養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

頂き物紹介2

W.M.C.Cならではの事が起きました。自分物凄く短時間に色んな方から、
ものを頂きまくっております。は~なんてこと。皆さん本当にありがとう
ございます。
 
 この集まりは、ミニカーの世界だけでなく、モータースポーツの世界で
非常に幅広い活動をされている皆さんです。

 本日の頂き物なんですが、「はらさん」から頂きました。「はらさん」
は私たちの集まりではF1担当のかたです。数年来鈴鹿のF1にはちゃんと通
ってしっかりレースを体感されています。
 当然なことなんですが、個人個人で色々なカテゴリーが好きになる。こ
れ極当たり前の事で、実に広い、モータースポーツ全般のなかから見たい
カテゴリー訳をする。これが一般的です。

 でもF1は世界的な国際レースです。入場料、観覧する客席の価格が少し
高めです。以前はなかなかチケットを買うことすら出来ないなんて時期も
あったくらいのレースカテゴリーです。
 残念ながら現在民放地上波、BSでの放送が打ち切られてしまい、有料放
送のみとなり、日本人のF1注目度が下がっております。
 そんな中、ちゃんとF1の風を運んできてくれるのが「はらさん」です。
毎年ありがとうございます。
 こんなもの頂きました。
はらさん1
 お!!お姉さんのカレンダー。これ会社で使わせていただきます。(笑)
物凄く華やかな世界だったんですよね。何か自分忘れてました。F1はドラ
イバーメインのレースで華がなかったかのような錯覚失礼いたしました。
実は綺麗なお姉さんの巣窟なんですよね。
 そしてこれ
はらさん2
 自分この冊子決行重宝してるんです。高速道路のPA SAで置いてあるフリ
ーペーパーなんですよね!しかし侮るなかれ、中の記事や写真、そして世
界観超凝っているんです。高速で見かけて読まれた方も多いと思います。
 まさか、レース会場オリジナル号が配布されているとは。驚きでした。
はらさん3
 これが行っていないにも拘らず、レースの臨場感を味わうことが出来る
レーススケジュール表。なんだか以前はこれ握り締めて、レース会場うろ
うろしたのを思い出します。サーキットで皆さんの最も役に立っている、
消物なんじゃないかと思います。
はらさん4
 ホンダさんこんな小冊子配布していたんですね。内容が印象的でした。
ここに来て全面に宗一郎さんを押し出してきたホンダ。うむ~意味深です。
以前は宗一郎さんをシャットアウトしていた時期があったのにね。色々な
所で変化が生じているのでしょうか。
はらさん5
 そして最後に自分の大好きなカテゴリースーパーフォーミュラの紹介新
聞。やはり今年もいけなかったレース。レース開催日に休みが上手く取れ
ない。なかなか致命的です
 でもこうして「はらさん」が鈴鹿サーキットの風運んできてくれました。

 今回もありがとうございました「はらさん」感謝してます!!
色々F1の話も聞きたかったんですが、如何せんあの滞在時間では…次回は
皆さんにしっかりお話し機構と思っております。
 今回は本当にありがとうございました!!感謝感謝です。
スポンサーサイト

頂き物紹介1

物凄くちょっとだけ定例会に顔ださせていただきました。残念ながら今
なかなか時間を作るのが難しい状況です。何だろう。ちょっと最後のあが
き的な忙しさがやってきております。
 そこへ持ってきて、年末のあわただしさがプラスされてくる。そしてこ
の時期、自分達の仕事が最も忙しくなる要因のひとつが年賀状なんです。

 年賀状の印刷は年々少なくなっていくと聞きます。でも自分達の会社は
印刷屋さんじゃないので、そのあたりは全然関係ないのです。じゃなくっ
て、私たちが忙しくなるのは、その年賀状のデザインなんです。個人の物
は殆どなく、企業物が多い。そして個人もその企業に関る方の物。
 これがね、五月蝿いんですよ。簡単なもの作ると文句でるし、かぶる訳
にもいかないし。本来なら片手まで済ませなければいけない仕事なんです
が、何故か物凄い時間を割かれてしまうことになる。
 私たち小さなデザイン屋さんにやってくる年賀状パニック。恐ろしいも
のがあります。

 そんな感じなのでちょっと忙しくなってます。

 でもやっぱり、いつも月末になると見てる方達の顔が見たいじゃにです
か。忙しいときは特に。そしてしっかりものを頂いて帰ってきてしまう。
本当に申し訳ないです。

 恒例になりました。頂きましたものしっかり紹介させて頂きます。自分
はそれくらいしか出来ませんので。

 まず本日はken-6さんに頂いた恒例になりましたHotHheelsです。今回は
めっちゃカッコイイ一台です。
2016112901.jpg
HW FLAMES
'63 CHEVY II

70年より前のアメ車のカッコよさはなんなんだろう?不思議ですね。子供
さんが自動車といって最初に描くスタイルがこの頃のアメ車なんだと思い
ます。兎に角カッコイイ。

ついているパーツやガラスの局面処理、ボディー形状など。特にどれをと
っても特殊というわけではないのです。でもそれが集まり一つの形になる
とそれはそれはカッコイイものが出来上がってしまうのです。

 きっと塗装をはがしたら物凄く無骨な塊なんだろうなと思うんです。で
もそこに、こんな派手派手なカラーリングイをしてしまうのも、アメリカ
人の凄すぎるところです。
 この感覚どこかで見たことあるなって思いませんか??

 自分最近よく感じるのですが、名古屋駅近辺で見かける、C国の女性ファ
ッションってこれに似たものがありませんか?とんでもなくピンク!!
そこに対照色を持ってきてしまう。日本人の感覚では考えられないド派手
な色使い。うむ~~今気づいた。C国の女性はきっとアメ車好きなんだな!
勝手にそう判断しておきます。(笑)

 こう書いてしまうと、もうこの車もC国の女性にしか見えなくなってくる
でしょ!!(笑)なかなか興味のあるカラーリングです。決して車が真似
してるわけじゃなく、あの方達が真似してるんですよ。それだけは言って
おきます。この車の名誉のために。(笑)

 たとえとしてとんでもないことを書いてしまいましたが、本当のこの車
両の魅力ってそんな所ではなく、実は物凄くシンプルで余分なものがつい
ていない。そんな質素さを持っているのです。フロントグリル、ライト。
もうとんでもなくシンプルでしょ。これが内装になるともっとシンプルだ
ったりする
 ベンチシートだったり。インパネもラジオとメーターがメインだったり。

 そんなシンプルさに引かれるファンも多いんです。見事にオーナー色に
染まってくれる。良き時代の良き一台だと思います。

 忙しい時間にこういうミニチュアカー見ると落ち着くよね!!ありがた
いな~って思います。少しの間机の上に置かせていただこう!!

ken-6さんいつもありがとうございます!!こういう一台でしっかり癒され
てる自分がそこに居ます。またよろしくです。(笑)
 今回は本当にありがとうございます。

しっかり買い忘れていた。2

何か揃った嬉しさみたいなものを久しぶりに感じました。あくまでも自分
の場合通常で売りに出る車両に関しての話なんですけどね。
 本来、あ~買い揃えたって言うのはオリジナルのトミカも含めてなんだ
が、最近はあまりこのオリジナルに重きを置かなくなってきた。

 一生懸命買おうとしても、なかなか難しいものがありますからね。諦め
ってやつが普通になってきた。仕方ないんですよね、これだけ沢山発売に
なっちゃうと。多分自分だけじゃなく、諦めモードのコレクターさん結構
いると思うんです。
 購入の選択なんてのを以前は考えなくても良かったんですよね。出たも
のを何とかして買うくらいだったんです。そして、それも少しだけ移動す
れば何とか購入が可能だった。
 最近は無理ですからね。ま、えらい時代になったもんです。

 今回の買い揃った感覚は、あくまでも自分が買うと決めてるトミカが全
部揃ったというだけの話ですから。時には買おうと決めているトミカにと
んでもないオリジナルが登場してしまって、購入できずという時だってあ
りますからね。トミカもなかなか難しいんですよ。

 本日のトミカは全然普通に発売されて、普通に買い忘れていただけの、
そんなトミカです(笑)別に珍しいわけじゃないです。こんなトミカがや
っと登場してきます。

サンダーバードトミカ 10
POD2 サンダーバード高速エレベーターカー
2016.04
2016112801.jpg
2016112802.jpg
(トミカ 4229)

 新しいストーリー展開で、このストーリーを見ていないのでよく判らな
いのだが、やはり旧ストーリーと同じだったんだろうか?自分何を隠そう
サンダーバード2号のコンテナの中から出てくる、今週のビックリドッキリ
メカ(違いますから。笑)の中でこの車両が一番どきどきした記憶があり
ます。
 
 なかなか上手くいかない着陸。このメカが上手く活用できないもどかし
さ。あのドキドキ感は今も忘れないです。小学生やそこらの子供が初めて
あんなストーリー見たら感動しますって。それもそれまであんなストーリ
ー展開の子供向け人形ドラマなんてなかったわけだから。

 自分なんか田舎の子だったから、海外はきっとこのままなんだろうと、
思い込んでた節がある。当時の海外は自分の中ではアメリカだったと思う。
(笑)残念!!製作したのはイギリスでしたね!その当時の子供なんて、
その程度の知識しかなかったと思います。

 今回の車両ほど洗練されていなかったように思う。当時は絵とか描いて
いた気がするんですが。今では当時の形が思い出せない。もう少し単純で
平たなイメージがあります。懐かしいですね。
 この昔のデザインってやつが、結構微妙で。現在のメカを上回る事が良
くある。
 以下に当時のデザインやそれを考えた方達の想像力の素晴らしさ。絶賛
するしかありません。

 一ついえるのは、今回の新サンダーバードだって殆どのメカのデザイン
は旧デザインがベースになってます。あれから何十年経過した事か。しか
しベースが超えられないんだね。
 表現方法が今より乏しかった時代ですが、それをカバーできるだけの知
恵と表現力があったんですね。恐れ入ります。作っている方苦労はあった
でしょうが楽しかったでしょうね!良い時代だったんだと思います。

 見たことの無いストーリーの中に出てくるメカなんですが、それを見な
がら色々かける。なんだか楽しいトミカでした。
 こういうトミカって良いですよね!!

 さ!また新しい一週間が始まりました。頑張って仕事して行きましょう
頑張ろうという意思があるうちは、まだいけますよね!!
 もうすぐ12月です今年もあと1月早いものです。後悔の無いよう働いて
いきます。ではまた明日です。

しっかり買い忘れていた。

今から思い出しても、この時期のトミカの凄すぎる発売台数に驚いたの
をしっかり覚えております。問屋さんも普段はあまりミスが無いんですが
この頃は、ちょくちょく箱の中にとっておいてくれるのを、忘れておりま
した。流石にあれだけトミカが登場する中で、問屋さんに完璧を求めるの
は酷というものです。レギュラーものの、初回特別仕様とかだと取り返し
のつかないことになりますが、それ以外のトミカならなんら問題なく。

 覚えてさえいれば、後々購入は可能です。今回のも購入するのを随分忘
れておりましたが、やっと最近購入してまいりました。

 早々、レギュラーもヤバイのですが、ディズニーモータースも結構ヤバ
イです。最近はここさえ外さなければ、後でも購入できます。

 なんだろうこれ?こんなトミカの購入って、やっぱり違う気がするな。
トミカ出すぎですよね。そして4月に発売されたトミカが今やっと紹介され
事実、そして今でも簡単に買えてしまう。それはどうなんだ?それも店頭
には大量に商品が残ってる。

 個人的にこの商品展開が嫌いなわけじゃないです。自分達の年代でサン
ダーバード嫌いな奴なんていないと思うし。でも、やっぱ、そんな世代ば
かりじゃない。もうちょっと商品の発売ペースとか考えないと店頭が売れ
ないトミカで飽和状態になってるぞ!!あの状態はタカラトミーさんが狙
ってる状況なんだろうか?ちょっと違和感を感じてしまうのは何故なんだ
ろうね?個人的にはあまり良い景色には見えないが。そんなことを気にし
ながら、本日のトミカ紹介していこうと思っております。

 本日のトミカこんな一台です。

サンダーバードトミカ 09
TB4 サンダーバード4号
作業モード
2016.04
2016112701.jpg
2016112702.jpg
(トミカ 4228)

 サンダーバード新ストーリー自体そんなに真剣に見てるわけでもないの
で、メカの細かな動きとか、どんな秘密兵器があるのかとか全く判らない
でいます。少し驚いたのは、このサンダーバード昔はこの秘密兵器はなか
ったとおもう。なるほど~月日がたつとおたまじゃくしにも手足が生えて
くるもんね!!サンダーバード4号もしっかり進化したんだね。手が生え
ちゃった。(笑)

 海中での作業の幅が大きく広がったって事なんだろうね。時代の流れは
こんなメカにまで押し寄せてきてるんだね。驚いた。

 やっと購入できました。実は全く忘れておりました。(笑)そんなもん
ですよね。しかしすっかり忘れていたにも拘らず、しっかり購入できてし
まう。これはいいのかな…。

 サンダーバードも最近では新しいメカではなく、古いストーリーに注目
されておりトミカでが旧ストーリーのメカが商品化されると聞きました。
 う~ん。決して嫌いじゃないんですが、今トミカのラインナップとして
どうしても欲しいって訳じゃないですね。もう少し余裕を持って商品化し
た方が販売台数は伸びると思うんです。
 余裕を持つって事は、購入側にも余裕が出来るということですから。本
来ならそのほうが間違いなく売れると思うんですけどね。

 思うんですが、最近メーカーさんちょっと焦りすぎかな。急ぎすぎな感
があると思う。旬に出したいのは判るんだが。出しすぎです。
 もう少し落ち着こうよ。そう思いませんか?

