養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

あ~車に戻る!!

なんだかほっとするね!ちゃんとした車に戻ってきました。しかしまだ
まだ11月なんですね。大量に発売されていることには間違いないですね。
やはり、やりすぎ感が漂いますね最近のトミカ。

 と言う事で恒例の愚痴から始まりました。このあたりで終了にしておき
ます。以前のようにこのシリーズだけが定期的発売されているトミカだっ
たとしたら、大変な事になってますよね今頃。

 唯一のオリジナルトミカとして今でも入手が難しいトミカなのにもっと
入手が出来ないものになってたところですね。
 トミカが単純に出した分だけ在庫を増やしてしまうという、超不遇の時
代を経験した販売店さんにとっては夢のような時代がやってきてるわけで
す。
 少なくとも地域的なものは確実にあるのですが、自分が住んでいる名古
屋では平日発売の場合、朝一番から動ける方にしか入手が出来ない商品に
なってしまいました。発売当日の夕方行ったのでは入手は難しいのです。
考えられない売り上げを示すようになっているんです。
 
 商品的に見ても、ミニカー好きが興味を示しそうな車両ラインナップが
増えてきている感じもしますし、長い時間をかけて一つの売れ筋シリーズ
を造り上げたという感じですね。素晴らしい粘りと根性!!まるで高校野
球のような商品です。頑張ったと思います。確実に評価できますね!!

 さて本日ですが、そんな人気の一台を紹介します。今回も例のごとく、
自分の力では入手できませんでしたので、いつものように「ken-6さん」
に入手お願いしました。本当にありがとうございました!
 こんなトミカの紹介になります。

52-5  ダイハツ コペン
2015.04~
AEONオリジナル
チューニングカーシリーズ 第29弾
ダイハツ コペン XPLAY
(D-SPORT仕様)
2016.11
2017013101.jpg
2017013102.jpg
(トミカ 4280)

この商品なんですが、基本的に2ヶ月ほど前に発売されたオープンカーセ
レクションの中に入っていたコペンの仕様とほぼ同じ。そこにペイント、
ロゴマークを追加した感じの仕様になってる気がします。

 いや~カッコイイ。確かにこういった商品展開していたら売れ続けます
ね!!何を出したら売れるのか。
 オリジナルのトミカだから何を出しても大丈夫!!なんて時代じゃない
のは言うまでもない。
 しこし前の話なんですが、あの入手困難トミカの代名詞。購入出来ない
トミカを生み出したといっても過言でない、トイザらスさんでも、レーシ
ーなシリーズ発売していたところに、ベース車両をコンパクトカーに変え
たところ。いつも瞬殺で終わってしまう、予約がいつまでたっても売れ残
っているという事例が発生した。

 兎に角レース仕様のマシンだから何でも売れるかといえば、そうではな
いという事を地で行った事例だったような気がする。

 最近の転売業者さんは見る目が高いらしい。(笑)

 やはり1台1台にしっかりとした選定と、仕様の検討。これが欠かせない
時代になってきているようですね。
 実際これは本来当然のようにしなければならなかったことなんですが、
それを怠っていたのだと思う。
 トミカもしっかり戦略の時代がやってきてるんですね!!時代は変わり
つつあります。

 これで商品リリースが少なくなれば、トミカファンにとって至福の時代
なんですけどね。なかなか上手く行かないようだ。
 兎に角質の高い商品提供。これからも期待したいと思います。

 さて仕事が辛いです!!結構ピークですね!!どうして良いのか判らな
いくらい忙しいです。電通さんの問題は本当に大企業だけで解決できるん
でしょうかね…。さて、トミカの紹介も、お仕事も明日に続いていきます。
スポンサーサイト

しかし長かったね!!

と言う事で、本日の一台で長かったSTER CARS ツムツムシリーズやっ
と終了になります。トミカファンの意見として、これ以上シリーズが続か
ない事を望んでおられる方の方が多い感じですね。
 やはりトミカ好きの方達は、トミカと言う名前で販売されれば、当然気
になる訳ですし、研究家の方達からしたら、価格の高さも関係なく購入し
なくては行けなくなってしまいます。
 造形的にそれ程魅力を感じない部類のトミカになります。なかなか苦痛
を伴う購入となっている感じですね。

 残念ながら、もうこの時点で次のシリーズが発売になっている事が判っ
ていますので、少しショックが大きい。また近い内にこのシリーズの紹介
をしなければ行けなくなるのは確実です。残念ながら記事として、あまり
トミカについて語るのは難しすぎますので、ストーリー重視になります。
どんどんネタ切れになりつつあります。ストーリーにも触れないと言う、
勝手なお約束を作っていますので、なかなか厳しさも普通じゃ無い。小出
しにしていかないと、しっかり、書く事が無くなる可能性大です。困った
ものです。

 ま、それでも何とかキャラクターになっている元の主人公について書く
事で何とか凌いで行こうと考えております。厳しいな~~。

 本日紹介するキャラのように、誰もが皆知ってるキャラだと楽なんです
けどね。映画を見た事が無くても、このキャラクターの名前と容姿は皆さ
ん思い浮かぶと思うのです。本日紹介するキャラはこんな一台として登場
してまいりました。

STER CARS ツムツム
ダース・ベイダー
ツムトップ
2016.11
2017013001.jpg
2017013002.jpg
(トミカ 4279)

 ストームトルーパーというツムを紹介しました。簡単に言ってしまえば
ストームトルーパーの親分ですね。 そ、悪い奴の中ボスくらいって思っ
ていただければいいと思います。(笑)なんか滅茶苦茶分かりやすく無い
ですか!!

 ダース・ベイダーさんの特徴は全身黒ずくめ。でかい。独特の呼吸音が
特徴的な事です。
 コ~~ホ~~~~。ってどこかで聞いた事無いですか。そうなんですよ
あの音がダース・ベイダーさんの呼吸音なんですね。何だか一緒に仕事し
てたら邪魔になる気がする。でも親分じゃ文句言えないし…ストームトル
ーパーもなかなか辛い立場ですよね。(笑)

 しかし本当に随分昔に作られた造形になる訳なんですが、如何に当時の
デザイン力が突き抜けていたかが判りますね!現在見ても、全然違和感な
んか感じないし、古びたデザインとも感じない。1977年ですよ!!40年
前にデザインされた全ての物が、全く古さを感じないのは何故なんだろう
?こんなデザイン他には無いように感じます。恐ろしいですね!当時のデ
ザイン陣。

 今も色々なコマーシャルなんかに使われている超有名キャラクターです
これからも確実に使われ続けるであろうキャラだと思ってみております。

 ストーリーには触れませんが、ダース・ベイダーの乗り物個人的に結構
好きだったりします。
 そして有名なのはダース・ベイダーのテーマとして有名なインペリアル
マーチです。
 独特のおどろおどろしいメロディー。一度聞くと耳にのこるメロディー
になっています。映画を見た事が無い方でも、どこかでこの音楽聞いてい
ると思います。
 音楽も映画と共に素晴らしく印象に残る映画でもあります。

 さ、やっとこれでこのシリーズの最後の1台紹介終了です。長かったで
すね!!明日からは違うパターンのトミカが紹介出来ると思います。
 ちょっとホットしてます。又明日から心機一転頑張って報告続けていき
ます。は~~ツムは疲れる。(笑)

このシリーズの最初に紹介した。

結構長いシリーズになってますよね。今回のSTER CARS ツムツム。残念
なことに、自分ゲームしないこともあり、この造形に対して結構批判的な
ところもあり(笑)嫌いといわないところがミソなんだが。(笑)

 あまりトミカに触れることも無くどんどん記事を進めて言っております。
でないとなにも書くことがなくなってしまっています。

 さて、本日紹介するキャラクターなんですが、もうこれは王道ですね!
スターウォーズのお話しするときにこのキャラクターは絶対に外せない。
 このブログではストーリーに触れるような記事は書きませんが、でもシ
リーズを見た方ならこのキャラクターが如何に重要な位置を締め、そして
愛らしいかを理解していると思うのです。

 でもしっかり戦うシーンなんかもあったりします。可愛いんですが頼も
しい奴なんです。
 
 漫才コンビもそうなんですが、しっかりしたキャラにはちょっとおバカ
さんのキャラが近くにいる。これはどうにも世界各国での共通事項になっ
ていたようです。
 先に紹介したんですが、本日のキャラの相方はC-3POになります。その
優位差がツムツムにも現れてきたようです。
 C-3POはツムだったんですが、本日から紹介するトミカはツムトップに
なります。一番上に乗るキャラなんです。珍しくトミカの事も少し紹介し
た所で、本日のトミカの紹介していこうと思います。

STER CARS ツムツム
R2-D2
ツムトップ
2016.11
2017012901.jpg
2017012902.jpg
(トミカ 4278)

 やはりカワイイイメージが先行しますよね!でもね、自分はこのメカが
戦闘に参加するシーンが忘れられないんです。それがね、もうカッコいい
んだ!!Xウイング・スターファイターとR2-D2の組み合わせ。是非映画を
見て欲しい!!

 映画の中では基本的にカワイイという印象が殆どありません。映画を見
た方の印象の中でそう変わって言ったんだと自分は感じております。重要
なキャラクターであること。そこだけはお伝えしておきます。

 実際自分の会社の中にもいるのですが、メジャーな映画は見ないって方
がいるんです。それがどんな拘りなのか自分には理解できないのですが、
その方の基準では、ハリーポッターシリーズと、スターウォーズシリーズ
は見てないのだそうです。
 個人的にはメジャーなシリーズ映画になるにはそれなりの面白さと、映
画が続くだけのスポンサーが必ずついてきていると言う事だと思うのです。

 スポンサーには映画を作る前に必ずプレゼンがあると思うのです。その
プレゼンの過程で、ストーリーの説明等あり、興味を持っていただかない
かぎり、出資なんてしていただけない。
 それを何十年か続けてきているという事実。これは映画の面白さの全て
なんじゃないかと自分は感じております。

 ま、たしかにここまで続いてしまえば、新作さえ作ればお客は入ってく
れると踏むスポンサーが多いのも常識です。まず。ここに来るまでどれだ
け努力して来たかを評価すべきだと思う。

 自分なんかは、みんなが面白いと思って見る映画であれば、なにが面白
いのか一度見てみたくなる。ただの好奇心だけで生きてる単純な人間です。
 このシリーズは面白いです。強烈なマニアではないのですが、それでも
好きで見ています。細かなこと突っ込まれると。ごめん!判らないってな
ります。(笑)でも好きなんだよ。

 トミカシリーズのなかでツムトップとして選ばれると言う事は、それな
りに重要なキャラクターであるということなんだと思います。

 今回のシリーズが一気に大量に発売されたという、証拠ですね!明日も
ツムトップの紹介になります。うむ~そろそろごめんなさいしたくなって
来た頃ですので、明日がとりあえず最終日ってのがちょっとありがたいで
す、明日もよろしくお願いいたします。

皆様の力は強大だ!!

