養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

あまりの人気で…。

これ自分だけなんだろうか?この車両が何故人気なのか全く判らないの
です。まさかこれだけの長いシリーズになるとは発売している側も思って
も居なかったのではないかと。
 今回の一台で24台目になります。長いシリーズになりましたね!!

 たまたまなんでしょうが、このシリーズの始まりがアメリカからだった
んです。それゆえなのかこの一台にとてつもない値段が付けられて売られ
ているのです。その大人気のアメリカの再販が今回の一台になります。

 同じものを再販では、芸がないじゃないですか。と言う事で最近のこの
シリーズ全般に見られる、しっかりとしたデザインを施したIIという形で
登場することになりました。

 この車両が登場したことによって、最初に登場したアメリカ国旗仕様は
現在姿を消しています。再販品が出たお陰で、逆に最初の一台に火がつい
た感もありましたね。一時期かるく2万円を超えて取引されていました。
 今では商品すらオークションに登場しなくなっています。うむ~凄いこと
です。
 トミカ1台に2万円越えか…ありえん。どんなに貴重な一台だとはいえ、こ
のくらいしか日にちのたっていない車両に2万円台はありえん。

 とかいってても、現実なんだからしょうがないかな。と言う事で本日は、
こんな一台です。

TL0021 トヨタ2000GT
2002.09
アピタピアゴオリジナル
世界の国旗シリーズ 第24弾
トヨタ2000GT アメリカ国旗タイプII
2017.03
2017052201.jpg
2017052202.jpg
(トミカ 4386)

 今回の一台はアメリカ国旗IIでした。うむ~。今回はサイドのデザイン
をしっかり作りこんできましたね。デザイン性が非常に強くなっています。
 
 しかし自分思うのですが、デザイン性もいいのですが、以前のように、
ただ国旗をかぶせただけのような、簡単なデザインのほうが、小さな友達
には判りやすいんじゃないのかな?
 色々な好みはあると思うのですが、シンプルなデザインがこのシリーズ
は逆に受けていたんではないのか、そんな気さえしますね。

 やはりデザイン性が強くなると、大人向けのイメージが非常に強くなり
ます。嫌いかというと、そうでもないのですが、このシリーズも年代がた
つと共に変化が現れているんでしょうね。

 自分思うのですが、国旗って、結構デザイン性に優れたものがあると思
うのです。国名がメジャーではないかもしれないですが、そんな国を取り
扱って見るのもいいのではないかと思います。

 国旗という概念を超えた、一つの素晴らしいデザインとしても見られる
のではないかと思います。是品、私たちの知らない国紹介してください。


 さて、月曜日。毎週の事なんですが非常にきついですね!!身体が思っ
たように動いてくれてない気がします。
 何とか乗り越えていかないと!!頑張って仕事して行きましょうね。

 さ、明日も頑張って紹介続けていきます。
スポンサーサイト

紆余曲折ありますね!

最近の奇数月トミカってしっかり自分の立ち位置ってのが出来上がりまし
たね。ここまでくるのに各社紆余曲折あり、特に本日紹介するAEONトミカ
は凄かった気がします。
 自分の記憶の中でも、一番後にトミカの市場に参入してきたのが、AEON
さんだった気がします。

 発売当初は、どこに向かっているのか、自分には良く見えなかった。で
もしっかり買い続けておりました。しかし素人目に見ても、その販売状況
は大変だった気がするんです。
 いつ行っても、トミカが山ほど残っている。一年が経過する頃には、値
段をさげての販売するしかなくなる。それでも売れない。そんな時期が結
構あったようにおもいます。

 今から思うと、よく続けてくれましたよね!あれだけ出しても購入され
る台数より、在庫になるほうが多い商品。現在だったらどうだろう?結構
早い段階で終了されていたと思うんです。
 実際に、我が家をトミカにいざなってくれた、イトーヨーカドーさんは
このオリジナルの世界からは撤退していきました。これはもう、仕方のな
い事だと思うのです。
 あの当時、今の異常な販売状況を想像できる方なんて、誰もいないと思
います。頑張ってくれたと思います。

 その後、シリーズも色々ありましたね!!個人的にはAEONカラーのトミ
カが結構好きでした。しかしこれも売れてなかった気がするな。(笑)

 まだまだ色々あって、そのご現在のチューニングカーシリーズに落ち着
きました。

 そのシリーズも今回紹介する1台でなんと30弾と言う事になりました。
結構最初はどうなる事かとおもったんですが、今は兎に角凄いことに。本
日は、今では絶好調のシリーズのこんな一台です。

26-8 マツダ ロードスター
2016.02~
AEONオリジナル
チューニングカーシリーズ 第30弾
マツダ ロードスター
2017.03
2017052101.jpg
2017052102.jpg
(トミカ 4385)

 今回の車両はロードスターです。これまた日本を代表するスポーツカー
です。人気ありますよね!残念ですが今回も自力で入手は不可能でした。
「ken-6さん」の尽力で入手させていただきました。本当にありがとう!
 車両の仕上がりなんですが、実にシンプル!!チューニングカーシリー
ズという名前からはおよそ似つかわしくない、仕上がりです。
 でもきっとベースがあるんでしょうね!!

 さて、現在のトミカの販売状況なんですが…。自分が生息してる名古屋
では、このAEONのトミカもし平日に発売になったら、間違いなく、自分た
ち一般のサラリーマンには購入不可能です。
 出勤時間が比較的自由な職種か、外に仕事に出られる営業職の方なら購
入可能でしょうが、自分のような内勤の者にはもう絶対購入不可能です。

 昨日土曜日に新しいトミカが発売になりました。名古屋のある店舗の状
況です。
 どれくらいもったと思います?しっかり最後まで見ていた方の報告です。

第3土曜日。トミカの新車の発売とも重なり、結構な人手だったようです。
 で、販売の状況なんですが。なんとお店開店から、5分だったようです。
うひょ~~~。凄すぎです。
 そのあといつもお世話になってる「ken-6さん」にお伺いしたのですが