 ましかし、商品展開はどんどん拍車が掛かってる気がする。うむ~。ど
うしたものですかね。

 自分も日々紹介しながら、トミカの多さを考える日が多くなってます。
これって本来のトミカファンのあり方じゃないですよね。難しい時代にな
っちゃったな~ちょっと困ってます。メーカーさん何とかしてくれないで
すか。よろしくお願いいたします。

 あ~日曜日終わっちゃった。速すぎです。目が覚めてちょっとぼっとし
たら何か全て終わっちゃいました。は~また明日から仕事頑張らないと。

 トミカ紹介も愚痴一杯で進めて行きます。(笑)

さ、最終日です。

しかし、最終日だけちょっと違う気がする。オープンカーセレクションで
すので、なんら間違いは無いのですが、しかし何か違う気がするな。

 昨日までライトウエイトスポーツが続いていた事もあり。本日の車両が
物凄く別の車に見えてしまうのは何故なんだろう?オープンカーというカ
テゴリーに間違いはないのですが。どうにも凄く大きな車両の屋根をとっ
ただけに見えてしまう。それをオープンカーって言うんだよって言われれ
ば間違いないんだけどね。どうもこのスーパーカーという分野は自分の目
にはスポーツカーには見えないのである。
 スーパーカーって一つのカテゴリーだと思いませんか。多分だけど、屋
根があろうがなかろうが、スーパーカーはスーパーカーなんじゃないのか
と自分は思うのでした。

 こうして並ぶと物凄いギャップですね!ちょっと同じ時代に走ってる車
両とは思えない。国の違いが、車にこんなにハッキリ現れるなんて。驚き
まくりです。やはりお国変わればってあるんですね。
 大きさ見てもどちらの車が、日本国内で似合うかといえば一目瞭然です。

 国土に合ったサイズの車両製作。日本独自の車両コンセプトと海外のコ
ンセプトの違いが浮き彫りになった気がします。
 そういった意味でも最終日に紹介するこの車両が、1台だけ入っている
意味は非常に大きなものがあるように感じます。

 さ、本日は超高級車。こんな車両が登場してまいりました。

118-4 ランボルギーニ ヴェネーノ
2015.02~
オープンカーセレクション
Lamborghini Veneno Roadster
2016.09~
2016112602.jpg
(トミカ 4227)

 ヴェネーノって。この車両の中でちょっと別格ですよね。それも一台だ
け外国車って。なんで?って感じですよね。
 ま、そこ考えちゃいけません!!ですよね。やはりここはトミカ的超人
気車種1台入れておかないと。そんな配慮からなんでしょうか。ある意味
タカラトミーさんの優しさなのかもしれないですね。(笑)

 最終日早速外箱の紹介から始めていこうと思います。やはりPP無いと寂
しい感じがしますね。こんな感じのパッケージでした。
2016112601.jpg
 しかし、パッケージの写真見てもヴェネーノだけが突出してる気がしま
す。そうだな~簡単に言ったら、排気量が卑怯。(笑)以上でした。(笑)

 このセットは面白かったですね、やはりトミカのセットってこういった
夢のようなものが感じられるのがいいですね。でもハッキリ言って子供さ
んには受けなかったセットだったんだろうな。70年代のセットだとしたら
売れること間違いなしなんだけどね。この時代には残念ながら子供さんの
ための物ではなかった気がする。

 こんな状況を見ても、車を取り巻く環境の大きな変化わかりますね。な
んでこんな時代になっちゃったかな?どこで間違っちゃったんだろうね?
今より貧しかった時代だと思うのに70年代とか80年代とかの方が自動車に
対して向き合う気持ちが暑かった気がします。
 改めて、どこで間違っちゃったんでしょうね?不思議です。何とか元に
戻らないものかな。

 自動車って面白いものだよ!是非昔のような活気が戻ってくれると良い
のだが。

 また楽しいセット期待しております。

 明日は日曜日。少しのんびり出来るかな?なかなか難しいが。休めると
きに少しでも休まないと!!ではまた明日です。

贔屓目じゃないのだが

アメリカの自動車メーカーは過去の名車を現在の最新技術で、イメージ
と雰囲気だけを残した全く違うものをついくるのが、非常にうまい。

 日本のメーカーでは言うまでもなく過去の車両のイメージを残しつつ新
しいテイストの車両を作り上げるのが得意なメーカーそれは間違いなくト
ヨタさんだとおもいます。
 良い例がFJクルーザーだと思う。全く現代的なオフロードマシンなんだ
が、どこかずっと昔のランドクルーザーのイメージをかもし出している。
 だから、年齢性別を問わず、燃費全盛の時代に高燃費の車両が爆発的ヒ
ットに繋がったと思います。
 さすがトヨタさん。ここまでは凄い話なんだが、実は裏話があって、こ
の車両のデザイナーさんはアメリカ人です。それもランドクルーザー好き
の自動車とは全く関係の無い方。トヨタさんはそこからデザインを買い取
ったって事なんだね。

 当初はこの車両アメリカからの逆輸入車だった。後に日本でも生産され
る事になるのだが。そんな特例があるのは別として、オリジンやらAA型や
ら、以外に皆さんが知らないところでリメイク版車両を結構発売している
のです。

 その次に昔の車両のイメージをのこしながら車両を作るのが上手いのは
ホンダなんだと思う。
 Nシリーズもそうですし、自分が乗ってるCR-Zなんかもそうですね。外観
的に似たものを作るのが得意のようだ。

 本日はそのホンダさんの造り上げた、少し前の栄光の軽自動車スポーツ
の最新版です。本日はこんな一台が登場してまいります。

98-9 ホンダS660
2016.01~
オープンカーセレクション
Honda S660
2016.08~
2016112501.jpg
(トミカ 4226)

 フロントから見ていると、第一期軽自動車スポーツカーブームのとき大
活躍したビートにどことなく似ている気がします。
 しかし後ろ側は、実に近未来的なデザインになっています。なかなか今
も入手するのにかんたんという訳にはいかないマシンのようです。。

 今も昔も比較的入手がしやすく、小柄なマシンは人気が高い。セカンド
カーとしての用途も高いですからね。
 この時代にセカンドカーって言うのも、非現実的な話なのかもしれない
ですが。車好きの方は今もそんな夢の中でうごめいているのは確実です。
出来ることなら、普段使いと、遊びのときは車を分けて乗りたい。これが
全ての車すきが考える理想なんだと思います。そのカテゴリーはいろいろ
なんだと思うが、今回紹介しているセットの中身は究極の遊びのアイテム
だと思います。

 ボディーの小ささは、その閉塞感の高さから、逆にスピード感を感じま
す。軽自動車をベースにしたスポーツ車両は実際以上にスピード感覚が楽
しめる遊びに特化した車両なんだといえるのかもしれません。

 現在は色々な形で軽スポーツが登場しています。兎に角マニュアルシフ
トでレーシーな時間を楽しみましょう。

 速いものでもう3日が過ぎていきました。明日は最終日。また楽しい時間
過ごして行こうと思います。休日である日曜日が近づき、結構疲れがピー
クになっております。
 何とか明日一日乗り越えて日曜に少しでも良いのでのんびりしたいと思
います。
 本日少し短めの記事ですがこんなところで終了とさせてください。では
また明日です。

これもなかなか不思議な現象。

本日紹介する車両なんですが、現在の第二次軽自動車OPENブームの火付
け役だと思うのです。
 現行車両は2代目になります。初代が登場し、徐々にブームに火がつき、
軽自動車で遊ぼうという流になってきた気がします。とはいえ、当時は他
社が軽自動車企画を無視したスポーツタイプの車両を作るところが現れず
ダイハツさんの一人舞台だった。

 自分が記憶しているのは、軽自動車で200万の壁を越えたのは、この車両
だったように記憶しています。
 燃費やら税金の色々な問題もあり、あれよあれよと言う間に、軽自動車
の価格は200万円台が当たり前のようになってしまった。
 兎に角当時としては、軽自動車で200万円は異常な価格だったと思います
結果はどうだったかというと、売れる売れる!!

 もうしっかり何ヶ月待ちってのが当たり前になっていた気がします。
OPENの形状も独特で、一般的にはソフトトップでトノカバーを自分で折り
たたむって言うのがこのクラスだったら普通だと思われる。そこをハード
トップ化した、そして電動で収納できる。画期的ですよね!

 多くの普通自動車のライトウエイトスポーツカーでもハードトップ化さ
れて、自動収納できる車両探す方が難しいのに、軽自動車でこの充実した
設備は恐れ入る。

 自分を含め車に絡んで仕事している方の多くが、良くこの自動車作った
な~って思ったのは間違のない事実です。どんなにカッコイイ、コンパク
トカースポーツバージョン出しても、この軽スポーツには勝てなかったと
思います。
 見た目の斬新さは言うまでもなく。過去にない独特のスタイルはカワイ
イの要素も秘めていた。この要素が入ってくると女性がこの分野に飛び込
んでくることになる。
 人気に拍車が掛かったのは、女性の力も非常に大きいと思う。女性が好
きになるスポーツ車両。これは強いよね!!そんな最強の先代を持つ車両
の2代目を本日紹介することになります。こんな車両の登場になります。

52-5 ダイハツ コペン
2015.04~
オープンカーセレクション
DAIHATSU COPEN
2016.08~
2016112401.jpg
(トミカ 4225)

 誰もが認める第二次軽スポーツの旗艦ですね!そして新しくなった二代
目コペンなんですが、皆さんの印象はどうでしょうか?
 個人的にはそんなに悪いとも思われないのですが、残念ながら先代のイ
メージが如何せん強すぎたのかもしれない。

 これは日産マーチにもいえるように先代のイメージがあまりにも強すぎ
た為、次世代が如何に多くの新装備を備えていたり、新たな売り文句があ
ったとしても、失敗作に見えてしまうと言う事なんです。固体で見たら、
先にこの車両が登場していたとしたら、当然人気が出ていたと思うのです。

 世の中って悲しいもので、この2代目が登場した頃には、各社が軽自動車
のスポーツ車分野に物凄く力を入れてきていた。ホンダ、スズキ、果ては
外国車の超スポーツ軽自動車まで。軽スポーツの世界は凄いことになって
いたのです。

 これも地域的なものが非常に強いと思うのですが、名古屋では基本的に
トヨタさんの子会社のダイハツの軽自動車が圧倒的に強いのですが、それ
でもあまり新型のコペンを見かけることはないです。
 思うににボディー形状がすこし先を行き過ぎたのかもしれない。大きく
2種に分かれたボディー形状。残念ながらどちらの車両も殆ど見かけること
がない。それどころか以前より、先代のコペンをよく見かける気がする。

 形状もあったのか、新たな車両に女性の顧客がつかなかったように思い
ます。性別を超えた軽スポーツの人気という面では、この車両は残念なが
ら力不足という他なかったようです。

 自動車の形状は個々の好みです。中には圧倒的に良くなったと判断され
て居られる方だって一杯いるはずです。平凡な感覚しか持ち合わせない自
分は残念ながら先代が圧倒的に素晴らしい車両に見えてしまう。総合的に
自分と同じ感覚の方が多かったと言う事なんだろう。名古屋では残念なが
ら殆ど見かけない車両になってしまいました。
 ダイハツの本場関西ではまた違った評価があるのかもしれないですね。

 なかなか難しいものですよ。自動車のスタイリング変化ってのは。一度
転ぶと、なかなか立ち上がれないのも自動車の世界なんです。
 そんな中、コペンはどんな手を打ってくるのか。自分はこの世代の車両
より次世代があるとしたなら、そちらに期待したいと思う。
 トヨタさんの子会社。実力発揮することが出来るのだろうか?各社で切
磋琢磨してこそ良い車両が生まれるのです。ここで折れる事無く、次のス
テップに進んで欲しいものです。

 評価は皆さんにお任せします。皆さんはこの2代目にどんな評価をして
おられますか。難しいものですよね!次世代の自動車。求められるものが
大きすぎるのかもしれないですね。大変です。
 
 個人的な評価はこんな感じです。悪くないんだが…。そんな一台でした。 

しかしこれは凄いです。

 自動車好き、比較的低い目線からものを見ながら走るのが好きな方。こ
のセット素敵だと思います。
 
 トミカはこれですよね!何か車好きからトミカの世界に入っていった、
自分にとっては、こういったセット良いな。基本的に自分が買えないもの
が手に入るのがトミカだったんですよね。
 特に本日集められた、車両達は自分の好きなスポーツカーなんですが、
その中でも特殊な分野の車両達だと思うのです。

 屋根のない分野の車両を集めたセット。実際の話車好きでも、非常に金
銭的に余裕がある方は別ですが、家族で一台の車両を所有するという一般
的な家庭でこの車両達の選択は、非常に限られてくると思うのです。

 家族の理解もないと、この車両選択にはなりえないと思います。一般的
には個人のセカンドカー的に購入できるのが理想かと思われるのです。

 そのセカンドカー購入だって、お金は当然掛かるわけで、ここでも家族
の理解が必要になってくるわけです。なかなか最近は経済的にも厳しくな
ってきている。自動車2台持ちは本当に厳しい。そんな中で遊ぶ為に自動車
をもう一台購入することの難しさ。世のお父さん方は特に難しいかも。
 家族のために。これが一般的な今の日本の考え方なんだと思います。

