実車は如何でしょう?
2011102502.jpg
2011102503.jpg
2011102504.jpg
2011102505.jpg
現在日産ギャラリーに展示中の車両です。何でこんなにカッコいいんだろ
う当時クラッシュしてへこんだボディーもそのまま保存がしてある。これ
が又いい味になってる最高な1台ですね!日産ギャラリーさんいつも楽し
い車両見せてくれてありがとうございます。感謝感謝。
皆さんも時間ありましたらぜひ見に行ってみてください

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

またまた脱線!申し訳ない。

今年の開催はないと諦めていた、小牧基地航空祭。何と開催!!驚いた
そしてすかさず参加してきました。三菱重工さんの駐車場に車を置き、シ
ャトルバスにて小牧基地に出かけました。名鉄バスの方が言ってました。
 今年は以上に人が少ないのだそうです。なんとシャトルバスが9時時点
でまだ一往復も出来ていないのだとか。それだけ参加する方が少ないのだ
と思われます。
基地に入ってお出迎えはこの機体。養さんはもうこの辺りから興奮状態に
!!笑
2011102401.jpg
UH60J
 カッコイイよね!回転翼も間近で見ると大迫力!好きです。
年に一度の楽しみ。今日も一日しっかり楽しもうと心に決めて見学開始。
2011102412.jpg
2011102402.jpg
U125A
 これも実は結構カッコよかった。救難訓練の実演も行われ、頭上を何度
も飛んでくれました。いや~カッコイイ。UH60Jとの組み合わせ。絶妙でし
た。
2011102404.jpg
お!今年も来てくれたんですね!ホークアイ!おぢさんこの機体に萌えで
す。
2011102405.jpg
 特にこのエンジン周りから。プロペラ辺りが最大の萌えポイントです。
プロペラの文字なんかもう鳥肌物です。笑 なんか素敵じゃないですか。
普段全く縁のない飛行機ばかりですから、もうなんだか見てるだけで時間
が過ぎ去って行きます。
2011102403.jpg
 この垂直尾翼のマーク、何処の基地のだと思います?因幡の白兎
2011102407.jpg
当てたら偉いぞ。笑 って偉そうなこと言うつもりはない。美保基地のエ
ンブレムですね。
 そしてこの垂直尾翼が又萌え機体なんですよ!!ほら!!
2011102414.jpg
YS11 もう涙物じゃないですか。まだこの機体現役なんですかね!今回も
美保基地から飛んできたんでしょうね!凄いぞ!YS11こんなに近くで見た
の本当に久しぶりです。
2011102406.jpg
 そして、一昔前の機体とはいえ最高に魅力的なきたいF4ファントムもう
最高!!この機体好きな方多いと思う。自分大好きです。この機体は岐阜
基地から来たのかな?いいな~最高にカッコイイフォルムですね!
2011102411.jpg
大きいのはいかが?C1。写真では判りづらいが実はかなり大きい!!

そして今回の航空祭我が家の目玉は、これ!KC767
2011102413.jpg
機内も見ました!う~ん。燃料の上にこれだけの人乗せるのか…複雑だな
いつ爆発するか心配だったりして。
2011102408.jpg
2011102409.jpg
最後はやはり小牧といえばこれ!C130H
2011102410.jpg
実は今回浜松と同時開催ということもあり、人が分散したのではと言われ
ております。F15もきませんでしたし、なんだかんだで少し人が少なかった
感じがありました。我が家はお陰で大満足!楽しかったです。又来年も絶
対行きたいと思う養鶏でした。
 すいません明日はちゃんと元に戻りますからお許しを。

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

いや~嬉しいですね!ホンダ車続きます。

さて、昨日W.M.C.Cの10月定例会が終了いたしました。何が楽しいのか
って思うでしょ。本当に楽しいんだよねこれが。気合入れてミニカーの話
とかしてる訳でもないんですよ、皆それぞれ色々なお話で盛り上がってい
る。実車の話アリ、仕事の話アリ。話題は色々。兎に角一月に一回、皆さ
んで疲れを癒すってのが最近の集まりの目的のような気がします。
 東日本大震災に端を発し、私達が住む中部地方の大企業がみな木金休み
というシフトを敷き、節電に協力したのでした。そんな影響もあり多くの
企業が、はっきりいって滅茶苦茶な状況となり凄くハードで大変な状況と
なってしまったのです。当然といえば当然、この集まりも車関係の方も多
く、なかなかお会いできなくなってしまいました。そんな方達もシフトが
徐々に元に戻り何とか参加できるようになって来ています。
 しかし、仕事の混乱はそんなに簡単に収まるものではありません。昨晩
ももうヘロヘロ状態で参加されている方もお見えでした。少しの時間でも
のんびり出来たなら、それでこの会の役割は十分達成ですよね。
 楽しい集まりです!
 そして、皆さん色々な方向に収集が向かっていることに今回お話させて
頂気づく。本当に多種多様!面白いんです。でも色々なメーカーにスペシ
ャリストがいるのっていいことですよね!皆さん独自の世界どんどん広げ
て行ってくださいね!お話し聞いているだけでも楽しかった。
 今月もまた頑張って仕事ができる気がします。

 さて、綺羅星も終盤戦です頑張って紹介して行きましょう。トミカくじ
って今回もそうですが、なかなか手強い!難しいものですよね。自分の好
きとか嫌いとか関係なくトミカ紹介していくわけですから、これは大変!
 昨日の定例会でも言われました。「鶏さんって、働く車大好きなんです
か?」って。うむ~…こうなるような気はしてました。本来は全くダメな
人なんですよ。乗用車メインなんです。
 でもトミカ全体は大好きなので好き嫌いはダメだと思い一生懸命紹介し
ているんです。しかし、その一生懸命が逆に大好きみたいに見えちゃうん
ですね。でもこれって、決して悪くないことだと思う。ある意味一生懸命
が報われてるって事ですよね!これからも得意分野ではありませんが一生
懸命紹介して行こうと思ってます。
 本日は乗用車だから、ちょっと安心してます。そして大好きなホンダ車
こんな1台の紹介になります。
 
83-1 ホンダシビックGL
1974.01~1977.10
トミカくじIX 綺羅星 12
2006.12
2011102301.jpg
(トミカ2516)

 名車ですよね。少し前にも触れましたが、シビックという名前がホンダ
のラインナップから現在消えつつあります。これから先全く復活がないか
といえばその辺りはどうなるのか私達一般人にはわかりませんが、ヨーロ
ッパの方では相変わらずの人気を博しているようで2012年モデルも発表さ
れておりました。個人的には前モデルの方が好みかな。しかしこれはあく
まで個人的な好みの問題。ニューモデルが絶対的に好きな方もおられるは
ず。感想としては現代のホンダ車の顔してるってかんじです。ユーロシビ
ックが発表された時のような衝撃はありませんでしたが、見事にホンダ好
きの心は掴んでいると思います。
 このヨーロッパ製シビックですがひょっとしたらアコードのように欧州
生産、逆輸入的な立場で生き残っていく可能性もあると感じます。
 現在も決して少ないくないシビックファンの気持ちを繋ぎとめる2012年
モデル。さ~どんな形でホンダファンを楽しませてくれるんでしょうね!
ちょっと期待しております。

 そして、又本日も悲劇が起きてしまいました。シモンチェリがレース中
のアクシデントで亡くなってしまいました。う~~ん。何とも若い才能が
減っていくのは本当に悲しいことです。心よりご冥福お祈りいたします。
 あなたの強烈なインパクトのある走り絶対忘れません。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

そろそろ終わりが見えて来ましたね!

もう少しですね!頑張って紹介して行きましょう!!
軽自動車のOPENって何だか素敵ですよね。金額的にはコンパクトカーよ
りはるかに高価なんですね。普通乗用車のOPENもそうなんですが基本的
に大量に売れて行く車両では無いと思うのです。従ってこういった車両を
作るメーカーさんもラインでは無く手作りだったりします。軽自動車の場
合どうなのかよく判りませんが、少し前に紹介したミゼットIIのように、
手作り車両も無い訳では無い。こう言った生まれながらに遊びの要素を持
った車両達って非常に手間がかかるように出来ているのかも知れませんね。

 軽自動車のOPENといえば、やはり一番最初に思い浮かぶのはコペンで
す。ま、つい最近まで製造販売されておりましたので、皆さんの印象の中
にもしっかり残っている事でしょう。現在販売されていない事を知らない
方もお見えになるかも知れません。元気一杯でまだまだ町中を走り回って
いますから。印象は強い事でしょう。
 OPENというカテゴリーからは少し外れてしまうのかも知れませんが、ス
ズキさんから発売されたカプチーノと言う車両もありました。この車両っ
って天井が外せたんですよね。外せばOPENタイプとして楽しめたように
記憶しているのですが。うむ~ちょっと曖昧。申し訳ありません。
 そして、本日紹介するホンダが作った傑作、ビート!!コペンに比べ販
売された時代に少し差がありますので、ちょっと旧式なイメージもありま
すが、自分は滅茶苦茶大好きな車です。大きさも本当に余裕を持ったサイ
ズ軽自動車のフルサイズとかにこだわってる感じとかも無く、軽量にそし
て楽しい走りができるように設計されているように感じます。
 さ、本日はホンダさんの傑作。こんな感じのビート紹介して行きます。
 
72-2 ホンダビート
1992.04~2001.07
トミカくじIX 綺羅星 11
2006.12
2011102201.jpg
(トミカ2515)

 やはり、ビートと言えばこの黄色ってイメージが強いですね。今回のト
ミカくじ綺羅星なんですがホイールの色がゴールドになっておりますので
簡単に見分がつきますね!ちょっとした事なんですがトミカは再版品に同
じ仕様が無いと言われています。
 凄く些細な違いなのですが、この些細な違いを見つけるのが又実に楽し
いのでありました。これでどんどん深みに嵌って行くコレクターさんも
おおいのです。かくいう自分もそんな独りです。
 
