養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

年末スペシャルその2 今年もお世話になりました。

2012年も早いもので本日で終了ですね。私の友人のブログやHPを見ると
一年があっという間に過ぎ去ったと言う記述が多く見かけられます。
 本当に若い頃にはこんな事思ったこと無かった。特に義務教育の頃は1
年の長さは圧倒的だった。年齢と共に加速度的に早くなっていく。本当に
不思議なものです。今若くして色々楽しんでおられる方たち。謳歌してく
ださい。必ずいつか私達と同じ感覚を味わう日がやって来ます。
 しかしこれって考え方で、それだけ充実してるって事でもあるんですね。
確かに色々なことに集中する度合いが物凄く増えている。1年が短いがそれ
以上に1日の短さ。仕事してると時間は絶対足りません。集中力。これが年
齢と共に増してくるんでしょうね。落ち着きが無い。小学生の頃通知表に
書かれてた気がします。年齢と共にそれもどこかに消え去ってしまいまし
た。みんな集中型に替わっていくんですね。
 多分一年の経過が早く感じるのはそんな事からでしょう。これもまた楽
し。なのでありました。

 さて、昨日はW.M.C.Cの忘年会でした。楽しかったですよ。自分は今年最
初で最後の忘年会でしたので、目一杯楽しませていただきました。
 そして久しぶりに参加の養さんと。うん!二人分ですから今回の忘年会
で入手したミニカーの大量なこと!又年明けから一気に紹介して行こうと
考えております。楽しみにしていてください。ミニカーだけでなく自分の
大好きな文字物や、何より色々な情報交換もこの集まりの凄いところです。
 物凄く長時間なんですがあっという間に過ぎ去っていきました。
 今年一年色々お世話になった方に感謝しながら。楽しませていただきま
した。カウントダウンイベントの為に早々に去られた方もおられました。
 様々な仕事に関わられている方がおられるのもこの集まりの特徴です。
この一日で色々なジャンルの話を一気に色々する。これが又楽しいんです。
 又来年この大忘年会報告させていただきます。

 さて2012年大取りのトミカですが、ま、昨日の流れで本日は想像出来ま
すね。こんな素敵なトミカで2012年〆させていただきます。 

カーズ2コンプリートボックス オリジナル
ライトニング・マックィーン
(日本SPタイプ)
2011.12
2012123101.jpg
2012123102.jpg
(トミカ2933)

 いや~色と言い本来なら年明けに紹介したほうがいいような派手さ加減
です。(笑)
 兎に角一年の締めです。これくらい派手に行ってくれないと!個人的に
は物凄く気に入っております。
 そして、コンプリートボックスの箱ってこんな感じだったんです。結構
大きいんですよ。DVD。ブルーレイ。本。ミニカー。実に豪華なセットでし
た。こんな感じだったんですね。
2012123103.jpg
 赤い箱。伝わりませんよね。この箱の大きさ。でもなんだかこの充実感
はいい感じだと思うのです。これが我が家にあるのは凄く嬉しいことで。
 しかしこの充実したセット。じゃこれからも頑張って発売しちゃうから
ねってのは辞めてほしい。(笑)金銭的にあまりにも高額すぎです。
 これだけの充実セットで、お値段格安数千円くらいなら嬉しいんですけ
どね。(笑)ま、それも期待できないことで。兎に角これで超高額抱き合
わせ商品は終わりにして欲しいものです。過去最大の抱き合わせ商品でし
た。

 こんな感じで2012年このブログの更新も終了します。このブログは2006
年1月1日から始まりました。2013年から8年目に突入です。頑張ってトミ
カや色々なミニカー。そして興味のある色々なもの紹介していきます。
 今年一年本当にお世話になりました。つたないブログにお付き合いいた
だき感謝感謝です。又来年もよろしくお願いいたします。
 皆さん、よいお年をお迎えください。ではでは又来年!!(明日ですが
。笑)
スポンサーサイト

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

年末スペシャル その1

トミカ好きにとって金額は問題ではない。最終的に悩むのって買うか買
わないかこの決定だけだと思う。自分の周囲に沢山おられるコレクターの
皆さん、年齢も高いです。だからというわけではないのですが、比較的若
い方より金銭に余裕がある。だから購入は当然だけど若い方より大目なの
です。その分長いこと仕事頑張って来た方たちです。今苦労してる若い方
も頑張って仕事してると、それなりの生活が出来るようになると思う。
(これは残念ながら確定でないところが辛いのだが…)自分たちの年齢に
なるとその違いは如実に現れて来るんです。努力が報われる方、努力相応
な方、全く努力と逆方向に向かう方。難しいものですね。何がそうさせる
のか判りませんが。兎に角頑張るしかない。そんなのが結論だと思う。あ!
脱線脱線。

 話を元に戻しましょ!トミカって現在はお金さえあれば出回ってるもの
は入手可能なわけじゃないですか。中には絶対手に入らないものもあるっ
てのが最近やっと判りだしましたが。(遅い!!笑)今回紹介する我が家
の2012年を代表するトミカなど問題にもならない。少し高かった程度です
 でも我が家ではこれを買うか買うまいか物凄く悩んだんですよ。大好き
なカーズトミカだし何とかして欲しかった。それがなんと発売されたのは
去年の12月だった。発売は昨年12月だったんですが我が家が購入したのは
なんと6月位くらいだったんです。だから我が家では2012年を代表するトミ
カに致しました。
http://www.disneystore.co.jp/shop/productdetail.aspx?sku=VWBS1294
 流石にこの値段見て最初は滅茶苦茶躊躇しました。オリジナルトミカは
2台です。この2台のためにこの値段…強烈ですよね。我が家にとって史上
最強の抱き合わせ商品となりました。今年の締め第一弾はこんな車両の登
場です。

カーズ2コンプリートボックス オリジナル
メーター
(日本SPタイプ)
2011.12
2012123001.jpg
2012123002.jpg
(トミカ2932)

 20,790円というお値段。これは強烈ですよね!!皆さんご存知かと思う
のですが、我が家結構お金の掛かる趣味を他にも抱えているものですから
トミカ好きとはいえ、この金額は…悩んで悩んで悩みぬいた末の決断。買
っちゃいました。(汗)
 ま、元々ビデオが発売されたら購入しようとは思っておりましたし、良
い機会といえば何となくそんな気がする。(笑)
 我が家だけでなく殆どの方が定価では購入しておられないと思いますが
比較的お安いときに購入させて頂きました。なかなか勿体無くて箱を開け
る事もありません。購入できたという安心感。コレクターさんはみんなこ
の充実感のために一生懸命購入してるんじゃないかな?そんな風に思うん
です。
 考えたら贅沢な趣味ですね!趣向品ってそう言うものなのかもしれませ
ん。タバコとかお酒とかと同じですね。辞めてしまえばそれまでの物なん
ですが、辞めるまではそれが無いと困るんじゃないかという錯覚に陥る。
 我が家もまんまとその世界に嵌っているんです。でも楽しいんですよ!

 先にも書きましたが、2台オリジナルがあります。どちらを〆にするか
悩みましたが、やはり主役はこちらだろうということで、本日はメーター
を紹介させて頂きました。
 なんとなくお正月的な感じが漂ってくるカラーリングじゃないですか?
昨年発売になったときも若干はそんなイメージもあったのかも。しかしど
ちらかと言うとクリスマスプレゼントだったのかもしれないですね。
 我が家は1年遅れで紹介です。こんな感じでネタバレではありますが明日
の今年最後のトミカに引き継ぎます。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

毎年のことなんですが。

このブログ12月の31日今年一番入手するのに苦労したトミカとか気に入
ったトミカとか。とにかく印象に残ったトミカを紹介して一年を終了して
行きます。これってあくまでも個人の感覚なんですよ。皆さんに当てはま
る訳じゃないと思うんです。それぞれ色々印象に残るトミカがあると思う
のです。それって値段の高さだったり、入手難易度だったり色々です。
 自分は好んで集めているトミカのなかで比較的入手が困難だったものを
31日用にとってあるんです。そんなこんなで30日、31日用は決定してます
ので、本日がいつも空白の1日なってしまうんです。なかなか辛いですよ!
セットものは紹介できないし、何紹介しようかな?って物凄く悩むんです。
しかし今回は例年以上に2012年トミカの紹介が溜まっており、本来紹介し
まくらないとやばいくらいあります。
 こうしてみると今年はやはり発売されてるトミカが多いです。なんだか
やばいくらい発売されています。いいのかな…なんだか人気がなくなる前
のチョロQのようで怖い気もする。気のせいならいいんですけどね…。

 さて、空白の1日やっぱりそれでも自分が大好きなシリーズ紹介指定行き
たいなって気がしました。紹介待ちのトミカの山の中みたら、いるじゃな
いですか。お~~いお~~い。って呼ぶ声が聞こえた。本日はこの子を紹
介していこうと思います。29日はこんな一台の紹介になります。

C-30 ナイジェル・ギアスリー
(スタンダードタイプ)
2012.11
2012122901.jpg
2012122902.jpg
(トミカ2931)

 やっぱカーズでしょう!11月トミカも全く紹介できていない。そんな中
この子がポツンと寂しそうにしてました。
 それにしても今回は素材になっている車両がはっきりわかるんですね。
カーズの中では元がこんな車両ですよとか拘ってはいない。でもレースシ
ーンに置いて、車両の国籍が重要になったりします。今回はイギリス代表
という事が判らないといけない。最近では車両で国籍がわかりづらくなっ
ています。
 イギリス代表の高性能車、ロータス?実はもうこれも会社は英国に無い
名前はバリバリの英国車なんですけどね。F1の世界でも現行ロータスはル
ノーですからね。なんとも節操がない。
 ジャグア?残念。これも現在は英国と全く関係の無い会社となっており
ます。じゃ、どこ?MINI?これも残念BMWですよね。生産はイギリス
で行われてるようですが、これも英国車じゃない。何せロールスロイスも
レンジローバーも現在は英国と関係なくなってしまった。今回の車両の大
元になってるアストンマーチン唯一本社を英国に置いている。そういった
意味では英国代表高性能車イコールこの車両という事になったようです。
 今回のカーズの題材がスパイ物という事もあったので、アストンマーチ
ンのイメージはもってこいだったんですね!007といえば、ですもんね!!

 トミカ自体の出来も非常によく、トミカSNS内での評判も非常によかった
ように思います。本当にトミカの二分化がされているんだなと感じるくら
い出来が違います。商品の多様化って大切なことだとは思うのですが、足
元が揺らいでしまうのはどうなのかな?そんな風にも感じてしまいます。

 さて、今回カーズトミカとしては初めての出来事が起こりました。過去
の番号の重複。所謂世代番号が存在することとなりました。なんとマッハ
マツオさんが引退となってしまった。ちょっと悲しいです。
 これからはカーズトミカにも世代番号が登場するのかな?基本的に番号
は不要だと考えているのですが、如何でしょうか?日本は結構番号付け好
きですよね。徐々に拘らないほうに向かっていくといいんですけどね。
 ま、なかなか難しいか。結果として楽しかったらいいですけどね!
 さ、ではこんなところで29日終了していきましょう。明日は忘年会だ!
2012年最初で最後の忘年会。楽しんできます。ではおやすみなさい。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

さて、皆さん仕事終わりましたか?

まだまだ頑張っちゃうぞ!って方も一杯お見えになりますよね。頑張り
ましょうね!業種におよってはお正月休みは交代でって所もあるんですよ
ね、お正月は稼ぎ時って業種も一杯ありますもんね!働くって大変なこと
なんですよ。みんな頑張って欲しい。
 自分作業のほうは終了したのですが、何かと色々残っております。簡単
には終われませんね。ま、仕方ないことです。もう少し頑張ります。する
とW.M.C.C忘年会が待ってますから。これで1年の疲れを癒していただくわ
けです。果たして癒されるのか…この辺りが問題だ。(笑)だってとんで
もないミニカーなんか登場すると、癒すどころかぐったりしてしまう。
 ビンゴ運の悪い自分には、この時間だけでぐったりしてしまう。(笑)
 それを楽しみに1年頑張ってるみたいなものですからね。忘年会が終わっ
て休みがやってきます。残念ながら今年は店長のお店が大晦日営業があり
ませんので、年越しそばどこで食べるのか難民です。(笑)養さんと御そ
ばの店探しに行くこととしましょう。

 さて本日のトミカなんですが昨日までトミカくじIIを紹介していたもの
で、何も考えなくても次から次にトミカが登場してくれました。今日は何
紹介しようか悩む必要がなかった。しかし本日からは久しぶりにこの悩み
が登場してまいりました。これもまた楽しいんですけどね。
 本日からは年末特別紹介とでも言いますか、適当に年末まで過ごして行
こうと考えております。さて本日ですが突然12月に発売となったこんなト
ミカ紹介して行こうと思います。

129-1 レーシングトランスポーター
2008.12~
ダンロップモータースポーツ レーシングトランスポーター
トイザらス オリジナル
2012.12
2012122801.jpg
2012122802.jpg
(トミカ2930)

 レギュラー物は又来年紹介させていただこうと思ってます。しかし「ト
イザらス オリジナル」って何でこんなに情報漏れが無いんでしょうかね?
驚くほどいつも突然ですよね。オリジナルトミカってなんとなくどこかか
ら漏れて来るもんなんですけどね?本当にガードが固いって言うのか、あ
る意味凄いですよね。
 そしてもっと驚いたことがあるんです。いつもこのブログ内でぶつぶつ
言ってる店舗。今回は他店に足並みをそろえたのです。ちゃんと発売日に
一杯並んでいました!これには驚いた。多分理由は簡単。クリスマス前の
発売だから、いつものように1ヶ月遅れで発売してたら、売れるものも売
れなくなっちゃう。この時期に玩具売らないでいつ売るの!って時期です
からね。オリジナルもこの時期に合わせて登場して来たものと推測できま
す。
 いつの間にやら、トイザらス オリジナルはタイヤメーカーレーシング
トランスポーターシリーズになっていました。しかし良いですね!個人的
には、このタイヤメーカーのトランスポーター結構好きです。鈴鹿サーキ
ットでレースが開催されているときも、いつも止まってます。これが無か
ったらレースも出来ないわけで。
 なによりタイヤメーカーのロゴは独特で、企業イメージカラーもちゃん
と存在しますしね!ミニカーシリーズとして今まで登場してこなかったの
が不思議なくらいですね!国内メーカーだけでもまだまだありますし、海
外有名メーカーの物もリリースされるとなれば、まだまだカッコイイ車両
期待できそうですね!ミシュランやピレリ。個人的にはグッドイヤーが登
場してくれたら最高に嬉しい。今後に期待できるシリーズですね!
 トイザらスさん、目の付けどころが最高に素晴らしいです。これからも
よろしくお願いいたします。

 さ、今日12月のトミカ紹介しちゃった。明日はなに紹介しようかな?
今晩又考えていきます。これもまた楽しみです!では又明日!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

さて、最終日になりました。頑張った気がする!

