養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

再販という形なんだろうか?

さ、本日からいつものようにレギュラーで発売されているトミカの紹介
に戻って行こうと思います。
 前回はどこまで紹介したのか、遡って行かないと行けませんね。え~~
っと、前回は取り合えず5月まで終了という事になってますね。というこ
とで本日は6月のレギュラー品紹介になります。
 実をいうとあまりにも発売されている車両の数が多すぎるんです。なの
で何がなんだかよく判らなくなって来ちゃって。トミカ好きの自分達がこ
んな具合なんだから、たまに買おうと思った方なんか物凄く大変な事にな
ちゃってるんじゃ無いのかな。兎に角シリーズが凄い勢いで増殖中!

 しかしレギュラートミカはちゃんと紹介して行かないとね!この辺は増
えている訳ではありません。相変わらず月二車種の発売そして初回特別カ
ラーですから三台で変わりはありません。数カ月に一度ロングトミカが登
場そしてギフトセットも二ヶ月に一度くらいの発売。このくらいのペース
なら問題ありませんからね。

 さて本日なんですが、やはり人気があるんでしょうかトミカ自体は再販
といってもいいんじゃ無いかと思います。基本同じ車両に回転灯とカラー
リング変更でいいですから、タカラトミーさんとしては比較的コストをか
けず新車種投入出来たんでは無いのだろうか。そんな風に感じます。

 実際に日本国内での販売は終了した車両です。全車種もそれと略同時に
トミカのレギュラーから消えて行きました。今回はトミカ伝統の働く車と
して復活して来ました。この企業はトミカとしては外せない企業なんじゃ
無いか、そんな風に感じます。
 本日なんですが、こんな仕様で再登場した1台の紹介になります。

93-8 三菱トライトン JAFロードサービスカー
2014.06~
2014073101.jpg
2014073102.jpg
(トミカ 3513)

 先代と言っていいのでしょうか?109-5として2010.05~2013.08まで
発売の続いた人気車種、三菱トライトン が番号を変え若干の仕様変更で戻
って参りました。
 なんかこのピックアップって車両が無いと淋しい気さえしますね。

 さて今回のJAFさんの仕様なんですが、実際の所JAFさんって昔程重宝
されているんだろうか?
 自分の車が特別なのかも知れませんが、電源ダウンで止まった事がある
のですが、例えばJAFさんにお願いしたとしても、ボンネットは開けさせ
ないでくれというディーラーからのお願いが入ります。
 本当にレッカーでの移動のみと言う事になります。であればJAFじゃな
くても保険屋さんの積車で十分になってしまう。高い会員料金はちょっと
負担になっちゃいますね。世の中の車の流れが変わるのと同じくして、JAF
さんの仕事も減りつつあるのかも知れません。微妙ですね!!
 本日のトミカ紹介しながらそんな事感じました。


 さて、前半でも書きましたトミカの発売状況ですが、非常にやばい方向
に進んでいる気がしますね。
 物凄い勢いだ!!コメントのお返事として書いたのですが、2ヶ月トミ
カを溜めてお店に取りにいった所、なんと2万円を超えておりました…。
いかん。これやリ過ぎです。ちょっと危機感を感じております。
 これから先もこの発売ペースが続くようであればどれかシリーズ購入断
念もあるかも知れませんね。
 自分の場合確実にすべて発売されているトミカを購入しているわけでは
ありませんので、楽しくブログが運営出来るくらいまで抑えないと行けな
いかもね。
 とは言えあちこちのHPを見ていると、発売情報出ていますが、自分の思
惑とは逆の方向に進んでいる様ですね。ちょっと残念です。

 できる事なら削りたくは無いのですが、ちょっと負担が大きくなり過ぎ
て来ました。当面は実車トミカに絞る方向で行くしか無いかな。取り合え
ず、HRシリーズは16まで発売されるのは確実ですので、一巡したらその
後は実車ベース以外はスルーですね。ドリームトミカも現状が続くような
らスルーも考えないと行けない時期が来るかも。
 しかし何があったんだろう?ちょっとここの所の販売台数は異常ですね
トミカ離れが少しづつ浸透してます。
 なんか良い方法は無いんですかね?やばく無いですか?そう思いません?
自分だけなんだろうか????
スポンサーサイト

入手が簡単ってのが絶対条件だが…

最近の記事によく登場する内容なんですが、企業オリジナルトミカの発
売が物凄く多くなって来てる気がする。当然なのだが企業が製作して発売
する訳ですので市販のトミカより絶対的に数が少ないのだと思う。(最近
大量に発売されているドリームトミカとかはよくわからないですけどね)
 既製の商品のカラーリング変更、そして企業名のタンポ印刷。この辺が
企業オリジナルの定番の様なきがします。
 しかし中には既製商品の仕様と違う為プラスチックパーツでの成型によ
り若干の仕様変更何てのもありますね。
 いずれにせよ企業が限定的に生産販売する訳ですから、最低ロットしか
無いものと思われます。それによって何が起こるかと言うと、必然的に生
産単価が高騰する事となる訳です。オリジナルトミカとなればトミカファ
ンは何とかして入手しようと頑張ります。当然トミカファンの皆さんはそ
の辺の事情はよく承知しています。ある程度の単価の高さは我慢します。
 それよりもオリジナルの貴重なトミカを入手出来る事の方が重要になっ
て来る訳です。速攻で完売は最近のトミカ事情を見ていると非常に難しい
様ですが、ある程度の販売台数は稼げるものと思われます。
 そして何より、オリジナルのトミカを生産販売される企業に全く関連の
ない私達のようなトミカ好きが、企業名を知る事になるのです。宣伝効果
は確実にありますね。しかしそれが出資した金額に似合う物なのかどうか
その辺はよく判りません。
 少なくとも極限られたコレクターと言う分野には有名会社になる。小さ
な小さな会社であっても確実にこの限られた分野では超有名企業だ。
 なかなか思ったようんば商品販売が出来ず一回のみって言う企業さんも
多いみたいですね。
 でもやはり私達トミカ好きには魅力一杯の商品です。個人的にも好きで
すよ。しかしある一定の条件の元での話ですが…、それは入手が比較的簡
単である事。いくら魅力があったって、若干高いお値段を我慢したって、
その商品が入手出来ないじゃなんともなりませんからね。色々な条件クリ
アーした商品だけが自分の手元にやって来てくれるんですね。

 と、ごちゃごちゃ書きました。本日紹介する1台なんですがそんなオリジ
ナルなんです。出来は物凄くいいと思います。こんな車両だ!

YANMER
Y-CNCEPT
YT01 ADVANCED TRACTOR
2014.05
2014073001.jpg
2014073002.jpg
(トミカ 3512)

 先に書いておきますね。多分これトミカじゃないです。生産は確かにタ
カラトミ-さんです。
 箱のどこにもトミカのトの字も出て来ません。そしてこの商品なんです
が我が家が一時期よく行ってた地域にミュージアムが存在するのです。
(情けない話なんですが、全然知りませんでした。入場料払って見学がで
きると言う事は、結構以前からあったんだろうか?全く知りませんでした
。ぬかった!!)
 今回発売したのは超有名な企業ヤンマーさん。何が凄いってコンセプト
トラクターを金型から作ってしまった事。これってディズニーさんと同じ
ですよね!相当気合い入って無いと出来ないよね!掛る金額もそこらのオ
リジナルとは桁が違うと思う。
 しかし驚いてしまうのはその値段だったりする。決して高く無い。ここ
までのオリジナルがこの値段なら安いと思う。1000円までいってない。
これは驚きですね!!
 自分が引っ掛かってたのは、トミカじゃ無いってところかな。そして発
売当時我が家には色々な条件が重なり遠出が出来ない状況でした。(ま、
今もそうですが。)なんで諦めちゃってました。
 そしてその状況をちゃんと救ってくれる方が現れるんです。有難い事で
すね。ということで貴重な一台が入手出来ました。

 こんなメーカーさんが一杯出てくれると良いですね。少なくともヤンマ
ーさんにはこれからも期待して行きたいですね。それにしてもこれはトミ
カなのだろうか??いまも気になるのでした。
 こんなに出来が良いとトミカのカテゴリーから確実に外れてしまう気が
する。あ~わからん。しかし出来がいいのでなんか良い感じに本日終了で
す。(笑)

そうだったんだ!2種類だしたんだ!

なんだかこの頃のキャラトミカって本当に現代のドリームトミカににて
たんだね!一生懸命多くのキャラクターを登場させようと必死だったのが
なんか伝わって来ます。
 基本最後の方はミニ四駆のトミカ化がメインになってしまったように感
じますが、キャラトミカも最初の頃は多くのシール、ラベル仕様の車両一
杯登場していた様です。
 ひょっとしたら、チュッパトミカもこの頃だったのかな?なかなか美し
い色とりどりの車両達が世の中に一杯登場してたんだと思います。
 自分は基本的に空想車両大好きなので、実車が存在しなくても全然OKで
す。逆にトミカのチープさが出てくれると嬉しかったりします。いいよね!
この頃のシリーズ。
 昨日のトミカセットの中に入ってたのかと思いきや、実は1年後にもう一
種類ギフトセットが発売になっていたんだね。当時はトミーさんかな?結
構気合いはいってたのが解りますね!!
 
 さて本日なんですが昨日に引き続き「プラムさん」に頂いたトミカを紹
介して行きます。流石は「プラムさん」ってかんじ。やはりここでバスは
欠かせない!そして本日登場するトミカも車両自体非常に古く感じますが
物凄く魅力のある車両なんです。自分トミカのバスカテゴリーの中で、こ
の手頃な大きさの車両達結構好きです。日本が日本の国土に合わせて生産
販売に力を入れたカテゴリーの車両です。ある意味ワーゲンバスのコンセ
プトと同じなんじゃないのかなと思います。小排気量で多くの定員。合理
的な車両ですよね!
 こんな一台が登場して来ます。

60-2 三菱ローザ 幼稚園バス
1981.12~2005.03
キャラトミカ お仕事カーセット2
2000
2014072901.jpg
(トミカ 3511)

 マイクロバス。マイクロでもこの頃のバスって結構小さいですよね。ひ
ょっとしたら現在のミニバンより小さいかも知れません。
 自分の田舎は自宅の前が中山道なんです。それ程道幅を広げる事も出来
ないようで、マイクロバスを使った路線バスが走っておりました。
 今で言う所の地域限定の巡回バスみたいなのが走ってたんです。でもね
その走ってる距離は結構長かったと思う。今では路線も無くなってしまっ
たようです。恵那から山道を走り中津川まで走ってたんですよね。なんか
今から考えてものんびりとしてた気がします。
 こんな小さいバスがお客さん乗せて走ってたんだね!人が立つ程乗らな
かったから小さなマイクロバスでも全然問題なかったように記憶してます。
 あの頃は、まだ1時間に1本あったのに、現在は一日一往復になったよう
だ…。ありゃりゃ。もうすぐ廃線なんだろうね。田舎は過疎も重なり利用
客も激減。バス路線は大変みたいです。
 名古屋も自分達が乗る事の無い時間帯、昼間Sクラスのバスが循環バスと
して運行してるようだ。小さなバスなのでふだんはなかなか行かない地域
なんかも楽しめちゃうかもね。それくらいの余裕が欲しいな…無理だけど
ね。(笑)

 さて、プラムさんにはこの他にもこんなミニカー頂きました。
2014072902.jpg
マジョレット
ランボルギーニ レヴェントン

 自分達が店頭で見かける頃には、もうこの辺の人気商品は姿を消してお
ります。実を言うと初めて見たのかもしれない。

2014072903.jpg
トミカJr トヨタメガクルーザー
そうか、Jrにはこんな車両も登場していたんだな!トミカの世界無限大だ!

2014072904.jpg
ボスブラック限定
ホンダインテグラ
 最近の所謂オマケの世界これ又よく出来ております。こんな車両達もし
っかりコレクターズアイテムとして活躍しております。
実際にはスケールはまちまちですが、こうしてみると遜色なしですよね!
技術はどんどん進歩してるんですね。驚いた!

「プラムさん」今回は本当に有り難うございました。めっちゃくちゃ楽し
い3日間過ごさせて頂きました。又何かある時は言って下さいね!!いつで
も走りますからね!!今回の特集は「プラムさん」に頂いたミニカーたち
でした!感謝感謝です。

 さ、明日からは現実の世界に戻って行かないとね。一生懸命新しいトミ
カ達紹介して行きます。では又明日おつき合いお願いいたします。

本当にトミカって色々あるんだ。

結構紹介して来てるつもりなんですけどね!それでもまだまだ一杯紹介
していないトミカ達が山ほどあるんです。
 本当に驚きますよね!通常発売されているトミカですら古い物になると
簡単には入手出来ないのに、その車両達に対して多くのバリエーションが
存在してる訳ですから、そりゃトミカ全てに触れ合うなんてこと絶対に不
可能です。(自分の知り合いには、何故か全てに触れ合った方がおられま
すが…神だ!!)
 自分のようにブログのネタとしてのトミカと言うような中途半端な体制
の者に貴重なトミカはやって来ないのでした。(笑)

 さて、本日のトミカなんですが昨日に引き続き「プラムさん」からお送
り頂いた貴重なトミカを紹介して行こうと思います。
 
 世の中が2000年に移り変わろうとしている時、トミカの企画はこのシリ
-ズに結構気合いが入っていた様です。
 現在のドリームトミカとにた流れだったんじゃ無いのか、そんな風に感
じられます。実際にはこの年代は自分はまだトミカの深い世界に立入って
おらず、その現状を自分の目で見た訳では無かったのです。
 しかし色々なHP等参考にさせて頂くと、この時期次々とギフトセットや
ブリスターパックなど、今までの流れとは一線を画す商品が大量に発売に
なっているのでした。
 現在もそうなのですが、ギフトセットってのはあまり人気が無いんです
ね。価格も比較的抑えられた感じで流通しているのです。しかしこのシリ
ーズのギフトセットはちょっと違いますね。
 やはりキャラクター商品と言う強みなんでしょうか!他の同時期に発売
されたギフトセットに比べて高めの値段設定で取引がされている様です。
 いつの世もキャラクターは強いんですね!!
 そして本日登場するキャラクターは現在もなお根強い人気を誇っている
のでした。素晴らしい事ですね!!
 さて本日なんですがこんな1台紹介して行こうと思っております。

41-4 いすゞスーパーハイデッカーバス
1988.10~2003.12
キャラトミカ お仕事カーセット
1999
2014072801.jpg
(トミカ 3510)

 ね3,500台以上紹介して、やっと登場って所です。いや~時間掛りまし
たね!しかも今回「プラムさん」が送って頂けなかったら、まだまだ当分
先まで出会う事の無かった一台なのかも知れません。
 本当に縁の物ですねトミカって。今回「プラムさん」が送って頂いた事
を切っ掛けにこれから先我が家に集まってくれるといいのですが。
 仲間が居ないとなかなか来てくれないんですよね!
 今回の1台キャラトミカ お仕事カーセットの中の一台です。残り3台も
何かの縁で我が家にやって来てくれると良いのですが!
 こまめに色々な所回らないと行けませんね!最近ちょっとサボリ気味の
感があります。気を引き締めてと。(笑)
 本当に貴重な1台有り難うございました。「プラムさん」のお陰でまた
新しい一台と巡り合えました。感謝感謝です。

 そうそう、昨日2ヶ月ほど溜めてしまったトミカを問屋さんに引き取りに
伺って来ました。何と問屋さん価格にも拘らず、20,000円を超えてしま
いました。うむ~~~トミカ やり過ぎですって!!(怒)兎に角何でも
いいから一挙発売って辞めてくれないかな…、なんだか自分の周囲でトミ
カから手をひいて行く仲間がどんどん増えているんです。
 こう言った乱発も確実にその原因の一つなんじゃ無いかと思われます。
もう少しでいいから押さえる事は出来ない物でしょうか?なんか凄すぎる。
 しかも20,000円払ったにも拘らず、それほど大量のトミカって訳じゃ
ないんだな…。単価が上がったのと、消費税の仕業ですね…。タカラトミ
ーさん。私達貧乏人のトミカ好きをあまり虐めないでおくれよ。
 
 正直どんどん厳しくなって来ています。は~~楽しみなんだけどな。救
済トミカ専属になって行こうかな…色々考えてしまいます。

貴重な一台を頂きました!!

