養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

いいぞ~!消え物スペシャル!!

これ本来は自分の中でのメイン趣味なんじゃないかと思うんです。ミニ
チュアカー大好きなんだけどね、でもキャリア自体は物凄く浅いから。全
然かけ出しなんです。しかし、レースに関する消え物や、関係者資料、単
純印刷物(コピーとかですね。)こんなのに興味持ち出したのは高校卒業
した頃からですので、結構キャリアが長い訳だ。
 物凄い勢いで溜ってたんだけど、我が家途中で2度程建て替えしてるんで
その時一気に無くなっちゃってる。実に悔しいですね。あの頃の印刷物と
か今読みかえしてみたいな~とか思います。

 当時はまだレース関係の方に知り合いがいませんでしたので、今程貴重
な資料は入手出来ていませんが、不思議と願えば叶う物で、自分がサーキ
ットでお仕事を手伝う会社に就職する事となりました。

 そうなるとまた一気に重要な印刷物とか入手出来るんです。これが重要
かどうかは個別の感覚ですので(笑)レースリザルトとかは自分の中でも
っとも重要な資料なんです。
 
 昨日紹介させて頂いた、レースパンフレットなどと合わせて読んだりす
る訳ですよ。こうすると自分の中ではレース観戦してるのと同じ時間が過
ごせるわけです。文字上のレースが開催されるんです。珍しいでしょ!笑

 基本的にはマシンのパーツや車両に関する物なんかも欲しいんですが、
これは場所を必要とする。マンション住いでは収集不可能です。実際の所
購入するにも結構な金額ですしね。ちょっと現実的じゃないんだ。自分的
にもっとも合ってるのはこうした関係者資料なんか見るのが楽しいです。

 最近は自分の周囲にレースに深く関わっておられる方がおられるので、
絶対的に珍しい物が入手出来るようになりました。「こんなの貰ってどう
するの?」って言われるんだが、本人極めて楽しい。(笑)

 と言う事で今回の一枚も個人的には物凄くワクワクした1枚だ!!こんな
の登場。

STERTING GRID PROVISIONAL
13/09/2015-15h25
AD-0086.jpg

何でそんなに喜んでいるのかと言うと、超マニアックな所に非常に喜んで
いるのです。ただのコピーっぽいでしょ?自分の中では違うんだよ。

この消え物の凄い所は、FIAのRace Directerorの Mirek Bartos氏のサ
インと Chief timekeeperのSebastien Mascret氏のサインが入った公
式文書である事。
 でね、もう一つ自分がもっとも注目したのが、この書類がFAXで送られそ
の受取り先なんです!!
2015 09/13 SUN 12:58 ツインリンクもてぎコントロール3F レース中継
室であること!!
このね~なんともマニアックなサインと、そして送られた先が変態モータ
ースポーツマニアには溜らない訳です。(笑)
 我が家の もてぎ 担当と言えば、そうです「こんすけさん」なんです
いや~このマニアック資料最高でした!!たまらんですね!!額に入れて
飾っておきたいくらいです。ここまで消え物にこだわるのも自分くらいだ
と思うのですが、色々なファンがいるんですよね。ファックス頂いて超ハ
ッピーなおぢさん。(笑)幸せですよね。分って頂こうとは思いませんが
めっちゃ幸せなんですよ。(笑)

 そしてもう1品。これはなかなか入手難しいぞ!!
2015103101.jpg

昨日も紹介したのですがMoto GPで関係者がつけてたビブスだ!!我が家
結構ビブス持ってるんですがMoto GPは初入手かな!これはスペシャルだ。
 しかしこうして自分の大好きな物紹介してると如何にマニアックか判り
ますね!!(笑)興味のない方には、全く必要の無い物なんだけどね。し
かしこう行った物に興味持つ物もいるって事ですよ。不思議でしょ!マニ
アって。なかなか数少ない消えものマニアですから。しつこく存在してい
こうと思ってます。(笑)またニヤニヤできる品が増えました。「こんす
けさん」超ありがとうございました!!今年はレースいけなかったけど、
でもしっかり楽しめてる気がします!!趣味の分野では充実した1年です。

 なんかこのマニアックな世界からいきなりトミカに戻れないな…。明日
は出来るだけ近い寄り道でリハビリを図ろう!!では又明日です。
スポンサーサイト

昨日はマニアックでしたね!

本日はもっとマニアックだぞ!!(笑)っていっても、最初に紹介する
のはちゃんとしたレースグッズです。

 しかしね~実際問題として名古屋に住んでいて、茂木にお邪魔するのっ
てなかなか難しい物があるんです。やはり余裕を持って行こうとすると宿
泊を考えて行きたい所です。なので現状休みが取れない自分には足が遠の
いてしまうのでした。HONDAコレクションもあるし、なんとか養さんを連
れていってあげたいのだが、まだ現実に至っておりません。ま、しかし確
実に現実としたいと虎視眈々と狙っておりますので。それも楽しみです。

 にも拘らず、何故我が家に 茂木で開催されるレースのパンフがあるか
ということですよ。これなんですが実はいつもお世話になってるレース関
係者「こんすけさん」からの差し入れでございます。あ~~有難い有難い。

 こんなに遠くにいながら、パンフとか茂木の風を届けてくれるのです。
超がつくくらい嬉しいです。いつも本当に有難うございます。感謝してま
す!

 そして今回は 五郎丸選手よろしくあの独特のポーズで手ぐすね引いて
待っておりましたら2つのレースのパンフ頂けました!!うぉ~これは嬉
しい。そしてマニアぶりを知っておられる「こんすけさん」は又超一流の
マニアックグッズも頂けたのでした!!本日はこんな素敵な物の紹介です。

2015 FIA World Touring Car
Championship RACE of JAPAN
TWIN RING MOTEGI
11-13 SEPTEMBER
AD-0085.jpg

2015 MOTOGP
MOTUL GRAND PRIX of JAPAN
TWIN RING MOTEGI
9-11 OCTOBER
AD-0087.jpg

 いきなり本日のパンフレット頂いたとき、「禿げ率高!!」っていって
笑ってました。剃ってるんだから!でも剃ってる原因は…触れちゃいけな
い!!(笑)しかしなかなか個性の強いパンフレットの表紙写真です。

 こうして見ると茂木ってのは結構マニアックなレースが集まって来まし
たね。個人的に大好きなレースが開催されている。WTCCなんかは紆余曲折
日本GPもやっと終の棲家を見つけた感じです。個人的な感覚ですが、茂木
物凄くWTCCに会ってる気がする。これからもずっと開催してくれるといい
な!

「こんすけさん」は深く茂木のレースに関係してるので、なかなかマニア
ックな情報なんかも提供してくれます。
 本日のレースパンフレットは明日のマニアックバージョンへの布石だと
思ってください。明日はなかなかマニアックなものが登場してきますよ!
自分の大好きな消えものもありますから!!

 しかし、Moto GPのパンフはかっこいいですね!バイクレースのパンフ
っていつも思うんですが、なんともカッコイイ。なんか、こうグングン自
分の方に迫ってくるような迫力を感じるんです。いいな~Moto GPもどれだ
け見てないんだろう?鈴鹿で開催されてたときに見たくらいだな。あの迫
力凄いんだよ。自分が見てた頃はまだ2サイクルエンジンだったあの強烈な
高音も懐かしい。現在はエンジン音も変わり違った迫力を感じるんだろう
な。このレースも一度見てみたいものです!!ワクワクとゾクゾク両方あ
じわいたいものです!!

 本日も色々と夢みながら、楽しい時間過ごす事が出来ました。これもひ
とえに「こんすけさん」のお陰です。本当に感謝です。楽しい時間過ごせ
ました!又宜しくお願いしますね!!では本日はこんな所で終了です。
 しかし明日は結構マニアックです!又楽しく過ごしましょうね!!

なんか今年はダメだったな…。

モータースポーツ好きとかのたまっておきながら、今年はついに一度もサ
ーキットに行く事がありませんでした。なんか物凄く淋しいです。年齢と
共になんですが、サーキットから足が遠のいている気がします。…。
 来年はせめて1レースでもサーキットに行ってレースの雰囲気を味わいた
い、そう願っております。養さんも決してレースが嫌いな訳じゃないんだ。
今年は色々な理由が重なって、サーキットから遠のいてしまいました。反
省です。爆音を聞きながらウツラウツラするのが結構好きだったりして。
 気持良いんだこれが。来年こそは頑張ろう。

 そんなレースに縁の無かった我が家なんですが、ちゃんとサーキットの
風を運んで来てくれる友人がいるんですよ。有難いですね!それも一般客
として観戦に行ってる方じゃないんだ。レース関係者の方が助けてくれて
る。強烈でしょ!

 本日はまず鈴鹿サーキット関係の方から紹介して行こうと思っておりま
す。自分のような只のレース好きはどうしても観戦出来るサーキットが限
られて来る。そんな中でも最も近く、多くのレースが開催されるのが鈴鹿
サーキットなんです。

 その多くのレースの中でも最も有名なのがF1GPですね。いつも定例会で
仲良くさせて頂いてる「はらさん」は熱烈なF1ファンです。
 自分も元は物凄く一生懸命見ていたのですが、ここ数年のF1GPはイマイ
チ盛り上がらないんだ。何が原因なんだろうね。色々な要因がからみ合っ
てるので一概にこれが悪いからってはっきり言えないんだが…。
 全体的に迫力に欠けるカテゴリーになって来ている気もします。少しづ
つ変化はしていると思いますが、あまりにも違う方向に行き過ぎたF1。な
かなか修正難しいようですね。

 最近はとりあえずTV観戦がもっぱらになっております。又何かの要因で
火が着くかも知れないですから。じっくり構えてまってます。もう見ない
とかそんなツマラナイ決め事は作りません。面白そうな時は見れば良いの
さ!レースってそう言う物ですよ。

 さて本日なんですが、そのF1に関わる消え物入手しましたので紹介して
いきます。こんなの如何??

・Force India Mercedes
Numbers 27 and 11
AD-0089.jpg
・Sauber Ferrari
Numbers 9 and 12
・Marussia Ferrari
Numbers 28 and 98
AD-0088.jpg

 うむ~!!これ絶対関係者にしか配布されない物だとおもう。
これ何かっていうと、レースに際してオフィシャルの方に配布される車両
資料なんです。もし事故が発生した場合、どこにベルト掛けたらいいかと
か、IGNITIONはどこにあるかとか。細かな指示がしてあるんです。
 これ貴重ですよね!!なかなか私たち一般人には入手が難しい消え物だ
と思うんだ。特にF1となると余計ですよね!!

 今回頂いたのは「クッキーさん」いつも有難うございます。そして色々
なお話聞けました。IGNITIONとかは誰でも判るじゃないですか。それ以外
にもオフィシャルの方が知っておかなければならない知識が一杯あるんで
すね。例えばMEDICAL WARNING LIGHT。これは大きな事故の場合非常
に大きな衝撃がドライバーにかかっている可能性がある時、点灯するのだ
そうです。この場合はドライバーに勝手に触れる事が出来ないようです。

 それと、当たり前なのに知らなかったスイッチ。それがNスイッチ。
NEUTRALなんですね。このスイッチを押さないと車にギアが入ったままで
移動出来ない。うむ~こんなスイッチがあるんだ!

 そして他にもERS REPEATER LIGHT これって回生系の遮断なんだろ
うか。最近のF1は超ハイテクなので色々なキルスイッチが必要なんだろう
ね!どこにそれがあるのかという説明所です。

 いつも色々頂いているのですが、その都度驚きの資料がやってまいりま
す。兎に角こういった消え物非常に貴重だと思います。本当に有難うござ
いました!!メッチャ嬉しい消え物でした。
「クッキーさん」貴重な消え物有り難うございました!!又下さいね。(笑)

 果たしてこの消え物見て楽しんでくれるのは何人いるんだろう。(笑)
でも確実に言えるのは、自分の周囲には楽しんでくれる人結構いるんだよ。
なんとも変態チックな仲間が多いんだね。(笑)いや~しかしこれは素敵
な逸品でした!!

さて、明日なんですがまた違う方から頂いたこれ又楽しい物を紹介してい
きます。消え物もあるよ~(笑)では又明日です。

2つのアメリカンマッソー!!

ジャンルは違うと思うんです。しかしこうして比べるものが二つあるとア
メリカの強大さが何となく伝わってくるそんなミニカーを本日は紹介して
行こうと思います。
 アメリカって国はやっぱり大きいんです。自分ねアメリカって行った事
がないんですよ。なんか憧れますよね!大都会のアメリカってのも憧れる
んですが、どちらかというといわゆる田舎って所に憧れるんです。今はも
うアメリカにもそんなに田舎ってないのかな。映画に出てくるような田舎
に憧れたりします。
 そんな場所をアメリカンマッソーなマシンに乗って、駆け抜ける。そし
て道路に植物がコロコロと。(笑)出来ることなら砂埃が舞い上がるよう
な道路がいいな!!アメ車に似合う風景って絶対高速道路じゃないと思う
街中に不釣合いなほど大きな車両ってのが絵になるような気がするな。
 完全に個人の思い込みなんだけどね。(笑)

 何でこんなことかいてるかというと、恒例になっちゃいましたね!定例
会というと頂き物。(笑)なんか自分必ず何か頂いているんですよね!!
今回も毎度お世話になってる「ken-6さん」から頂いたミニチュアカー紹
介して行こうと思ってます。今回「ken-6さん」から頂いたのがアメリカ
ンなマシン2台なんです。こんなの見てると行ったこともないアメリカに
心が飛んでいってしまうのでした。所詮、映画で見たアメリカしかないん
ですけどね。
考えてみたらミニカーでアメリカまで飛んでいくことの出来る自分!!も
の凄く単純ですね!!(笑)

 昔の人間はこうして想像の世界で生きていたんだよ。海外なんてそうそ
う行けるもんじゃなかったからね!なので色んなものに憧れ、夢の中で生
きていたのかもしれません。おぢさんたちが色々なものに興味を持って楽
しくやっていけるのはそんな過去があるからなのかも知れないですね。
 その中でも最も皆が憧れたであろうアメリカ車紹介していこうと思いま
す。本日はこんな2台が登場してまいります。

Hot Wheels
HW OFF-ROAD
HUMVEE
2015102802.jpg

マジョレット
FORD MUSTANG BOSS
2015102801.jpg

この2台メーカーも車両カテゴリーも違いますが、なんか自分の中では物凄
く共通店の多いマシンなんです。
 単純なおぢさんには、只々排気量が大きいだけでもうパニックで、この
排気量の大きさはもう車両カテゴリーなど越えてしまうのです。
HUMVEEの簡単なスペックですが 6.2L V8水冷ディーゼルエンジン。この巨
大な排気量はもう自分には想像できない大きさです。何せ自分の愛車はな
んとも小さい1500ccですからね。何倍だよ!!そしてFORD MUSTANG BOSS
もとんでもない!!5L V型8気筒DOHCだ!あいたた…!!2台で11,200cc
だぜ!!凄いなもう。

 アメ車のスケールのでかさが判りますね。日本の自動車は軒並み2000cc
以下の排気量になってきています。国土考えたら実はそれで十分なんだけ
どね。税金考えてもアメ車の馬鹿でかい排気量は一般サラリーマンには向
いていないかもしれない。いや、全然無理です。

 絶対無理なものだからこそ憧れる。現代的な考えでは絶対無理なものは
諦める。次世代を担う若者と、もうすぐリタイアのおぢさんの違いがここ
にはっきり現れる訳だ。基本の考え方の違いが自動車に対する考え方も変
えてしまっているのかも知れないですね。

 この夢も希望もない世の中を作ってしまったのも、もうすぐリタイヤす
る者達なんだね。若者が自動車に興味を持たないのではなく、もてなくし
てしまったんじゃないのかな。
 しかし一度こういった流れになってしまった以上、簡単には変わらない
。又次の世代の若者の感覚が変わってくれればいいのだが…しかし車メー
カーはどうにも興味を持ちそうな世界からかけ離れて言ってる気がするな。

 アメリカの自動車メーカーはそんな日本車と全く反対の流れを行きそう
だ。日本車よりアメリカ車に頑張って頂くしかないかな。なんかアメ車頑
張って欲しいな!!