 さて、本日のビートなのですが我が家が乗っているCR-Zが発売された時
結構手放されたオーナーさんが多いようですね。まだまだしっかり楽しみ
たいと言うオーナーさんも当然沢山おられる訳で、あくまでもビート愛好
家のなかの一部分の方と言う意味です。我が家にも1台古い車がいるのです
が、この車両とビートは略同い年なんですね。我が家の車両に関して修理
の際少し問題になって来ている事があるんです。それはそろそろ細かな部
品とかが生産中止となって来ているのです。まだまだリビルトもあります
し、完全に修理不能ってわけではないのですが、やはり年々その数が増え
て来ています。我が家は非常にラッキーな事に未だにディーラーさんで面
倒みて頂いてますので、しっかり色々な所からパーツ掻き集めて修理して
くれています。
 しかしお話を聞いていると、ビートの場合独自性の強い車両なのでパー
ツの流用があまり利かない。従ってパーツ生産が終わってしまうと、そこ
でその部分は修理不可能って事になってしまう。徐々に平常の走りを維持
するのにお金がかかってしまう状態になりつつあるようです。
 年式も年式ですから仕方ない事です。無い物は作る!そんな根性でビー
トオーナーさんは一生懸命維持されているんでしょうね。しかし、本当に
オリジナルの状態で維持するのって難しいですよ!!我が家はオリジナル
維持していますが、金掛ります。
 養さんが大切にしている車両ですので頑張って維持して行こうと思って
ます。東海レモンファミリー。皆さん頑張って古い車維持しております。
 オーナーさんが手をかけるのを辞めた時、その名称の車が世の中からま
た1台姿を消して行く事になるのです。出来るだけ頑張って行きたい物で
すね。絶滅危惧種。動物と同じなんですよね。我が家の車も日本に何台走
っているのかな?最近ちょっと気になったりしています。

 さ、本日は定例会です。この記事を書いているお昼休み。今の所平穏無
事ってところです。早く終われる事願って、頑張って仕事して行きます。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

着々と進んで行くのでした。

新しいトミカなんかも発売されているにも関わらず、全くその話題に触
れようともせず、マイペースに少し前のトミカを紹介し続けるこのブログ
何だか良いんだか悪いんだか。笑 ま、個人的な場末のブログですので、
文句など出ようはずも無く。ただただ好き勝手に進めております。笑
 本日紹介する軽自動車、自分としては最もメジャーでは無いかと思って
います。二大巨頭としてダイハツのミラというのもありますね!個人的に
は本日のワゴンRの方が印象強いです。一時期なんか街の中走っている軽
って言えばワゴンRみたいに思ってた時期があった。思い込みって怖いも
のですね。実際には他にも走ってたんでしょうが、自分の中であの形の軽
自動車イコールワゴンRだと思い込んでいた。それだけ当時は軽自動車に
興味が無かったのだろう。しかしこうしてトミカにもなっており、次世代
のモデルチェンジ版までレギュラー番号頂いております。如何に車自体が
有名だったかトミカが物語ってる気がします。
 名古屋って言う車に優しい街に住んでいると、軽自動車の必要性がいま
いち薄れがちです。道は広いは、駐車場にも困らない。しかし自分の田舎
なんかでは、冗談のような話ですが名古屋の歩道より狭い道が非常に多い。
こんな場所で大きな車はどうなのか?実家に帰った時は流石に考えさせら
れます。
 しかし長距離走る時は軽自動車は辛い。排気量が大きい方がアクセル操
作は圧倒的に少なくて済む。やはり2台持ちが理想なのかもしれない。
 自分も年齢が行くに従って大きな車は…って思ってしまう。そろそろな
のかな?そんな強迫観念にかられながら本日の紹介です。 

71-6 スズキワゴンR
1998.05~2001.06
トミカくじIX 綺羅星 9
2006.12
2011102101.jpg
(トミカ2514)
 
 少し前に新車の講習会があった時、こんなお話が出て来ました。果して
皆さんには当てはまるんでしょうか?
 「年齢が行くに従って、運転者は大きな車を取得したくなる。」 
トヨタさんで言う所の、クラウンクラス。ニッサンですとフーガなのかな?
非常に購入者の年齢層が高いのだそうな。そうなのかな????どうも自
分にはこれが当てはまらない気がしてならないのだが…。逆にどんどん小
型化して行ってる気がする。確かに長距離は一つ前に乗っていた車両の楽
だった事。それはそれは比べ物にならない程疲れなかった。現在は長距離
結構辛いです。しかし、以前の車より運転していて面白いのは事実。
 乗り心地を選ぶのか、楽しさを選ぶのか。高級車になれば当然乗り心地
が良くて当たり前。でもなかなか購入出来ない。ヨーロッパの高級セダン
などは両方を兼ね備えている。良いに決まっている。しかし残念ながら私
たには購入する資金が無い。片方しか選べない訳だ。したがって楽しい方
を選びました。その選択が良かったのか、悪かったのか、数年経ったら結
論が出ることです。もう少しのって色々体感したいと思っている所です。

 軽自動車もそうなんだろうか?コペンとワゴンRでは同じ軽自動車でも
天と地くらいの差がありますよね。乗車スペースを極力広く取ろうと設計
された車両と、スポーティーに楽しむ為ってのを重視して作られた2人の
りのスポーツマシン。これまたどちらを選ぶか!究極の選択ですよね。
 基本的に軽自動車に高級感を求めるってのも無い話だろうと思いますの
で、スペースの問題だけでしょうね。どちらを選ぶのかは買われる方の心
ひとつです。とにかく色々な選択肢を作って欲しい。現在軽のスポーツタ
イプ存在していません。是非とも復活をまっております。何とか軽自動車
っていう選択肢をおぢさんに下さい!!メーカーさん宜しくお願い致しま
す。キビキビ系るんるん小型車両キボンヌ!!笑

 あ~やっと週末ですね!と言いながら自分はしっかりお仕事です。しか
し明日はW.M.C.Cの定例会です。楽しみです。何とか開催時間には仕事方
付けて、店長の店に駆け付けたいと思っております。良いですよね、楽し
みがあるって!!仕事があっても全然気にならない!頑張れる気がする!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

一杯出ているんですねトミカの軽自動車。

こうして、トミカくじを紹介していて思い出した事があります。トミカ
収集し出した頃のこと。ミニカーショップなどは殆ど利用していなかった。
 というより、名古屋のミニカーショップ、1軒くらいしか知らなかった。
トミカって嘘みたいに高いってイメージしか無かったのです。(今から考
えると、そのお店の相場が少し高かったのかもしれない。)なので、ミニ
カーショップでの買物は殆どしなかった。オークションに頼っていたんで
すね。しかしこのオークションと言う物は欲しい物が欲しい時に出て来る
って訳ではないんですね。今日紹介するトミカだけでは無く、結構な数の
縁が無いトミカってのがあるんです。最近は兎に角トミカが一杯欲しいと
言う時期が少し治まり、欲しいトミカを手に入れて楽しむ方向に移行しつ
つあります。そんな購入方法に移ったにもかかわらず、以前購入したトミ
カたちが大量に残っており、現在のように古いトミカセットを紹介し続け
る状況が続いております。すると、当時欲しかったトミカは忘れ去られ、
そのままの状況で未入手って状態です。笑
 本日はミニカトッポなのですが、このレギュラー品ブルーの車体。箱付
き美品は未だ入手出来て無いと記憶しております。いまなら、結構簡単に
購入出来そうですが、取り合えず放置プレーで!!笑 ま、そんな不思議
な車両のカラーバリエーションを紹介して行こうと思います。こんな感じ
に今回は仕上がっています。

71-5 三菱ミニカトッポ
1992.05~1998.05
トミカくじIX 綺羅星 18
2006.12
2011102001.jpg
(トミカ2513)
 
 それほど高い訳じゃ無いんですよね、しかしなかなか縁が無いのです。
救済君は結構いるような気がする。こんなもんですよ。笑 個人的に軽自
動車の形としては非常に好きな形です。スピードを求める形ではありませ
んが以前から触れているように、用途の広い車両ですよね。
 商用から、遊びまでいろいろで使えそうな気がするのです。
最近の軽自動車はボンネットタイプって無いじゃないですか。何だか凄く
ざんねんです。本日紹介しているミニカトッポみたいな車両作ろうとした
ら絶対ボンネットが要りますよね。現行の軽自動車では基本設計からしな
いと無理って事ですね。最近少し軽自動車について興味を持ってる我が家。
 もし購入するのであれば絶対面白い軽自動車じゃないといやじゃないで
すか。個性のある車両ってないのかな?
 これから先訪れるであろうコンパクトカーブームにどのような形で軽自
動車が絡んでくるか興味津々なのでした。
 残念ながらスバルという選択肢が消えてしまった今、スズキさん、三菱
さん、ダイハツさん、そしてホンダ こんな所でしょうか。そして絶対OE
M車両だけは買いたくないもんですね。独自性の強い1台こんなのが狙いで
す。きっとどこかが出してくれるきがする。軽自動車の未来も明るいとい
いのだが…。スズキさんが以前発売したtwin。この車両にもハイブリッド
があったのご存知ですか?しかし残念ながらハイブリッドの優位性が引き
出せないという理由から以外に早い時期に発売が中止となってしまいまし
た。現在ならどうなのかという意見もありますが、スズキさんはEVの方向
に方針を転換したようです。何処か軽自動車の軽量メリット生かした化け
物HV製造、販売してくれないかな?ちょっと期待しております。

 結構頑張って軽自動車紹介してますね!もう何台目なんだろう?
まだまだ続く軽自動車攻勢!こうして軽自動車のとりこになっていくのだ
ろうか?そんなわけないか。笑 トミカの軽自動車ラインナップ本当にす
ごいですね。日本のミニチュアカーメーカーらしい車両の数々!!海外の
ミニカー好きには結構面白いラインナップなんじゃないかと思えるのです
が如何ですかね!さ、軽自動車同様これからのトミカにも期待大です!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

時は流れて…。

トミカでは世代が変わっただけです。しかし実際には相当な年数が経過
しております。時代時代で求められる性能とその形。そしてIIという名前
を頂き登場した車両。全く違うような、それでいてこれはこれで良いかと
納得出来る面白い車両が登場しました。人気があったのか、個人的にあま
り良く判りません。しかし発売当時は民放でもCMが盛んに流れ世間一般の
評判は決して悪く無かったのだと思います。しかし実用性の面からはメイ
ンで使用するには乗車人数も問題有りでした。商用車としてはスペースが
若干小さめということもあり、軽トラックの需要に食込むまでは行かなか
ったのでは無いかと思われます。あくまでも趣味の車と言うイメージが強
く感じられる車両でした。外観的にもラインにのせるには問題が有りそう
なパーツも多いかんじでした、案の定手作り車両でした。
 マイナーチェンジもされ、その車両にはワンボックスタイプも登場して
きました。助手席の位置が非常に特徴的だったのを記憶しています。
 実際に荷物が沢山運べたかは少し疑問です。笑 こちらも趣味の車だっ
たのでしょう。残念ながらこの特徴のある車両も現在は生産発売されてお
りません。趣味の車応援団としては、できる物ならミゼットIIIなんかが再
発売されたらいいな~~って思ってます。