 ま、自分を含め自動車で好き勝手してる仲間の中で生きてますから、凄
く幸せなんだけどね!本当は皆さんがそんなこと出来たら良いんですが、
間違いなく不可能です。
 その逃げ場がミニチュアカーなんだと思うんですけどね。

 しかし最近はそのミニチュアカーですら邪魔だから何とかしろといわれ
てる方達が多いようです。辛いですね。なんだかやり場がないですね。
 こんな現状が今の日本の。車販売の現状に顕著に現れているのかもしれ
ないですね。

 スポーツカーは最近すこしづつまた注目を浴びてきているようです。趣
味としての自動車の世界。また復活できる日が来ると良いですね。
 本日なんですが、そんな特殊なOPENカーという世界を集めたセットの先
頭を切る一台を紹介していこうと思います。

 例のごとくレギュラー番号の若い順に紹介していきます。車種の紹介に
意図はありません。こんな車両からになります。

26-8 マツダ ロードスター
2016.02~
オープンカーセレクション
MAZDA ROADSTER
2016.09~
2016112301.jpg
(トミカ 4224)

 名車です。間違いなく世界中のライトウエイトスポーツカーファンが名
車だと認める一台です。
 日本が造り上げた独特のライトウエイトスポーツカーの世界。この一台
が代表だといっても過言ではないと思います。
 サイズ的に日本人にフィットするサイズで製作された車両。外人さんに
は小さすぎるのかもしれないですね。でもその窮屈なまでの閉塞感がスポ
ーツカー、レーシーな雰囲気をかもし出すんだと聞いたことがあります。

 基本レースマシンは窮屈ですからね。そんな感覚がワインディングロー
ドを走っているときも感じられる。最高の車両なんだと思います。
 その評価が高いのは、海外だけでなく。当然日本だってその人気は凄く
この車両にしか乗らないという、信者のような方も一杯居られます。

 ずっと乗り継いでおられる方、そしてある方のように一台だけを延々乗
り続けられる方達。自分の周囲にもその両方の方がお見えになります。
 自動車に対する評価は各自色々なんです。多分参考にならないのが自動
車評価なんだと思います。良いものは良い。それで良いんですよね。
 本日のロードスターは名前こそ微妙に変化しているんですが、そのスピ
リッツは延々と受け継がれている車両なんだと思います。
 乗ってない自分が言うのは変ですけどね。(笑)

 乗れるものなら乗ってみたい。自動車好きにそう思わせるだけの色々な
ものを持っている車両であることは確実です。

 良いですよね!初日がこれですよ!期待できますね!!明日は何が登場
してくることか。結構楽しみです。久しぶりにトミカで楽しめそうな気が
します。
明日に続いていきます。

なかなか時間が出来ないですね!!

申し訳ないです。本日もこれから記事書くことになります。
流石に8分では記事書けません。(笑)
連日の遅刻申し分けないです。
これから頑張って記事書いていきます。
遅刻届けです。(笑)では後ほどです。

正直に書きますね!

 さ、本日のトミカの記事書いていこう!!あまり時間は掛けられないぞ!
頑張ってさっさと書き上げていかないといいけない。

 って言うときに、この車両見て何書けば良いと思います?(笑)普通っ
て言葉は好きじゃないのであまり使いたくないのですが、一般的に自分の
年齢。そこに拘ることもないのですが、ある程度の年齢が言ったおじさん
が、この車両で、あ~だこ~だ色々述べてるほうがおかしいですよね。

 残念だがギブアップかな。申し訳ないのだがこのトミカのキャラについ
ても全然知らないし、やっぱり知らないやつがさも知ってるかのように記
事を書くのは、本物のファンからしたら腹立たしいと思う。と言う事で、
自分はドリームトミカでは無理しないことに決めました。

 たいした記事は書いてないのですが、それなりに苦労して書いてきたん
です。何かちっとも面白くないし、基本的に昨日書いたように、自分はレ
ギュラー番号が付いてるので購入してる感が強いです。
 多分正直、そんな方多いと思います。この表現が正しいと思うのですが
残念ながら、ここは自分がのびのびと記事が書けるカテゴリーじゃないで
す。
 と言う事で、良いとか悪いの批評は一切なし。それはファンが決めれば
良いことなので。
 単純な仕様のみで終わっていこうと思います。本日のトミカ紹介に移っ
て行きます。こんな一台です。

150-3 ドリームトミカ
リトルツインスターズ
2016.09~
2016112201.jpg
2016112202.jpg
(トミカ 4223)

 全体のカラーリングはパステル基準ですね。基本的なパステル貴重の
色を殆ど使われているようです。これだけ多くのパステルのカラーリング
を多用すると一般的には濁りのイメージになると思うのです。しかしそこ
をそうさせなかったところは、製造計画段階の色付け指示がしっかりして
いたんだなと思います。
 これは想像ですが、タカラトミー側からの色設定ではないと思います。

ここまでパステルを使いこなそうとすると、相当使い慣れたデザイナーが
いないと出来ないと思います。サンリオの力が凄かったと言う他ないです
ね。
 馬と車に掛けた馬車。なのかな?それにキャラクターが二人乗る。相対
的な感想はそんな感じです。

 見た目を記事にする。ってのはこういう記事になります。自分はいまま
でこういった記事はあまり書いてこなかったつもりですが、もうそろそろ
限界ですね。ドリームトミカ紹介時、こんな感じの記事になっていたら、
全然興味がないんだなって思ってください。(笑)
 
 残念ながらトミカの自動車好きの方からしたら、ここは難しいカテゴリ
ーなんだとおもいます。最近某SNSでもトミカ好きの皆さんあまり元気ない
ですよね。って見えるのは自分くらいかな。
 
 さ、こんなところです。これ以上は難しい!!やっぱ自動車が良いです。
明日はもう少し頑張れるといいな。明日は良いトミカ来て欲しいな。では
明日は遅れないように書きたいな。

知らないうちに…

ここもどんどん、世代交代が進められているんですね。ちょっと驚いてお
ります。
こうしてみるとトミカってのは月にレギュラーとして発売されているもの
がどれくらいあるんだろう?
 トミカの想像力のために、ジャンルに拘る事無く新たな戦略の為のドリ
ームトミカなはずですよね。現状本当に正しい流なんだろうか?うむ~そ
れにしても最近の発売方法は私のような一般のサラリーマンコレクターか
らしたら解せない。

 何か文句しか出ない気がする。ま、そんなことばかり言ってても埒が明
きませんので、兎に角紹介を進めて行かないと。のんびり進めていると、
溜まって行くばかりです。
 頑張って紹介していかないと。頑張らないと紹介できないのも辛いです
ね!!

 さて本日なんですがドリームトミカの紹介になります。凄いでしょ!し
っかり世代交代がされていくんです。ここまで世代交代が進んでいくと、
このシリーズも辞める事が出来なくなってきますよね。
 自分的ドリームトミカという名前だけの販売が続いていたら、そろそろ
辞めてたのかもしれないですね。
 続けなくてはいけなくなった原因はこの連番なんです。トミカの連番付
けられたらレギュラーものくらいは購入しておかないとって気になります
もんね!
 コレクターって奴は(特に自分は)この数字って奴に結構弱い気がする。

 さて本日なんですがこんなトミカが登場してきました。モチーフとして
は決して嫌いではないです。こんな一台の紹介になります。

148-3 ドリームトミカ
おかしのくるま
2016.09~
2016112101.jpg
2016112102.jpg
(トミカ 4222)

 お菓子の車。夢があって良いですね!!モチーフ非常に素晴らしいと思
います。これってタカラトミーさんからの車両案提供なんだろうか?
 何か違う気がするな。やっぱり森永さんの企画なんじゃないのかな。ち
ょっと視点が違いますよね。
 コレクターの端くれの自分は、結構こういった創作車両大好きです。
キャラクターを無理やり車両にする訳のわからないトミカと比べ物になら
ないくらいすばらしいとおもいます。
 なかなか100%の当たり案を出し続けるのは難しいですが、でもそれに
向かって行く方が乱発よりは良いと思うのですが如何でしょうかね?


 自分はどちらかというと、キャラクターを中心にしたトミカの展開より
こういったメーカーコラボの商品展開が物凄く好きです。
 以前のトミカは確かにキャラクター製品あったにはあったと思うんです。
でも、そこにはまずメーカーのという前提があったような気がします。

 キャラクター商品の展開事態、タカラトミーさんってそれ程上手じゃな
いきがするんです。やはり得意分野で勝負しないと、勝てない気がする。

 得意な分野を生かす。これ大切だと思うんです。そこの縛られると売り
上げが伸びない。それも納得なんですが、新しいものに行き過ぎて土台が
壊れるのは如何なものか。そんな気がしています。
 

 出来ることなら、妙なキャラクターモチーフのトミカそろそろ辞めませ
んか。あまり魅力感じないです。
 何かトミカ独自の世界ってないですかね?文句ばかり言っててもしょう
がないので、自分もなにが欲しいのかこれから考えて行こうと思います。
 このトミカのどこが気に居らなかったのか、そしてどの展開だったら良
かったのか。特にドリームトミカについて考えて行こうと思います。
 うん!何かドリームトミカに対して自分で楽しみ見つけた気がします。
ちょっと違った意味で楽しみになってきました。

 気に入らない方も多いと思います。スルーで結構です。
では明日に続きます。

本日ちょっと出かけておりました。

すこし遅くなりますが、また後ほど記事上げさせていただきます
ごめんね!!なんだかバタバタ遊びまわってます。(笑)後ほどです。

面白い場所に行ってきました。

兎に角気になっていたものがありました。実は昨日から開催されていたの
ですが、昨日は都合がつきませんでした。
 ということで、本日お邪魔してきました。

かかみがはら航空宇宙科学博物館収蔵庫オープン!
2016112001.jpg

 飛行機好きの方はご存知かと思うのですが、現在この施設
かかみがはら航空宇宙科学博物館 は改修中です。2年後のリニューアル
オープンに向けて改修中です。

 そんな中次回オープンした時の目玉になるであろう機体の披露がはじま
りました。
 戦闘機好きの方にはこの名前は有名だと思います。

キ61「飛燕」
2016112002.jpg
2016112003.jpg
2016112004.jpg
2016112005.jpg
2016112006.jpg

 現在レストアが進んでいるわけなんですが、今回収蔵庫では、組む前の
状態の「飛燕」が展示されています。
 この状態で細部が見られるのは今だけ。組立が始まれば公開は終了とい
うイベントです。これはむかし飛行機のプラモデルを一生懸命作ったもの
としては、見ておかないと。

岐阜県各務原市で生産され、国内に1機しか残っていない第二次世界大戦期
に作られた戦闘機 「飛燕」 を収蔵庫で公開します。約1年かけて川崎重
工業岐阜工場でレストア(修復)が行われました。

その修復作業の姿のまま、胴体、主翼、エンジンに分解した状態で展示を
します。博物館が全館リニューアルオープン後は組み立てられた姿で公開
するので、分解の姿で見るのはこの期間のみです。


開催時間

午前9時30分~午後4時30分(入館締切は午後4時)

入館料金

一般:300円
60才以上・高校生:200円
中学生以下:無料

是非気になるかたこの時期に!!

兎に角でかい。

そんな言葉が絶対にあてはまる。ひょっとしたら過去登場したトミカの中
で最も大きいんじゃないのかな。
 前タイプのロングトミカは抜きにしてです。

 新たに1~170番まで登場しているレギュラートミカに関しての話ですけ
どね。兎に角でかいです。

 本日はロングトミカなんですが、そのロングトミカの箱ぎっしり!!っ
て感じです。この大きさですので、すべてがメタルですと相当凄い重さに
なってしまうと思うんです。そんなこともあり、外観の大部分はプラスチ
ックパーツとなります。しかしこの車両の重さは、小さな子供さんが手に
持ってとなると少し重さを感じてしまう。強烈な存在感を感じる超重量級
トミカになります。

 ここのところ、前振りが多いので、今回はあっさり行こうかなって思っ
ております。サッパリすっきりと。(笑)
 こんな一台が登場してまいります。

137-3 いすゞギガ拠点機能形成車
2016.09~
2016111901.jpg
2016111902.jpg
(トミカ 4221) 

 こんなのが走ってるんですかね。東京の方は凄いな!見たことのない車
両やらが一杯いるんだね。
 
 少し気づいた事があるのですが、今回登場した、いすゞギガなんですが
汎用に近い仕様になっているトミカのトレーラー群。スケールって同じな
んだろうか?全く別物ですよね。

 トミカのこういったスタイルが結構好きだったりします。同じ車種を過
去に製造しているにも拘らず、新しい企画で、特出すべき車両を見つけ出
したとき。過去の仕様を使ったのではその迫力が表現できない!そう踏ん
だときのタカラトミートミカ担当の方の潔さ!良いですね!!自分好きだ。

 こういった拘らない。良いものは良い。この考えかたって大切ですよね。
変に物事の考え方に拘ってしまうことにより、あまりにも小さなくくりに
なってしまう。そんなシリーズの物をよく見かけることがあります。

 昔からトミカサイズとまで言われた、箱一杯の美学。今回の一台はしっ
かりそこを攻めてきてる気がするんです。良いですね!!
 サイズ的には、トミカの通常番大箱のロングトミカサイズです。相当で
かいですよね!!