 こんなこと書いてる自分。単純でいいよね!そうか!結論として私達の
世代は単純なのかもしれないですね。ま、しかしお陰で楽しんでるけどね。

本日もミニカーで色々楽しめました。「ken-6さん」ありがとうございまし
た。いつもいつも無言で話題振っていただいてる気がする。(笑)
 さ、明日はMS関係で行きます。又いいもの頂いたんだ!!明日もよろし
くです。

なかなか元には戻れない!(笑)

先週の土曜日に「店長のひとりごと」にてW.M.C.Cの定例会が開催され
ました。当初人数が少ない雰囲気だったのですが、ふたを開けてみれば、
ド~~ン!ってかんじで。(笑)毎度の盛況でございました。
 
 しかしなんであの集まりはあんなに面白いんだろう?本当に不思議です
。別にミニカーの話題に絞られた訳でなく、あ~でもない、こ~でもない
とダラダラと時間を過ごせる。これって至福の一時ですよね!って、そん
な風に感じるのは自分だけだろうか?
 あれだけ多くの方が集まって来るのだから、やっぱみんな楽しいんだと
思う。自分は酒は飲めないけど、飲みもの一杯飲んで楽しんでます。

 今回も色々なトミカをこの集まりで入手出来たんですが、兎に角オリジ
ナルトミカの発売が多過ぎです!!自分がお願いしておいたのは、セブン
イレブンさんが発売したオリジナルトミカだったんですが、その数なんと
一挙5台!!過去こんな発売ってあったっけ?もう驚きです。

 このトミカに関してはまたおいおい紹介させて頂きますので。本日なん
ですがトミカではなく。またまた毎度のようになっちゃってて申し訳ない
のですが、頂いたミニチュアカーを紹介していこうと思います。

 この車両なんですが以前にもこのブログで紹介させて頂いているんです
が如何せんブリスターパック商品ですので開封なんてとても無理。そして
何より普段我が家がなかなか入手の難しいシリーズの商品です。そんなの
めったな事ではブリバリなんて無理です。

 今回は「TOMOさん」が、持ってていいよ~って言ってくれたので、ご
そごそ袋の中を漁っていたら、こんな素敵なのが出て来ました!!お~~
!これは初めてこのシリーズブリバリ出来る!と喜び勇んで頂いてまいり
ました。「TOMOさん」のお陰で始めて手に取る事が出来ました!!
 本日の一台です。

Hot Wheels
ANGRY BIRDS
2015102701.jpg
2015102702.jpg

http://youkei3298.blog43.fc2.com/blog-entry-2509.html

 うむ~なんとも良いな!ドリームトミカとは違いますよね!なんかホッ
トウィールの世界って結構こういった遊び心満点の商品が過去にも一杯登
場してるじゃないですか、なので商品を作り慣れてるっていうのか、妙に
魅力のある物が出て来ちゃうんだよね!
 やっぱこれも経験なんだろうか?実に上手に仕上がっております。以前
から話してるんだが、店頭では絶対と言って良い程見かける事のない商品
です。貴重ですよね。有難い事です。

 「TOMOさん」今回は有難うございました。お陰で始めて手の平でコロコ
ロする事が出来ました。
 「TOMOさん」も単身赴任で名古屋にお見えになってるんですが、大変
ですよね!都会から田舎ですから、結構不便な事もあるでしょう。頑張っ
て下さいね!名古屋からは「タロささん」が東京に単身赴任されておられ
ます。仕事とはいえ実にみなさん大変な思いをして仕事してるんです。
 普段は只のおぢさんの集まりのように見えるのですが、その実皆さん働
き盛りの方が多いんです。おじさん達は結構頑張っているんだよ!

 ミニカー無かったら全く繋がる所の無かった方達ばかりです。でも何か
の縁で知り合った仲間です。結構仲良く楽しんでます。

 このブログみて参加しちゃおかな!って考えた方、どうぞご一報下さい
別に会費がある訳でもないし、「店長のおみせに」集まる事が出来ればそ
れだけでOKですよ。未成年の方は、どうなんだろう。(笑)一応お酒はダ
メだけど、お店はOKだよ。美味しいご飯も待ってるからね!また連絡くだ
さい。

 さて明日からも少しのあいだ頂いた貴重な物紹介させて頂きます。のん
びり行きましょう!!では又明日です。

何気なく日常に戻って行く。

こんなふうに感じるのは自分だけなんだろうか?最近のトミカって外国
車やっぱり勢いあるし、たまに国産車でてくると軽自動車だったりしませ
んか?普通乗用車の注目度が目一杯下がってる気がするんですが。
 実際に発売されている車両を見てみるとそうでもないのですが、やはり
注目度が高いのが軽自動車って事なのかも知れないですね。

 しかし年齢とともになんだろうか?それとも自分の中で拒否反応が出て
いるのだろうか?どこのメーカーの車両なのか、形状についても何が何や
らまるで違いが判らなくなってる。もうフロントグリルにメーカーのエン
ブレムなかったら非常にやばいと思う。
 本日紹介しようとしている車両に関しても、テレビコマーシャル等では
非常に特徴のある車両としてガンガン紹介されていますが、実際それ程ず
ば抜けて凄いのだろうか?
 つい先日外国人の同じ仕事してる方と少しお話したのですが、全く自分
と同じ感想を持っておられました。「ハッキリと区別が難しい。」「日本
人の自動車に対する好みが理解出来なくなっている。」そんな話してまし
た。

 特出したデザインで海外に非常に人気となっている軽自動車も多くある
のも事実です。この辺については、「兎に角凄い!日本人ならでは!」っ
ていってました。しかし、それ以外の多くの車両に対しては「特徴がなさ
過ぎる」「OEMが多すぎる。なんでそこまでして軽の販売をするのか?」
これね、日本人の自分も同じ感覚です。しかし購入をしておられる方は、
そんな感覚は微塵もないようです。不思議ですね!自動車に対する考え方
も日本人は海外と違う所に走って行ってるようです。

 これがいい事なのか、悪い事なのか自分にはさっぱり判りませんが。

 さて本日の車両なんですがこんな車両の紹介になります。

58-8 ダイハツウェイク
2015.09~
2015102601.jpg
2015102603.jpg
(トミカ 3896)

初回特別仕様
2015102602.jpg
2015102604.jpg
(トミカ 3897)

 なんかあんまりカッコよくないよね。オーナーさんごめんね!ここで思
ってもない事書いても仕方ないので。素直な感覚です。

 しかしこの車両に初回特別仕様が登場して来たということは、この車両
が9月のメインだと言う事ですよね。うむ~そうか。自分的にはイマイチだ
ったが、世間一般的にはそう見てないという証拠なんでしょう。変わって
行くな~。
 自分の周囲にいる車好きの皆さんの意見は少なくとも自分と同じだとい
いな…そんな事思いながら今回の車両紹介させて頂きました。

 そう言えば昨日養さんと歩いている時見掛けた車両なんですが、外観は
しっかりハスラーなんですが、フロントのエンブレムはなんとマツダでし
た。うむ~いくらOEM車だったとしても、もう少し手入れようよ、って思
ったのは自分だけだろうか?
 マツダ フレアクロスオーバーっていうらしい。少しだけ比較する記事
を読んだのですが、やはり外観的に遠めで判断する事は不可能って書いて
ありました。なんだろう?それでオーナーさんは満足してるんだろうか?
めっちゃ不思議な日本人的感覚ですよね。ハスラーはハスラーでいいのに
ね!折角個性のある車両なのに、なんで??って疑問符が一杯付きまくっ
てしまいました。
 また、実際に走ってる車だったと言う事、購入されている方がおられる
って事事ですものね!うむ~考えさせられました。

 日本の自動車は本格的な低燃費化の時代に突入しました。トヨタさんの
通常エンジン車廃止宣言等も飛び出し、今後の動静が注目されます。どん
な風に変わって行くんでしょうね?ガソリンスタンドさんは生き残ってい
けるのでしょうか?凄い事になりそうですね。

 今晩はいろんな事考えながら終了にしていきます。では又明日です。

さて報告最終日こんなものを!

色んな物が売ってるイベント。楽しいんだよね。昨日少しだけ話題にし
たんですが、色々なテントブースの他にも一般参加の車両も勝手に店舗を
展開。ここもなかなか面白いんだね!どんな感じかと言うと、こんな感じ
2015102501.jpg
 これって何を売っているのかと言うと、マグネット製の印刷物のようで
す。ラリープレート調のものを販売しているようです。車両のボンネット
にペタリ!家に持って帰って冷蔵庫にペタリ!何でもいけそうですね。
 って別に自分、この店の関係者じゃないですから。(笑)しかしこれ、
車駐車スペースで勝手にやってるお店ですからね。めっちゃハードル高く
ないですか、正規販売店も普通にやってたら絶対食われちゃうと思うんで
すよね!これが良い意味で切磋琢磨につながってると思うんだな!

 本日なんですが養さんがテントのしたの正規販売店で購入しているお店
で購入してきたものを。
 そのお店は兎に角適当に色々な物が並べてあり、どれでも100円と言う。
なかなか養さん心をガッツリつかんで離さない!そんなお店で購入したも
のなんです。
 
 ミニカーもなんですが、なんか散策しながら購入するのが大好きな養さ
んです、兎に角ジャンルを問わず、車関係の商品が並べられている店舗は
実に楽しいわけです。今回も養さん不思議なもの仕入れてきました。
 こんなものの紹介だ!!
2015102507.jpg
VOLVO S40 プルバックカー
レッド
2015102509.jpg
シルバー
2015102508.jpg
 外箱もいいですね!これってVOLVOショールームにお邪魔するといただけ
るいわゆる来店記念品ってやつですね。うむ~こういうのが好きなんだね
養さんは。別にボルボが大好きって訳じゃないです。なんか不思議なディ
ーラーもの良い感じです。これを又100円で売る方も面白いが、それを楽し
く購入してしまう養さんも凄い!(笑)そして今回はこれでは終わらなか
った。こんなものを購入してきました。ほら!
2015102510.jpg
なんだ?これ。RENAULTってかいてある。実はね、時計何だそうな。
2015102511.jpg
なかなか一昔前の感じがいいじゃないですか。と言うのが今回の養さんの
お買い物でした。不思議ですよね!養さんのお買い物は。個人的には家に
帰って養さんの買い物見るのが楽しみです。(笑)200円ですからね、十分
楽しんでると思います。

 さて今回は最終日ですので、自分が結構いつも気にしてる店を紹介して
終わっていこうと思います。

 それはね、食べものやさん。ケータリング、車両販売してるお店。
こんな感じ。
2015102504.jpg
2015102505.jpg
2015102506.jpg
 よくないですか?毎年このイベントに参加していつも感心するのがケー
タリング。兎に角凄いんですよ。いってみないとそのすごさ伝わらないか
も知れないけどね!
2015102502.jpg
これはパン屋さんの特設手作り看板。
 兎に角お客さん呼び込むのが上手なんだ。そして味もいけてる。次回行
ったときは車もだけれど、販売の店舗写真一杯撮ってこようと思ってます。
2015102503.jpg
こんなの紹介する所も少ないと思うので。又来年参加できたら報告楽しみ
に待っててくださいな!と言う事で今回の報告こんなところで終了とさせ
ていただきます。
 さ、明日から又ミニチュアカーの世界に戻っていきます!!

キャトル紹介したら次は…

なんかよくないですか?ルノーの数字車名!!これ結構好きです。なん
かさ~日本語だとめっちゃダサい車になっちゃうけど、フランス車だと響
きが凄く良いんだ!昨日紹介した4がキャトル。なんだろうね~、この響き
の良さは。日本だったら よん だから!(笑)よん なんて名前の車あ
っても売れないよね。(笑) しかし国によってなんでこんなに違うんだ
ろう。兎に角、4の次は5です。ご ですよ。ご!!(笑)でもフランス語
で言えばサンクですわ!!

 いや~カッコイイね!自分が小さい頃フランス語の知識なんて当然なか
ったわけで、でもねサンクって名前は結構前から聴いてたきがします。そ
の意味は絶対わかってなかったと思うけどね。何せ初代が発売されたのが
1972年ですからね!でえもサンクって名前は知ってたな~フランス車で唯
一知ってた名前なのかもしれませんね。
 
 当時自分の中ではフランス車はファミリーカーってイメージだったんだ
よね。本日紹介する車両も元は物凄く一般的なファミリーカーなんだよ。
 いわゆるコンパクトカー。でも少しだけお洒落感があるんだな。これっ
て日本人の潜在的なフランスに対する憧れみたいなものなのかもしれない。
 特にお自分達の年代はフランス=お洒落ってイメージがあるんです。若
い子にはきっとそんな思い込みはないよね!
 なんだろうね?自分達の年代の人って確実にそう思ってると思います。
どこからそんな思い込みが一般的になってきたんだろうね。古い日本人は
色々な国に憧れを持って現在の日本を造り上げてきたのかもしれないね。

 兎に角現代しか知らない若者には驚きの日本だったんだよ。大変な所だ
ったんだよ日本は。

 外国車が一般的になってきたのも最近の事だと思う。日本人のマイカー
に自分達でも乗れるんだ!若しくは乗っていいんだと、考え方を変えてく
れたのはフォルクスワーゲンだったと思う。その中でも最も良い仕事をし
たのがゴルフだったんだと思う。この車両日本国内ではゴルフだが本国で
はラビットだった。この車両に当時の若者は憧れた。そしてBMWブームがや
ってきた。ドイツ車があったから、現在の外国車の台等があるのだと思う。
ね!そんなに前の話じゃないでしょ。日本の車の歴史なんて結構浅いんだ
よ。まだまだ外国車が高嶺の花だったころの車両が本日紹介する車両です。
 本日の一台、こんな車両です。

RENAULT toys
RENAULT 4 Turbo
NOREV
2015102406.jpg
2015102407.jpg

 う~んちょっと一般的じゃない車両だね!超スポーツカーだ。しかしこ
の車両単純に外観だけの話をすれば、オーバーフェンダーやエアロを外し
たら普通にサンクなんだよね!このあたりがフランスの合理性なのかな。
 スポーツカーを当時はワザワザ作らなかった気がする。でもね~そのち
ょっと特別な車両ってのが魅力あったんだ。

 今回のフレンチブルーミーティングにもまだまだ元気一杯の車両が参加
してました。そうそうジムカーナに参加してるサンクターボもいました。
 砂埃上げて走ってる姿はカッコイイよね!!