どうにもこの時期毎年のことなんですが、仕事が急がしすぎる。そこに
持ってきて体調不良と来たもんだ。何か変だな?って気はしてたんですが
本日お昼くらいに、一気に体調不良がやってきてしまいました。
 朝は喉が痛かったのだが、昼くらいから目が回りだした。多分熱があっ
たんでしょうね。しかし熱を測ったりしない。これが自分流。熱出てるっ
て判ると一気に動けなくなるのが人間。気持ちのものなんですね。
 何とか本日乗り切りました。よかったよかった。明日もまだ大量な仕事
が待ってます。もう一息がんっばら無くっちゃ。
 普段風邪など引かないもので、風邪薬には縁がない。だから飲んだとき
の効き目の凄さ!一気に眠くなり少し仮眠をとったら、ブログが更新でき
るくらいになりました。元来丈夫なんだね!兎に角皆さんも忙しい中での
風邪には気をつけましょうね!

 さてトミカ紹介して行きましょう。なんだか仕事が忙しかったこともあ
り会社で記事を書く時間すらなかった。23時過ぎからブログ更新はじめる
 よく最終日までたどり着いたものです。挙句最終日は風邪までおまけに。
(笑)しかし最終日まで頑張るとご褒美のような魅力的なトミカがまって
くれている。最終日を飾るにふさわしいトミカが紹介できます。
 おっとその前に外箱紹介しないといけませんね!大小はありますが、デ
ザインは共通ですのでこんな感じの外箱でした。
2012122701.jpg
 一色のそれほど凝ったデザインではありませんが、なんだか味がありま
す。さ、外箱紹介も終わりました。ということで本題に行きましょう。最
終日はこんな一台の紹介になります。

F40-1 ランボルギーニミウラSV
1977.11~1988
トミカくじII 7
2001.07
2012122702.jpg
(トミカ2929)

 でた!ミウラ。この車両も少し前に紹介したカウンタック同様物凄くフ
ァンの多い一台なんです。
 昔からトミカはランボルギーニに注目していたんですね。それが功を奏
したのでしょう、現在は完全に版権取得に成功し、独占企業です。目の付
け所が良かったですね。ミウラは最初見たときタイヤの幅とかがボディー
にあってないと感じた。コンセプトモデルはそれ程太いタイヤは付いてい
なかった。自分が見てしまったのはそんなモデルだったのかもしれない。
 映画ミニミニ大作戦(邦題)の映画冒頭に登場するミウラ。トンネルに
入ってブルドーザーに衝突。無残にも崖から落とされてしまう。果たして
あれが本物のミウラだったのか、撮影用に作られたものなのか、いまだに
真相は判明しておりません。
 海外の映画はとんでもないことを平気でしてしまいますからね。もしあ
れが実車なら貴重なミウラが一台減ったことになります。
 自分の中ではミウラというといきなりこのシーンが思い浮かんでしまう。

 少し前に紹介したカウンタックが金色でした。そして最終日のミウラが
銀色。間違いなくランボルギーニ車両がこのトミカくじIIの金賞、銀賞だ
ったんですね!大当たりって奴です。くじって感じが漂いますね!
 これから発売するトミカくじもこんな夢のある当たりの中の当たりみた
いな楽しめるくじ発売してくれると楽しいんですが。

 最終日ですので大外の箱も紹介しないといけませんね。トミカくじIIの
箱はこんな感じでした。
2012122703.jpg
 良いじゃないですか青白赤のトリコロールで作られています。なんだか
この箱見るだけでポコン!ってしたくなっちゃいますね。
 さ、これにて最終日終了となりますお疲れ様でした。自分も紹介してい
て物凄く楽しめました!懐かしい車両も一杯登場して来てくれました。
残るはトミカくじIだけになりました。来年早々には紹介したいと思って
おります。ま太そのときはよろしくお願いいたします。
 ではトミカくじII終了です。お疲れ様でした。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

街中ではあまり見なくなりました、しかし…

なんと、どんどん紹介は進んでいたんですね。本日の一台を含めて残り
2台となりました。はやいな~。しかし考えたら今年も残り5日となってし
まいました。どんどん日にちは経過して行ってるんですね。年齢と共に月
日の経過するのが早くなっています。やばいぞ~~(笑)
 
 さて、ファイナルに近づくにつれて車両も魅力的なものが出てきます。
レギュラー番号順に紹介している。そしてこれも我が家の勝手なルールな
のですが外国車シリーズは後回しになる。ってことで本日より2日間は外
国車紹介になります。ラストツーは又魅力的な車両が登場してきました。
 表題にもしましたが、街中ではあまり見なくなりました、しかし…なん
ですが、ある場所に行けばもうウヨウヨ走ってるんですよ。全然普通に走
ってるんですよ。
 毎年記事にしているのですが、我が家はフレンチブルーミーティング、
(以後FMBとします。)に参加いたしております。読んで字のごとく、フ
ランス車の集まりなんです。といいつつも実際はどんな車両に乗っていっ
ても誰も文句を言わない。その辺りはフランス車オーナーさんの心の広さ
なのでしょうね。養さんとFBMに参加しだして10回以上なんですね。もう
十分FBMのベテランですね。自分はもっと前から参加してます。
 自分が参加し始めた頃は、まだ本日紹介しようとしている車両も街中で
よく見かけました。現在は残念ながら殆ど見かけることがありません。
 名古屋では比較的古いフランス車を見かけることが少ないのです。なぜ
何でしょうね?意外にマニアックなラテン車を販売している店もあるんで
すけどね?たまたま自分の周囲に居ないだけなのかもしれませんね。だっ
て購入する人間が居なかったら、あの車屋さんが現在も営業しているはず
がない。隠れラテン車マニアが一杯居るに違いない。特に本日紹介する車
両は外観的にも数十年も前の仕様。しかしそれが現代の近代的な町中に凄
くマッチしたりする。魅力一杯の車両です。
 本日はこんな車両紹介させていただきます。

F39-2 シトロエン2CV
1980.12~1986.06
トミカくじII 20
2001.07
2012122601.jpg
(トミカ2928)

 この車両運転したことのある方判りますよね。初めて運転すると間違い
なくギアチェンジうまく出来ない。と言うよりどうしたらギアチェンジで
きるのか見当も付かない。それが2CVの魅力でもあるんですね。小さな小さ
なエンジンで名前は2馬力。実際に2馬力ってことはないのですが、それく
らい小さな車です。そしてこの車の特徴はクランクが付いているところな
んです。現代の若者にクランクって言ったって見当も付きませんよね。
 ワーゲンも初期の頃にはクランクが付いていたということを、ワーゲン
に詳しいノッポさんに教えていただいたことがあります。
 クランクってなに。これはね、オートバイで言えばキックみたいなもの
です。手動セルモーターって言えばいいのかな?むか~し昔の映画見てる
と車の前に何か差し込んでぐるんぐるんって回してるシーン見たこと無い
ですか、あれがクランク掛けって言うです。2CVはその機能がいまだ生き
ている。バッテリー上がりでセルが回らなくても平気さ!!そんな凄い生
きてる化石みたいな、車両なんです。

 でも可愛いですよね!この色合いと言い、国産車には無い個性という物
が前面に出てきています。魅力ありますね!
 又これだけ目立つ車両を現在ピカピカの状態で乗っておられるオーナー
さんの多いこと。驚きます。生産年数考えたらそろそろ修理も大変だと思
うのですが、しかしこの車両に見せられた多くの方がおられるのでしょう
だから今もなおパーツ供給が可能なんでしょうね。大切にいつまでも乗っ
てあげて欲しいと心から願っております。言うまでもない!!という言葉
が帰ってきそうですね!(笑)
 しかしトミカは魅力的です。2900台以上紹介してきてもまだこんな素敵
な車両が登場してくるのです。
 FBMのお陰で物凄く身近に感じている車両紹介できました。いや~仕
事はダラダラに疲れてますが、それでもこの時間が明日への気力与えてく
れます。本日も頑張った!又明日も頑張るぞ!!皆さんもラストスパート!
頑張っていきましょうね。
 明日はトミカくじII最終日です。よろしくお付き合いください。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

自分の中では名車中の名車です。

あくまでも自分の中だけの話なんですけどね、兎に角この車両は素晴ら
しいと思っている。自分でもある意味よくわかっていないところが多いの
ですが、四輪駆動の世界でこの車両の右に出るものが無いと感じる。
 自分はこの車両のオーナーになった事が無い。でもこの車両の凄さは色
々な話を聞いて実感できています。何がそこまでこの車両のポテンシャル
を引き上げているのか…。
 実はこのトミカくじIIを紹介していて判ったんです。元になってるもが
違うんですね。某K国やC国からは日本の軍事企業戦犯企業とまで呼ばれて
いる三菱グループ。実際にはそれぞれは全く個別な動きをとっており、つ
ながりはスリーダイヤモンドくらいなのです。しかしその内に秘めた実力
は筋金入りです。少し前に紹介した三菱ジープ。もうこの車両は絶対名車
だと言うのは皆さん認めていただけるところだと思います。
 外観は全く別物です、走破性能などもパジェロとジープでは比べ物にな
らないですよね。しかしなんと、ジープの最終型はパジェロベースだった
んですね。いつの間にやら基本シャーシや、足回りはパジェロの方が上回
っていたのでした。最終型のジープは今ひとつ人気が無かったようですが
パジェロ色が表に出すぎたって事かもしれませんね。
 しかし、ジープの土台として使えるほどパジェロの実力が上がっている
という事です。不思議ですね。いつそんな実力つけたんでしょうね。

 本日はその大元になったパジェロとは違うのですが、その実力をしっか
り受け継いだ一台の紹介になります。こんな1台の登場です。

112-2 三菱パジェロJr
1996.09~2002.02
トミカくじII 15
2001.07
2012122501.jpg
(トミカ2927)

 排気量は小さく、でもパジェロの魅力だけは十分に伝わってくる一台だ
と聞きました。実はこの下にもパジェロミニという軽自動車版も存在しま
す。黄色ナンバー、5ナンバー、3ナンバー。全ての分野で大活躍した車両
なのでした。
 四輪駆動ブームのときにも、パジェロは別格でした。パジェロに乗って
れば女性に相手にされた…そんな時代もあったようです。(どんな奴がド
ライバーでも相手にされたかというと、そうでもないような気がするんだ
が…笑)
 自分が最後までパジェロに乗らなかった理由は、これに乗ったら他の車
両に絶対に乗れなくなってしまう。そんな気がしてました。アンチって気
持ちが物凄くつよかったのかもしれません。
 なんだか悔しいじゃないですか、最初から自動車の性能にあこがれて乗
ってしまうのって。自分は当時それ程実力があったわけではないのですが
ダットラのダブルピックに乗ってました。それも丸目の初期型に。
 う~ん走らなかったな~~。でも楽しかった。イマイチの実力だからこ
そ楽しかったのかもしれませんね。

 乗用車部門もそうですね、完璧はどうも好きじゃない。
 だから王者トヨタの車から離れていったのかもしれません。あくまでも
挑戦者のホンダに魅力を感じました。今もホンダはその期待を裏切ること
なく新たに挑戦して不思議な車両を出してくれます。
 王者がいるから挑戦者がいる。現在の日本車の圧倒的なシェアを誇るト
ヨタ。いつかどこかが破ることがあるのだろうか。そんな時期が来るのも
楽しみですね。生きてるうちには見られそうも無いかな。(笑)
 さて本日はこんなところで終了です。さ、終わりが見えてきました。頑
張って紹介しないとね!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

Merry christmas

さて、もう少しでクリスマスですね。なんだかどちらかと言うと本日、
24日が日本では非常に重要なようです。幸か不幸か本日は祭日と言うこと
もあり、異常な盛り上がりを見せているわけです。
 名古屋では夜7時から名古屋港で花火が打ち上げられるとの事。只でさ
えも自動車が多く大渋滞してる時に花火って…迷惑です。とぶつぶつ言っ
ててもしょうがないですね。皆さん兎に角楽しんでください。
 
 我が家はクリスマスは関係ないかな。(笑)何も替わることなくトミカ
紹介が続いていくのでありました。ま、それもまた楽しいって所でしょう
か。何かが楽しいと思って過ごしていくのって大切な事だと思うんだ。
 相手が物言わないトミカだったとしても。楽しい時間だけは与えてくれ
るんです。
 さ、本日も勝手にトミカと会話しながら楽しんでいきましょう。あ!3
連休今日で終わりですね。明日からもう少しだけ頑張りましょうね。そう
すればお正月休みがやってきますからね!もうひと頑張りです。