今から13年前です。今年二十歳になった方小学2年生の頃のお話です。
こうして改めて遡ると凄い年数ですよね!自分はトミカ暦が比較的浅いも
ので、本日紹介しようといしているトミカが出た頃、まだまだトミカ真剣
に購入しておりませんでした。自分達はまだ購入してなかったとか言う話
ですが、トミカ大好き!!っいってた3歳くらいの子がもう高校生ですから
うへ~~。凄いな~。あらためて自分達が如何に年取ったかを思い知らさ
れる。
 
 2001年当時、まだこの頃は実車に力入れてた頃でした。車に関するイベ
ント興味ありました!多分名古屋でも同様のイベントが開催されており、
現場に見に行ってたことと思います。しかしその場でトミカを販売してい
たとしても全然興味示さなかったと思います。そんなものなんですね!興
味ってのは不思議なもので、どこを境にして変わるのか判らない物です!
 自分の場合は2002年養さんのトミカ好きを切っ掛けにして一気に開花し
て行くわけです。そんな自分のトミカ始めより前に登場したトミカの紹介
を本日していこうと思います!

 本日の1台なんですが「プラムさん」からお送りいただいたトミカ紹介し
ていこうと思っております。ありがたいですね!こんな貴重なトミカ頂い
てしまいました。トミカコレクションって決して一人では成り立たないで
すよね!多くの友人のお陰で日々続けていけてるものと感じております。
 本日より数日間「プラムさん」から頂いたトミカ紹介させて頂きます。

 本日なんですが先にも触れましたとおり13年前に登場したトミカ紹介で
す。イベント記念トミカ流石に最近見なくなりましたね!現在はこのイベ
ント東京のみでの発売となっております。そういった意味でも、過去東京
以外でも結構盛んに勢いよく開催がされていたという証拠でもあります。
 トミカはやはり時代を語ってくれます。

 本日の一台ですがこんな一台の紹介になります!!

25-4 光岡 ラ・セード
2001.11~2007.06
第2回 大阪モーターショー開催記念トミカ
2001.12
2014072701.jpg
(トミカ 3509)

 当時、東京モーターショーのあとには、名古屋モーターショー、大阪モ
ーターショー、と各地でモーターショーが開催されておりました。その中
でも圧倒的にスケールが大きかった東京と大阪でオリジナルのトミカが発
売になったのです。同じ車両だったと思うのですが、それぞれタンポ印刷
が変えられ、当然外箱もオリジナルの素敵なトミカが発売になっていたの
でした。今からではなかなか全てをそろえるのは難しいです。そんな貴重
な大阪モーターショーで限定発売されたトミカの紹介になります。
 考えたら当時トミカショップなんてなかったですし、これだけオリジナ
リティにとんだミニカーって販売できるところがなかったと思う。果たし
て全部売れたんでしょうか?大きなお世話ね。(笑)
 この頃はトミカ滅茶苦茶人気あったからな~速攻で売れて、結構なお値
段で転売されていたかもしれませんね!!
 貴重なトミカです!本当にありがとうございました。

 しかしラ・セード凄く新鮮に見えます。この車両も当時パイクカーカテ
ゴリーだったんですよね!全体の大きさからそんな感じを与えませんでし
たが、実際パイクカーだったんです。

 皆さんご存知でしたか?このラセードの原型何なのか。って結構有名な
話ですので皆さんご存知なのかな?
 そうなんですよ、この車両、もとはシルビアなんですよね!!ラ・セー
ドも実は2世代あり、発売年代を考えるとこの車両は初代ラ・セードだと
思われます。
 と言う事はこの車両はS13ベースです。その後発売されたニュー ラ・
セードの元はS15ベースになります。
 これも有名なお話なんですが、フロントボディーサイドからにょき!っ
て伸びている6本のエキゾーストパイプなんですがこれダミーなんですね。
残念ながらアクセサリーって事です。
 しかしこのラ・セード独特の形状が受けてか、当時結婚式場などでよく
使われていましたね!何を隠そう、我が家の姪っ子が結婚式の際も使われ
ておりました。撮影用の素材としては非常に素晴らしい車両ですよね!!

 いや~良い車両です。「プラムさん」本当にありがとうございます!感
謝感謝です。我が家のブログ内でも結構紹介してるつもりでしたが、この
車両は初見参です!!本日も楽しい時間過ごすことが出来ました!!やっ
ぱいいですね!この頃の車両!!楽しかったです!!
 さ、まだまだ続きます!!明日もよろしくです!!

これも、我が家の大好き!

本日は「cookie0832さん」に頂いた者達。ところでこの「cookie0832さ
ん」ってハンドルネームなんか誰だかわからない感じですよね。私達はい
つも「くっきーさん」そう呼んでます。大半のお仲間は「くっきーさん」
の方に慣れてる感じかな!
 そして「くっきーさん」の名前が出てくると、このブログではこのジャ
ンルが登場してくるんです。

 モータースポーツの世界!!自分は現在の集まりに参加して劇的に色々
変化してるんです。
 「くっきーさん」にはいつも大変貴重なもの頂いております。今回はサ
インこれはね~やっぱり直接現場に行かないと入手が難しいものなんです
ね!その点「くっきーさんご夫婦」はレースの世界に精通して見えますの
でこんなサインが入手可能なんですね!
 最初に登場するのがこの方のサイン。
2014072607.jpg
http://浦本修充.jp/
(浦本修充選手)
今回はHARC.pro特集です!!いや~溜まらんですね!!最近はバイクの世
界から遠のいておりますので、なんかこういった迫力満点のライダースカ
ード見るとたまらなくなる。そしてなにより自筆サイン入りだ!!これは
絶対に現場にいかないと入手困難!!
もう溜まりませんね!!
 そしてお次に控えますのはこの選手!!
2014072606.jpg
http://www.chojun.net/
(亀谷長純選手)
でた!!亀谷長純選手!!我が家では伝説になってる選手です!養さんが
知らないからといってサインを頂かなかった選手だ!!(笑)当時も物凄
く有名だったが!養さんの中では伊藤真一選手で終了だったらしい。(笑)
 自分は大好きだったんだがな…。こうして遠回りしたけど我が家に自筆
サインやってきてくれました!嬉しい!!
2014072608.jpg
一緒にステッカーセットも頂きました!!素晴らしい!!
 そして次に控えますのはこの選手!!
2014072605.jpg
http://takumi-takahashi.com/home.php
(高橋巧選手)
JSB好きだったな~なんかこの時期とくにJSBと言う言葉が自分の中に大き
くのしかかってくるんです。そうですね!今回のサイン見ても判ると思う
んですが、8耐なんですね!明日は8耐なんですよ!!一年は早い!残念な
がら今年も観戦は無理みたいだ。いつか必ず養さんと見に行くんだ!!
2014072604.jpg
http://blog.eigyo.co.jp/takuya/
(津田 拓也選手)
もうね~私達の年代のバイク好きにはこのチームは欠かせない!なんかさ
仕事場でけっこうこのチームのTシャツ着てた方多かった気がする。ほんと
うに一大ブームが巻き起こってたんだね!!

そしてレースといえばこれが必要だね!!レースプログラム。
2014072603.jpg
2013 45th MFJ GRANDPRIX
SUPERBIKE RACE in SUZUKA
2014072602.jpg
2013 Japan Championship
SUPER FORMULA Round7 SUZUKA
2014072601.jpg
2014 SUZUKA 2&4 RACE

 このパンフはね、仕事疲れて帰ってきてブログアップしてほっと一息つ
いたときパラパラ見るのがたまらなくいいんだ!最近は何故か仕事が忙し
くレース場に行って発散が出来てない。爆音浴出来ないから。想像の世界
で楽しむにはこれが必要なんだね!!自分には欠かせないご本なんだ!!

「くっきーさん」「奥さん」今回もありがとうございました。明日はしっ
かり8耐テレビ観戦しますから!頑張れ~ケビン!!!

素晴らしい!こんなの頂いた!!

さて、本日と明日なんですがトミカ紹介から外れます。我が家の趣味ト
ミカだけに留まればまだ良いのですが、一番お金が掛るのが実車だったり
します。現在はホンダ車の2台持ちで展開されております。
 しかし残念ながら2台とも3ナンバーです。1年に1度お支払いする税金
の時期には非常に頭が痛い。
 1台の古い車は10年以上経過してしまった為、支払う税金が1割増しに
なってしまいました。2200ccですので、通常は45,000円なのかな?し
かしそこに一割増し。4,500プラス49,500円になっちゃう。くふ~。
 国は沢山仕事した車に対していたわりは無いのか!!そうか、沢山働い
たから、ご褒美に税金Upなのか!!国の考えは嫌いだ!!

 本日最初に紹介するのは、その古い車に関わる商品を頂きました。20年
以上前の車に関するグッズ頂きました。
 この辺の商品見て即座に反応出来るのは、昔からのホンダファンなんで
すよ。みんカラ とか見てるとカッコイイから付けてみた!とかいうイン
プレッション発見したりします。
 以前はホンダファンって異常な程 エンブレムとかロゴマークにこだわ
りを持っていた方が多かった。結構硬派な車が多かったし、マニアックな
ファンが多かったんだね。現在のスバリスタに匹敵するようなマニアック
さがあった。
 現在は残念ながら、会社上層部の考え方があまりにも変わり過ぎ、根っ
からのホンダファンは少しづつ離れて行く方向の様です。
 根っからのホンダファンは、軽自動車に(四角い車)に赤いHマークを
付けるなどと言う恥ずかしい事はしなかった。今は平気みたい。は~~~。

 本日頂いた物も昔からのホンダファンの方だったら軽自動車に付けたり
しないんです。そんなこと力一杯力説してても時代は変わってしまったん
だから仕方ないよね!
 まさかこの時代にこんなエンブレムがピンバッジになってるなんて!!
異常にマニアック!ほらこんなの!!
2014072503.jpg
2014072504.jpg
 これは何かと言うとHONDA OF AMERICA イーグルエンブレムって言
います。昔このエンブレムを付けられていた車両達があるんですね!
 そう、読んで字のごとし!ホンダアメリカ工場で生産された車両達なん
ですね、そしてその車両達は日本に逆輸入されたんです。
 我が家の古い方の車にもこの イーグルエンブレム 付いてます。
 昭和も終わる頃から、平成5年くらいまでだと思う。極限られた時期の
車両にしか付いて無いエンブレムなんだね!!
 そしてこのエンブレムが付いてるってことは、アメ車って言う証拠なん
です。当初はオプションで左ハンドルの販売もあったんですよ。そんなア
メ車ですよって証を、軽自動車につけるか…。残念!!

 しかしイベントで販売って…どんなイベント?っておもって調べてみた
!!なるほどね。このイベントなら販売もあるな!ってなっとく出来まし
た。参加されている方の名前の中に過去に何度かお話した事のあるかたが
一杯おられます。あえて詳細は書きません、興味があったら調べてみて下
さい、毎年浜松の渚園で開催されているイベントです。ホンダ党と呼ばれ
ている方達の楽しみなんですね!!筋金入りだから。
 お願いだから、あそこには赤いHマーク付けた軽自動車とか、ミニバン
に乗ってお邪魔するってのは、ちょいと悲しい事になるとおもうので遠慮
した方がいいかもね。(笑)悲しい視線が注がれる事でしょう。(笑)
 ま、好きでやってる事ですから何でもありか!こだわってるのは私達だ
けだから、それぞれの楽しみ方があって良いのかもね!でもそれを大切に
してる集まりは別ですから。邪魔しないようにね!!

 そして最近我が家に少しづつ増えて行きつつあるシリーズがあるんです。
それはこんな商品なんです。
2014072502.jpg
2014072501.jpg
 自動車メーカーさんが出したティッシュペーパー!!これがね使えない
んだ。間違い無く今後同じ物が出て来ませんからね!うむ~コレクターズ
アイテムになりつつあります。(笑)ホンダさんで点検等の時に頂くティ
ッシュは全部とってあったりします。
 本日頂いた物は 日野 さんのティッシュ!これは貴重!!絶対使えな
い。我が家指定の場所に保護となってしまいました。(笑)

 今回「ぽんすさん」「かなでさん」に頂きました!いつも有難うね!!
感謝感謝です。しかし自動車メーカーのグッズってなんて魅力があるんで
しょう!見てるだけで嬉しくなってくる。
 今晩も気分よく寝られます!さ、2週間続いたお仕事も明日の土曜日仕事
したらお休みです。頑張らないと!!そろそろバッテリー切れ寸前!本日
の頂き物で盛りかえしたのでした!!

有難いですよね!!こんなトミカがやって来ました。

少し前まで、特注物は殆ど手をだしていなかった。
 ミニカーを通じて知り合った、多くの友人達のお力添えで、我が家にも
特注の素晴らしいミニカーがやって来る事が多くなってまいりました。
 今回も「ken-6さん」のお力添えで入手となりました。感謝感謝です。

 なんだか最近って以前に比べてオリジナルのトミカを作るハードル低く
なったんでしょうか?以前なんて色々な条件が厳しくってオリジナル作成
なんて簡単に出来なかったように聞いていますが、最近は出て来ますね!
 決して悪い事では無いとおもうのですが、どうしても特注物は単価が高
め設定です。それはオリジナルで作る訳ですから製作コストがレギュラー
物より高くなるのは当たり前ですが、略倍の値段にて発売されるのが一般
的になりつつあります。 と言う事は1,000円前後ってところでしょうか。
 そんなに高いとは思いませんが、しかし特注物買おうとするとこれでは
納まらないんですよね!そうなんです、そこに送料等も含まれて来るんで
すよね!最終的には結構なお値段になってしまう。通常品トミカの3倍以上
する場合もチラホラ。大変お高い物になってしまうんだね。

 そこで有難いのは、友人のお力。皆さんの注文をまとめて一括で大量注
文。そしてそこに混ぜて頂く。有難い事だよね!そんな一括購入が今回も
ありましたので、その購入に混ぜて頂きました。
 
 最近はトミカは高いものみたいになってるよね。もう少しリーズナブル
だったのにね。ま、これも時代なのかな。考えたら嫌な時代だな!!(笑)
 深く考えた事が無かった!!(笑)
 本日はこのブログ中でなかなか登場する機会の少ない企業オリジナルト
ミカを紹介して行こうと思っております。こんな一台の登場になります。

1-5 三菱ふそうエアロクイーン
2008.05~
神奈川中央交通バス
空港リムジンバス
2014.07
2014072401.jpg
2014072402.jpg
(トミカ 3508)

 バスだね!企業オリジナルのトミカを作成出来る企業ってやはり限られ
て来ますよね!今回紹介しているバス会社。タクシー会社なんてのも作り
易いかな。資金的な問題はどちらにもありますので、めったやたらと作る
ってことは少なくなってるね!
 いつも思うんだが、もう少しだけ安価で入手が簡単になると、いまより
も興味が涌くと思うんだけどね!しかし沢山発売され過ぎるのも問題で、
いつか飽きてしまう。乱発はある意味危機を招く可能性も秘めてますから
ね、なかなか難しいものです。

 それにしても自分のように余り愛知県から外に出ない者にとって、トミ
カでいろんな事を学んでる所もあったりします。特にご当地ものは貴重だ
よね。そうか~こんなバス会社があったのか。そしてこんな事業をしてい
たんだ。改めて勉強になります。

 自分はそれ程バスに興味がある訳ではないのですが、でもバスに乗って
旅行とか行くの大好きだよ!京都に旅行に行く時はいつもバス利用です。
 時間は少し掛りますが、その分早めに家を出る。朝一のバスで出掛けて
も10時くらいになっちゃうけど、それでも京都駅の前にバスが到着するの
は魅力だよね!京都のように自家用車で動くのがなかなか難しい地域はバ
スが非常に力を発揮するのだと思う。その後の市内移動も地下鉄と基本バ
スだからね。細かなバスについての知識はありませんが、乗るのは大好き
ってことです。これは 乗りバ とでもいうのだろうか?(笑)当然 撮
りバ だっているし、色々な バ がいるんだろうね!!