 今年はこんな車両が参加してましたよ!新しいのも一杯いるけど、やっ
ぱ気になるのは古い車両ばかりです。
2015102401.jpg
2015102402.jpg
2015102403.jpg
2015102404.jpg
2015102405.jpg

 ね!良い感じでしょ。こんな後継がそこかしこで見られるイベント。み
んなのんびり時間過ごしていました。毎年この時期は非常に寒いのですが
今年は暑いくらいでした。こんなとしもあるんですね。楽しいイベントで
す。

 自分が購入したミニカーはこれで終わりです。明日は最終日。養さんが
100円でごぞごそ探したもので締めていこうと考えております。なんか楽し
いよね!車と共に過ごす時間ってのは。我が家もこのイベントだけは大切
にしております。さ、又明日に続いていきます。

こんなのを気ままに収集してたら…。

結構楽しいだろうな~なんて思っちゃいます。それほど沢山種類がでてる
とは思えませんので、すぐに収集の対象が無くなっちゃうのかな?
 海外物のミニチュアカーは日本国内で発売になってない物も一杯あるで
しょうから、この世界に嵌ったら非常にやばい事になりそうですね!最終
的には本国に買い出しにいく羽目になりそうだ。(笑)

 本日はフランス車の紹介をしていこうと思ってます。トミカではありま
せん。昨日の記事からの続きって感じですね。FBM(フレンチブルーミー
ティング)の会場内で販売してたミニチュアカーを紹介して行きます。

 フランスの3大自動車メーカーさん。プジョー、ルノー、シトロエン。
それはそれは魅力的な、ボディーデザインを重視した、日本ではなかなか
考えられないような車両を生産販売しています。
 多くのフランス車の共通点が、非常に良く壊れるてイメージを持ってる
こと。ま、壊れ自慢は日本の古い車に乗ってても、皆するんですけどね。
フランス車はちょっと輪を掛けて凄いです。パーツが各々弱いって表現よ
り、デリケートという表現が似合う気がする。ボディー形状のお洒落さが
そんな夢みたいな事言わせるのかも知れないですね!(笑)
 基本壊れるって事ですね(笑)

 でもそんな壊れるイメージの強いフランス車達が一年に一度長野県の車
山高原に集結するんです。本当に大袈裟じゃなく、日本全国から集まって
来るんですよ。それもどこに隠してあったの?ってくらい古いフランス車
達が。必然的に会場に向かう道端に、車両が落ちる確率多し!!なかなか
壮絶な生き残りゲーム的な一面もあるイベントです。

 普通に街中であまり見掛けなくなった、2CVや5とか。そして本日紹介
しようとしてる車両なんかが山ほどいるんですよ!!ちょっと驚く。
 年々珍しい車ってのは減っては来てますが、それでも皆元気に一年に一
度のイベントに向けて体調を整え、向かって来るんでしょうね!!

 とりあえず、本日のミニカー紹介しておきましょうね!こんな一台です。

RENAULT toys
RENAULT 4L
NOREV
2015102301.jpg
2015102302.jpg

 4Lです!この車両も街中で見掛けなくなりましたよね。しかしこの日だ
けは、なんか物凄く一杯いるんですよ。吃驚するくらい。

 実車に言える事なんですが、この車両達の年代になると流石にオリジナ
ル塗装が限界を迎えているのが通常です。もともとフランス車の塗装がそ
れ程強固ともおもわれませんし、そんなこんなで殆どの車がフルレストア
が施されているようなんです。下手すると街中走ってる新車なんかより遥
かに綺麗なのかも知れないです!!そして実にカラフルに全塗装されてい
る車両が多い。この時期まで生き残ってる車両達は綺麗が当たり前って感
じかな。最近このイベントにも慣れて来てるので、あまり車両の写真撮ら
なくなって来てる。来年あたり気合い入れて車両の撮影して見ようかなな
んて思ってます。

 このイベントも日本を代表するイベントになってますから、主催者側と
地域の力の入れ方が半端ない!!諏訪ICから会場の車山高原に向かう道路
脇にある店舗までが協賛している。全ての店ではないのですが、協賛して
る店は店先にフランス国旗が掲げてあります。

 コンビニ、レストラン、ガソリンスタンド、お土産屋さん。このイベン
ト開催知らない方がこの日この道を通りかかると、なんでフランス国旗な
のか非常に悩むと思います。蕎麦屋さんとかもありますからね!(笑)
 如何に多くの人がこの日この地域に集まるのかが判ります。

 こんな楽しいイベントがいつまでも続いて行くといいですね!!我が家
も出来る限りイベントや用事がバッティングしない限り参加しています。
何となく、長野に来る切っ掛けを毎年頂いてる訳です。何をするでもなく
ふらっと参加してみるのも面白いかも知れないですね!
 
 明日なんですがもう一台購入して来ましたので、紹介して行きます。明
日ものんびりペースで紹介して行きます。では!!

否定も肯定もするつもりはないです。

 まず本日のトミカに対して自分は何も関わっておりませんので、自分に
苦情入れるの辞めてね!!(笑)
 この気持は車好き、ミニカー好きなら誰でも判るから!でもね自分は本
日のトミカ100%応援してるって訳じゃないです。
 自分達だって、こういった加工品作って楽しんでいます。ま、しかしそ
の商品で利益は出していません。みんなで集まった記念に作ってるだけで
すから。
 ボディーにマジックで名前書いてるような感じかな。(笑)トミカ好き
なら絶対に一度はやってると思う。だって自分のオリジナル欲しいもの!
痛い程気持が伝わって来ます。

 本来ならあまり紹介はしてはいけないのかも知れないですね。そんなト
ミカです。自分はあくまでも個人的な楽しみの延長であるのならOKなんじ
ゃないのかなと思います。しかしそれを声高に「許さない!」とか言うつ
もりも毛頭ありません。現実にこうしてこのブログで紹介してる訳ですし
ね!こういったトミカに対して何をどう反応するのかなんて、自分の考え
る事じゃない。メーカーさんがすればいいだけの事です。一消費者が偉そ
うに語るつもりもありません。

 自分はこのトミカをほぼ定価で購入してますので、損したつもりもない
し、入手した本人が楽しんでるから、その役目は十分果してると思うんだ。
しっかりこういう物だと分って入手してますからね!
しかし、出来ることなら、次は…って感じかな。(笑)何度も言いますが
自分は絡んでないからね!お客さんだから。(笑)

 ましかし大きな車イベントが開催され、そのイベント開催者が特別な商
品を販売したいと思うのは当然の考えですね。そして車好きのイベントで
トミカの存在は絶対的ですから。でも利益乗せ過ぎるのは問題ですから。
あくまでも実費で、記念品と言う範囲じゃないといけないと思うぞ!
独り言はこんな所で。(笑)あくまでも独り言です。

 さ、本日ですがこんなトミカの紹介になります。

84-8 プジョーRCZ
2012.10~
FBM 2015
2015102201.jpg
ブルー
2015102202.jpg
(トミカ 3894)

レッド
2015102203.jpg
(トミカ 3895)

 ま、軽く流して下さいね!!こんな物が今年は登場したよって紹介です。
何度も言いますが、否定も肯定も無しです。まるで深い意味はありません
ので!!話を先に進めて行きます。

 このイベント以前は物凄く多くのトミカが売られてたんですよ。最近で
はフランス車がレギュラーとしてあまり登場しませんから、個人の販売ブ
ースや業者販売ブースに登場する頻度が減ってる気がします。

 もっと子供さんが使った救済系トミカなんか並べてくれるといいのにね
いかんそんなの一杯ならんだら、本来の車イベントを忘れてしまう気がす
る。
 しかしね、長い間開催されている車イベントってのは新車は増えて行く
のですが珍しい古い車両達は、どんどん減って行く方向なんだね。養さん
とも話しているんですが、古い車両に「今年も元気だね!」って会いに行
ってる感じなんだね。
 端から珍しい車両求めてこのイベントに参加していない気がします。な
ので最近のもっぱらの楽しみは、ケータリングと業販、そして個人の勝手
に販売してるブース。基本的物凄く面白いのは個人の販売ブースなんだ!
今年なんか手作りのオーガンジー付きのカチューシャだけ並べてる個人店
もありました。子供さんが頭に着けてたな。
 アイデア無限大だね!このイベントの凄い所は個人販売に関して開催側
は一切文句を言わない所。車両のリアハッチを上げてその下が特設販売ブ
ースになっちゃうんだ。
 自分の心が物凄く動いた商品は、GTロマンって本が全巻揃って1,000円
だった。流石に長野から持って帰るのは辛かったのでやめました。

 なんか悩むのも楽しみで。大きな大きな勝手に開催去れてるフリーマー
ケット会場みたいなもんです。何せ会場が非常に広大なんだ!!
 我が家のように自動車関連用品に興味があるともう大変です!何でもあ
るから、自分2CVとか乗ってなのに、中古のハンドルとかテールランプ右
だけとか妙に欲しくなっちゃうんだ。(笑)ステアリングは展示スペース
さえ確保出来れば立派なオブジェだよね!!

 今年も楽しんで来ました。基本トミカは購入してませんが、少しだけミ
ニカーや玩具購入したので紹介して行こうと思います。又寄り道しちゃう
けど、毎度の事なので許してね!では明日からも宜しくお願いいたします。

目玉だとおもうんだ!!

この車両が欲しくてこのセットを購入された方も、確実にいると思うの
です。目立ってますね!!自分はこのカテゴリーが超大好きって訳でもな
いのですが、この車両だけはある意味トミカを代表する車両なのかも知れ
ないです。
 トミカといえば!この車両なんじゃないんだろうか。なにせトミカとし
て登場して来たのが、F15-1 1977年7月です。その後外国車シリーズ
廃止に伴いレギュラー番号の95-3として1988年7月に登場。その後現在
までしっかりレギュラーの座を確保している車両なんです。いまさら、廃
止なんて簡単に出来ない。トミカの生き字引みたいな車両です。

 色々な所に手が入れられつつ、基本ボディーの変更はなし。しかし確実
に金型は新し胃方向に変化し続け、現在もまだ人気の一台のようです。
 
 自動車メーカーにも言えると思うのですが、こうしたフラッグシップ的
な物って絶対いると思うのです。現在の日本の自動車メーカーはそれを認
めようとしませんが、良い物は良い。これって誰だって判る事ですよね。
新車を買わせる努力がメインになってしまった日本の自動車メーカー。少
し淋しく感じます。自分の会社の作った車両を大切にしてくれているユー
ザーが存在するのであれば、カバーしてくれたっていいじゃないか。
 そんな風に思ってしまう。

 自動車メーカーさんが出来ない事、タカラトミーさんせめて頑張ってこ
の車両発売続けて頂きたい。何とかしてずっと残って行く事願って止みま
せん。
 本日なんですがそんな超特別なトミカを題材に、もの凄く面白い発想で
作り上げられたこんな車両の紹介になります。
 本日の一台で今回のセットの〆になります。

95-3 ロンドンバス
1988.07~
★★特別仕様トミカSPECIAL MODEL SET No.1
幻走ポリスカーセット
大型輸送車
2003.04
2015102102.jpg
(トミカ 3893)

 昨年でしたっけ?トミカくじのなかに同じコンセプトの車両が登場して
来ておりましたね!

http://youkei3298.blog43.fc2.com/blog-entry-3462.html

 これは間違いなく今回紹介している車両が原案になっている事と思いま
す。こんなに色々な使い方があるんですね。ロンドンバスにも!!
 多くのバリエーションを誇るこの車両。次に何がでて来るのか物凄く楽
しみな一台になっています。
 トミか収集してる方、この車両絶対といっていい程副数台保有している
とおもいます。兎に角バリエーションが凄い!全ては自分にはとても無理
です。何処かで縁があったら、その都度購入するようにはしてますけどね。
兎に角歴史のあるトミカです。

 さて最終日ですので、外箱紹介ですね。こんな感じになっていたんです。
2015102101.jpg
 いたってシンプル。この当時はPPが使われていますので、必然的に印刷
面は少なくなります。しかし中が見えるっていいですよね。現在のセット
物より数段高級に見えてしまうから不思議です。
 しかし良く考えましたね!個人的には光岡ラ・セードと、本日紹介した
ロンドンバスが最高に素敵でした。トミカのセットこういった夢のあるセ
ットが個人的には好きだな!

 ロンドンバスで後どんなカテゴリーで登場すれば皆さんを驚かせる事が
出来るんだろうか?フルエアロの大型リアウイング仕様のゼッケンのつい
たロンドンバスくらいしか残ってないんじゃないのか??(笑)この車両
を誰が欲しがるかって話になると、自分にも良く判りません。(笑)少な
くとも過去レース仕様は登場していないと思う。狙いじゃないのか?(笑)

 やっぱり今回のセット楽しかったですね!!是非又こんな楽しいのが登
場するの心待ちにしております。「はっちさん」本当に有難うございまし
た!めっちゃ感謝してます。これにて浜松の紹介も終了です。今回も一杯
買っちゃったね!!毎度の事だが。(笑)あ~楽しかった。
 明日は何紹介するかな…。明日も又宜しくお願いします。

この辺に来ると確かに幻走ですよね!!

通常パトロールカーで有り得ないのがツーシータとオープン。これは本
来パトロールカーが担って行かなければならない使命を果たせないっての
が理由なんだと思います。
 しかし実際問題として、高速道路で走っているイタリア車を代表とする
スーパーカー達の取締を目的としようとした時、残念ですがクラウンをど
んなにハイパーチューニングしたところで、現場での取締は難しいと思わ
れます。実際に高速道路であれば、かならず出口において取締が可能だと
思うのですが、如何せん容疑車両がどこで降りるのか予想するのは難しい
ことで、最近では空からのヘリを使った取締なんてのも頻繁に行われてい
るようです。

 パトロールカー購入の予算ではハイパー車両の購入は難しいですが、で
は日本の高速機動隊等にハイパーな車両がいないかといえば、そうでもな
いようです。そこにはメーカーからの寄付という秘密兵器がありますから
ね!自動車の高性能化に対応するには間違いなく凄い車両が必要になって
くるのは間違いのない事実ではないか、そんな風に感じます。

 そんな中でいわゆる2シーターを除くという限定があったとしたら、確
実に候補として上がって来る車両はレクサスでしょうね!!ま、ここは金
額的に見ても、通常予算で購入出来る車両ではないとおもいますが、いつ
かこの辺の車両導入は考えないといけない時代が来そうな気がします。

 はたしてそんな中、本日紹介しようとしている車両は間違いなくパトカ
ーとしての資質はゼロですね!(笑)まずパトカーらしくない。(笑)
 この車両から警察官が降りて来たら仕事してるように見えない。(笑)
 ちょっと偏見ですが。基本趣味の車両ですから。過去に出たどんなパト
ロールカートミカのなかで最も現実味の薄い車両なんじゃないのかそんな
風におもえます。

 実際にはそれほどの排気量もありませんし、検挙には向いてないかも知
れないですね!!さ、本日の車両なんですがこんな一台の登場になります。

25-4 光岡ラ・セード
2001.11~2007.06
★★特別仕様トミカSPECIAL MODEL SET No.1
幻走ポリスカーセット
光岡ラ・セード パトロールカー
2003.04
2015102001.jpg
(トミカ 3892)

 ね!絶対ないですよね!でもね、養さん大好きなんだ!この車両。当時
このセットを一生懸命さがしていた頃、ひょっとしたら養さんの中ではこ
の車両がメインだったんじゃないのかな。なかなか非現実的な車両ですが
養さんの中では超カッコイイ車両だったようです。

 光岡自動車を有名にした車両はこれですよね!!現在ではオロチという
ハイパーな車両もありますが。(これも製造販売終了しちゃったね!)ど
ちらの車両も緊急自動車ベースではないようです。

 R34とかNSXなんかがパトロールカーとして存在していたようですが、
ここは一つ光岡さんもオロチ寄付してくれてたら楽しかったのに!!
 迫力あるだろうな!!オロチのパンダカラー。意外に回転灯が似合いそ
うな気がしてるんですが…。思い込みですかね!