 本日のトミカなんですが実に不思議な名称が付けられてしまった車両で
す。たまたま発売されたときにこの積荷だったためにそんな名称になって
しまったというトラックの登場になります。こんな一台の登場になります。

97-4 新幹線トレーラー
1999.01~2003.05
トミカくじII 16
2001.07
2012122401.jpg
(トミカ2926)

 新幹線を荷台に積んでいたから発売時の名前が新幹線トレーラーという
名前になってしまいました。しかし時代はどんどん流れてしまうんです。
 トレーラーヘッド自体ももう相当型落ちになってしまいましたし、荷台
に乗っていた当時最先端だった新幹線も次世代にその座を譲り引退してし
まったのです。我が家のトミかくじは発売当時のまま時間が止まっていた
わけで、10数年経過した今始めて封が切られ、やっと登場したらもうすっ
かり世の中で活躍してる仲間がいなくなってしまってる。トミカたちもち
ょっとショックかもしれませんね。
 色即是空とでも表現したらいいのでしょうか?うむ~奥が深いですね。

 しかし、この新幹線もしっかりデフォルメが利いていて、もうすっかり
可愛くなっちゃってます。トミカになると色々な物が可愛くなってしまう
。楽しいですね。レギュラーものは500系を積載しておりました。元は日
野セミトレーラー1970年後半には生産が終了されてしまいました。
 だから物凄く時代を感じるわけですね。相当前の車両だったんですね。
トミカくじはこういったトレーラーに関しても懐かしい車両登場させてく
るんですね。うん!なかなか楽しいです。

 やっぱり今日はなんか記事書く雰囲気じゃないですね。(笑)本日はト
ミカ好きは早々に退散していきます。さ、又明日から頑張って仕事します。
後数日頑張ればお休みです。頑張るぞ!!明日からはちゃんと記事書きま
すから。ではでは

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

本日もなかなか個性的な1台が登場です。

回顧主義と言われてしまえばそれまでなんですが、ま、個人の日記なん
で過去にさかのぼってまで古いトミカを紹介するの、許してくださいね。
 本日なんですが、トミカの海部門担当の車両登場となります。
 しかしこの選択力の凄さ。驚くばかりですね。子供さんはどんな車両を
モデル化したら興味を持つのかしっかり研究し尽くされている。
 しかし、この辺りのトミカチョイスについてなんですが、大元の情報源
があるんです。この当時のトミカはまだまだ独自性という所まで辿りつい
ていなかったのです。当然ですがミニカーをリリースする上でのお手本の
ようなミニカーメーカーがイギリスに存在したのです。
 その大元のミニカーメーカについてはこのブログを参考にしてみて下さ
い。多分多くの見られる方より年上のミニカーたちが一杯登場してきます。
「‘LESNEY’から始まった」タロささんのブログです。
 実は自分もこの辺りの古い古いミニカーたち興味津々なんですが、ここ
に手を出したら大変な世界に行ってしまいそうで怖くって。だからいつも
タロささんのブログ見るだけで我慢しています。(笑)
 自分が生まれた頃のミニカーたち。美しくピカピカのミニカーじゃなく
使い込まれた車両が逆に物凄く色々な事を語りかけてくれるんです。
 楽しいですよ。世の中にはトミカが見本にした凄いミニカーメーカーが
一杯あるんだということ。知るだけでも楽しいと思うんだ。人間はいつま
でたっても勉強って言うじゃないですか、本当にその通りです。色々興味
が尽きないのが人間なのだと思います。面白いですね!

 さて本日ですが元になってるものは日本オリジナル船体です。自分は現
物見ることが出来てません。世の中にはカッコいい物が一杯あるものです。
 本日の一台こんなお船の登場になります。

93-1 三井造船ホーバークラフトMV-PP5
1975.03~1989.10
トミカくじII 12
2001.07
2012122301.jpg
(トミカ2925)

 ホーバークラフト。独特の世界ですね。じつはこれ少し形は違うものの
マッチボックスから先にリリースされているんです。しかしこの頃のトミ
カは間違いなくマッチボックスが先生ですね。ライバルと言うにはあまり
にも歴史が違いすぎます。むしろライバルと言えばほぼ同じ年にリリース
され始めたマッチボックスなのかもしれませんね。日本に対する売り込み
も凄かったと思います。トミカに先駆けること2年ほど前にリリースが開始
されました。このファーストモデルは「店長のひとりごと」に1台展示され
ております。レッドライン一見の価値ありです。

 それにしてもこのホーバークラフトなんですが、人気が続き、現在もま
だ色々なリメークを施されながらも登場してくるのです。独特のボディー
形状。確かに魅力一杯なんですね!自分も大好きな車両の中の1台です。
 特別カラーの車両。本日もまた楽しい一台紹介することが出来ました。

 ※※※注意してね!!※※※

 さて本日なんですが、忙しい仕事の合間を縫ってトミカ博に行ってまい
りました。今回の会場で入手したトミカ達は多分来年かな?に紹介させて
頂くこととなります。大量入手ですので、これもまた時間をかけながらの
んびり紹介させていただく事となります。その時はよろしくお願いいたし
ます。
 驚いたのは久しぶりに日曜日に訪問したトミカ博の人の凄さでした。毎
度の事ですが、折角ですのでしっかりトミカ博を楽しみたいということで
少し開場を待つくらいの時間に開場に行きました。ぐえ!!なんと大々行
列が出来ているんです。何と私達の最後尾は殆ど外でした。これには驚い
た!!開場はお約束どおり30分前に開場。そして中に入ってチケットを買
って組み立て工場にこの時点で20分待ち…信じられん人手です。
 何やかんやで開場を後にしたのは12時くらい。外に出たら何と入場規制
が掛かっていたのでした!!!!そこには物凄い列が出来ている。開場前
の行列と全然変わりないくらい。凄すぎる!!!
 当日チケット購入するのに1時間。入場に軽く1時間。あの時間にまだ会
場に向かってた方、ちゃんと入場できたのだろうか??心配です。
 そして何より物凄く小さな駐車場。車の列は数キロ続いておりました。
多分この時点で諦めた方多いのでは…あまりにも壮絶なトミカ博体験させ
て頂きました。休みの日のトミカ博怖いです。明日行かれる方。覚悟して
行ってくださいね!!出来るだけ早めにいかれることお勧めします。
 では本日こんな所で終了です。では明日もお休みの方ゆっくりしてくだ
さいね。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

トミカくじんには目玉がある。

どのトミカがメインになるかはその時によって変わるのでしょうが、必
ず目玉モデルが登場してくるのでした。初期のトミカくじは特にそれが極
端だったような気がする。
 現在はトミカ博の中で開催されるミニイベントの当たりとはずれ。個人
的には、全部当たりなんですが、その中でも一際目立つ金メッキモデルや
銀メッキモデル達。このころのトミカくじにはそれが含まれていたようで
す。くじと言う名前が付いていて、ブラインドで販売するわけですから、
一等賞とか特賞なんてのが存在しても全然問題ないと思う。ある意味そち
らのほうがくじとしては正しい世界観なのかもしれません。
 外箱の形状といい、くじが前面に押し出されている感じがします。本日
紹介するトミカなんですが、ある意味特賞のトミカなのかもしれません。
 この当時は外国車のリリースが極端に減ってきた時期です。現在は逆に
リリースが増えてきてますが。そんな中でもキングオブ外国車みたいな車
両の登場になります。この車両が大好きって方も多いと思います。
 兎に角車らしからぬデザイン。他を圧倒する威圧のある車高の低さ。ど
れをとっても追随を許さない。凄いマシンです。当然値段も凄かった。現
在もその後継と目されるマシンが登場しておりますが、このマシンほどの
インパクトが感じられないと思ってしまうのは自分だけだろうか?
 時代もありますよね!この車両が登場した当時、こんな異様な格好をし
た車は存在していなかった。よくデビューさせたものだと感動すら覚えま
す。さ、本日の一台こんな車両になります。

92-2 ランボルギーニカウンタックLP500S
1988.01~1995.01
トミカくじII 14
2001.07
2012122201.jpg
(トミカ2924)

 金メッキのカウンタック。もうこれは特別ですよね。一般的な紹介ブロ
グだったら、多分紹介は最後だったでしょうね!おいしいものは最後まで
とっておく。(笑)レギュラー番号順に紹介してる我が家にとっては何事
も無かったかのように中間で登場です。(笑)これも楽しいですよね!

 スーパーカーブームの主役だった。残念ながら自分は少し年齢が行って
いた事もあり、このブームには乗っておりません。しかしながらこの車は
ブームに興味があるないに関わらず、車好きには注目の的でした。
 このブログでもいつもお世話になってる「店長のひとりごと」でお馴染
みの店長も大好きな車です。そうそう、いつもコメント頂けるプラムさん
もこの車両大好きだったと思うんです。
 ファンが多いんですよ。車としての魅力は言うまでも無く、その独特の
デザイン性にファンが多いのも頷けます。
 夢みたいなものをこの車一身に集めていたんですね!もう随分前の車両
なのですが、街中で見かけるとその異様さは今でも衰えることを知りませ
ん。デザイン性の豊かさを感じます。イタリア人は凄い!!

 そんなランボルギーニ製マシンの不思議。「いつでもレースに出て走っ
てやるよ」的な感じじゃないですか。しかしストリートでは無敵な車両な
のですが、レースの世界では全く登場してこないと言う不思議な車両でも
あったのです。
 噂ではモトになる車両の金額が高すぎること、車両合成にも若干問題が
あるんです。ボディー素材が若干レースには向いていないこともあったよ
うです。
 しかし最近では、実際のレースにも登場するようになって来ました。少
しレース関係の方に聞いたことがあるのですが、このレース参戦に日本の
オーナーズクラブの方の力が物凄く大きかったらしい。考えてみたらこの
車両もてる方って言ったら、基本お金持ちの方じゃないですか。そういっ
た方が応援してくれる。これって最強のサポーターじゃないでしょうか。
 時間をかけながら、レースの世界でも注目されてきています。
 今後のGT300にも注目していきたいところですね!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

世の中は見事に宴会ムードとなっております。

この妙なテンションの高さは日本独特のものなんでしょうね。本日より
日本で言うところのクリスマス休暇が始まります。3連休なんですよね。残
念自分には関係ないみたい。ということで明日も仕事です。
 学生さんも本日から冬休みなのかな?羨ましい限りです。おぢさんにな
ると絵に描いたように休みがなくなるから。今のうちにしっかり休みを楽
しんでおいてね!
 しかし、年末仕事の忙しさに拍車が掛かってきました。滅茶苦茶です。
は~ワンピースの映画見に行く暇もなかなか作れません。頑張って時間つ
くらなきゃ。
 やりたいことは一杯あるが、なかなか時間が足りませんね。皆さんも明
日から三連休ですか?羨ましいぞ!!ま、兎に角日曜日間で頑張ろう!

 さて、本日のお楽しみトミカ、何が登場してくるんでしょうか。お!軽
自動車登場です。一昔前の軽自動車。しかし現在の軽自動車と比べると、
まだどこと無く洗練されてない感じもしますね。まだまだこれから進歩し
て行く途中ですから。本日はこんなトミカの登場になります。

71-6 スズキ ワゴンR
1998.05~2001.06
トミカくじII 4
2001.07
2012122101.jpg
(トミカ2923)

 赤い軽自動車登場です。日本の町を走る車両。以前は計ったように色が
偏っていた時代があります。綺麗好きな日本人。大好きな色は白。しかし
大きく汚れる事も無く、最後まで乗られることが多い。白を綺麗に保つの
は大変です。アメリカなどに比べ雨も多い。なのに新車のような美しさを
保つ日本人。結構色々な国から驚きの声が上がっていました。
 最近では車もランドセル同様素晴らしくカラフルになってまいりました。
個性を前面に出される方が増えてきてるんですね。
 トヨタさんのAQUAや、Vitzなど実に多彩な色が用意されています。これ
が女性からも注目を集める理由なんでしょうね。
 軽自動車も本日紹介している車両の頃は、カラーリング幅も物凄く狭か
ったと思うんです。こういった赤系の車両に乗られている方も少なかった
と思うのです。カラーリングだけで注目を浴びられる時代もあったんです
ね。
 スズキのワゴンR一斉を風靡した軽自動車でした。ここから軽自動車の
黄金時代が始まったのでした。
 さて現在の軽自動車はどんな流れになっているのでしょうか?OEMが進
み、各社が個性を前面に出して勝負する時代は終わってしまったように感
じます。まさかまさかのスバルさんのリタイア。自分としてはここが一番
のショックでしたね。日本が国の大きさに合わせて進化を進めてきた特殊
車両。技術がそこには一杯詰まってます。是非捨てないでこれから先もど
んどん先進の車両を製造して欲しい。そんな風に思ってます。

 スズキさんといえば、来年度バイクの世界に復帰するのではという情報
が飛び交っています。ホンダ、ヤマハ、ドゥカティ。現在はこの3社で争わ
れています。往年の名企業スズキの復活。私以外にも凄く楽しみにされて
いる方が多いことと思います。来年のモトGPも目が離せません。

 しかし疲れたな~7でもあと一日頑張れば日曜日がやってきます。頑張
るぞ!本日も皆さんお疲れ様でした。自分もブログUp出来そうですので寝
ます。お疲れ様でした!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