 静岡県でも2時間だったそうな…。

 もう車種の人気もあるんでしょうが、驚きの販売ですね。いつからこう
なっちゃったんでしょうね。驚きの状態が続いております。

 ま、バブルと同じだと思うんですが、これがいつまでも続くとはどうし
ても思えない。それにしてもトミカの収集が難しい時代なんです。

 トミカの大暴走!!どこまで続くんでしょうか。

 色々やってたら日曜日終了。こんな感じです。さ、明日も頑張ります。
本日これにて終了となります!!ではまた明日です。

うん!充実してる気がする。

なかなかレース車両のチョイスをするのは難しいですよね。そしてスポン
サー企業の名称なしでも、その雰囲気を造り上げるのは結構大変なんじゃ
ないのかな。そんな風に感じます。

 しかし苦労すれば苦労した分、しっかりその評価は上がるのです。本日
紹介するのはホンダ車なんですが、比較的ホンダ車は、車名を中心にした
レイアウトのレースコンセプト車両なんかを結構作ってるので、比較的モ
デルにしやすいかもしれないですね。それでも結構な頻度で、スポンサー
名入ってるんですよ。
 それをなくすことによって、どんどんそのレーシーな雰囲気は失われて
行くのです。

 そういった面でいつも驚いてみてるんですが、トイザらスさんは見事に
纏めてますよね!!というか、別にトイザらスさんが製作にしっかり関与
してるとは思ってないんですけどね、タカラトミーの規格担当さん頑張っ
てるかんじです。

 今日の一台なんかも色々省いてもしっかりレーシーなイメージ保ってま
す。いいんじゃないかな?本日なんですがこんな一台紹介していこうと思
っています。

66-4 Honda フィット
2015.05~
ホンダ フィット1.5チャレンジカップ仕様
トイザらスオリジナル
2017.03
2017052001.jpg
2017052002.jpg
(トミカ 4384)

 このラインが全てなんですかね。もうこれだけで随分レーシーなイメー
ジですよね。
 
 しかし自分見てて思うのですが、このレースに関連するシリーズ、車両
チョイスによって、売り上げが全然違うような気がするんです。
 今回のフィットはどうかというと、やはりそれ程高いほうじゃないきが
するんです。

 通販の在庫が出る時がたまにあるのですが、この車両に関しては結構後
々までのこっていた気がします。やはり購入側が求めているレーシーな車
両ベースはここじゃないのかもしれないですね。
 現在のホンダ車両なら、NSX若しくはS660なのかも知れないです。ま、確
実にそのうち登場してくることでしょう。期待して待っていましょうね!

 実は、本日奇数月のトミカの発売日だったんですが、一足早くAEONさん
が登場させてしまいました。さ、どう対応してくるんだろう?自分結構注
目しています。ここは伝家の宝刀!NSXしかないかもしれないですね。

 しかしもし出てきたら、これまた購入が強烈に大変な事になる気がしま
す。(笑)素人が考えてるくらいだからメーカーが考えてないはずがない。
さ、どんな形で登場させてくることやら!!
 また別の形のS660なんかにも注目してみたいとも思います。

 さ、て、土曜日のトミカ紹介こんな感じで終了です。明日は休みだぞ!
最近休みが非常に少ないので。しっかり休養します。
 ではまた明日です。

今日も一日ご苦労様でした!

と帰ってきたのがこんな時間です
これから記事書きますので、もう少しあとに
なります。
今週これで終了の方お疲れ様でした!!
ではもう少し後に更新かけます。後ほど!!

やはり3月も結構発売になってるね!

本日からは恒例になった奇数月発売トミカの紹介になります。名古屋に
はもう復活はないんだろうな。トミカショップさんが名古屋を撤退してか
ら、名古屋駅は凄い勢いで変わりました。
 今回新しく出来たJRゲートタワービルは、なかなかお洒落な建物で、中
に入っている店舗は、しっかりお洒落な小物形のお店が中心で出来上がっ
ております。上階の方にキャラクターショップなんかも結構入っておりま
す。もうトミカショップがここにあったら!って感じのビルに仕上がって
おります。

 このビルの中全体的に、名古屋感があまり感じられないんです。大阪の
トミカショップが入ってるビルの雰囲気ともまた違い、ちょっと東京のお
洒落な感じを意識したビルに仕上がってる気がするんです。
 惜しいな!もう少し早くに、このビル出来てたら、トミカショップ十分
ここに移れたのに。なんだか悔しい感じです。

 現在の名古屋駅は以前の名古屋市の中心地栄の勢いが、そのまま移動し
てきた感じになっています。凄い人手です。名古屋駅にこんなに人が集ま
ってるのってどれくらいぶりなんだろうね?ちょっと自分が名古屋に出て
きてからは見たことない気がします。

 自分は名古屋駅を通勤の中心に使っています。乗換駅なんです。もう何
年使ってるんだろうね。以前夕方の名古屋駅はただただ、帰宅を急ぐ方達
が急ぎ移動する場所でした。自分は新しく出来た名古屋市交通局のバスタ
ーミナルを使ってるんですが、バスにのっていると人の動きが手に取るよ
うに見えるんです。
 流れが変わってますね!!それもビックリするほど流が変わりました。

 名古屋といえば地下街!というイメージだったんですが、今は人が表に
出てますね。背の高いビルを移動するのに外を人が歩くようになってきま
した。これも今までの名古屋にない流ですね。色々入ってくる情報では、
まだまだこれから変化がありそうな、名古屋駅面白くなりそうです。

 名古屋駅の話はまたいつかするとして、本日はとりあえず奇数月トミカ
の最初です。こんな一台から始めて行こうと思います。

46-8 トヨタ86
2012.06~2016.06
トミカショップ オリジナル
トヨタ86
2017.03
2017051901.jpg
2017051902.jpg
(トミカ 4383)

 今回のトミカなんですが、珍しくリアルタイムで購入しておりました。
こんなこともあるんです。たまたま大阪に行ったものだから。トミカショ
ップにおのぼりさんとなり、買ってまいりました。

 それにしても大阪店と東京店のカード持ってるんですが、そこに名古屋
店がないのが非常に悲しい感じがする。仕方ないけどね。

 今回登場してのは、人気の86ですね。現在は86番に新しく後期方が登場
しておりますが、本日のトミカベースは旧型46番の車両がベースになって
おります。

 極微妙な違いではあるいのですが、新型の86より若干丸みが感じられる
旧型。自分はこの車両のほうが好きかな。
 攻撃性という面では、確実に少し鋭角さが感じられる後期方なんですけ
どね。好みは色々です。

 全体が金色のトミカ。なんだかイベントの当たりのトミカのような!!
ちょっと特別感漂う一台でした。

 週末にはこんな豪華な一台がいいですね。さ、少し遅くなりました。
また明日がありますので、本日はこんな所で。遅くなりました!明日はこ
んなことのないように頑張って書きますね!!ではまた明日です。