 これは、正式なインプレッションではありません。自分が勝手に感じた
事書いてるだけですから。車に対して感じた事から先に書いてみました。
ちょっと気分転換。笑
 さて、本日のトミカこんな1台の登場になります。 
 
62-6 ダイハツミゼットII
1997.04~2004.05
トミカくじIX 綺羅星 6
2006.12
2011101901.jpg
(トミカ2512)

 そうか、時代が変わるとこんなにも変わってしまう物なんですね。しか
し、全体のコンセプトは先代のミゼットを引き継いでいる気がします。デ
ザイナーさん、good jobですね!これから先小型自動車がどんどん注目さ
れる時代がやって来そうです。ダイハツさんもまたミゼット復活願って止
みません。
 今、車ってどうなるのかって考えた時、個人的にどうなるのか判らない
ところは、車全体の大きさ。そして、私たちが見慣れている車の形。
 現在メーカーさんが発表しているようにEVが主流となった時。現在のよ
うな車の形って必要無くなりますよね。モーターもインホイールモーター
が装着されれば、エンジンスペースが必要無くなります。根本的に車の形
が、一昔前のアニメに登場したような車両が登場する可能性が出て来ます。
違和感ですよね。慣れればそれはそれって感じなんでしょうが。車好きが
どこを好きかによって、今後自動車趣味の在り方が大きく変わって来そう
な気がします。確かにプリウスが発売された時、HVなんか見向きもしな
かったし、まさかHVが主流になるなんて思いもしなかった。ましてや、自
分が乗る事になろうとは想像すら出来なかった。排気量1500ccに乗る事
になろうとは…。
 自動車サイズも現在の半分くらいになる可能性が高いですよね。エンジ
ンルームが必要無くなるだけで、大きさは相当変わるのでは。
 当然ミッション、ドライブシャフト等色々な物が必要無くなる。根本的
な車に対する考え方変えないといけないかも知れません。
 本日紹介しているミゼットIIの進化を見る時。20年後の車の形想像する
ってのが無理なのかも知れません。自分の時代は終わっているのでしょう
が見てみたい物ですね。車の進化、鉄腕アトムになかなか追いつけません
が、着実に近付いてるよね!犬パトカー時代はやってくるのか!笑
 

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

外せない車。

何にでも外せないものってありますよね。今回コンパクトカーのシリー
ズ。軽自動車含めてと言う事です。うむ~これは外せない車両多いですね。
本日紹介する車両などは、トミカとしても出せば売れる、目玉だったりす
るんですね。このトミカくじ以降も結構再販されております。人気がある
んですね。このブログでも何台紹介した事か。それでもすべてのバリエー
ションが紹介出来ている訳ではありません。一杯出ているんですね。
 本日はダイハツミゼットを紹介したいと思っております。
 ダイハツミゼット。気のせいなのかな?少し前までレストアされた美し
い車両が極稀ではあるのですが走っていたのを見掛けた事があります。最
近は日本車を中心にするイベントにも参加していませんので、現車を見か
ける事が本当に無くなってしまいました。
 生産された年代を考えると、そろそろ動態保存するのも難しくなって来
ているのでしょうか?現在の道路状況等考えた時、特に名古屋のように車
が多い場所では旧車は厳しいです。車の走行スピードもどんどん上がって
いますし排気量考えても残念ながら普段の足として使うのはそろそろ無理
が来ているのかもしれませんね。個人的な意見としてはいつまでも元気に
現役守って欲しいのですが、車両にも相当無理をしいる事になりますから
何とか後世に実動車両残す為にも、セーブしながら致し方ないですね。
 さ、本日のトミカこんなカラーリングになります。
 
62-5 ダイハツミゼット
1991.06~1997.04
トミカくじIX 綺羅星 3
2006.12
2011101801.jpg
(トミカ2511)

 このダイハツミゼットですが、最近一生懸命実車にこだわる、トミカの
なかで結構オリジナリティー溢れる種類でもあります。発売当時、これ程
沢山のカラーリングが存在したとも思えません。当時の車両を見るとカラ
ーリングは落ち着いた物が主流なのです。メタリックは無かったと思う。
 商用車でしたからね。ま、現在は可愛い車両の代名詞となってます。
ホロとかはって荷物運んでましたね!当時ハードトップなんてあったのか
な?FRP技術なんて当然無かったとおもうので、無かったでしょうね。
??オリジナルであったのかな?そんなの聞いた事が無いな…よく判りま
せん。そうそう、ホロと言えばホロにも会社名とか入ってましたよね。
あれって印刷だったのかな?そんな印刷技術も進歩して無かったと思う。
 企業名とか企業マークなんかがドアに手書きされていたりした。よく考
えると、ドアに企業名とか入った車両自分も乗っていたのですが、あれっ
て完全に手書きですよね。今から考えたら凄い職人技ですよね。現在はPC
技術もすすみ殆どがカッティングシートで賄えてるようです。それでもダ
メな場合は大きめのステッカー作って貼ってしまう。何だか簡単な時代に
なってしまった物です。おぢさんのような手作業で仕事始めたアナログ人
間にとっては少し淋しい時代になってしまいました。

 360ccなのですが、現在の日本人の平均身長ではとても乗れなかった車
両なのだと思う。発売された当時からひょっとしたら10cm以上は大きく
なって来てるんではないのかな?自分も170cmちょいって所ですが町中歩
いてると小さいおっさんですもん。笑 人も大きくなり、道路も広がり車
事情がこんなにも変わってしまったんですね。色々な物が刻々と変化して
いるのが判ります。

 うむ~残念なのは個人的にはマーチのK12が入ってくれてたら最高だっ
たんですが今回は漏れてしまったようです。 コンパクトカーって言った
ら自分的に外せない一台なんだが…人によって好みもさまざまって事です
ね。だから、こんなに沢山の車両が存在する訳です。好みの科学的根拠な
んて一生立証する事もできないでしょう。人間って不思議な生き物です。
そんな基本的な事までトミカを通じてしか感じる事が出来ない、おぢさん
ってもっと不思議な生き物なのかも。笑

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

昨日の写真にも関連して!

さて、色々な事が続きました、週の初めという事もありますし、この辺
から正常に戻して行こうと思っております。
 人の命は、本当にはかないものです。しかし、それに反し今回参加した
イベントの主役である車達。整備さえしてあげる環境にあれば、その命は
無限大なのです。そんな不思議な事をいっぺんに体験した先週の週末でし
た。限りある物も、ない物もどちらにも共通して言える事は、大切にしな
いといけない、って事ですよね。
 さ、いつものミニカーブログに戻って行きましょう。昨日のイベント紹
介写真の終わりの方の2枚。移動販売車って言えば良いのでしょうか?正
式な名称は判りませんが、これで殆どの方には通じるのだと思います。
 日本の移動販売車の文化って、以外にも浅いんですよね。車文化自体が
浅いのかも知れません。海外ではお菓子の販売であったり、アイスクリー
ムの販売であったり、自動車を使った販売がごく当たり前のように行われ
ていたようです。日本にも移動販売はなかったかと言えば、ちゃんと存在
していたんですよね!そう屋台。もっぱら人力に頼っている訳ですが、移
動販売と言えば、この屋台が日本の風景でもあったんですね。
 リヤカーの上を改造して販売に適した車両を製作し、販売する場所まで
引いて行き、そこで開店!実にシンプルな方法ですが、自分が社会に出た
時、名古屋駅笹島交差点付近は、まだまだ屋台で溢れていました。随分下
火になっていた時期ではあるのですが、お父さん達の憩いの場になってい
た記憶があります。
 昨日紹介した、車両フォルクスワーゲンTypeIIとシトロエン アッシュ
どちらも最近のお洒落な移動販売の車両としては欠かせないアイテムとな
っているようですね。確かに女性受けは良いと思います。所謂「かわいい」
車両の代名詞的な2台であるに間違いないのです。
 実際にはこの2台、現在は生産されておらず、実はとんでもなく古い車両
だったりするのです。移動販売に適した車両に改造する費用と、まともに
走れるようにする費用、どちらもしっかりかかりそうです。本当は大変な
車両なんですよね。そんな車両でしか商売が出来ないって訳ではありませ
ん。日本にはやはり移動販売の世界にも日本らしさが生きているのです。
 本日の車両、こんな一台の紹介になります。
 
45-3 スズキキャリィ ラーメン屋
1980.05~2006.06
トミカくじIX 綺羅星 8
2006.12
2011101701.jpg
(トミカ2510)

 流石はトミカだ!!この車両に目をつける辺は日本のミニチュアカーメ
ーカーだなってのがしっかり判りますね。そしてこの移動販売車45-3なの
ですが現在は生産が終了し、ニュータイプが35-5スバルサンバーラーメン
屋として2008.09~新たに生産が開始されております。トミカにとって無
くてはならない車両になりましたね!!
 今回のトミカくじIX 綺羅星野中に入っている車両の見分け方ですが、
実は凄く簡単。ラーメン屋さんではなく、おでんやさんになっているので
す。箱に入って無くても、おでんやさんのこの車両だったらトミカくじIX
綺羅星の中の1台ってことですね。おでんやさん仕様は現在この1台だと思
います。貴重な1台になるかも知れませんね。

 もうこれは文化ですよね!軽トラックと言う文化自体日本固有のもので
す。その軽トラックの荷台を見事に活用し、屋台の改造部分をそのまま乗
せてしまった的な車両ですよね!実はそれぞれ色々な個性があるんですよ
ね!販売する物によっても違うと思いますし、兎に角略オーダーメイドに
近い車両なのだと思うのです。同じ車両を見つけるのが難しいと思います。
 日本の文化ですよね!最近では冬の夜、妙に編曲された長いチャルメラ
の音(あの楽曲には名前があるのだろうか?何とかかんとかヘ短調とか…
笑)流しながらやって来るんですね。ラーメンやさん。我が家はまだ利用
した事がないのですが、養さんの実家では妹さんが利用したとか…。
 自分お酒が飲めませんので、こういった屋台でお酒を飲むと言う事に縁
がないのです。でも、仕事が妙に遅くなった時とか名古屋駅、名鉄名古屋
駅前に登場する屋台で何度かラーメン食べた事があります。寒い中で食べ
ると、なんともこれが美味しいのです。実際家で食べ比べた事はないので
すが、外の方が絶対美味しいと思う。
 何だか昨日紹介した車両と対比するのが申し訳ない気がするのだが、ど
ちらも分野は同じなのだと思う。使う車両は違えども日本の町中から移動
販売の車両が消える事は無いでしょう。消える事は無いと思いたい。
 トミカがこの車両作ってくれている内は大丈夫なような気がする。
 何だか少し涼しくなって来たし、ラーメン食べたくなって来ましたね!
そろそろそんな時期が近付いて来ています。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