 そうそう、最近はやはり今回紹介してる新型エアロクイーンが中心なん
だろうか?一時期のガーラ、セレガの攻勢は見られなくなりましたね!発
売されて少し時間が経過しましたからね、そろそろマイナーかな??でも
ガーラ、セレガ結構好きなんだけどな~なんかカッコイイよね!
 
 本日の一台又旅行にいきたいと言う気持の後押しをしてくれる一台でし
たね!!少しの時間だけどバス見ながら気持は旅行に出掛けてました。
 さ、明日の一台なに紹介するかね。徹夜で寝て考えよう。(笑)ではま
た明日ね!!

取り置きはいたしません。

以前はトミカショップは取り置きは致しません。これがスタンダードだ
った気がする。最近は店頭に新商品が並んだとしても速攻で売り切れて行
くことも無くなりました。だからこの取り置き等と言う行為も必要無くな
って来てました。ある意味忘れてたかも知れません。
 
 しかし今回紹介するトミカは発売を予告する数カ月前から、店頭にチラ
シが貼られる事となるのでした。トミカショップオリジナルを本日紹介し
ようと思っているのですが、過去なかったよね、店頭に「予約承ります。」
の文字。そしてもっと凄いのは、その予約には数量限定が無い事。
 何だか購入しようとするお客さんの心理を呷るような戦略ですよね。自
分は、「またまた!!笑」とか思いながら結構無視しておりました。
 だって過去トミカショップオリジナルが発売になって完売した姿なんて
見た事無いもの。いつものように最後は余るのさ。そんな風に考えてまし
た。だから思いっきり無視してた。

 6月の定例会がありそこに集まった時、なんとトミカ好きの多くの方が
予約している事が判明。なんかすごく焦った。
 早速翌々日にトミカショップに行って初の「予約!!」なる行為をする
事となったのでした。それにしても気持はまだ半信半疑。比較的いつも喋
る女性店員さんに聞いてみる。「本当に予約しないとダメ?」帰ってきた
答えは、「したほうがいいかも。」でした。
 最後に十分あるとは思うとのお言葉も。ま、いいや。取り合えず予約し
ておけば確実に入手出来る訳だから。安心安心。
 
 と言う事で本日紹介するトミカなんですが、トミカショップが自信を持
ってお送りする(笑)、こんな一台の紹介になります。

87-6 ランボルギーニ アヴェンタドール LP700-4
2012.07~
トミカショップ オリジナル
2014.07~
2014072301.jpg
2014072302.jpg
(トミカ 3507)

 発売は7月1日でした。自分は仕事が忙しかったので、結局3日に取りに
伺う事になりました。
 それがね、トミカショップに入った途端、強烈なトミカショップオリジ
ナルの山が3カ所くらい出来てるじゃ無いですか。ありゃりゃ。(笑)ま
こんなもんだよね。やっぱ予約は必要なかったか!なんて思いながら予約
券をお姉さんに渡す。並んでいるものとは別の所から商品登場。本当に取
り置きだったんだね。ま、この数なら取り置きは必要なかったかもね。
 トミカショップの心配も徒労に終わったのでした。

 というそんな結論なら、わざわざ記事にはしませんよね。(笑)実はそ
の5日後このトミカ購入する事となり再度トミカショップに昼休みに訪問
。すると驚きの状況が!!!在庫は残り40台程になっているでは無いです
か!!うっそ~~~!!実はまだ絶対在庫があると思い店員さんに聞いて
みた。「まだ在庫いっぱい??」 「ここにあるだけですよ。」うへ~~
本当に売れまくったんだ!!あの山のように積み上げられたトミカショッ
プオリジナルがあっという間に残り40台とは…。驚いた。

あれれ?なんか記事が途中で消えてしまいました。その後の記事はこんな
かんじで続いております。

その二日後トミカショップにお邪魔した時、なんとその40台も消えすっか
り品切れとなっておりました。
あの大量のトミカを売り切ってしまった。車種の人気はすごいものがあり
ますね!今後こんな事が起きるのか判りませんが、非常に稀な事だったの
にまちがいはないですね。

 その後この商品は8月再入荷との事です。みなさんに行き渡るといいで
すね!本日は強烈な1台の紹介でした。

調べ方が悪かったんだろうか?

これはトミカ紹介していてよくある事なのですが、車両メーカーの名前
をはじめて聞くってことがよくあるんです。
 そりゃそうですよね!全てのメーカー知ってたら逆におかしいですよね
特に海外メーカーの名前となると、「こんなメーカーあったんだ!」と驚
く事が結構あります。
 実は本日紹介しようとしているトミカもそうで、聞いた事も無いメーカ
ーなんです。そしてここの所紹介している車両たち少し前の車両達じゃな
いですか、余計に調べるのが難しいと来ている。ひょっとすると当時は存
在したんですが現在はないとかいうメーカーなんかも結構あるんですよね。
 車業界も本日の車両達が登場した時代から、現在までの間に厳しい時代
を経て現在に至ってますからね!統合、倒産あって当然です。


そんなのを色々調べながら進めて行くのも又楽しいって感じでしょうか。
 しかし本日の車両名称なんですが、本当に自分が調べた物が正しいのだ
ろうか?あまり自信がありません。
 だって Webで調べるとトミカしか出て来ないんです。日本ではこのメ
ーカーの名前はトミカのミニカーと言う事になっている様です。うむ~会
社概要とか見てみたかったな。

 本日は救済トミカ最終日になるんですが、最後に残ったトミカ結構派手
なので、元になる車両かんたんに色々なデータが取得出来ると踏んでいた
のですが、いつものように見当違いでした!!(笑)浅はかさ全開です!
困った物ですね。
 しかし最終日に相応しい難解な一台と言う事でこれはこれで楽しいよね

 さて本日の車両なんですがこんな一台が登場してまいりました。

23-3 ホルムスパワーレッカー
1978.12~1988
2014072201.jpg
(トミカ 3506)

 自分が調べた範囲です。あくまでも自分の最終的な判断なんですが、こ
の ホルムス という名前自動車メーカーでは無い様ですね。今さら何い
ってるの!!って意見が一杯飛んで来そうですね。
 車両本体はどこのメーカーでも良いみたいですね。基本大型の車両製作
してるメーカーに限られますが、どうもブーム部分のメーカーの様です。
 しかし詳細はウィキペディアでも判りませんでした。実際には現在もホ
ルムスのブームは生産され続けているようです。
 大型トラックやバス等のレッカー車としてまだまだ登場して来ますね!
きっと他メーカーより高級でパワーがあるんじゃないんだろうか。

 でもこのトミカ持ってる方、自分と同じように自動車メーカーだと思っ
てた方一杯いると信じたい!
 やはり海外の自動車メーカーって判らないですよね!
 ごめんね!めっちゃめっちゃ簡単な記事で。なんだか今日疲れちゃって
さ~頭の中で文作る事が上手く出来ませんでした。明日はもう少し頑張り
ますので、本日は休憩って事で許して下さいな。
 さ、今回の救済トミカなんですがこれにて終了になります。最終日にこ
んないい加減で申し訳ないです。
 長い間おつき合い頂き有り難うございました。また新しいトミカ達紹介
していろいろ疲れて来た時、気分転換で登場して来る可能性大です。
 ま、間違い無く10月にはイベントがありますので、そのあたりでまた大
々的に救済トミカの紹介がある事と思われます。ごっとん商会今年も楽し
みにしてますからね!!(笑)きっと養さんが一杯仕入れて来る事でしょ
う!!「ごっとんさん」今年も宜しくね!!(笑)
 又その時はのんびりと付き合って下さいな!
 ということで明日から何紹介しようかな。少し考えます。

 それにしても、今日の仕事はきつかったな!!眠いし、挙げ句仕事の量
は半端ないし!!う~この勢いで土曜日まで持つだろうか…奇跡的に仕事
の量が減ってくれる事を願うしか無いか、は~~~~しかしキツイ。さ、
仕事2週間連続に突入です!まけるもんか!!

蒲鉾いいね~~!!

う~ん、本日もまた時代を現しているのかもしれないですね!今見ると
凄く不恰好に感じるのですが、当時はどうだったかな?結構色々な所で重
宝がられた車両なんじゃないだろうか?そんな風に感じます。昨日紹介し
たコマーシャルバンとは一味違うカテゴリーなんじゃないじゃないだろう
か?そんな風に感じるのです。ジャパニーズオンリー!なんだか独特な車
両が出来上がった感じですよね!自分はワゴン車は得意なジャンルではな
いのですが、こんなある意味不恰好になりすぎた、独特な車両は大好きだ
な!!ひねくれ者?そんな意見も出てますが。(笑)何となく不恰好って
言うところに仲間意識みたいな…(笑)なんともいえない親しみを感じる
のかもしれませんね!!まるで蒲鉾のような自動車です!!(笑)
 
 この不恰好さなんですが、ある意味日本人の徹底的な経済的って形を追
求したらこうなったって感じなんでしょうね!あくまでも車格は5ナンバー
が絶対です。これが3ナンバーOKと言う事なら最初からこんな車両なんか
出来なかったんじゃないのかな?余裕のあるスペースに伸ばしていった結
果がこの姿なんでしょうね!
 当時はこの車両ケータリング車両としてより、トランスポーターとして
重宝されていたように記憶しております。バイク積んだりしてね!レース
場のピット裏に一杯停まってた記憶があります。

 本日の使用を見ても確実にレース関係で重宝されていたというのがよく
判りますね!それ程手のかかっていない単純な車両だと思うのですが、ス
ポンサーロゴってのは最強のチューニングなんですね!実感です。

 本日の車両なんですがこんな一台を紹介していこうと思っております。

3-3-12 日産キャラバンハイルーフバン
1980.07~1988.09
2014072101.jpg
(トミカ 3505)

 今回のカテゴリーですが商用車というより、確実にレース車両といって
もいいですよね!なかなかSHOEIのロゴがレーシーな雰囲気をかもし出して
おります。このブログをいつも読んで頂いている皆さんには、このスポン
サーロゴが何屋さんなのか先刻ご存知だと思います。そうですね!ヘルメ
ットメーカーの名前ですね!
 レースには欠かせないもの、ヘルメット!そのヘルメットをレース中に
メンテナンスしてくれたり、若しくはそのメンテナンスする職人さんたち
の送迎用などに使われた車両なのかも知れません。

 ベース車両を見てみると、これまたレトロな丸目の4灯です。丸いライト
が横に四つ並んでいるって事です。ライトとライトの間には多分当時スタ
ンダードだった結構安っぽいプラスチック造形のグリルがついているもの
と思われます。そしてその塗装色がシルバーとグレーの中間のような、な
んと表現したらいいのか判らない微妙な色が塗られていたんですね!!
 これがスタンダードでしたよね!(うん!!って返事が聞こえてきた。
笑)

 これが元祖ワンボックスって事だよね!!ボンネットのない独特なボデ
ィー形状日本が生んだスタンダードだと思うんです。
 この車両たちが生まれたお陰で、現在のミニバンブームが生まれてきた
のかも知れませんね!!そう考えると非常に貴重な車両ですね。

 いや~本日も楽しい車両紹介が出来ました。なんか昔をいろいろ思い出
しながら楽しい時間が過ごせました!!
 さて、明日が今回の救済トミカの最終日になります!なんかワクワクし
ながら最終日を迎えます。明日もお付き合いください。

 葬儀の方ですが、本日無事終了いたしました。多くの皆様に助けて頂き
大きな問題もなく終了して行ったと思います。(多分ですが。笑)殆ど睡
眠時間が取れない3日間でしたが、そのお陰でブログ記事をちょっとだけ
考えたり、書いたりすることも出来ました。通常より少し疲れの残るお休
みとなりましたが、得るものも大きかったです。
 と言う事で知らないうちに3連休って言う奴も終了のようです。(笑)
何とかして次の休みまで持たさないと!これから休みなしの仕事に突入し
て行きます。ではまた明日もよろしくお願いいたします。

時代を感じる車両です。

この車両たちの実車写真を海外サイト等で検索をかけるも、やはり写真
を見つけ出すことが出来ませんでした。相当古いのであろうか?
 以外によくあるのが、自分達の自動車知識というのがミニカーメーカか
らもたらされているう事が多いということ。
 特にそれが外国車であったりする場合、ミニカーからもたらされるイメ
ージが全てという場合が多いようです。
 全てを想像の世界でお話しているので、こうだといいね見たいな話が多
く資料としては成り立たない記事になっていきます。申し訳ないです。

 まづ本日のトミカの形状なのですが、典型的な商用車なのではないかと
思われるのです。日本では路上販売といえばリヤカーという手動の車両の
荷台部分を改造し、そのまま人力で路上に移動し飲食店などを開くという
独特の文化ができあがっていました。現在では食品衛生法やそのほか路上
の使用権など色々な問題からこの屋台文化は略名古屋からは姿を消してい
るのが現状のようです。
 逆に九州の方ではこの屋台文化を目玉に集客が進んでいる地域もあるよ
うです。
 この屋台という文化。自分が田舎から名古屋に出てきたその昔、まだま
だしっかり存在しており、笹島とか栄生駅付近、金山駅一帯などなど多く
の屋台がひしめき合っていた時代を知っております。
 自分は当時からって言うか、基本お酒を飲むことが出来ませんので、本
来の楽しみであるお酒をのむという事はありませんでしたが、美味しい料
理やラーメンなど食べに行ってました。当時は残業なんかも凄かったから
ね!晩ご飯代わりだった。そんな文化が日本には根付いていたんですね。
 ある意味日本らしい、こじんまりとした文化じゃないかなって思うんで
す。

 しかしアメリカは自動車文化がしっかりと根付いた国!そういったケー
タリングの世界もしっかり自動車が主役だった。
 そんな文化のベースを担った車両が本日の車両なんじゃないかなと思う
んです。本日ですがこんな車両を紹介させて頂こうと思います。

F53-2-1 ダッジウォークスルーバン
1980.12~1988
2014072001.jpg
(トミカ 3504)

 商用バンなんでしょうね!もう現車の画像は全然発見できませんでした。
しかしなんて特徴的なフロント部分なんでしょうね!スリットの入ったフ
ロントガラス現在の車両ではなかなか見られない構造ですね!
 大型のバスフロントガラスなどはコストなどを考えてか、一時期センタ
ーにスリットのある仕様が多かった時期もありましたね!
 