頑張って紹介してきたので

本日久しぶりに休憩です。お休みならブログ休めばいいじゃん!という
意見も聞こえてきますが、それをしない。なんとも暇なおじさんなんです。

 物凄く久しぶりの記事なんですが、皆さん覚えてますかね?MRJ。
現在は全機アメリカに居ります。

 当然ミニカー好きで旅客機に興味がある方も少ないので。


 さてそのMRJなんですがパリ航空ショーに参加することになりました。
今は一機がそれに向けて準備中だと思います。
 何せ遠いアメリカでの話ですので、詳細がつかめません。


 自分はミニカー以外で飛行機も追いかけていますので、色々忙しいです。


本日の話題なんですが、フライトレーダーについて。
当然飛行機に興味がない方には必要ないものなんですが、軍用基地以外の
航空機を全て網羅する凄いアプリがあるんです。
Flightradar24

PC版は無料でも結構遊べます
https://www.flightradar24.com/

 お暇なときに見てみて下さい。
世界中の飛行機の流れが見えます。蟻の巣のように小さいのが、うじゃう
じゃ常にうがいてるんです。
 なかなか飛行機の世界も面白いですよ!!

 あくまでも暇なとき見てください。会社で見ると仕事にならなくなりま
すからね(笑)

 航空機の機体番号さえ判れば、今飛んでいれば、どこにいるかすぐ判り
ます。コソコソ調べると過去の飛行履歴なんかも調べられます。
 なかなか無料でも結構楽しめるアメリカ産アプリです。
 スマホ版もあります。一度調べてみてください。

 本日は不思議な情報提供でした。明日からはまた一生懸命トミカ紹介し
ていきます。

仕様としてはインディ寄りなのかもしれない。

本日紹介しようとしている車両なんですが、ボディ形状は確実にオープ
ンホイール形状なんですが、ホイールにはしっかりカバーされています。

 最近のインディー車両や、Formula E車両なんかも徐々にカバードされた
車両に変更されつつありますね。色々な物がどんどん変わりつつあるんで
すね。

 日本のフォーミュラに関してはそのスピードとコーナリングスピードの
高さ等から、世界的に注目を浴びているのですが、残念ながら日本では、
レースシーン自体がそれ程人気がなく、少し残念な気もします。
 昨日も少し触れたのですが、自動車自体に人気がなくなってしまった現
在の日本。そんな状況でレースの世界に目が向くとも思われません。
 しかし根強いレースファンは存在しており、その方達が子供さんをつれ
て熱心にレース通いされている。この子供さんたちに次世代がかかってい
るのかもしれないですね。

 レース好きには色々な意味で楽しむシーンが多いのだが、興味のない方
には只々暇な一日となってしまうのです。
 晴れていれば日向ぼっこ的に、土手でお昼寝なんてのも気持ちのいいも
のなんだが、雨が降った日には…。
 実はレースファンは雨の日もまたワクワクしながらレースが見られて、
非常に楽しめるのです。

 ある意味起こってはいけないのですが、軽いアクシデントであれば、ス
ピン程度。見ごたえがあるのです。
 殆ど川の様に水が流れるサーキットでドライバーのテクニックが問われ
る。見る側も力の入る実に楽しい時間が遅れるのです。

 しかし彼女などを連れて行くのは、少しお勧めできない。観戦する席に
よるのだが、見ていて楽しい場所はトイレなどの施設が遠かったりする。
致命的ですな。そして襲い来るぬかるみ、容赦なく降り続く雨!!
 女性が嫌気がさすのが判る。

 中には特例もいますからね!家の奥さんとか、友人の奥さんとか。(笑)
もうね、たまらなくいい時間が過ごせるんですよ!!

 出来ることなら、カーズの映画を見て、私たちのような不思議な世界の
虜になってくれる方が、一人でも殖えてくれるといいのだが。
 新しいお話に期待しながら!!本日もトミカの紹介をしていこうと思い
ます。
 本日はこんな一台です。

カーズトミカ
リップ・クラッチゴンスキー
(カーボンレーサータイプ)
2017.03
2017051701.jpg
2017051702.jpg
(トミカ 4382)

 カーズ2で登場したキャラクターです。多分ですが自分だけではないと
思うのですが、このキャラクターの元の姿がどんな形だったのか、
 本日紹介している特別な仕様、どこがそんなに特別なのか、さっぱり判
っていないように思います。

 自分カーズ大好きとか言いながら、結構いい加減にキャラクターを記憶
してるんだなと、改めて感じる次第です。困ったものだ。

 先ほどの雨のサーキットのお話に戻るのですが、見ている方は物凄い試
練なんだと言う事を少しだけ書きました。
 レースを運営している側も地獄なのは同様!!ドライバーは別に雨合羽
を着てレースをしているわけではないので。ドライバーもずぶぬれでお仕
事してるわけです。これはキツイ!!

 いろいろな意味で色々な所が耐久なんですね!!レースが終わった後は
皆、疲労困憊。異常なほどの疲れがレースに関るすべての人にやって来て
いるのです。
 それがレース会場が鈴鹿であれば、名古屋なんかすぐなんですが、富士
スピードウエイだったりすると、帰宅までにもうひとレースなんて事にな
るわけです。モウグタグタです。でもそれがまた良かったりして。

 本気で疲れることって最近ありますか?足腰立たないくらい疲れること
ってありますか?なかなかないんですよ。
 是非レースお勧めします。(笑)無理だね。(笑)めっちゃグダグダに
なりたいときは是非レースをお勧めしたい。

 7月公開のカーズを切っ掛けに、レースが見たいって言うお子様が増える
といいのですが。
 残念ながら、親は「うん!!行こう!!」とは言わないだろうな。

 ということで、本日もトミカに殆ど触れることもなく、紹介は終了とな
ります。ま、こんなもんです。(笑)

 さ、これでディズニー関連終了かな。明日からはまた違うトミカを。
ではまた明日です。

ディズニートミカの部類ですが。

本日より若干お題が変わってまいります。
このシリーズなんですが、実はこれから相当活気が出てくると思われます。
何せ次シリーズ、待望の第3作が公開されることが決まっているのです。
 この一作に映画シリーズの次が掛かっているのではないか。そう見られ
ております。