 なかなか特殊な一台の紹介になりました。


 さて本日なんですが昨晩夜中にMRJのアメリカ行きフェリーの最終日に
あたりました。しっかり徹夜させていただきました。何せ飛行試験機です
ので、今回のアメリカでの飛行試験が終了すれば、日本での仕事は日本全
国の空港行脚くらいしか仕事を残していないのです。
 現在は物凄い勢いで注目されている飛行試験機なんですが、その注目さ
れる期間は短いのです。
 今注目しないでいつする。という物凄い使命感で頑張って応援中です。

 トミカではないのですが、お仲間ともいえるトミーテックさんからモデ
ルも発売されております。ま、全く関わりがないと言う訳でもなさそうで
す。
 なかなか見る機会のない飛行機なのかも知れないですが、またどこかで
見る機会が訪れたら、是非観にいってあげて下さい。

 今回のフェリーフライトなんですが、飛行試験機4号機でした。どんどん
アメリカに向かって飛行していってしまうMRJ。なんだか少し寂しいきも
するんですが。これがこの飛行機たちの生まれ持った使命です。頑張って
くれと、精一杯応援している自分でありました。
 しっかし、自分の趣味で徹夜するのって、全然気にならないってのが凄
いですよね。人間ってどうなってるんだろう?不思議です。(笑)

 ちょっとMRJの宣伝でした。ではまた明日になります。明日は日曜日だ
うれしい~~。

以前このジャンルが苦手だった。

自分がトミカを買いだした頃。トミカ無限大で。兎に角見るトミカすべて
が目新しかった。何でも買えたんだよね。今はそれが出来なくなっちゃっ
た。毎月毎月発売されるトミカに追われる。まさかこんな時代が来るなん
て思いもしませんでした。

 自分が買いだした頃はあまりにもトミカのジャンルが広すぎてすべてが
見えてなかった。自分はコンパクトカーを中心に購入していました。
 自分の購入ジャンルを外してくれたのが、イトーヨーカドーでした。毎
月並んでいるうちに、自分が欲しいと思わないものも一緒に販売してる時
があったんです。F1マシンだったり、企業オリジナルのバスだったり。

 折角並んだんだし、買っておこう。って思って買ってしまった。これが
現在のトミカ収集に繋がってると思う。
必死に並んだイトーヨーカドーさんは今は無くなってしまいました。なん
と名古屋市内に一件もないのです。驚きですね。
 替わりと言ってはなんですが、同じグループのセブンイレブンさんが脅
威のオリジナルトミカ発売を続けています。

 コンパクトカー以外のトミカが何故苦手だったのか。なんですが、トミ
カ独特のスケールにあったんです。このスケールってのが箱一杯のスケー
ル。箱に合わせたスケールだったんです。
 当然そうしないとバイクなんかがとんでもない小ささになってしまう。
判ってるんですが、トミカサイズってのが苦手だったんです。

 そしてトミカ独特の不思議なデフォルメ。これも当時は苦手だった。
今では逆にこのチープと表現しても良いデフォルメが大好きなんですけど
ね。
 トミカにはサイドミラーがない。この変な車達。と思っていたのですが。
実はトミカは車の最前線を走っていたんですね!!ここに来て実車がトミ
カに追いつこうとしています。モニター技術の進化によって、サイドミラ
ーレスの車両が認可されることになったのです。
 ビックリですね!トミカを追いかける実車。そんな様相になってしまい
ました。多くの変化が、実車とトミカを近づけて来てるんですね。驚きで
す。
 大量なトミカの発売も予想していなかったし、実車がトミカに近づくな
んてのも想像していなかった。時代の変化。自分の考えをはるかに超えた
ところで動いているようです。

 だからトミカの購入方法も変わっていくんだね。ニーズとかには全然関
係ないのだけれど、だめだったものが面白くなってきたりする。
 本日紹介するトミカは以前あまり興味のなかった分野の車両です。こん
な車両が登場してきました。

101-6 いすゞギガ ダンプカー
2016.09~
2016111801.jpg
2016111802.jpg
(トミカ 4220) 

 こんなこと書くとまた叱られるかもしれませんが、初回特別仕様この車
両のほうが面白いんじゃないのかな?不思議な色のダンプカー出てたら逆
に人気が出てたりして。
 昨日の車両が人気なかったかというと、よく判らないのですが。でも結
構後々まで店頭で見かけました。実車でのSUV人気は間違いないのですが、
トミカでもそれが当てはまるかというと、どうもそうではないようです。

 発売した後だからわかることってのもありますよね。自分は箱から出し
て並べてあったら、このダンプカーのほうが魅力を感じます。
 変われば変わるものですね。働く車大の苦手だったのに。今じゃこっち
に魅力すら感じています。人間の心理。裏返し。なんだろうか…。

 数年後自分はミニバンが大好きになってるんだろうか?裏返し。…なの
かな???ま、変わらないものもありそうです。(笑)

 今晩は少し短めですが、こんなところで終わっておこうと思います。最
近究極の寝不足になっておりますので。ちょこっと休憩を。
 明日はいつものようにしっかりとした記事書いていこうと思ってますの
で。

 あ!明日は土曜日ですね。皆さん本日でお休み突入ですね。お疲れ様で
した。しっかり休んでくださいね!!ではまた明日に続いていきます。

兎に角調べている時間が…

今は兎に角色々調べてしっかり記事にしていくだけの時間がないのが、
現状です。トミカとしっかり向き合っている時間が足らないのが現状です。
 でもブログを休む勇気がないし、トミカもしっかり増えて言ってるのが
現状です。ちゃんと紹介していかないとどんどん溜まって行ってしまいま
す。頑張って紹介して行く。紹介しているうちに何か打開策が出来るかも
しれない。そんな感じで今は兎に角紹介して行くことにします。

 まだ7月のトミカや8月のトミカが残っている可能性もありますが、それ
らのトミカが登場して来た時は割り込みで紹介させて頂こうと思っており
ます。そうなんだね、そんな調べ物すら出来ないような状況です。
 いや~忙しくなるだろうなとは思っていたのですが、ここまで忙しくな
るとは思ってもいなかった。

 時間があまりにもないので、兎に角判りやすいトミカから紹介して行こ
うと決めました。そろそろ8月のトミカも調べないと判らないところまで来
ましたし。判りやすいところから紹介していけば、残ったトミカはどこか
に割り当てられるという方法を取ろうと決めました。

 そんなになるまでトミカの発売台数が増えているって事なんですね。紹
介するトミカがなくて困ってブログが停まるのならまだしも、紹介するト
ミカがありすぎて、どう紹介して良いか判らなくなるとは思いもしません
でした。大きな変化が自分の仕事の忙しさとあいまって、紹介方法まで変
えてきてる気がします。

 と言う事で、本日から9月のトミカ紹介を始めていこうと思います。

 レギュラー番号の若い方から。当然のように毎月2種類の新車のトミカは
容赦なく登場してくるのでした。以前レギュラーのトミカですら発売でき
ない時期があったなんて誰も信じない状況です。凄い勢いだ。そしてこの
レギュラー物の新たな定番となってしまったのが、初回特別仕様です。
 あらぬ事か、ある店ではこの初回特別仕様のトミカだけでは販売しない。
なんて所まで登場しているらしい。驚くばかりだ。他のトミカとか幾らか
購入した場合にのみ販売する的な所もあるようです。
 大規模販売店では、売り場に結構な数が並ぶのに。一般の販売店には殆
ど回らないそんな状況のようです。なんだろうね?この販売の不公平は。
それは車種にもよるんだが、本日紹介する車両にも初回特別仕様が登場し
てる。この車両の人気はどうだったんだろうね?気になるところです。

 さ、本日の車両の紹介になります。

70-5 三菱 アウトランダーPHEV
2016.09~
2016111701jpg.jpg
2016111703.jpg
(トミカ 4218)

70-5 三菱 アウトランダーPHEV
初回特別仕様
2016.09~
2016111702.jpg
2016111704.jpg
(トミカ 4219) 

 三菱自動車の色々な問題があり、なんと日産自動車の子会社化されてし
まいました。話題を考えたとき、この車両は結構旬な車両ではないか。そ
んな気がしています。
 燃費の不正。この車両に関してもその疑いはしっかりと向けられており
ました。
 これは自分だけではないと思うのですが、最終的にハッキリと結論の出
た車両って何と何だったんですか?会社事態が日産自動車さんに買い取ら
れることによって、大きく幕引きされてしまって、何かしっかりとした発
表が全て打ち消されてしまった気がします。
 言い方は厳しいのですが、燃費の不正は母体の会社が変わったところで
なんら変わることはないのです。

 うやむや。そんな言葉が自分の中で渦巻いているのは何故なんでしょう
ね?皆さんは今回の事件しっかり頭の中で解決できているのでしょうか?

 そんな事件はとりあえず置いておいて、本日の車両の特徴ですが。各メ
ーカー共に現在主流になりつつあるSUVという分野の車両だと思います。
 どこもこの形の車両をメインに据えて販売戦略の練り直しを進めていっ
ているようですね。時代のニーズ。なんだかどんどん判らない言葉になり
つつあると感じるのは自分だけなんだろうか?
 どの家庭もみなSUVを必要とする、ライフスタイルに変化してるとでも?

 自動車需要の大きな変化の一つとして、個々の好みがそこに反映されて
居ないと言う事なんじゃないのかな?買う側乗る側がハッキリとした自分
の意思を持ち合わせていないってのも、現在の自動車人気が低迷してる原
因の一つなんだと思う。

 自動車に興味がないという大前提ですから、これは仕方がないのかも。
 なんだか不思議な時代だ。兎に角自動車を取り巻く現状が一体どうなっ
ているのか把握できません。難しい時代ですね!!自分はSUVにはあまり
関心が向きません。前から記していますが、多目的は自分の中で選択から
除外されます。何かに特化したものに魅力を感じるタイプですので。
 色々な人間がいるんです。好みも色々ですよね。

 皆さんは本日の車両どうでしたか。好きな方にはきっとたまらない1台
だったと思います。
 本日も一生懸命記事書いたのですが、なかなか短時間でしたので纏める
事が難しかったです。は~30分ではこんなところが限界ですね。余分な時
間があと2時間くらい欲しいな。一日が26時間だったらもう少し余裕が出
来るのに。無茶ですね。(笑)では明日に続きます。

このトミカは購入していたのに…。

昨日紹介したトミカが購入出来ていなかった為に、紹介を遅らしており
ました。本当はすぐに買って来て紹介するつもりでいたのですが、仕事が
忙しかったこともあり、すっかり忘れてしまい、本日紹介する羽目となっ
てしまいました。あ~記憶力までこんな事になって行くのだろうか。
 実に困った物です。

 後2台購入していないトミカがあるので、できるだけ早く購入して置か
ないと本当に忘れ去られて行きそうな予感がします。ヤバイヤバイ。

 さて本日は昨日のトミカと一緒に発売された一台になります。うむ~。
やっぱり自動車オンリーになりつつありますね。ちょっと淋しいな。自分
はどちらかと言うと、何でこれなの?見たいなのが好きなんだけど。
 世間はそれを許してくれないらしい。

 本日の車両確かに印象に残っています。当時もの凄く大きな車両に感じ
られたのを記憶しております。あの頃の3ナンバーは凶悪に税金が高かった
からな…。とても買うとか言う対象にならなかった車両だと思う。
 外観から見ると、とても三菱自動車と言うイメージが微塵も感じられな
い戦闘的なスポーツカーだったように思います。

 やはり印象に残っていない原因の一つに、自分の周囲でこの車両に乗っ
ていた友人が一人もいなかったと言う事何だと思います。
 自分の周囲結構珍し物好きが多いのですが、この車両十分珍しいと思う
んですが結局誰も手を出さなかったように記憶しています。

 何がいけなかったんだろう?あまりにも大き過ぎたのでスポーツカーに
見えなかったと言う事なんだろうか?
 でもしっかり車高は低いし、ツインターボときたもんだ。しっかり調べ
た訳ではないので判りませんが、きっと相当な定価だったんだろうなって
気がします。結構お高い車両だったんだとおもう。

 車両自体の思い出と言うより、周囲で誰も乗っていなかった思い出の方
が強いと言う実に不思議な一台が本日登場してまいります。
 こんな一台の紹介になります。

トミカプレミアム
18 三菱 GTO ツインターボ
2016.07
2016111601.jpg
2016111602.jpg
(トミカ 4217)

 この車両皆さんは印象に残っていますか?この車両に限った話しではな
いのでしょうがたまに登場しますよね、名前は有名なんだが、あまり印象
に残らないしゃりょう。

 当時のプロモーションに問題があったんだろうか?今から思いおこすと
当時の三菱自動車って、スポーツ車で結構押していた気がするんです。
 ネーミングが現すように、三菱としたらやはり旗艦的なイメージでこの
車両を作り上げたと思うのです。
 
 自分が思うに、このネーミングにも問題があったんじゃないのかと思い
ます。私たちの世代にGTOと言えば5ナンバークラスのキビキビ走るスポ
ーツカーのイメージがあります。
 MRなんかはワークスのオーバーフェンダーがついているという、もうや
る気満々の車両でした。
 ちょっとイメージが変わり過ぎたってのもなきにしもあらずって感じで
しょうか。ある意味新しい車両がスマート過ぎだったのかも知れません。

 車なんてのは個性の塊で、それを好きになるならないは千差万別。この
車両は考え方によっては出る時代が少し早すぎてしまった。そんな風にも
見えてしまいますね。不運なスポーツカーなんじゃないかと感じます。

本日の車両は見た目のカッコ良さとは裏腹に、あまり注目を浴びなかった
名車の紹介でした。

これを買い忘れてた。あ~自己嫌悪!!