 そして自分が大好きなのが現在の物と比べたら全然性能の違うフロント
ライト。ライトをつけると今の物は白って感じがするじゃないですか、こ
の当時のライトは黄色っぽかった。なんとも優しいイメージがあるんです
よ。当然その光量も今の物とは比べ物にならない。それが味があった気も
する。しかし暗かったな。(笑)

 コマーシャルバンは今も海外では多く生産されて、それはそれは楽しく
ミニカーの世界でも多く発売されています。
 トミカも沢山発売されていたんですよね!なんか夢があるじゃないです
か自分は大好きです。
 自家用車としてのミニバンという分野はあまり得意な分野ではありませ
んが商用車としての車両は大好きです。
 最近は日本国内でも増ええてますよね!イベント会場の駐車場などでも
ケータリングがなかったらイベントにならないほどですね!
 これから日本もこういった商用車の楽しい文化が花開いていくのかも知
れませんね!!是非トミカでもケーターリング車両の元になる素敵な車両
が登場してくるといいですね!!
 実車に拘ることなく、楽しいトミカなんかも又登場するといいね!そん
な風に思ってます。

 さて本日はお通夜です。うむ~お通夜といいつつ朝から結構やることが
一杯ある。ハードな三連休になっています。もう少し頑張って仕事済ませ
ていこうと思います。本日はこんな所で終了です。では又明日です。

世の中に知らない車は一杯ある!

自動車って日本国内でも知らない車両が一杯存在します。ましてや海外
ともなるとそれはもうさっぱり判りません。
 特に私達一般人が知らなくても良いカテゴリーの車両。いわゆる働く車
って奴ですかね!特殊車両なんかワンオフなんてのもありますから。その
数は無限大です。
 本日はそんな特殊車両を紹介しようと言う訳では無いのですが、このカ
テゴリーもある意味ワンオフだったり特殊だったり色々な物を含んでいる
カテゴリーだと思います。
 そして自分はあまり詳しく無いので詳細に付いてあまり書く事が出来ま
せん。あしからずご了承下さい。
 あえてウィキぺディアとかで調べてしまえば、知ったかぶりは出来るの
でしょうが、そんなの後々必ずボロが出ますからね!!知らない事は知ら
ない。これが一番いいのかもね!

 特に今回紹介するのはバスというカテゴリーです。このカテゴリーには
本当によく研究された知識人が一杯おられますから、いい加減な事書いた
ら速攻で突っ込まれますからね!!
 なにせトミカでもバスだけをコレクションされているコレクターさんも
沢山おられます。マニアックな世界なんですね!
 そんなバストミカは救済トミカの世界でも人気があり、なかなか安値で
自分の手元にやって来る事もなかったのでした。それがたまたま今回我が
家にやって来てしまいました。
 我が家が救済するくらいなのでコレクターさんがコレクションする対象
からは外れてしまっているのだと思います。ま、しかし現物のトミカを手
の平に乗せると言う楽しみは変わりません。我が家にはこのくらいの車両
が似合ってるのかもしれませんね!!(笑)
 さて本日ですがこんな車両の登場になります。

F37-2 ネオプランバス・スカイライナー
1980.01~1988
2013071901_20140719233737441.jpg
(トミカ 3504)

 う~ん。現車見た事もありません。時代が時代ですから仕方ないのかも
知れないですが。この車両は二階建てなのだろうか?時代背景を考えると
相当モダンだったんだろうな。何となく想像がつきますね!!
 同じ2階建てバスでもルートマスターとは大きさが桁外れなんでしょうね
トミカのいいところ、スケールがバラバラなので実際の縮尺が全く見当が
付かない所です。

 何年か前の相当な高級バスなんじゃないのかな?東海地区ではほとんど
見かけたことのない車両です。トミカの中のシート配列なんかを考えても
相当大きなバスだったんだろうと言う事がわかります。
 自分の記憶のなかでのバス旅といえばこんな高級なバスでの旅行は記憶
にないな~。修学旅行や社会見学のバス旅くらいしか思い浮かびません。
 当時は冷房もないバスが当たり前で、結構夏のバス旅ってのはなかった
と記憶してます。春か秋ってのが定番だったですね。今から考えたら暑さ
対策だったんですね。そんなに深い感覚は持ってなかったので。素朴な田
舎の少年だったんだね!

 昔のバス見るとなんだか色々思い出しますね!修学旅行の事だったり。
でも何処見たんだか殆ど記憶にない!(笑)京都とか行けるだけで嬉しく
って何処見たんだか覚えてないや!唯一清水寺くらいは覚えてるけどね。
想い出は、お土産と共にあるのでしょう。子供なんてそんなものですよね
!!(笑)

やっぱ古いトミカって面白いです。ちょっとしたタイムマシンですね!す
ごい存在です。本日も面白かったです。

 さて誠に申し訳ないのですが、本日身内に不幸がありましたもので、記
事が少しだけ短くなってしまいました。申し訳ありません。明日、明後日
も葬儀等の関係で若干記事が短くなるかも知れません。ま、少しでも時間
のある限り記入してまいります。では又明日に続きます!!皆さんお休み
なさい!!

四角いね!!

当時なんて呼んでいたっ気かな?この手の少し小型のワゴンが大流行し
た時期があったんです。ステーションワゴンって呼んでた時期です。
 でもこのブームがあったお陰で、日本国内のワゴン車が絶対的に小さな
車両に車両に定着してしまったような気がする。
 元々ワゴン名称はアメリカなのかな?アメリカではなんて表現したらい
いのだろうか、絨毯みたいな広い大きい車の事をさすんだね。
 やはり日本はどんな時代も日本独特の車企画を作り上げるのが得意のよ
うだ。
 本日紹介しようとしている車両も元々の企画はカローラですからね!こ
の車両が発売されていた頃のカローラは確実にコンパクトな5ナンバーサイ
ズでした。
 自分も営業車として会社から与えられておりましたが、それはそれは乗
り易い車でした。燃費も当時の車両としてはずば抜けていたのだとおもう。
商用バンはみんなカローラだった時代があったようにおもいます。
 本日の車両がカローラなのかと言うと、そうでは無くスプリンターと言
う車種なんですね。現在はこの名前ってトヨタさんのラインナップから消
えているんだっけ?ちょっとあまりそのあたり詳しく無いので時間がある
方は調べてみて下さい。

 スプリンターはもともとカローラの派生車種なんだね。当初はカローラ
スプリンターという名称だった。有名な所ではレビン・トレノの草分け、
27。車体思い浮かびますか?そ、オーバーフェンダーの付いた奴です。
 27レビンってのはカローラで、27トレノってのはスプリンターだった。
86みたいにリトラクタブルヘッドなんか当時なかったからね、外観的には
酷似していた。販売店の違いもあったかも知れませんね。
 話が横道に逸れてしまいましたが、そんな兄弟車って訳です。

 そのスプリンターと言う名前はどんどん一人歩きして行き、一つの車両
名称になって行ったんだとおもう。本日はそのスプリンターベースのステ
ーションワゴンワゴンと言うカテゴリーから発売されたこんな車両の紹介
になります。

23-3 トヨタスプリンターカリブ
1983.06~1990.10
2014071801.jpg
(トミカ 3503)

 懐かしいね!このカクカクの車両!でも当時多くの若者が乗ってた記憶
があります。私達のミニカー仲間の皆さんには非常に懐かしい車両です。
 このブログの写真ではリアは出て来ませんが、この車両が縦型のテール
ランプの火付け役だったらしいです。うん!確かに印象的なテールランプ
だったの覚えております。
 このステーションワゴンってカテゴリーですが、最初に火を付けたのは
日産さんだったように記憶してるんです。
 サニーカルフィルニアという車両だったような…。この車両も通常のサ
ニーバント何が違うの?って車両だったんですが、特出すべきはカラーリ
ングと木目柄を模したステッカー仕様だったのだとおもいます。このカラ
ーリングも当時の日本では非常に珍しかったイエローと言う設定。結構街
なかで見かけましたね!!丘サーファーなる言葉が流行したのもこの頃だ
ったんじゃ無いのかな?
 なんにせよ当時は車を持って居ない奴には彼女は出来なかった時代です。
服装も自動車にあった、そんな時代でした。懐かしいよね。

 考えてみたらその頃自分はmini1275sっていう車両に乗ってたと思う。
残念ながらクーラーもない車両に女性は見向きもしてくれなかった。(笑)
マニアックな車好きには辛い時代でしたね!当時はゴルフに乗ってたら確
実に彼女が出来た時代でした。(笑)そんな時代があったんだよ!!信じ
られんが本当のお話です。
 安月給なのに、一生懸命ローン組んで車買ってた時代です。今から考え
たら皆頑張ってたんだな~って思う。でも良い思い出だね!!

 残念なのは最近は車が絡む想い出持ってる若者少なくなっちゃったね!
苦労の分だけそこには楽しみもあったんだがな…昔々のお話でした。
 
 さて、世間では3連休!!皆さん色々な予定が入っている事でしょう!
しっかり楽しんでくださいね!!自分はちょっと個人的な用が入りそうで
多分休みにならないと思います。兎に角暑い夏乗り切るには休憩も大切!
しっかり休んで下さいね!!ではまた。

楽しみ方色々!

今日紹介する車両の記事書こうとおもって少し調べると、この車両の資
料というより、この車両をレストアする記事が多く登場して来ます。
 独特の車両形状が今もし美しい状態で現存したとしたら、非常によく目
立つ車両だと言うのは間違いありません。
 畑の片隅で、作業小屋かわりとして使われていた車両が積車に乗せられ
ていく画像が結構出て来ます。しかしよくこれだけガラス面の大きい車両
がガラスが割れる事無く残っていた物だと素人目に見ても驚いてみる事が
出来ました。

 本日紹介する車両、いわゆるマイクロバスって車両カテゴリーだとおも
うんです。バスファンの中でも結構人気があるんですね!しかしどの記事
を読んでいても共通しているのは非常にレストアが難しいのだそうです。
 車両全体の強度がイマイチ不足していたため、フレームがまともな状況
で存在している車両が皆無との事。そしてなによりどのメーカーの車両も
パーツの入手が略不可能なのだそうです。
 シートの多さもレストアには向いていないようで、マニアの方が相当苦
労されている様子があちこちのWebから垣間見る事が出来ました。
 しかしこの車両がレストア完了しましたと言う記事は未だ発見しており
ません。皆さん苦労しておられるんでしょうね。いや、楽しんでいるのか
な。なんか良いですよね!時間が開いた日曜日なんかに作業ガレージに籠
ったりするの。憧れです。あ!!ガレージがいるって事ね。名古屋に住ん
でたら一戸建てでも買わない限り無理な感じですね。早くも挫折です。笑

 自分に自動車を触れる技術があったら楽しいだろうな!多分ミニカーの
世界から確実に脱出してしまう気がする。お金も掛り、時間も掛り凄く大
変な趣味の様ですが、皆さん楽しそうにやっておられますね!
 この世界に行く事はまず無いとおもいますが、しかし憧れはずっと昔か
ら持っております。楽しそうですね!!

 しらべてて本筋と違う楽しみに溢れた車両なんだと言う事を知ったこん
な車両の紹介になります。

46-1-11 マツダライトバス
1972.07~1979.01
2014071701.jpg
(トミカ 3502)

 この辺の古いトミカになると、救済トミカで登場して来る場合あまり新
しい物が登場して来ないんです。このブログでは基本的に箱付きの古いト
ミカあまり紹介していません。紹介する場合は略救済トミカです。本日登
場して来たマツダライトバスも過去何度か紹介してるんです。しかし本日
の仕様1Hホイールの物紹介していなかったんです。多分このバスの発売終
盤に登場した車両なんだろうなと思います。
 面白いですよね!発売が近い物の方が入手しづらいなんて。色々な当時
の状況が考えられますが、現在のように生産国の変更等が行われた場合に
は逆に新しく終盤に近い物の方が入手困難とかになってる場合も多いです
よね!
 自分はあまり古いトミかの状況とかに詳しく無いのでそのあたりの事が
よく判りませんが、たまたま本日紹介している マツダライトバス なん
かは比較的古いホイールの物が入手し易い様です。
 我が家にも数台在庫があるのですが、ほぼ旧タイプのホイールのものの
ようです。旧型ホイール付けた車両が圧倒的に沢山発売されたんでしょう
ね!遊ばれ続け運良く生き残った車両達が我が家にやって来てくれたって
感じなんでしょうね。のんびり休憩して頂きましょうね!

 さて、世間では夏休み一歩手前!海の日を境にお休みに突入する訳です
ね!この時期朝のラッシュが少しだけ緩和されるので非常に嬉しいです。
しかし、色々な所が無意味に混み合う。これには閉口します。
 ま、夏休み等無くなって久しい自分。ただただ暑い中頑張って仕事する
のみです。学生諸君!長期休暇しっかり楽しんでね!社会に出たら間違い
なく休めなくなります。今だけの楽しみかも!!
 あ~~名古屋港の花火だな…。今年もそんな時期なんですね。名古屋の
本格的な夏はこの花火から始る気がします。
 今年も特等席で花火見物出来そうです。頑張って仕事して休日に花火。
うん!庶民の楽しみだ!さ、明日も頑張って仕事しよう!!では又明日!

今回も忘れて来ちゃった!

救済トミカに完璧を求めるのは酷です。古ければ古い程何処かが欠けて
行く仕方のない事です。
 トミカの場合その忘れ物は2種類あるように思うのです。我が家の救済
トミカ達の多くもこれに当てはまっていたりします。
1、荷台がある車両 荷台を被うアオリ等の取り外し可能パーツであったり
単純に荷台に物が乗せられている場合。
2、何かを引っ張る別パーツが付いている車両。(この場合も取り外し可能
だったりすると頻度が上がる。別製プラスチックパーツだったりすると取
り外しが可能でなくても紛失する可能性大。
 乗せると言う例では動物シリーズですね。逃走系救済トミカはよく見か
けます。我が家も豚さんや牛さん逃走車両多数保護しております。
 
 今回のトミカはそのパターンではなく何かを引っ張ってるパターンなん
ですね。以前も入手しているんですが残念ながらその時も牽引部分は紛失
しておりました。でもね、車両自体は大変魅力がある。この車両見かける
とついつい購入してしまう養さんの気持十分理解で出来ます。
 その場で発見した魅力のある車両。兎に角購入するのが我が家のスタン
スです。なんでこうしてダブってしまう車両が出て来る訳です。
 そんなのは気にしない!楽しく購入出来たのならそれでいいんです。
 紹介の方も、トミカ紹介番号はありませんが、車両に関しては数年とか
経過していると又新鮮に紹介出来るのです。
 けっして以前の車両を引きずり出しているのではなく、新たに購入して
いるトミカ達ですので、我が家にとっては新しい仲間なんですね。

 なんか良いですよね!80年代の頭あたりに発売されてたトミカ。良い味
出してます。この頃は実車命だったな~。トミカなんか目もくれなかった
お陰で、今楽しめてますけどね。不幸中の幸いかも。(笑)ポジティブな
自分です(笑)
 本日の一台、過去にも紹介しておりますのでトミカ紹介番号無しです。
こんな車両の登場になります。

69-3-1 トヨタ自衛隊トラック
1980.01~1982.12
2014071601.jpg
 前回紹介の車両ですが、浜松で行われたイベント会場にて「はっちさん」
から購入した車両でしたね!うん懐かしいです。
 記事書いているとこれだけ沢山紹介しているトミカですが色々思い出し
たりするんです。不思議な物ですね!仕事とかの記憶もこれくらい残って
いると嬉しいのですが。(笑)
 いつか完璧な車両入手したい物ですね!しかしどれだけ箱付きの完璧な
美品入手してもトミカの紹介番号はありませんけどね!
 縁があれば又紹介出来る日も来るでしょう。しかし12Dのホイールはよく
見かけるのですが、12Hホイールって見かけないですね。多分後に発売され
ているはずなんですが。出会いがあるといいですね!!