 比較的題材が自動車と言う事もあります。この自動車って言うのが今問
題になっているんですね。
 子供さんからいわゆる免許を取得できる青年にかけて、殆ど車に興味を
示さない。
 少し前にトヨタの開発の方とお話をさせていただく機会がありました。

 自分だけでなく、自動車大好きなミニカー仲間と一緒にお話を聞かせて
頂いたんですが、その方曰く、現在の若者の車に興味がない状況をつくり
あげた一端にトヨタの自動車生産があり、ディーラーの売り上げ重視の販
売体制にあるとおっしゃられてました。

 ミニバンブームが生んだ、自動車に興味を持たない世代の排出。
 お話聞いて、納得してしまいました。

 いわれて考えたんですが、自分たち小さいとき、自動車に乗ってまず目
に入るのは大人が運転する姿だったんです。それを見て、一日も速く運転
してみたいと思いました。

 ミニバン世代はというと広々としたリアシートと大きなモニターなのだ
そうです。子供の視線は運転にはいかない。
 自動車メーカーだけでなく、ゲームメーカーもこれに追い討ちをかけた。
車に乗ったら、ゲーム。この流が当たり前になってしまった。
 自動車は運転するものではなく、誰かが運転して快適にゲームをしたり
ビデオを見る場になってしまったんです。

 確かに維持費の問題もあるでしょう。しかし根本は小さなときに植えつ
けられた物にあるんじゃないか。トヨタの開発の方はそうおっしゃってお
られました。
 そんなこともあり、こんな階の題材に当たる車の映画は、残念ながら期
待して待っているのは、年齢が結構上の方が多いと言う事のようです。

 とりあえず本日の車両紹介して行きましょうね!こんな車両が登場して
きます。

カーズトミカ
ルイス・ハミルトン
(カーボンレーサータイプ)
2017.03
2017051601.jpg
2017051602.jpg
(トミカ 4381)

 基本的にこのカーズトミカなんですが、現在は空想のシリーズになって
います。ストーリー内に登場する仕様ではないんです。実際にはモデルに
なってない登場車両も一杯あるんですが

 実際に映画が更新されていない現在、新たな金型を作って、新車を発売
するメリットが何もない。
 タカラトミーさんが取っている方法は既存の金型を利用して、得意の塗
装で新たなシリーズを作り出す。これもしっかりとした技術とお客さんの
心を引きつけるだけの企画が必要だと思うんです。
 それも7月までだと思うんです。新シリーズが始まると、新金型の新展開
が当然始まります。

 この映画が当たれば、トミカのカーズシリーズもまた盛り上がることで
しょう。
 いつも出すぎるってのがあって怖いのですが、それでもカーズファンと
しては非常に楽しめる時期が近づいてきています。

 さて前記したように、車離れも事実で、どんどん車の需要は減ってくる
事になります。トヨタの自動車開発の方も真剣に悩んでおられました。
 しかしこの流、簡単には変わりそうにないですね。

 ミニカーもそうですが、些細なことからでも流をかえる努力をつづけて
いく必要はありそうですね!自分の世代ではもう、どうにもならないと思
うので、次の世代にかけるしかないですね。頑張って欲しいです。

 ミニカーって色々な方をひきよせてくれます。楽しいですよ!!これか
らも色々お話聞けたらいいな!!
 本日はトミカの話あんまりなかったですね。でも楽しかったです。

 さ、明日も楽しんでいきます!!

これ珍しくないですか?

ま、これもお約束といえばお約束ではあります。昨日ナンバーつきのト
ミカの相方として、ナンバーなしが登場するのも、いつものパターンです
ね。

 最近はセブンイレブンさんが頑張っちゃってるものだから、個人的には
もう殆ど追いついていない感じです。仕方がないことです。今トミカを隙
なく収集しようと思ったら、自分のように平日は購入無理です。とかいっ
てたら、絶対に購入するのは難しくなってるんです。

 じぶんもいつかAEONやトイザらストミカなんかは購入できなくなるかも
しれないですね。どんどんトミカ購入を辞めなさいと販売店側からいわれ
ている感じです。

 ディズニーモータースも以前はもう少し購入が楽だったんですが、最近
は競争率が激しくなってる気がします。トミカの販売自体は相当活気があ
る感じです。少なくとも元気がないよりは随分いいんですが、残念ながら
一般サラリーマンのコレクターには厳しい時代がやってきてしまったよう
です。ま、これも仕方のないことなのかもしれないですね。

 とトミカを取り巻く状況はこんな感じです。あくまでも自分の話ですけ
どね(笑)

 さて本日のトミカなんですが、この仕様は結構珍しくないですかね?過
去にもありましたっけ?なんだか個人的にDトミカ思い出すんです。何とな
くラッピングトミカって感じもしますね。
 さ、本日こんな仕様で登場してまいります。

ディズニーモータース
グッディキャリー
美女と野獣
販売店特別仕様車
2017.03
2017051501.jpg
2017051502.jpg
(トミカ 4380)

 なんと!!エマ・ワトソンそのままプリントされてます。過去にアニメ
キャラクターのプリントはあったと思うのですが、こういった映画の主人
公が、それも女優さんがプリントされたトミカってありましたっけ?

 なんだか物凄く新鮮ですね!!。個人的にはハーマイオニーちゃんなん
ですが。最近では女優さんとしてもどんどん伸びてきてる気がします。

 元々筋金入りの女優さんなんですが、あまりにも小さい時からのイメー
ジが強すぎて、その殻を打ち破るのが非常に難しい状態になってる気がし
ます。
 それはエマ・ワトソンだけではなく、あの映画に登場した俳優さん全て
に言えることだと思うのです。そしてあまりにもお金を稼ぎすぎてしまっ
たので、あえて他の仕事を急いでする必要もなくなってしまった。そんな
ことも原因の一つなのかもしれないですね。
 仕事に貪欲な俳優さんだけが生き残っていくのかもしれないですね!!
なかなか難しいものです。

 しかし面白いですね。まさかトミカでこんな仕様が紹介できるとは思い
もしませんでした。
 
 エマ・ワトソンファンの方注目の一台かもしれないですよ。(笑)
これから先、トミカにもこういった人物のプリントトミカが一杯登場して
くるんでしょうか?
 なんだかまた新しいトミカの分野が出来てきそうで非常に怖い気がする
のですが…。お手柔らかにお願い致します。(笑)

 さ、月曜日皆さん如何でしたか?自分は相変わらずなんだかわけが判ら
ないうちに終了して行きました。こんな調子で今週も仕事続けていくので
しょうね!!さ、皆さんも頑張って行きましょうね!!新しい週の始まり
です。明日も頑張ります。

この多様性がトミカだよね!