本日の皆様はすこし違った意味での皆様について。(笑)

 最近では、海外でもファンが多いと聞く日本独特の文化のようなものが
あります。文化とか大袈裟なものじゃなくって子供向け番組なんですけど
ね。
 でも視聴者は意外にも若いお母さんがいたりします。なかなかカッコイ
イいけ面のお兄さん方が活躍するんです。戦隊物って呼ばれたりします。
それに対峙するかのように存在するのが、仮面ライダーシリーズだったり
します。こちらも主人公のいけ面プリから若い女性に人気が高いと伺いま
す。
 スターウォーズとは基本共通点が無いように思うのですが、単純明快!
悪と戦う!!ここですね。

 でもね~悪といいながら、どちらも結構人気があったりするんですよね
!!特にスターウォーズは熱烈なファンが一杯いるんです。その方たちに
とってそれはもう悪では無いのです。しっかりヒーローとなっております。

 仮面ライダーの場合、以前の話しですよ、あくまでも。怪人ってのが仮
面ライダーと戦う訳ですよ。(今は戦ってる相手が複雑すぎてイマイチ判
らん)その怪人が戦う前に、ちょろちょろっと戦うのがショッカーの皆さ
んのお仕事だったんです。

 意外にこの皆さんも人気があったりした。すぐやられちゃうんだけどね
でも、頑張って毎週登場して来る訳です。健気な感じがしますね!!
 その皆さんをスターウォーズに当てはめてみると、多分この方達がそれ
に当たるんじゃないのかと思う訳です。
 でもね、はっきり言っておきます。この方達は決して脇役じゃ無いです。
スターウォーズシリーズでは圧倒的な存在感を示しているキャラなのです。
 本日はこんなトミカの登場です。

STER CARS ツムツム
ストームトルーパー
ツム
2016.11
2017012801.jpg
2017012802.jpg
(トミカ 4277)

 ね!このキャラの名前知らない方達だって、見た事ありますよね。最近
では、日産のJukeのコマーシャルで主役をはっていました。 
 もう間違い無く主役ですよね!!

 ただあまりにも大量に出て来るので、印象に残るのですが個々のお名前
は存じ上げません。(笑)しかしストーリーのどこかで番号で呼ばれてい
るシーンがあったような、無かったような…。何か別の映画と混乱してる
かも知れないのであしからず。

 ダ-スベーダーと白と黒のコントラストで登場して来るイメージが非常
に印象的です。最近の新しいストーリーには、このストームトルーパーの
班長的なストームトルーパーも登場してきたりして、キャラクターの詳細
が徐々にクローズアップされて来てる気もします。やはりそれだけ人気が
あると言う事なんでしょうね!!

 戦争シーンには欠かせないストームトルーパー達。駒のような扱いで描
かれている場合が多いのですが、それでもスターウォーズファンはこのキ
ャラクターを大切に大切にしているのです。たかがストームトルーパー、
されどストームトルーパーです。(笑)

やはり楽しいですね!!こうして映画に関連したキャラを紹介しているの
は。トミカ紹介ブログで写真はトミカなんですが、トミカについては殆ど
触れる事が無い。(笑)仕方ないですよね!!ちょっと造形が…。
 ま、しかしSFの世界に誘ってくれる。これは有難いです。トミカに感謝
しないといけ無いですね!!ということで、本日も殆どトミカに触れず終
了となります。

 さ、明日は日曜日!!休みだ!!無茶苦茶嬉しいです。のんびり出来る
かな?出来るといいが。明日に続いて行きます。

これだけ多くのキャラが登場すれば…。

これだけ長い期間を掛けて映像化されて行くストーリーです。その登場
人物は呆れる程おおいのです。その数は驚くばかりです、
 基本的に台詞が与えられたキャラクターに関しては、名前が設定されて
いるように感じます。中には台詞が無いにも関わらず、その独特な風体と
印象から、名前が与えられているキャラクターも一杯います。

 基本的にストーリー内では同一言語で展開して行かないので、コミュニ
ケーションが言語とも限らない。凄く壮大で、当然の事だと感じる。

 そんな沢山の登場人物の中から、トミカとして選ばれて行くキャラクタ
ーたち。基本的には主役級のキャラ達しか選ばれないと思う。
 そんな主役級のキャラクターの中でもファンの中で好き嫌いがあると思
うのです。本日紹介するキャラは比較的多くのストーリー内に登場して来
るのですが、自分のSWストーリー構築の中で、それ程大きな位置を締めて
いないのです。実際のストーリー展開には無くてはならないキャラなんで
す。それは判っているのだが、どうにも印象的に薄いのです。

 今回トミカのこのシリーズとして発売されたキャラの中で、あくまでも
個人的な感覚なんですが、一番薄いキャラなんじゃないのか。そう感じて
しまいます。
 
 以前からこのブログ内で記事にしていますが、自分はネタバレはしない。
どんなにメジャーな映画であっても、ネタバレだけはしないと決めていま
すので。本日のキャラクターがどんな所に出て来るのか等も、ここの判断
でお願いいたします。

 見た目の派手なキャラクターです。映画見る事になれば、しっかり判る
と思います。
 さて本日なんですが、こんなキャラクターを紹介して行こうと思います。

STER CARS ツムツム
ボバ・フェット
ツム
2016.11
2017012701.jpg
2017012702.jpg
(トミカ 4276)

 初日がルーク・スカイウォーカー。そして昨日紹介したのがC-3PO。
自分の中ではちょっとくらべるには無理があるかな?って感じがします。

 それでも確かにこのキャラクター好きな方多いんですよね。自分の会社
の中にもこのキャラクターが大好きでと言う方おみえになります。

 しかしこの面子考えた時、登場させるキャラはここじゃ無いんじゃ無い
かと思えてなりません。
 せめてレイア姫辺をチョイスすべきでは無かったんだろうか?流石にレ
イア姫だとツムトップ扱いになるのだろうか?ルークがツムだったら、そ
の続柄を考えても、ツムで良いのでは無いかそんな気もします。
 主役級でそろえるシリーズなら、やはり本日のキャラはもう少し後で、
登場すべきだと感じてしまいます。

 ま、キャラの選択は製作される企業側の思い入れもありますので、この
辺にして。自分が感じている事。何故この時代のシリーズ映画は、CG技術
が充実していなかった頃の方が面白いのか。

 比べては行けないSF2大巨頭の映画シリーズがあります。そ、スタート
レック!!このシリーズ映画も今も作られております。
 しかし自分の中で、日本公開時、宇宙大作戦とネーミングされていた頃
のドラマストーリーが忘れられないのです。

 未熟な技術が生み出す不完全な未来は、逆に自分達SFファンの心をゆり
動かすのでは無いか、そんなふうに感じています。そのずっとずっと前に
放映されていた、宇宙家族ロビンソン!!もう特撮なんて域は感じられま
せんが、それでも自分の印象の中に大きく宇宙を印象づけてくれたのは、
このドラマだったように感じます。

 現在の映画はCGの凄さを前面にもって来ているように感じます。時代で
すから仕方ないのですが、だからこそ、もう一度昔に戻ってストーリーを
見直すのはいかがでしょうか?まだSWシリーズ見た事ない方だって必ず
います。是非古い作品お勧めします。

 あ~いかん!このシリーズで記事かいてると無限大だ!!(笑)今日は
こんな所にしておこう。又明日です。本日も殆どトミカに触れずじまい。

この映画の凄い所。

 初めてこの映画を見たのが1977年。40年も前の話しになるんです。皆
さんご存知のように、スターウォーズシリーズの中で最も出来が良いとい
われるエピソード4から始っているのです。その時に登場したキャラクター
たちの強烈な個性。そして心に残る印象。凄かったな!!いま見ても思う
のですが、エピソード4は面白いです。

 現在販売されている映像は当時の映像に新たにCG処理が施されたリメイ
ク版が殆どだとおもう。
 でも今だからあえて、リメイク前の作品を見る事をお勧めしたい。40年
前のCGの無い時代に特撮による表現力。そして今も続いている特殊メイク
と着グルミの演技力。

 現在上映されているシリーズにもR2D2等が登場して来るのだが、現代
版はCGなんじゃ無いんだろうか。R8なんかは間違い無く1000%CGだろう
と想像しています。
 確かに40年前の映画にR8を登場させていたら、どんな動きになっていた
のか。逆な意味で見てみたいとは思うのですが。でも表現的に不可能でカ
ットになったシーンなんかも一杯あったんじゃないのかなとおもう。

 映画の世界で40年は年数以上に表現力に差が出ていると思われます。
しかしながらこの映画シリーズは当初の物の方が面白いと来ている。スト
ーリー的なものもあるかも知れ無いですが、それにしてもダントツに面白
い。分かりやすくここは特撮だ!と判断出来たとしても、それでも面白い
一体なんなんだろう?不思議なものですね。

 その中でもいわゆる着ぐるみ極地であるこのキャラはCGに頼る事なく、
今もトップクラスの人気を誇っている。凄い事だと思います。なかで演じ
る人は変わっていたとしても、その演技方法は脈々と受継がれている。そ
う感じるのです。

 本日紹介するキャラなんですが、こんなのが登場してまいります。

STER CARS ツムツム
C-3PO
ツム
2016.11
2017012601.jpg
2017012602.jpg
(トミカ 4275)

 映画が描く時代には、このロボットは色々なバリエーションで、登場し
て来る、極ありふれたロボットに過ぎないはずなんです。実際にストーリ
ー内にもよく似た感じのロボットが登場して来ます。
 それがある意味主人公化して行く。凄い事じゃ無いですか。

 R2D2とC-3POは切手も切り離せないコンビでした。当初からこれ程目
立つキャラクターに育つとは思われていなかったと思います。
 ファーストストーリーに物凄く多くのキャラクターが登場して来ます。

 この映画の凄い所は、その沢山のキャラクターそれぞれにファンがつい
てるように感じるのです。一体どれだけのキャラが登場するのか自分は数
えた事も無いし、数え切れないとも感じる。
 ちょい役で登場した宇宙人とかにも魅力あるのが一杯いたし。ひょっと
したらアメリカとかのコアなファンの間ではキャラクターブック何てのが
存在するかも知れ無いですね!!それもとんでもなく厚い本が。(笑)
 あったら欲しいものですね!!
 
 ちょい役まで集めたスター年鑑みたいな本作ったら売れるかもよ!!
版権代も半端ないだろうが。

 兎に角豊富なキャラクターのTOPに君臨するのが、本日紹介している、
C-3POなんじゃ無いかそんなふうに思ってます。ま、各々で感じる所は別
々ですので色々な意見はあると思います。
 出るべくして出たキャラだなと思います。

 結局トミカに触れようにも触れられないです。(笑)仕方ないよね!!
ゲームキャラと本物比べたら。
 ま、こんな調子で明日からもすすめて行くつもりです。批判しなくて良
いだけ健全に感じます。(笑)では又明日に続いて行きます。

自分はSTAR WARS大好きです。

何だけど、これほど部妙な感じがしたのは初めてです。前にも書いたの
ですが、自分は元々このシリーズの購入は辞めていました。それ程こだわ
りがなかった理由の一つとして、自分が全くゲームをしないと言う事なの
かもしれません。
 このトミカシリーズが発売されると発表になった時点でも全く興味があ
りませんでした。その要因の一つに、このシリーズの価格設定にもありま
した。
 基本的にキャラクターを扱うシリーズとして発売されていますので、残
念なことなんですが非常に高いところに値段設定がされています。

 一台ほぼ1,000円くらいのところに定価設定がされているのです。シリ
ーズが通常4台としても4,000円。これは普通のトミカを買ってきたものに
とって高すぎる。

 ですので、最初から諦めたのです。買わないと決めていました。しかし
最近ではお世話になっている問屋さんのことも考えないといけなくなって
います。
 それだけ売り上げが減ってきているんでしょうね。問屋さんがお願いだ
から買ってください!って言われたら、いつも無理を言ってる自分として
は、判りましたというしかない。
 その商品を買う買わないは問屋さん任せになっていますので、ある月も
あれば無い月もある。自分の趣味の充実というより、ある意味協力という
感じで購入させていただいております。

 自分の年齢になると、色んなところで助け合いになってるんですね!!
不思議でしょ。そうなってくるんですよ。(笑)趣味って言って良いのか
よく判らない世界でしょ。それがお付き合いってものです。