自分はホンダファンだと思っていたのだが、なんとここを買い忘れてい
たってのが、物凄くショックです。この後の18は購入しているのに、何故
か、17を購入しずに居た事実。うむ~ショックです。
 当時買わなきゃな~って思ってて、ついつい得意の忘れ物が顔を出して
しまい、やっと今紹介などと言う事になってしまいました。

 まだ購入していないトミカも2台ほどあります。なんだか玩具屋さんに行
く機会があるにも拘らず、その時は忘れてしまって、ズルズルと紹介が遅
れてしまうのでした。いかんな~歳かな…。

 とりあえずこのトミカは思い出しましたので、何とか入手しました。そ
こだけは良しとしないといけませんね!
 やっと紹介できます。

 自分思っていたのですが、本日紹介するトミカプレミアムというシリー
ズ。確かに物凄く魅力のある仕上がりだったりするのです。しかし最近の
リリースされる車両を見ていると、トミカリミテッドそのまま継続してて
も全然変わらなかったんじゃないか?そんな気がしてしまうのです。
 このシリーズ自分は嫌いじゃないので、現在も継続して購入している訳
です。出来れば続けて欲しいのですが、やはりここは一つ。このシリーズ
が始まった頃に戻って、もう少し逆にマニアックな方向に流れてくれると
嬉しいのですが。

 スーパーカーや車ばかりでは、折角このシリーズ作った意味がなくなっ
てしまうのではないのでしょうか。本日紹介する車両なんかも、自分はホ
ンダ好きなので、何の問題もないのですが、ホンダファン以外の方から見
た場合、この車両は本当にプレミアムなんでしょうかね?

 もっと寄り一層マニアックな購入側がビックリする様なラインナップ期
待しています。このシリーズってそう言うシリーズだと思ってたんですが
違ってたんでしょうか?
 是非タカラトミーさん再度検討願えれば嬉しいです。

 さ、お願いはこんなところで。本日のトミカの紹介に移って行きましょ
う。こんな一台が登場してまいります。

トミカプレミアム
17 Honda S2000 TYPE S
2016.07
2016111501.jpg
2016111502.jpg
(トミカ 4216)

 S2000自分の中ではホンダが作った絵に書いたようなスポーツカーだと
思っております。
 この車両の最終型が登場するという話が出たとき、ディラーさんからも
話頂きました。物凄く気持ちが揺れ動いたのですが、やはり購入すること
が出来ませんでした。なかなか、エイ!!という一歩が踏み出せなかった
意気地なしの自分がそこに居ました。

 ツーシーターOPENモデルを普段のメイン車両にする勇気がなかったんで
すね。情け無いことです。
 現在そんな状況になっていたら、間違いなくこの車両購入していたと思
います。時期的なもの、年齢的なものがあったんでしょうね。

 年齢が行った現在、逆にこういった若作り的な車両に乗りたくて仕方あ
りません。(笑)

 この歳になったからこそ判るんですよね。車に乗る楽しみってなんだろ
う?
 車に乗っている残り時間。色々な所でリミットがくるのがヒシヒシと伝
わって来る年齢になってきたと言う事なんですね。

 現在乗っている車両も、自分の年齢から考えたら随分若作りの車両だと
思うのですが、乗って居て物凄く楽しい。やはり楽しい車欲しいですよね
!!そんな意味では本日紹介しているスポーツカーは最高の一台だと思い
ます。

 ホンダ車にはSというカテゴリーと、Rというカテゴリーがあります。S
にはどれだけチューンが施されたとしても、赤のHマークはつきません。
赤のHマークはレースマシンとTYPE Rだけなのです。この車両たちはホンダ
好きの間では特別な車両になります。
極まれに街中でワンボックスや軽自動車に赤いHマーク付けられてる車両み
かけますが、これは私たちホンダ好きからいうと、「痛い!!」残念って
感じでしょうか。いけないとは言いませんが、すこし……ですね。(笑)

 Sの頂点はこの車両だと思います。最高峰のマシン。オーナーさんは大切
にしてあげて欲しいものです。Rとは違うSのしなやかな世界。これからも
しっかり楽しんでいってください!!

 さ、ほんじつもグダグダ書いていたらこんな時間です。今週もまだ先が
長い。頑張っていかなければ!!皆さんも頑張って行きましょうね!!
ではまた明日です!!

昨晩はちょっとイレギュラーなトミカでした

ああいったイレギュラーは歓迎ですね!実に楽しいです。特に自分の好
きなカテゴリーのトミカが、思わぬ状況から入手できるのは、何年経って
もどれだけ集めても嬉しいものです。

 特に昨日のように発売されたことすらも知らず、完全に自分の側をすり
抜けていったトミカがひょんなことからやってくる。この楽しさは物を集
めている方にしか判らないものだと思う。
 そんな嬉しさってのは、年のうち何度かしか訪れない凄く嬉しい瞬間で
した。それって別に商品が何でも良いんですよね。それが諦めていたもの
であれば、特に嬉しかったりする。なんだかコレクターってこの瞬間のた
コレクション続けているのではないか、そんな気がします。

 今年はそんな瞬間が何回あったかな。いつもなかなか長続きしない楽し
さなんだけど、いつもこれを求めてる気がします。

 なんだか何書いてるんだ?って感じでしょ。コレクターって、いや、こ
れは自分だけかも知れないね。集めるって言う密かな楽しみの中の最上級
の楽しみでした。

 こういうトミカを紹介した後の燃え尽き症候群に近い状態からの新たな
トミカの紹介。これが難しいんだ。

 本日はその状況を何とか打破してくれるのだろうか?こんなトミカの紹
介になります。

46-8 トヨタ86
2012.06~2016.06
ドリームトミカ
頭文字D GT86
セブンイレブンオリジナル
2016.08
2016111401.jpg
2016111402.jpg
(トミカ 4215)

 実際にはこの一台の発売ではなく、セブンイレブンでは過去に発売され
たドリームトミカと一緒にオリジナルのトミカを一台のみ発売したのでし
た。
 自分も実際には過去に購入しているのですが、折角一緒に組み合わされ
たトミカですので、今回改めて同じものを購入しました。
2016111403.jpg
2016111404.jpg
 自分別にこの漫画の熱狂的なファンというわけでもないのですが、これ
もまた変なトミカコレクターのさがなんでしょう。
 ひょっとしたらどこか違うんではないか。ま、この辺りの事は自分のよ
うな中途半端なコレクターには判りませんので、ここは研究家の方達にゆ
だねる事になります。
 実際には購入することでの安心感のようなもののために買ってるんだと
思います。困ったものですけどね。(笑)

 さて今回のトミカなんですが、少し面白いエラーというか表記ミスがあ
ったようですね。ま、元々漫画の中の車両ですので、何でもありな訳なん
ですが、果たしてこれはどうなんでしょうね?

 こんかいの86なんですがリアにナンバープレートが印刷されているので
すが、これがなんと 群馬55 お3-954 ナンバープレートの数字表示が変
なのは、この漫画の特徴のようなもので、これは問題ではないのですが、
群馬のあとの車両規格がなんと55になってる。
 この86は5ナンバーサイズの車両と言う事になっているんですね。それ
はどうなんだろうか?(笑)漫画なので何でもありなのかな。
 自分はこうして話題を与えてくれただけで、もう十分です。結構楽しめ
ました。
 もともとナンバー表示に関してそれ程拘ったストーリーではないので、
これで良いのかもしれないかもしれないですね!楽しかったです。

 それにしても、セブンイレブン元気が良いですね!!オリジナルのトミ
カを次から次に登場させてきます。トミカファンにとってはありがたいの
ですが、販売店側はどうなんでしょうね?きっと大変なんだろうな。
 これからも楽しませてくれたら良いのだけれど。

 本日はこんなところで。

ほぼ知らない状態で時は過ぎ。

こうしてトミカの紹介をしていて自分の2016年が如何に異常だったかが
手をとるようにわかる。
 2016年04月に発売になったトミカの事を11月に知る事になる。恐ろしい
ことだなあ。2016年自分の中では、本当に仕事にかまけてしまった空白の
1年になりそうな気がする。

 それをこの時期にトミカの紹介で知る自分ってのもどうかと思うが(笑)
しかしちょっと異状だったな

 本日まさかの一台が我が家にやってきたので、紹介を。
 今日ちょっとトミカをいつもお願いしている問屋さんに行ってきました。
社長と色々話して来たのですが、相当厳しいようですね!トミカを巡る環
境というより、玩具を巡る環境。タカラトミーさん結構厳しいようですね
。一杯出てる商品。その中でヒットした商品というより、実際お客さんか
ら注文される商品の少なさを訴えておりました。
 大量に商品を製作して発売する。そのためには資金が要りますよね。そ
れを捻出する為の物といえば。そうですねきっとトミカなんでしょうね。

 兎に角売り上げを手っ取り早くあげる方法。大量にトミカを出す。
今はこの方法で資金を確保しているのかもしれないです。問屋さんの社長
言ってました。いまトミカ好きの人がそっぽ向いたらタカラトミーどうな
っちゃうんだろう?って。

 ま、現実的にトミカファンが一斉に、や~めた!!なんて言う事は在り
得ない事ですしね。現実的な話ではないと思うのだが。しっかし徐々に減
ってくるのはあるかもしれない。そのうち色々な変化が起きてくる可能性
は否めないよね!!

 ま、今現在はしっかり売り上げが上げられてるから。そんな心配はする
必要がないのかもしれないけどね。
 自分が心配なのは、結構年齢が行ってしまった問屋の社長だ。多分社長
の代で終了だから。自分のコレクションも社長と共にかもしれないね。


 ま、そんなこともあり。兎に角オリジナルトミカの発売が急激に増えてきて
いるのは、そんなことも原因の一つなのかもしれない。

 本日のトミカもオリジナルなんだが、実際には発売も知らなかったです。
こんなトミカの紹介できることになりました。

カーズトミカ
ライトニング・マックィーン
(シルバーレーサータイプ)
トイザらス オリジナル
2016.04
2016111301.jpg
2016111302.jpg
(トミカ 4214)

 シルバーのマックィーンなんか新鮮ですね。海外に一杯いるカーズファ
ンのかた、欲しいだろうな!!面白いトミカが登場して来てしまったもの
です。

 カーズも一杯出てて、もう全然追いついていけてないのが現実です。あ
りがたいのは、こういったトミカが時期はづれても自分の下にやってきて
くれるのは。

 カーズは自分の中でも大好きなカテゴリーですので本当に嬉しい。それ
にしても、映画は更新されていないのに、どんどん出てくる新パターンの
車両達。驚くばかりです。(笑)
 確かに新しい金型起こして作るのはすこしリスクが高いかもしれない。
こういったカラーリングを変えた、新たなパターンであれば、言葉が悪い
が、いくらでも出来ちゃいそうです。

 簡単に入手できる商品であれば、どれだけ出してくれても何の問題もな
いけどね、これが本日発売した「トイザらスさん」だったりするともう殆
ど入手不可能だから。
 今回の商品もし情報が入っていたとしても、購入難しかったかもしれま
せんね。

 結果入手できたので、何の問題もありませんが。最近のトミカ事情見て
いるとリアルタイム入手は確かに難しくなってきているのですが、時間さ
え経過すれば、入手できそうな気もしますね。変な流になってきてるきも
します。
 ま、本日のトミカ、兎に角嬉しい一台でした!!