それにしても昨日までの大阪トミカ博トミカは面白かったですね!色々
なものでコレクターを楽しませてくれる。トミカはこれがあるから辞めら
れないんですよね。

 実車を色々なカラーリングで楽しませてくれたわけですが、本日からま
た現実の世界に戻っていきます。
 
 また頑張って3月のトミカ紹介を進めてまいります。戻ってきたところは
なんとディズニーモータースでございます。
 現実的な車両も、この夢の車両も、なかなか楽しいのです。

 最近の傾向なんですが、流石に固まってきてる気がしますね。どの車両
が人気があるのかは自分には判りませんが、それでもカスタムが生える車
両がメインになってくるんですね。
 本日紹介する車両が、どんどん色々なパターンで登場して来ている気が
します。
 個人的にこの車両デザイン好きです。いつも次はどんな形で登場してく
るのか楽しみにしています。

 さて本日の車両に!!こんな一台が登場してまいりました。

ディズニーモータース
DM-10-04 ドリームスターII
サリー&マイク
2017.03
2017051401.jpg
2017051402.jpg
(トミカ 4379)

 この車両というか、DMの連番なんですが、過去に商品は同じで、番号だ
け変更になったということがあったんです。
 あくまでも箱バリの扱いになります。しかし番号だけは確実にDM-10の
世代番号は確実に増えてしまったのです。

http://youkei3298.blog43.fc2.com/blog-entry-3302.html

悲劇の三部作という題材で過去に記事にしています。

 大半のコレクターさんは箱バリには興味がないですから。
 ここで今更ですが、箱バリとは、中身のトミカが基本的に同じなんです
が、箱だけバリエーションが変わったもの。これを箱バリって呼んでいま
す。

 自分はトミカ大好きで集めているんですが、仕事柄箱のデザインも大変
気になりますので、ついつい購入してしまいます。今回のDM-10も多くの
方が殆ど問題にしなかった箱バリ。実際にすぐ新しいものが登場してしま
いましたので、言って見たら幻の箱バリかもしれないですね。

 あ!!今回の商品に全然触れてなかった!!(笑)めっちゃマニアック
な記事になっちゃった気がする。

 今回もキャラクターのカラーが全面に出ていい感じに仕上がりましたね
!!

 しかし昨日までの超現実的なトミカからこの夢の世界!トミカの多様性
だよね。いや~凄い世界だ。トミカの世界評論できる人がいたら、その方
の知識と見識は凄いものだと思う。面白い世界です。

 さ、本日はこんな感じで。さっくり日曜日も終了して行きました。
あ~また仕事か。頑張らないとな~!!しっかり明日に繋いでいきます。
さ、明日は何が登場するのでしょうか。また明日もよろしくお願いいたし
ます。

大阪の風5

なんともすごいものが登場してきました。販売しているイベントモデル
で奇想天外なモデルが登場するのは、何となく想像がつくじゃないですか。
 しかし今回登場して来たのは、ミニイベントの参加賞で登場して来たよ
うです。

 個人的にはこのモデル何時かは出してやろうと、メーカーも手ぐすね引
いていたんじゃないのかなって思います。しかしどんな形で出すのかが問
題です。
 モデルのギミックの稼動箇所の多さを考えれば、小さなトミカファンか
らは好評を得るのは確実。
 しかし実際問題から言うとトミカ規格からは大きく外れています。

 元々このモデルの生い立ちがギフトセットと言う事もあります。
 このギフトセットってのは、我が家が大好きなトミカのセットなんです
が、いぜんから、必ずレギュラーとは何処か違った目玉モデルのようなも
のが1台投入されるという特徴があります。
 箱の大きさもあり、比較的トミカの規格を無視することが出来る。だか
らこそ作ることの出来る規格外の目玉モデル。

 ずっと以前のトミカ博のミニイベントのモデルはこのギフトセットの中
からチョイスされたリメイクモデルだったんだと思います。
 最近は、オリジナルのカラーリングを施したり、特別なモデルが登場し
てきています。
 でもやはり基本のラインにはギフトセットの流が、少しだけでも残って
いるのかな。なんて本日のモデル見て思ってしまいました。

 なんとも楽しい最高のモデルの登場です。
 本日の最終日。こんな素敵なモデルが登場してくれました。

70-3 いすゞエルフ高所作業車
2004.05~2010.09
いすゞエルフ高所作業車(黒)
イベント景品 非売品
2017.04
2017051301.jpg
(トミカ 4378)

 大きなバケット登場の理由は皆さんご存知ですが、プラキッズを載せら
れる。乗せる為に大きくしたってのが理由です。
 大きいですよね!基本的にトミカの特徴ってのが、箱に合わせるなんで
す。残念ながらこのトミカはその規格からは外れております。
 自分ならこのトミカどこで活用するかな?ミニイベントであれば、そう
ですね!多分トミカつり考えたでしょうね。

 しかしプラスチックパーツ多様の。トミカつりには向いてないのかな?
でもカラーリングを変える事によって、車両の大きさもあり非常に目立つ
ものが造り上げられる。ということで、ミニイベントの箱なし参加賞に登
場させることになったんでしょうね!

 ここが今までのタカラトミーさんの商品企画と大きく変わったところで
すね。ある意味規格に拘らなくなったところ。これ、過去のトミカ企画で
は在り得ない気がします。

 箱なしでも、トミカファンの心をつかむことが出来る。しっかり予測済
みってことですね。案の定皆さん結構注目のトミカだったようです。
 他にも登場しているかもしれませんが、我が家でもこんな2台を過去に
紹介しています。

70-3 いすゞエルフ高所作業車
2004.05~2010.09
はたらくプラキッズ車両セット
2010.06

70-3 いすゞエルフ高所作業車
2004.05~2010.09
メガトンダンプとあそぼう!
建設車両セット高所作業車
2011.06

 随分以前に登場してるんです。大きさ考えてもギフトセット以外では、
登場させられないですもんね。いや~なんとも魅力一杯の一台です。

 「寮さん」最後の一台まで、物凄く気合の入った車両ありがとうござい
ました。今年の大阪トミカ博の風、しっかり楽しませて頂きました。
 楽しい時間でした!!いつもありがとうございます!!
 「寮さん」に感謝して、今回の大阪特集終了です。楽しかった!!