2011FBMの報告

毎年恒例、長野県車山高原にて開催されるFBM(フレンチブルーミーティ
ング)に参加してきました。毎年この時期の開催すごく寒い日って印象が
あるのですが、今年は超晴天!長い間参加し続け今年が一番暖かかった。
いや、暑かった。昨晩から泊まりで参加と言うこともあり、朝早くから会
場入りすることが出来、買い物が基本的にメインの我が家。凄くいい感じ
でした。やはり、早い時間に行かないといいものはどんどん無くなって行
ってしまうのでした。今年も山ほど買い物して帰ってきました。
http://www.kurumayama.com/fbm/ 
また、今年も目に付いた車両紹介して行きましょうね!
その1。
2011101601.jpg
うむ~。これで走ってきちゃったんでしょうか??恐ろしい。
その2。
2011101602.jpg
しかし気合入ってるな!!フランス車オーナーってとことんやりますよね
これも自走での参加。目立つこと間違いなし!!
その3。
2011101603.jpg
東海地区からもこんな感じで参加。うむ~凄いな。驚きの徹底!!
その4。
2011101606.jpg
こ、これは…新潟から参加の車両。奥様の買い物車とか…
 あれれ?これってナンバー黄色くないか?フランス車に黄色ナンバーの
車両なんて合ったっけ?
その5。
2011101607.jpg
お!!ESSEって書いてあるじゃん!!国産軽自動車のエンブレムもシトロ
エンに変更、凄いな~ここまでするか!!シトロエン買ったほうが安くな
いか??笑
その6。
2011101610.jpg
かと思えば、こんなかっくいい車両も登場です。
フランス車のイキ感じますね!!
その7。
2011101604.jpg
これも自走で参加の車両。やり過ぎだって。笑
でも、この幅最高ですよね。これカッコイイって言わなかったら何をカッ
コイイっていえばいいのさ。最高です。
その8。
2011101605.jpg
ダッシュボードも粋な奴が占領してます。
その9。
2011101608.jpg
そして肉まんやさん。美味しくないわけがない。笑 お洒落ですよね。
このイベントってこういった細かな所がいいんですよ。
その10。
2011101609.jpg
こちらはハンバーガー屋さん!これまた美味しそうです。こんな所ばかり
見てます。イベントって参加する方全てが風景なんですよね。又来年も是
非参加させていただこうと思ってます。楽しかったです。

 すいません本日はトミカ紹介お休みです。明日から又いつものブログに
戻っていきます。しかし楽しい2日間でした。

テーマ: - ジャンル:車・バイク

すいません。本日は落ち着きました。

いや~驚いたこと、驚いたこと。しかし今年は色々あります。気候でも
一気に色々な事がおき、今回はいろいろな意味で影響を受けた方が亡くな
ってしまいました。ま、人間いつか必ず亡くなってしまうのですが、それ
にしても早すぎでした。私たち残ったものは一生懸命生きるのが使命なん
でしょうね。しっかり楽しんでいきます。
 さて本日ですが以前から計画していた旅行に出かけております。なんだ
かすごく矛盾しているのですが、ホテルなども予約してありましたので、
気分転換もかねて、しっかり骨休めをしています。
 明日はFBMです。一泊で参加など実に優雅ですよね。ありがたいことです
今回はこんなお宿にお世話になっております。
 上諏訪温泉 RAKO華乃井ホテル。
そして、ちょっといろいろあってスイートなど使っております。養さんと
2人でこの広さはちょっと…笑 しかし贅沢のきわみです。
 本日はおいしいご飯たべに来たみたいなものです。わざわざ豊科まで
本山葵丼食べに行ってきました。笑
「大王わさび農場」http://www.daiowasabi.co.jp/までご飯だけ食べに。
これって贅沢ですよね!!そしてやっぱり美味しかった。また衝動で食べ
にいっちゃいそうですね!
 そして次は以前から行きたかった温泉に向かいました。
「片倉館」http://www.katakurakan.or.jp/
国の重要文化財に指定された温泉なんです。楽しかった。実に最高の温泉
でした。いいですね!時代感じる温泉でした。
 FBMについてはまた明日以降紹介させていただきます。
さ、本日はこんなトミカの紹介になります。

33-7 トヨタ ヴィッツ
2005.10~2009.04
トミカくじIX 綺羅星 14
2006.12
2011101501.jpg
(トミカ2509)

 今日もいろいろなところで、この車両見かけました。本当にいろいろな
色があり楽しい車両ですよね!トヨタを代表する車両ですね!少し前の記
事にも書きましたが、次作超低燃費HVもヴィッツベースとの事です。今後
もまだまだヴィッツの時代は終わりませんね。
 ということで、本日はホテルからの投稿ですので少なめですが。明日は
しっかり記事もかけると思います。は~~ネットのおかげですごく豪華な
お部屋となってしまった、超ラッキーな1日でした。
 では、また明日しっかり報告させていただきます。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

個人的なお話で申し訳ない!!

自分の中では心の師と仰いでいた
柳ジョージさんが亡くなってしまいました。
本当に申し訳ないのですが、どうしても記事を書く力が
湧いてきません。
本日1日だけ申し訳ないのですが、喪にふくさせて
ください。個人的な理由で申しわけありません。
明日には必ず復活します。
皆さん、お酒の飲み過ぎには注意して下さいね!!

軽自動車のセットって書いちゃった。

申し訳ない。これってコンパクトカーのセットですよね。しかし紹介し
ていく毎に楽しくなっていくな~。本当に不思議です。トミカくじ紹介し
出すといつも最初は滅茶苦茶不安になってくる。20日間もつのかな~って。
 しかしセレガ&ガーラの時もそうでしたが何とかなっていくもので、紹
介が進むにつれて面白くなってくる。極力どんな車両が投入されているか
調べないままで紹介していますので、なんだか新たに発売されたトミカ紹
介している感じでそれはそれは新鮮にトミカを紹介する事が出来ています。
 さて、本日ですが、これまたコンパクトカーとして扱っていいのか、非
常に悩む所ですが、ま、排気量等から見れば確実にコンパクトカーですね。
しかし、この車両はただのコンパクトカーとして扱ってはいけない。本当
に特別な1台なのです。ミニカー仲間にもこの車両のオーナーさんがおられ
ます。自分の田舎と同郷の方なのですが、ブログ等を見ると非常に程度よ
く乗っておられるようです。東海レモンファミリーの3巨頭の一人です。
 ということで、本日はこんな素敵な車両を紹介する事にします。

23-2 ホンダS800M
1980.07~1983.06
トミカくじIX 綺羅星 10
2006.12
2011101301.jpg
(トミカ2508)
 名車です。そしておぢさんの大好きなHONDAを代表するライトウエイト
スポーツカーですね。800ccしかないのですが、低い車高と、軽いボディ
ーから感じられるスピード感は独特なのだとか。オートバイ技術に裏づけ
された、高性能エンジン。オートバイのように回るエンジン。もう魅力一
杯!!しかし年式が古く流石に維持費がどんどん増し、そしてパーツにも
そろそろ問題が生じています。ま、殆どの場合ホンダさんから入手は不可
能かとおもいますが、しかしS800専門店などが、オリジナルパーツを生産
販売してくれているものもあります。こうして今でもS800はホンダファン
の間でも一目置かれる車両となっているのです。
 赤Hに代表されるRシリーズとは一線を画すSシリーズ。このSシリーズは
赤Hこそ付きませんが、それでも近年発売になったS2000もそうでしたが、
独自の高性能エンジンでしっかりホンダイズムをホンダファンに提供して
くれたのでした。赤いHマークが付かないとスポーツカーじゃない!そんな
訳ではないんですよ。ホンダスピリッツは全ての車両に注入されているん
ですね。
 こんなCMがありました。アコードワゴンのCMでした。
「全身全域ホンダイズム!!」いや~ホンダファンには溜まらない一言で
す。いいですよね、メーカに対して強烈なファンが存在する。これこそ、
メーカーにとっても、乗る側にとっても理想なのではないのでしょうか。
 これから先、車のメカニズムはどんどん変化していくことでしょう。し
かし考え方によっては、コンパクトカーの時代がまた訪れるわけですから
きっと今現在では想像できないほど楽しい車が出てきそうな気がするので
す。ひょっとすると5ナンバーサイズの車両全盛期がまたやってくるかも
しれませんね!我が家の車両のように排気量は小さいのですが、横幅があ
る為3ナンバーになってしまった車両もあります。しかしまだまだこれから
研究が重ねられ、楽しく遊べる魅力のあるコンパクトカーが登場してくれ
る事期待しております。
 このセットは未来を予知したセットだったのかもしれません。
 やっぱトミカは奥深く楽しいですね!!