さて、最終日になります

 兎に角、主人公でもないのに超人気のキャラクターなんです。これって
日本だけじゃなくて、海外もそうなんでしょうか?かわいいという表現が
当てはまるのか自分には判りませんが、兎に角人気者なのは確かなのです。

 自分の中ではディズニーアニメの中に出てきた、このキャラクターの絵
が物凄く印象に残っているのですが。確かにアニメーションのなかのキャ
ラはまだ可愛げがある気もします。
 しかし今回の映画シリーズの中で登場したこのキャラはお世辞にもカワ
イイではないような気がします。(笑)これも好みの問題ですので、なん
とも言えないのですが。
 あったとしてもキモカワイイって奴だと思います。笑 

 でも人気があるのは、今回も同じで結構あちこちで注目浴びておりまし
た。今回のセブンイレブンオリジナルのトミカでもこのトミカがあっとい
う間に姿を消し、入手するのに苦労した方が多かったと聞きます。
 トミカファンの好みの問題もあるのでしょうが、今回の速攻で無くなっ
た要因の多くは、間違いなくトミカファンの力ではなく、ディズニーファ
ンの皆さんの力なのだと思います。
 
 最近のセブンイレブンは、事前に販売店舗も表示されるようになりまし
たし、多くのファンの皆さんの動きが速かったようです。

 このキャラクターを熱烈に愛するファンの方がおられるようです。しっ
かりキャラ専任のコレクターも存在するのだとか。いや~恐ろしい世界で
す。
 さて本日ですが、こんなトミカの紹介になります。

ディズニーモータース
タップ
チェシャ猫
販売店特別仕様車
セブンイレブン オリジナル
2016.07
2016111201.jpg
2016111202.jpg
(トミカ 4213)

 見事ですね!何かいつも思うのですが、このキャラのためにあったよう
な車両だね!って感じてしまう。
 それだけしっかり特徴を掴んでいるのだと思うし、完成度も高いのだと
思います。皆さんもそんな感じしませんか?
 若干の後付パーツをつけることによって、車両全体のイメージが一変し
てしまうんですよ。恐ろしさすら感じる。そして締めはカラーリングです。
今回なんか基本2色ですからね。(笑)もう圧倒されます。まいりました。
 しかし今回のセブンイレブンオリジナルトミカ、良い出来でした。久し
ぶりにちょっとワクワクしました。
 
 あるセブンイレブンのお店で店長さんに聞かれました。「ね~ね~今回
のトミカって何か特別なものなの?」って。「いつもと同じオリジナルだ
から皆一生懸命買ってるんだと思うよ。」って答えたら、
「いやそうじゃなくってさ~、トミカじゃなくって、トミカが入ってる外
箱譲ってくれって方が来たんだよね」お!!!!!なるほどって思っちゃ
いました。皆さん外箱見ました?あんまり皆さん見てないと思うんですが
こんな感じだったんですよ。
2016111203.jpg
 これ間違いなくチェシャ猫ファンの方がお店に買いに来たんですよね!
相当好きな方だったんじゃないのかな。店長「いいですよ!」って譲った
らしいけど外箱欲しいって言われたの初めてだったらしい。
「どうせゴミだからいいんだけどさ。」って言ってました。(笑)

 セブンイレブンの店長さんコレクターの気持ち判ってないな。笑 この
キャラのファンだったら多分欲しがると思う。なかなか不気味テイストで
仕上がった外箱でした。

 ディズニーファンの方の徹底。しっかり感じたトミカでもありました。

 さ、これで3日間終了です。今回のトミカ良かったですね。自分は紹介
するの忘れておりましたが。(笑)ま、こんなものですよ。購入するまで
のワクワク。それが大きすぎだったのかもしれません。いや~なかなか楽
しいトミカでした。

やはり車両選択が秀逸です。

 昨日も記事にしたのですが、今回紹介している車両達がそのまま映画の中
で登場して来ると言う訳ではないのです。
 ストーリーの時代設定から言っても、昨日のスクーターは存在しませんか
らね。(笑)でも本日登場して来る車両は、辛うじて存在していたとしても
おかしくないかも。ギリギリのラインかも知れないです。

 映画内では馬車が登場して来るのですが、本日の車両も馬車の延長線ぞい
にある車両なんじゃないかと思っています。
 本日のトミカのベースとなっている主人公なんですが、ハットが特徴なん
です。その特徴に非常によくにた車両チョイスです。

 この車両が登場したのはそれほど以前の話しではありません。何だかこの
仕様作る為に登場したような車両に見えてしまいます。

 Alice Through the Looking Glass
邦題はアリス・イン・ワンダーランド/時間の旅

 今回紹介するトミカのイメージはマッドハッターです。この役を演じてい
るのはジョニー・デップ。兎に角多彩な俳優さんですね。どの顔が本物なの
か見当も付かない。
 チャ−リーとチョコレート工場、そしてパイレーツオブカリビアン。で今
回紹介しているアリス・イン・ワンダーランド。どのキャラクターを見ても
説明無しだったら、絶対に同じ人が演じているとは思えない。
 もっと凄いな〜と思うのは、多分ですが1作目のアリスの撮影時期とパイレ
ーツオブカリビアンの撮影時期が確実に被ってると思うのです。

 このキャラクターの住分けって普通じゃないですよね。一流の俳優さんの
力量には驚かされるばかりです。

 今回もそうなんですが、来年にはパイレーツオブカリビアンの新作が公開
されると映画予告で見た記憶があります。凄いですね。
 本日はこの多彩な才能を持ったジョニーデップ演じる、マッドハターをイ
メージした一台の紹介になります。
 こんな形で登場して来ました。

ディズニーモータース
ハイハットクラシック
マッドハッター
販売店特別仕様車
センブンイレブンオリジナル
2016.07
2016111101jpg.jpg
2016111102.jpg
(トミカ 4212)

 自分このハイハットクラシックって車両も大好きです。何だか古き良き時
代のアメリカの代表のような車両です。
 どことなくモチーフになった人物の形そのものの様に感じます。今回もベ
ースを巧みに生かした、見事な一台に仕上がっていると感じます。凄いです
ね、毎度毎度ビックリさせられるんですが、このデザイン力はどこからやっ
て来るんでしょうね?少しその才能を分けて欲しい。そんな風に感じてしま
います。

 今回もストーリーには一切触れません。ネタバレなしですのでご安心を。
ハイハットクラシックのモチーフになってるマッドハッターがどんな人物な
のかなんですが、これって映画に関係なく、本で読んだ事のあるかたや、
アニメーションで見た事がある。とか多分映画みていなくてもストーリーは
知っているって方一杯いると思います。

 日本だけではなく、世界的に超が付く程メジャーなお話なんじゃないかと
思います。そんな有名なストーリーなんですが、その役を誰が演じるのかに
よってそのストーリーの全体のイメージががらりと変わって来ますよね。

 自分はジョニーデップと言うもっとも意外な俳優さんが演じたマッドハッ
ター結構好きかも知れません。
 しかし何とも味のある俳優さんです。名優なんですねきっと。

 さて、明日のトミカなんですが、俳優さんはいないのですが、このストー
リーで何故か絶大な人気を誇るキャラクターが登場してまいります。
3日なんてあっという間だ!あすで、今回の特別仕様トミカ締めになります。
又宜しくおつき合い下さい。

 本日どうしても行かなければいけない所が出来ましたので、早めにアップ
させて頂きました。やればできるじゃん!という声もチラホラ。(笑)いや〜
仕事中にやるのは、結構骨の折れる作業です。明日からはちゃんとのんびり
ブログに戻して行きます。(笑)では又明日です。

あまり気合が入ってなかったんだろう…。

もう紹介ヌケヌケです。ここまでトミカに対して少し興味が行かなくなっ
たのは、長いこと収集、収集紹介していて初めてなんじゃなかろうか?

 ここまで仕事が忙しくなったのも、ひょっとしたら初めてなんじゃない
のだろうか?人の少なさは、今が限界だと思う所まで人員を減らしました
。どこの会社も厳しいんだよね。現在一人3役こなしてますが、もう一つは
時間的にむりかな。ま、なんか一日が過ぎ去っていくのが異状に速いので
これはこれで良いと思ってる。
 少なくとも何してるんだろうな?なんて思いながら日々過ごすより余程
ましです。果たしてどこまで続けることが出来るのか判りませんが。後数
年で、自分のこの会社での仕事も終わりますので。それまでは充実した日
々送っていけたらと思ってます。

 てな理由で全く紹介するの忘れていたトミカがあるはあるは!自分でも
驚いてます。
 本日紹介するトミカなんですが、「店長」に入手していただきました。

 他店のオリジナルトミカが入手しにくくなったと言う記事を昨日まで散
々書きました。しかしその反対もあるんですね!
 これも以前記事にしたんですが、セブンイレブンの急激な名古屋進出。
それにより、以前は周囲にコンビニなんてものが全くなかった我が家近辺
今ではセブンイレブン丸けです。(笑)少なくともちょいと動くとセブン
イレブン5店舗くらいあるんです。

 最近ではオリジナル商品売れ残りを防止する為なのか、販売店を限定し
あらかじめここで販売しますという予告がある。

 結構販売店が変わるんですが、それでも我が家の周囲で必ず販売が行わ
れる。ある意味ありがたい話だね!!しかし人気車種になると入手困難に
なる。いつも結局「店長」にお世話になる事になる。今回も人気の車種が
一台あったがために、この商品のみ入手が難しくなった。

 この片寄りもセブンイレブンオリジナルの特長みたいになってる。まし
かしコレクターは全て欲しいのです。皆魅力的に見えるのです。
、映画の前評判もあり、興味を持っていましたので、物凄くワクワクしな
がら購入していたにも関らず、すっかり紹介を忘れてしまうという体たら
く。困ったものです。本日より3日間一生懸命紹介して行きます。まず初日
こんなトミカの紹介になります。

ディズニーモータース
チムチム
アリス
販売店特別仕様車
セブンイレブン オリジナル
2016.07
2016111001.jpg
2016111002.jpg
(トミカ 4211)

 アリスが物語りのなかでスクーターに乗ってるわけじゃないんですよ。
(笑)でも何となく色使いがアリスっぽいな!!個人的には結構おきにい
りのチムチムです。綺麗だわ~!!

 今回のアリスは続編ですね。前作も楽しく拝見させていただいておりま
す。個人的にアリスを演じている女優さんの肌の色のあまりにも白い事が
異常なほど気になります。この白さが一般的にいう白人という人種になる
んだろうな、って思ってます。
 独特の雰囲気を持つアリスを演じるにはもってこいの女優さんだと思い
ます。ただただ綺麗だけでは、この不思議な役どころを演じきるのは難し
いのではないかと思います。

 そんな所が逆に日本では興行成績が伸びない方向に走ってしまったのか
も知れません。
 個人的な感想では、非常に面白い映画でした。映画館で見て正解だった
な!って思って下ります。あの独特の世界はいくら大きな画面になってき
たとはいえ、テレビではイマイチ迫力不足になるものと思われます。
 映画のよさは音響にもありますしね、我が家のようにマンション住まい
では大音量での視聴は難しい。映画館独特の音と共に楽しむ。こういった
映画はもっとも向いているのではないかと思います。

 興行成績見る限り、この続編は日本ではどうなんだろう?以外にディズ
ニー映画って日本の興行成績影響しますからね。
 自分はもう少しこの世界に漬かっていたいなっておもってますが、なか
なか現実は厳しいようです。

 元々我が家ファンタジーものやSFものが大好きなので、好きな映画は映
画館で!!を実践しております。

 明日も引き続きアリス物を!!よろしくお付き合い下さい。

これまた名古屋では…。

基本的に名古屋ではトミカの入手が物凄く難しくなってきたと言うこと
なんでしょうね。オリジナルと名前がつくトミカ、簡単には入手が出来な
くなってきました。
 何か最近のこのブログってどうやってオリジナルトミカを入手したのか
記録みたいになってますね。(笑)

 仕事が忙しいと、どうしてもトミカにまで気が行かなくなってしまうの
です。最近のトミカの特徴として、ちょっと気を抜くとオリジナルトミカ
の発売を見逃してしまうと言う事なんです。それ程大量に色々なトミカが
発売されていると言う事なんですね。

 それでも結構気を使ってるつもりなんです。その証拠が、このブログで
結構紹介されているトミカ達なんですよ。ある程度調べてたりしていない
と友人やトミカ仲間の皆さんにお願いすることすら出来なくなってしまう
という事になります。

 もっと問題なのは、自分あまり人にお願いするのが得意じゃないんです。
なのでこんなのありますか?って聞いて頂けた場合のみ、ないんですよ!
お願いできますか?って依頼することになります。
 どうにも自分から色々お願いが出来ない、小心者なんです。

 何せ名古屋に住んでいると、皆さんのために何か一生懸命動くことが出
来ないんです。人の役に立てないのに、自分だけお願いするのは虫が良い
ってものですよね。なので出来る限り自力でを基本にしております。
 ま、しかしこれだけ色々登場しちゃうと、もう絶対自力では無理です。
 結局のところ皆さんのお力で収集できてるって事なんですね。

 本日紹介するトミカも以前なら簡単にお昼休みに買いにいけたんだけど
ね!今じゃワザワザ電車に乗って長時間移動しない限り買えないトミカに
なってしまいました。最近では我が家で一番入手の難しくなってきたトミ
カ一つになってきております。
 こんなトミカの紹介になります。

ドリームトミカ
コリラックマ
(のんびりネコ)
トミカショップ オリジナル
2016.08
2016110901.jpg
2016110902.jpg
(トミカ 4210)

 すいません、ハッキリいってしまうと、それ程興味のないトミカではあ
ります。
 キャラクターとしてあまりにも知らな過ぎて、どうにも興味が湧かない
わけで。一般常識で考えてみてくださいね。自分達おぢさんが、それもし
っかり深いところにいるおぢさんが、このキャラクターを見てかわいいと
表現したら、なんだかその方が違和感ありますよね。このキャラクターに
ついて深く深く語れるおぢさんのほうが圧倒的に少ないと思う。

 そりゃ中にはいるでしょう。大好きな人だって。何かが好きなこと自分
達のトミカ好きだって、一般的な会社員の中で大きな声で言える趣味では
なさそうな感じですね。
 自分のような小さな会社なら別ですが、大手企業にお勤めの場合これは
なかなか難しいかもね。トミカは子供の玩具っていう位置づけが成り立っ
てますからね。おぢさんの立場ってのは、見栄張らなきゃいけない所にい
る方が多いですからね!特に会社を支えるくらいの役付きの方は難しいか
もね。おぢさんってそんな立場なんですよね。

基本は会社とかでそんなこと触れようものなら途端に変人扱いされること
必然。(笑)なかなか難しい立場なんですねおぢさんって。

 ま、子供の玩具取るくらいおぢさんらしくて良いと思うのだが、カワイ
イキャラは難しいかもしれないですね。

 本日紹介してるリラックマとかよく判らなくって。あんまり興味も無い
し、トミカショップでオリジナルを出すほどの人気がある商品なのか。
 そこの辺りも判らなかったりする。今回はこのトミカをワザワザ買いに
行ったわけではなく、他のトミカを買いに行ったら、たまたま販売してい
たというラッキー極まりないトミカです。
 出来ることなら、トミカショップさんオリジナル発売抑えてくれ~!!
買い逃してしまうトミカが多くなりすぎです。

 個人的にはあまり印象に残らないトミカの中の一台でした。は~本日も
ギリギリですね!睡眠時間バリ少ない自分です。眠いね~毎日。さ、明日
も頑張ります!!