大阪の風4

ある意味ミニイベント参加モデルってのは、会場販売のイベントモデル
より魅力ありますよね!!
 これ欲しいと思っても思ったものが手に入らない、そんなのもある意味
魅力だったりします。

 大体の場合はあたりトミカを狙って皆さん参加するわけなんですが、自
分は、どうにもメッキトミカの魅力より、参加賞トミカのほうが魅力を感
じてしまう。
 元々カラーバリエーションに弱いのかもしれないですね。

 本日のカラーも結構実車でこの車両に乗っていたら、魅力のカラーリン
グなんじゃないのかと思います。しかし残念なことにこの車両は、現場が
足場の悪いところが多いのです。積むものも、汚れの対象物なんです。
 よく仕事が終わってから、注入口を洗浄している車両見かけることがあ
ります。
 
 放っておくと、後々大変な事になってしまいますからね。スムーズな仕
事の為にも仕事の後はメンテナンスが欠かせない車両でもあります。
 
 そんなことから、あまり美しい車両は見かけることがないのです。きっ
とどの車両にも新車の時期があったと思うのです。その時はこんな感じで
光り輝いていたんだろうな!なんて想像させてくれるのです。

 実際にはメイン機材の部分は会社名やメーカー名で塗装され、くるくる
回るイメージです。
 
 今名古屋市内は高層ビルの建築ラッシュになっています、街中でこの車
両を見かけないことなんてないと思います。工事現場にとっては大切な大
切なエース的な車両なんじゃないか、そんな風に感じます。
 さ、本日の車両なんですが、こんなカラーリングで登場してきました。

53-3 日産ディーゼル クオン ミキサー車
2007.03~
UDトラックス クオン ミキサー車(白)
イベント景品 非売品69
2017.04
2017051201.jpg
2017051202.jpg
(トミカ 4377)
 
 ある意味この白ってのはカッコイイし、清潔感もあるし、最高の車両を
演出する色ですよね。しかしこの車両の仕様用途を考えたとき、最も購入
してはいけない色の様な気もしますね。

 街中で見かける車両の多くはアースカラーっぽい色が多いです。基本的
に汚れが目立たないカラーを選んでいる気もします。
 白はイカン!!って感じですかね。

 考え方によっては、トミカだから楽しめるカラーがこの白なのかもしれ
ないですね。魅力一杯です。

 今回の車両の後部に関しては、レギュラー車両の後部をそのまま移植し
た感じがありますね。ヘッド部分を白に塗装すると、しっかりホワイトバ
ージョンの出来上がり。なかなか見事な参加賞の出来上がりです。
 実車同様、トミカも塗装色で大きく見えますね。いい仕上がりです。


 この車両のベースなんですが、発売された当時は社名が日産ディーゼル
だったんですが、時代と共に社名変更となり、現在はUDトラックスと社名
が変わっております。実際に大きく変わっているところはないと思われま
す。あくまでもトミカの話ですよ!!実車は社名変更と共に、いろいろな
所が変更されているものと思われます。
 如何せん実車には詳しくないので。(笑)そこは想像で。

 ミニイベントはこういった景品になるトミカ達が入り口のところに展示
してあります。こんなの色々見てると、何に参加すればいいのか迷ってし
まいますよね!!大きなトミカファンがいつもやきもきしながら、小さな
ファンに混ざって奮闘する場でもあります!!(笑)
 いや~本日の一台実にカッコイイ車両でした。白は初めてでしたし!
「寮さん」素敵な車両ありがとうございました!!

 さ、明日が最終日になります。ある意味自分の中ではトミカ博のなかで
最も入手が困難なトミカかも知れません。では明日に続いていきます。
 今晩も「寮さん」に感謝して終了になります。

大阪の風3


 しかし昨日までに紹介したイベントモデルの2台は強烈なインパクトで
したね。
 
 もうC国の方達大活躍だった感じですね。滅茶苦茶な勢いで買占めが始ま
り今回注目を浴びるだろうなと思ったトミカはあっという間に品切れにな
ってしまったようです。恐ろしい事ですね。
 日本国内でも転売屋対策が色々はびこり、販売が兎に角酷い状況になり
つつあります。

 こういった購入に関するトラブル。残念ながら人気の商品には必ず付き
まとう事例ではあります。なかなか辛いですよね。

 大人のトミカファンは地元開催まで待つことが出来ず、遠くから旅費を
使って年の始まり大阪トミカ博に向かうのです。そんな方達のために、楽
しみのイベントトミカくらい購入させてあげたいですよね。

 ま、しかしこういった事例はどんな人気商品にもあることですし、ある
意味人気商品のもって生まれた悲劇のようなものです。
 いたちごっこ。どんなに対策しても、その対策はもろくも崩れていくも
のなんです。う~。でも折角のイベントです。その目玉のイベントモデル
くらいは、品切れさせないようにして欲しいものですね。
 
 めっちゃくちゃの人で、そんなん対策できるか!!ってメーカーの声も
聞こえてきそうですね。それも判る気がするし。なかなかファンは微妙な
所です。

 リアルタイムでの入手は難しくなるかもしれませんが、全国を行脚する
トミカ博ですから、少し待てばどこかで必ず入手できるようになると思い
ます。今は大変ですが、もう少し頑張って待ちましょうね!!大きいトミ
カファンは色々大変なんです。

 さて本日はイベントモデルとは一線を画すのですが、大きなトミカファ
ンがいつも注目するミニイベントの非売品モデルの紹介をさせて頂きます。
毎年「寮さん」に貴重なトミカ譲り受けております。ありがたいですね!
 今年もこんな素敵なトミカ紹介できます!ありがとうございます。

 本日はこんな一台です。

62-9 マツダ アテンザ
2013.10~2016.03
マツダ アテンザ(黄)
イベント景品 非売品67
2017.04
2017051101.jpg
2017051102.jpg
(トミカ 4376)
 
 いいですね!アテンザです。マツダのハウスカラーレッドとは違った、
黄色で表現されたアテンザです。
 新鮮な感じがしますね!イエローがまた走りを強調すかのようなイメー
ジをアップさせています。黄色のマツダ車なんかもなかなか素晴らしい!
そんな印象を持ちました。
 