 しかしこのセットが登場した当時は全ての車両のパトカー化は絶対無理
なんじゃないのかと考えておりましたが、初日のコペンとか昨日のR33な
んかは現在の車事情から考えると、全然あってもおかしくない感じさえし
ます。凄いものですね、時の流れってやつは。ま、実際には今回のセット
の中に組み込まれた車両で、実際に緊急車両として登場した物はなさそう
です。やはり非現実的な車両チョイスなんでしょう。

 好みの問題はありますが、個人的にはこのセットもの凄く大好きです。
現在も高価で取り引きされている理由が判るような気がします。緊急車両
ファンの方多いですからね!!有り得ない車両の緊急車両があれば是が非
でも欲しくなるのが心情という物ですよ。わかるな~~。

 なんか楽しいですよね!実際にはあまりかかわり合いたくない緊急車両
ですが、トミカとして見てる分には問題ないですからね!!本日はなかな
か素敵な一台紹介する事が出来ました。 
 さて明日なんですが、こんかいのセットの締め、そして浜松シリーズの
最終日になります。たぶん明日の一台がこのセットの目玉なんじゃないか
とおもいます。最も幻走的な車両なんじゃないかと…。さ、ラストに向け
て頑張って行きます。では明日も宜しくです。

この車両に縁があったのかも。

なんか今回の浜松はこの車種に縁がありましたね!!
不思議なものですね!自分はこの車両がそれ程大好きって訳じゃないん
です。
 仕事での乗車以外は残念ながら、あんまり縁がなかったように思います。
でもね仕事柄大半の日産車は運転させていただいてるんです。試乗しない
と仕事になりませんからね!一生懸命メーカーの方やディーラーさんのお
話聞いて乗らせていただいてます。

 なんですが、最近は乗らなくなったな…。って言うか乗るべき新たな車
両が登場してこないんですよね。マイナーチェンジだと自分達は感じるの
ですが、メーカーさん側はモデルチェンジだと言われる。うむ~なんか違
う気がするんだ。自分達のような関係者と一般消費者の間にいるような者
がそう感じるのだから、間違いなく一般の方が乗られても、何がどう変わ
ったのか明確に答えられる方なんて殆どいないと思います。難しいな!!
現在のコマーシャル。「やっちゃえ」は何をどうすればいいんだろうね?
これから先変わって行くのかしらね?
 自分は製造や設計に携わっているわけではないので、出てくるものに対
して仕事するだけですから。

 きっとこれから「やっちゃって」くれるものと期待しております。いつ
も「たにさん」が言ってます。一人勝ってのはつまらないって。やっぱり
対抗するものがあるから面白いんだって。でも残念なことに現在は一人勝
何とか頑張って欲しいものですね。ガンガン争ってるから進歩もあるんだ
よね。そうかそこが原因だったのかな。
 兎に角一時期の秀逸な車両を生んだメーカー。なんで今5ナンバーサイズ
の車両作れなくなっちゃったんだろう?

 本日話題にしようとしてるスカイラインなんですが、この車両の2000cc
エンジンは海外メーカーが製作したものです。どうしちゃったんだろう?
直6に拘り過ぎちゃったかな?なかなか切り替えどころが見つからなかった
のかも。復活できるのかな…。

 ま、心配は自分がしててもしょうがないので、自分は見守っていこうと
思ってます。お願いです!!楽しい仕事させてね!!
 さ、本日なんですが、現在ではスカイラインという名前はなくなっちゃ
いましたが、今も出来ることならスカイラインを頭に付けたいなと思う車
両の紹介になります。こんな車両の登場になります。

20-7 ニッサンスカイラインGTR R33
1995.07~1999.03
★★特別仕様トミカSPECIAL MODEL SET No.1
幻走ポリスカーセット
日産スカイライン(R33改) パトロールカー
2003.04
2015101901.jpg
(トミカ 3891)

 実際にはないのかもしれないですが、なんか現実にいても何の違和感も
ないと感じるのは自分だけだろうか?本日の車両はちょっと幻走ポリスカ
ーって言うところまで行ってない気がします。そう思いませんか?結構現
実的ですよね。と、思うのは素人なんだろうな!所詮そんな程度です。笑

 と、言う事で本日はスカイラインってのに触れていきます。
スカイラインGT-Rっていうと3種類ありますよね!これね~どれって決めら
れないんだ。どう言ったらいいんだろう。それぞれスカイラインGT-Rなん
だけど間違いなく別の車なんですよ!!
 
 これから書くのはあくまでも私感です。自分が勝手に思ってることなの
で、皆さんには皆さんの考えと感じ方があると思います。それくらい奥の
深い車種なんじゃないのかな。兎に角個人的な感覚を!!

 32なんですがスカイラインと言う主題に物凄く忠実だと思うんです。自
分の中で最もスカイラインに近いGT-Rなんじゃないのかなって思います。
 外観的にってのもありますが、いい感じに狼さんしてる気がするんです。

 そして本日紹介してる33。ごめんね、勝手に自分で思ってることなんで
怒らないでね!物凄くスカイラインとGT-Rのハザマにある車両のような気
がするんです。決して悪くないと思うんですが、GT-Rでもないし、スカイ
ラインでもないような気がするんです。当時仕事してて思ったんですが、
物凄く不思議な雰囲気をかもし出してる車両だったように感じます。

 で、最後に登場するのが34です。この34ってのはある意味完成された車
両のように感じます。スカイラインの良い所と、GT-Rの速さを兼ね備えた
のが34のような気がします。

 実際にどのスカイラインGT-Rが好きかと聞かれると、うむ~個人的には
32かな…。実際には化け物なんですけどね、でもどこかに未成熟は感じが
あるんです。これ魅力ですよね!!
 なんとも個人的な意見ですが、自分の中ではスカイラインという名称が
消えた時点で一つの歴史が終了したように思えます。
 難しい問題ですが、自分は名前ってのを大切にしていただきうたいので
スカイラインは絶対条件なんですね。変な拘りかもしれないうですけどね。
 ま、人それぞれ色んな拘りがあるんですよ。本日はパトロールカーでし
たので、細かな情報知りませんので、スカイラインの話題で締めておきま
す。では、又明日です。

これ欲しかったんだ。

基本的には、発売された当時も、現在もそうなんですが、なかなか入手
困難なモデルだったんです。
 今回紹介するトミカなんですが、イベント会場限定発売だったようです。
だったようですと言う表現方法。そうなんですね!我が家この頃はトミカ
博に行くなんて考えていなかった。いつぐらいからですかね?トミカ博と
か現実的になってきたのは。多分このブログを始めてからだと思います。

 まだね~「店長」も「はっちさん」も多くの友人も全然知り合ってなか
った2006年当時。それよりも前に発売されたトミカのセットなんです。

 この当時ギフトセットってあんまり人気がなかったんですよ。オークシ
ョンなんかでもギフトセットの値段は結構低かったし。ミニカー屋さんな
んかでも結構割安感がありましたね。しかしこのセットは別だったんです
よ!なかなか人気があったんです。このセットだけでなくイベント限定で
シリーズ化されたギフトセット全般人気がありましたね!!
 
 特に養さんがギフトセット大好きで、一生懸命集めてたんです。でもど
うしても値段が高くて入手が出来なかったセットが本日のセットなんです。

 これまた浜松で入手したわけですが、「はっちさん」が販売しておられ
ました。半ば強引に「はっちさん」から奪い取ってきました。(笑)ごめ
んね~「はっちさん」かならず埋め合わせしますから。申し訳ない。

 そうとう欲しかったんだろうね!!もうね「はっちさん」とこで見かけ
た時の支離滅裂さ!(笑)気持ちは判る。最近のトミカでここまで欲しい
ものも少ないからね!!我が家にとっては非常に貴重なセットです。今回
は無理いって譲って頂きました。本当にすいませんでした。感謝してます
友人はありがたいです!!
 
 そんな超嬉しいセットの1番手はこんなトミカからです。

15-6 ダイハツコペン
2002.05~2007.01
★★特別仕様トミカSPECIAL MODEL SET No.1
幻走ポリスカーセット
ダイハツコペン パトロールカー
2003.04
2015101801.jpg
(トミカ 3890)

 いきなり登場して来たのが、コペンです。現在ではそれ程驚きと言う感
じがないですよね!でもね、当時このセットが出たときは結構なインパク
トがあったんですよ。

 スポーツタイプで当時物凄く人気のあったスポーツ型軽自動車コペン!
この車両をパトロールカーにしてしまった。これには自分のような緊急自
動車にあまり興味の無いものでも引き付けられました。オープンカーのパ
トロールカー化!いいアイデアじゃないですか。多分当時では絶対的に現
実の車両にならないモデルです。緊急自動車ファンの方は相当魅力感じた
んじゃないか、そんな風に感じております。

 現在トミカくじでシリーズ化がされつつある幻想系トミカの大元は間違
いなくこのセットだったのだと思います。とくに、トミカくじ18 幻想ポ
リスカーコレクションの元ネタはここでしょう!それくらい影響力の強い
ギフトセットだと思うのです。

 当時のトミカのコペン人気は結構凄かったです。オリジナルがどんどん
登場しファンも多かったと思います。実車の人気が物凄かったので、その
ミニチュアのトミカも相当人気ありましたね!!なかなか入手困難なモデ
ルも一杯ありました。
 10年以上前のほうがトミカってやっぱり魅力あったんじゃないのか、そ
んな風に感じますね。実車にそれだけ魅力的なものが多かったともいえま
すね!!
 こうしてみると当時の企画担当の方々、しっかり勉強して見えたんです
ね!意外性のトミカという意味では現在をはるかに越えていると思います。
素晴らしいです。

 最初からこれですからね!!殆どの方がこのセットの存在はご存知だと
思いますが、懐かしく又一緒に色々思い出しながら紹介進めて行きましょ
う!!明日も引き続きお付き合いください。

これまた知らなかったトミカ!!

如何に自分がトミカ情報に対して疎いか、そして気合いが入ってないか
がよく判る車両です。
 これも浜松のイベントで「てんかいさん」の販売車両の中に何気なく置
いてありました。全然見た事ないし!!もうね~浜松に行くと驚きの連続
です。少しだけ話を聞いてたら「トミカ博 in YOKOHAMA」の会場内で売
られていたようです。
 しかし、知らない内にこんなのが発売になってたんですね。でもSNS内
ではしっかり記事になってたんですね。全く知らなかった。

 しかし名古屋でトミカ博が開催されるようになって何年経過してるのか
忘れましたが、あまり名古屋会場で新製品が登場するってのもないですね
!!時期的にも次のトミカ博に向けての消化試合的な時期ですので仕方な
いのかも知れないですけどね。(笑)
 
 でもね、まさか自分が全く縁がないであろうトミカ博イベントでオリジ
ナルが登場するとは思ってもみませんでした。
 アンパンマンやばいきんまんオリジナルトミカも凄いですが、これは又
違った意味で人気が出たんじゃないのかな?

 その登場した地域と言うのが東北なんです。

「トミカ博 in APPI」2015.08.08~23 の会場内なんです。すげ~!!
全く縁がないでやんの!!こんなの絶対買えないって思ってたんですが、
しっかり横浜まで繰り越しになっていたんですね。横浜までいってしまえ
ば確実に商品は完売してしまうでしょう。本当にあっという間に消えて行
ったトミカなのかも知れないですね。

 本日なんですがこんな久し振りに登場した、プロ野球関連のオリジナル
トミカの紹介になります。

37-6 コカ・コーラ イベントカー
2009.10~2012.02
トミカイベントモデル コレボトミカ
東北楽天ゴールデンイーグルス×トミカ
2015.08
2015101701.jpg
2015101702.jpg

(トミカ 3889)
2015101703.jpg
2015101704.jpg

 多分発売月はこれで間違いないのでは。よく判りませんが。これも又新
たな事実等出て来ましたらしっかり訂正させて頂きます
 ロットはF1515なので、まこのくらいの時期で間違いないと思われます。

 トミカ博以外でももし登場していれば判りませんが、しかし如何せんコ
ラボが 東北楽天ゴールデンイーグルス ですから球場内外で出回ってい
ても全然不思議じゃないですからね!!
 少し前に紹介させて頂いた、長渕剛ツアートラック同様、トミカファン
じゃない所で人気でそうなきがしませんか?またね~結構こういったグッ
ズって値段関係なく売れたりしますからね!最近は一時期程プロ野球も注
目されませんが、しかし地元の球団は皆さん応援しますよね!
 (残念ながら自分は野球全く興味ないですが。笑)

 でもなんか物凄く目に入ってきたんですよ。このトミカ!!外箱も結構
このシンプルさが好きだったりします。
 
 気になるのは車両もなんですが、このネーミングもなんです。
「トミカイベントモデル コレボトミカ」イベントモデル自体がスペシャ
ルなのにそれのまたスペシャル??驚いたな。
 自分もしこのトミカの発売情報知ってたとしても結局諦めていただろう
な!少しだけ調べてみたのですが通信販売された形跡もありませんし、東
北限定トミカ!!これはハードル高いです。

 兎に角浜松のイベントのお陰で、諦めていたはずのトミカ一杯入手です。
今回はとくに「てんかいさん」にお世話になりました。本当にありがとう
ございました!!又来年も是非是非宜しくお願いいたします。

 で、これで浜松報告終わりか、と思わせておいて、実はまだあったりし
ます。じつは明日から紹介するトミカは養さんが「はっちさん」から半ば
強引に購入して来た商品なんです。という事で明日からは「はっちさん」
スペシャルの紹介になります。宜しくおつき合い下さい。

発売すら知らなかったトミカ。2

確かにこの車両の人気は凄まじい物がありますね!海外では普通にバス
として認知されているようです。
 つい先日、養さんと港にドライブに行って来たんです。名古屋港はそれ
程見る場所や、車ですぐ近くまでいける場所も少ないのですが、何が面白
いって海外に輸出されるであろう、車両達が大量に駐車されているのです。
 それは中古車もありますし、新車もあります。

 何せ名古屋はトヨタさんのお膝元です。輸出される車両は、豊橋か名古
屋港かに集められているものと思われます。新車に関してはボンネットや
ルーフがカバーされていますので、すぐに見分けがつきます。

 名古屋港の上には伊勢湾岸自動車道と言うのが走っており、高い所から
名古屋港の全景が見渡せる感じとなっています。我が家はいつも伊勢湾岸
自動車道の名港中央ICをメインとして活用しております。このIC下りた辺
が、JR東海のリニア館になります。その施設を取り巻くように、物凄く多
くの輸出車両のヤードが点在しているのです。

 その中で一極目に付くのが、トミカで言う所の働く車達なんです。相当
気合いの入った重機なんかが結構並べてあります。海外ではとくにアジア
では日本製の重機の中古が非常に重宝されていると聞きます。自動車同様
なかなか壊れませんからね!
 相当錆び付いている車両なんかも見掛けます。しかしそんなのへっちゃ
らさ!!形があれば何とかしちゃうもん!!的な感じで輸出の順番待ちを
してる感じです。その次に目を引くのが、今回紹介させて頂いている、日
本カテゴリーで言えば、マイクロバス達なんです。
 ニュース報道などで結構見かける、幼稚園の送迎に使われたのであろう
これ又相当気合いの入った車両達が並んでおります。
 この中には日本では商用車の扱いがされている、ハイエースとか一般的
には少し大型のミニバンも多く並んでいるようです。

 ハイエースなんかは、椅子さえ移植すれば立派なバスですからね!!日
本でとりあえず役目を終えた車両達が第二の人生を歩む為に少しだけお休
みする場所になってるようです。
 そんな中にタイムリーなのですが、日本国内では殆ど流通しないような
カラーリングのコースターなのかはっきり判らないのですが、大量のマイ
クロバスの新車見掛けました。もう大量なんてもんじゃない!!凄い台数。
 こんなの見てても日本の小型バスは海外で人気なんだなと判りますね!