 最近ちょとおかしいんじゃないか?っていうほど仕事が増えまくってま
す。どうしたことでしょう?ここの所強烈な残業がつづいております。
 これが普通の状況になると嬉しいんですけどね!なんとか粘らないとね
頑張れ頑張れ!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

日本の夢がここにあった。

お~ここまで紹介して来て、始めて気付く。このセットって軽自動車中
心なんだと。するって~と、サニーやチェリーは何だって事になりますが
ま、細かい事は気にしない。あくまでも中心という事で。
 本日紹介する軽自動車なんですが、いや!これを簡単に軽自動車呼んで
はいけないのかもしれない。その昔、日本人が今程お金持ちでなかった頃
。(我が家は今でも貧乏ですが…笑)車なんて夢の又夢って時代があった
んです。当時は車といえば贅沢品の極み、外国車、若しくは国産車でも高
級車の部類しかなかったのです。そこでスバルさんが一念発起!この車両
が出来たんですね。小さく、そして安価に、なおかつ4人乗っても問題の
ない性能。驚く事にその多くの問題を解決する為に与えられたエンジンは
なんと360ccだったのです。必然的に当時の自動車サイズもあった事でし
ょう今から見たら、単に小さくて可愛い車両という事になったようです。
 しかし、実際にはNHKの特集にもなる程の努力の積み重ね。今では嘘の
ような話ですが、国道1号線(当時のです。)箱根峠を4人のって登りきれ
るかとかいうテストまで行ったのでした。しかしそのテストにもちゃんと
合格し、日本の一般家庭にカーライフという素敵な物を与えてくれたので
した。現在私たちが自動車という物に乗っていられるのも、この車両が道
を切り開いてくれたからなのかも知れませんね!感謝しないと。
 本日はそんなネ申的な自動車紹介して行きます。こんな1台です。

21-4 富士重工 スバル360
1983.06~1997.11
トミカくじIX 綺羅星 1
2006.12
2011101201.jpg
(トミカ2507)
 改めて、自分がこのブログで何か書き立てるまでもない程有名な車両で
すね。トミカさんも当然のように長い間レギュラートミカとして生産、販
売しておりました。
 しかし昨日も書いたように、スバル。富士重工さんが軽自動車の生産販
売を中止してしまいました。ま、OEMで別会社の車両を販売継続するよう
ですが、スバリスタからしたら、とんでもない事ですよね。信じられない。
 赤帽さんとかどうするんでしょうね?スバルさんと密接な関係にあった
ところですから、じゃ、他社から買いましょ!で済む話でもなさそうな気
がします。
 自分は残念な事にスバルのオーナーにはなった事がありませんが、ホン
ダ車同様、マニアックに楽しい車だと聞いております。以前スバルのディ
ーラーさんにお邪魔した時、軽自動車のお話をお聞きした営業さんの熱か
った事!売る車に自信もってましたね!!やっぱり、ディーラーの営業さ
んはああでなくっちゃ!!しかしこれから先、普通乗用車もトヨタさんと
略同じの企画で登場したり、やりにくいでしょうね。心中お察し致します。
 色々な問題があり、スバルさんだけでは解決出来ない諸問題もあったの
でしょう。HONDAもそんな事にならなければよいが…と願って止まない
おぢさんでありました。何がおこっても不思議じゃない時代に突入してし
まいましたから。
 先日もスズキさんがフォルクスワーゲン社ともめてましたね。あの後話
があまり聞こえて来なくなってしまいましたが、これから先の事を考える
とスズキさんも不安でしょうね。穏便になおかつ良い方向にむかうこと、
こちらも願っております。またWRCとかに出場出来るような時代が来ると
いいのにな~。

 さて、先週に引き続き、今週もF1ウイークとなっております。お隣韓国
で、GPが開催される訳です。チャンピオンも決定してしまいましたし、見
る側は少しだけ力が抜けますが、チームは少しでも上を目指して頑張って
行くのです。まだまだ楽しめますよ!今週末は出掛けてしまいますので、
見る事が出来ませんがしっかり録画で楽しませて頂きます。は~幸せの車
三昧!!極楽極楽。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

う!軽自動車連投です。

これは手厳しい!殆ど判らない分野の車両が2日連続で登場となってしま
いました。あまり詳しくないのですが軽自動車のスパンってやはり、普通
自動車と同じなんでしょうか?これって相当な数の車両が日本には反乱し
てるってことですよね。これを全て把握出来る方なんてそうそうはいない
と思うのです。今回のトミカくじ、綺羅星というタイトルが付いています
が、綺羅星のように現れては消える。そんな意味も含まれているのかも知
れませんね、綺羅星というタイトルの理由は全然判りませんが、メタリッ
ク塗装のトミカ以外にも何か意味があるのではないか、そんなふうに考え
るおぢさんでありました。
 しかし、そんな中こんな話題も登場して来ました。軽自動車製造メーカ
ーとしては老舗のスバル。富士重工が軽自動車の製造を中止したのです。
 これは資本提携してる大会社の影響ではないかと…詳細は私ども素人に
は判りませんので、そういった情報に詳しいサイトから拾ってみて下さい。
 最近本当に増えて来たのが、OEM。良い悪いは置いておいて、日本独特
の分野軽自動車に個性がどんどん無くなって来ているのは事実です。
 スバルさんは某大会社系ダイハツからのOEMで今後車両を賄って行く予
定なのだそうです。「まさか、スバルが…」って思ったのは自分だけでは
ないはずです。そこまでしてスバルブランドの軽自動車を販売する理由は
どこにあるのだろう?今一理解に苦しむ自分でした。
 スバルが中国で生産拠点を置く事が出来なかった。この理由も資本提携
がバックにあります。難しい問題ですね!これから先もまだまだ色々な意
味で自動車メーカーの存続に関わる難しい問題が発生して来ることでしょ
う。
 自分の大好きなホンダはまだ頑張って生産販売を続けてくれています。
他メーカーに対してのOEMも現在の所聞いていません。できれば個性を生
かしてこれからも頑張って頂きたいなって思ってます。前振りが長い!!
 本日のトミカこんな車両になります。

20-9 ダイハツムーブ カスタム
2005.08~2009.09
トミカくじIX 綺羅星 4
2006.12
2011101101.jpg
(トミカ2506)

 本当に判らない世界になってしまいました。軽自動車って一時期は生産
しているメーカーの知恵の塊的なイメージがあったんですが、現在は兎に
角売りましょう!的な所に治まってる気がします。現在の普通車と軽自動
車の大きな違いは、やはり税金ですね!毎年自動車所有者に大きくのしか
かる税金。そして新車を除く通常の車検2年に一度。この場合も重量税が
大きく関わって来ます。
 最近の低燃費車ブームで軽自動車の大きな利点であった燃費の部分で、
普通乗用車が大きく躍進してしまいました。軽自動車の燃費での利点は確
実に消えてしまいました、残るは税金です。もしここがクリアーされれば
ひょっとすると、軽自動車の存在理由が無くなってしまうかも知れません。
 現在のコンパクトカー価格は確実に軽自動車を下回っています。1300
ccの車両より660ccの車両が高いのです。これって絶対変です!!
 現在軽自動車を優遇する理由は殆ど無くなっています。もう少し税制も
考慮する必要が生じていると思います。
 トヨタさんが発表するであろう、リッター40超えのマシン。この車両も
噂ではヴィッツベースとの事です。時代は大型車、軽自動車の存在をどん
どん消し去ろうとしているかのように見えます。本当に予測が難しい世の
中になりつつあります。
 現在の主流HVに対して、近い内に主流になるであろうEV。高速充電器
の開発生産が自分が考えていた以上のスピードで進んでいます。化石燃料
の時代が本当に終わるのではないか?と思える程のスピードで進んでいま
す。モータースポーツの世界にまでEVは進出しようとしています。
 まだ今の所、情報として入って来ないEV関連事故。EVだから起きるで
あろうトラブルも今後必ず登場して来る事でしょう。漏電…電機関連の事
故がおこらない事願っております。内燃費にはない恐ろしい事故にならな
ければいいのですが…
 ここ数年で劇的な変化が自動車の世界には訪れるのでしょう。怖い半分
どうなるのか、という興味もあり。注目しながらミニカー日記を続けて行
こうと考えております。あくまでもミニカー日記ですから。笑

 何とか仕事モードに突入したので、本日も30分程で記事書く事が出来ま
した。いや~やっぱり人間って置かれた状況でとんでもなく変わってしま
うんですね。実感です。さ、今週末はFBMです。楽しみです。頑張って仕
事して、目一杯車三昧しましょう!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

本日もピンチ!この車両あまり知らない。

どうも休日はいけない。頭の中まで休みモードになってしまい、なかな
か文が書けない。いつもは会社の昼休みに30分~40分程度で書き上げてる
記事なんですが、今日はダメだ!なかなか書けない。しっかり2時間以上
掛かってるがまだ全然書けない。困ったものです。
 そこへ持ってきて殆ど知らない車両だったりする。うむ~難しいぞ。本
日はどんな方向で先に進んでいこうか…。
 本日紹介する車両なんですが軽自動車。スズキさんが作った車両です。
この車両も長く生産されていますね。アルト古いといっても、360ccの時
代にはなかった車両なんですね。登場は550ccからになります。初代は360
ccの時代から走ってたフロンテの姉妹車として登場したようです。お~フ
ロンテは懐かしいですね。そんなところから始まったアルト。本日紹介す
る車両は6代目アルトになります。こんな感じに仕上がっております。

19-5 スズキ アルト
2005.02~2007.10
トミカくじIX 綺羅星 7
2006.12
2011101001.jpg
(トミカ2505)

 初代のコンセプトはこんな感じ、1979年5月、発売。軽乗用車スズキ・
フロンテの商用車型姉妹車である。型式は「H-SS30V」。「軽ボンネット
バン」と呼ばれる「節税型軽乗用車」ジャンルを創成し、その後の軽自動
車市場に大きな影響を与えた。
45万円程度の廉価な新車を提供することを目標に開発が進められた。この
ためコストダウンを最優先に、安全上問題ない範囲での製造原価見直しが
徹底追求された。装備は極めて簡素で、樹脂一体成形された単純な造形の
ダッシュボードパネル、廉価だが必要機能は満たせるゴム製フロアマット、
ベニヤ板を背板に使った後部座席、廉価なグレー塗装のスチール製バンパ
ー、電動モーターを全く使用しない手押しポンプ式ウィンドウウォッシャ
ーなどが特徴である。ドア等の内張りを省略できる部分は鉄板塗装処理、
ドア開閉用の鍵穴は運転席側のみで、無くとも済む助手席側鍵穴は省略し
ている。また当初はモノ(単一)グレードで車種内の装備差別化をせず
、標準装備はヒーターのみで、追加装備一切はオプションで補う設定とし
た。
 うむ~兎に角、簡素な車両だったわけですね。それが現在の7代目とも
なると、もう大変なことになっている。
 7代目の特徴
 フロントデザインはより丸みを帯び、ウィンカーは紡錘形ヘッドランプ
の上方に移動[10]。インパネも全体に丸みを帯びたフォルムとなり、横基
調のデザインを取り入れた。また、「F」以上のグレードに標準装備され
るCDプレイヤーはインパネ中心部にあわせた専用デザインとなり、販売店
装着アクセサリーのiPod/USB接続ユニットを設定。また、大型スピードメ
ーターは文字盤・燃料計・計器類の背景を白地にした他、オド・トリップ
メーターには瞬間燃費・平均燃費・渡航可能距離を表示する機能が加えら
れた。グレード体系も一部変更となり、従来の「G II」に相当する「F」
を追加すると共に、最上級グレードの「X」を再設定。特に「X」はアルト
では初採用となるキーレスプッシュスタートシステムやイモビライザーが
装備された。トランスミッションはグレードにより5MT/4AT/CVTの3種類を
設定。