 さて自衛隊。何だか最近色々な意味で注目されていますね。しかしこの
ブログではサラッと無視します。
 自衛隊に関しての個人の意見なんてどうでもいい。

 自衛隊車両に関して。そう言えば警察車両同様、長く大切に使われてい
る車両が多いですよね!いまだに基地内でボンネットタイプの車両とか見
かけます。当然皆さんも知って見えると思うのですが、自衛隊車両はナン
バープレートが違いますね!国内登録一般車両とは別と言う事ですね。
 ということは当たり前なのですが車検制度は適用されていません。独自
のメンテナンス補修が施されている車両達なんです。

 しかし現実的に走っている一般車両たちより確実に長い間使用されつづ
けています!これは整備能力の高さを物語っているのではないかそんな風
にかんじます。全ての車両が特殊車両ですからね!!無い物は作る!そん
な力量も感じられますね!
 我が家航空祭にも出来るだけ参加するようにしていますが、自分は航空
機も好きですが、地上支援車両にも非常に興味があります。併設して展示
されている場合が多いですから、いつも楽しみに拝見させて頂いてます。
 特殊車両が好きな訳ではないのですが、何だかあのカーキ色ひかれます
よね!迷彩よりカーキ一色の方がワクワクする。これも楽しみの一つです。
 そうか~色ってのも興味の大きな部分を締めているんですね!次はいつ
見に行けるのかな、楽しみにまっていよう!!

 さて、話は変わってしまいますが我が家のマンション現在外観補修作業
中です。リニューアル中なんですね。建物全体が足場とネットで被われて
おります。これって結構圧迫感ありますね!カーテン開けられないし。
 なんとも鬱憤の堪る作業が行われております。早く終わって欲しい物で
す。
 そんな中のんびり休憩のトミカ紹介。救われてます!有難いね!!本日
で週の前半戦終了。頑張って後半戦も乗り切ろう!!暑さに負けず皆さん
も頑張ろうね!!では又明日。

まずは読み方からだよね。

本日紹介するのは、目をつぶって触って最初に触れた子って決めてまし
た。あさはかな考えでした。(笑)だってブームがある車両なかに入れて
おいたら最初に触るのはこの車両に決まってるよね。(笑)なんとも間抜
けな話ですこと。(笑)
 何だか昔懐かしいってイメージありませんか?懐かしいって言ったって
昔よく見た訳でもないんです。実際の所見た事はない車両なのかも。建設
機械って興味なかったら絶対見ないよね。皆さんは小さい時工事現場の前
で立ち止まった派ですか?これ又良く考えたら自分が住んでた田舎ってさ
工事現場すらなかったように思う。(笑)強烈な田舎だったからな!!今
も田舎だけどね。

 多分そんな昔々の車両なんじゃないかと思うんです。本日登場する車両
なんですが“油谷ショベルTY45”っていいます。この社名がイマイチ読め
なくてこっそり悩んでいたのは自分だけなんだろうか?みんな知ってたの
かな?今回貴重な昼休み40分を使って調べてみた。Webで調べてみても読
み方が出て来る訳でもなく。写真見てたらボディーのリア部分にアルファ
ベット付いてるじゃないですか。「そうか、やっぱりユヤじゃないんだ。」
 うすうす判ってはいたが、ユヤじゃないわな~~。笑 アブラタニでも
なかった!ユタニだったようだ。判ってしまえばフ~ンですね。
 読み方も分った事だし、あちこち建設機械マニアさんのHPを覗いてみた
。するとトミカに記載されている 油谷ショベルTY45 という名前があま
り一般的でないと言う事実を知りました。
 私達はトミカが大元にありすべてそこから始ってしまってますので、い
まそんな情報を入手してしまうと戸惑うばかりです。(笑)
 取り合えずトミカ紹介です。

51-2-4 油谷ショベルTY45
1979.09~1988.07
2014071501.jpg
(トミカ 3501)

 100円トミカ面白いですね!自分このブログで紹介してない車両が一杯
出て来ます。楽しい事楽しい事。さて前記の続きです。
 なんかねエンドプレートにも書いてあった。実際にはアルファベットで
はユタニは理解出来たのだがその後が読めない。うむ~~疑問につぐ疑問
。このトミカは元々難しい題材だったのかも知れません。
 後ろ半分のアルファベットを入力してみたら、何とフランス語のウィキ
ペディアに飛んでしまいました。読めない!!(笑)
 こんな時にはマニア様のHPの方が堅いよね!ということで元に戻る。
ポクレンというのだそうです。この車両なんですがどうもフランスポクレ
ン社が生産していたショベルの傑作だったのです。
 当初国内で販売されていた車両のエンドプレートは皆こうなっていたそ
うです。Yutani Poclain TY ふ~~ん、ですよね。どんな世界にもマニ
アは存在し、やはり異常に詳しい。

 じゃ今油谷は何作ってるんだろう?実は正式名称は 油谷重工だったよ
うだ。もうそこすら判らない。無知の塊。
 実は油谷重工なんですが、現在存在していない会社なんですね。無くな
っちゃった。1999年に神鋼コベルコと合併してしまった様です。現在は
コベルコ建機なんですね。そうか~調べてもなかなか情報が出て来ないの
は、会社が無くなっちゃったからなんだね。トミカが発売されていた頃は
まだまだ元気だったはず。そしてレギュラーから外れた略10年後会社は
なくなっていったんですね。うむ~トミカは色々な事教えてくれます。
 しかしこの会社の名前読めなかったのは自分だけなのかな??きっとい
るぞ判らなかった方。(笑)友達は多い方が言い!そんなあなた。これか
らも仲良くしてね。(笑)

 さて明日も手探り紹介して行こうと思いますが、何が出て来るのかな?
何が出て来ても結構楽しく時間が過ごせる自信があります。トミカ紹介し
て少し疲れて、トミカ紹介で癒される。なんちゅう生き物だ。(笑)ミニ
カー好きって皆こんな感じですよね!!ではでは又明日です。ランダムで
面白いでしょ。明日に続く!!

自動車の中の傑作だと思う!

これは自分の勝手な考えなんですが、自動車のなかにもうこれ以上素晴
らしいデザインが出来ないのではないだろうかと思う車両が3台あるんです
 その3台の中の一台を本日紹介しようと思います。
 自分ね、自動車のデザインって洗練されていれば良いと言う物ではない
と思うのです。私達のような一般人は一生で乗れる自動車の数は限られて
いると思います。そんなに沢山買い替えられないですよね!すると何を求
めるかというと、全体的に飽きのこないデザイン、そして故障の少なさ。
故障した場合の修理のしやすさ。この辺が大きな要員だと思うんです。
 自分が考える車両たち3台はその三つの条件をすべて満たしていると思う
のです。
 この条件は人それぞれですから、私の言ってる条件が全てではないと思
うし、全てが当てはまらない可能性もあります。個々基準があって良いと
思うのです。
 1種類の車種を除いてはその設計は第二次世界大戦前に行われております
それから半世紀以上、いや1世紀に近い年月その姿を見ない日はないという
強烈に凄い車両達なんです。

 一台はフランス車、シトロエン2CV。元気一杯ですよね!今もなお町中
で素晴らしくコンディションの良い車両達を見かける事があります。この
車両の基本デザインは戦前です。ま、外観から想像はつきますね!

 そしてもう一台は英国のminiです。こちらの発売は1959年ですから発
売されてから今年で55年目になります。違和感ないですよね!今も元気一
杯です。

 そして最後の一台ですが、ドイツの名車フォルクスワーゲンビートルで
す。この車両の設計は当然戦前。素晴らしいデザインですよね!現在この
3車種を上回る車両があるでしょうか?洗練されたと言う意味では3車種と
も違うラインなのかも知れませんね。でも走り続けた長い年月はどの車両
にも真似出来ないと思います。
 幸いな事にこの3台はトミカとしてリリースされております。自動車界の
不滅の3台だと思います。
 本日はこの一台です。

F20-1 フォルクスワーゲン1200LSE
1977.06~1988
2014071401.jpg
 以前にも紹介していると思うので、トミカ連番はありません。陽さんも
この車両が目の前にあって、ダブってるの判ってても放置は出来ないです
よね。自分も全く同じ考えです。あれば買います。
 細かなバリエーションなんですが、我が家くらべるワーゲンをあまり持
っておりませんので、詳細判りません。ひょっとしたら違うかも知れない
ですが、う~わかんないや!だからトミカ番号無しです。

 トミカの生産なんですが簡単に、外国車シリーズの生産年月書いており
ます。実はこの後も続いているんですね!
1988~2002.06まで100-2として長い間生産発売が続いた車両なのでし
た。25年間という長きに渡りトミカレギュラーの座を譲りませんでした。
 なんとも皮肉な事に、このワーゲンの座を奪ったのは、現在のホンダさ
んの旗艦と言っても良い車種ホンダフィットだったんです。うむむ~個人
的には非常に複雑です。
 自分がトミカの購入をはじめた年に入れ替わったんですね!そして当時
の自分はコンパクトカーしか眼中になかった。だからフィットも一生懸命
購入していました。楽しくね!!
 しかし今から考えれば、ワーゲンには残って欲しかったですね!!ロン
ドンバス、ワーゲン位は残っていても全然問題ないように思うのです。

 だって、いまだにワーゲンビートル見掛けない日はありません。通勤途
中に2台見かけるんです!!又この車両も最高にコンディションが良いん
です。リアバンパーに雉子の羽根が付いたライトパープルの美しいビート
ルとブラックの渋い左ハンドルビートルなんです。これから先も頑張って
走り続けて欲しいですね!!

 良いですよね!仕事始めの忙しい月曜日ですが、家に帰って来てのほほ
んとしちゃいます!癒しの1台ですね!まだまだ続きますよ!のんびりと
した1週間送って行こうと考えています。のんびりは大切だよね!!さ、
明日はどんな子紹介するかな、目瞑って握った子紹介でいきます。(笑)
またあしたおつき合い宜しくお願いいたします。

さて、この辺りで休憩挟みます!

今回も養さんが、色々と救済君を入手してきてくれましたので、そんな
トミカ達を紹介していこうと思っております。
 ま、何せ購入している方が毎度同じですので、購入する車両に好き嫌い
が出てくるのは当たり前。気になる車両はいつも同じなんだね!だから何
となく車両がかぶってしまうんでしょう。本日いはそんな被ってしまった
1台です。しっかしこの辺りの古い車両で被るってのも逆に見事だと思う。
 被ろうにもなかなか同じ車両なんて出てこないと思うんだが…ある所に
はあるもんだな!おどろいております。

 トミカのほうは10年間製造が続きましたので、当時の子供さんの多くに
行き渡っていたことが想像されます。今も昔も緊急車両は人気者でしたか
らね!特に70年代なんかにはアメリカの車両は人気者でしたからね!日本
にない大きさなんかも魅力だったのかもしれません。

 自分の手元に来たとき全てに値札がついておりましたが、統一価格100円
となっておりました。ちゃんと探してくるから偉い。我が家の救済君適正
価格だね!100円ワンコイン。なんかリサイクルショップだと日本製って言
うだけでわけのわからない値段設定してるの見ると、ちょっと違うんじゃ
ないのかな?って思うんですが、本来これだけ時間が経過したトミカ達こ
の位の値段が妥当何じゃないかと思うんです。基本我が家ではこの辺りの
金額の物だけを適正とみなし入手しております。
 最近はなかなか出てきませんけどね!

 さて本日なんですが過去にも紹介させて頂いておりますので、トミカカ
ウントありません!こんな子が又我が家にやってきたよって紹介です。
 こんな一台が登場してまいります。

F-33-1-4 アメリカン・ラダーチーフ
1978.02~1988
2014071301.jpg
 それにしてもバリエーション番号がいつも同じってのはなんでだろうね
?不思議な所です。
 台座がbでウインドーがスモークが特徴の4。自分にはよく判らないので
すが、ひょっとしたらこの車両が世の中で一番長い間発売された車種なの
かな?
 今回の車両もこの車両の救済君の特徴でもあるハシゴの2段目の部分が
欠損となっております。そんなこと気にしません我が家は。(笑)そんな
細かいこと気にしてたら救済君購入なんて出来ませんから。

 どんな人の手元から我が家にやってきたかよく判りませんが、とりあえ
ず我が家にやってきた以上はどこかにお出かけすることもないでしょう。
 のんびり過ごしていただくことになります。トミカとしたらどちらがい
いのか判りませんが、どんなにボロボロになって子供さんに遊ばれ続ける
のが本望って思ってるのかもしれませんね!
 確かに結構ボロボロになったトミカをしっかり握り締めてる子供さん見
かけることもありますね!小さな子供さんにはトミカは大切な宝物なんで
すね。
 年齢とともにその存在は忘れられて行き、知らないうちにこうして我が
家のようなトミカ好きの元にやってきてたりするんですね!
 
 これも縁です。今度は我が家で大切にしてあげます。極まれなんですが
裏板に名前書いてあるトミカなんかがやって来ることもあります。天井も
ありますよ!名前だけなので何処のどなたか判りませんが、我が家あえて
消す意思はありません。そのまま結構な名前付きトミカ保存してあります
。いつかなんかの拍子で初代持ち主さんと再会するときがあるかもしれま
せんね。こうした古い仕事を終えたトミカ達。いつかどこかで多くの皆さ
んに見ていただける機会があるといいな!お金でもあれば博物館でも作る
所なんですが、如何せん貧乏だ!!(笑)またそんな時が来ること皆さん
も期待しててください。

 お金なら俺に任せろ!!って方募集中です!!名古屋にミニカー博物館
作りたいですね!!スポンサー募集中(笑)ではでは当分救済君で遊んで
行きましょうね!!本日はこんな所で。

このブログの3500台目の車。

多分このブログが続いていけばこの数字はどんどん伸びていくことでし
ょう。でも節目節目ってのはあるんですよね。9年と半年ほどかけてこの
数字まで来ました。只々だらだらと日々続いていたらこんな数字になって
しまいましたね!トミカって本当に凄い。10年近くトミカにまとわりつい
て来たんですが、でもトミカの一掴み程度しか紹介できていない。奥深い
です。まだまだこのブログに関って頂かないといけませんからね。これか
らもバンバン楽しいトミカ出てくる事期待しています。
 まだまだ3500台。でも3500台ですね!何か画策したわけではないですが
その節目になる台数はトイズドリームプロジェクトの紹介最終日のこの一
台になりました。
 いや~しかし兎に角何気ない一台が3500台目になる確率非常に大きかっ
たですからね!今回の節目の一台非常にラッキーでした!