着々と進んでいます。13日目です。

毎日一台づつという超スローペースなんですが、それでも確実に前に進
んでいくんですね。今日で13台目ってことは13日が経過したことになりま
す。うむ~~~!!トミカを紹介していて楽しいから月日が経つのが早い
のか、年のせいなのか…この辺りが非常に微妙なところではあります。
 気が付いたら20日じゃないですか!今年も残すところ11日となってしま
いました。あっという間に2012年も終わっていってしまうんです。
 ま、何があろうとこのブログのマイペースな所は変化が無いようですね
(笑)本日もいつものようにトミカ紹介して行きましょう。

 さて本日のトミカはなんでしょうね!最近は家に帰ってきてから今日の
トミカは何なのか調べて写真撮影して、そんな時間を過ごしております。
家に帰ってきてから集中的に作業しますので、滅茶苦茶疲れるんですが、
それでも先に紹介するトミカが判らないうという辺りが非常に新鮮で良い
のでした。馴れってのは恐ろしいもので、記事も30分程でかけるようにな
って来ました。結構集中して書いてます。ブログがUpし終わったころには
もうすっかりグダグダになっちゃってます。トミカくじの楽しさを今味わ
っております。現在紹介しているトミカ達なんですが実は未開封ものなの
です。発売されて11年が経過して、初めて空気吸ってるようです。毎度ハ
サミで外のビニール袋開封しながら撮影するのって新鮮です!トミカも、
「やっと表に出られた!」って喜んでる気がします。

 本日の一台なんですがトラックです。うむ~この頃からトミカの不思議
シリーズはしっかり根付いていたんですね。自分は実はこの妙なスケール
トミカ大好きです。もっと一杯出して欲しいとすら思ってる。(笑)
 本日の一台こんなトミカの登場になります。

69-5 三菱ふそう水族館トラック
1993.10~2007.05
トミカくじII 10
2001.07
2012122001.jpg
(トミカ2922)

 水族館トラックの登場です!!いいな~。この非現実的な世界観が大好
きです。このトミカの登場したのが1993年。それ程昔って訳ではないです
ね。しかし考えたらこの車両が無かったら、うなぎパイトラックの実車は
存在していなかった可能性もありますよね。
 車両の作り方、中にお展示してある非現実的な大きさのうなぎパイ。も
うどの条件を見ても、トミカの非現実シリーズを手本にしたとしか思えな
いのです。もともとうなぎパイさんがオリジナルのトミカを発売したのも
企画担当に絶対トミカ好きがいたと思うほうが納得がいく。水族館トラッ
クの現車があったら絶対に目を引くと考えますよね!そして現実に1台製作
してしまった。それがどんな宣伝効果を生んだのかは自分たち部外者には
判りませんが、しかし我が家のようにわざわざ浜松までトラック見に行っ
ちゃう変な一家も存在するわけです。あ!店長も見に行ってたな~!!!
みんな興味津々なんですよね。
 でも間違いなく売り上げには貢献してると思うんだ。まさかまさかの現
車登場に驚いたトミカファンでした。この後あの車両の後に続く車両が製
造されるのかというと非常に微妙なところではありますが、これでちゃん
と存在する車両だよって売れるわけです。素晴らしいな!!

 しっかし毎晩夜中にトミカみて色々考えているやつがいる。(笑)変な
生き物ですよね。(笑)一生懸命仕事した後はトミカでのんびり…実際に
は今日中にUpするために必死ですからね。(笑)こうして一日は終わって
いくのです。本日もお疲れ様でした。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

トミカを購入しだした頃、よく救済しました。

本日は消防自動車です。恥ずかしながら、自分の中での消防自動車って
のはこんな形なんですよね。現在よく見かける近代的なレスキュータイプ
の車両より、一般道を走行していたトラックの改良版車両。そのイメージ
のほぅが一般的です。現代の車両はいろいろなものが見えない所に収納さ
れている。しかも昔の車両よりコンパクトに見えるのに、収納されている
ものは何倍!!驚きですね。持ち運ぶものが進化してどんどん小型化して
いるのも好条件なのかもしれません。
 
 最近でこそ見かけなくなりましたが、一時期救急車を呼ぶとレスキュー
車が救急車の替わりに来てましたよね!以前会社の隣の家のご主人が心臓
病で倒れられ、救急車を読んだら消防車が来てた。家事なのかと近所が騒
然となったことがありました。救急車が到着するまでの応急処置をレスキ
ューの隊員さんが行い、その後すぐにやってきた救急車に乗って病院に向
かわれ一命を取り留められました。見事な連係プレイでした。しかし現在
では消防系の赤い車両が来るってあまり聞きませんので、この方式は無く
なってしまったのかな?あまりその辺りのことに詳しくないもので、しか
し間近にレスキュー車両が来るとその大きさに驚いた記憶もあります。
 多くの消防の方に助けられているんだなと、実感するのでした。

 本日紹介する車両はそんな近代的な車両からはかけ離れた車両ですが、
ある意味古きよき時代の消防車って感じがして、個人的には非常に気に入
ってる車両です。こんな車両が登場してきました。 

68-1 いすゞポンプ消防車
1973.04~1985.10
トミカくじII 17
2001.07
2012121901.jpg
(トミカ2921)

 しかし、この車両ってこんなにズッシリ感がありましたっけ?各パーツ
も物凄くしっかり作られています。手に乗せた感覚もしっかり重量が感じ
られます。トミカの大箱が使われております。いいですね~!!
 過去にこの車両のバリエーションを何台か紹介しているはずなんですが
こんなに重量感を感じたかな?あまり記憶にありません。
 そういえばこの車両はリミテッドにもなってますよね。何故だか我が家
は入手してるんですよ。珍しいことです。最近でこそあまり登場していま
せんでしたが、我が家には何故だか縁の深い車両でもあります。

 ボンネットタイプの物凄く味のある車両。時代を感じますが、物凄く主
張してる車両ですよね。
 しかしこの頃のトミカってなんだかやる気を感じさせますね!まだまだ
海外のミニカーメーカーに比べたら売り上げはイマイチの時期にリリース
された商品。当時のトミーさんが負けるもんか!!的な根性で作り上げた
車両のように感じます。多分採算度外視って部分もあったのかもしれませ
ん。手作り日本の凄さも感じます。ミニカーにとっても非常によい時代だ
ったのかもしれません。切磋琢磨して、色々な車両が次から次に登場する。
 この頃ミニカーファンだったら大変だっただろうな!欲しい車両が一杯
で浮気しまくってたかもしれない。(笑)いずれにせよ本日のトミカはト
ミカが物凄く生き生きとしていた時代の一台のような気がします。

 いや~仕事滅茶苦茶です。今週の前半戦が本日で終了したわけです。明
日から後半戦3日間。この勢いで身体持つのかな…。もう疲労困憊です。
 年末だからと、言うわけではなく仕事が異常な量流れております。どう
したことでしょう?同業の方きっと同じ感覚に陥ってるのでは?今年は兎
に角凄く忙しいです。ま、いいことかもね。では、明日も仕事頑張ります。
 皆さんも頑張ってくださいね!!

 PS.自分はお酒が飲めません。世間は忘年会で大忙しとよく聞きますが
実に不思議なことに私達の業界では一切開催されない。実はその時間が全
く取れないってのが真相なんですけどね。殆どの方がお酒飲まないっての
も特徴ですね。我が社も誰もお酒飲めません。(笑)珍しいでしょ!だか
ら飲酒運転で捕まる方周囲で見たことありません。珍しい業界なのでした。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

なかなかこのブログに登場しなかったくせに。

昨日のトミカについてすこし、自分全く知らなかったのです。JMPさんに
お教えいただいて吃驚しました。名古屋でもまだまだ現役なんですね。
 そして我が家のすぐそばにも巡回して来ている事実。驚きましたね。
 やはり子供さんがいる家庭にはこういった車両重宝するんでしょうね!
移動図書館はなかなか新鮮でした。今の今まで過去のものだと思い込んで
いました。無知とは恐ろしいものですね。トミカは色々教えてくれます。
楽しいだけでなく、勉強にもなってしまう。JMPさんに感謝!!

 本日紹介するトミカなんですが、つい最近までこのブログに登場してこ
なかった車両なんです。しかし不思議なものですね。一度紹介すると、堰
を切ったように登場してくる。仲間を呼ぶんでしょうかね。本当に不思議
なものです。
 しかし物凄くバラエティーに飛んでますね!このトミカくじII。この
ころのトミかくじ面白いです。又こういった古いトミカが復活してくれる
ようなトミカくじ出してくれないですかね。ブラインド販売ってこういう
のが良いとおもうな!

 今回のトミカですが又楽しいトミカです。元になってる車両も自分大好
きな車両です。こんなトミカの紹介になります。  

64-2 いすゞエルフFFマイパック バックホー
1978.01~1999.07
トミカくじII 3
2001.07
2012121801.jpg
(トミカ2920)

 良いですね!いすゞエルフ。もうこの車両何台紹介したことでしょう。
しかし飽きないですね!色々な仕様のエルフ登場してきます。
 エルフだけでも結構なコレクションになるんじゃないんでしょうか?自
分が知らないだけで、実はエルフコレクターさんなんかも存在するのかも
しれません。商用車だけのコレクターさんも絶対いるんだろうな。
 マジョレットなんかも意外に商用車リリースしてるんですよね。Sikuな
んかも一杯出してますよね。やはりミニカーメーカーさんの商品に商用車
は欠かせないアイテムなんですね!
 働く車の中でも、商用車は特別好きだな~。気取りが無いのがいい。身
近ですしね。又今後も登場してくれること期待しております。

 残念な話題が!!
 やはり可夢偉選手思ったチームに行くことができませんでしたね。実は
グロージャン情報が先に入ってきてましたので。数日前に愕然としており
ました。しかし、ここは前向きに!必ず可夢偉選手は復活してくる。そう
信じております。2013年度はすこし休憩して。しかしうF1の世界から離れ
る気はないとのこと。確実の来年の終わりには新たなチームと契約してい
ると信じて!!2012年は兎に角お疲れ様でした!
 F1は先に進んでいきます!!可夢偉選手走らないかもしれませんが、し
っかり応援していきます!頑張れ可夢偉選手!!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

本が好きなんです。

しかし最近は読む時間が減っている。Webの発達なんかもあって本を買わ
なくても十分興味のある情報が無料で手に入るようになってしまったのも
あります。もう一つ、どんどん老眼がすすみ眼鏡なしではなにも見えない
有様です。自分もそうですが眼鏡にお全く縁の無い生活を送ってきたもの
にとって、結構な違和感で。なかなか本を読むことが少なくなってる気が
します。
 最近では自分の書いた字があまりよく見えなくなってる。モニターの字
すら見えなくなってる。携帯電話の文字なんて殆ど見えない。自分でも信
じられない事ですが、眼鏡なしでは生きていけなくなってます。は~~で
すね。健康診断では2.0くらいありますね。って言われてるんです。
 遠くはよく見えるんですね。困ったものです。しかしその眼鏡生活も最
近ではなれつつあり、少しづつ元に戻りつつあります。眼鏡の度はどんど
ん強くなってるようですね。は~お年よりは辛いです。

 その本ですが、最近では本屋さんで購入される量よりWebで配信される
方が多くなってきてるようですね。確かに本は持ち運べても数冊ですが、
Ipadなどななら何冊でも持ち運びが可能なんです。本好きと言うより、活
字中毒患者にはこれはもってこいの道具です。読みたい本をすぐ読める。
 こんな幸せってありませんね!でも本の楽しみでもある表紙絵とかは楽
しめなくなっちゃいましたが…
 このWebの進化により、本日紹介しようとしている車両は絶滅なのかもし
れません。Web以前に絶滅してたのかな?
 さて本日の車両はこんな1台になります。  

62-3 いすゞジャニーQ移動図書館
1980.10~1987.10
トミカくじII 18
2001.07
2012121701.jpg
(トミカ2919)

 本日撮影していて始めて気づいたのですが、物凄くラメラメ塗装の車両
だったんですね!移動図書館がラメラメってのもなかなか味があってよろ
しい。(笑)
 この車両が活躍した時代っていつ頃だったんだろう?地域的なものも多
分にあったと思うのですが、自分が小さい頃にはもう小学校などには凄く
立派な図書室なるものが存在しておりました。自分が小さかったから図書
室が立派に見えたのだろうか?物凄く広い空間だと感じました。
 そしてなぜか中学校に入ると図書室が無かった。うむ~中学校には図書
室は必要なかったのだろうか?高校にはあったと思う。しかし利用した記
憶はまったくないです。
 どちらにしろ本には困らない環境だった気がする。自動車に本を積んで
いかなければならない場所って、はたしてどんなところだったんでしょう
ね。町の中でもこの車両は活躍していたようです。う~ん。どんな用途か
らこの車両が一杯活躍するようになったんだろう?田舎に育った自分です
が、残念ながら縁がなかった。
 でも楽しかっただろうな!車が本運んでくる。これってそれだけで子供
の好奇心を十分くすぐる。本は好きではなくても読みたくなるように思え
る。
 テレビが今ほど普及していなかった時代に、いや土地に育ってしまった
ので、本は確かに今で言うテレビ代わりだった気がします。いつも読んで
た。本が情報源だった時代です。時は金なりなんて時代じゃなかったんだ
ろうな、そんな風に感じます。
 今このトミカ見てもピンと来る方は殆どいないと思う。トミカは色々な
時代も教えてくれるんですね。目が見えにくくなってきた自分にはトミカ
は立体の教科書みたいなものになりつつあります。
 と、それをWebを使って文にしてる。これまた不可解。これも時代なの
ですね!しかもブログ自体はそろそろ時代遅れって感じですかね。
 ま、自分だけはのんびり構えてマイペースに進んで行きたいと考えてお
ります。