 1979年~2011年の32年間でこれだけの変化がおきています。発売当時に
iPod/USB接続ユニットとかそんな言葉誰も考えて無かったと思う。時代の
変化って恐ろしい。しかし未だに自動車にはタイヤは付いているんだね。
 これはずっとこのままなのかな?
 何気に車の比較で終わっていくブログ。明日はもう少しまともな記事に
仕上げて行こうと心に近い、本日はここまで。は~~しかし全ての車に興
味もって見るなんて不可能に近いことですね!車評論家の皆様に敬意を表
します。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

実はこの車両あまり知らない。

見事に自分より前の世代の車なのかな?って待てよ、トミカの発売年が
確実に自分がもうそろそろ車に乗れる年代の車両なんですよね。なのに全
く記憶に残っていない車両だったりします。少し前に紹介したサニー同様
日産の車両って凄く限られた年代むけに車作ってないでしょうか?そんな
事ないのかな?しかし本当に記憶に残っていない。よし、この車両に乗っ
てみるか!とかいう気にもなってないんですね。冗談のような話ですが、
車両に触ったこともないのです。うむ~こんなことってあるのか…。当時
日産の車両ってそんなに遠い車両だったのかな?確かに年代的に16~20前
後の歳の時にこの車両に興味持ってたら、非常に変人扱いされたかもしれ
ない。なにせ乗ってる車で注目度が圧倒的に変わる時代でした。当時の若
い年代。今の私達おっさんが全く注目していない車両が本日紹介するトミ
カなのだと思います。今日はこんな1台の登場になります。

17-2 ニッサンチェリーF-II 1400クーペGX
1975.12~1979.08
トミカくじIX 綺羅星 20
2006.12
2011100901.jpg
(トミカ2504)

 渋い色の車ですよね。こんな渋さも結構最近は好きになってる気がする
派手よりも、渋さが良いときもある。あ~歳なのかな。
 ついこの前サニー紹介したときにも触れてましたね。チェリー販売なん
てのもあったねって。そのチェリーですね。多分名前すら知らない方が現
在のトミカ収集の最前線におられるかたなのだと思う。今この歳になって
改めてこの車両を手の上に載せてみて思う。いい車じゃん!やっとこうい
った車両が渋くていいなって思える歳になってきたのかもしれない。乗っ
ても自然に見える年齢だしね。笑 今乗ってるCR-Zの方が違和感があるか
もしれませんね。本当は年齢に似合った古い車とかに乗っていたいのです
が、皆さんご存知のように年齢を重ねると車は非常に厄介なことになる。
 乗ってるだけで壊れたりする。乗ってるほうもしっかり壊れていく。そ
して車好きが歩む道は、自分で修理する力まで手に入れる。でもね車は修
理できてどんどん長生きするんだけど、人はそうは行かない。確実に寿命
がありますからね。何だか長い間色々な車と触れ合ってきてつくづく思う。
 結構はかない趣味だな~って。自分がいなくなった後どうなるんだろう。
そんなこと思ったら乗れなくなっちゃうか。笑 でも最近しっかり考え出
してる自分がそこにいるのがわかる。
 物に執着しちゃいけないのかな?とかも考える。これってコレクターさ
ん全ての悩みなのかもしれないね!形あるもの全て壊れる。その前に人が
壊れるって事ね!笑 なかなか物を集めるって、そして大切にするのって
難しい。ミニカー一台でそこまで考えるか!って事なんだけど。ミニカー
って奥が深いのです。コレクションするって対象が何であっても凄く奥深
い物だったりします。強引に進めたりはしませんが、結構楽しく悩めます
よ。笑 お仲間になりませんか?そんなときはいつでもお声掛け下さい。
一緒に悩みましょ。笑

 さ、本日もしっかりF1で楽しめましたね。可夢偉だけでなく全てのドラ
イバーに感謝ですね。楽しかった。年間チャンピオンも決定しました。
 ドライバー個人の成績は置いておいて、本当に楽しめました。やっぱF1
楽しいです。残りもう少しです。残りも頑張ってみよう!!
 さ、ハラさんに向けて超大作製作せねば!!今回は相当長いぞ!!笑

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

さ、本日のトミカも素敵満載!!

いままでさ、このトミカくじずっと寝せてあったけど、結構よくない?
改めて見直しているおぢさんであります。古い車から結構現在もよく見か
ける車両まで、くまなく入ってるんですね。発売当時は購入される方、悩
んだでしょう!しかし、くじですから欲しいものが手に入るって訳でもあ
りませんし…面白いですよね!これって箱ごと購入しているから余裕かま
してる意見ですか?一発勝負で購入してる方にとっては、くじってある意
味イライラする商品であること間違いなし。しかし発売するパッケージン
グは変わっても、今後もトミカくじは続いていくことでしょう。自分は凄
く楽しみにしています。
 そして綺羅星の意味を今更気づくおぢさんでした。全体がキラキラして
るんですよね。何今更いってるんだか。笑 ラメ塗装が施されているトミ
カがいっぱい。しかし綺麗になりましたよね、トミカの塗装もどんどん素
敵になっていってる。素晴らしいことです。塗装で勝負するトミカくじっ
てのも面白いと思う。

 さて本日のトミカなんですが、昨日紹介したトミカのずっと後輩に当た
る車両になります。昨日が15-2。本日が15-6です。4世代も後のトミカの
紹介になります。しかしこのトミカも実は現在もう発売されていないので
す。自分の中では現役バリバリの車両なのですが、トミカの世界では現在
発売されていない車両はレギュラーから退くのがお約束的流れとなってい
ます。現在の世代番号は7ですから、先代のトミカ紹介になります。本日
のトミカこんな1台になります。

15-6 ダイハツ コペン
2002.05~2007.01
トミカくじIX 綺羅星 5
2006.12
2011100801.jpg
(トミカ2503)

 人気車種です!このトミカだけ欲しいって方もお見えになったのではな
いでしょうか?トミカってこの車種だけ購入って方もお見えになるのです。
トミカだけでなく、色々なメーカー含めて車種でコレクションされている
方多いと思います。掻く言う自分もミニカーは当時miniしか購入しません
でした。コペンもそうしたコレクターさんの多い車両です。魅力のあるボ
ディー形状、何よりオープンで軽自動車。もうこの遊び心はどのメーカー
も後追いできないほど突っ走った車両だと思います。現在新たなガソリン
規制が発表され、軽自動車に新たに脚光があてられ、これから先はどんど
ん遊び心あふれる車両が登場してくる可能性が大きいです。また自分達が
若かった頃のように楽しい軽自動車ブームが到来するかもしれません!!
360ccの楽しかった軽自動車達。雰囲気は違いますが各メーカーから遊び
心あふれる軽自動車が一杯発売されるといいなと願っているのでした。
 ホンダさんからビートの発売って噂も出てますね。残念ながら噂では軽
自動車ではないとの噂。この辺りもいっそのこと軽自動車で勝負掛けてく
れたりすると、一層楽しいんですけど…それでも1300cc前後の車両が主役
の時代が日本には訪れてきそうですね。自分の車両も1500ccですから、こ
のクラスの車両の面白さ十分理解しているつもりです。メーカーさんにこ
れからの日本の自動車どんどん楽しい方向に持って行って頂きたいもので
す。頑張れ日本の自動車メーカーさん!!

 しかし本日の日本グランプリの公式予選感動しました!!凄いぞ可夢偉
!!130R踏みっきり!!リアウイング開けっ放し!!Q3に進めるだけで奇
跡だとおもう。いや~もう神風です。この公式予選見て、片山右京さんと
森脇さんが涙したそうな!!皆を感動させてくれるレースドライバーなん
て簡単には現れませんよ!私達は素晴らしい時代にF1を見ているのかも知
れません。頑張れ可夢偉!!決勝は大きな事故の無いよう祈るばかりです。
 あ~あすの決勝楽しみです。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

色々なトミカが入っているんですね。

トミカくじの特徴として、結構以前に発売された車両の再版モデルが多
く含まれている事ですね。自分のように殆ど古いトミカを紹介していない
者にとってトミカくじは貴重な資料でもあるんですね。有難い事です。
 今回のトミカくじサック箱自体は同じなんですが、耳の部分に番号が入
っております。この番号の若い順に紹介して行けばいいのに。う~んしか
し以前からトミカのレギュラー番号の若い順に紹介するって勝手に決めて
いましたので、今回もそんな感じで紹介してしまいました。そしたら、サ
ック箱の耳に付いた番号は必然的にバラバラ。なかなか上手く行かない物
ですね。笑 
 さて、本日紹介する車両なんですが、確かに自分が若い時にも延々と発
売され続けていた車両なのですが、その排気量の小ささもあったのか、周
囲で乗っている友人は極僅かでした。新車は年齢の行った方が乗るみたい
な区分けが頭の中で出来上がっていました。それほど悪い車って訳ではな
かったはずなんですが、単純に縁がなかっただけなのかな?
 残念ながら現在は生産も終わり、この車両の名前も消えてしまいました。
何だか淋しい気もする、そんな車両を紹介して行こうと考えております。
 本日のトミカです。

15-2 サニークーペ1200 GXレーシング
1976.01~1979.05
トミカくじIX 綺羅星 19
2006.12
2011100701.jpg
(トミカ2502)

 サニーか!懐かしいような、そうでもないような…。凄く複雑な車では
あります。本日紹介している車両はGXレーシングという名称ですね。しか
し、私たちの世代にはサニーがレーシーな車両と言うイメージがないので
す。排気量も小さいですしね。自分の時代の主流は2000ccでした。
 排ガス規制前の車両が随分安い値段で買えた時代でしたから。皆サニー
とかに目が行かなかったのかも知れませんね。ブルーバード510も免許取
得したばかりの方の練習用車両って位置でした。滅茶苦茶安かった記憶が
あります。サニーはもっと安かったイメージが…。現在510やサニーが殆
ど走っていない原因はここなんでしょうね。多くの車両が消えて行ったの
ですね。そこに族なんてのも登場してくるわけですね。安い車両はどんど
ん使用され、凄い改造がされ最後は廃車。こんな運命を辿った車両も多く
存在した事でしょう。ちょっと悲しい。そんな時代を経て現在があるんで
すね…。生き残ってる車両があったとしたら、これはもう奇跡に近いです
ね!!オーナーさん是非今後も維持していって下さい。