 さて本日の一台なんですが、日本車現在最速なんじゃないだろうか?兎
に角インパクトのある1台紹介出来そうです。
 この車達がいなかったら、現在の市販車はなかったんじゃないのかな?
自分はこの車のファンではないですが、この車の重要性はよく判っている
つもりです。
 実はマスコミやメディアに発表がされる前から仕事がら色々な情報が入
って来ておりました。口外してはいけない情報を自分のようなものが持っ
てしまうというのは結構荷が重いものです。

 今回紹介する車がマスコミを通じて発表された時の安心感たるや、もう
言葉では言い表せないです。これで隠し事しなくて済む!あの安心感!
 本日の1台を見ていると物凄くあのときの感覚思い出します。色々な意味
で特別な1台が節目の一台になったんです。絶対に画策した1台ではありま
せんからね!(笑)本日はこんな1台紹介させて頂きます。

94-6 日産GT-R
2009.01~
トイズドリームプロジェクト2014
あこがれの名車セレクション4
2014.06
2014071201.jpg
2014071202.jpg
(トミカ 3500)

トイズドリーム10thセレクション2ndに登場したゼブラカラーに塗装され
たテストカーの相方ですよね。メディアが最初に接したのがこの一台です
よね。
 外国人のメディア関係者はこういった四角の空気抵抗を無視したような
箱型車両。日本独特のスポーツカービックリしたことでしょう。そしてそ
の四角の車両が皆さんが思った以上に早かった。その速さはポルシェのド
クターたちをも驚かせることになるのでした。
 ニュルブルクリンクでのタイムは誰が何を言おうが覆せませんからね!
ポルシェ焦ったでしょうね!まさかこんな重量感が外から感じられる車両
が地元に近いニュルブルクリンクで最速記録出すなんて思っても見なかっ
たとおもいます。ドイツ人の感覚から行ったら間違いなくスポーツカーの
スの字も感じられない車両だったと思います。
 
 それってね、車に対してあまりにも独断的で個人的には好きではない、
車番組が英国にあるんですが、トップギアって番組なんですけどね。その
名物司会者はこのGT-Rを舐めてた感がある。それでも富士SWでのテスト走
行でその実力を思い知らされることとなったようです。

 日本が生んだモンスターマシン。今年のニュルブルクリンクでも活躍し
てました。
 残念ながら金銭的にあまりにも高額の車両のため自分達が購入すること
あ不可能です。あ!試乗だけはさせて頂きました。それも鈴鹿で。リミッ
ターが解除されている状態で乗ることができました。凄かったですよ!!
 自分の物に出来ませんが夢のような車両です。残念ながら現在の日本車
この車両ほどのインパクトのある車両出てきませんが、これからの日本車
に期待したいと思います。

 さて、本日の一台であこがれの名車セレクション4紹介終了です。なかな
か個人的に思い入れのある車両でよかったです。

 さ、明日から何紹介しようかな?しっかり考えますね。4000台に向けて
又頑張って紹介し続けていきます。

ここは意見が分かれますね。

本来ならここで、我が家の愛車CR-Z登場の予定だったんですが、この車
両につきましては、先に紹介を済ませてしまっております。こちらの記事
を参照下さい。
http://youkei3298.blog43.fc2.com/blog-entry-3146.html
 大変有難い事に、このCR-Zは自分が購入した分と頂いた分で2台確保と
なりました。このシリーズ結構高価なので増車がなかなか難しい中こうし
て頂けるのは本当に有難い事です。
 気に入った車両はついつい増車したくなりますよね!無事我が家は2台
確保となりました。ありがたい!!

 ということで、本日は次に車両に行きたいと思っております。この車両
なんですが実際の所ハッキリと判らないのです。
 トミカの再現性考えると細部表現は難しいと思う。そんな事から似通っ
たモデルが登場するのは必然。ボンネットのカラー塗分けは果してカーボ
ンボンネットなのか、単にブラック仕様なのか。難しいですよね!
 必ずしも「あこがれの名車セレクション」がデモカーである理由がない
気もするので、メーカーが推賞するオプション装着車の可能性も捨て切れ
ない。やはり車両の元ネタに関して、これなんだ!と言い切る自信は自分
には全くありません。
 今回の車両に関しては酷似した車両が2種存在すると言う事。できる事な
ら答えが欲しい所ではありますが、ま、そんなにこだわった事でもないの
で、調べるという楽しみだけで良しとしましょう。(笑)
 なんか昼休みとかに、一生懸命WEB見ながら必死に調べてる姿、何やっ
てるように見えるんだろうか?絶対に仕事してるより真剣な顔してると思
うんだ。特に今日みたいに悩んでる時はね。(笑)いや~悩ましい。せめ
てホイールなんかが再現されていると判断も付くんだけどね…。流石トイ
ズドリームプロジェクトさん、一筋縄ではいきません。

 さて本日の車両なんですがこんな一台になります。実は個人的にはあま
り興味を持っていないカテゴリーの車種だったりします。こんな感じで登
場してまいりました。

82-6 マツダCX-5
2012.12~
トイズドリームプロジェクト2014
あこがれの名車セレクション4
2014.06
2014071101.jpg
2014071102.jpg
(トミカ 3499)

あこがれの名車セレクション」という名称がある以上、入手が難しい車
両であること考慮に入れたりすると、多分この車両なんだろうなという意
見に落ち着きます。
 2013年東京オートサロンに展示されたアクティブドライバー仕様のCX
-5なんじゃないだろうか。多くのWeb上の意見もこちらの方が多いんじゃ
ないのかな。流石に黒に塗り分けられただけでは、カーボンなのか塗装な
のか判りませんからね!
 しかし、個人的にはこちらであってもいいなと思います。CX-5のHPに
も掲載されている、M'z CUSTOM CX-5。実際にこの車両に乗っておられ
るオーナーさんは確実にM'z CUSTOM CX-5だと主張される事でしょう!
自分の乗っている車両が寸分違わぬ姿でミニチュアカー化されるのは嬉し
い物です。この際元ネタがなんであれ、喜んで頂けるのがいいですよね!
簡単にデモカーに乗るのは難しいですからね。個人的には後者であって欲
しいと思います。より多くの方が喜ぶ車両の方が素敵じゃないですか。
 ということで今回はあまりハッキリと判りませんでした。やっぱ難しい
ですね!元ネタ探しって。

 個人的にSUVはあまり興味のないカテゴリーです。一般的には結構流行
っているようですね!自分の好きな国内自動車メーカーホンダさんもベゼ
ルという車両良く見かけます。人気ある様ですよ!!本当に色々ですね好
みって、好みの分だけカテゴリーも存在するんですよね!変に苦手な物を
隠そうとしない、ま、そんな奴が一人くらい居ても良いじゃないですか!
 今回はなんか勢いで全車種購入してしまいました。(笑)全体的に良い
感じ納まっている気がしたもので。
 ということで明日の最終回に続いて行きます。

 本日で今週のお仕事終了の皆さんお疲れ様でした。いつも同じ台詞です
が、のんびりして下さいね!お休みは次の仕事の為にありますからね!!
しっかり休養とって下さい。では又明日!!

分かりやすいかも!!

トミカ紹介する前にちょっとしたご報告。
 昨晩我が家に夏がやって来ました。現在東京に赴任中の「タロささん」
より送って頂いたもの。こんな箱に入ってやって来ました。
2014071003.jpg
 「ピンポ~ン♪」ってインターホン鳴りました。「花屋で~す。」うん?
花屋??養さん何か頼んだかなと思い外に出ると、何故かクロネコさん。
涼し気な物持って来てくれました。
 そう言えばつい最近「タロささん」のブログで朝顔市の記事読んだな~
って思ってたら、本当に来ました!!
2014071004.jpg
 う~ん!!「タロささん」粋!!めっちゃ夏やって来ました。今年の夏
は朝早起きして水やりと言う楽しみが増えそうです。しかし台風接近中!
バランダに出してあげられない。ちょっと可哀想。台風通過までリビング
で過ごして頂きます。
タロささん」有り難うございました。名古屋の田舎にも東京の粋な夏が
やってまいりました。感謝です~~~!!あ~朝顔じっくり見るのなんて
久し振りです。嬉しい。皆さんにも夏お裾分け!!

 さてトミカ紹介に向かって行きます。元ネタ探しの旅、前半2日結構難
解でしたね!そんな難解な2日間を過ごしたご褒美なんだろうか?非常に
分かりやすい車種が登場してまいりました。
 テレビコマーシャルなんかも非常にインパクトのあるものでした。お金
掛ってるな~て素人にも判る出来のコマーシャルでした。
 残念ながらキャラクターの版権の関係か、現在では綺麗サッパリHPに顔
ださなくなってしまった。難しいよね!有名キャラクターの起用は!!
 多くの自動車CMで有名なキャラクターとコラボした場合、数年後頭の中
に残るのは車種名ではなくキャラクターの方だと言う事実…。う~ん複雑。

 自動車メーカーは違うのですが、同映画のキャラクターが登場した事が
ありましたね、C3POとR2D2だったかな?自分だけ?あのコマーシャルが
どの車のコマーシャルだったかもうすっかり忘れてる。
 やはり世界的に有名なキャラクターとコラボしちゃったりすると、負け
ちゃうのかな?今回紹介する車両も同映画のキャラクター使ってますね。
うむ~数年後車両名称自分の頭のなかに残っているんだろうか?少し心配
です。歳も歳だしね!(笑)
 しかし今回のCMは結構見事に作られていた気がします。なんかね車が全
然映画内に登場してても違和感ないように感じてしまった。意図して作ら
れた車両ではないのですが、あまりにも見事に溶け込んでいる事に驚きま
した。このCM作ったプロデューサーさん、この車両出た時から今回のキャ
ラクターと似ているって思ってたんだろうな。じゃなきゃこんなに見事な
マッチング簡単には出来ないと思う。

 さて本日ですが殆どのトミカ好きの皆さんが調べる事無く元ネタが判っ
てしまう。そんな車両の紹介になります。こんな一台の登場になります。

27-9 日産ジューク
2010.12~2013.10
トイズドリームプロジェクト2014
あこがれの名車セレクション4
2014.06
2014071001.jpg
2014071002.jpg
(トミカ 3498)

 元ネタがしっかりしていて、物凄く判り易いトミカが出来たんじゃない
のかな?多分トイズドリームプロジェクトさんが作らなくてもギフトセット
若しくは、トミカくじ等で登場してきそうでしたね。今後色違いのダーク
カラーが登場して来るような気もします。黒っぽい方もなかなかイカシテル
と思う。少しバリエーションだしてもいいかもね。

 現在では「Juke Personalize Package」として販売が継続されている
様ですね。
 この仕様が登場した当初は黒色の車両とか白いろの車両、そして今回紹
介しているパッションレッドの車両。なかなかコマーシャルでは一緒に登
場する「ストームトルーパー」印象的でしたね!映画見た事無い人少ない
と思うのですが、悪者的扱いを受けてる兵隊さんだね。ショッカーで言う
ところの「皆さん」的な扱いかな。(笑)
 ま、しかし見事なのは、この「皆さん」的兵隊さんを相乗効果でカッコ
良く見せてしまっている所。実際にあまり町中で走っている姿は見た事が
ないのですが、都会的な場所の方が似合いそうですね。ということは名古
屋には似合わないってことなのかも。(笑)そうか…だから見掛けないん
だな。
 あえて自分が書くまでもないのですが、ステッカーですよね。実はここ
以外に知らない方もいるのですが、このライン1色じゃないんですよ!あ
知ってた。ナイトベールパープル専用色シルバーとパッションレッド専用
色ホワイトの2種類がオプションとして発売されております。
ステッカーキットなんですがボディーサイドアッパーステッカーを含めた
3点セットの様ですね。
 お値段ですが、¥35,486となっております。この値段ってお買得か?
考え方に寄ってはステッカーだけでこれだけイメージが変えれれば安いと
言う意見もありますが、ちょっと微妙な値段ではあります。

 なんか少し攻めてますね!これくらいでも日産車やり過ぎじゃないよう
に思うのです。
 ハイブリッド分野で少しだけ出遅れてしまいました。取り返さないとね

 しかし過去にあれだけ多くのヒット車両を生み出した日産さん、最近す
こし淋しく感じたりします。もう一頑張りお願いしたい所です。

トミカとしては人気高いですよね!

こうして元ネタはなんだろう?と試行錯誤しながら色々書いてますが、
最終的に結論が出る訳では無いので。しかしそれだけの話題を与えてくれ
る。自分の中ではそれだけでも大きな価値があります。ただ最近は元ネタ
が難解すぎて時間が足らない!嬉しい悲鳴かも知れませんね。最近は移動
中スマホ等で結構色々検索してたりします。結構こまめにメモったりして
ます。そうでもしないとすぐ忘れちゃうからね!とにかく必ず何処かにあ
る元ネタ捜索面白い物です。(あくまでも自己満足の為に!!笑)

 さて本日は2台目なんですが。この車種は元ネタがどうのとかいう以前に
養さんの大好きな車両なんです。少しでも仕様が違えば間違い無く購入は
決定している車両です。
 小さな小さな自動車メーカーさん。光岡の車両紹介していこうと考えて
おります。個人的な感覚なんですが一時期にくらべると光岡さん脚光浴び
なくなってきてませんか?
 日本国内の自動車に対する見方が少し違っちゃってるのかもしれません
ね。自動車の性能にばかり目が言ってるんじゃ無いのかな?もともとパワ
ートレインは他メーカーからのものという、小さなメーカーにはこの分野
ですべて判断されるのは結構辛いですね。基本パイクカーメーカーに近い
ので脚光を浴びなくなってしまった一因そんな所にあるのかも知れません
ね。難しいですね!現在の日本人が理想とする自動車って。

 本日紹介する車両も現実には惜しまれながら、生産が終了してしまった
様です。外観的には非常に過激な車両なんですが、運転した場合そのパワ
ーを持て余してしまう程巨大でも無く、言ってみれば乗り易い車両に仕上
がっているようです。乗った事がある訳では無いが…(笑)元々日本の自
動車メーカーさんが生産したエンジンですから。乗り易さは折り紙付き!
のはずですからね。
 ということで本日は見た目は過激だが、非常に乗り易いと評判の車紹介
になります。

25-5 光岡オロチ
2007.06~
トイズドリームプロジェクト2014
あこがれの名車セレクション4
2014.06
2014070901.jpg
2014070902.jpg
(トミカ 3497)

 いかんいかん!なんか普通乗用車の紹介のようだったね。(笑)決して
値段は普通乗用車ではありませんので。もうしっかり超高級車ですから。
定価は税抜きでちょうど1000万円でしたっけ。いや~このあたりまでくる
と消費税って痛いよね。なんかむかつく。(笑)

 さて今回のオロチの元ネタなんですが、大きな特徴がある訳でも無いん
ですね。単純に黄色のオロチって感じです。では何で黄色いオロチが憧れ
の名車なんだろうか。あくまでもこれ又想像の世界ですが、オロチのイエ
ローって通常のカラーリングには無いですよね。色々調べて行くと、ファ
ーストオロチと呼ばれている3台。この中の一台がイエローだったんです。
 オーナーさん相当このイエローにこだわりがあったのだそうです。そん
な記事が出て来ました。記事になるくらいですのできっとオロチオーナー
さんの中では有名な話なんだろうと思います。ということで今回のオロチ
の元ネタなんですがファーストオロチのイエローと言う事で如何でしょう
か?
 なかなかオロチに関してネタが少ない中、ちゃんとネタとして持ってい
る。この知識は凄いですね!改めて凄いと感じる。
 調べてみなければ、只の黄色に塗られたオロチのトミカです。そんなト
ミカにもストーリーが存在する。なんか夢がありますね。

 自分以前から少しだけ疑問に思っているのは、この仕様に関してパッケ
ージで唱ってしまうのは何か問題があるのだろうか?思わぬ所で版権が発
生してしまうって事なんでしょうか?もしそうだとしたらトイズドリーム
さんもなかなか厳しいですね!物凄く特徴のある車両であればその意図は
伝わりますが、伝わらない車両なんてのも一杯出てきそうな気がする。昨
日紹介した車両なんかもそんな一台なのかもしれませんね。物づくりって
本当に難しいものですね。

 ということであこがれの名車セレクション4も2種類紹介が終了しました。
流石に時間が掛りますね!時間が掛った割にはいつもスッキリし無いんで
すよ。結論が判らないので達成感がない。(笑)までも自分なりの答えな
んとか導き出そうと必死です。下調べ時間もう少し欲しいな…。
 なんやかや言いながら明日に続くのでありました。

 さ~日本列島直接私達に影響が及びそうな台風近付いてきました。備え
は万全ですか?お菓子一杯買わないと。(なんでか台風が来るとお菓子な
んだな。遠足気分がぬけ切らないおぢさんでした。笑)

新たに発売されたこのシリーズに!!