2ヶ月続けてのオリジナル

ま~兎に角入手困難の極みみたいなトミカが本日紹介するトミカです。
実際の話、自分は店頭に並んでいるのをもうずっと以前から見たことがあ
りません。これって店頭販売って言うんだろうか?ちょっと悩んじゃいま
すね。
 確かに車両の人気と言うものもあるようで、本日紹介する車両はベース
がファミリーカーだったこともあり、予約サイトの在庫は結構残っていた。

しかし、店頭で見かけることはありませんでした。なんか矛盾してますよ
ね!店頭に並んだ途端に買占めにあってしまう。う~ん。なんか悲運のト
ミカですね。

 自分は仕事がデスクワークですので、平日販売の商品に関して、朝並ん
で購入することは不可能です。そして会社を休むことがままならない。
 略会社を休むと言う事が不可能なんです。会社にいる人数が圧倒的に少
ないという事もあるんですが、兎に角拘束時間が長い。
 ま、曜日関係なくオリジナル発売するこのトミカは兎に角入手が難しい
です。
 物凄く申し訳ないといつも思っているのですが、周囲の友人の力を借り
て、入手させていただいて下ります。
 しかしお膝元の名古屋市は、どの店も略お一人様1台のみという限定が
入るのです。こうなると友人にお願いするのも難しい。

 と言う事で県外で購入限定の入っていない地域の友人にお願いして、余
剰があれば分けていただいてる状況です。予約が出来た時は問題ないので
すけどね。
 本日の車両に関しては、予約が簡単に出来ましたので予約店頭引取りで
入手いたしました。
 引き取りに伺ったのは、販売の日の夜だったんですが、やはりこのトミ
カ店頭で見ることは出来ませんでした。

 小さなトミカファンの間では全く見ることの出来ない、幻のトミカだよ
ね!きっと。

 さて本日なんですがこんなオリジナルのトミカの紹介になります。

104-5 トヨタ ヴィッツ
2011.10~2013.12
トヨタ ヴィッツ オートバックスレーシング仕様
トイザらスオリジナル
2016.08
2016110801.jpg
2016110802.jpg
(トミカ 4209)

 このカラーリングは一見凄く乱暴な色使いのように見えるのですが、印
象と言う点では、大変頭の中に残るのです。
 このカラーリング、オレンジを見るとまずオートバックスレーシングを
思い出してしまう。素晴らしく人の印象に訴えかけるカラーリングだと思
います。

 もし車に色を塗るとしたら、この色の組み合わせは自分なら絶対にしな
いと思う。
 深いオレンジ色、少しにごったイエロー、そして黒。この組み合わせて
ありなんだろうか?
 そこが自分達はまだ修行が足らないところだったんですね!!

 印象に残る3色の組み合わせ。ぱっと見大変に濁った色なんですが、印象
には残る。そしてその印象に残る逆に目立つ色は、多くの色が溢れるレー
スシーンの中では良く目立つことになるのです。うむ~!!逆転の発想!
凄いですね。

 オートバックスカラーは私たち色とかで仕事に関っているものに結構シ
ョッキングな刺激を与えてくれました。モータースポーツって色々勉強に
なりますね!!

 本日の車両なんか特に大量のエントリーが一般的なレースでは、色が氾
濫することになります。そんな中、この雑多な色の塊、オートバックスレ
ーシングのしゃりょうの目立つこと目立つこと!!やはりプロの仕事って
こういうものなんですね!恐れ入ります。

 今回の一台はトヨタ ヴィッツがベースだったこともあり、おそがけの
予約が出来ました。忘れていたと言うか、情報がない限りなかなか予約も
難しいのです。う~ん。オリジナルトミカ購入するって、難しくなってき
たんですね!!改めて感じる今日この頃です。

 のんびりトミカ購入したいですね。今は難しいか。は~~~。では本日
はこんなところです。

引き続きまして、これを!!

自分完全に勘違いしておりました。イベントのかいさいは実は7月だった
んですね。時s分すっかり開催が8月だと勘違いしており、8月の締めにこ
れを!!とおもってしっかり暖めておりました。さ、本日紹介するぞ!!
と思って開催日見てたら、なんと7月31日!!絶対に8月だと信じ込んでい
た。人の記憶なんてなんともいい加減なものなんですね。は~自己嫌悪。

 でもこのトミかは特別なので!!今日で全然間違いはないです。

 昨日のトミカに引き続きF90さんにリアルタイムで入手していただいてい
たトミカです。毎年このイベントを非常に楽しみにしている方が一杯おら
れる。自動車の人気がここまで定着するのも非常に珍しいと思う。
 特にこれだけ若者が自動車から離れていってる時代です。ある特定の車
両にこれだけ若者が熱中する。とんでもないことだと思う。

 少し考えたんですが、トヨタさんの力と企画力は絶対に凄いと思うので
す。しかしこの車に関して言えば、果たしてトヨタさんの力だけで成し遂
げられただろうか?
 そのエンジン形式といい、全体的なスタイルといい、確実に今までのト
ヨタテイストとは、全く別の物があると思う。

 この車が出来た時期、それはスバルさんが究極の選択を迫られた時代で
した。スバルさんも正直に言えば、この時期のトヨタさんのヘルプがなか
ったとしたら現在の会社存続はあり得たのだろうか?
 その影響力は私たちが知るよりはるかに大きいものだったと思う。

 それはトヨタさんにとっても、新たな風を導入しようとしていた時期に
重なり、好都合だったと思う。色々な面で秀でた力を持った会社二社が力
を合わせ生産された車が、本日の車両です。

 そんな究極の車両が、出来が悪いはずもなく。見た目、そのエンジンパ
ワーすべてが過去のトヨタ自動車のライトウエイトスポーツのそれを超え
ていたのだとおもう。

 当初は若者が飛びつくかと思われた車両なんですが、発売当初は、金銭
的に比較的余裕のある、自分達の世代。おぢさんが飛びついたのです!!
 トヨタさんの宣伝力と販売力もあり、一気に人気が広がり幅広い世代に
普及することになるのです。
 その幅広い支持者を集めたイベントが本日紹介するトミカを生み出した
イベントです。もうしっかり恒例化していますが。今年の仕様はこんな感
じで登場してきました。

46-8 トヨタ86
2012.06~
Fuji 86 Style 2016
2016.07
2016110701_201611072359322ce.jpg
2016110702.jpg
(トミカ 4208)

 なんだろう?この頃のトミカの塗装と来たら、物凄いものがあります。
オリジナルの特別なトミカだというのはわかるのですが、作られている数
は相当なものになると思うのです。にも拘らず、この懲りよう!!
 凄いとしかいいようがありません。

 人気が出るのが当然ですね!自分達老眼は、ルーペを持ってこないと見
えないような細かなタンポ印刷も入っております。すごいな~驚きの出来
です。毎度このオリジナルには驚かされますね!

 それにしても今回の深いツートンは何をイメージしたものなんだろう?
きっと何かコンセプトがあると思うのですが、あまりその辺りは追求しな
いで置こうと思います。

 今回のトミカが発売されたイベントの凄さなんですが、兎に角86だけで
行おうという意識がないこと。ちゃんとそこにはBRZも入っているところ
が凄いと思う。
 ここがトヨタさんの太っ腹な所なんだと思う。変わりましたよね!社長
が変わるとここまで考え方が変わるのかというくらい変わったと思います。

 これは言うっても良いことなのか判らないのですが、地元地域では以外
にアンチトヨタという方が多かったんです。自分思うに現社長に代わって
から、その感覚が物凄く変化していってると思う。
 自分もどちらかといえばアンチだったと思います。でもね、アンチなん
て何も生まない!!凄いものを凄いと認めてこそ進歩もあるし、良いもの
も見えてくるのだと思う。トヨタ社長の力は偉大です!!

 その気概がこの車にも表れているのかも知れないですね。良い車に育っ
て来ていると思います。これからもどんどん進化して言って欲しいもので
す。トヨタファンじゃないですが、良い車です。応援はしっかりしてます。

 本日のトミカ。昨日に引き続きF90さんのお力で入手です。本当にありが
とうございました!!感謝しても感謝し切れません!!本当にありがとう
ございました。

実際には相方ではないのですが

このアンパンマンのストーリー。基本的に敵はいないんですよね。バイ
キンマンも敵って訳じゃなくって、ただいたずらをしていると言う設定な
んですよね。しかし見てる限り、やり過ぎ感は感じられる。でもアンパン
マンはキャラクターまで決して退治しようとはしない。
 ばいばいき~んといって、キャラクターは飛んでいく。

 そして次の週には必ず登場してくる。それも元気に登場してくる。これ
は敵というカテゴリーとはまた違うものなんでしょうね。

 個人的にはタイムボカンシリーズと同じ流なんじゃないのか。そんな気
がしますね。果たしてどちらが先にこのストーリー展開を考えたのかは、
自分には判りませんが。結構似てると思いませんか?
マージョ様、ドロンジョ様、ムージョ様、アターシャ様、ミレンジョ姫様
ムンムン様、ヤンヤン様。にあたるのが本日のキャラクターなのかもしれ
ない。(ここまで調べなくても良いのにね。笑)

 余談ですが、こうしてキャラクター名調べて思ったのですが、自分の知
ってる名前のドロンジョ様は2つ目のストーリーの中で出てきた悪玉キャラ
の名前だったんですね。絶対に最初だと思ってた。調べてみるものですね。

 でも本日登場するキャラクターは前記したキャラより全然色気もないし
まるで体型が違います幼児体型。(笑)やっぱりこの体型からもお仲間感
が感じられますよね。こんなキャラのトミカが登場してきました。

ドリームトミカSP
ドキンちゃん
トミカ博 in YOKOHAMA
2016.08
2016110601.jpg
2016110602.jpg
(トミカ 4207)

昨日も紹介しました、前回のトミカこんな感じでした。
http://youkei3298.blog43.fc2.com/blog-entry-3827.html

ドキンちゃん登場してきました!人気のキャラですね!悪役って言葉はこ
のキャラに当てはまるのかな?なかなか微妙なキャラではあります。
 ま、わがままな女の子キャラだと言う事はわかります。
 しかも、色んなグッズも登場して人気上々!!そんな人気のキャラがト
ミカになったわけですから、売れないわけがないですね!!
 今回もきっとバカ売れしたのは間違いのないところでしょう。

 このパターンだと数年は続けられそうですね!キャラクターと言う面で
は、このアニメシリーズ無限大にキャラクターが登場してきています。
 はたして、このアンパンマンシリーズのトミカに関してどこまでタカラ
トミーがその力を持っているのかわかりませんが。

 もし自由に製作できるのであれば、売れるのは確実にわかっているわけ
ですから一年に一度の製作でなくても問題ないと思うのです。
 やはり製作販売に対して何らかの制約はあるものと考えられます。
NTV承認済。アンパンマングッズとして正式グッズと言う事ですね。

 キャラクターの版権や、どこがその影響力を持つのかなんてのは、私た
ちエンドユーザーが何か詮索したところで、その現状は日々色々な変化が
訪れるものだし、どこで何が原因となって変わるか判らない。
 そこを詮索するなんてのは私たちが関るところじゃにですよね。

 出たものを楽しむ。これですよね。どこまで詮索したって私たちの記事
が商品に対して何か影響を与えることはないと思います。
 影響を与える仕事をしているわけではないからね!ただの場末のブログ
です。

 もし来年も展開があるとすれば、また楽しみに待っていようと思う。

 1年に一度登場する特別なトミカ。面白いですよね!!また名古屋でも
うられるのかな!!楽しみに待っていましょう。(あるのに買っちゃうん
だろうな。仲間増やすの楽しみです。)

 今回はF90さんのお力で入手できました。本当にありがとうございました
!!感謝感謝です。なかなか名古屋の片田舎では入手難しいトミカです。
ありがたいですね!!本当にありがたいです。

もうこれは、恒例になってきました。

トミカ博も定期的に各地で開催されるようになって、もう何年になるん
でしょうね。大阪で始まって一年の最終は名古屋で。この流は定例化し、
毎年多くのトミカファンの方が開催を楽しみに待っているのです。

 始発に当たる大阪では毎年新しいイベントトミカが一杯登場してくるの
です。そして多くの新しいミニイベントもここ大阪から始まっていくので
す。
 そしてどんどんトミカ博は進んでいくのです。最近は主要な開催地で、
特色のあるトミカ博オリジナルトミカが発売されるようになったのです。

 残念ながら名古屋は特色のないトミか博になってしまいました。以前は
オリジナルが登場したりしたんですけどね。
 でも毎年開催を楽しみに待っております。最近は凄い人の数です。トミ
カ人気もあいまって、どの開催地も凄い人が押しかけてきているようです。

 さて本日なんですが、トミカ博 in YOKOHAMAの話題を。
トミカ博 in YOKOHAMAでは2年連続で超人気のあるトミカがリリースされ
ています。
 今回もF-90さんのお力を借りて、我が家にはリアルタイムでやってきて
おりましたが、やっと本日紹介することになりました。
 いつも本当にありがとうございます!!横浜の風は名古屋は遠すぎて普
段感じることが出来ませんが、F-90さんのお陰でこうして紹介できる事、
感謝しないといけません!!