 以前って、日産サニー販売って言う名称の販売店ってありませんでした
っけ?チェリー販売とか、車両の固有名詞の付いた販売店が結構ありまし
たよね。これも時代だったんだろうか。
 そして地域差ってのも確実にあった気がする。自分が生まれ育った場所
岐阜県と長野県の境あたり山の中です。この辺徹底的にトヨタ車が強かっ
た印象がある。ニッサン車に乗ってる方の割合は圧倒的に少なかったので
はないかと思うのです。地域の差ってありますよね。トヨタさんはやはり
一番近くにある会社ってイメージがあったんですね。カローラっていう、
サニーを上回る人気を誇った一般大衆車もありました。圧倒的な勢いで、
自分の若い頃はトヨタさんの車両が一大勢力でした。トヨタ神話がまだ生
きていた時代だったんでしょうね。少し懐かしい気もする。

 毎度毎度、1台のトミカを見ながら、色々な事を考えたり、思い出した
り、トミカは偉大ですね。
 さて、明日から3連休ですね。皆さんも秋の行楽ですかね!しっかり楽
しんで下さいね!!まだまだ続くトミカくじ紹介でありました。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

トミカくじの箱って大きいのね。

現在のトミカくじの外箱は見事に余分な部分がはぶかれて、スッキリと
したイメージになっております。本日紹介している綺羅星辺りはまだイベ
ント性が外箱に現れており、機能性より雰囲気を楽しむって感じが表に出
ております。従って非常に大きいんです。中を見ても余分なスペースが一
杯だったりします。発売されると、中身の詳細なんかが発表されます。そ
れを見ているとどうしても全部欲しくなってしまう。これってコレクター
のサガですよね。だから手付かずの箱ごと注文して購入に至る訳です。
 この大きな箱をマンションで保管するには、押し入れの奥の奥にしまい
込む。これが最も有効な方法です。今回も御多分に漏れずそんな感じでし
た、ブログやってなかったら一生日の目を見なかったかも知れませんね。
 捜索も大変です。笑 兎に角無事に見つける事が出来ましたので、本日
も紹介します。今改めてみると、この綺羅星って結構面白いんですね!新
しい車両から、古い車両まで色々な車が混在しています。これは飽きずに
紹介出来そうです。昨日のファミリアから本日は少し新し目の車両の紹介
になります。新しいと言っても2006年現在の話ですから、まあ少しだけ
前の車両かな。本日はこんな車両の紹介になります。

5-4 トヨタbB
2000.10~2008.06
トミカくじIX 綺羅星 13
2006.12
2011100601.jpg
(トミカ2501)
 うん!この車も四角いっていう一大ブームを巻き起こしました。ニッサ
ンからも良く似たキューブ等も発売され街の中に四角い車がいっぱい走っ
ていたのを記憶しています。こうしてみると色々な車のブームが訪れてい
るんですね。子供さんが最初に車の絵を書くとbBによく似た車になります
人間の車に対する感覚をそのまま形にした、ある意味一番違和感のない車
両なのかもしれませんね!!こう言った個性のある車がどんどん世に発表
されないといけないのかも知れません。しかし日本の税金制度極端に車に
対してかかってる気がする。今の現状で若い方が車もつのは無理ですよね
。色々な意味で税金見直す必要があると思うのですが、日本の車に対する
考えが大きく変わって来ている。日本の主要産業なのに、当の日本人が興
味がない…これって魅力のある車作るの無理ですよね。もっと購入しやす
く、維持しやすい制度を考えて欲しいと思う。発展途上の外国に売込む事
を考えて工場進出するのも大切な事ですが、内需の拡大が足元を固める意
味でも大切だと思うのですが如何な物でしょうか?こんな場末のブログで
言っててもダメだね。笑 皆が車に興味もって欲しい物ですね!日本の車
業界そんな所から改革して行かないと行き詰まっちゃう気がするが…。

 何で、bBの話からこんな方向に行った?笑 少し難しい話もしながら、
進めて行きましょう。さて、次のブームですがどんなブームが来るんでし
ょうね?現在のブームは低燃費ガソリン車なんでしょうか。ダイハツe's
一気にメジャーになっちゃいました。実際にリッター30超えたとしたら、
これは物凄いな。しかも各メーカーがこの低燃費車両製作に力入れている。
 日本の車両は一気に低燃費ブームが訪れて行くんでしょうね。まだまだ
駐車場で一杯見かけるミニバン。間違いなく駐車場の見晴しが良くなって
くるでしょう。小さな車が主流になるんでしょうね。興味をもって車両の
ながれ見て行こうと思います。
 しかしこのe'sってトミカにしたらあんまり特徴なくってぱっとしない
気がするが…出るんだろうな。笑

 昨晩 熊木杏里さんのミニライブ見て来ました。良い味出してました。
http://kumaki-anri.hotexpress.co.jp/
結構強い雨の中、雨の音が聞こえる場所でのミニライブでした。なんだか
逆に歌の雰囲気とあいまって良い感じでしたよ。ジャンルにこだわる事な
く音楽は楽しいですね!!また機会があったら是非!! 

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

さあ大変!いざとなると、こんな物です。

本日はこのブログでトミカ紹介し出して2500台目になります。それを
記念して、本日からトミカくじ紹介再開しようと思っていました。そした
ら何?あの大きな箱ごと現在行方不明になっております。と、この記事を
書いているのは会社の昼休み。家に帰って大捜索を展開する事となりまし
た。
 そろそろ紹介始めないと、どんどん後が詰まって来てしまってるんだね。
新しいトミカも、年末にかけて絶対発売されて来る事間違い無し。何より
我が家はトミカ博名古屋開催まで全く購入していませんので、強烈に購入
する事となるのです。これを残さず紹介するのに年末から年始は確実にさ
かれる事となります。今の時期に一つでも多くのトミカくじを紹介したい
と思っている次第でございます。この記事が本日Up出来ているといいが…。
 Upされていたら、それは大捜索の成果が出たと言う事です。ひとまず安
心って事ですね。本日よりトミカくじIX綺羅星紹介始めます。初日はこん
な1台から行きましょう!!

4-5 マツダファミリア
1985.05~1988.03
トミカくじIX 綺羅星 15
2006.12
2011100501.jpg
2011100502.jpg
(トミカ2500)

 このブログ2006年1月1日から開始しました。開始後5年10ヶ月で2500
台これはペース的に早いのか?遅いのか?自分でも良く判らずにいます。
 トミカの在庫はまだまだ一杯あるのですが、紹介が追い付いて行かない
状況ではあります。当面の目標は3000台です。後どのくらい掛るんでし
ょうね。しかしそこは継続は力ということで。めげる事なく飽きる事なく
コツコツと紹介して行こうと考えております。単純に1日1台で500日です
1年半程掛りそうですね。頑張るぞ!それまで何とかボケないようにしな
いと。笑 さ、本日は2500台目に相応しい素敵な車両の紹介が出来そう
です。

 さて本日の1台なんですが、いいですね!マツダファミリア。この車滅茶
苦茶人気があったんですよ。おぢさんの年代の方は皆知ってる。そうそう
「幸せの黄色いハンカチ」の中で若い武田鉄也氏が乗ってた車です。多分
本日紹介している車両の一つ前の型だと思うのですが、兎に角人気があっ
たのです。この当時ハッチバックはやってましたね。小型のキビキビ系車
両が絶対的な人気でした。値段的にもそれ程問題なく購入できる価格だっ
たのでしょう。兎に角先代のとてつもない偉業を引き継いだ車両です。
ここで、時代が変わったというのがよく判る事実が。先代ファミリアはフ
ェンダーミラーだったのに対し、この車両はドアミラーなのです。これは
大きい変化ですね。自分達の時代はドアミラーが憧れだった。ドアミラー
にすると車検が通らないそんな時代でした。ドアミラーイコール外国車と
言う時代だったのです。考えてみたら凄く矛盾してますよね。外国車はい
いが、国産車はだめって…現在なら結構問題になってる所ですよね。
 今も昔も外国車にはとことん甘い日本。変わっていませんね。
 現在の差別といえば、日本車にはリミッターが付いていて180km/hにな
ると、それ以上のスピードは出せなくなっております。外国車にはそんな
もの、端からついておりません。これは各メーカーの自主規制なのかもし
れません。一概に差別って言っちゃいけないのかもね。
 ま、色々ありますが、国産車の非常にいい時代の一台が紹介できたと、
何となく納得するおぢさんでありました。

 さ、トミカくじ紹介再開です。又頑張って時間ある限り紹介し続けてい
きます。頑張るぞ~~初日はこんな感じで軽く終了して行きます。明日に
続く!!何とか捜索も上手くいき、ちゃんと紹介することができました。
実にひやひやもの。また20日間お付き合いください。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

ブリスターパックが重要なんですね!