 やはりトミカファンは大阪のミニイベントの参加賞には注目しています
ね!!
 大阪のトミカ博は、トミカにとっての一年の始まりです。殆どのものが
新しいものに一新しています。一年の始まりですから、メーカーさんも当
然力が入っているわけで、どんな楽しいトミカが登場してくるのかファン
はしっかりワクワクしながら待っているのです。

 トミカ博大阪の人気が如何に凄いかを物語るのが、このミニイベントの
景品がやはり品薄になってくるんでしょうね、一気に変化したりするよう
です。当然ですがその変化はトミカファンが予想出来るはずもなく。
 欲しかった景品トミカが入手できない場合が往々にして発生するのです。

 名古屋トミカ博では、もう商品が完全に底を付いた状況の物もあり、組
み立て工場の一台が参加賞にまっわされることが屡。

 ミニイベントモデル入手したい場合は、東京までに何とか入手しないと
完全収集は難しいのではないかと思われます。

 コレクターさんは毎年大変な苦労をしながら、自分の欲求を満足させて
いるのでした。
 お金出しても欲しいトミカが入手できない。トミカ収集は大変なのです。

「寮さん」貴重な1台ありがとうございました!!まだまだ楽しませていた
だきます!!

大阪の風2

昨日のトミカ、しっかり嵌りましたね!!ああいうトミカを出してたら
お客さんたまらないですね。
 自分のように、会場に行くとすべて買ってしまう者は何も考えなくてす
むのですが、買うトミカの数が限られる方。(このパターンが圧倒的だと
思うのですが)これは大変ですね!!迷うこと間違いなしですね。

 強烈です!!今年の大阪は爆発的な感じですね。素晴らしいです。

 「寮さん」も流石なんです。ここは落ち度なく、しっかり抑えてくれま
した。このトミカも話題になっておりましたね、あっという間に販売ブー
スから姿を消していったとの事です。元々ベースになった車両が販売され
たときにも、速攻で店頭から姿を消していった車両です。それをトミカ博
の特別仕様にして販売したわけです。人気が出るの判る気がしますね。

 そしてホンダの車両というのはC国で結構圧倒的な人気を誇っているの
です。元々は販売されていた車両も限られ、当時はアコードだったと思う
のですが、C国のアコードは名前はアコードだったんですが、中身はインス
パイアに近く、どちらかというと高級バージョンの車両をアコードと呼ん
で販売されていたようです。

 独自開発部分も多く、C国ホンダ独特のテイストも多く含まれるという
当時のC国お金持ちの間で結構話題を呼んだ超人気車種だったんです。
 そんな流もあるんでしょうね。今の金余り的な雰囲気のC国で、その流
れそのまま生きているようです。今もホンダ車両の人気は圧倒的のようで
す。

 トミカも全く何の問題もなくホンダ車両は売れていくようです。今回の
人気、日本人の間で話題を呼ぶのはよく判るのですが、やはり売り切れま
でいく大きな理由の一つ、(いや大半の理由か!!)はC国の強烈な買占め
だったことは多くのトミカファンの方が知っている事実でしょう。
 兎に角カッコイイです。本日の一台こんな車両になります。 

76-6 ホンダ シビックTYPE R
2016.07~
トミカイベントモデル★★No.01
ホンダ シビックTYPE R
2017.05
2017051001.jpg
2017051002.jpg
(トミカ 4375)
 
 赤で来ましたか!!こりゃカッコイイ。人気でるの判りますね。自分の
ようにホンダ好きが言ってても実感がないと思います。
 しかしこの車両なんですが、基本的に日本で作られた物ではありません
の。そ、外国車なんです。ホンダという名前は付いているのですが、シビ
ックのこの戦闘的なマシンTYPE Rはもともとユニオンジャックが伝統的に
ついているという、しっかり外国車なんです。

 もともと見た目も日本でシビックを生産販売していた時期の物とは別の
物を販売していました。
 実に先進的な、素晴らしいマシンをリリースして来たのです。

 今回ベースになってるマシンも日本国内では限定発売された特別なマシ
ンです。最近は自分の周囲でも結構見かけるようになったんですが、抽選
で運よく入手された方がいるようです。
 WTCCで車両を走らせるために製作販売されたマシンのようなものです。

 元々生まれた時点で特別な一台だったんですね。

 今回発売されたモデルですが、美しい赤いボディーにシルバーの特徴の
あるストライプが入ります。
 そこにブラックでトミカイベントモデルの文字が入ります。結構シック
に纏まってういます。

 もう一つの特徴は、ホイールのメタリックな赤ですね。実際に車両の特
徴もホイールの赤が特徴ですから。見事に再現されてる感じがします。
 うん良い出来でした。

 「寮さん」この一台も素敵でしたね!!本当にありがとうございました。
今回の目玉とも言うべき2台!!本当にありがとうございました。
 いや~楽しい時間過ごしております。本当にありがとうございます。

 まだまだ明日も続いていきます!!

大阪の風1

もうそんな時期なんですね。大阪ではトミカ博の2017年度シリーズが始
まりました。また今年も話題のトミカが一杯登場していますね!!

 毎年この時期自分は大阪の風を、「寮さん」から分けていただいており
ます。ありがたいですね!!本当にありがたいです。

 またね~「寮さん」しっかりじぶんんが何欲しそうなのか、ご存知で!
今回も色々ピックアップして送ってくれました。
 今回のトミカ博大阪で新たに登場するイベントモデルを見たとき、何に
一番目が言ったかというと、実は本日紹介するモデルなんです。

 以前にもトラックに乗った仕様が登場していたのですが、自分は古いト
ミカ基本的に救済トミカで収集していましたので、ボディーは入手できる
のですが、上に乗ってた友達達は、皆さん逃走後だったんです!(笑)

 うむ~、何年ぶりかの登場ですね!!前回は2001年1月に廃盤になって
おりますので、実に16年ぶりの復活と言う事になりますね。

 と言っても、レギュラーで登場したわけではないので、こういった特別
なイベントでもない限り入手困難!!これは貴重な一台ですね!!
 さすが「寮さん」心得てますね!!ここ最高の一台です!!やるな~。

 また新型の車両の上に載せたってのも、お洒落ですよね!!頭数も増え
てる!!う~~楽しい。滅茶苦茶嬉しくなっちゃう一台です。
 本日の大阪の風初日なんですが、こんな特別な一台紹介させて頂きます。

57-6 スズキ キャリイ 移動販売車
2014.11~
トミカイベントモデル★★No.04
スズキ キャリイ ぶた運搬トラック
2017.05
2017050901.jpg
2017050902.jpg
2017050903.jpg
(トミカ 4374)
 
 新型イベントモデルです!!いいですね!!星が一つ増えました。今年
も本来なら12月に我が家にやってくるはずでしたが、こんなに早く実物見
る事が出来るなんて!!あ~~幸せです。

 もう今年度の新型イベントモデルの詳細が出たあたりから、この車両が
気になっていました。トミカののっけ物、なかなか我が家縁がなかった物
で、今回は必ず買うぞ~って意気込んでおりました。
 当然12月にも購入しますが、こんな早い時期に!!幸せ一杯!!