さて本日よりこのトミカ達の紹介をして行こうと考えていおります。今
回のシリーズ名はこんな感じの様です。
「トイズドリームプロジェクト2014 あこがれの名車セレクション4」
出ましたトイズドリームさんの新作です。今回も緊急自動車じゃなくてよ
かった!(笑)トイズドリームさんが凝れば凝る程緊急自動車は興味がイ
マイチ涌かなくなり、結局購入断念って感じになってる場合が多かった。
 ここのところリリースされている乗用車中心のこだわりモデルはどうし
ても色々調べたい心が涌いて来てしまい、ついつい購入してしまうそんな
感じになっています。また、上手なんだ!見事に自分の大好きな所ツンツ
ンって感じで攻撃して来るんだ。ヤバイです。
 これはトイズドリームさんのせいじゃ無いんだがトミカ値上げが強烈で
今回のシリーズ滅茶苦茶高額に感じるんです。皆さんの最初の感想が、ト
ミカって高くなったよね~でしたから。トイズドリームさんも作りづらく
なって来ましたよね!
 ま、しかし高かった分しっかり楽しませて頂こうと考えるトミカ好きた
ちでした。今回の車両達なんですがなかなか厳しい所攻められました。
 いつものように元ネタ探しが難解でした。それが本当に正しいのかそれ
はもう殆どコレクターの自己満足の世界で、多分これだろうと色々な意見
が飛び出すのでした。
 絶対正しいと思ってません。皆さんも元ネタ探してみて下さいな!結構
面白いですよ。
 例のごとくこのブログの紹介方法としてレギュラー番号の若い順に進め
て行こうと思います。本日はこんな一台からになりました。

7-6 スバルインプレッサWRX STI 4door
2011.02~2014.05
トイズドリームプロジェクト2014
あこがれの名車セレクション4
2014.06
2014070801.jpg
2014070802.jpg
(トミカ 3496)

 やべ~一番難解な車両から紹介って事になっちゃいました。(笑)ここ
いい加減な記事にする訳に行かないんだよね! 「Nabeさん」 に聞いた
ら詳しく教えてくれそうなきがする。こんな時改めて遠い所に 「Nabeさ
ん」 住んでるな?て感じます。
 まず結論として、ルーフのカラーリングとリアウイングのカラーリング
違いでこの車両の元になるようなオリジナル仕様を見つける事が出来ませ
んでした。何が元なんだろう?何処かのモーターショーとかに登場したモ
デルなんだろうか?
 元ネタでは無いのかも知れませんが、スバルインプレッサWRX STI 4d
oorのこの基本カラーリング(赤)について色々調べてみた。すると仕様
は違うのですが、赤色実車が存在するんですね!!少し驚きました。
 自分現実の車両は全く見た事が無いのですが、(スバルのスポーツイメ
ージはあの特徴のあるブルーですもんね!赤いインプレッサ見た事がない)
 どうも調べてみると、ライトニングレッドなんじゃないかと推察できる
んです。
 一時期限定車で「スバルインプレッサ S206 NBR CHALLENGE PACK
AGE」って車両が出てるんです。それ調べて行くと確かにライトニングレ
ッドっていう仕様があるんですよ!ひょっとしてそれかな?スバルの赤い
車両なんてなかなか登場して来ない物で、なんとも調べるの必死になっち
ゃいます。いや~難しいです。しかしいつも思うがどこからこんな凄い元
ネタ探して来るんだろう?相当車好きじゃないと判らないと思う。
 トミカでは完全に再現出来ていないだろう所も一杯あるのでは無いかと
思うんですが、担当さんに相当凄いインパクトを与えたんだろうと思いま
す。う~ん気になる。ましかし自分の車知識はこの辺が限界です。
 さ、先が思いやられますが、頑張って元ネタ探しながら記事にして行き
ます。兎に角時間が無いな…。

 台風来てます。皆さん気を付けましょうね!!何故だか台風来ると川見
に行くじいちゃんになら無いように!予報が外れれば幸い。オーバーなく
らいの対策しておきましょうね!!兎に角何事も無くやり過ごせる事願っ
て止みません!!では明日です。

休憩最終日です。

あえて今回古い古いトミカのセットを紹介した訳なんですが、如何でし
たか?トミカを利用したディズニーのキャラクター戦略この辺から始って
いってるようですね。この前にも自分は全く購入していないのですが、プ
チカという種類のキャラクター商品が発売されていた様ですね。
 こちらは復刻版が発売されていました。復刻版は確かディズニーストア
ーなどでも発売されておりましたが、我が家はディズニー物にそれ程こだ
わりを持っておりませんので購入はしておりません。
 実質キャラクタートミカブリスターパック3種類が発売され、今回紹介し
た3種類と多分一緒だと思います。この辺がトミカとディズニーの関わり
の始めなんじゃ無いかそんな風に思っております。
 なにせ詳しく無いもので間違ってたらゴメンね!!キャラトミカの連番
いくつまであるのか判りませんが、確かCW01、CW02、CW03がこの商
品に割り当てられていたように記憶しております。CWの意味は自分にはよ
く判りません。なかなかトミカの歴史奥深いよね!

 T型フォード最終日ですね!100年以上前の車ですさすがにディズニーキ
ャラクターがお年寄りとは言え、まだ100歳は超えていないでしょう。し
かし車両もそれに乗っているキャラもアメリカを代表するってのは確実で
すね!
 そして以前にもこの車種を紹介させて頂いた時にも触れていると思うの
ですが、私が住んでいる東海地区の自動車博物館の代表と言えばトヨタ博
物館。こちらのT型フォードの研究は非常に力を入れておられ有名です。
 試乗会等も現在も年間何日か開催されている様です。これも絶対そうで
すと言いませんが、基本トヨタ博物館の車両達は動態保存がされていると
の事です。その証拠にオイルパンの下には必ずといっていいほどバットが
置いてあります。オイルが入ってる証拠なんですね!凄い事ですね!!今
回紹介しているT型フォード達現車も見られるかもね。

 さ、最終日はこんなキャラクターと車両の紹介になります。
F13-1 T型フォードコマーシャルバン
1977.05~1984.07
(ドナルド)
キャラトミカ
ディズニーキャラクターコレクション
1990.03
2014070704.jpg

 しかしここまでベースがあってカーズのあの一台が登場しないのがイマ
イチ理解出来無いのですが、ちゃんと出てくれると良いのだが、もうオリ
ジナルキャラで登場して無いのはあの一台だけだよね。何とか出ないもの
か、期待してまっております。

 最終日ですので外箱ですね。こんな感じでした!
2014070701.jpg
 しかしこってますね!ケースの紙の厚みがもう全然違います。お金掛け
まくりってかんじの贅沢仕様です。表紙を一枚めくると展示台になるよう
設計されています。素晴らしい!ディズニーファンも納得した事と思いま
す。トミカだけで無く標識等も装備。豪華ですね!この時代としてもなか
なか他の商品とは一味も二味も違う商品に仕上がった感じです。
2014070703.jpg
2014070702.jpg

 この時代のトミカのギフトセットと現在のギフトセットを比較するのは
少し問題があるのかも知れませんが、あえて比較してみようと思います。
 少し前にトミカの価格改定がありました、その値上げに至るまでの行程
としてタカラトミーさんの実験的なコストダウン策が展開されました。
 このコストダウン策は現在の価格改定が最終的な結論だと思っておりま
す。これから先ダウンサイジングされた新車が登場して来るのは本来なら
ありえないと思われる訳で、そう期待したですね!
 しかしコストダウンの波はレギュラートミカにだけではなく現在最も顕
著な形で現れているのがギフトセットの形態なのでは無いかと思われます。
 ぱっと見が大きく変わって来ていますね!今までは内部商品がケース外
から確認が出来た訳ですが、最近発売されているギフトセットは残念なが
らこの確認が出来なくなっております。
 果たしてこれでどれだけのコストが低減出来るかなんですが、これが結
構大きかったりします。多分ですがヌキ型代は必要無くなりますし、PP
加工代も不用になります。そして内部も商品が見えない事により大きく変
貌厚めのダン紙加工で終了。うむ~これも相当なコストダウンですね!
 これが良いのか悪いのかに関してはそれぞれの方が感じれば良い事で、
このブログでは触れません。
 
 タカラトミーさんの企業努力がなんかあまりにも表に出てしまって…。
最近なんか新製品見ると辛いですね!単に外箱をゴミと考えればエコ回収
する手助けにはなってますね!その方面からみれば進歩的なのかな?
 ま、いずれにせよ第三者には判らない色々な思惑があるんでしょう。私
達はじっと見て行くしかありませんからね。さ、どんな流れになって行く
事やら。
 さて明日からはなかなか難解なシリーズ紹介初めて行こうと思っており
ます。週の始めは仕事もきつい!今週もトミカ見ながらなんとか乗り切ろ
う!!では又明日。

さて今回何故再び購入したのか

少しだけ昨日の記事にも書いたのですが、前回購入したにはしたのです
が、当時このセット結構なお値段で取引されてたんです。自分がトミカに
興味持ち出したころって、トミカの値段高値が維持されてました。
 なんかね、兎に角外箱とか潰れてても、現実のトミカの車両に触れて楽
しみたかった。前回のは実は何となく外箱がやっと紹介できるくらいの商
品だったんです。中身はしっかりしてたんですけどね。
 それでもなかなか入手難しかった時代があったんですよね。最近はトミ
カの人気って少し落ち着いてきてる感じもします。多分潰れた箱の商品の
お値段の半額以下で今回未開封商品手に入ってますからね。
 ま、あの当時何となくですがトミカバブルみたいな価格設定になってま
した。現在の価格がある意味通常な評価なのかもしれませんね。

 少し前なら多分リサイクルショップなんかにも登場しなかったし。自分
の前に現れることなかったかもしれませんね。そして出たとして速攻で無
くなって行く商品だったと思うんです。
 今回何とこの商品トミカのところに置いてなかった。多くのディズニー
グッズと共に置いてあったんです。なんか置いてあったって表現が正しい
感じ、物凄く無造作に置いてあった感じがします。
 う~ん。このトミカのセットってそんなに人気なかったっけ?最近のリ
サイクルショップはよく判りませんね。そのお陰で増車できたわけですか
らありがたいといえばありがたい話です。
 とそんないきさつで今回増車し新たに紹介しなおす形となりました。
 どちらにしても、相当以前に紹介したセットですので今更このセット紹
介するブログなんてのも少ないと思いますので、少し昔を思い出しながら
のんびりとした時間過ごして行きましょう!!

 本日ですが2台目こんな車両の紹介になります。

F12-1 T型フォードツーリング
1977.04~1980.08
(ミッキー)
キャラトミカ
ディズニーキャラクターコレクション 
1990.03
2014070601.jpg

 今回のセットなんですが実は全ての車両がT型フォードベースになってい
るんです。自分結構古い自動車好きなんですが、ここまで古い車両になる
ともう全然判りません。ちなみに1908年に発売され、以後1927年まで基本
的モデルチェンジのないまま発売が続いた車種です。
 19年間モデルチェンジのないままって事ですかね。しかし自動車創世記
の車両です。この当時モデルチェンジを簡単に出来るような時代じゃなか
ったのは言うまでもありません。
 なにより106年前の車両です。その車両に対しカテゴリー分けがされてい
るってことが驚きですよね!!
 クーペー、ツーリング、コマーシャルバン。もうすっかり現代車両のカ
テゴリー分けの基礎ですよね。やっぱりアメリカは凄いです。こんな言い
方が正しいのかどうか判りませんが、そんな国と戦争しちゃったんですね
大半の方が思うように結果は見えていたんでしょうけど。
 ま、物騒な話はこのいい加減ブログに似つかわしくないので。(笑)

 昨日のクーペに引き続き本日はツーリング。この頃のトミカって本当に
多種多様な種類のミニカー製作してたんですね!人気があるとかないとか
そんなこと全然問題ない感じだったんですね!兎に角車種を増やす!そん
な時代だったのかもしれません。
 そんな外国車シリーズも発売が始まった11年後にはシリーズの終了とな
っていってしまうのでした。
 トミカの人気の波のようなもの感じますね!現在は少しボトム気味かな
逆に販売台数少し抑えて余剰を減らしたらいいのにって思うのですが、そ
んなわけにも行かないのかな…。
 多くのトミカファンが存在しますから。何とか上手く現在の厳しい時代
乗り切ってくれるといいですね!

 さ日曜日終わっちゃいました。お休みが終わるの早いですね!仕事の一
日って物凄く長いのに。また来週のお休みに向けてがんばっれって事なん
でしょうね。
 皆さんゆっくりお休みできましたか?又明日から頑張ろうね!!明日は
このセットの最終日のんびりトミカ紹介も終わりですね。3日なんてあっと
いう間です。この間に資料まとめようと考えていたのですが、全然ダメで
した(笑)又何とかするしかなさそうですね。(笑)結局いい加減なブロ
グです。では又明日です。

ずっと以前。出だしなんじゃないかと。

どんなシリーズにも始めって言うものがあるんだよね。現在トミカの中
でも最も稼ぎ頭なんじゃないのかと思う。
 本日紹介しようと思うのはディズニートミカなんです。ディズニー本家
のリゾート内で販売されているトミカ。今ではとても有名なシリーズです
よね。そして最近では異常なほどのペースで発売が続いております。
 う~ん。自分は最初から購入していませんので、現在もそれほど焦って
おりませんが、コレクターの皆さんはもう大変な事になっているようです。
 しかし需要があるから供給もあると言う事なんですね!一夜限りの夢の
国、いつもいけないにしても、たまに訪れたときに販売しているものが以
前と同じであったら、そんな所でも夢の国じゃなくなっちゃう。そんな所
が大量の新製品発売や、バリエーションの発売につながっているのではな
いかそんな風に感じております。
 って書くと物凄くディズニーに詳しいように感じるのですが、実は全く
興味がなかったりするのです。そして何より仕事で行ったことがあるのだ
がプライベートでは一度も行ったことがないという兵です。(笑)
 驚くことに似たもの同士というか養さんはプライベートで一度も行った
事がないという…。自分と全く同じだ。
 驚くことにそんなディズニーに全く興味がない自分が、ディズニー好き
の皆さんなら必ず知っている施設のある部分のあることに関った過去があ
ったりして…。世の中そんなものですって。不思議不思議です。

 さてそんな前置きはこのあたりで。本題に移っていきましょう。本日紹
介するディズニートミカなんですが、ちょっと驚くほど安値で販売されて
おりました。少し古いので皆興味がなかったんだろうか?少し調べたとこ
ろでは、ディズニートミカとしては最初に登場したシリーズなんじゃない
かとおもう。以前にもこのブログ内でも紹介しておりますので、トミカの
連番はなしですが、改めて紹介させて頂きます。
 初日ですがこんな一台の登場になります。

F11-1 T型フォードクーペ
1977.02~1979.03
(ミニー)
キャラトミカ
ディズニーキャラクターコレクション 
2014070501.jpg
1990.03

 もう24年も前に発売されたギフトセットですね。キャラトミカとして発
売された一連のいシリーズの中の一台になります。
 前回紹介したと書きましたが、実は前回入手したセットは外箱が相当な
ダメージを受けており、今回のトミカのようにしっかりとしたものではあ
りませんでした。そんな我が家に今こんな美品がやってきました。
 この当時のキャラトミカってのは今で言うところのドリームトミカって
所ですかね。コンセプトは同じですかね。当時単品はブリスターパックだ
ったと思います。値段も今ほど高くなかったしね!