 と言う事で本日よりこんなシリーズを紹介させて頂きます。

STAR CARS ツムツム
ルーク・スカイウォーカー
ツム
2016.11
2017012501.jpg
2017012502.jpg
(トミカ 4274) 

 ルークですか。うむ~。ちょっと微妙かな。自分の中でのルークのイメ
ージは少なくともこうではないかな。あまり、SFファンの方達とこのトミ
カについて語り合ったことが無いので、皆さんの意見はわかりませんが。
 少なくともいつも会っているSF系大好き仲間は、皆さん購入していない
だろう。なかなかここまで新たなイメージの物を作ってしまうと、購入す
る側は難しいかもしれないですね!!微妙です。

 うむ~スターカーズのシリーズまでこのゲームキャラが登場してしまう
んですね。自分はゲームをしないので全く魅力が判らないのですが、本当
にこのシリーズは爆発的な売り上げを示しているのでしょうか?
 色々なカテゴリーに喰い込んできているようですが、やはりキャラクタ
ーを扱っているので、単価は高い。

 の割には、商品のつくりがあまりにも情け無い。そんな気がしてしまう。
 基本的にトミカで遊ぶと言う事をしないので、このトミカの基本理念。
積み重ねて遊ぶ。全然外れているんですね。

 自分は一つの固定した型から、カラーリングを変える事によって、多く
のバリエーションを作っていくディズニーモータース等は、あのデザイン
力を大きく買っています。素晴らしい技術だと思っています。
 それに比べると、このシリーズはあまりにも安易に見えてしまう。何も
説明なしで、このトミカ達が並んでいたら、皆さんはやはり全てキャラク
ターを言い当てることが出来るんだろうか?
 なかなか難しいことだと思います。

 なんかタカラトミーさんが期待しているほど、このシリーズ続かないと
思うのは自分だけだろうか?ファンからしたら、やはりこのシリーズは無
くてはならないシリーズなんだろうか。非常に難しいところですよね。

 と、基本的に購入しているにも拘らず、疑問ばかり呈していても仕方が
ないので、批判は本日までとしようと思います。
 なかなか楽しめるかは判りませんが、それでも前向きに紹介していこう
と思います。さ、初日はこんな所で。

こんなトミカも良いね!!

非常に久しぶりに紹介することになります。最近はよく出るようになっ
た番号付き。しかしながらまだまだ番号のない特別なトミカが一杯出てき
ています。

 やはり思うのですが、トミカってレギュラーでない商品にも以前はしっ
かり連番が付けられていました。
 この連番というのは、ある意味トミカの発売台数を抑える効果にもなる
んですよね!番号のないスポット的なトミカが多くなってきています。
 大半が番号なしという意見がありますけどね。スポットはワンロット発
売してなくなれば終了です。なのでどんどん出すことが出来ます。メーカ
ー側も在庫を持たなくて言い分、色々な車種を次から次に出すことが出来
ます。最近のトミカはこのパターンでどんどん増えていってます。

 そんな中でも最古参のこのシリーズ。もうレギュラーといってもおかし
くないトミカになっております。

 先日行ったリサイクルショップでもこのシリーズが一角に特設販売ブー
スを持っていました。それだけしっかり種類も登場していると言う事です。
 しかし少し古くなると異常な価格が設定されているのもこのシリーズの
特徴でもあります。
 何せ人気がありますからね!トミカファン以外のファンが一生懸命買い
集めておられるシリーズです。

 現在ではこのシリーズだけでブログやHPが成り立つくらい、多くの種類
がリリースされているのです。当然その中には自分が購入していない、本
家の大量リリースという要因もあるのですが。

 さて本日なんですがこんなトミカの紹介になります。

ディズニーモータース
DM-19-03 ラグーンワゴン
ウッディ
WORKS
2016.11
2017012401.jpg
2017012402.jpg
(トミカ 4273) 

 ここで質問です。あなたはディズニートミカシリーズ何台くらいお持ち
ですか。間違いなく言えると思うのですが、本家のオリジナルトミカも購
入されている方であれば十分ブログ運営できますよね!!

 久しぶりにリサイクルショップにお邪魔して思ったのですが、本当に多
いな~と思ってしまった。
 その中に先代シリーズといっていい、Dトミカが販売されていました。

 またこれが凄い値段になってるんです。現在のディズニートミカシリー
ズと違って、オリジナルの造形はありません。レギュラートミカで発売に
なった車両にキャラクターのプリントが施されている。

 個人的にどちらが好きかと言うと、前シリーズのほうが好きだったよう
に感じます。自分は基本的にディズニー自体にあまり興味がないので、通
常車両に美しいプリントを施されて登場するDシリーズ結構楽しみにしてお
りました。

 多分自分だけでなくDシリーズが好きな方結構おられたと思います。オリ
ジナル車両の魅力というのも確かにあるのですが、その分野は本家に任せ
て、通常商品は別の路線をいく。自分は別路線を行く販売方法好きでした。
 しかし現在のディズニーモータースの人気を見ると、自分の意見は間違
っていたということですね。

 ディズニーという同じカテゴリーであるにも拘らず、ちゃんと住み分け
が出来ている。上手く行ってますね!!相乗効果で売り上げも伸びている
のかもしれないですね。

 どちらにせよ、現在のトミカ市場の中で、このディズニーモータースっ
て言うシリーズは確実にタカラトミーさんの売り上げを支ええている目玉
シリーズになっていると考えて間違いないようです。

 トミカもそれぞれしっかりと活躍してるんですね!改めて実感です。

 でも正直そろそろ何がいつ発売されているのか、つかめてない気がしま
す。結構な確率で買いもらしが発生してる気がします。困ったものです。
 さ、明日からも当分ディズニーの侵略は続きます。ではまた明日です。
 

じつは忘年会で頂いた凄いのがもう一台!!

少し会社に展示させて頂きました!!なんとも評判が良くって引き上げ
出来なかった。と言う事で、遅れてしまいましたが本日報告させていただ
こうと思います。
 ちょっとこれは別に紹介しないといけないと思ってました。物凄く特別
な1台です。このトミカの存在は以前から知っておりましたが、まさか我が
家にやってくるとは思っても見ませんでした!!

 今回は「ぽんすさん」から頂いた特別な一台です。

 じつは何故会社にもって行ったかというと、会社にいつも仕事持ってき
てくれる印刷屋さんの専務のセカンドカーがこの車両なんです。
 イエローの車両に乗って見えるのですが、結構よくあることで、実車好
きってあまりミニカーには興味を持っていないのです。実車を一生懸命触
ってる方は以外にミニカーまで目が行かなかったりする。この方もじつは
メインでマセラッティに乗っておられる。実車に一生懸命。

 いつも会社に来ると、自分のデスクのところに遊びに来るのです。なの
でちょっと自慢するにはこのトミカが非常に効果的!!!(笑)
 それ程ミニカーに興味がない方ってのは判ってるので、このトミカの存
在は絶対に知らない!!今度来たらぜったい驚くとおもって、会社のデス
ク側にスタンバイ。

 こういうときに限って、なかなか会社に現れない。(笑)金曜日の日や
っと現れた!!
 さりげなく見えるように置いてある。案の定、「ぐわ~~~~。」とか
声が聞こえる。してやったり。(笑)
「なにこれ!なにこれ!!」「こんなんあるの?こんなん売ってるの??」

 矢継ぎ早の質問!!残念売ってないぞ~~たまにオークションに出ると
凄い値段になるぞ~って話しておきました。「探す!絶対探す!!」気合
入ってました。(笑)
 ミニカー好きからは入手できないと知っているこの方。自分で入手する
だけの資金はたんまりある。自分で入手しようと考えるのは偉いよね!!
 こうして、ミニカーすきが自分の周りに陰謀に嵌りファンとなる方が増
えていきます。(笑)

 本日の貴重なトミカこんなトミカです!!

98-9 ホンダS660
2016.01~
S660オーナーズクラブ限定トミカ
1 of 230
2016.11
2017012301.jpg
2017012302.jpg
(トミカ 4272) 
 
 ボディーサイドのS660 OWNER'S CLUBの文字

 ボンネットにはオーナーズクラブロゴとS660。

シンプルで良いんじゃないんでしょうか。個人的にこういったシンプルな
デザインが大好きです。

 通常自分が殆ど入手することの無い、高級トミカです。通常のトミカを
購入している者にとって、こういった個数限定の実に限られた特別なトミ
カ高価なんですよ!!驚くほど高価なんです!!

 存在は知ってましたが、流石に一台のトミカにこの値段は出せないです
そして物がオーナーズクラブオリジナル。これは貴重ですね!!これから
先も果たして登場するのか?ちょっと疑問ですからね。兎に角登場した時
入手できるかどうか。これは大きい。自分は無理ですが。そこはほら!持
つべきものは友人ですよ!!
 「ぽんちゃん」はミニチュアカーにかける金額が自分達とは違いますか
らね大型のミニチュアカー一台の値段から見たら、まだまだ!って感じで
すよきっと。

 でもこういうトミカって値段じゃないんですよね、なんか縁みたいな物
があって、手に入れたくたって簡単には入手できなかったりする。小さな
ミニチュアカー実に不思議なんです。

 会社に来たS660オーナーさん。やはり現物を見てしまった!この現物っ
てのはどんなに綺麗に撮影した写真よりも魅力がある!!
 相当やられてました!!(笑)多分これ切っ掛けにトミカのS660集めだ
すの確実です!ちょっとした切っ掛けからミニチュアカー仲間が増えて行
くのです!!

「ぽんちゃん」今回は本当にありがとうございました!!貴重な一台あり
がとうございました!!大切に保管していきますので。

「ぽんちゃん」に頂いたトミカでしっかりミニチュアカー好き増やしてお
来ましたからね!!(笑)遅くなりました!!

出すのは全然問題ないです。

トミカがどんどん出ているのは以前から記事にしています。昨日まで紹
介したレギュラートミカ。非常に出来が良くなってるし購入する私たちト
ミカファンでそれに対して文句のある方は少ないと思う。

 先に結論書いちゃいますけど、レギュラーだけで十分なような気がしま
せんか?
 会社としてはそれだけでは売り上げが上がらないというのは、想像がつ
きます。それでも最近の傾向として、あまり必要とされていないものが多
過ぎる気もしますね。

 必要なのか必要でないのかはそれぞれ個人の考えなんですが。全体的に
多くのトミカが余剰になってる気がします。

 今日ちょっとご飯食べに行ったら、凄い行列だったんです。でもそこで
ご飯食べたいじゃないですか。なので近くにあったリサイクルショップで
時間つぶそうって事になったんです。
 最近はトミカ求めてリサイクルショップってこともしなくなってしまっ
たので新鮮な感じでリサイクルショップ見学させていただきました。

 今回行ったのは、愛知県では大手のリサイクルショップだと思うんです
そこで驚いたのは、並んでるトミカの量。強烈だった!!
 それも比較的新しいトミカが多かった。なんだこれ??ってくらい並ん
でた。これ取引が成り立つんだろうか??
 
 そしてもう一つ感じたのは値段の付け方。ビックリしますね。何か基準
があるんだろうか?よく判らんな。あまり魅力を感じないし、トミカ好き
が見ても、これって人気あるんだろうか?ってトミカに凄い値段がついて
いる。
 兎に角トミカの数!!驚きの数です。前はね、こんなにトミカ並んでな
かったと思うが。もう飽和状態だよね!!
 リサイクルショップのトミカの飽和状態もやはりトミカ大量リリースに
繋がってるんじゃないのかな?そんな気がしてなりません。

 本日紹介するトミカも並んでました。良いことなんだろうか?悪いこと
なんだろうか?よく判らないけど。兎に角本日のトミカの紹介になります。

トイ・ストーリートミカ 07
ロッツォ・ハグベア&ダンプトラック
2016.11
2017012201jpg.jpg
2017012202.jpg 
(トミカ 4271) 

 個人的にこのトミカが好きか嫌いかというと、大好きです。このなんと
もいえない雰囲気大好きです。でもね、ちょっと気に入らないところもあ
るんですよ。それはね、値段なんです!!
 なんと税抜き1,000円。この値段設定どう思います?ありかな~??