 現在名古屋港の新車が見られるのは、三菱さん、ホンダさん、トヨタさ
ん。だとおもいます。なかなか興味深いですよ!!

 では本日も昨日に引き続き、こんな車両の紹介になります。

トミカ香港小巴
TOYOTA COASTER MINIBUS
香港ミニバス(赤)
2015.春頃
2015101601.jpg
2015101602.jpg
2015101603.jpg
2015101604.jpg
(トミカ 3888)

 色違いなんですが、ここで最近のトミカにはあまりない、細かなオマケ
ってのが気になりますね!
 昨日の車両紹介した時も写真にアップさせて頂いたのですが、キップの
ような物と、トミカのキャラクターが書かれたカード。
 このキップのような物は、昨日の車両に同封されていた物とカラーが変
えてあります。ひょっとしたら、この車両は色によって運行経路が分けら
れているのかも知れないですね。そしてこのキップのような物は、それを
模した物なのかな?(本物??)ちょっと判らないのですが。

 如何せん英語で書いてあればまだなんとか判断がつくじゃないですか、
しかしこの言葉は理解出来ません。(笑)でもなんかこう行ったオマケ的
な物って好きだな。自分なんか元々が鉄道すきですから、切符とか見ると
何かウキウキしちゃうんだ。
 これもし本当に使えたら面白いよね!!有効期限は今年の12月31日に
なってる模様。使えたらお洒落だね!!

 といっても自分がその場所に行く可能性は非常にひくいです。残念!!

 日本国内のバスで切符購入ってのは、もう長距離路線バスか高速バスく
らいですもんね!多くのバスは現金で決済されるのが一般的です。香港な
どではICカードが一般的でしょうが、切符買ってバスに乗るなんてのもオ
ツじゃないですか。

 よその国の路線バスなんでしょうが、何かこうして紹介していると、バ
ス旅が恋しくなって来ますね!又時間が出来たら是非何処かいきたい物で
す。

 さ、これで海外のミニバス紹介は終了です。明日なんですが、又少し毛
色の違ったトミカを紹介して行こうと思っております。まだまだ続く「て
んかいさん」シリーズでありました!!(笑)

発売すら知らなかったトミカ。1

海外トミカの発売状況。うむ~これはもう全く判らないに近いです。実
際の話国内のオリジナルトミカに関しての情報すら持っていないのに、海
外の情報が自分の元に入って来る事は皆無に近い。
 なかなか多くのトミカを購入出来なくなっているのが現状です。経済的
な問題も確かにあるのですが、それ以外にもあまりにも日本国内でのトミ
カ販売が増え過ぎているってのもあります。
 自分が購入し出した頃はギフトセットも今と変わらない程度。そしてレ
ギュラートミカが月2台。極希にオリジナルが登場する。ディズニーなん
てのもなかったしね。唯一物凄く楽しみにしてたのが、当時は毎月発売の
あった大スーパーオリジナル。
 イトーヨーカドーさん、AEONさん、アピタさん(当時はユニーだった
な~)。毎月多い月でも10台までは絶対に行かなかった。しかし今は…。
ちょっと考えたら怖いよね。

 増え過ぎてて、海外物にまで手が回らないってのが本音です。実際に
中国、香港、台湾 辺では中国バブルの影響も大きかったのだと思うが、
日本国内での人気と変わらない位の人気があり、もうすっかり固定された
ファンが一杯存在するようです。

 今回の浜松でもそうだったんですが、正直中国系のお客様がないと商売
もこんなには繁昌してないと思われます。兎に角凄いです!!
 来年、再来年とこの勢いはどんどん終息の方向に向かって行く事と思わ
れますが、現在は間違いなく凄い状況ですね!!
 何せ趣味の世界は、現実的な負担が現れた時、最初に削られる分野です
ので。

 そのアジア圏でのトミカ。やはり特注品が結構出回っているんですよ。
正規物の話ですよ。二次加工品はそれはそれは強烈ですからね!!
 本日から紹介するトミカはそんな海外正規物トミカの紹介になります。
今回も提供して頂いたのは「てんかいさん」です。本当に有難いです。

 SNS等でまれに情報が流れておりましたが、今回浜松で現物を始めて見
る始末です。自分はそれほど働く車ファンではないのですが、この車は結
構多くのファンが存在するんじ?いのかな?なかなか魅力的な車体だと
感じております。
 2日間こんな車両の紹介になります。

トミカ香港小巴
TOYOTA COASTER MINIBUS
香港ミニバス(緑)
2015.春頃
2015101501.jpg
2015101502.jpg
2015101503.jpg
2015101504.jpg

(トミカ 3887)

 この車両はトヨタファンの方には溜らないですよね。海外で働いている
トヨタ車。トミカを通じて活躍が手にとれるような気がします。
 さて、販売時期なんですが、はっきりしないのです。国産のトミカ情報
ですら最近ではなかなか難しくなってるのに、海外産では仕方ない。とい
うことで過去にない表記をしてしまいました。詳細情報判りましたらお教
え下さい、速攻で修正いたします。
C2415ですね!生産されたのは3月のようです。春ごろから出回っていたと
の情報間違いないですね。なのに自分は存在すら知りませんでしたが。笑

 自分はバスがめっちゃ好きって訳ではないのですが、普段はバスをメイ
ンの通勤手段として使っております。バスのラッシュは結構大変で、あの
大きな揺れ、鮨詰め、そして朝の渋滞には直接的に影響する。
 そんなのが嫌なので、始発のバスで通勤しております。この時間はそれ
程混んでいません。しかし本数が少なく、乗り換えが大変なんだ。時間に
は余裕を持って動いております。

 バスの話題。本日紹介しているバス、日本国内では地域のコミュニティ
ーバスなんかで活躍してますよね!自分の住んでる近くにも清須市のコミ
ュニティバスの車庫があるんです。コースターも結構とまってます。そん
な中結構目立つのが、日野のポンチョ。あの車両いいですよね!自分の中
でバス車両として是非トミカにして欲しいのが、ポンチョです。物凄く沢
山のバリエーション出来そうです。ギフトセットも簡単に出来ちゃいそう
ですね。何であの車両商品化しないんだろう?ちょっと不思議に思ってま
す。

 ま、ポンチョは海外での普及は難しいですが、コースターはアジアの多
くの国で物凄く活躍してるのは間違いないです。トミカを通じてアジアで
活躍する車両見させて頂きました。いや~トミカ凄いです。

 さて、明日は本日の車両の相方になります。なんともアジアチックなカ
ラーリングの車両達の紹介です。いい感じです。明日も宜しくです。

完全に諦めていたトミカ。2

子供向けとはいえ、良く出来てませんでしたか?個人的にはなかなか完
成度が高いのではないか、そんな風に思っております。やはりしっかりと
した出来の商品は、ちゃんと売れますよね。
 トミカオリジナルの車両なんでしょう。いろいろなメーカーの良い所を
持って来て仕上げてみました!みたいな。(笑)ちょっとC国クォリティー
的な匂いも。(笑)トミカの世界ですので、何でも許される訳で。OKさ!

 さて昨日がアンパンマンと言う事は、本日は当然対戦相手が登場する訳
です。しかしこのストーリーは不思議ですよね。この対戦相手は悪者なの
かな?なんかストーリー見てるとアンパンマンの友達みたいに見えてくる
のは何故なんだろう?完膚なきまでにやっつける、二度と登場出来ない程
やっつける訳でもない。又おいで的な、その都度の軽い撃退。うむ~どう
見ても友達の域ですね。(笑)子供さんのストーリーにケチつける。これ
大人のいけない所ですね。長い年月このストーリーが一般化してる訳です
から、私たちが研究する必要もないですね!(笑)

 もう少し気になる所もあるんですよ、本日登場するバイキンマンなんで
すが、ドンキンちゃんとはどんな関係なんだ?彼女?嫁?同居はしてるん
だよね…。ルームシェアしてるだけ??最も突っ込んではいけない部分な
のかも知れないな…(笑)気にならないですか?おぢさんは気になるが。

 よくよく考えると、このストーリーってしっかり腰据えて見た記憶がな
い。BGM的にテレビから流れてる時があったりした記憶はあるが。何か朝
早いお出かけの時とか、テレビ付けたらたまたまやっててそのままとか。
いい歳したおぢさんたちにはその程度だよね。でも「ア~~ンパア~~ン
チ!!」とか「バイバイキ~~ン」とかキャラクターの決め台詞くらいは
知ってるぞ。日本人の人に優しくっていう英才教育はこんなアニメからし
っかり刷り込まれて行くんでしょうね!!

 さ、そろそろ本日の車両の紹介に行きましょう。こんな仕様で登場です。

ドリームトミカ SP
ばいきんまん
トミカ博 in YOKOHAMA
2015.08
2015101401.jpg
2015101402.jpg
(トミカ 3886)

 良く出来てませんか?個人的には好きです。リヤも開閉しちゃうんです
ね、ボディー形状から察するにエンジンはミドシップマウントのようで。
何となくR8ぽくもありますね。ましかし今の子供さんにはこんな平たい車
は全然興味ないんだろうな、それよりもボンネットの浮き出した、アンパ
ンマンとばいきんまんの方に全て注がれちゃうんだと思います。
 ま、空想の車両と言う事から考えれば、非常に良く出来ている方だと感
じます。

 確か今回の商品なんですが、「トミカ博 in YOKOHAMA」が開幕する前
にトミカのオフィシャルホームページで公表になってたんでしたっけ。
 そうなると、間違いなく初日完売、若しくは持って2日目ってところで
しょうか。兎に角オリジナルトミカの人気は凄いですから。

 もう随分前になるのですが、ミスタードーナツがオリジナルトミカだし
たの覚えてますか?あの時も当然ですが事前に情報が流れた訳で。
 自分ね、ミスタードーナツにオープン前に行列ができるなんて、あれ以
降見た事ないですもん!買いに来てたのは大半大きなトミカすきでしたけ
どね。何だか店の中パニックになってましたね。トミカ効果って如何に凄
いか判りますよね。大方のトミカ扱った企業さん、二度目はないです…
店側が考える効果と、そのパニック度合いがあまりにもギャップがあるの
かも知れないです。本来の顧客と言う表現方法はどうなのか良く判りませ
んが、実際に一番顧客として取り込もうとする年代は多分入手出来ないそ
んな現状なんでしょう。
 すると待っているのはクレームばかりですから!!これは辛いですよ。

 今回出て来たトミカもドリームトミカという性質上、こんな人気キャラ
が登場するのもしかたないですが、これ又本来目的とした年代には行き渡
っていないのが現状なのかも知れないです。なかなかトミカのオリジナル
販売っていうのは難しい物です!!
 
 個人的には略諦めていたトミカですので、本当に有難いです。改めて今
回お世話になった「てんかいさん」に感謝です!!有難うございました。
 さて明日からもまだ続くんだ。「てんかいさん」から提供して頂いたト
ミカ達!!さ、何が出るやら!!又明日です。

完全に諦めていたトミカ。1

最近はオリジナルトミカが登場して来る頻度が高くなって来てますね。
それも、名古屋に住んでいる自分達トミカ収集を趣味とする物には、もう
略諦めなさい!と言われているようなトミカが…。しかし強烈にタカラト
ミーさんには虐められてますね、東海地区。(笑)元々虐げられていた地
域ですので、またもとに戻っただけなんですけどね。

 しかも、そんなスペシャルなトミカに輪を掛けたような商品が登場して
きてしまいました。
 発売当時トミカのオフィシャルホームページにも記載がありました。詳
しい記述を覚えている訳ではないのですが、何か「売り切れ御免」的な記
載があったように記憶しております。
 大人にはそれ程重要なキャラクターではないのですが、子供さんには圧
倒的な、そして絶大な人気を誇るキャラクターを元にしてオリジナルカー
を製作してしまったようです。
 各地域にこのキャラクターをメインとした、総合施設が作られている程。
物凄く子供さんには人気の高いキャラなんです。
 自分は入った事はないのですが、三重県のナガシマスパーランドの施設
と神戸モザイクの施設を通りかかった事はあります。他にもきっと一杯あ
るんだろうと思います。(あまり興味がないので調べませんが。笑)
ま、今回の題材がドリームトミカなので、このキャラクターを題材にした
トミカ発売は、出るべくして出たって感じですね。しかしここで販売しな
くたって…。

 そうなんです販売方法もスペシャルだった!!なんと寄りにも寄って、
私たちが略 参加する事が難しいイベント「トミカ博 in YOKOHAMA」会
場内での限定販売と来たもんだ!!
 こんな凄い限定の入ったトミカなかなか入手は難しいよね!なのでこの
トミカ早々に諦めました。
 
 確かに友人やお仲間の方にお願いすれば購入も可能だったのですが、ど
うにも現在の名古屋に住んでいると、お願いしても見返りに動く事が出来
ないんですよね、本当に申し訳なくって。なので最近では諦めるトミカの
方が増えてる気がします。それが今回の浜松のイベントで入手出来たので
す。それも非常に親しくして頂いてる方から。本当に感謝しても感謝した
りません!!有難いなんてもんじゃない。
 養さんも有難いお言葉に、一気買いとなりました。「てんかいさん」!!
いつも浜松でお世話になっちゃって申し訳ないです!!感謝です。
 ということでこれから数日、「てんかいさん」から購入させて頂いたト
ミカ紹介させて頂きます。本日はこんな車両の登場になります。