 本日は素敵な一台でした。しかし月曜日はなんとも疲れますね!ガタガ
タだ~~。いきなり雨も降ったし。今週はどんな一週間になるのやら。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

少し懐かしかったりします。

本日はタイヤの数が減ります。トミカは決して自動車だけではないので
す。時には全くタイヤの無いものもリリースしてきたりします。船。もう
これは全くタイヤはありませんね。兎に角子供さんが興味を持つであろう
陸海空の乗り物すべてが対象の商品なんですね。そんな中に自動車と非常
によく似た乗り物としてオートバイがあります。
 これまた、皆さん一度くらいは乗ってみたいと思ったことがあるのでは
ないでしょうか。小さなとき自分の行動範囲を広げてくれる道具として自
転車があります。自転車に乗ることによって画期的に行動範囲が広がるん
ですよね。そして次にそれにエンジンが付く。するとバイクになるんです。
 もうここまで来ると日本国内、果ては世界中に行動範囲が広がるのです。
自動車は自分の中では、その後のものでした。

 バイクの魅力はオープンエアーな所です。雨がふったら濡れる。晴れれ
ばもうだめかと思うほど汗をかく。しかし暑いところから、涼しいところ
に移ったときの気温差がリアルに身体に伝わってくるんです。
 真夏に走っていて、避暑地に向かって走る。あるところから一気に気温
が下がるのが判るんです。これは車に乗ってる方には絶対わからない。バ
イクに乗ってる方の特権なのかも知れない。
 雨の日のトンネルの中の暖かさって判りますか?これもバイクに乗って
ないと絶対に判らない。本当に暖かいのです。これって身体に良いのかど
うかよく判りませんが、自動車の排気ガスや自動車が発する熱がトンネル
内に篭ってるんですね。本当にホッとする暖かさなんです。
 バイクって自然に近い乗り物なのかも知れませんね。

 本日の一台って自分が昔乗ってたバイクです。簡単に免許が取得できた
時代でしたので。自分はしっかり新車から楽しませていただきました。
 しかし乗りにくいオートバイだった記憶があります。こんなトミカの登
場です。

42-3 ホンダCB750F
1982.11~2004.09
トミカくじII 13
2001.07
2012121601.jpg
(トミカ2918)

 ありゃりゃ!残念!このモデル二気筒になっちゃいました。トミカの省
略もこの辺りまで来ると究極ですね!(笑)トミカのディティールのゆる
さ、この時代もしっかり続いていたんですね。
 そして究極なのはこの一文字ハンドル!!(爆)ありえない。
 このバイク乗ってみての特徴なんですが、タンクの容量が多すぎてバラ
ンスが不自然だった。そしてシート幅が少しあり、あんこ抜きしないと一
般的な日本人は足つきが非常に悪かった。そしてパワーバンドに入ったと
き残念ながらそれを完全に制御できないこと。圧倒的なパワーでした。
 そんな色々な理由から、自分の中ではインラインフォアーはこの一台で
終了となりました。総合的に言えばあまり優秀なバイクだとは思えない。
 漫画の主役として登場してきましたので人気は上がりましたが、残念で
すがあの走りは無理です。でもそんなじゃじゃ馬だから魅力もあったのか
もしれませんね。
 その後自分はベベルに移っていきました。国産自動二輪はパワーがあり
すぎて、自分には向いていなかったのかもしれません。高速道路でどんな
に頑張っても、国産自動二輪には追いつけなかった。でもなんだか音だけ
でも国産車とは違う勝手な優越感もあった。当時は今ほど外国製自動二輪
は走ってなかったしね。
 只乗ってるだけで目立った。良い時代でした。その代償は値段の高さだ
ったのかもしれない。

 流石に現在はもう単車に乗るだけの根性がない。絶対の単車に乗るのは
根性がいる。特に長距離はね。残念だが若い頃十分楽しんだので、リタイ
ヤだね。仲間も大勢死んじゃったしね。車を楽しむこっとにします。
 トミカは話が別です。ここではしっかりバイク楽しませていただきます
リリースされればの話ですが。(笑)
 最近はとんと発売されなくなりました。またかっこいい車両リリースさ
れないかな!期待してまってましょう。

 あ~~~休み終わっちゃいました。早いな。次のお休みは日曜日。また
一週間頑張って行かないと。では皆さんも頑張って仕事しましょうね!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

さ、休みだ!嬉しいな日曜日!!

なんだか時代遅れでしょ!今時土曜日仕事して、日曜日休みだけの会社
ってのも。ま、仕方ない。それでも自分に出来ること一生懸命やってます。
 個人的に昔の生き物なもので、一生懸命やればそれでよし的な考え強い
です。
 さて、今週の仕事も終了。後はトミカの記事書いてブログアップして終
了です。さ、もう少し頑張ろう!

 週末、特に明日は休みという日は、少しカッコイイトミカ紹介したいと
ころじゃないですか。しかし現在はトミカくじ紹介していますので、自分
の好きなトミカ紹介するわけに行かない。個人的に楽しみたいと言う事も
ありあまり下調べしていない。そして本日紹介する順番も本日調べる。そ
んな感じで紹介が進んでおります。本日は、えい!!!お!!!!イイの
が出てきた!。なんとなくウキウキしそうな一台を紹介出来そうです。
 今日紹介する1台なんですが、完全に型に手が加えられておりますが、超
有名トミカの後継車種なんですね。自分は現物見たのは店長のお店の中に
展示してあるものが最初でした。やっぱりね、全然イイ雰囲気なんですよ。
 古いものには長い時間を生き残ってきた、それだけのカッコ良さが備わ
っているんですね。作り出そうとして作れない凄さがあるんです。
 そんな凄いトミカ入手は難しいですからね。その後継車で楽しみます。
本日は、こんな一台。いい味出してますよ!!

42-1 ダットサン1300トラック
1972.12~1976.06
トミカくじII 11
2001.07
2012121501.jpg
(トミカ2917)

 よくないですか!皆さんしっかりご存知。元は超有名な香港トミカです
ね!大きく違うところは、リアのガラスが埋め込まれてしまっているとこ
ろです。少しディティールは変わってしまいましたが、雰囲気は十分楽し
めます。
 全体の特徴としては、時代を感じるフォルム。曲線の少ないボディーデ
ザイン。しかしこの直線的なデザインが魅力を感じるのです。四角の車両
の後ろ半分を荷台にしただけ。それがもう最高にカッコイイ。個人的にも
う一つ好きなところがあるんです。それはライトが丸ってところ。車の目
はやはり丸がいい。現在の車の洗練されたものも決して嫌いではないので
すが、やはり丸には勝てない気がするんです。ま、個人の感覚です。
 四角いお顔にまん丸の目って感じです。限られた条件で個性を出そうと
言う訳ですから、当時の技術者の努力がうかがえるのです。これだ!と言
う形で販売された車両たち。それぞれに魅力いっぱいなんです。
 週末にこんな素敵な車両紹介できて物凄くラッキーだった!別に考えて
紹介進めている訳でもないので、こういった偶然は非常に嬉しいですね!
 1週間頑張ったご褒美かもしれませんね。てなことで、本日はこんな感
じでトミカ紹介終了して行こうと思います。

 お!そういえば本日からワンピースの劇場版公開ですね!見に行きたい
な。昼中に見に行くと子供さん一杯ですから、のんびり見ることが出来な
い、又養さんと時間合わせてレイトショーで見に行くことにしましょう!
 楽しみが又増えました。明日一日ゆっくり休んで、又月曜日から頑張っ
て仕事していきます。
 明日お休みの皆さん。ゆっくりしてくださいね。今週もお疲れ様でした。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

やはりこんな物も登場するわけで。

ありとあらゆる車両がリリースされるトミカ。本当に日本の国内に流通
している車両の種類は制覇したのではないか、そんな風にさえ思える。
 しかし世の中は広いもので、次から次に知らない車両が登場してくる。
トミカを通じて初めて知ることが出来た車両がいっぱいある。実際トミカ
でしか現物を見ることがないものもあるくらいです。情報源はどこなんだ
ろうか?タカラトミーのトミカ製作担当さんは貪欲に業界紙や本などで研
究をしてるんでしょうかね。それにしても凄いな!仕事とはいえ物凄い研
究熱心なのに間違いは無いだろう。
 本日登場する車両についてもその呼び名を知ったのは、やはりトミカか
らだった。自分にとってこの年になって勉強するキッカケをくれるのがト
ミカだったりするのです。ありがたい事です。
 いい年したおじさんがこれだけ勉強になるのだから、子供さんにとって
は、それはもう凄い教材ですよね!トミカは只遊ぶだけのものではなく、
その車両の名前を覚えたり、機能を覚えたり、物凄い教材なんですね。
 小さいときはトミカ遊び。有意義だと思います。自分は小さいときにト
ミカで遊ばなかった。だから、こんなに物を知らない大人になってしまっ
たのかもしれない。うむむ…後悔先に立たず。
 大きく話が脱線ですね!(笑)ま、いいや。
 本日のトミカ紹介初めて行きましょう。本日もまた面白い車両が登場し
てまいりました。実に幅広い車種が登場するトミカくじです。今日の1台
こんな車両です。

39-4 小松リフマグ油圧ショベル
2001.01~2009.07
トミカくじII 19
2001.07
2012121401.jpg
(トミカ2916)

 あの~恥ずかしい話なんですが、このリフマグって言葉何かの略ですよ
ね。大元知りませんでした、少し調べたら リフティングマグネット の
略だと言うことがわかりました。
 前にも触れたことがあるのかもしれませんが、我が家が現在生息してい
る地域なのですが、小さな町工場の集合体のような町だったんです。現在
はその殆どが閉鎖されつつあり、その後にマンションなどが立ち並び始め
た感があります。しかしその頻度は低く、名古屋駅からそれ程離れていな
いという立地条件も重なり、バス会社さんが居を構えるパターンが増えて
おります。もうすこし南にいくと名古屋港に。この方面には金属系の比較
的大きな会社が工場を構えております。
 一時期は表現が悪いのですが、くず鉄屋さんみたいなのがいっぱいあり
ました。現在はそれも減ってきてる感じがする。今もなを頑張ってる会社
では、このリフマグ頑張って働いてます。工場に設置されたタイプのマグ
ネットもみかけますが、あちこち動き回れるタイプの車両タイプやはり多
く見かけます。重宝してるんでしょうね!
 しかし道路が赤くなっちゃってるのはちょっと困っちゃうな。鉄粉は車
にとって最大の敵ですからね!鉄粉除去は面倒くさいのです。
 ま、半分工業地帯に住んでるわけですから、諦めないといけないのかな。
夜と昼の人口数が大きく変わる地域です。物凄く困ったのが、コンビニエ
ンスストアーが近くになかった。不便でした。名古屋にセブンイレブンが
進出してくれたお陰で、近くにもコンビニが登場してくれました。
 スパー銭湯の跡地。今はコンビ二です。兎に角入れ変わりの激しい地域
なんです。

 何の話か全く収拾がつかなくなりました。(笑)なんだか週末はどうに
も、すっちゃかめっちゃかになってしまう。う~~ん。明日一日仕事すれ
ば日曜日流石に疲れが溜まってますね!!話が見えなくなるのも仕方ない
。もそっとがんっばろう!!

 トミカくじ着々と前に進んでいます。明日も頑張って紹介しますからね。
では又明日もお付き合いください。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

この分類は難しいですね。

本日はコカ・コーライベントカーをベースにした車両を紹介して行こう
と思います。何せこの分類と言うものは、タカラトミーさんが付けている
物ではなく、トミカの神様と言われている方がおられ、その方が決定して
いるのです。兎に角トミカ発売当時から全てのトミカを所有しているから
こそ出来るわけで、確かに中にはコレクションリストの中に無い仕様も登
場してきます。神様でも100%を手に入れることが如何に難しいかって事で
すね。逆にこのリストに載っていないものということで、値打ちが上がっ
たりします。
2012121302.jpg
 そんなこんなで、兎に角この分類と言うものは、ほかの誰にも出来ない
わけです。最近ではこの分類が表に出ることが無くなりました。それもこ
れもトミカの生産国が変わり、品質が安定しなくなってしまった。そして
もっと問題なのは、生産する国が日本より寒い国から、日本より滅茶苦茶
暑い国に移ってしまったこと。これは塗料にとって致命的です。ほんの少
しの気温の変化でものりが変わってくる。ってことは薄い濃いが簡単に出
来てしまう。これってどんどんバリエーションが出来てしまうって事です。
大変ですよね!
 分類が大変だと言うことがわかりましたね。

 さ、本題。本日のコカ・コーライベントカー何ですが、4と5の明確な違
いが判らないのです。我が家はトミカダスさんのバリエーションを基準に
しております。しかしバリエーションとなるとこれが4なのか5なのかさっ
ぱり判らないのです。まいったまいった。本日は少し派手な感じで登場で
す。トミカくじって感じですね。さ、今日の一台です。

37-4 コカ・コーライベントカー
2006.07~2009.10
トミカくじII 1
2001.07
2012121301.jpg
(トミカ2915)
 
 おっと!北島三郎先生が使ったら似合いそうですね!(笑)昨日紹介し
たライオンバスもそうなんですが、本日紹介しているコカ・コーライベン
トカーも間違いなくタカラトミーさんのお気に入りだと思うんです。現車
を全く見たことも無いにも関わらず、どんどんバリエーションが登場して
くる。それは形を変え色を変え、今も次のバリエーションを狙ってる気が
する。
 残念ながら、レギュラーからは今年の2月に外れてしまいました。しかし
その人気は絶対に衰えてないと思うのです。又どこかで新たなバリエーシ
ョンが登場してくることは間違いないのでは、そんな風に考えております。
 しかし面白いトミカくじですね!本当にバリエーションに飛んでいます。
今更と言えば今更なのですが、トミカくじIIしっかり楽しませて頂いてま
す。明日も楽しみです。