 ディズニーファンにとっては何の問題もない商品だったりすると思うん
です。でも昔からのトミカ好きに、このトミカは必要なんだろうか?って
考えてしまう。
 ディズニーファンにとって何の問題もない商品と先に唄ってしまってい
ますから、必要な商品ではあるんですね。なんとも微妙な気持ちになって
しまいます。

 トミカの需要が多角的になってきてるんだろうか?以前のように。ミニ
カー好きだけの楽しみじゃなくなってるって事なんでしょうかね。
 難しい状況になってますね。この状況が、今までトミカの売り上げを支
えてきたトミカ好きの気持ちを萎えさせてしまわなければ良いのだけど…。

 リサイクルショップの話に少し戻るんだけど、本日紹介してる商品が売
ってたよって書きました。
 この商品を売ってる値段なんですが、なんと定価割れ。うむ~以前のリ
サイクルショップの販売って定価割れってそんなにあったかな?値段設定
も変わってきましたね。金券ショップみたいだ。新しい商品を少し安く買
うならリサイクルショップ。見たいになってるのかな。

 色々な流れに変化が出てきてるんですね。一台のトミカは色々語ってく
れますね。悲しくもあり楽しくもあります。なかなかトミカは奥深いです。

 あ~!!日曜日はなんて早く通り過ぎて言ってしまうんだろう?もう終
わってしまいました。また長い一週間が始まってしまいますね。は~。
 また頑張っていきましょう。明日に続いていきます。

11月のレギュラートミカって…

以前のトミカの常識として。(これ本当に常識なのかどうか判りません
が)何となく自分の中では、レーシーな車両が登場した時の相方はほぼ、
ワンボックスだったり、重機だったりするパターンが多かった気がします。
確かに本日の車両も広い目で見れば、働く車なんですが。あ!!広い目で
見なくても働く車か!!
 しかしベースが過激だったりします。最近のトミカにリリースされる車
両を、とリア締まる為にはこんな車両が必要なんでしょうね!!

 ただ検挙した後、この車両では運転手乗せて、色々手続きすること出来
ません。どうするんでしょうね!!助手席の方が降りて外で待つんでしょ
うか?どんなパターンなのか物凄く興味ありますよね!!
 でも良く考えてみると、この車両に検挙されたとしたら、笑い事ではす
まない気がする。赤紙決定!!やばい額の罰金来ますね。怖い怖い。

 でも、トミカの代表権が変わってからリリースされる車両間違いなく変
わって来てますね。代表権が外国の方になったと言う事もあるのでしょう
が、確実に外車も増え。販売台数が以上に増えたのは気に入らないですが
それでも良いところ一杯増えています。

 会社の経営ってのは難しいものですね。さて話が脱線しすぎても困りま
すので本日の車両に戻っていきます。
 こんな車両紹介させて頂きます!!

61-8 日産 フェアレディZ NISMOパトロールカー
2016.11~
2017012101.jpg
2017012102.jpg 
(トミカ 4270) 

 なんか働く車なんですが、ちょっとベースが凄いですね!!やはりこう
いった車両って言うのは、基本的には取り締まりに当たる比率は少ないで
すよね。どちらかというと、交通安全に関する啓発活動のために使われる
イベント専用車に近くなってくるんでしょうね!!

 でも迫力あるだろうな!実際のNISMO Z見たことがあるんですが、結構
のめっとした感じがあり、ゴテゴテ感がない感じがしました。
 でもいかにも走るぞ!!って感じが表に出ていて。良い感じの車両に仕
上がっていた記憶があります。

 それをパトロールカーにしてしまう。凄い話ですよね。でも基本的に警
察車両って入札で購入決めるわけですから、こういった特別な車両だけを
購入することって不可能だと思うんですん。
 なので、この車両達は間違いなく自動車会社さんからの寄付と考えた方
がいいんでしょうね!

 間違いなく特別な車両です。

 なんだかトミカのリリース車両。攻めてますよね!!実感できます。

 11月はなかなか面白い車両でした。こういった車両ばかりだと紹介も楽
しいんですけどね。なかなかそうもいかない。小さなトミカ仲間の好きな
車両もリリースしないといけないしね!!ちょっと楽しめた11月でした。

 さて、明日は日曜日です。のんびりするぞ!!ちょっとここのところハ
ードに動き回っていたので、出来る限り明日のんびりさせていただこうと
思います。過労死するほど仕事してないと思いますが、それでも疲れ気味
かな。さ、のんびりするぞ!!ではまた明日です。

通常に戻っていきます。

いや~それにしても凄かったよね!!「のっぽさん」のお陰で、普段絶
対紹介することの無いような、物凄いトミカを紹介できいました。楽しい
じかんでした。
 本日からは以前のようにレギュラートミカの紹介に戻っていきます。さ
てどこまで紹介したっけ?すっかり忘れてしまう。

 多分だが11月のトミカの紹介から初めて行きます。ま、また例のごとく
紹介し忘れのトミカが登場してきたら、また割り込んで紹介させていただ
きます。

 本日は11月に発売になったレギュラートミカの紹介させて頂きます。

 しかし、このブログ、やっと11月に突入です。めっちゃくちゃだな~。
兎に角凄い勢いでトミカは今も発売され続けています。追いかけていくの
も大変です。
 さ!頑張って紹介初めて行きましょう。本日のトミカこんな一台が登場
してまいります。

17-10 BMW i8
シルバー
2016.11~
2017012001.jpg
2017012003.jpg
(トミカ 4268) 

17-10 BMW i8
初回特別仕様
レッド
2016.11~ 
2017012002.jpg
2017012004.jpg 
(トミカ 4269) 

 カッコイイ車両だよね!値段もカッコイイらしい!!(笑)自分の考え
ているBMWの車両イメージを大きく変えていく一台です。
 確か電気自動車でしたっけ。本当に時代は変わって行ってるんですね。

 自分って結構変革の時期に自動車ファンできてるのかもしれないですね
ありがたいことです。

 そしてトミカのレギュラー枠にまた一台外国車が入ってまいりました。
兎に角版権を取ることによって、どの車種でも発売が出来るようになった
トミカ。どんどん外国車勢力が幅をきかせ出しました。
 凄い勢いですね!!日本車がそれだけ注目されていないという事なんだ
ろうな。
 しかし最近の自動車業界の報告見ていると、どのメーカーも徐々にスポ
ーツ路線に戻りつつある感じがします。ホンダも日産もトヨタもみんな攻
めの姿勢が見えています。良いんじゃないのかな。

 どうせ今は何してもなかなか売り上げを伸ばすことが出来ない。だった
らマニアの心を攻めるのは正解だと思う。ガンガン攻めて欲しいものです。
 車に興味のない方が多い世代だったとしたら、誰も文句言わないはずで
す!ガッツり行きましょう!!

 さ、週末疲れもピークなんですがもう少し頑張ります。トミカも一生懸
命紹介していかないと、いつまでたっても追いつけなくなってしまう。
明日もがんばって行きます。皆さんお休みの方はのんびりしてくださいね
ではまた明日になります。

「のっぽさん」ありがとうございます!!6

凄いもの一杯頂きました!凄い物シリーズ最終日締めになります。やは
り昔からのトミカファンの方から頂くトミカは兎に角凄いものばかりです
本日の最終日も凄い一台です。

 バリエーションノートとか見てて、何気なく見た記憶がある程度の、自
分の中では兎に角珍しいトミカです。
「のんパパさん」このトミカの記事書いてくれないだろうか。自分ではど
うにも調べ切れませんでした。一つだけわかるのは、後にも先にも製作さ
れたお店のオリジナルトミカはないようです。これ一台って言う事ですか
ね!

 この当時のトミカの特徴は、自由気ままってことでしょうか。本日紹介
するトミカに実車が存在したかどうか自分にはよく判らないのですが。今
のように、バリエーションは実車がないとねなんていう乗りは全くない。
 兎に角自由気ままなんです。

 この時代に版権はあったと思うのですが、トミカや他メーカーが作るミ
ニチュアカーに関して版権がかかるからお金払えって言わなかったと思う。
 なので、外国車シリーズなんて出来なかったと思う。どこのメーカーも
自動車モデルなんでもかんでも作り放題の時代だったように思います。

 だからこそ、中には原型無視のチープな絵の書かれたトミカなんてのも
あったりしました。それでも売れたと思うし、遊びの物も作っちゃおっか
な!位の余裕があったんだと思う。何せ版権とかかかってないからね!!
 この頃のトミカの人気シリーズにはやたらと多いバリエーションが登場
してくるのです。今ではそれは在り得ない。作ったら作っただけメーカー
にお金払わないといけないし、そうじゃなかったとしても、こんなの作っ
ても良いですかって、お伺い立てなければいけなくなる。面倒なことです。

 良い時代だな~!!そんなトミカ乱立の時代。のっぽさんは物凄く貪欲
に面白いもの購入しているんですね。まいりました!!

 さ、本日紹介するトミカです。こんな1台紹介させて頂きます。

F9-3-25 ポルシェ356スピードスター
1983.02~1988→(89-2)1988.02~1999.05
MINIATURE PORSCHE MUSEUM
モデルカープロデュース AOKI オリジナル
2017011902.jpg
2017011903.jpg
(トミカ 4267) 

 なんか自由な感じが漂ってきませんか?ボンネット上の回転灯。うん!
これ海外ならありそうな気もする。
 しかしモデルになってるポルシェ356スピードスターのポリスカーがあ
ったのかどうか?もうそのあたりが疑問です。

 当時としては大変高性能なマシンです。本当に存在したとしたら、もう
それは最強に近いマシンだったんじゃないのか。そう想像できます。

 若干仕様は違うのですが、少し調べたらむかしこんな使用の実車が存在
していたようです。
2017011901.jpg

 トミカについての知識は全くありませんが、実車なら何とか調べること
も出来ます。ちょっとだけね。

 いや~最後の最後まで凄いトミカ達でした。最高の一台ありがとうござ
いました!!

 本日でのっぽさんに頂いたシリーズ終了です。久しぶりにバリエーショ
ンノートとか引きづり出してきました!!良いですね。なんともワクワク
します。古いトミカって良いですね!!

 今回は本当にありがとうございました!!大切に保管させていただきま
すので!!いや~凄かったです。

 明日から元に戻ろうと思うのですが、何がなんだか判らなくなってしま
って。(笑)さ、明日からまた通常に戻るのが難しいです。
 ではまた明日です。

「のっぽさん」ありがとうございます!!5

名古屋と言えばという有名なお店があったんです。もう過去形になって
しまってますが。過去形。難しい表現だな!!お店の名前は残ってるんで
すよ。そして今も頑張って営業しています。なのにあったんですなんです。

 不思議な話なんですが、名古屋では、いや、トミカ好きの間では大変有
名なお話なんです。2010年8月13日その場所は廃止になってしまったのです。
 自分にとってもここは非常に想い出のある場所なんです。名古屋だけで
なく、当時の子供にとってここは天国だったと記憶しています。自分当時
あまりミニカーに興味がなかったにも関らず、家に海外製のミニチュアカ
ーが一台だけ置いてあったのを記憶しております。このミニチュアカー当
時超有名だったこの店で買ったものだった。そう記憶しております。
 その当時まだトミカは発売されていません。外国製のミニチュアカーも
異状に高かったと記憶してます。そんなミニチュアカーどこ行っちゃった
かな?