ドリームトミカ SP
アンパンマン
トミカ博 in YOKOHAMA
2015.08
2015101301.jpg
2015101302.jpg
(トミカ 3885)

 ね!このトミカトミカのオフィシャルホームページに大々的に掲載され
てましたよね。当然でしょうが、強烈な勢いで売り切れていったようです。
それにしても「トミカ博 in YOKOHAMA」限定販売ってのは強烈ですね!
 いつも「トミカ博 in YOKOHAMA」では間違いなくオリジナルが登場す
るので今回も何か出るんだろうな、とか思って見てたんですが、まさかこ
んなスペシャルが登場するとは思ってもみませんでした。

 キャラクターに関しては、いいオッサンですしそれ程興味がある訳では
ないのですが、やはりオリジナルで作られた車両。そして車両がいつもの
ドリームトミカのようなズングリムックリな車両じゃない。
 いわゆるスポーツカータイプのオリジナル車両。少しは興味が湧きます
って。
 今回の車両で非常に凝っているのが、ボンネットのキャラクターイラス
トに合わせてしっかり凹凸が出来てるんです。うむ~キャラクター一つに
対してボディオリジナル一つ製作。何と贅沢な。

 しゃりょうもなかなか良い感じに纏まってますよね!これは売れる訳で
すね!きっと多くの小さなトミカファンの保護者の方から問合せが殺到し
たことでしょう。子供さん欲しいですよね!実際に「トミカ博 in YOKOH
AMA」に行っても買えなかった方も見えるくらいですから、当然自分とし
ては100%諦めモードに入っておりました。略諦めがつき忘れかけたころ
今回のように巡り会う事が出来ました!!本当に有難い。

 物凄く嬉しいトミカでした。実車と言う訳ではないのですが、ドリーム
トミカの車両の中では非常に良く出来た一台なんじゃないのかそんな風に
感じました。
 当然なんですが、あんぱんマンが登場して来ればこのキャラも黙ってい
ない(笑)明日は相方の紹介になります。

 皆さんの力を借りて収集は成り立っているんですね。有難い事です。で
は明日も続いて行きます。

こういうのが登場するから辞められない!4

さて、本日で連休最終日。そして連日紹介したミニカーショップ イケ
ダ特注スカイライン2000GT-Rレーシングタイプも最後の一台になります。
 なんか嬉しかったです。まさか我が家にこのスカイライン4台がやってき
てくれるとは、思っても見ませんでしたから。そして今回感じたことなん
ですが、あるところにはあるんですよね!あまりにも常軌を逸した値段で
はなく、非常に良心的な価格にて販売しているところが。っていうか浜松
ならではって感じですけどね!浜松価格とでも言っておきましょうかね!
浜松に行った方にしか判らない価格。なんともフレンドリーな、そして豊
富なトミカ達。もう天国ですよ。
 一年に一度、皆に会いに行くってのもあるし、そして普段買わないよう
なトミカが入手できるってのもたまらないしね!
 ちょっと残念なのは、多くの友人と会ってお話してると、新たな友人が
出来ないってのも難点なんだが。(笑)

 中には今回出品されていたお店のように。あまり儲け重視にしていない
店舗なんてのもあるみたいですね。どちらかと言うと値段の付け方や、午
後からの一機の値引きなんか見てると、兎に角処分したいって感じもあり
ましたね。
 立場的には自分達と同じなのかな?なんて思ったりして。本当なら増や
してはいけない。減らさないと!って感じなのかな。
 最終的に自分のコレクション販売に至ってる感じなのかもしれないです。

 結局今回同じ出展者さんから、「店長」も「はっちさん」も自分も購入
してしまったというオチでした。(笑)安かったし、珍しいもの扱ってた
ってことですね!!楽しい浜松でした。

 さ、最終日です。こんな一台の紹介になります。

21-2-37 スカイライン2000GT-Rレーシングタイプ
1975.11~1980.07
ミニカーショップ イケダ特注
ガンメタ
2015100901.jpg
2015101203.jpg
(トミカ 3884)

 最後がガンメタってのも印象的ですよね!皆さんの中でもハコスカのイ
メージは確実にこの色だと思うのです。
 いい色ですよね!なんとも車の迫力を前面に押し出してくれる色だと感
じてます。迫力のあるカラーですよね!
 しかし当時スカイライン乗ってた友人とかこのカラーに乗ってる奴少な
かったな~!!時代と共に、この車両を代表する色も変化してるのかも知
れないですね。楽しいですね自動車は。

 さて今回の浜松なんですが、ここに来ないとなかなかお会い出来ない方
も見えるんです。
 新たなアイテムを入手されたことはブログで知っておりましたが、その
車両を実際に見たことはありませんでした。
 今回しっかり見せていただきました!!

 軽自動車なんですけどね。軽ってナメちゃいけない。ひょっとしたらあ
なたの乗られてる自動車よりはるかに高いかもよ!!少なくとも自分の乗
ってるCR-Zよりは高い車両だと思われます。ま、我が家もオプション足す
と結構な値段まで言ってしまいますが、オプション抜きなら間違いなく自
分の車両価格上回ってます。凄いですよ!
 そしてもう絶対カッコ良かった。国産車でここまでカッコイイ車両なん
て残念ながら今のところないです。
 こんな車両なんだ。
2015101201.jpg
2015101202.jpg

 ケーターハムの軽バージョンです。リヤにはpowered by スズキの文字
うむ~カッコイイ。自動車の楽しみ方本当に色々ですが、凄く素晴らしい
カーライフなんじゃないのか、そんな風に感じました。
 自分の周囲にこうして自動車やバイクをしっかり楽しむ仲間がいる。本
当に誇らしく思ってます。

 色々な意味で物凄く楽しい浜松です。

 今回のスカイラインの紹介はこれで終了です。ここまでは自分が購入し
たトミカです。明日からは養さんが購入したトミカの紹介をして行こうと
考えております!まだまだ続く浜松スペシャルです。明日からもよろしく
です。

こういうのが登場するから辞められない!3

さて、今晩で3日目になりますが、いいですね!個人的な好みもあるので
すが、このカラーリングのバリエーションってのが最も好きです。良いシ
リーズだなと、改めて感動しております。

 話は全く違うのですが、実車の話題。最近のカラーバリエーションと言
う話で言えば、間違いなく群を抜いているのが、トヨタさんですね!その
ベースとなっているのが、中高年の星と呼んでもいいクラウンを使用して
いるってのがポイント高いですよね。何せ新車であの車両を購入しようと
すればソコソコの収入がないと無理だと思うんです。その車両に対して、
最近のコマーシャル見ましたか?凄いですよね!12色でしたっけ。またね
日本国内でしか売らないってのもあり、カラーリングのネーミングが非常
に素晴らしいんです。

●紅(クレナイ)リッチレッドクリスタルシャインガラスフレーク〈3U2〉
●仄(ホノカ)ローズメタリックオパール〈3P3〉
●茜色(アカネイロ)オレンジメタリック〈4R8〉
●天空(ソラ)ピュアブルーメタリック〈8Y1〉
●群青(グンジョウ)ダークブルーマイカメタリック〈8W6〉
●紺碧(アオ)ダークブルーマイカ〈8X8〉
●白夜(ビャクヤ)グレーメタリック〈1G6〉
●翡翠(ヒスイ)アルミナジェイドメタリック〈6W4〉
●常盤色(トキワイロ)グリーンマイカメタリック〈6V2〉
●胡桃(クルミ)ブラウンマイカメタリック〈4U2〉
●黒曜(コクヨウ)ダークブラウンメタリック〈4U5〉
●白光(ビャッコウ)ライトイエローマイカメタリック〈5B2〉

と言う12色がジャパンカラーセレクションパッケージ
素晴らしいですね!!

 なんともスカイライン紹介してるのにカラーリングの素晴らしさを例え
るのにトヨタさんを使うのは申し訳ないのですが、やはり現在の日本車の
カラーバリエーションの中で最も素晴らしいのがトヨタさんだと自分は考
えております。カラーリングが車両のイメージを如何に変えるかという事
を間違いなく実践に移していると思うのですが、いかがでしょうか?

 この自動車のカラーリングって奴ですが、現在クラウンのコマーシャル
はフランスを舞台に造られているのだと思うのですが、まんざら作り話で
もないんですね。フランスの日本好きは結構凄く、このカラーリング名、
そして漢字は間違いなくフランス人の心鷲づかみすること間違いなし。
 フランスで販売されることはないと思うのですが、もしがあれば、相当
売れるんじゃないのだろうか?
 結構確信があってのコマーシャルなんではないのかと、そんな風に感じ
るのです。

 本日の話題はカラーリングに的を絞っていこうとおもいます。今日はこ
んなカラーが登場してきます。

21-2-36 スカイライン2000GT-Rレーシングタイプ
1975.11~1980.07
ミニカーショップ イケダ特注
シルバー
2015100901.jpg
2015101101.jpg
(トミカ 3883)

 本日紹介しているスカイラインのカラーリングなんですが、シルバーで
すね。
 これ、自分の記憶の中での話しなので、あまりはっきりとした、そして
確実な情報ではないと思うのですが、少しこの車両を見て思ったこと本日
の記事にして行こうと思います。

皆さん、このハコスカって車両をイメージするときどんな色が思い浮かび
ますか?一番最初に思い浮かぶのがガンメタじゃないですか?なんかこの
色に黒のワークスのオーバーフェンダーってイメージがありませんか?実
際の話、自分の中にもそのイメージがあるんですよ。

 でも、自分が小さかった頃、街中ではまだまだこの車走っていたんです。
そして自分の身内にもこの車両に乗ってた従兄弟がいたんですよ。
 今では信じられないことなんですが、自動車の色に対して当時の田舎で
は物凄い偏見が存在したんです。派手な色の車両なんて殆ど買う人なんて
いなかったんです。田舎で買えた色は白かシルバーだったと思う。
 兎に角地味な色しか変えなかった。なので多くの若者は白を選択したと
思うのです。

 自分の記憶の中で多くのハコスカは白なんですよね。なのに現在なぜ白
のハコスカ見ないんでしょうね?現在残ってる車両の殆どがカラーリング
変更されている可能性がたかいですよね。白のハコスカってのもなかなか
爽やかなイメージだったな!日本の道にはよく似合ってたと思います。
 なんか車両のカラーリングって物凄く大切だと思うんです。もう少し実
車もトヨタさんのように、カラーリングを見直す必要があるんじゃないの
かな。そんな風に感じてなりません。

 そしてそれがトミカにも生かされる。以前あったカラフルセットのよう
なものの復活も個人的には期待しています。

 トヨタさん、トミカでジャパンカラーセレクションセットなんての出し
てくれませんかね!12色1セット!!これ壮観だろうな!なんか夢のある
セットのような気がするのですが、自分だけなんだろうか。
 
 本日は自動車のカラーリングについて考えてみました。奥深いですよね
自動車って。
 さて、明日なんですが、今回紹介してるシリーズの最終日になります。
しかしよい物入手できました。明日又お付き合いよろしくです。

こういうのが登場するから辞められない!2

つまらん事なんですが、バリエーション番号もちゃんと全部違ってるって
見てくれてました?(笑)いいですよね。この頃はしっかりとしたバリエ
ーション番号が存在してて。
 あるいみいま、こんなにしっかりバリエーション番号が付けられていた
ら、逆にトミカ人気はどんな事になってるんだろう?恐ろしいことになっ
てるんだろうな…。
 ベトナム製に移行した当初なんて、品質が定着できず、物凄い勢いでバ
リエーションが登場してきていると思う。そして基本的にベトナム製に移
行する自体、物凄い数のバリエーションが存在してくると言う事ですから
ね!番号凄いだろうな。

 M氏以外はこのバリエーション番号が発表できない。現在はこれが逆に
救われている気がします。番号が存在すると、人間ってやはりそれが集め
たくなる。収集癖のあるものの特徴のようなものですからね。
 
 トミカの世界も中国バブル全盛です。結構貴重なトミカなんかも中国に
流れているものと思われます。ひょっとしたら日本国内より中国のコレク
ターの方が熱いですからね!もし番号が存在して、又これが入手困難だっ
たりしたり、その番号を纏めた本が新たに登場したりしたら…、考えただ
けで怖いですね!日本国内からトミカが姿消すんじゃないだろうか!(笑)
 
 トミカの世界もなかなか凄いことになってるんですね。中国に大量に流
れ込んでいるのは白物家電だけじゃないんだよね。トミカも同様なんだね

 本日紹介しているような、ジャンルに関しては、浜松を見ている限り、
あまり真剣に購入してる感じは見えませんでした。主に購入されているの
は中国製のトミカのようです。
 あまりはっきりとした購入対象は判りませんが、トミカに対する知識は
相当凄そうですね。トミカも日本だけのものじゃないなって今回改めて感
じる事が出来ました。

 本日の一台も昨日に引き続きスカイラインシリーズです。本日はこんな
感じです。

21-2-35 スカイライン2000GT-Rレーシングタイプ
1975.11~1980.07
ミニカーショップ イケダ特注
ホワイト
2015100901.jpg
2015101001.jpg
(トミカ 3882)

 確かに魅力ありますね!!この箱スカだけをコレクションしている方も
見えると聞きます。その気持ちが十分わかりますね!

 この車両が実際に登場した時代は、まだまだ日本の自動車はこれから羽
ばたこうと、右往左往している時代です。そんな発展途上の自動車って面
白いんですよね!現在このデザインが登場したら、果たして認められるの
か判りませんが、当時の日本ではこの四角いスポーツカーが兎に角カッコ
よかったんだよね!510しかり。発展途上の車両は兎に角魅力一杯なんだ。

 まだまだ中国のコレクターさんには、日本の古いスポーツカーの魅力は
伝わってないようです。日本の自動車にたいする魅力はトミカにかぶって
いないし、これから先も日本人の感覚は伝わるとは思われませんので、ト
ミカの収集は全く違った価値観でこれからも進んでいくんでしょう。面白
いものですね!!

 現在あちこちに登場してくる中国オリジナルの高い二次加工モデルには
あまり興味はありませんが、国によって色々な価値観で、いろいろなコレ
クターが存在するのは心強いです。トミカという媒体で世界がつながると
面白いですね!!

