養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

2016年最後の月に入っていきます。

さ、12月だ!!やっと追いついてきたね!!あと三ヶ月の所までやって
きました。いや~なかなか凄い量ですね。締めの1月頑張って紹介続けて
いきます!!
 以前も記事にしてるんですが、トミカリリースに日本車の割合が凄く
少なくなってきています。以前は外車出せば良いのに…って心待ちにして
たんですよ。版権の絡みが出てからどんどん、外車の販売が少なくなって
来ました。そしてもうトミカは国産車で行くんじゃないのかと、思われる
くらい国産車が幅を利かすようになって来ました。凄くマニアックな車両
が一杯登場するようになったんです。

 その頃かな?トミカショックみたいなのが起きたのは。どんどんトミカ
の利益が少なくなってきた。トミカの生産国も変わり、やはり初期エラー
的な商品が増えてきた。どんどん品質が落ちてきていたきがする。

 そこで登場しだしたのが小さくなったトミカ。その小型化はエスカレー
トしトミカ離れが進んでいく。そこにトミカの値上げがはいる。ちょっと
だけですが危機的な状況が訪れて気がした。

 ま、皆創造の世界の話なんですけどね。そんな気がしたって話です。

 で、そこで行われたのが代表権のある取締役の交代。個人のワンマン的
なイメージの強かったタカラトミーさんが、ついに外国人のTOPを招き入
れるという大冒険に打って出たわけです。
 その頃からでしょうか、どんどん外国紗が増えてきた。トミカは子供の
玩具なんだと言い続けてきたタカラトミーの商品の販売方法のスタンスが
少しづつ変化してきたように感じた。

 一月の大量販売が始まったのもこの頃からです。値上げされて、そして
大量発売!これはキツイ。しかしこの販売方法は海外、特にアメリカ的な
発売に似ていると思う。ホットウィールみたいな感じですね。

 しかしそんな販売方法の中にもいいところはあった。兎に角売れ筋の車
両を集中的に発売するようになった。必要の無い変に拘った日本車は姿を
消すことになった。これから話題になるだろう、売れるだろうという車両
しかリリースされなくなった。
 必然的にカッコイイ外車が増えてきた。ま、ここは良い面だよね!
 でも多すぎるんだ。あまりにも多い。もう少し少ないと良いんだが。

 果たして本日の車両はどうなんだろう?どの分野に当てはまる車両なん
だろうね、こんな車両の紹介になります。

14-7 スズキ エスクード
2016.12~
2017020901.jpg
2017020902.jpg
(トミカ 4289)

 こんな言い方が良いのか悪いのかわかりませんが、この車両に関して、
個人的にではあるのですが、あまり情報を有していません。この分野の車
両に興味があるかた別として、多分殆ど注目をされていなかった車両では
無いかと思います。
 確かにいまSUVは注目されています。しかしそれはトミカにも当てはまる
のだろうか難しいところだね!!

 少なくとも自分はそれ程注目はしていない。

 以前からあったのですが、トミカの色々なメーカーをカバーして行こう
という姿勢は好意的に受け止めています。日本のミニカーメーカ-ですか
ら全てのめーかーはリリースしておきたいですよね。
 そんな遠隔の中で登場した車両だったとしたら、もう少しだったきもし
ます。車両の選定ってのは難しいですね!!

 今回の車両が登場することによって、消えていった車両が非常に残念だ
ったトミカとしては非常に貴重なフォーミュラーマシンだったのです。

 これこそマニアックだという意見が強いですが、そんな車両が一台くら
いあってもよかったかなとは思います。

 色々な車両のファンがいますので、きっとこの車両が出てくるのを心待
ちにしていたFanもいっぱいいることでしょう。久しぶりに外国車の枠を
日本車が奪い返したことになるんでしょうか。なかなかこのあたりの攻防
戦が面白いところではあります。

 12月の最初はレギュラートミカのこんな一台でした。明日は相方の紹介
になります。ではまた明日です!!
スポンサーサイト

FC2Ad