 そんな当時の子供さんなら一度はお世話になったお店が作り販売したト
ミカ紹介させて頂きます。34年前に発売されました。

 当時は全国的に有名なお店だったんです。名古屋のトミカっていえば、
このお店だったんです。トミカだけでなく鉄道模型でも大変有名な店だっ
たんですよ!!自分は2000年以前には全くと言って良いほどトミカに興味
がなかったんです。今から考えたら勿体無い話ですが、後悔先に立たずで
す。仕方なかったですよね。

 後にこうしてトミカすきになったわけです。そして今回発売されてから
34年経過して物凄く程度の良い状態で我が家にやってきてくれました。
 今日はこんなトミカの紹介になります。

F17-2-19 シトロエンHトラック
1979.08~1988→(97-3)1988.08~1999.01
丸栄40周年 シトロエンHトラック
1983.07
2017011801.jpg
2017011802.jpg
(トミカ 4266) 

 1983年発売ですので、外国車シリーズのシトロエンHトラックが発売され
て4年後くらい。丁度発売されてる期間の半分くらい経過したときに発売さ
れたトミカですね。

 実際、この頃のトミカ現在発売されている物と比べればそのディティー
ルは非常にゆるいと思うのです。
 でも、そのゆるさがトミカの魅力になってきているように感じるのです。

 丸栄オリジナル。として人気のあったトミカ。それでもタンポ印刷が使
われる事もなく、ラベル使用として登場してきました。

 屋根にはこう書いてあるラベルが貼ってあります。

ありがとうあしたにハミング
会社設立40周年

右サイド、左サイドにはMarueiのロゴが貼ってあります。現在なら非常に
細かなタンポ印刷で仕上げられたトミカになって登場してくること間違い
なしです。しかしあえてラベル。でも当時のトミカのオリジナルでは極一
般的な仕様だったんですよね。これが逆に良い味を出してくれているんで
す。
 カラーバリエーションがメインで、ラベルはそれに花を添えるものだっ
たように感じます。良い時代ですよね!!自分今のゴチャっとした印刷が
あまり得意じゃないんです。こういったものの方が好きだったりします。
 好みは色々ですが、トミカにとっても黄金期だったんじゃないのかな?
そんな気がします。

 最後に玩具売り場が廃止になった後、養さんと玩具売り場を訪れたんで
す。全く変わってしまった玩具売り場。その片隅に丸栄さんが作って販売
したハイエースが山積みになって在庫処分の対象になっておりました。
 我が家1/43は普段購入しないのですが、想い出として購入してきました。

 やはりトミカ一台色々思い出すことが多いですね!
 のっぽさん、今回もありがとうございました!凄く懐かしい良い時間す
ごすことができました。ありがとうございました。

「のっぽさん」ありがとうございます!!4

昨日のトミカの相方になります。しかし凄いトミカだな。昨日も書きまし
たが何が凄いのかとかは自分は語りません。トミカ大好きの方々が見ると
なんとかして入手できないだろうか?と思うトミカだと思う。名古屋には
このトミカの相棒が数台います。あくまでも数台です。
 ハッキリいって日本全国に何台あるのか?って言うトミカだと思います。

 あるんですね名古屋にはそんな不思議トミカが。

 色々書きたいこともありますが、兎に角紹介していきましょう。

 昨日はブルーのトミカでした。本日はこんな色のトミカの紹介になりま
す。

ロンドンバス
1988.07~
トミカ組み立て工場(特殊組合せ)
第42回東京モーターショー開催記念+TOMICA SHOP FACTORY
非売品 イエロー
2012
2017011701.jpg
2017011702.jpg
(トミカ 4265) 

 こういった凄いトミカ見ていると全く違う世界なのですが、本来あって
はいけないトミカで悪い奴らを思い出してしまう。

 浜松とかに行ってよく思うのですが、こういった本来あるはずのない物
って以外に見かけてしまったりするものなんです。特にトミカのブームが
日本からC国に移った。というか熱いのがC国なんだが、このあたりから、
思わぬものが登場するようになってきている気がします。

 あまりの熱の高さからなのだろうか?トミカの偽物なんてのが登場する
事にもなってるようです。良いのか悪いのか。兎に角日本テイストでは考
えられない多くの物が登場してきている気がします。

 イカンよね。偽者大国みたいなところでトミカが人気になってしまう。
結果として極当たり前に偽物が登場してくる事になってしまった。
 なんだか恐ろしい話ですよ!今までは日本国内で商品の管理がされてい
たわけで、2次加工とかの商品にも非常に細かなチェックが入っていたのだ
が、今はもうまったく無法地帯になってる。
 でも日本では相変わらず五月蝿いけどね。(笑)さすがC国がんがん2次
加工トミカが登場しまくっている。凄い時代になっちゃってる。

 そしてトミカの価格も驚きの値段になってる。トミカをお金でしか見ら
れない。残念だがじぶんはそんな風には見られないようだ。
 コレクターに健全とか不健全があるのか判らないが、単純に集めること
の楽しさ、まだ持ってるようです。これがなくなったらトミカ辞めるとき
だね。
 兎に角世の中には色々なカタログに載っていないものが存在する。そん
なお話がしたかった訳です。

 我が家におやって来たこのトミカどこに保管したら良いんだろう?かん
がえてしまいます。大切にします!!
 

 本日も凄い一台でしたね!!明日もまだまだ続いていきます。

「のっぽさん」ありがとうございます!!3

 本日紹介するトミカに関しては自分が何か言う立場にありません。こん
なトミカが存在したんだ。ふむ~驚きだ。
 自分もこのトミカが限られた方達でしたが、集まった現場で始めて見か
けました。ある限られた方達のもとにこのトミカ達は引き取られていった
のですが。どちらにしても夢のようなトミカだったことは間違いありませ
ん。

 そのうちの2台はトミカダスさんでも見ることが出来ます。非常に貴重な
トミカです。特にコレクターが多いカテゴリーですので、その価値は計り
知れないものがあります。

 トミカダスさんも自分のブログも基本的にはトミカを価値で買っていま
せんので、この存在を確認できるという方が先にたっています。そしてそ
れが手元にあるということが貴重なのです。

 残念ですが、当時このトミカを入手する機会に恵まれたとき、自分の元
にはやってきませんでした。物凄く羨ましかった記憶があります。その夢
のようなトミカが今自分のもとにやってきてしまいました。これ、トミカ
ファンにとっては凄い宝物です。トミカファン以外にとってはそれ程価値
があるのか判りません。自分がどれだけ熱く説明しても、その凄さは全く
伝わらないものだと思います。コレクターにとっては本当に重要な車両だ
と思います。

 それを頂いたというより、引き継いだ形になります。

 今回引き継いだのは2台。これは外に出ることは無く大切に保管していき
ます。本日はこんな一台です。

ロンドンバス
1988.07~
トミカ組み立て工場(特殊組合せ)
第42回東京モーターショー開催記念+TOMICA SHOP FACTORY
非売品 ブルー
2012
2017011601.jpg
2017011602.jpg
(トミカ 4265) 

 自分の撮った写真で詳細を理解するのは難しいと思うのですが、ここは
あえて何も説明はしないで置こうと思います。
 商人の説明文だけで判断してみてください。

 貴重でしょ!!驚きの1台だと思うんです。まさかこんなのが存在するな
んて考えられないですよね。その考えられないってのが存在するんですよ
ね。

 ある意味ダブルネーム、これから先絶対に登場してくることのない組み
立て工場というカテゴリーのトミカ。その特殊なトミカのカテゴリー。こ
れだけでも十分価値があります。
 特にボディーベースになっているのが2011年に開催された東京モーター
ショー内で開催販売された人気の高いバスです。ノーマルの車両ですら、
なかなか現場に行かない限り入手難しかったものです。そこに+αです。

 あ~夢のようなトミカ。凄すぎます。
 のっぽさん、これちゃんと引き継ぎますからね!!我が家で大切に保管
していきます。
 自分達の年齢になると、こういった貴重な大切なものをどのように後世
に残していくかだと感じるのです。どこかで何か動かないといけないです
よね。個人の楽しみにしておくだけではいけない様なきがしてます。
 この感覚は皆同じのようですね。コレクターが一杯集まっていますので
皆さんの意見がしっかり一致しているのがわかります。

 何とかしないといけないですね。

 本日は貴重な一台でした。明日は相方の紹介になります。

「のっぽさん」ありがとうございます!!2

これは流石に調べるのも大変なくらいの1品になります。少しだけ調べて
やはりここはのんパパさんの資料に頼るのが良いとおもい。見させて頂く
当時のプチカに関する資料はありませんでしたが、それでもしっかりこの
頃発売されたんじゃないかという記録はありました。

 1977年から85年まで生産発売された商品のようです。しかしトミカとは
一線を画す商品だったようです。純粋にディズニーファン向けにキャラク
ターを乗せた乗り物として発売されたシリーズのようです。

 当時のカタログにこう書いてあります。

 ディズニーシリーズ プチカ
各580円 人気72アソート6種×12
●ディズニーのかわいらしいキャラクターを、カラフルなミニカーに乗せ
 た、メルヘンタッチの楽しいシリーズ。トミカと同じ丈夫なダイキャス
 ト製です。
○ミニーワーゲン
○ジェントルマン
○エステル
○ミッキーのパイロット
○ミッキーの消防士
○ミッキーのバギー

各350円 6種アソート入数72
○ミッキーの自動車
○ペドロくん
○クーペくん
○ミッキーの汽車
○トットくん
○ドナルドの自動車


 これだけの種類が当時発売になっていたようです。結構な種類を取り揃
えていたんですね!当時からディズニーはやはり人気の商品だったことが
伺われます。
 本日紹介するのはそんな中で下段に登場してきた中の1台です。こんな
1台の紹介になります。


ディズニーシリーズ プチカ
クーペくん
2017011501.jpg
(トミカ 4264) 

 物凄く程度の良い一台です。「のっぽさん」大切に保管されていたんで
しょうね!素晴らしいです。
 ディズニーストアーで2004年4月に復刻版が発売になっております。発売
価格は525円。当時とそれ程値段が変わっていませんね。そう考えると、
当時日本製で登場して来たプチカが如何に高級品だったのかが窺い知れま
す。きっと「のっぽさん」当時も出た頃に購入されえていることでしょう
間違いなく1970年代せいの物と想像が出来ます。

 しかしそんな年代は一切感じさせない、実に綺麗にほぞんされた一台に
なります。これは大切に引き継いでいかないといけません。しっかり保管
させて頂きます。

 ディズニーキャラクターファンの皆様にとっては喉から手が出るほど欲
しい一台なんじゃないのか?そんな風に感じております。

 今回頂いた時についていた、赤い絨毯ごと一緒に保管して行きますから
ね!!今回も貴重な一台本当にありがとうございます!!感謝しても感謝
し切れません!!