一般的にブリスターパックは商品を保護し、店頭の商品展示スペースを
小さくまとめる事ができる。こんな所がメリットなのかも知れませんね。
 最近では、子供さんの箱破壊行為から商品を守るという大きな役目もあ
り、大きな販売スペースを有している、スーパー等は大半がこのブリスタ
ーパックが主流となってしまいました。私たちトミカ好きには、外箱も大
切なトミカの一部なのです。だから箱が崩されるのはもう大変な事なんで
すね。自分は強烈にこだわっておりませんので、若干潰れてしまった箱で
あっても問題無し、色々な形で色々な物にこだわる。これがコレクターっ
て生き物なんですね。これを極めると色々面白かったりするのです。
 さて、ブリスターパックの話題に戻ります。ブリスターパックですが、
中から商品を取り出そうとすると、表面の透明のエンビ部分と、紙をバリ
バリって剥がさないといけない。これをコレクター仲間はブリバリと呼ん
でいるのです。このブリバリが見事に二派に別れるのです。全然問題なく
商品を取りだせる方、ブリバリが出来ずそのまま保管されている方。自分
は後者です。どうしてもブリバリが出来ないのです。何だかトミカをお客
さんの所まで運んで、それで捨てられるのはどうにも可哀想で。別に器に
感情がある訳ではないんですけどね。なんだか申し訳なくって。
 なので、我が家には空気になかなか触れる事のない、トミカさん達が一
杯います。
 しかし、本日紹介するトミカは少し違うんですね。ブリスターなのです
が、この外のブリスターパックも重要なような気がするんです。なんと全
体で販促グッズなんですね。中が見てみたいのはやまやまですが、これは
このまま保存するのが適切ではないかと思います。本日ですがこんなトミ
カを紹介して行こうと思います。

7-3 三菱ふそう 冷凍車
1988.09~1997.05
てづくり夢トミカ
2004.08
2011100401.jpg
(トミカ2499)
非常に貴重なトミカなんですよ。このキャンペーンが始った時、我が家は
全く知らず。しらないうちにキャンペーンは終了しておりました。泣
うむ~まさかこのトミカが入手出来ようとは思っても見ませんでした。 
このブリスターパック込みでキャンペーン宣伝用POP扱いです。宣伝用で
すので、決して販売しないで下さいの但し書きつき。こんなトミカ店舗に
1台じゃないですか。手に入るはずもないと思ってました。あれから何年
経過した事でしょう。もうこのトミカの存在すら忘れ去ろうとしていた時
突然目の前に登場。驚いた!!
 どうにもトラックトミカはいつも手に入れる事が難しいトミカに指定さ
れていますね。
おえかきトミカ工房「トミカフェスティバル2010」有料アトラクションな
んてのもありました。これまた参加することが出来ず、入手を諦めていた
ら、ミニカー仲間の優しさで、入手することが出来ました。感謝ですね。
http://youkei3298.blog43.fc2.com/blog-entry-1717.html

 そして我が家が超ラッキーだった、トミカの抽選で当たった。貴重なト
ミカ。非売品トミカ40周年記念デザイントラック
http://youkei3298.blog43.fc2.com/blog-entry-1601.html 

 どれも凄く貴重なトミカばかりです。奇跡と言うか、偶然と言うか、我
が家に3台とも揃う事となりました。それ程頑張っていないのに、何だか
欲しくても入手出来なかった、トミカファンの方達に申し訳ないような…。
 本日紹介しているトミカはその貴重なオリジナルトミカに繋がる、先駆
者的なトミカだったのかもしれませんね。日産ディーゼルクオン程洗練さ
れていませんが、素敵な1台ですよね!どのトミカも比べられないほど我が
家にとって貴重な1台なのでした。本日はトラックはトミカにとって重要だ
の巻きでした。笑 なんちゅう終わり方だ!!笑

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

近場でもゆっくりできるのです。

今回の目的はのんびりする事でした。なので近くに観光地がなくても全
然問題無し、ただただ日常の生活から脱出しに行って来ました。
 今回お世話になったのは、こんな時いつもお世話になる施設。
「東急ハーヴェストクラブ 浜名湖」何かこう書くと浜松すぐじゃん!っ
て感じでしょ、実は全然手前です。三ヶ日I.Cのすぐ近くなんですよ。浜名
湖なのか?ちょっとネーミングには問題があるように思いますが…浜名湖
の奥にある猪鼻湖に面した施設です。この施設周囲に本当に遊ぶような所
がなく、お金持ちの方はここにボート等を係留してあり、この建物を基地
にして遊んでいるのだそうな。遊び方の規模が違います。
 なので我が家は静養ってことで。ただのんびり。
 http://www.harvestclub.com/Ha/Hotel/Ha/index.html
実はここ今年2回目の訪問です。前回はまだ寒かった時期、春だった。今
回は秋。良い季節にお邪魔する事が出来ました。貧乏暇なしで動いている
我が家。たまには現実逃避しないとやってられない!近い所なのですが、
現実逃避するにはもってこいの距離です。
 今回はテニス合宿で宿泊されている方が多くおられました。大学生って
リッチですな~~。羨ましい限りです。1泊2日ですがゆっくりして来まし
た。皆さんもたまには力抜きましょうね!根詰めてばかりだと、身体もち
ませんから。

 魅力のある場所にも行って来ました。もともと鉄道が好きですので、こ
んな場所に行くと全身の力が抜けてしまう。笑 昔自分が小さかった頃の
鉄道の駅ってこんなイメージだった。(現・明知鉄道 旧・国鉄明知線)
 天竜浜名湖鉄道 天浜線 浜名湖佐久米駅
http://www.tenhama.co.jp/station/sakume.html
2011100303.jpg
2011100302.jpg

 現在駅舎は喫茶店になっていました。良い感じです。湖ぞいの素敵な駅
です。ちょっとこんな所で時間つぶしちゃったりしました。(時間もてあ
ましそうでしょ?そこがまた良い。笑)

 そして、こんなユルキャラにもお会いしました。
浜松市政100周年記念マスコットキャラクター「出世大名 家康くん」
http://hamamatsunogenki.hamazo.tv/c568048.html
2011100304.jpg
2011100305.jpg

 何だか緩キャラって力抜けてていいですよね。これもまた狙って会える
物でもないので、楽しかった。
ちょんまげが鰻だったり、家紋がみかんだったり、着物が鍵盤だったり。
良く考えられたキャラクターだと思う。頑張って浜松有名にしてね!!
 簡単ですがこんな感じで2日間楽しんで来ました。いや~良い感じです

 さ、リフレッシュも出来ましたので、また頑張ってトミカ紹介出来ます
今日は、以前から継続して捜索しているトミカがまた一つ手に入りました
のでちょいとご報告なんかを。意外とあちこちで販売しているのですが、
欲しい車種がなかなか手に入らないトミカ後2種類に迫っていたのですが、
その中の1台をやっとゲット出来ました。本日のトミカですがこんな1台の
紹介になります。

51-4 日産ドクター救急車
1993.05~2006.03
ピカピカトミカ 05
2001.04
2011100301.jpg
(トミカ2498)
 全6種類ののシリーズ、5台目の入手になります。嫌々粘ってますね!ま
だまだ諦めませんよ。気長にコンプリート狙って行こうと思っています。
 やっぱりこのトミカが先に入手出来ました。当初予想通り残りの1車種が
非常に入手困難な1台となってしまいました。初めから残りは難しいぞ!
って思ってたので、逆にそれ程気合いを入れる事なく、のんびり時間かけ
て出会うのを待てそうな気がして来ました。残りはと言うと、スカイライ
ンGT-R!!う~ん。これは強敵!簡単には出て来そうにありませんね。
 何処かであえるのかな??出合いがある事を信じて。さ、残り1台!ちゃ
くちゃくとコレクション中です。
 
 本日トミカの記事少なめです。申し訳ないです。ブログ記事の方も少し
休憩気味ですね。笑 明日からはまたいつものトミカ中心ブログに戻って
いきます。ではまた明日。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

今回も無事戻ってきました。

どうしても、まとめた休みの取れない自分。今回も1泊で遊びに行って
きました。ここの所、養さんが滅茶苦茶忙しかったので、恒例の1泊旅行に
いってなかったのです。4ヶ月位開いてしまいました。いかんいかん。と
いうことで、凄く近場でリハビリ兼ねて。笑 旅行にリハビリがあるのか
どうか判りませんが、凄く近くにわざわざ一泊で行って来ました。報告は
明日の記事のなかで少しだけしてみようと思います。今回はこれといって
大きな予定があったわけではありませんので、ただのんびりと宿泊しにい
った程度です。
 さて、休憩も取りましたので明日から又頑張って仕事して行こうと思い
ます。さ、トミカ紹介していかないとね!何だかのんびりしすぎてブログ
の記事がなかなか書けない。笑 
 本日紹介するトミカなんですが、我が家に現在いるトミカの8月分最終
になっちゃいます。実は店長にトミカ6台確保していただいているのですが
これもまだ引き取りにいけない始末。出来るだけ早急に引き取りに行かな
いと!引き取りに行きましたら、こちらのトミカも急ぎ紹介させて頂ます。
 8月夏休みも盛り上がるだけ盛り上がってた時期に発売されたトミカで
す。しかしこれ個人的に非常に嬉しいトミカでした。トミカショップさん
に感謝しないといけませんね。さ、本日のトミカの紹介になります。
 
20-10 Hondaインサイト
2009.09~
TOMICA SHOP FACTORY
トミカ組み立て工場
TOMICA ASSEMBLY FACTORY
2011.08
2011100201.jpg

2011100202.jpg
(トミカ2495)

2011100203.jpg 
(トミカ2496)

2011100204.jpg
(トミカ2497)
 トミカショップさんオリジナルの組み立て工場の登場になります。つい
に登場しました!インサイト組み立て工場。今回の組み合わせも、養さん
に一任しました。条件はボディー3色、内装3色を必ず使うこと。これだけ
です。全て組み合わせて購入すると9台になりますが、我が家は恒例の3台
購入としました。これがCR-Zの組み立て工場だったりしたら、有無も言わ
さず9台購入となるのですが、そこまでは行きませんでした。しかし我が
家の大好きなホンダ車が登場するのは嬉しいですね!又新たな仲間が我が
家にやってきました!!この組み立て工場ですが8月と9月2ヶ月間連続の
発売となっておりました。今年の夏休み、トミカショップの目玉となって
いたようです。夏休み中の発売ということもあり、いつもより多くのトミ
カファンの皆様の手元に届いたことでしょう。
 
 今回も新しいトミカショップオリジナル組み立て工場が登場して来たわ
けです。ま、当分の間、ローテーションで発売があるでしょうね!仕方な
い事です。トミカショップオリジナルって箱にもうたってあるので、違う
所で発売することも出来ませんから、生産ロットが裁けるまで頑張って発
売されることでしょう。我が家も気が向いたら違う組み合わせを作っちゃ
うかも知れませんね。どうもホンダ車の魅力にすぐやられてしまうタイプ
なので。笑 
 また、いつか紹介する日が来るかもね!そのときは宜しくね!!

そういえば、今朝高速浜名湖SAで休憩していたら、黒のランチャフルビア
が停車していた。滅茶苦茶カッコよかった。あまりのことに見るだけ見て
写真も取らずに来てしまった。あまりかっこいいと人間その場で何してい
いか全く判らなくなっちゃいますよね。いや~あの年代の車両が自走して
るだけでもう素晴らしい。いい時間でした。バイクも凄いのが一杯泊まっ
てました。CB1100Rが数台。うぉ~~。これまた凄い。今日は天気も良か
ったし、素敵なものが一杯見られました。充実した一日でございました。
 本日はここまで。少し眠くなってしまいました。明日に備えて、本日は
軽くこんな感じで。明日又頑張って報告も含め、ブログアップします。
 宜しくお願いします。ではおやすみなさいまし~~。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

FC2Ad