 バブルなんてものがいつまでも続くとは思われませんし、そんなものが
なくなっても、トミカに対する情熱は行き続けてくれると良いですね。

 三連休皆さんどんな風に過ごされてますか?充実してますか。のんびり
楽しく、しっかり休み楽しんでくださいね!!では明日も続いていきます。
本日はこんなところで。

こういうのが登場するから辞められない!1

浜松のイベントは本当に有難い。販売側に物凄く多くの知り合いがおり
滅茶苦茶有難い!定価より遥かに安いお値段で購入させて頂いたりしてお
ります。
 今回購入した商品は、販売されている方全くしらない方だったんですが
「店長」「はっちさん」ともそのお店見に行ったんですが、間違いなく物
凄く安い値段で販売されていました。
 その安いお値段、終わりに近付くに連れ、またそこから下がってたりし
ました。
 普段この手のショップオリジナルと言う商品に手を出す事はないのです
が、あまり普段見掛けない値段で販売されておりましたし、我が家がなん
とか購入出来る範囲の値段でしたので、ワクワクしながら購入させて頂き
ました。
 ショップオリジナルでバリエーションセットでの販売。発売された年月
が調べられませんでしたが、多分ベースになってる車両考えると結構古い
のではないか、そんな風に思います。そんな古い商品、今の自分がわざわ
ざ何処かで探して購入ってのもなかなか考えにくい。浜松だからこその商
品購入なんじゃないのかな。

 一年に一度の楽しみです。もうね~そりゃ魅力のあるトミカなんかも物
凄く一杯あるんですよ。ま、しかしそんな興味を引くような凄いトミカは
めっちゃ高いしね!とても購入出来ない。
 凄いレアな○○○マツダ787Bの箱付き何てのもあったけどね。もう○万
円ですから。それは流石に手が出ない。(笑)ピンからキリまで。
 こういったトミカって見るだけでも楽しいですよ。ある所にはあるし売
ってる所では売ってるんです!こんなのも浜松の魅力なんじゃないのかな
毎年楽しみにしてます。

 さて、今回のトミカなんですが4日間に分けて紹介させて頂きます。残念
ながらこの車両に関してそれ程ネタも持っておりません。はたして4日間
記事は続くのでしょうか。なんとかかんとか最終日までなだれ込みます。
では初日こんな一台登場してまいります。

21-2-34 スカイライン2000GT-Rレーシングタイプ
1975.11~1980.07
ミニカーショップ イケダ特注
パープル
2015100901.jpg
2015100902.jpg
(トミカ 3881)

 まさか浜松で自分がトミカのGT-Rを購入するとは全く考えてもおりませ
んでした。
 箱付きでしっかり並べられると、魅力ありませんか?自分のようにハコ
スカにそれほど思い入れのないものでも、欲しくなっちゃいますって。そ
して販売価格が我が家でも手が出る範囲。いや~今回はすんなり購入です。

 なんかめっちゃ幸せな気分です。(笑)きっと結構なお値段で取り引き
されてますよね。少し前から書いてますが、日本製ってだけでアホ見たい
な値段が付く昨今。オクに少し乗せてだしても元引けそうなきがする。我
が家がトミカオクに出すなんて事もないけどね。そんな値段で購入出来る
のも浜松の魅力だね!!うん。何か良い買い物した気がするな~。
ってことで初日はパープルです。

 うむ~流石にこの車両見なくなりましたね。今回浜松駐車場にもモデル
ベース車両が駐車されておりました。最近は会場駐車場もマニアックな車
両の展示会のようになってます。
 自分の周囲にはあまりにも自動車に詳しい方が多いので、実際にこの車
両がなんなのかが即座に判明してしまう。
 仕様としては完璧に近いGT-Rでしたが多分GT-Xの改造車なんじゃない
のかな。そんな結論でした。
 ま、ドライバーさんとお話した訳でもないし、これは正真正銘のGT-Rで
すと力強く言われた訳でもないので。(笑)何でもいいんだけどね。
 兎に角この年代の車両が現役で、それも非常に美しい状態で走っている
事が貴重なんですよね!!これから先も大事に乗っていただければ、そん
なふうに願っております。

 トミカはどれだけ紹介しても果て無しですね!自分を含め周囲のコレク
ターさん、何でもかんでもトミカ購入って段階はそろそろ終わっています。
 気に入ったトミカちゃんと選ばないとね!なかなか難しい問題です。
浜松はそんなコレクターにはなかなか辛いイベントではあります。(笑)
さ、明日に続けて行きます。あすも同じ車両の色違いです。明日も宜しく
お願いいたします。

この一台は自分が選びました。

何かなかなか入手出来ないトミカってのが結構ありますよね。それもそれ
程古くない物なんですが、なかなか物が登場して来ない。出て来たとして
も結構なお値段で取り引きされていたりと、どうにもこうにも入手が難し
かった商品なんてのがあったんです。

 そう言う時はやっぱり浜松ですよね!!でも記事の中に少しだけ触れた
と思うんですが、今回も隣国C国からのお客様が大挙して購入にあたられ
、最近流行り言葉になっている、いわゆる爆買ってやつですか、が好評大
開催されておりました。(笑)もうね、買われる量、金額が、ちょっと半
端ないんですよ。これでは欲しいものも買えないって思うでしょ、しかし
ね世の中上手く出来てるんですね!色々な方の話きいて分ったのですが、
同もC国の方が欲しているモデルと日本人が欲しているモデルに違いがあ
るような感じなんですね。興味の範囲外でも値段が安かったら根こそぎ購
入されちゃいますけどね。
 今回自分が欲しかったモデルはブリスターパックだったんです。この商
品はサック箱では出てないですからね。
 そこも良かったのかも知れないですね。今まで見た中で最も安い値段で
販売されていたんです。C国の魔の手を逃れて(笑)しっかり残っていて
くれました。ありがたいありがたい。

 ほしいな~って思ってから果して何年が経過した事でしょう。こんなト
ミカバブルの時期がまさか一番価格が落ちて来るとは思ってもみませんで
した!!流石浜松です。

 本日ですがこんなカッコイイ車両の紹介になります。

キャラトミカ
マッハGoGoGo
CM-1 マッハ号
1997 
2015100801.jpg
(トミカ 3880)

 やっと我が家に来てくれました!しかも今回、何故だか判らないのです
が多くのお店が扱っておられました。昨年お邪魔した時には結構なお値段
だったんですけどね、今年は全然購入に問題のないお値段でした。値段に
ついては色々問題もるでしょうから、控えさせて頂きます。しかし格安だ
だったのは間違いないです!何せ我が家が買えたくらいですから。(笑)

 意外にこのトミカ古いんですよね!フ?ムを見ると歴代トミカとして
登場したマッハ号のなかで一番斬新じゃないのかなっておもうんです。し
かし発売されたのは一番最初で、なんと1997年に発売されているんです。
 自分はそれほどそこにこだわっている訳ではないのですが、生産国が日
本らしいんですよ。個人的には確認のしようがないですが、何せブリスタ
ーパックなもので、しっかり裏板確認が出来ません。どうもそんな生産国
もあり、お値段が急騰してたのかも知れないです。
 
 少しだけ値段が下がった要因として、ドリームトミカとして登場した事
も理由の一つかも。実際モデルとしては全然違うんだけどね!自分は全く
見ていなかったんですが、1997年にこのアニメがリメイク放映されたよ
うなんです。このアニメあまり人気がなかったようで、何事もなかったか
のように終了して行ったようです。主人公もなかなかカッコよくなり、頑
張ったんだろうけどね、残念!!そのアニメに登場した車両のモデル化の
ようです。なかなか斬新で逆に受け入れられなかったんだろうか?
 自分達が見ていたマッハGoGoGoはなんともシンプルな、しかしそれでい
てカッコよかったんだ!!ちょっと雰囲気は違うかもね。

 トミカとしてもなかなか不思議なシリーズで登場して来ました。キャラ
トミカというシリーズだったんですね。当時は色々出てこのシリーズも結
構人気があったようなんですよ!
 そんなこんなでなかなか入手が叶わず、やっと2015年に入手ですわ!!
なんと入手までに18年!!(笑)ある意味粘り勝ち的な…。(笑)
 何か物凄く嬉しい一台でした!!こうなると、一緒に登場したもう一台
も入手したい物ですね!又来年お安く販売されてたら購入考えます。

 と言う事でやっとトミカで発売されたマッハ号3台揃いました。嬉しい。

http://youkei3298.blog43.fc2.com/blog-entry-3073.html

http://youkei3298.blog43.fc2.com/blog-entry-940.html

 本日は自分が欲しくて購入した1台紹介させて頂きました。明日も自分が
欲しくて購入したトミカ紹介して行きます。よろしくおつき合いお願いし
ます。

養さん目線のトミカ。

さて本日から又トミカに戻って行く訳ですが、まだまだ浜松の余韻を引
きずっております。というかこれからがこのブログとしては本番になる訳
ですが。
 これが又最初に手にしたトミカが、なかなか養さんらしいトミカだった
のでここから紹介初めて行こうと思っております。

 実際浜松には色々なタイプのトミカやミニチュアカーが販売されている
のです。購入される方の丈に合ったというか、お金持ちから、お小遣い程
度まで、もうそれは多種多様なわけです。
 どちらかと言うと我が家は後者。もの凄くお安い子がメインになってお
ります。そんな購入者としては浜松のイベントはもってこいなんですね!
とくに「ごっとんさん」ところなんですけどね!(笑)それ以外でも探す
と結構お安い所なんかもあったりします。
 最近はなかなかボロボロのトミカ扱ってる所も少なくなって来ました。
以前なんか結構リサイクルショップでも箱の中にトミカが一杯入ってて、
好きなのゴソゴソ探すなんてのが普通でしたからね。
 そんなリサイクルショップもなくなり、どんなオンボロも袋に入れられ
吊される時代になってしまいました。
 養さん曰く、あの箱の奥から探すのが楽しかったらしく、現在の販売方
法は確かに分かりやすいのですが、何が出て来るのかと言うワクワク感が
薄れてしまった。そんな感覚のようです。
 それは自分も判らないではないです。値段の付け方も当時はアバウトで
したからね!ボロボロのトミカなんか本当に安かった。今は変な知恵が付
いて意味が判らないのですが、日本製と言うだけでとんでもない値段が付
けられたりしてます。それもボロボロなのにね…。結局売れ残って行くの
だが。
 そんなこんなで一年に一度浜松でいろいろ散策するのが楽しみになって
る訳です。しかし店によって同じ商品でもとんでもなく値段が違いますの
で、じっくり見定めるのが得策かと。

 トミカ紹介の最初の一台。これなかなか普通の人買わないですよ!!笑
養さん的には非常に満足のイク一台のようです。こんな一台が登場してき
ました。

13-6-4 ニッサンセドリック
1988.04~1996.07
2015100701.jpg
(トミカ 3879)
 
お~~!!来ちゃってますね。リサイクルショップ風に言うと、日本製で
す。(なんじゃそれ。笑)1~11に絞られます。
まず、わずかに残る痕跡からこの車両のカラーはMMですね。(笑)うむ誰
でも判ります。(笑)と言う事でバリーションでMMは1.4.6.7.8に絞られま
した!ここで結構絞られたぞ!!
そして次に判りやすいのがホイールです。このホイールは2Fです。すると
4.6.7.8 4つに絞られたぞ!!
 問題なのは次、ウインドウカラーなんだが透明ではないので7は省略。
4.6.8の3つになりました。Bモスってかんじでも、Gモスって感じでもない
ので多分モスなんじゃないのかな?個人的見解では4なんじゃないのかと
思われます。

 前にも記事にしたのですが、このブログ始めた頃にはレギュラー物から
紹介しようなんて言う気持が全然なく、何となく思い付いた車両をピック
アップして紹介してたんですよ。なんで当時のレギュラーものが殆ど紹介
されていないんです。
 かといってケースの中に入ってる当時のトミカをガサガサして紹介し直
すのも非常に面倒なので、新たに何らかの理由でやって来た個体を紹介し
て行くという方法をとっております。なのでこの車両このブログでは初紹
介ってことになります。うむ~。ちょっと吃驚です。

 注目すべきはこの車両はサイドミラーがあるんですね!当時あったりな
かったり、何の基準だったんでしょうね!トミカの曖昧さってのは今も昔
もあまりかわらないですね。(笑)
 日本製のトミカの凄い所は、これだけボロボロになっていても身元調査
が可能と言う所です。これもしっかりとしたトミカコレクターさんが資料
化してくれたお陰です。脱帽です。今年は残念ながらM氏お会いする事が
できませんでした。来年は又是非元気に遊びに来て下さいまし!

 トミカ紹介初日にしてはなかなか素敵な車両だったでしょ!凄く楽しか
ったです。凄くボロボロなトミカは今回この一台でした。こんな車両購入
するのも我が家くらいでしょう。少なくとも需要はあるようですよ!!笑

 浜松でも価格の高騰も顕著でしたね。うむ~年々買いにくくなってます
。トミカバブルいつまで続くんでしょうね。怖い怖い。正当な値段に戻り
ますように。と言う事で本日終了です。
 明日からは箱付きトミカの紹介だ。宜しくおつき合いを。

綺麗で病んでないミニカー。

Matchboxシリーズの最終日を飾るのは、とんでもなく古いわけでもなく、
かといって滅茶苦茶新しいわけでもない。Matchboxとしてはある意味中途
半端と言われても仕方のない車両を紹介しようと思います。
 でも実際にはトミカが生産を始めた年の商品なんです。と言う事はもう
45年ほど経過しているってことですね。日本のミニカーの歴史からしたら
とんでもなく古いものなんですが、Matchboxとしては比較的新しい部類に
分類されるのかもしれません。歴史感じるでしょ!

 しかし、自分のようなちょっとへそ曲がりなミニカー好きは、本日紹介
するような車両が大好きなんです。

 実は本日紹介する車両は「ごっとんさん」から頂いた一台なんです。も
う最初に見たとき、ググッと引きづりこまれるような不思議な魅力感じた
のです。最初見たときなんかが違うように感じたんです。歴史の古いミニ
カーは何度も何度も外箱を変え、その都度歴史を築いてきたのです。
 本日紹介しようとしている車両はMatchboxの歴史の中でも結構大きな変
化の時代をそのまま形にしたようなものになります。
Matchboxの歴史上非常に貴重なものだと思います。多分それ程珍しいもの
ではないのかもしれませんが、事情が少しだけ判ってるミニカー好きには
物凄く楽しい商品になります。

 本日なんですが長々と紹介してきたMatchboxシリーズの締めの一台です。
自分らしい締めのような気がしています。
 こんな1台の紹介になります。

MATCHBOX
Super Fast
40-C1 Hay Trailer
1970
2015100601.jpg
2015100602.jpg

箱のタイプ
SF TYPE B-"Matchbox Superfast" with blue square(1970)
すごいでしょ!箱もしっかり名前が付けられて分類されているんですよ。

後続の「タイプC」の箱が出るまでの場つなぎ的な性格が強い外箱ですよ
ね!
以下の5点では、キャタピラを履くなど特殊なホイル処理のモデルのため、
レギュラーホイル時代のパッケージを踏襲し、「Superfast」の表示がさ
れてないんです。
「スーパーファスト」とは(スピードホイル)の事です。今回紹介してる
車両のようなホイールの事をレギュラーホイールと呼んでいます。

実は下記の5台はどうしてもスーパーファスト化が出来なかったんです。

16-D1 Case Tractor(ゴムキャタピラ)
39-C2 Ford Tractor(大小の特殊ホイル)
40-C1 Hay Trailer(トラクター牽引用のトレーラーで車軸が露出)
61-B2 Alvis Stalwart(6輪)
65-C1 Claas Combine Harvester(大小の特殊ホイル)

「16-D」の「ケース・トラクター」。ゴムキャタピラを履いたブルドーザ
ーで、どう考えてもスーパーファスト化できないため、スーパーファスト
BOXのデザインになりながら「Superfast」の表示がされなかった特異な例
です。
上記の5種類の箱にはSuperfastの文字がどこにも書かれていないんです!