 いいですね!やはりこうして古い歴史なんかを調べていくのって。楽し
いです。そして何より当時の資料が結構残っていることビックリします。
 調べながらその他の70年代の玩具などみながら、あったな~とか思って
懐かしい時間を過ごすことが出来ました。楽しかったです。
 まだまだ続いていきます。貴重なトミカ達。また明日に続いていきます。

「のっぽさん」ありがとうございます!!1

 凄い勢いでいつも物を頂いているのです。ありがたいことです。特に今
回はのっぽさんには大変お世話になり、色々なものを頂いてしまいました。
凄いものを一杯頂きましたので、順を追って紹介していこうと思っており
ます。
 このブログあまりに古いトミカは紹介していないのです。基本的に持っ
てないいないのです。超古い子達はほとんどが救済系トミカです。どこか
で使われて、そろそろ終点を迎えて我が家にやって来た子が殆どです。
 今回紹介する子達は、現役でのっぽさんが購入されて大切にされていた
子達を譲り受けました。ありがたい話です。珍しい子が出てきます。一緒
に楽しんで行きましょう!!
 まず最小に登場してくることなんですが、これも名古屋にいるとなかな
か縁のない一台になります。こんな一台の紹介になります。

94-6 日産GT-R
2009.01~
NISSAN GT-R
日産工場見学記念品
2008.11
2017011401.jpg
2017011402.jpg
 
 なにせ近くに日産の工場はありません。関東まで遠征しない限り入手が
困難な一品になります。それも工場見学をするという実に大きなハードル
が必要となってきます。
 工場見学をするイコール、これは確実に平日に日産の工場を訪れなけれ
ばいけないと言う事で。なかなか自分のような内勤仕事の物には難しい事
となっております。以前にこの一台も入手させていただいておりましたが。
そのときもやはり、入手する手立てがなく、諦めておりましたが、運よく
「ken-6さん」に譲っていただいたのでした。
 
 自分日産の仕事させていただいているにも拘らず、なかなか工場とうに
お邪魔する時間がなく。入手に困っている状況です。

 こうしていつも多くの方に助けていただいて、紹介することが出来てお
ります。本当にありがたいことです。
 自分自力で入手できないので、こういったトミカは本当に貴重で。大切
に保管していかなければいけないと考えております。

 いや~久しぶりに貴重な一台見させて頂きました。大切にさせて頂きま
す。ありがとうございます。

 さ、この一台を滑り出しにして、今回頂いた貴重なトミカ紹介初めてい
こうと思います。

 じつは自分現在、羽田におります。出先ですのであまり多くの記事を書
くことが難しい状況になっております。それでも時間を見ながら少しづつ
記事更新をして行こうと考えております。
 出先って言うのはなかなか上手く運ばないものですね。一応ノートPCは
持ってきておりますが、上手くうごぴてくれないです。(笑)
 明日も必死の抵抗をしながら、記事アップしていきますね!!本日も多
くの友人に感謝しながら!!「のっぽさん」本当にありがとうございます。

別冊 W.M.C.C忘年会 その3

モータ-スポーツといえば、やはりその花形は選手ですよね。命懸けで
毎レースギリギリの走りを私たちに見せてくれています。
 
 昨日の記事は裏方的な、個人的な非常にマニアックな収集品です。これ
はなかなか理解していただける方が少ない。しかしいざ入手しようとする
と簡単には入手出来ない品です。貴重なんです。
 レース開催時やイベント開催時にしか入手出来ない貴重な資料です。

 本日紹介する頂き物なんですが、これも昨日紹介した資料と同じくらい
サーキット等に行かない限り入手が難しいものなんです。
 そして多くの方が収集しているという、非常にメジャーな物です。

 レーシングドライバーのサインを頂きました。
 今回頂いたのは、お二人。こんな方のサイン頂きました。
かずきサイン
 中嶋一貴選手
だいすけ
 中嶋大祐選手


 兄弟揃ってのサイン頂きました。

 うむ~一貴選手、どんどんサインが胆略化されて行ってる。もう誰のサ
インなのか教えて頂かないと判らなくなりつつある。(笑)
 そして大祐選手選手のサイン ゼッケン64番が入ってる。2017年シー
ズンから無限に移籍が決まった大祐選手。という事はこの64番のサイン貴
重になるかも。

 今回は「たにさん」から頂きました!いつも有りがとうね!!感謝です。
また貴重な我が家のモータースポーツ資料が増えました。有難いです。

 実は本日夜から東京に出掛けて行きます。雪が降るという予報の中出か
ける事となりました。なんてこった。久し振りの東京は雪予報。幸い東京
には大雪予報が出ていませんので。しかし名古屋に大雪予報!!帰れるん
だろうか?運を天に任すしかない!!ま、普段関東に行かない物が行くと
かいうとこんな物です。(笑)明日の記事は東京からアップ予定です。宜
しくです。

別冊 W.M.C.C忘年会 その2

今日はモータースポーツです。いつも記事にしてるんですがモータース
ポーツって自分の大好きな消えものの宝庫のような気がするんです。

 現場で配布される色々な印刷物や、お客様に配られるステッカーなど。
その場でしか入手できないし、次に行ったときにはもうない、その場限り
の物が多い。これを収集するのって、結局現場に行くしかない。
 自分達のように、纏まった時間がなかなか取れないものにとって、サー
キットにいつも行くのはなかなか難しい事になる。つらいところだよね!

 でも周囲には一杯友人がいて、それをカバーしてくれている。ありがた
いことです。

 で、今書いたのは、サーキットに行って色々回ってると入手できるもの
の事を書きました。これが集められない現状。でもサーキットにはこれを
超える、自分のような消え物マニアにはたまらないものがあるんです。
 1レースごとに大量に関係者に配布されている、リザルトだったり、多く
の報告や確認の書類。もう最高の消え物だよね!あまり一般の方は気にな
らないようだが。気になってしょうがない。
 これも最近は自分の周囲にレース関係者の方が増えたこともあり、色々
入手できるようになりました。

 そして最も入手が難しいものが関係者にのみ配布される解説であったり
ブリーフィングに使われる資料だったりする。これって関係者にならない
限りその存在すら知らないわけです。今日紹介する資料もレースに関係す
る資料なんですが、自分のように撮影等にあまり縁のないものは資料の存
在すら知らない。今回頂いたの初めてだったので、これは貴重です。

 こういったもの頂きました。

FUJIガイド
Press Activities and Photography Information
取材・撮影ガイド
FUJI SPEEDWAY

 こればかりは撮影等仕事で関っておられる方しかこの冊子の存在知らな
いわけで。これが自分の手元にやってくるのは、非常にありがたいことな
んです。
 今回は「ta_jiさん」から頂きました。本当にありがとうございます。

 なかなかこういった消え物大好きって方も少ないと思うんですが、実際
に印刷物マニアってのは結構いるみたいなんです。全てに興味があるかと
言うとそうではないのですが、自分の場合はモータースポーツに関して非
常に興味をもってみております。

 過去色々なレース関係の冊子頂いたのですが、撮影に関する資料は初め
てです。これは物凄く興味津々で読ませていただきました。

 全く自分と関係しないところで配布されている冊子。うむ~貴重でした。
 また、フジスピードウエイってところが凄い!中部地区に住んでいる者
にとってやはりホームは鈴鹿です。その鈴鹿でもきっと存在するであろう
冊子でしょうが、如何せんその存在を知らなかった。
 全ての分野で厳格なルールが存在する世界です。もっと知らない冊子が
これからも出てくるんだろうな…。ちょっと楽しみが増えてまいりました。

「ta_jiさん」!!こんかいは素敵なものありがとうございました。また
こっそり何度も読ませていただきます。いや~堪らない読み物でした。
感謝感謝です。

別冊 W.M.C.C忘年会 その1

自分の趣味はミニチュアカー収集だけではありません。コレクターさん
全般にいえるのですが、物を集めるのが好きな方をコレクターと呼ぶわけ
で。その収集範囲というものは多分限られることがないように思います。

 何でもかんでも集めちゃう。集めちゃうだけじゃないのがコレクターで
もあるような気がする。
 例えばですけど、それは旅行なんかもそうなんです。あそこ行った。こ
こ行った。すると訪れた地域に関連した場所に行きたくなってくる。最終
的には日本全国を回りたくなってしまう。これもある意味コレクターの集
めるっていう行動のように感じます。

 遊びに行く場所集めてるんだね。きっと。

 本日紹介するグッズもじつは収拾に繋がってる気がするんです。自衛隊
グッズ。これね、あて目てる方一杯いるんだと思う。集めるのって物凄く
面白いよね。辞められなくなっちゃう。自衛隊グッズは大元に3つもアイテ
ムがあるんですよね。陸海空。

 辞められなくなっていく。それどころか深みに嵌っていくことになる。
面白いんだこれが。

 そして我が家は養さんも同じ傾向にある方ですので、同じようにどんど
ん嵌ることとなる。特に養さんは飛行機に関る仕事をしていますので、空
の方にどんどん嵌って行ってる気がする。
 でもね、自分は知ってるんだが、海の方も大好きのようだ。(笑)

 空も旅客機ベースの機体とか、輸送機とかが大好きのようです。そこに
あるキーワードはでかいです!!
 それを考えると、海カテゴリーの船舶はデカイの一言に尽きる。自分も
大好きです。本日紹介するのはそんな海のグッズです。

「クッキーさん」ありがとうございます!!
海自タオル
●海上自衛隊所属艦艇 長尺手ぬぐい

 どう表現したら良いんだろう。良いんですよ。普段手ぬぐいを愛用して
いるわけでもない。でもいいんですよ。普段使わないものだからこそ、欲
しくなったりします。
 同じようなグッズとして、タオルってのがあるんです。空のほうなんで
すけどね!養さん結構頑張って集めてるみたいだ。

 空港のタオル、自衛隊基地のタオル。自分が行ったところのものは購入
しているようです。そ、ここでまた一つのキーワードが。我が家は旅行大
好きです。行ったところで購入する。そうなんですよね。

 色々な空港に行く。色々な自衛隊基地に行く。間違いなく色んなところ
に行くというコレクションですよね。
 自衛隊グッズは本当にヤバイ!!

 今日紹介してる商品も魅力一杯ですよね!一生懸命抑えているのですが
辞められないですよね!

 
「クッキーさん」魅力いっぱいの商品ありがとうございました!!感謝感
謝です。またどこかの海上自衛隊基地でお仲間増やしちゃいそうです(笑)

あ~我が家のコレクション無限大!!(笑)

W.M.C.C忘年会ってすごい その8

 昨日のトミカの相方。って言うか、一緒にセットになっておりました。
こういう物が登場してくるってのが凄いですよね。色々なトミカが好きな
方がお見えになります。トミカくらいの歴史とバリエーションがあると、
一車種だけで十分コレクターとして成り立ってしまう。

 ずっと前になってしまうのですが、長野県岡谷市にあるプリンス&スカ
イラインミュージアム紹介したことがあるのですが。ここには大量のトミ
カが展示されております。
 しかしその大量のトミカは一車種。そう、スカイラインのみなんです。
ミュージアムに展示されているそのバリエーションの多さ。驚くばかりで
す。
 もともと世代を超えた人気のある車種です。そして常に若者の憧れの車
種を提供してきたスカイラインというシリーズです。当然トミカでも売れ
筋になるのは当然。

 そして、その人気のあるトミカを現在でこそ少なくなってしまったので
すが、ミニカーショップの有名店。しっかりバリエーションを製作して発
売したのでした。拍車が掛かったんですね!!人気が人気を呼び、物凄い
数のバリエーションが登場したのでした。

 本日紹介する車両もそんなショップが製作した一台になります。

82-1-26 日産スカイライン2000GT-X
1974.08~1989.10
アイアイアド・カンパニー特注
GTRグリル
2017011001.jpg
(トミカ 4263) 

 実車に近づけた一台ですね!!なんとこの車両、グリルまでGT-R仕様に
なっております。凝ってます!!