さて可夢偉選手の話題。応援してるのは日本人の可夢偉ファンだけではな
かったようですね!物凄く嬉しいことです。
1980年F1ワールドチャンピオンのアラン・ジョーンズが可夢偉選手を応援
してくれている。日本の企業にサポートしろと訴えている。
 F1のエンジンもV6になります。日本の自動車企業十分利益が見込めるの
では?エンジンサプライヤーとして登場しても何の不思議でもない。
 残念ながら一度エンジンサプライヤーを脱退したホンダはそこに戻る事
は無いと思います。そのほかの自動車メーカーここは一つ可夢偉選手にか
けてみては如何でしょうか?アラン・ジョーンズ氏もいってるとおり、可
夢偉選手は過去最強の日本人ドライバーだと思う。日本人がトップになる
日も来るかも知れない。しかしかもに何十億円は高すぎかな。現在の日本
の状況はそれを許さないのか…。難しいですね。
 天才はなんとも難しい時代に到来してしまったようです。何とかならな
いのか。本当にもどかしいです。
 今日もこれで締めです。頑張れ可夢偉選手!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

やるな~!色々考えられた車両選びです。

実にバラエティーにとんだ車種選定ですね。どんどん面白くなっていく
のでした。これリアルタイムに店頭でポコンって蓋を開けて購入していた
ら、もう次に無いが出てくるか物凄く楽しみになっちゃいますね。
 今回はトミカのレギュラー番号順に紹介している訳ですが、バスから始
まり、軽乗用車、ミニバン、昨日紹介した四輪駆動車です。本日紹介する
のは実はバスなのですが、バスはバスでもちょっと変り種バスです。

 あくまでも個人的な意見なのですが、現在発売されているトミカくじの
形態、たとえば緊急自動車に絞るとか、物凄く偏った車両選定より、こう
いった全く的が絞れない、そして車両も結構昔のものを使用したりする、
くじの形態が楽しいと思うのです。確かにトミカファンの中には多くの緊
急自動車好きの方がみえます。くじという形態から言ったら、現在のもの
より、1、2、3で見られるような形態がいいのではないかと思うのです。

 在はSNS等で先々に情報が流れてきますので、発売当初のような何が出
るかな?状態はありえないのですが、それでもどんな車両が次に選択され
るのかという楽しみはありますよね!作る側はその分物凄く労力を使うの
でしょうが。色々なトミカ好きを楽しませるトミカくじという事なら、車
種を限定しない方がよさそうですね。
 と、こんな場末のブログが何か言ったところで、動きが変わっていくわ
けでも無いんですけどね。どんな形でも出れば購入してしまう自分もいま
す。色々言ってわりに、真実味が無いですね。(笑)困ったものです。

 ま、好みは色々ありますね、しかし、少しだけですが2001年当時にもど
って楽しんでいきましょう。本日はこんな車両が登場してまいりました。

26-5 ライオンバス
1991.09~2009.03
トミカくじII 9
2001.07
2012121201.jpg
(トミカ2914)
 
 ライオンバス登場です。通常品とどこが違うのか。これ判りにくいです
よね、実はこの縦じまライオンバスはトミカくじだけだったんですよね。
 養さんはこのライオンバス結構お気に入りなんですよ。最近ではリサイ
クルショップでもなかなか見かけなくなりましたが、以前は見つけると購
入しておりました。
 トミカファンの方の評判はどうだったのか判りませんが、この後も結構
色々なバリーエーションが登場しているところを見ると、一般購入者の意
見は置いておいても、トミカ担当者さんの評判は良かったと思われる訳で
す。残念ながら2009年にはその役目を終えて、現在はしまじろうカーに引
き継がれております。
 今もなおバリエーションはイベントモデルなどでも使われております。
根強い人気なのでありました。
 楽しいモデル本日も紹介できました。

 さて連日触れてきた可夢偉情報お休みしました。ちょっとショックな情
報が耳に入ってきてしまったもので…残念ですが可夢偉選手が望んでいた
トップチームのドライバーには多分選ばれ無いのではないかという情報が
が入ってきました。まだどのWebでも発表になっておりませんので、最後ま
で諦める必要は無いと思うのですが、現実的に厳しそうですね…。
 フォースインディアはほぼ決定してますから、残るはケーターハムです。

 しかし個人的にはこのチームで走るのは如何なものか?そんな気がする
のですが。一気に2013年ケーターハムが躍進する可能性は…
色々考えると2014年にずれ込むのかな、そんな気配さえ見えてきましたね
。感覚を維持すると言う意味では下位チームでも走行するのがいいのかも
しれませんが、難しい選択を迫られそうですね。
 ロータス何とかちょっと見る方向変えてくれないかな。ほのかな可能性
に期待しましょう。がんばれ可夢偉選手!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

お!この車両も懐かしい。

最近見かけなくなった車両ですね。なんかイメージ的に急激に街中から
消えていったようなイメージがあるんです。こんなときはウィキペディア
に頼ってみる。
 以外に最近まで生産があったんですね1998年で生産が終了していました。
生産が終了していたのは判ったのですが、いつだったのか物凄く曖昧な記
憶でした。14年前までは確実に生産されていたんですね。しかし通常の車
両であれば14年ならまだまだ見かけると思うのですが、車両が車両なだけ
に短命なのだろうか?
 自分の印象なのですが、意外と建築業者さんなどもこの車両を社用車と
して活用していたと思うのです。言葉は悪いのですが土建屋さんって呼ん
でた業種の方々がよく乗って見えた。
 工事現場は足場も悪く、特に道路などを専門で工事される業種の方達に
は重宝がられたのは間違いないでしょう。この車両の走破性は、実践で鍛
えられたものです。元々日本製ではなくアメリカ製です。それを三菱がラ
イセンス生産していました。もう判りましたね!本日はジープを紹介して
いきます。

 自分完全に勘違いしていました!!三菱自動車が生産販売していたと思
ってました。三菱の特徴としてスリーダイヤモンドが商品につきます。車
にも当然ついております。ジープにもスリーダイヤモンドがついてました
ので三菱自動車だと思い込んでいた。
 実は三菱重工業の生産だったんですね。販売は三菱自動車のようでした。
 この車両の特殊な生い立ちを考えたとき、三菱重工が生産するのが当た
り前ですね。ある意味納得です。
 そうですね!軍事産業の一環なんですね。この車両はバリバリの軍事車
両だったんですね!うむ~。そんなことに今更気づいた。内訳がわかると
又欲しくなっちゃうから不思議。(笑)これまた後悔先にたたず。もう生
産されてないんですね。残念です。

 兎に角本日のトミカはこんな一台が登場です。

25-3 三菱ジープビックフット
1988.01~2001.11
トミカくじII 6
2001.07
2012121101.jpg
(トミカ2913)
 
 現在でも軍事産業の中心にあるのは三菱重工です。つい最近神戸に行っ
たときに色々楽しませていただいた川崎重工もありますが、やはり規模が
あまりにも違いすぎます。日本の軍事産業の中心は三菱です。
 その三菱だったと言う事に今気づいた。遅すぎですね!最新型戦闘機と
同じ、自衛隊さんがメインの顧客だったんですね。
 折角ですので最終型ジープの詳細がこんな形で紹介されていますので是
非見てみてください。これはこれで魅力一杯です!!
http://jp-jeeper.com/jeep/index2.html 
いや~見れば見るほど欲しくなる。なんだか車というより、バイク感覚じ
ゃないですか?開放感は乗用車ではありません。ハーレーとかの独特の開
放感に似てると思う。店長にしかられるかな?(笑)独特の世界観がある
と思うのです。

 トミカのことに全く触れておりませんが、実は4WDブームの時はこういっ
た改造がはやりました。大きなタイヤを履かせる。うん!確かに一杯走っ
てました。それに、なが~~いアンテナなんかついて、電動ウインチも。
そうそうスコップや今では考えられないガソリンタンクなんてのもカッコ
イイジープの飾りでした。カッコイイ車両でしたね。今でも街中走ってい
ると振り返ってしまう。魅力一杯の車両です。
 しかし、商用車です。確かナンバーは11ナンバーでした。エコと言うと
ころからは程遠い。残念ながら現代には残ることは出来なかったよいうで
す。残念ですが仕方の無いことなのかもしれない。
 飾ることの無い車両が又車好きの目を引くんだということ、改めて思い
知らされました。
 ちょっとジープ興味わいちゃったな…。ワイルドだろ~~~…こんな流
行語大賞の言葉で締めくくります。(笑)では又あした!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

この車両も昔の名前で出ています。

本日3台目です。何だか早いな~!一生懸命紹介して行きますね!!昨日
360cc車両の話を少し書いてみました。
 本日の車両も360cc時代にホンダさんが使っていた名前を復活させたの
です。車好きの方ならみなさんご存知です。
 ステップワゴンの登場になります。名前は若干違うのですが360cc時代
にはステップバンという名前で登場しておりました。
 ステップバンなのですが、実は先に登場した360cc車両ライフのバンバ
ージョンなんです。この辺になるとホンダ好きの方しかご存知ないかも知
れませんね。正式名称はライフ ステップバンなんです。
 こうしてみるとホンダさんは360cc時代の名前を大切にしているのが判
りますね!現在車両名として存在しないのはZだけです。
 少し前に軽自動車として復活はしております、又いつか復活して来るか
も知れませんね。
 バモス、ライフ、N、こうして皆新しい姿でホンダファンの前に再登場
してくれる。嬉しい事です。多くの方はそれほど名前にこだわっておられ
無いかも知れませんが、何だか大切なような気がするのは自分だけなので
しょうか?違う形になっても名前が継続されるのはオーナーにとって非常
に重要だと感じます。
 さて本日登場するステップワゴンですが、新しい形になっても性能や形
を変化させ、多くのファンを楽しませています。本日はその初期タイプ車
両の紹介になります。

21-5 ホンダステップワゴン
1997.11~2006.04
トミカくじII 5
2001.07
2012121001.jpg
(トミカ2912)

 懐かしささえ感じますね。もう何年前の車両なんでしょう。
CMも一杯流れていましたね!そしてミニバンブームの波に乗り、どんどん
売上を伸ばして行った車両です。
 この車両見ても判るのですが、初期型は何処かステップバン意識してる
んじゃないかなっておもえます。全体的なフォルムが四角で360cc版を大
きくした感じです。人気のあった車種ですから、やはり大きくイメージを
変えるのを避けたのかもしれません。ま、あくまでも想像の話ですから。
 現代はと言うと、結構角の取れた、各社ミニバンの形状に近付いている
ように感じます。ま、これも時代の流れなんでしょう 仕方のない事です。
 大好きなホンダさんが発売してくれた車両なのですが、試乗で一度運転
しただけで、それ以降運転した事がありません。確かに乗り心地が良かっ
た記憶があります。しかし残念ながら自分の運転スタイルとは違った車だ
ったと記憶しています。ま、色々な車があります。好みも色々って事です
ね!

 本日少しだけですがフォースインディア情報がUpされていました。同時
に他チームと交渉する事は無いと思ってますので、色々な情報を総合して
推察すると、可夢偉選手はロータスと交渉しているのでは無いかと勝手に
判断しています。現段階ではエイドリアン・スーティル選手がフォースイ
ンディアの空き席を埋めるのではという意見が強そうです。
 しかし、現在もなをフォースインディア側からは発表されていません。
候補として可夢偉選手やセナ選手の名前も出てます。
 しかし可夢偉選手の去就の中にフォースインディアは無いのでは無いか
と感じています。ひょっとしたらロータスから漏れた場合、留年が確実視
去れますね。うむ~~しかしロータスの動きの遅さが非常に不気味です。
 確率的に…やはり厳しいかな…。頑張って欲しいな!! 