「Superfast」がシリーズ名であるなら、パッケージに表示しても何の問題
も無いわけですが、「Superfast」を商品の機能・性能と考えているため
に、「虚偽表示」になることを避けようとしたのでしょう。
マッチボックス・スタッフが、いかに「真面目」かが偲ばれようというも
のです。
 と言う説明文がマニアさんの紹介のページにありました。

と言う事で本日のモデルは実際にはスーパーファストシリーズなんです。
箱も商品もとんでもなく中途半端な時代の物なんです。ある意味貴重な商
品なのかもしれません。時代と時代を生めるために出来た商品と箱なんじ
ゃないのかな、そんな風に感じます。
 自分のような中途半端なミニカー好きはコレクターと名乗るのも恥ずか
しいし微妙なんですよ。そんな微妙な奴は、こんな微妙な商品がお気に入
りなんです。(笑)お似合いかもしれないです。

 これで今回浜松で養さんと自分が入手したMatchboxのミニカー紹介終了
していきます。
 
 そしてお約束なんですが、トミカ入手しないわけがない。(笑)沢山の
友人に甘えめっちゃ楽しく買い物してきました。明日からはトミカ紹介し
ていこうと思っております。又楽しんでいきましょ!!ではMatchboxシリ
ーズ終了です。パチパチパチ。

良い感じに病んでしまったミニカーたち。2

けっこう色々なLESNEY入手してきたんですが、これは初めてかな?
自分はここがメインって訳ではないのですが、養さんがこんな感じの少し
難アリのミニチュアカー達が大好きな物で、そんな事もあり結構な数が集
まって来てると思うんです。
 相当仕事した子達がやって来る訳ですから、完品は難しい。本日紹介す
る車両も実は完品ではないんです。昨日に引き続きTOP部分が欠品してお
ります。しかし養さんが「ごっとんさん」から購入している値段考えたら
そんなの当たり前なんです。自分もそんな細かな事は気にしません。

 そんな中でこうした40年を超えた車両達でもっとも欠品するパーツがあ
るんです。プラスチックパーツ。うん!確かにそれも経年劣化とか子供さ
んが一番最初に破壊するのがそういった少し出っ張った部分だったりしま
す。ここはなんとなくわかるじゃないです、しかしコレクターさんがどん
なに大切に扱っても欠品若しくは破損する所があるんです。それが今回の
車両にはあるんですが、ちょっとびっくり、しっかり残ってるんですよ。

 TOPのパーツが欠損するくらいなのに、肝心のパーツが残ってくれてま
した!これは凄い。そして嬉しい。自分のように病んでしまった車両メイ
ンだとこれがなかなか見られないんです。ましてや40年以上経過した物で
は殆ど期待出来ないパーツなんです。いや~こんな感じだったんですね。
初めて見たかも。ちょっと嬉しいです。
 養さんは何気なく入手して来てますが、過去我が家には一台もいないん
ですよ。ちょいと貴重です。

 本日なんですが、現代も基本的な形が殆ど変わっていない、しかし重要
な働く車紹介して行きます。こんな車両が登場してまいります。

LESNEY
16D CASE BULLDOZER
1969
2015100501.jpg

 例のごとく「タロささん」のぶろぐを参考に見てみると、ボディ色とあ
まり合わないTOPがプラスチックパーツで付いてるようですね!
うむ~先程も触れましたが、取り外しの利くようなとくにプラスチック製
パーツの欠損はもう仕方のない事です。ある意味このコンディションでそ
れを求める方が難しいと思うんです。
 
 それよりも本日注目したいのはゴム製のパーツ。キャタピラなんです。
これだけはどうやっても硬化して行きますし、無理に遊べば確実に切れて
無くなります。なにせ40年以上も前のゴム製品です。輪ゴムだって40年
経過すると箱の底とかでドロッと溶けてとんでもない事になっちゃってま
すからね。
 良く残ってましたね!凄い事だともいます。我が家がこれをグリグリ動
かす事もありませんので、たぶんこの状態が少しは保たれると思うのです
が、しかしいつ切れるかはわかりません。現在の状況も決して良いわけで
はなく何とか残ってる状態ですので、できる事ならこの状況を長く保って
あげたい物です。なので撮影後は塩ビの透明ケースに入れてあげます。
長く持ってくれるといいですね。直接塩ビにゴムパーツがあたってるのも
問題ありますので、ティッシュ包みってのがいいのかも。これでのんびり
と休憩出来る事でしょう。いや~本日は貴重なLESNEY紹介出来ました。
満足満足。
 明日なんですが、LESNEYなんですが、これはまたちょっと豪華な1台紹
介して行こうとおもってます。何かもの凄く楽しんでますよね。
 でもこれ全部養さんが入手した物ですからね!(笑)ということで明日
に続いて行きます。めげずに付き合ってくだされ。

良い感じに病んでしまったミニカーたち。1

本日からは題名が若干変化しました。(笑)素晴らしくから良い感じに
変化いたしました。それは扱うシリーズが変わったからなんです。しかし
全体的にメーカーが変わったわけではありません。同じなんですが発売し
たシリーズ名が変わってまいります。
 良い感じに、に変化した理由はシリーズ自体が少し古くなったこと。な
ので製造された年代が少し古くなってきます。と言う事でやつれ方も「良
い感じ」に変化していきます。これね、個人的には物凄い褒め言葉なんだ
よね!
 本日からLESNEYに変わっていきますが、もう個人的には欠品とか全然問
題ではないんです。車両の形のままで自分のところに来るだけでも、実際
凄いことだと思うんです。

 今はどうなのかわかりませんが、物を大切にする日本人ってのが当時の
当たり前だった気がします。その後使い捨ての時代なんてのがやってきま
すが、個人的には物を大切にする日本人の方が好きだな。残念ながら車に
関しては国の制度が、どんどん古いものを捨てなさい的な税制をしいてお
ります。我が家もその対象で、1台はエコカーにも拘らず、もう1台は割り
増し税金の対象車です。考え方によっては、いってこいでチャラって感じ
かな!!(笑)

 本日登場してくるミニチュアカーほど古くないですが、色々な時代や流
れを経験した物達です。本当は大切にするべきだと思うんだけどね。
 残念だけど、時代はそれを許してくれないのかもしれないです。景気が
良い、悪いは確実にありますから仕方がない事です。現在は色々な意味で
余裕がなかなかなくなってきてる時代のようです。
 我が家も決して余裕があるわけではありませんが、それなりに一生懸命
仕事して、できる限り余裕を作るように心がけております。

 そんな一生懸命を癒してくれるのが、自分的にはこうした古いミニカー
たちなんですね。本日登場してくる車両も欠品がありますが、そんなのは
問題外。十分楽しませてくれる車両です。本日はこんな一台が登場してき
ます。

LESNEY
47C-2 TIPPER CONTAINER TRUCK
1968
2015100401.jpg

コンテナのTOPが欠品のようです。年代考えたらこれくらいの欠品はしょ
うがないですよね!車両の形が判断できるだけでも凄いと思うんだ。
 1968年です。このシリーズとしては比較的新しいほうだと思うのですが
それにしたって、47年前の車両です。トミカの歴史より古いんです。凄い
ことです。

 この時代の車両のエンジンマウントがシート下に収められたこのスタイ
ルが1960年代に一般的だったという事実。海外の技術が如何に進んでいた
かが判ります。こんなこともミニチュアカーを見て判ることですね。だっ
てね、ミニチュアカー見るとき以外で、1968年の頃のトラックってどんな
形だったかなんて調べませんよね!それをまた日本製の当時のトラックと
の比較なんて絶対しないですよ。
 このあたりの車両紹介するときには「タロささん」のブログ参考にする
んですが、まだまだこのあたりの車両は新しいほうなんだな!って感じて
しまいます。LESNEYの歴史の古さ。本当に驚きです。
 ヤバイな~こうして紹介続けてると、トミカも面白いが、古いミニカー
の楽しさガンガン表に出てきますね!!ソコソコにしないと。(笑)

 この車両を楽しんでいた方、当時5歳か6歳くらいと仮定しても50歳超え
ているんですよ。そうかんがえるとすごいですよね。持ち主は確実に寿命
があります。しかしこうした車両達は持ち主は変わっていくのでしょうが
コレクターと言う生き物に運よく渡れば、寿命はないと思われます。色々
なものを見ながら生きていくことでしょう。

 しかし一年に一度浜松にお邪魔すると、一杯買っちゃいますね!楽しす
ぎです。まだまだ一杯買っちゃったんだよね。買い物は養さんの仕事なの
で、改めてこうしてじっくり見るのが楽しみです。さ、まだまだ続いてい
きます。しかし良い時間過ごさせていただいてます。この時期はミニカー
紹介してるものにとっていい時期ですね!新しい週ものんびりと進めてい
きましょう!!では又明日です。

素晴らしく病んでしまったミニカーたち。5

本日の車両なんですが、連日紹介させていただいたSuper Fastシリーズ
の最終日です。今回養さんが入手したSuper Fastはこの車両が最後になり
ます。本日紹介する車両なんですが、Super Fastの中でも結構古いシリー
ズなんじゃないかと思うのです。生産販売された年代も1968年~1972年と
比較的古く、車両本体のボディ形状も非常に懐かしさを感じる。
 この当時日本のトラックボディは間違いなくボンネット型だったと思い
ます。こうしてみると海外の車両が如何に当時の日本の車両と技術的にも
スタイル的にも差があったかわかりますね!うむ~ミニチュアカーは私達
に多くの事を教えてくれます。

 自分が結構ビックリしたのは、1960年代の海外の車両の曲線の多さ。全
体に丸みすら感じるボディ。1960年代の海外の車両作りの技術って相当す
ごかったんだなとおもいます。ミニチュアカーにしろ、本体にしろ、当時
の日本の技術は確実に遅れていたものと思われます。
 
 日本人は非常に勤勉です。その後40年以上経過した現在。確実に色々な
分野で肩を並べ、ある分野では先輩である海外車両を越えているといって
も過言ではありません。経験と言う部門では流石に先輩各国を超えること
が出来ないでいるのも事実です。でも決して諦める事無く日本の車作りは
努力を続けていくことでしょう。
 しかしすごいよね!1960年代にこの車作ってた海外。驚愕ですよ。

 さ、本日Super Fast紹介の最後。個人的に非常によい車両だと思ってお
ります。こんな車両の紹介になります。

MATCHBOX
Super Fast
SF21-A FODEN CONCRETE TRUCK
1970
2015100301.jpg

 なんか全体がタイヤってイメージの車両ですね。この車両のバリエーシ
ョンはネットで調べた限りではLESNEYを含めて大まかに2種類。細かなバリ
エーションは存在しているようですが、自分は教科書を持っていおりませ
んのでそこそこの事しかわかりません。いずれにせよSuper Fastシリーズ
が始まった頃、LESNEYからホイールを変える事で新シリーズに投入された
車両だと思います。
 どちらかというと、Super Fastより、LESNEYの方が有名のようです。元
の型は古いもののようです。
 現在のトミカが子供さんに働く車が滅茶苦茶人気があるように、当時も
子供さんに、絶対的な人気を誇ったのだと思われます。当時のお子ちゃま
は自分たちなんですけどね。(笑)自分はそれ程働く車に興味はもってお
りませんでした。やはり乗用車やスポーツカーに憧れる子供だったと思い
ます。当時の子供は皆スポーツカーに憧れてたと思うんだが。海外ではそ
うではなかったのかもしれないですね。
 もう60年代に海外では今の日本の子供達と同じ状況が起こっていたのか
もしれないですね。もう子供さんのアイドルは働く車だったのかもしれな
いです。

 いつかこの車両のLESNEY版欲しいものですね!なかなかLESNEY購入まで
手が回りませんので、いつの事やらってかんじですが。ま、希望は捨てな
いでおきましょう!!

 やっぱ面白いですね!古いミニチュアカーは。
 取りあえずこれでSuper Fastの紹介は終了です。明日からは先代LESNEY
を紹介していこうと思っております。あるところにはあるんですね!では
明日もマニアックに楽しんで行きましょう!!

素晴らしく病んでしまったミニカーたち。4

このあたりはご愛嬌。やはりどうしても細かなプラスチックパーツの欠
品は否めない。今回紹介する固体も残念ながら一番大切だと思われる、前
進に必要なプロペラが欠品しております。年代を考えたら仕方ないですね

 にしても、紙のラベルはしっかり残っていますし、よく残っている方だ
とおもいます。個人的には非常に良い状態なんじゃないのかな。何せこの
固体も43年前の物なんです。しっかり年齢重ねた一台なんですね。

 このマッチボックスのモデルたちは物凄く古くから存在しているわけで
実は日本のトミカにも大きな影響を与えているんですね。多分トミカはマ
ッチボックスをお手本に、追いつけ追い越せって感じで頑張ったんだろう
ね!!
 トミカにも93-  三井造船 ホーバークラフト MV-PP5と言うモデルがあ
ります。船体のモデルはトミカの場合日本製になっておりますが、基本の
コンセプトはマッチボックスの本日の固体だと思います。
トミカは1975年03月に登場しています。確実にマッチボックスの方が古い
です。まだまだ日本の商品はこの頃海外の商品の真似だったんだと思いま
す。現在の日本の周辺国と似た感じですね。独自性はこれよりはるかに先
にならないと登場してきません。元になるであろう国産の自動車もまだま
だ進化の途中でした。そんな時何でも面白いんだよね!

 完品にはやはりしっかりとした魅力がありますが、こうしてしっかり遊
ばれてそれなりのやつれ具合の物も味があってよくないですか?自分は好
きだな~。さ、本日ですがこんな一台の紹介になります。

MATCHBOX
Super Fast
72-a SRN6 HOVERCRAFT
1972
2015100201.jpg

 ホバークラフトですが、現在商用としては運用されていないようですが
海上自衛隊などのエアクッション艇LCACなどに形を変えて生き残っており
ます。全く用途は違いますが、しかしその形はしっかりと生き延びており
ます。時代は流れても当時の発明品はその素晴らしい実力を今でも発揮し
ているのでした。

http://www.mod.go.jp/msdf/formal/gallery/ships/airc/lcac/lcac.html

 これも初期のモデルのようですね。うむ~しかし「ごっとんさん」はい
つも仕入れ大変でしょうね。仕入先は色々でしょうが、その苦労はしっか
り想像ができます。脱帽です。そしていつもお世話になっております。
 我が家の一年に一度の楽しみになっております。

 こうしてみると1970年代の日本国内には日本製のミニチュアカーより海
外製のミニチュアカーの方が沢山出回っていた可能性がありますね。それ
しかなかったと思われます。
 日本のミニチュアカーメーカーが海外製ミニチュアカーをモデルにして
どんどん幅を広げていくさまが手をとるようにわかります。

 こうして救済ミニチュアカーを紹介していると、色々勉強になりますね
楽しくてしょうがない!!まだまだ今回は購入してますので、少し続けて
行きますね!では明日も続きます。これ紹介し終わったらしっかりトミカ
もありますから。(笑)少し休憩です。では!!

FC2Ad