 全体の雰囲気が一番実車に近いのではないか。そんな気がしております。
ガンメタのボディにオーバーフェンダーの黒。この黒のオーバーフェンダ
ーが黒タンポになっております。なるほどな~。こういったところにタン
ポ印刷を使う。勉強になるし、どういったところにタンポ印刷を使うと、
特徴的に目立つのかが判りますね。

 アイアイアドの商品は他にもあるのですが、その多くが内装色の違いの
ようです。この車両の内装はグレー。これもなかなか車両の雰囲気にあっ
た、実車に非常に近い1台のような気がします。

 基本的にこの当時の車両って、現在の車両に比べると地味なイメージが
あるんですよね。その地味なカラーリングが逆に渋さのようなものに繋が
り、今から見るとそれ程大きくない車両なんですが、当時は異状に大きく
見えたのを覚えております。
 スカイラインはボディーが重い。当時は皆さんそういっておりました。

 考えてみたらセリカLBも2000cc、スカイラインも同じ2000cc確実にスカ
イラインのほうが重く見えますよね!!

 実際運転してみたこともあるのですが、エンジンの特性もあったのでし
ょうが、非常に出だしは重々しく感じたのを今も覚えています。

 各社特徴がハッキリとあったんですね!今のようにPCで制御されていま
せんから、その特徴もよく判りました。
 その特徴が逆に皆さんの好みに直結していたのも間違いのないところだ
とおもいます。自動車が皆個性で走ってた時代ですね!!楽しい時代でし
た。

 今日も良い1台が紹介出来ました!!楽しかったですね!!

 まだまだ続きますよ!!明日からも非常に貴重なもの紹介させて頂きま
す。

W.M.C.C忘年会ってすごい その7

 本日紹介するトミカなんですが、これもビンゴで入手したものです。今
回ビンゴは2回行われたのですが、このトミカは1回目の景品になっており
ました。なんとも太っ腹な2台セットでした。
 最初から狙っていたのですが、声に出す事無くジワジワ狙っておりまし
た!!今回のビンゴも早い段階でビンゴしたわけではありませんでしたの
で、半ば諦めていたのですが、奇跡的に残っておりました。もうねじつは
飛び上がるほどうれしかった。

 自分古いトミカ殆ど持っていないので、このあたりのトミカ見るとなん
だか妙に嬉しくなってしまう。

 4200台を超えるトミカを紹介してきているのですが。まだ紹介していな
いトミカが山ほどあります。特に古いトミカのバリエーション番号の若い
ものなどは殆ど紹介されていない。
 うむ~トミカの奥深さ。驚くばかりです。

 本日紹介する車両、実車は結構見たことがあります。車両自体が当時非
常に人気のあった車両ですので、どの町でもよく見かけることができまし
た。自分が住んでいた田舎町でも見かけました。しかし果たして、本日紹
介する車両を見たことがあるのか、そのあたりはもう記憶に残っておりま
せん。
 なんだか政治家の回答のようですが、本気で覚えていないです。少しや
んちゃなお金持ちのお兄さんが乗っていたような記憶もありますが、如何
せん昔過ぎて。

 兎に角こんな一台の紹介になります。

89-1-1 トヨタ コロナ2000GT
1975.01~1988.02
2017010901.jpg
(トミカ 4262) 

 うん!絶対貴重なトミカです。このブログでは復刻版トミカは紹介して
いるのですがオリジナルは紹介しておりません。貴重です。

 本日の車両の分類ですが、まず一番見分けやすいのはボディーカラーの
シルバーですね。バリエーション番号ではシルバーは3種類1.2.3になりま
す。
 そしてその3つは比較的分類がしやすかったりします。トミカ好きの方
ならすぐにわかりますね!そうなんです、ホイールのバリ違いです。
1が1E 2が1F 3が1Hになります。今回入手した車両はホイールが1Eでしたの
でバリエーション番号は89-1-1と言う事になります。

 程度としては相当なダメージがありますが、皆さんご存知のように自分
このダメージを受けたトミカが大好きなもので。もう最高の一台です。

 いいですよね!使用感たっぷりの当時ものという感じが漂っております。

 1975年1月に発売されたトミカです。バリエーション番号1と言う事は、
初期の一台だと思います。間違いなく70年代の1台です。41年ほど前の車両
でしょう。年数考えたら、この状態で残っていたのは奇跡に近いですよね。
 多くの方の手を経て、自分の元にやってきてくれました。出会いですね!

 良いですよねこういった古いトミカ紹介していると時間を忘れてしまい
ます。す的なトミカを提供してくださった提供者の方。本当にありがとう
ございます。大切に保管していきますので。

 明日の一台は一緒にセットになっていたものです。明日に続いていきま
す。お休みなさい。

W.M.C.C忘年会ってすごい その6

 さて実際にはちょっと出かけております。日帰りですので本日の遅い時
間には帰ってきてるとは思うのですが、流石にそれから記事を書いて撮影
してってのはキツイので本日は予約投稿にしようと思います。

 昨日紹介したのが養さんビンゴで入手したミニチュアカーでした。本日
からは自分がビンゴで入手したものを紹介させて頂きます。
 今回もビンゴが始まって、進んでいく、皆さんリーチの声が聞こえてい
るのに、全然ダメでやんの。(笑)坦々と良いものがなくなっていく。

 でもね、ミニチュアカーって好みが凄く広いんです。みんながみんなト
ミカ好きって訳じゃないんですよね。ありがたいことです。で自分の欲し
かったトミカが残ってたんです。ありがたいことです。

 本日紹介するトミカなんですが、これは以前にも紹介しているんですが
なかなか人気のあるトミカなんです。今も安くなるのを待ってる方が一杯
いるトミカの一台です。何台あってもありがたい一台です。本日紹介する
トミカなんですがこんな一台です。

92-7 トヨタ クラウン アスリート
2014.02~
トヨタ クラウン アスリートS 空色edition
TCNオリジナル
2016.08
2017010801.jpg
2017010802.jpg

以前紹介していますのでトミカの連番はありません。
http://youkei3298.blog43.fc2.com/blog-entry-4011.html

 トヨタ クラウンって自動車について少しだけ描いてみようかなって思い
ます。
 自分の小さかった頃。周りの大人が憧れてた車がこの車両なんだと思う
んです。なかなかこんな高級車には乗ることができなかった時代です。
 そしてテレビではコマーシャルが。何時かはクラウン!

 自分が免許を取得したとき。当然のようにクラウンって車は存在した。
でもね、全然おじさんが乗る車で魅力を感じなかったんです。それはつい
最近までそうだったんです。
 本日紹介しているアスリートが出るまでは。全く興味がなかったんです。

 何故だか自分でも判らないのですが、このアスリートは魅力が一杯なん
だ。この車両の車両価格を見た時思ったんです。車両の出来のわりに低価
格だと。でもね、この車両乗っちゃったら自分の自動車キャリアこれで終
わりそうな気がするんです。何時かはクラウン。自分もそんな年齢になっ
たのかも知れないですね。

 いかんな~、クラウンに魅力感じちゃった。歳喰ったものだ(笑)ま、
でも今は何とか抗っております。

 そんなに自動車にお金掛けられない一般人です。そんななかでやっぱり
クラウンは憧れの車なのかもしれないですね。
 きっと皆、年齢行くと判る不思議な魅力を持ってる車両なんだと思う。

 実車に行かないように、トミカで一杯我慢しておきます。(笑)このト
ミカもなかなか良く出来てます。2016年に登場したトミカの中でも結構上
位に位置します。良いもん手に入れました!!嬉しい一台でした。

W.M.C.C忘年会ってすごい その5

養さんビンゴ2日目はなんでしょう!!今回の養さんの主題はモータース
ポーツだったようです。兎に角色々選べるくらい一杯並ぶわけです。

 いつもはトミカをメインに収集しています。するとこう言う事が起きる
んですよね。これも毎度書いているのですが、トミカの造形のゆるさに改
めて気づかされることになる。
 昨晩紹介した、トミカリミテッドあたりまで行くと、しっかりした造形
が確保されているのですが、一般売られているトミカは結構ゆるかったり
します。
 トミカの魅力って言うのは、そのゆるさにもあるんですけどね。最近は
そのゆるさの中でリアルさを追求したりするので、なんとも不思議な世界
が出来上がってる気がします。
 ゆるいままで良いのにね!ま、色々な好みを持ったユーザーが一杯いる
ので出来る限り良いものを!が現在のトミカの造形に繋がっている気がし
ます。

 しかし一年に2度ほどW.M.C.Cの関連する集まりがあるので、その時思わ
ぬ素晴らしい造形のモデルを入手する事になります。最近のトミカ以外の
ミニチュアカーってのは物凄くしっかりとした造形だったりするんです。

 コレクターの端くれは、そういったものを見ると、ついつい集めたくな
ってくる。これ以上はダメだ!!と言い聞かせていつも抑えてるんだけど
ね!!この集まりのあるときだけは別です。一年に数度カテゴリーに関係
なくミニチュアカーを楽しんでます。

 そんな中でもミニチュアカー屋さんでよく見かけるこんなモデルを本日
は紹介させて頂きます。
 
PAUL'S MODEL ART
MINICHAMPS
HONDA RACING F1 TEAM RA106
R.BARRICHELLO
2006
2017010701.jpg
2017010702.jpg

残念だが全く物が違う感じがする。ま、確かにトミカなんかとは販売され
ている値段が全然違うわけですから。トミカと同じクオリティだったら叱
られる。
 
 でもやはり基本のコンセプトが大きく違うので。見ていておなじミニチ
ュアカーというカテゴリーの玩具だと思えないくらいの差があります!!

 幅広いですよねミニチュアカー!ほんじつ紹介しているミニチャンプス
なんですが、価格的にそれ程高くないのですが、出来は非常にいい。そし
て細部まで拘って作られている。毎年色々なマシンが登場してくるのです
が、ドライバーに合わせたり、コースにあわせた微妙な仕様なんかも登場
してくる。全てではないのですが、物凄く沢山のバリエーションを生産販
売してるマニア御用達メーカーです。

 自分はこのシリーズを収集しているわけではないのですが、知らないう
ちに3台くらいはいると思います。ミニカー好きはきっと1台くらいは絶対
持ってる気がします。

 今回養さんが入手したマシンは2006年のマシン。??2006年??10年以
上前になっちゃうの?なんだろう。このマシンちょっと前のマシンってイ
メージだったのに。なんだろう?この月日の流れの早いこと。

 年明けからいろんなものが見られて面白いですね!!今回はF1マシンで
した!今あまり注目さえれていないF1ですが、マシンはやっぱりカッコイ
イです。たまにはこうやって紹介してみたいものですね!!

 さ、明日は日曜日。自分は少し用があって出かけなければいけません。
なんだか貧乏暇なしですね!(笑)また明日頑張って紹介しますので、
本日はこんな感じで!!明日に続きます。

W.M.C.C忘年会ってすごい その4

 プレゼント交換の他にもこの集まりは、いろいろとミニチュアカー、そ
の他レアなものが一杯入手できる集まりでもあります。

 プレゼント交換会で熱くなったら、その勢いで、次はビンゴに挑戦です
!!自分はなかなかこのビンゴ運というのがなくって。結構リーチは速い
のですが、なかなかビンゴまで辿り着かないという。良くある情け無いお
ぢさんだったりするのです。

 毎年ビンゴに弱いグループってのが存在するんですが(笑)今年はその
方達が滅茶苦茶早い段階でビンゴになってしまった!!相変わらずなかな
か揃わないわけですが。それでもこのビンゴの良いところは、最後の一人
まで景品があるというところです。

 自分は何とか真ん中あたりでビンゴすることが出来ました。我が家は夫
婦で参加していますので、楽しみも倍です。
 本日は養さんが入手した景品を紹介していこうと思います。こんな一台
です。
 
TL0070 
CALSONIC IMPUL Z
2006.05
2017010601.jpg
2017010602.jpg
(トミカ 4261) 

 懐かしいな!!これ自分だけじゃないと思うのですが、現在のプレミア
ム必要だったんだろうか?このリミテッドを辞めてまで、プレミアムに移
行しなければいけなかったんだろうか?