 そして大きな特徴として丸々キャラクターが乗ってるというストレート
な仕様だったんですね。キャラクターをトミカに乗せる時どんな車両がい
いか考えたとき最良だったのが、時代背景にもあったアメリカの古きよき
時代の車両たちだったのではないかと思うんです。
 でも現在のカラーリング、デザイン勝負のトミカに比べたら残念ながら
雲泥の差。カラーリングやキャラクターに頼り切ってる気もする。
 しかしそこがまた時代にあってて良い感じなのかもしれません。

 今回紹介しているシリーズなんですが、車両構成が外国車シリーズで構
成されております。セット3台全てが外国車シリーズです。いつものように
レギュラー番号の若い順に紹介して行きます。
 その番号の若い順に紹介すると、メインキャラクターは最初ではなくな
ってしまいます。申し訳ない。こんな一台からになってしまいました。

 なんかこうして昔のトミカに戻っていくのって楽しいですよね。1990年
何してたのかな?とか考えたりしてね。自分の中では現在トミカが全ての
基準になっているような気がします。
 何となくこうして休憩のように三日間過ごしていこうと思います。明日
明後日、紹介の休憩って感じです。のんびりとした時間を過ごして行こう
と思ってます。
 さ、少し休憩。本日こんな所で。

田舎に住んでいるとなかなか行けない。

毎年恒例のイベントが今年も東京で開催された様です。なかなか東京に
行く事もありませんからね!毎年結構他人事のように過ぎ去って行くので
した。
 しかし唯一関連があるのは、そのイベントに対してタカラトミーさんが
オリジナルのトミカを製作発売すると言う事。なんかオリジナルのトミカ
って欲しいじゃ無いですか。でもイベントに参加出来なければ購入は難し
い訳で。と言う事で以前は諦めておりました。
 しかし最近は物凄く有難い事に、トミカショップでそのオリジナルトミ
カの販売があるのです。本当にトミカショップの存在は田舎名古屋では大
きいです。
 しかし今年イベント前の発表ではトミカに付いて触れられていなかった
このイベント東京おもちゃショーというのですが、今年に限ってはオリジ
ナルが発売されないと思っておりました。「な~んだないんだ。」とその
件はすっかり忘れ去っておりました所、たまたまミニカー仲間の「トミカ
ダスの管理人JMPさん
」よりトミカショップで売ってるよ~との情報あり。
 あら!やっぱり出たんだということで昨年の銀色のちょっとスペシャル
な仕様を想像しながらトミカショップにお邪魔しました。う~ん!今年は
普通なんだね。ちょっと拍子抜け。
 そして店頭に並んでる量のあまりの多さに愕然とする。(笑)こりゃ全
部捌くの相当大変だよね。めげる事無く頑張って売ってね!!(笑)

 その際7月の1日に発売になるトミカショップオリジナルの予約をしまし
た。うむ~オリジナルトミカの予約ですか。これって初めてだよね。相当
売れる予定なんだろうね!!頑張れ~我が家もちゃんと2台予約しておきま
した。
 店員のお姉さんに、「予約しないとヤバイ??」って聞いてみた。帰っ
て来た返事はなんかイマイチはっきりしなかったな~。ま、いいか。とり
あえず確実に確保出来ますからね!と言う事で、何となく隙間なくオリジ
ナルが発売続いていくのでした。
 本日は東京おもちゃショーの開催記念トミカ紹介させて頂きます。こん
な1台になります。

ドリームトミカ
マリオカート8 ルイージ
東京おもちゃショー2014開催記念
2014.06
2014070401.jpg
2014070402.jpg
(トミカ 3495)
 
 ドリームトミカのこのシリーズにはまだルイージは出て無かったね!昨
年のように金色とか銀色だと差別化出来てよかったのにね!ま、現在の所
類似商品は無いので良しとしましょう。因にルイージはマリオに類似して
るからこの名前になったらしい。(あまりにも知られ過ぎた情報申し訳な
い!!)年に一度のイベントオリジナル宣伝しなかったメーカーさん。
 やはりそんな所にも代表取締役の交代が大きく影響しているのかも知れ
ませんね。改革が当たると良いのですが。私達は今後どうなるのか、しっ
かり見させて頂こうと思います。

 自分が参加したイベントなんですが、
Gulf名古屋ノスタルジックカー2&4フェスティバル2014
6月21日・22日開催されました。
2014070409.jpg
 このイベントの招待券「店長ひろみさん」に頂きました。少し天気がイ
マイチの中拝見しにいきました。多くのお客さんの目当てはスーパーカー
たちだと思うんです。しかし自分だけ違ってるような…。物凄く久し振り
にショップの方とお話しました。あえて何処か書きませんがこんな展示し
ていた所です。
2014070403.jpg
2014070404.jpg
2014070405.jpg
2014070406.jpg
2014070407.jpg
2014070408.jpg
ヤ・ヤバイ…。売り物じゃ無いんだけどめっちゃ魅力的!バイクもだが、
スタイフのサイドカーが激ヤバです。69S。R27。R25。めっちゃいい!
自分より年上のバイク魅力ありますね!
 でも帰る時には見なかった事にしてきました。(笑)単車は魔物ですね
やっぱツインは色々な意味で魅力です。ボクサーもベベルも大好きです。
 最近このブログでイベント紹介して無かったので、少しだけですがこん
な所に行って来ました報告でした。きっといるぞ!このバイク好きな周囲
の方。いや~目の保養になりました。「店長」ありがとうございました!
感謝感謝です。
 ということで、気持良く本日も終了です。さ、週末だもう少しだけ頑張
ろう!!

今回も見事に売り切れ!

ま、例のごとく名古屋市内2店舗では見事に売り切れと言う事になって
おりました。多くの方に入手して頂いての売り切れである事願って止みま
せん。つまんないですよやっぱり商売ベースでオリジナルトミカ売り切れ
ってのは。
 クドクド批判してても名古屋2店舗では販売方法を変えない事が判明しま
したので、これからはこの件に関して触れません。
 折しもトイザらス名古屋市内店がもう一店舗OPENとの情報が入ってきま
した。しかし…またも港区。それももう殆ど名古屋市ギリギリの場所。こ
の港、中川地域に店舗作っても残念ながらトミカに関しては緩和にならな
い可能性の方が高そうですね。買い占めアホオヤジを喜ばせるだけだろう
な。なんか最悪…。何せ販売当日午前中に売り切れになるのって全国的に
見ても名古屋だけです。恥ずかしい話ですね。最悪購入が難しくても、買
い占めアホオヤジを喜ばせるようなオークションでの購入は絶対しない!!
素直に諦めます。
 ま、いいか兎に角関係ないや。勝手に買い占めやってくれ。

 全然トミカに罪は無いので。トミカ紹介はしっかりして行かないとね!
本当に有難い事に、自分は多くのミニカー仲間がおりますので、名古屋市
内以外で購入も可能と言う事になりましたので、商品の方は無事入手出来
ます。ちゃんと紹介出来るのは有難いです。
 トミカとしては非常に面白い商品企画がなされており、みんな興味があ
りますからね!みんな何事も無く入手出来る時が来ると良いですね!

 さて今回のオリジナルトミカなんですが、トイザらスさんがずっとこだ
わり続けているシリーズなんです。個人的にはこのシリーズだけで良いん
じないかな?結構続いてるし。トミカファンもこのトミカ登場楽しみにし
てる気がします。
 本日はこんなトミカ登場して来ます。

131-1 三菱ふそうスーパーグレート キャリアカー
2009.05~
三菱キャリーアート
トイザらスオリジナル
2014.06
2014070301.jpg
2014070302.jpg
(トミカ 3494)
 
 見事だな!ロングトミかの特徴を上手く利用したオリジナル製作だと感
じます。今回分類を131-1三菱ふそうスーパーグレート キャリアカーに
したのですが、実際には129-1レーシングトランスポーター 2008.12~
との合わせ技ですね!
 トレーラーヘッドの部分に関してはレーシングチームが三菱と言う事も
あり、131-1三菱ふそうスーパーグレートのヘッドを利用、ボディー部分
は129-1レーシングトランスポーターですね。こう行った場合どんな分類
方法が正しいんでしょうね!やっぱ私のような中途半端には分類難しいで
す。
 いずれにせよ、ちゃんとトミカ知ってる方の企画ですよ!販売店がこん
な微妙な企画できないと思います。お見事です!!
 こういった細かなこだわりってのがまた魅力の一つなんです!トミカフ
ァン以外、そんな細かなところに気付いていないと思いますが…。(笑)

 良いんじゃ無いですかね!このロングトミカを使ったオリジナルシリー
ズ好きだな!トイザらスさんもこの車両使って色々やって来てるものね!
 タンクローリーシリーズやコンテナシリーズ。面白いです。コスト面で
どうしても高く付くので、大スーパー2点では簡単に扱えないと思います。
 他店が真似出来ないシリーズがあるんだから、これに集中してくれたら
いいのにね!現在はどうしてもレーシングチームとの兼ね合いもあります
から仕方ないのかな。レーシングチームとしてのセット企画。果してまだ
ネタはあるのだろうか?ひょっとして最近発売された不思議系ロングトミ
カトの組み合わせなんてのもあるのかな?若しくは発売が噂されている、
海外フォーミュラ車両との組合わせなんてのも考えられますね。
 あいや~結構ネタは尽きないか。まだまだ続くのかな。(笑)ま、今後
の展開楽しみにしてます。
 
 凄く久し振りにロングトミカ紹介した気がします。たまには良いですね!
今回購入「店長ひろみさん」にお願いいたしました。本当に有難うござい
ました。皆さんのお陰で今回も無事入手する事が出来ました。本当に有難
うございました。さ、明日ですが何行こうかな。楽しみ楽しみ。

ある所にはあるんだな…。

このブログって全くランキングに関係する物に参加していないのです。
なのでミニカーメインでブログを見ておられる方のなかで、結構このブロ
グの存在を知らない方多いんです。ミニカーと関係ないところから見に来
て頂けてる場合が多いんです。
 トミカとかミニチュアカーとか普段はそれ程自分の周囲にない方も沢山
お見えになると思うんです。
 なので、結構基礎的なところなんかも紹介していこうと思います。

 トミカはどんどん世代交代してるんだね!1番から120番までの番号内で
定期的に車種が変更になってます。以前あった物も数年後にお店に行って
みると無かったりするのは、それが理由です。(ま、当たり前のようにみ
なさん知られている事です。)
 そして新たな車種に変わったトミカ達廃盤となって行く訳ですが、これ
がねいがいなことに探すと無いんですよ!つい最近無くなった車両なのに
その辺が特に無いんですよ。これはあくまでも安く購入しようとした時の
話ですよ。なんにでも例外はありそれなりの値段を出せば購入できないも
のは当然少なくなってきます。
 でも我が家は好きな車種を何台も購入してしまうという変な癖が。(笑)
 そんな変な一家は売ってるうちにどんどん購入しちゃうんです。(笑)
しかし容赦なくそんな大好きな車種も廃番になるんです。でも欲しいじゃ
ないですか。そんな悪条件の中今でも探してるんですよ!!

 我が家の好きなトミカは2008年9月に廃盤となってしまいました。だから
箱付き美品はなかなか現在入手難しいです。そんな大好きなトミカ頂きま
した。
 本日はトミカ攻めです!!(笑)そして、その車両をベースにしたパイ
クカーまで!!超嬉しいです!!こんな車両達の紹介になります。

35-4 日産マーチ
2002.07~2008.09
2014070201.jpg
2014070202.jpg

40-6 光岡ビュート
2005.11~2010.04
2014070203.jpg
2014070204.jpg

83-5 Hondaインサイトパトロールカー
2011.03~
2014070205.jpg
2014070206.jpg

40-6 光岡ビュート
2005.11~2010.04
第39回2005東京モーターショー開催記念トミカ
No.6 光岡ビュート
2005.10
2014070207.jpg
2014070208.jpg
(トミカ 3492)

 しかしよくありましたね!流石「ken-6さん」だ。マーチなんて当時発売
されたときに付けられた新車マークが!!発売当初の物ってのがわかり
ますね。ビュートも4年も前に廃盤に…。時代の流れ感じます。
 インサイトパトロールカーも愛知県警の駐車違反取締りで活躍中ですが
現行車は生産終了が決定。うむ~これも時代か!
 よく見ると全ての車両に新車マーク付です!うわ。みんな発売当初の
物だ!!すげ~。

 そして調べててびっくりしたんですが、このビュートのもう一つの仕様
我が家のブログで紹介されていない車種です!!うぉおお~!凄い。
 って言うかこのブログ穴だらけなんですけどね。(笑)紹介して無いト
ミカの方が多いんじゃ無いか?そんな意見もあります。いや~嬉しいトミ
カ達です。
 この第39回2005東京モーターショー開催記念トミカNo.6 光岡ビュート
が発売された頃、まだまだ今のようなネットワークは出来上がっていなか
った。欲しくてもなかなか入手が困難だったんです。泣く泣く諦めた感じ
なのかもしれないね!そんな貴重なパイクカーが9年経過した現在我が家
にやってきてくれました。嬉しいですね!!又素晴らしい新しい仲間がや
って来てくれました。

 そしてこれだけでは済まないのが「ken-6さん」の凄い所です。これ又
我が家の事情を知り尽くした、攻撃です!(笑)見事ピンポイント。
 我が家のアコード好き見越しての一台です!!なんと言う事でしょう。
こんな一台の紹介になります。「ken-6さん」ありがとうね~~!!

78-2 ホンダアコードCVCC-EX
1977.07~1980.02
ホンダダイレクトマーケティング特注
2014070209.jpg
(トミカ 3493)

 すげ~~~!!もう最高にかっこいい。古いトミカってやっぱり魅力あ
りますよね!自分のブログではめったに登場しないその昔のトミカです!
 今回諸事情で一日会社を休んでしまいました。そのあおりで時間がなく
なり詳細な情報を調べることが出来ませんでした。又後日しっかりしらべ
ていきますね!
 ホンダダイレクトマーケティング特注ってなかなか調べるの難しいです
ね。簡単には出てきませんでした。日本製ですのでそれなりの年月経過し
ていると思われます。う~真剣に調べないと!!
 この車両も、もう知らない方も一杯おられるのでは?アコードって今で
こそクラウンより大きなボディーになってしまいましたが、登場した当初
は小さな小さなシビックの上級バージョンって感じの車両だったんです。
 最終的にはシビックは3ナンバーになってしまいました。そして現在名前
も無くなってしまいましたからね。時の流れと言うのは恐ろしい物です。
 やっぱ古いトミカ魅力あります!凄い一台本当にありがとうございまし
た。感謝感謝でございます!!

 さ、今回の頂き物ですべて終了となりました!!皆さん本当に有り難う
ございました。頂いたものは大切にしますからね!!コレクションって決
して一人では成り立たない様に思います。多くの仲間とこれかも楽しく過
ごして行こうと思います。皆さんには感謝感謝です。いや~毎年この時期
ワクワクで寝不足になります。(笑)では、このあたりで紹介終了します。
これからは来年まで一生懸命お返し考えながら楽しんで行きます。
 楽しい一年は始まったばかりです。皆さんに感謝です!!
 ブログは続いて行きます。又明日もね!!(笑)。又よろしくね!!

FC2Ad