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

日本の車を語る上で欠かせない一台

出ましたね!この車両が出てこないと!!トミカの車両としても繰り返
し登場しています。この車両に全く触れ合うことの無い世代の方までこの
車両の魅力に引き込まれていく。兎に角傑作と言う言葉が当てはまる車な
のだと自分は感じております。
 現代の車のように充実した装備も無い。シートなども素材、大きさ全て
の面で劣っていると思われます。この感覚の問題は色々で、感じ方はそれ
ぞれなんですね!逆にシンプルを非常に好む方もお見えになれば、豪華革
張りシートが大好きって方もお見えになります。
 これはインパネなどにも言える事で、物凄く色々な好みが存在するわけ
です。しかしこの車が発売された当時、私達一般庶民に比べる車両など無
かった。車を自分の家に置くということが、もう凄い事だった訳です。
 その凄いことを実現させたのが、本日紹介する車両だったんですね。
 排気量は360ccです。今では考えられませんが当時の軽自動車の上限は
何と360ccだったんですね。
 当然ですが、排気量に似合っただけの大きさのボディーです。物凄くコ
ンパクトなのです。しかも当時の平均的な家族4人が乗れる車両。それだけ
乗せて坂道登るのって大変なことなんですよ。自分も若い頃360ccに乗って
いたことがありますので、坂の大変さ実感しております。
 当時のテストに昨日話題にした箱根の峠が出てくるのです。国道一号線
。この坂を登り切ることこれが大変な試練だった。うそのような本当の話
なのです。そんな過酷な試験に合格して世に登場したのが、本日の1台です。
 こんな1台の登場になります。

21-4 富士重工スバル360
1983.06~1997.11
トミカくじII 2
2001.07
2012120901.jpg
(トミカ2911) 
 
 もう超有名車両ですね。トミカでも何台登場したことでしょう。現実に
この車両の走っている姿を見たことが無い方も大好きだと言われる方が一
杯おられます。
 当時外国車の代表であったビートル。この車両の小型版といってもいい
のかもしれません。ビートルに対しててんとう虫。確かに全体的な感じは
よく似ていると思います。
 この車両の生産に当たって、ビートルを参考にしなかったと言うほうが
無茶だと思う。あれだけの素材が目の前にあって、コンセプトが似通って
いる。参考にしないわけがないですよね。大なり小なり必ず参考にしたと
ころがあるはずです。
 まだまだ日本の自動車メーカーが独自性を前面に出せるような時代では
なかった。色々な国の車両を見ながら一生懸命真似ながら前に進んでいた
時代です。現在の某国のコピー車笑ってられない時代があったんですよね。
 その時代があったから現代があるとも言われています。
 そんな時代に日本が作り上げた車両です。
 
 しかし可愛いですよね!現代の可愛いという褒め言葉。まさか車にまで
適用されてくるとは、当時作られた方思っても見なかったでしょうね。
 車の売れる要因に、可愛いが入る時代。まさかこんな時代が到来すると
は。時代の流れって凄いものですね!
 車もどちらかと言うと男性の考えに優位性があったように思うのです。
しかし、世の中は男女が当然ですが同じ扱いとなる。女性が気に入る車両
が登場するのも当たり前です。可愛いは現代の車にとって大変大切な要因
と言うことなんですね。
 まだまだこれからどんどん車は変わっていくのでしょうね。しかし不思
議なもので、ホンダさんが登場させた車両は、360cc当時圧倒的に人気の
あった車両のリメイクと言ってもいい車両だった。
 時代はくるくる回っているんだな。そんなことを感じてしまいます。本
日紹介した車両もリメイクされて登場してくるかもしれませんね。
 うむ~古い車は色々考えさせてくれます。楽しいです。さ、長くなりま
した、本日こんな所で終了です。
 名古屋でも初雪が降りました。寒くなってます。皆さん気をつけてくだ
さいね!!では又明日も元気に!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

さ、トミカくじ紹介に戻っていきます。

トミカくじ紹介も結構進みました。今回紹介するのはトミカくじ2です。
残るは2つになりましたね!頑張って紹介してるとちゃんと結果が見えてく
るんです!うん。努力が肝心!!普段の自分には全く縁の無い言葉だ。(笑)
 新しいトミカくじからどんどん古いほうに紹介を進めて行きます。結構
人気のあるトミカが中に入ってるんですよ。今回も20種類紹介進めて行き
ます。このブログの過去の紹介車の中にもあるかもしれません。その場合
は恒例ですがトミカ紹介番号なしで紹介進めていきます。
 さて今回はどんな方法で紹介進めていこうか、やはりスタンダードにレ
ギュラー番号の若い順に紹介していくのがよさそうですね。今回は何も考
えることなく行きましょう。
 幸いなことに今回は1ってのが入ってますから。そこからスタートになり
ます。トミカのレギュラー番号1と言えば現在はバスとなってますね。一番
最初に登場した510をのぞいては全てバスとなっております。
 皆様ご存知のように、トミカのバスは少しだけ変形サイズです。それは
外箱に合わせたギリギリサイズを作るとこうなったしまうってことです。
 しかしこれが逆に良い味になってる。とトミカバスファンのもっぱらの
意見であります。(笑)なんと友人のken-6さんは迂闊にもこの不思議バス
の世界に嵌ってしまいました。やはり、魅力があるんでしょうね!
 自分はあまり詳しくないのですが一生懸命紹介させていただきます。
 本日のトミカくじ紹介はじめはこんな1台になります。 

1-4 三菱ふそうエアロクィーン
2000.06~2008.05
トミカくじII 8
2001.07
2012120801.jpg
(トミカ2910) 
 
 小田急仕様のエアロクィーンのようですね。関東にあまりにも疎い自分
実は小田急というバス一度も見たことが無いんですよ。なかなか私達には
判らない複雑な経路を経て現在の小田急バスに変革を遂げているようです。
 物凄く単純に小田原地域を走っていたバスだと思ってたんですが、そう
ではないようですね。旧名は武蔵野乗合自動車なのだそうな…これまた地
域的に非常に疎いのですが、多分小田原とは全然違う場所なのだろうと想
像できます。
 小田急さんが買収されたと言うのが小田急バスさんのルーツのようです。
 うむ~相変わらずですが、トミカによって色々な歴史を勉強させていた
だいております。

 小田原と言えば、我が家不思議な過去を持っております。養さんと恒例
の旅行に出かけたときの事です。箱根湯元の旅館にお泊りしました。
 初日はどんどん天気が下り模様でした。台風が近づいていたのでした。
しかし予約もしてたし、ってことで予定通り行きました。
 山道を通り御殿場から箱根湯本に。旅館についた頃にはもう前も見えな
い程の大雨!箱根と言えば温泉。露天風呂に入るのに傘がいるくらい凄い
雨でした。こんな経験も逆に楽しかった。その後がどんどんとんでもない
方向に向かっていったのでした。
 なんと箱根方面に台風が直撃したのは何十年ぶりとの事、まず温泉街が
全て閉まってしまった。ありゃりゃ!そして夜どんどん雨が増し!なんと
旅館の外を消防車が走り回る。とんでもない水の量で、なんと御殿場方面
に向かう全ての道が通行止めに。楽しみにしていた箱根登山鉄道も全面運
休となってしまいました。唯一走れた道は御殿場に下る道のみ。部分も通
行止めとなり、厚木まで戻るほか無かった。
 どこも観光することも無く必死の思い出高速にやっと乗りました。その
後も大変!!由比の辺りが高速通行止め!!仕方なくその区間を下道で!
ひいひい言いながら名古屋に戻ってきた。名古屋についた頃には素晴らし
い晴天が広がっておりました。私達に襲いかかったあの悲劇は何だったん
でしょう…今でもあの凄い雨思い出します。車旅行が常の我が家。色々な
思い出と共にあるんですね。
 しかしこれも楽しい思い出となってます。その後ちゃんとリベンジにい
ったことは言うまでもありません。そのときはちゃんと観光しました!!
 その時やたらに皆さんの言葉に出た「小田原に抜けるしかない!」そん
な言葉の中の小田原が我が家の変な思い出です。(笑)
 だからバスとかも全く見てないんだろうか?兎に角全く記憶に無いカラ
ーリングのバスでありました。

 さ、初日はこんなとりとめも無い話で終了です。トミカくじIIは続きま
す。頑張って20日間続けてまいります。楽しく行きましょう!では本日は
こんな所で!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

ぐわ!!まだいました10月発売トミカ!!

なかなか終わらんです。(笑)びっくりした。このトミカ自体入手した
のが11月に入ってからだったので、自分は勝手に11月発売ものだと思い
こんでおりました。なにせこのトミカはたまたま我が家が購入してる店が
店頭に並べるのがおそいということがあり、結構本当の発売日がよく判ら
なくなっちゃうんです。
 販売しているオリジナルトミカは結構こだわりも感じられます。個人的
には好きな部類ですので、遅れようが何しようが購入しちゃうんですけど
ね!出来ればもう少し早く手に入れたい所ではあります。
 
 今回も全くぶれることなくロングトミカで登場して来ました。良いです。
そして、何が好きかってこのオリジナルトミカの特徴として、結構メーカ
ー名が前面に出て来るんです。運送会社名であったり、企業名だったり。
プリントされたマークを見ればどの会社か判る印刷なんかもあります。
 最近は印刷に関して、わざと自粛してる感じもありますから、このオリ
ジナルは異色と行ってもいいのかもね!
 3台スーパーなんかとは違うのですが、ここもちゃんとオリジナルを製
作し販売してくれる。トミカ好きにとっては無くてはならない企業になり
つつあります。
 本日の一台ですがこんなある意味シンプルな仕様の豪華版トミカの登場
です。

129-1 レーシングトランスポーター
2008.12~
ブリヂストンモータースポーツ レーシングトランスポーター
トイザらス オリジナル
2012.10
2012120701.jpg
2012120702.jpg
(トミカ2909)

 レース車両のパーツの中で絶対に欠かせないもの。そして代替えが利か
ないパーツがタイヤです。メーカーは色々あるのですが、車が誕生してか
ら細かな技術は別として、大筋変化のないのはタイヤだけと言われており
ます。外部形状が似通ってるだけで実は別物だって事は充分承知しており
ます。しかしタイヤが無くなった自動車はとりあえず市販されてませんよ
ね。列車はリニアと言う機構が定着しておりますので、車輪が無くなる日
もくるのかもしれません。自動車は当分大きな変化は期待できそうにあり
ませんね。
 従って、このタイヤメーカーは自動車にとって欠かせないもっとも重要
なパーツなのだと思います。
 慣れ親しんだタイヤメーカーのロゴ。でもこれがレース用トランスポー
ターによく似合うのです。逆にこれが無いとって感じさえします。
 
 トイザらスさん、見事な所に目つけましたよね!タイヤメーカーファン
も世の中には一杯存在します。ひょっとしたらトミカファン以外の方も購
入されている可能性大ですね!これから先もこう言った単純にカッコイイ
車両リリースしてくれるの期待しております。

 さて本日の可夢偉。色々な所のぞいてるんですが、今のところ大きな記
事はなさそうですね。早く結論出して欲しいと思う反面、何となく何もな
くって良かったと思ってる自分もいます。
 色々偉そうに書いてますが、結論から言えば日本人ドライバーがF1の世
界から消えて行くのは非常に辛い。一般的に言うトップチームで好成績を
残す姿を見ていたい。F1好きのかた自分と同じ考えの方多いのかも。
 だから個人サポートであれだけの金額が集まって来るのだろうと思いま
す。これだけの集金力のあるドライバー。下位チームからした魅力でしょ
うね。しかしもう下位チームで走って欲しく無い。
 実力の伴った日本人ドライバーのトップチームでの走り見てみたいもの
ですね!本日も締めは 頑張れ可夢偉!!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

現時点ではここまでです。

昨日も触れたのですが、なんと買いのがすという失態をやらかしてしま
い現時点では2台しか我が家にいないの。うむ~~返す返すもショックで
ある。多分何とかなると勝手に思い込んでいるのですが、何とかなるとい
いね~。兎に角最後は某オクって言う手がありますし、ミニカー屋さんに
行けば少々お高いのですが確実に売ってるので。
 ディズニーモータースだけは何とか購入しておきたいのです。

 兎に角現行あるトミカを紹介して行きましょう。
 昨日まで紹介していたジョリーフロートから全く雰囲気の違う車両が登
場して来ました。この車両のファンは非常に多く、たしかta_jiさんの娘
ちゃんもこの車両大好きだった気がする。子供さんには兎に角人気ありま
す。確かに車をこの形までデザインしたディズニーデザイン陣の凄さ!!
恐れ入りましたって感じです。実際に走る必要もないので、デザインだけ
なら簡単とか思ってたら多分間違いです。元がある物を変化させるって、
本当に大変なんです。こう言った所は百戦錬磨のディズニーさんならでは
です。素晴らしいですね。
 本日ですがこんなかわいらしい車両が登場します。

ディズニーピクサーモータース 販売店特別仕様車
コロット
エイリアン
ハロウィンエディション2012
2012.10
2012120601.jpg
2012120602.jpg
(トミカ2908)

 絶妙ですね!絶対人気あるのが判ります。本家ディズニー物はもっと良
く出来ているようです。
 この車両はコロットという元の車両がありその車両をベースにして作ら
れたいわば企画物です。ディズニートミカから考えたら信じられないよう
な進化です。市販されるディズニートミカがここまでオリジナリティー溢
れるトミカになろうとは思ってもいませんでした。
 実は今回のトミカ紹介終わったら、またトミカくじ紹介に戻って行こう
と考えているのですが、そのトミカくじも残す所わずかです。それが終わ
ったらDカプセルも紹介して行こうかななんて思ってます。
 現在紹介するのもなかなか味があるかも知れません。ちょっと楽しみだ
ったりします。今では廃盤になった車両達も又登場する事になります。
 といってもまだまだ先です。多分来年でしょうね!まだまだ頑張って紹
介して行かないとね!