 プレミアムも最初の頃は、存在感を発揮していましたが、現在ではリミ
テッドとなんら変わりなくなってきてる。
 売れそうな車種を選べば当然結果は見えてますよね!リミテッド化が進
んでくる。もう少し初心に戻って欲しいな!初心わするるべからず!!

 自分は結構好きだったSUPERT GTのリミテッドシリーズ。リミテッドを
定期的に購入されていた方達にはあまり評判よくなかったようですが、
 自分は逆に通常リミテッド購入していませんでしたので、このシリーズ
が発売になった時、購入しようかと真剣に迷ったの記憶しています。

 レース好きだしね!このシリーズトミカではタブー視されている、スポ
ンサーシールも結構再現されている。車両の雰囲気が壊れない程度の最低
限再現されている。なかなか良いんじゃないんだろうか。

 って今言ったところで手に入るわけではないので。こういった機会に入
手できれば、それは非常にありがたい話なのです。

 自分も最初に見たとき気になったのですが、まさか養さんが入手してい
るとは思いもしませんでした。
 なかなか貴重な商品入手できました!ありがたいですね。

 今回はビンゴが2回ありましたので明日も養さんが入手した車両紹介です

 さて、お正月休みが終わったばかりなのですが、世間では明日から3連休
なのだそうです。休みが一杯だね!!さ、明日も頑張って紹介続けていき
ます。

W.M.C.C忘年会ってすごい その3

昨日予告しましたように、本日はじぶんが頂いたプレゼント交換の商品
紹介させて頂きます。

 会場入りしたとき、もうこの商品が並んでおりました。これ、好きな方
には溜まらない物じゃないのかな。そんな気がします。
 自分の目には、ちょっと圧倒的過ぎる訴えかけるものがありました!!

 もともとこのイベントには興味があるのですが、開催場所が横浜という
こともあり参加できづにいます。会場に行ったら、ちょっと自分に押さえ
が利かなくなりそうなので、こうして会場を見てきて、商品を入手して、
忘年会に出品してくれる。これくらいが自分にはベストなのかもしれませ
ん。

 それもしっかりミニチュアカーを見る目がある方が選んだ商品。魅力一
杯です。
 
 自分にはテーブルの上で光ってました。それに目をつけた方が、もう一
人。やっぱりいるんですよ!!これ見て欲しい!!って思う方が。
 今回は争った方がkunysさん。見たとき、kunysさん好きだろうな!って
想像出来ちゃいました。
 本日はこんな一台紹介させて頂きます。

第96回 横浜ワンダーランドマーケット
HWカスタム&コレクション
クレイジーパーリー
2016
2017010501.jpg
 kunysさんとのジャンケン大会で無事に勝ち我が家にやってきてくれまし
た。(笑)ありがとうございます。
 トミカもすきなんだけど、やはりこのカスタムの世界がどうにも好きら
しい。素晴らしい収穫でした。

 このイベント 横浜ワンダーランドマーケット終了後、色々な所に結構
商品が出品されているんです。特に某オークションには結構出品されてい
ました。
 自分ではカスタムしないのですが、カスタムミニチュアカーみるの大好
きです。
 なので買うわけではないのですが、ちょくちょくチェックだけはしてい
ました。会場に行ってるわけではないので、その全貌はわかりませんが、
まれに出品される商品を見るとやはり、興味を引く商品が多い。

 このイベント出品商品の特徴として、細部までとことん拘った物が出品
されてくるという所です。今回入手した商品も題材の遊戯王も面白いと思
ったのですが、パッケージも秀逸ですよね。うむ~しかしこのミニチュア
カー見たことなかったな。最高に良く出来た一品だと思います。お宝です
ね。

 残念ながら自分にはこういった才能がないので。これが出来るカスタマ
ーさん。素晴らしいと思う。羨ましいです。
 今日も楽しい一品紹介出来ました!!まだまだ続く入手品紹介です。

W.M.C.C忘年会ってすごい その2

忘年会に色々なことが行われます。この集まりの定番なんですが、参加
するのに皆さんがそれぞれミニカーを持ち寄るのです。それがテーブルの
上に並べられます。それを自分の名前が書かれたネームシールを欲しいも
のに貼り付けます。一枚だけ貼り付けてあるものは、そのままその方の物
になります。人気のあるものは複数枚のネームシールが貼られることにな
ります。そんな商品に関してはジャンケンで勝った方が頂いていくシステ
ムになってます。

 今日紹介するのは養さんがプレゼント交換で入手したミニカーです。こ
れは争う事無くすんなり入手した商品です。

 しかしこの商品も実際の話店頭に並んでいるのを見たことがなかった。
オリジナルのトミカを名古屋の店舗で入手するのは本当に難しくなってる。
 我が家もこのトミカが登場したとき苦労して入手しています。そんなト
ミカもポロッとでてくる。ありがたいことですね。

 我が家の愛車CR-Z。養さんがこの車両選ぶの十分想像できました。何台
あっても良いですからね!また我が家に新しい友達増えました。本日の一
台です。以前にも紹介させていただいてますのでトミカ連番はありません。

81-4 Honda CR-Z
2010.10~2013.11
Honda CR-Z(スポーツ&エコ プログラム仕様車 赤)
トイザらスオリジナル
2016.03
2017010401.jpg
2017010402.jpg

 懐かしいです。昨年の春発売になったモデルです。CR-Zをつかったエコ
レース専用車両なんです。良いよね。こういったモデル大好きです。滅茶
苦茶派手派手って事でもないし。でもステッカーチューンで結構雰囲気が
味わえるのがこの車両だと思う。
 と言っても自分の車両がステッカーチューンしてるかといえばしていま
せん。シンプルイズベストです。

 昨年の12月で自分の車両も生産が終了してしまいました。もうこれから
先増えることはないのです。減っていく一方。なんだか悲しいことですが
仕方のない事です。全ての自動車はこの運命が待ってますから。

 我が家の愛車は、少し特別なカテゴリーで生産販売された車両でしたの
で若干短めの生産年数でしたね!

 結構気に入って乗ってますので、まだまだ乗って行こうとおもってます。

 トミカのほうもレギュラーからは消えていきました。今は通常店頭には
商品がない事になります。この車両を入手するのは難しいと言う事ですね
!!
 ありがたい話です。これが並んでると間違いなく養さん入手だろうな!
と思っていたら案の定です。(笑)

 こういった我が家にとって重要なトミカも入手できます。

 明日は自分がプレゼント交換で入手したトミカ紹介します。ではまた明
日です。

W.M.C.C忘年会ってすごい その1

今回も色んなものを頂く忘年会が開催されました。(笑)って、それは
我が家だけだと思うのですが。(笑)

 会場に入って最初に頂けるのが31日のこのブログで紹介した今年最後の
トミカ。
http://youkei3298.blog43.fc2.com/blog-entry-4074.html

 もう兎に角いろんなものが頂ける訳です。

 それ以外でも色んなものを頂いてしまうわけで。我が家は大変な量の物
を頂くことになってしまうのです。

 そして我が家夫婦で参加していますので、頂くものも増えるのです。
今回も養さんが恒例のように、会場入りしてken-6さんから頂いた物から。

 これカッコイイです!シンプルなんですが凄く凝ってる!!アメ車って
このシルエットがアートに向いてるんじゃないかと思う。キャンバスに近
いって事だと思う。(笑)

2017010301.jpg
Hot Wheels 
HW ART CARS

2017010302.jpg

 今日は少し時間があるのでこの車両の身元を調べてみる。ホットウィー
ルは物凄く細かな身重と調査が出来る。しっかりとしたデータベースが存
在する。

Debut Series 1998 First Editions
Produced 1998-Present
Designer Phil Riehlman
Number 635

191/250
2016
HW Art Cars
Red
Black stripes on sides & top
Chrome/Plastic
Tinted (Black)
Black
Multicolored & Black PR5
Malaysia
Base code(s): J23

トミカ同様しっかりとしたデータベースが存在するんですね。ホットウィ
ールの登場個数はトミカなんてものじゃないですからね。これを全て一人
の方が調べて管理してるとしたら、恐ろしいですね。
本日はken-6さんから頂いたHW調べながら楽しい時間過ごしました。

 本来はミニチュアカーってこうして楽しむものなんですよね。時間があ
るっていな~!!
 さ、明日から何が登場するのか。自分も色々調べて楽しんで行きます。

さて、これにて!!

 年をまたいで紹介してきたシリーズも本日で完結です。なかなか難しい
シリーズですねやっぱり。
 しかし養さんがお気に入りのマーベルですからね。一生懸命紹介しない
といけない。
 でも、ちょっと違和感を感じてしまうのは、マーベルファン共通だと思
う。だってアイアンマンとキャプテンアメリカ。そして本日のキャラクタ
ーを合同で紹介する日がくるとは、思っても見なかった。

 マーベルって、超えてはいけない壁みたいなものがあったんですよね。
その一角が、ここのところ崩されつつあるきがするんです。
 その第一弾がここだった様に感じます。

 養さんのマーベルシリーズの中で最も重要なのは、ロボットが自動車や
乗り物系に変身するシリーズなんです。もしここが何かのシリーズと一緒
になってしまったら、養さんは泣くぞ!!
 ここは決して超えてはいけない孤高のシリーズなんです。でもあえて乗
り物を主題にしたシリーズを、ツムツムにしたらどんな形になるんだろう
?見てみたい気もするのだが。(笑)車もののクルマ化。これは面白い!
新たな形がそこに現れてくるかも知れないじゃないか!!楽しみだな。

 タカラトミーさん。皆さんの裏を描くようなシリーズ是非よろしくお願
いいたします。
 本日なんですが今シリーズ最終の一台です。こんなのが登場してまいり
ます。

マーベルツムツム
スパイダーマン
ツムトップ
2016.10
2017010201.jpg
2017010202.jpg
(トミカ 4260) 

 ね!まさかスパイダーマンという個々の人気シリーズがアベンジャーズ
シリーズとして紹介されるなんてのは、少し前では考えられないことだと
思うんですが、いかがです?

 本来なら我が家はこのツムトップだけを購入して、紹介して来たのです
が、何故だかフルで紹介する羽目に。は~~自己嫌悪。色々な絡みがある
とは言え、結局意志の弱さがここに現れている感じがしますね。
 これから先とりあえず、レギュラーとして店頭に並ぶものに関しては、
フルで紹介することになりそうな予感です。
 イレギュラーで登場する、セブンイレブン物なんかは相変わらずツムト
ップの紹介のみにして行こうと考えています。

 基本このシリーズ定価が高いところに設定されている。じつは問屋さん
でこのシリーズ購入するようになってから、あっという間に金額が跳ね上
がって来てる気がします。

 他の趣味、例えば自動車、実車を触る趣味の方に月2万円くらいって、
全然お金払ったうちにはいらないよね。でもね~これがトミカに2万って
いうとこれはちょっと問題あるよな~って思ってしまう。
 服や靴だと2万円じゃたいしたもの買えないけどね。トミカだとやり過
ぎ感半端ない。
 
 時代が変わってきたな~2017年改めて考えてる自分がいます。
 なんともう2日になってしまいました。今年も容赦なく進んで行きそう
な感じですね!!どんどん先に進んで行きましょう!!
 ではまた明日に続いていきます。また明日です。

FC2Ad