 しっかりと作りこまれたオリジナルのトミカ。そしてまたこのキャラク
ターが子供さんに超人気と来ている。毎年速攻で売り切れてしまう。なか
なか入手の難しいトミカになっています。
 今回も2種類発売されているのです。2日間かけて紹介させてじっくり紹
介させて頂こうと思います。
 本日はまずこのトミカから。

ドリームトミカSP
アンパンマン(あお)
トミカ博 in YOKOHAMA
2016.08
2016110501.jpg
2016110502.jpg
(トミカ 4206)

 アンパンマン(あお)昨年登場したのは(あか)でした。カラーバリエ
ーションと言う感じですね。まさか一年経過した地点で新たにバリエーシ
ョンが登場してくるとは思っても見ませんでした。

http://youkei3298.blog43.fc2.com/blog-entry-3827.html

 ボディー造形もオリジナルで、前回の赤色が多分アンパンマンのイメー
ジカラーだったと思うんです。なのでまさかカラーを変えて登場してくる
とは思っても見ませんでした。
 しかし凄い。

 ま、しかし昨年大変な人気で購入することが出来なかった子供さんのた
めに新たに生産したと言うのが今回の商品の発売理由なんだと思います。
 お話では、一人一台の販売規制が入ったとの事ですが、それでも一般の
子供さんにはなかなか入手の難しいプレミアムトミカになったことは間違
いのない事実でしょう。

 しかしこの車両の造形は良いですね!何かベースになる車両があると思
われるのですが、ここまでしっかりとしたオリジナルに仕上げてくるのは
流石です。
 最近のタカラトミーさんの商品企画力結構上がってきてるのかもしれな
いですね。

 しかし良い出来だな~。こういったトミカばかりならドリームトミカも
面白いんですけどね。ちょっと波がありすぎなシリーズではあります。

 さて、明日はなんですが、本日のトミカの相方。ストーリー内では若干
違いますが、なかなか素晴らしいできのトミカです。明日に続きます。

一応週末かな。

週末らしいトミカ。自分の中ではやはりこれかな。8月にポツンと一台のみ
発売されたものがこれです。しかし、しっかりこのシリーズも第二世代に
世代交代しつつあります。
 
 残念ながらトミカとしては人気があるのかどうなのかよく判らないのが
現状です。
 ずっと以前ペプシのキャップの上にキャラクターが乗ったものを必死で
集めた記憶があるんです。あの時は周囲も集めていた。なんだかプレミア
ムがついてしまう商品なんかもあって、しかしペプシのキャップはそんな
にお金がかかる訳ではなかった。すぐ集まってしまうものでした。
 
 あの商品は凄く人気があるのがわかった。店頭に並ぶとそれは、すぐに
なくなっていったし、当時絶好調だったブログなんかも結構記事になって
た。しかしトミカはまず店頭に沢山並んでいるのをあまり見たことがない
し、発売音同時に商品が消えていくのもあまり見たことがない。
 私たちユーザーからはあまり人気のほどが見えてこなかったりする。

 やはりトミカでの商品化は難しかったのだろうか?個人的な感覚では非
常に楽しみに待っているのですが、スターウォーズファンはトミカの曖昧
さを求めてはいないのかもしれないですね。小さくてもリアルでコレクタ
ーズアイテムとなりうるもの。そして出来るだけ多くのキャラクターとい
うところが一般的なコレクターが望んでいるものなのかもしれません。

 トミカが扱っているのは、キャラクターではなく乗り物&メカ。独特の
世界観を築こうとしているように感じます。今までになかったメカニック
オンリーのコレクション。
 個人的には物凄く期待しているのですが。

 そのリアル版シリーズ。今回はこんな一台が登場してきました。

TSW-09-2 トミカ スターウォーズ
スノースピーダー
2016.08
2016110401.jpg
2016110402.jpg
(トミカ 4205)

 何度も書いてるのですが、個人的には無条件で受け入れます。手のひら
の上のスターウォーズのマシンたち。なんとも嬉しい限りです。

 兎に角トミカでスターウォーズを楽しむことが出来るようになるなんて
考えもしていませんでした。これは嬉しいですよね。自分なんかトミカを
収集していたので、スターウォーズやスタートレックの商品を購入するの
を諦めておりました。夢のような商品展開です。

 今までも色んな所からスターウォーズ関連グッズは発売されております
が、メカだけってのは始めてですもんね!もう少し多くのSWファンが注目
してくれると嬉しいのですが、残念ながら自分の周囲にいるSWファンの方
はその存在にあまり興味を示してくれていないようです。

 トミカという足かせが、結構中途半端なクオリティーを再現してしまっ
ているのかもしれないです。なかなか難しいところなのですが、SWファン
の方はキャラクター商品にトミカテイストを求めていないと言う事でしょ
う。
 タカラトミーの担当者はどこに向かってこの商品を発売しているのか、
もう少し絞ってみるのもいいのかも知れないですね。

 トミカにそこまで求めるな!と言う意見もありますが。本当に売ろうと
思ったらもう少し商品展開とクオリティは考えるべきなんだろうな。
そんな気がしてます。

 ま、それも続けているうちに、一つのカテゴリーになる可能性も秘めて
居ります。そのためにも継続を!そして定期的な発売を。よろしくお願い
したいところです。

 さて、本日で仕事終了の方お疲れ様でした!ゆっくり休んでくださいね
さ、明日は何を紹介するかな?また一晩考えます。

特別なイベントがありました。

本日三菱重工、三菱航空機さんのイベントが開催されました。
 いつかあるのかな?と少しだけ期待していたのですが、最終組立工場が
稼動した現在行われました。
 工場内見学。

 残念ながら全く撮影不可の公開となりました。もうこればかりは仕方の
ないことで。
 現在最終組立工場内は機密の塊です。私たち非関係者が写真を撮るのは
不可能に近い。相当な人数が押しかけているわけですから制御が利きませ
んからね。

 兎に角見学が出来ただけでも幸せでした。

まず組立工場内に入ってすぐ工場全体の説明がありました。もう組立工場
内の大きさにこの時点で圧倒されております。
 大きさが何か把握できない状態です。自分の知っているものが周囲にな
いので、大きさを比較出来ない。
凄いですね。完全に圧倒されました。


 そして目の前には10006号機が。この機体ですが量産1号機となる予定の
ようです。完全に丸裸の状態。しかししっかりMRJの形は出来上がっており
ました。
 垂直尾翼と水平尾翼はまだついていません。塗装前の機体。なかなか新
鮮でした。


 そして少し奥に進むと10007号機が製造されておりました。こちらはまだ
主翼もついていない状態。鉛筆な感じですかね。しかしこの時点で主翼の
取り付け部分がしっかり見学することができ、しっかり拝見させて頂きま
した。


 少しお聞きしたお話なんですが、見学コース、MRJミュージアムももうす
ぐOPENとのことです。私たち一般人が見学できる日も近くなってきている
ようです。
 残念ながら見学コースでも写真撮影は不可のようですが。皆さんが実際
の組立がどんな形で進んでいるのか実際に見ることが出来るようになりま
す。
 徐々に航空機に関する施設がオープンしそうです。楽しみですね。

 本日唯一撮影が許された場所がここでした。
2016110301.jpg
 それにしても比べる対象があると、この工場の大きさがわかります。
工場の右の隅に自分たちが乗ってきたバスが停まっているのですが、もう
豆粒のような大きさ!!
 本当に大きな建物なんですね。近くによって始めてわかる大きさでした。

 実はこの場所も多分私たちが立ち入ることはもうないと思われる場所で
す。金網内の敷地。貴重な経験でした。

F1関連

残念ながら、地上波、BSでの中継が終了してしまったF1グランプリです。
一時期の爆発的な人気は影を潜めております。

 それでもレース好き、F1好きの方は今も変わらず鈴鹿に足を運び、そし
て有料になった放送を見ておられるのです。
 日本での開催も年に一度。鈴鹿サーキットにおいて開催されております。

 自分は残念ながら有料の契約を結んでおりませんので、リアルタイムで
F1を見る事は無くなりましたが、全く興味がない訳ではありません。
 現在は若干F1が日本国内でのモータースポーツの人気カテゴリーから外
れつつあるというだけで、世界から見たらF1人気は不変の物だと思います。

 ただ少し、レース運営とかレース自体がドライバーレースでは無くなっ
て来ている気はします。スポンサーの意向があまりにもチーム運営に反映
され過ぎるきらいがあります。もう少し、昔のように速いドライバーが争
う純粋なモータースポーツになってくれたら、そんな風に感じております。

 F1に関してじぶんが兎や角言える立場ではありませんので、いずれどこ
かで改革は起きるのかも知れないですね。気長に待つ事にしましょう。

 さて本日頂いた物なんですが、これはオフィシャルに関わっておられな
ければ絶対に入手出来ない資料を頂きました。本日のスペシャルはこんな
一品です。
F1オフィシャル
●NEUTRAL
●MEDICAL WARNING LIGHT
●ERS REPEATER LIGHT
●EXTINGISHER
●IGNITION

11メーカーの仕様図解

 この資料なんですが、見る方が見れば判るのですが、上記5つのスイッチ
の位置関係が印された内部資料になります。

 これがないと、もし不慮の事故が発生した時、エンジンストップもまま
ならず、別の惨事に繋がる可能性を秘める事になります。
 ということで各メーカの車両のスイッチ位置を示した図解になります。

 これは超貴重な資料ですよね!!毎年変化して行くF1です。この仕様は
今年だけの物だと思っても過言ではないかと思われます。

 お宝ですよね!!自分こういった資料見るのが、三度の飯より好きです。

 我が家の宝物として2016年のF1仕様書、しっかり保管します。

 ずっと後の世代に、このプリントが突然出て来たら面白いでしょうね!
何十年後であれば、昔はこんな感じだったんだね!と懐かしく見る事もで
きるでしょう。
 凄い資料ですね!こういった1レースの為だけの資料は自分の中でも非
常に貴重な一品になります。

 今回貴重な物有り難うございます。「クッキーさん」に心から感謝です。

如何でしたでしょうか?3日間が経過しました。いずれも貴重な物ばかりで
なかなかいつも読み返す事が出来ません。う~~我が家の宝物が又一つ増え
ました。有難い事です。

モータースポーツの巻2

本日は鈴鹿編になります。昨日の茂木編同様、今回頂いた物も、モータ
ースポーツに深く関わっておられる方から頂く事が出来ました。

 どちらの方も運営側の方ですので、より一層深い話しが聞け、物凄く刺
激になります。
 昨日は2輪に感するプログラム資料でした。本日は4輪になります。日本
のモータースポーツでは、超人気カテゴリーになります。

 なかなか渋滞が怖くていけないんですよね!もうとんでもないんです。
サーキットに訪れる方の気合いの入り方も違いますしね!日本の自動車3大
メーカーと、カテゴリーは違うのですが各国から選りすぐりの車種達がモ
ンスターマシンに化け、サーキットで暴れまくるんです。

 人気があって当たり前ですよね。車両カラーリングや車種の仕上がり具
合も実に素晴らしい。
 同メーカーでもチーム間の争いの凄さ。この凄さが見ている方を本気に
させるんでしょうね!本当に面白いです。

 まず最初に紹介するのはこちらになります。

スーパーGT

2016 AUTOBACS SUPPER GT ROUND 6
45th INTERNATIONAL SUZUKA 1000km
8.27-28

 うむ~、もはやダブルネームですね。自分の世代の人間には鈴鹿のこの
1000km耐久は独特のレースで、どちらかと言うとWEC的な流れを感じて
昔は見ていました。
 ルマンとかと同じタイプの車両が1000kmという長丁場をレースする。
耐久ファンには溜らないイベントでした。
 しかし今は違います。そのレースを形成しているカテゴリーがSUPPER
GTなんです。この車両が走ると言う事は、もう耐久と言うイメージは消え
ていき、1000kmのスプリントレースの様相を呈して来ます。
 凄いですよね!WECもそうなんですが、もう今では耐久と言う名前は残
っていますが、100%スプリントです。時代は変わって来てるんですね。
 そのレースのパンフレットを「クッキーさん」から頂きました!!
 いつも本当に有り難うございます。感謝感謝です。

 そしてそこでは終わらない!!
 今回も毎年恒例になってきている、こんな凄い物頂きました!!
SGTルールブック
SUPER GT
2016 SUPER GT
Series Participation Regulations
Sporting Regulations
Promotion Regulations

 2016年度のルールブックです。
 絶対に関係者でなければ入手出来ない一品です!!毎年少しづつ、いや
大きく変化するルール。この本を読みながら、パンフレットを見たり、
VTRを見たりするのが非常に楽しいです。誰かと見る訳ではないのですが
何となく細かな内状が少しだけ見えて来るような錯角に陥り、非常に優越
感に浸る事が出来ます。
 ファンの方ならより深く知りたい事って一杯ありますもんね!いや~今
年も総集編の季節です。しっかり勉強して楽しくV見させて頂きます。
 
「クッキーさん」今年も有り難うございます!!感謝して感謝し切れませ
ん。有難うございます。

 明日なんですが、又鈴鹿に関連した物を紹介して行こうと思っておりま
す。では又明日です。

FC2Ad