 さて可夢偉選手情報。すこし動きが見えましたね。出来ればここでドラ
イバーになって欲しいと願っている、チームロータス!!某F1Web記事に
よると、今週末に現ドライバーであるグロージャン選手と話し合いの場を
持つとの事。これでグロージャン選手続行と言う結論が出れば、一つ目が
消えます。こんな事を言ってはいけないのでしょうがグロージャンさよな
らしてください。(笑)もし、さよならの場合、レースモニター表記の
KOBもしくはKOVの争いになるだろうと述べてます。なんとかBに転んで
欲しい物です。今日も最後は、頑張れ可夢偉!!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

実はもう一台あるのですが…

もことに申し訳ない。買い損ねました。そんな事もある訳です。しかし
なんとか色々なつてを使いながら現在入手に動いております。もし入手で
きましたら、紹介させて頂きます。
 ということで1台飛ばしで紹介となります。いかんな~珍しいですよね。
ちょっと反省です。
 
 こちらのトミカなんですが、一般の玩具屋さんなどでは発売になってい
ないのです。なんとも厄介なトミカが結構登場して来るんですよ。
 ディズニーリゾート本家オリジナルって訳でもないのです。自分は行く
事がないので、本家で販売されたかどうかはよく存じておりません。申し
訳ないです。今回のトミカなんですが昨日紹介した特別仕様車ともまた違
うのです。ややこしいのですが頭に販売店がつく特別仕様車なのです。
 分かりやすく言うと、コンビニでのみオリジナル販売されたトミカと言
うことになります。もうこれだけ色々な種類が一時に販売になると流石に
買い忘れる事もある訳なんですね。とほほほほ…。
 この販売店特別仕様車なんですが、恒例になりつつあります。これまた
毎度の事なのですが、店舗によって販売したりしなかったり。もう入手す
るのニケッコウバタバタ動き回る事となる訳です。大変大変。
 ハロウィンというイベント自体自分には何も関係ないのですが、何故だ
か毎年コンビニを右往左往してしまう事となるのでした。
 ハロウィンはトミカなのかも知れない。キリスト教にトミカと言う言葉
が出てくるかどうか知りませんが、我が家はトミカのお祭りなのでした。
 さて本日ですがこんなトミカの登場になります。

ディズニーピクサーモータース 販売店特別仕様車
ジョリーフロート
ミッキー&フレンズ
ハロウィンエディション2012
2012.10
2012120501.jpg
2012120502.jpg

(トミカ2907)

 基本、昨日紹介した車両の色違いって感じです。サイドのイラストは、
ミッキー&フレンズに変わっております。いやいや。これパット見判らな
いですよね。うむむ…しかしこういった微妙なバリエーションが自分は好
きです。何となく大きく仕様が違ってしまうより、微妙な方が好きだな!
 セブンイレブンさんが販売した訳ですが、実際に運良くセブンイレブン
の店舗で見つけられた方、これはラッキー!!なかなか販売店舗見つける
の今回も大変だったようです。
 他にも一杯あるコンビニでは販売していないと言う、なんとも贅沢なト
ミカなのでありました。
 3種類発売になったトミカ。なんとも情けない事に2種類しか手に入れる
事が出来ませんでした。
 なので明日もこのシリーズが続くのでした。10月トミカとりあえず締め
とさせて頂く予定でおります。明日もめげずにおつきあい下さい。

 さて昨日あたりから突然記事にしている可夢偉選手。本日も少しだけ触
れて見たいと思っております。
 基本2013年度のシートが空いていると一般的に言われているのは、残り
3チームです。ロータス、フォースインディア、ケータハム。この3チーム
と言われてますね。ま、個人的にはケータハムはこの際外しても良いので
はないかと思う。
 理想としてはロータスですよね!現在は略3人に絞られていると言われ
てます。ローマングロージャン、ヘイキ・コバライネン、小林可夢偉。
 グロージャンはスポンサーさんからのクレームもあるようで、外れるの
ではそんな憶測が飛び交ってます。事実は私達には判りませんが…。なん
とか、ここにドライバーとして決定すると良いのですが。ぜひとも頑張っ
て欲しい物です。本日は大きなニュースは唱われておりませんでした。
 明日は良いニュース載ってると嬉しいんですが。頑張れ!!
 又明日もコソコソ触れて行こうと思ってます。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

さて、通常トミカ紹介に戻って行きます。

やはり、なかなか現実に戻るのが難しいですね。(笑)何だかペースが
おかしい気がする。気のせいだとは思うのですが。
 容赦なく仕事はどんどん入って来てますから。自分達の業界は年末だか
ら極端に忙しくなるって事もない。今どこの会社もそうなのかもしれませ
ん。年度末とかの方が忙しかったりする。しかし連休が控えているので、
その分仕事が混み合うのは事実です。何とか頑張らないとね!
 さて10月発売のトミカ紹介に戻って行きましょう。結構沢山発売になっ
ていたのです。ここの所オリジナルトミカの発売が連発ですね。我が家結
構スルーしてるのが多いんですよ。でもこれだけ発売になってる。驚きで
す!確かにこれだけ発売になると何買っていいやら判りませんね。
 購入される方、何か参考になるブログがあるといいですが…。色々見て
るんですが参考になる Webページって減って来てます。
 当然なのですが長く続いているWebは以外にマイペースだったりします。
逆に、マイペースじゃないと長く続けられないのかもしれない。
 トミカオリジナルページでは企業オリジナルのインプレッションなど望
む方が無理ですし。なかなか全てをカバーするのは難しいと言う事なので
しょう。SNS等に頼るしかないのかな?これが一番硬いかもね。しかし必
要以上の情報なんてのも入ってくるし。これも又ある意味問題有りなのか
もしれない。(笑)コレクターの物欲は無限大ですから!!
 
 しかし、通常品の他に番号だけなくした仕様発売しますってのもどうな
だ?と言いつつ結構楽しみにしてる自分がそこにいる。うむむ~踊らされ
てますね。(笑)
 元来日本人(特に宗教的にキリスト教と無縁な方)には全く知られてい
なかったイベントのモデルが堂々と登場するご時世です。
 今回登場したのがハロウィン。(実際にはとっくに終わってますが。笑)
自分このイベントがどんな物なのかさっぱり判りません。(笑)こう言っ
た海外イベントの普及に大きく一役買っているのが間違いなくディズニー
さんだと思う。ディズニーなくしてここまで広がらなかったイベントだと
思います。本日登場するトミカなんですが、こんな一台です。

ディズニーピクサーモータース 特別仕様車
ジョリーフロート
トイ・ストーリー
ハロウィンエディション2012
2012.10
2012120401.jpg
2012120402.jpg
(トミカ2906)

 しかし番号なし特別仕様車って…。別に番号付けても良いような気がす
るんですが。やはりイベントモデルを一年中販売するのって無理だからで
すよね。うむ~。ま、綺麗な車両だし全く問題なしなんですけどね。
 以前にも触れてるんですが、このジョリーフロートは重量感もあり、非
常にお徳感が強いんです。こういった素晴らしい出来のトミカであれば、
誰も文句言わないんでしょう。現実は厳しいですね!!
 現在のトミカってある意味ディズニーファンに支えられてる所もあるん
じゃないか。そんな風に感じるおぢさんでした。
 まだまだこんな物では終わらなかったディズニートミカ。明日も続くの
でありました。

 さて、最近自分が注目しているのは、やはりF1!!可夢偉選手の去就で
す。自分の情報源なんてたいした事ないので偉そうに語れませんが、少し
でも触れて行きましょうね。
 色々なWeb見てると一時期より良い方向に向いてる気もする。色々な見
方があるので一概には言えませんが、しかしカムイサポートの力は大きい
と思う。世界中が注目しているのは事実です。
 フェラーリのトップドライバーでも、レッドブルのトップドライバーで
も可夢偉選手のように助けて下さいとファンに訴えかけ、国民が150万ド
ル寄付する選手なんて存在しないと言うのがもっぱらの外国の方の反応の
ようです。凄い事なんですね!現在最高のポジションはロータスのセカン
ドドライバーになる事です。どこでも良いじゃなく確実にキャリアとして
残せる所に雇っていただけると良いですね。これからも少しづつでも話題
触れて行きます。頑張れ可夢偉選手!!

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

ほんの少しですが報告。

いつもこの時期にお邪魔する神戸。海がすぐそこまで迫っている神戸は
名古屋の街を歩いているより寒く感じますね。不思議な事に我が家がお邪
魔する時はなかなか快晴って日が少ないです。何故か神戸だけは快晴って
事が少ないのです。
 我が家はどちらかと言うと、どこに行っても晴れてしまう。いわゆる晴
れ男、晴れ女なのです。う~んどうにも神戸だけは晴れないな…次回は晴
天になりますように。
 今回はお邪魔するギリギリまで仕事が滅茶苦茶入っており、あまり計画
を練る事が出来なかった。しかし時間だけは無情に過ぎ去って行きます。
 基本路線として陸海空を攻めようという。感じです。
 食べ物も大切な要素なのですが、見たい物が一杯ある。

 やはり鉄人は一年に一度ですのでお会いしに行こうと言う事になりまし
た。しかし何と言う事でしょう。全然下調べなしに行ってるにも関わらず
又今年も、「くつっこ祭り」に遭遇してしまいました。年に1日しか開催
されないイベントに遭遇。うむむ~強烈です。
2012120305.jpg
2012120306.jpg
 鉄人好きの人、側に近寄れません。凄いパワーだ!!これ鉄人より凄い
パワーかもよ。(笑)関西のおばちゃんとお姉さんの威力強烈です!
 養さんも旅行でなかったら確実に参戦していたでしょうが、靴持って観
光地巡りってのも、ね~~~ってことで、泣く泣く参戦断念。
 しかし値段は確かに安いようです。そして品も良いようです。次回はく
つっこ避けたいな…。

 自分は電車好きなんで神戸に来ると物凄く楽しみにしてるのが、ポート
ライナー。運転手さんいない電車。良いんだこれが。大好きで。一両が非
常に小さく作られてる。ビルの合間をクルクル周りながら走る路線。
 こんな角度で撮ってみた。今回も乗りたおしました。
2012120311.jpg
 そして神戸と言えばこれ。海上自衛隊の潜水艦。今回もお話に寄ると
3隻が神戸港にあるらしい。川崎重工でのライセンス生産は有名です。
 今回隻が停泊しておりました。新規生産なのか修理なのか、自分には判
断がつきません。大きな船の間に隠されるように停泊しております。
2012120307.jpg
2012120308.jpg
 そしてこちらは三菱重工。これは新造艦なのだそうです。
そうりゅう型潜水艦 5番艦ずいりゅうSS-505 来年の3月には引渡しの
予定なのだそうです。いや~もう来れ見られるだけ神戸港は凄いと思う。
2012120310.jpg
2012120309.jpg 
 是非潜水艦見学に行ってみて下さい。迫力ですよ!!

 ちょっと笑ってしまったのは、宿泊先のホテル隣接公園で開催されてい
たイベント。痛車オフ。凄く寒い日でした、それに追い討ちを欠けるよう
な寒々とした人の集まりでした。神戸ではイマイチ人が集まらないのか…
 我が家はマーチの痛車の写真撮って、さっさと退散しました。(笑)
 あまり綺麗に撮れなかった。こんな感じの2台が参戦してました。
2012120312.jpg
2012120313.jpg
 けいおん!!仕様と、ウエザリング錆さび仕様。実車は良く出来てまし
た。めったに遭遇しないイベントなので養さんと寒々と撮影してきました。

 カワサキワールドでは船ブースの撮影が禁止でしたので、バイクのみ。
なかなか魅力的なバイク一杯いました。近くにあったらW.M.C.Cの皆とい
ったら楽しそうです。
2012120301.jpg
2012120302.jpg
2012120303.jpg
 空部門ですが、神戸空港で飛行機見学して来ました。神戸に来てまで飛
行機見学。写真がないのが残念。でも楽しかった。養さん空港に行くと動
かなくなっちゃいます。
2012120304.jpg

 南京町も人で一杯。活気がありますね!こんな感じで軽く紹介終了です。
またぜひ春辺にいきたいな~~。暖かくなる前の神戸。是非行ってみたい
物です。本日こんな所でブログ終了です。
 明日はちゃんとミニカーブログに戻ります。本日休憩って感じです。

テーマ: - ジャンル:車・バイク

帰ってまいりました。

何事も無く、無事に帰ってまいりました。今回も凄く楽しい2日間過ごす
事が出来ました。年末の滅茶苦茶忙しい時期です。余計にこの時期の旅行
は我が家にとって貴重なのです。年末に向けここで目一杯休憩して仕事を
頑張る。毎年の恒例行事になりつつあります。
 我が家は今回全く関係なかったのですが、しかし関東方面でとんでもな
い事故が起きてしまいました。場所が違うとはいえ、車で移動している自
分達。そして高速道路を使って移動している自分達。なんだか物凄く怖か
ったです。色々な報道を見ていると、我が家なんかもよく使う「恵那山ト
ンネル」なんかも同じ構造なのだそうです。う~~。これって避けようの
無い事故ですよね。自動車移動が圧倒的に多い我が家。移動経路は考えな
いと。そんなこと改めて考えさせられました。兎に角怖い話ですね。
 これから先、原因やどのトンネルに問題があるか。どんどん追求されて
いくのでしょうが。しかし怖いですね!
 
 兎に角本日のトミカ紹介をしておきます。
 本日のトミカなんですが、店長に頂いたトミカになります。貴重な1台
頂いてしまいました。以前に我が家でも紹介させていただいてるんですが
当然救済君です。ブリスターごと紹介できるとは思ってもいませんでした。
 今回紹介する車両自体物凄く人気のある車両です。完全に諦めておりま
した。こんなトミカの紹介になります。
 
40-5 日産スカイラインレーシング(R34)
2001.10~2005.11
トミカタウン人形セット第2弾
2003.02
2012120201.jpg

 我が家にとって物凄く貴重な1台です。店長本当にありがとうございま
した。感謝感謝です。皆さんもご存知だと思うのですが、GT-Rというだけ
でファンの方が沢山存在するのです。そしてGT-R&スカイラインだけのコ
レクターさんも多く存在するのです。しっかりコレクターズアイテムとな
っているのです。
 旅行から帰ってきた後でもちゃんとブログとトミカは忘れない。(笑)
ま、唯一我が家が継続できている事ってこれくらいです。
 本日流石に疲れてしまいましたので、ちょっと簡単ですが紹介のみで終
わらせて頂きます。
 
 旅行報告は、あす簡単に写真アップさせていただきます。手抜きで申し
訳ない。せめて店長に頂いた貴重なトミカで本日締めさせていただきます。
なんとなく、無事に帰ってこられたこと今日ほど実感できた事初めてでし
た。では、明日又一生懸命記事書きますので。本日こんな所で。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

FC2Ad