 豚さん、増えましたね!!なんと今回の車両には4匹乗ってます。いや~
豪華ですこと!!トミカ最近はしっかり考えられた車両リリースしてきま
すね。素晴らしい!!

 先代の家畜運搬車もキャリーでした。しっかりその辺りは引き継がれて
いるんですね!ここがトミカの面白いところなんですよね。新たな車両で
懐かしいものを再現してくれる。最高な一台だと思います。

 いつか牛さんも復活させてくれたら嬉しいな!!

 「寮さん」今回もありがとうございました。しっかり大阪の風楽しませ
て頂きます!!さ、明日は何が登場するやら!!いや~楽しいです。
 明日に続いていきます。

 本日自分が家で使っているノートパソコンのキーボードが一斉に使えな
くなりました。養さんが持っていたタワー型のキーボード使って何とか更
新できています。ありがたいことです。
 winの突然壊れって本当に怖いですね!!昨晩まで全然普通に使えていた
のに。くわばらくわばら。いい事と悪いことが一緒にやってきてしまいま
した。実に不思議な雰囲気です。

 さ、明日に続いていきます。

紹介し忘れさん。

こんだけトミカが発売されてて、2月が何もないとは思っていなかったん
ですが、こんな目立つ子紹介し忘れておりました。
 こうして、手持ちのトミカが少しづつ減ってくると、おや?っていうト
ミカが必ず登場してくるんですね。

 最近はそれ程順番に拘っていませんので、紹介出来たらいいかなって感
じです。
 
 しかし今回は、季節物バリバリですから、なんだか申し訳ない様な気も
します。
 でもちゃんと紹介してあげないと。しっかり気がついてよかったです。

 最近よく思うのですが、多くの種類のトミカが非常に密集して発売され
る最近のトミカの販売方法。
 自分の考えが古いのかもしれないですが、ディズニートミカは準レギュ
ラーという位置づけでした。
 しかし最近は大量の種類発売によってこの準レギュラーの影が薄くなっ
てしまった気がします。めっちゃいいトミカだと思うんだが。ちょっと残
念かな。

 本日のトミカですがこんな一台の紹介になります。

ディズニーモータース
ドリームスターII
ミニーマウス
特別仕様車
ホワイトデーエディション
2017.02
2017050801.jpg
2017050802.jpg
(トミカ 4373) 

 わ~い。こんな時期にホワイトデーだぜ!!(笑)やはり発売台数が多
いんだね!!もうコレクターさんどんどん混乱してる気がします。
 特にディズニーモータースにかんして、みんな混乱してる気がします。
色々な所で発売され、挙句、セブンイレブンなどでもオリジナルが発売さ
れていたりしますからね。

 これも店長にお願いしただけで、引き取ってない子が一杯。(笑)
また店長が暇になったら捜索していただこう。

 さて、本日の車両のベースになってるドリームスターIIなんですが、こ
のクラシックカーな感じがなんともいい感じ。
 自分この車両好きです。

 しかし、ホワイトデーにこのエンジ色は何か意味があるんだろうか?
そこに気づかないのは自分だけなんだろうか?単にミニーちゃんのスカー
トイメージしただけなんだろうか?なかなか作者の意図を汲み取るのは、
難しいものです。

 こうしてみると、トミカの幅広さが実感できますね。実車からアニメ車
両、そして想像の車両。幅広い。面白いですね。飽きさせない腕持ってま
すね!!(笑)
 久しぶりのディズニートミカ紹介でした。

 また当たらしい週が始まりましたね!!今回は皆さん長期休暇の後、結
構厳しいですよね!!次の休みに向けて頑張って行きましょうね!!では
またあすです。

今までずっと参加してたんだが…。

今年は色々あり過ぎました。長い年月です。こんな事がある年もあるで
しょう。しかし2017年なかなか波乱に満ちています。(笑)あくまで我が
家的に、この時期いろいろ重なったというだけなんだけどね。

 単純に言えば、3月一杯で養さんが転勤になったりしました。長い間勤め
た職場でしたので、なかなか我が家的には強烈だったんですけどね。

 と言う事で3月は養さんのご苦労さん会を開催しました。それ以外にも
色々な理由があったのですが、とりあえず関西に行くことになりました。
 その関西行きの日が、なんと「店長のひとりごと」の大切な周年の行事
に参加する事が出来なくなってしまいました。

 しかし、速いものだなと思います!店長のお店今年で9年になります。
考え方が少しおかしいですが、1周年記念からトミカなんと9台目になりま
す。9台はそのまま9年を表しているんですね。そりゃ歳を重ねてるわけで
す。

 毎年3月はこのトミカを紹介していかないといけないです。
 店長のお店の周年は自分が多くのミニカー好きの方と知り合う切っ掛け
を作ってくれた大切なお店ですからね!
 そんなわけで今年もこのトミカを紹介していきます。

60-6 フォード マスタングGT V8
2014.07~2017.03
店長のひとりごと
The 9th Anniversary Limited Model 2017
2017.03
2017050701.jpg
2017050702.jpg
(トミカ 4372) 

 今年はマスタングですね。多分製作側はしっかり考えてこの車両にした
んでしょうね。
 この仕様になって沢山の店長のお店の関係者の方に配布され、しっかり
仕事をしたあと、この車両同じ3月にトミカのレギュラーから消えた行きま
した。
 アメ車は、人気という面から考えると、非常にマニアックな側面をもち
好きな方は大好きなんですが、あまりにもその格差が大きい車両なんじゃ
ないか、そんな気がしています。
 やはり、限られたファン層に支えられる車両は、一巡すると売り上げに
若干かげりが見えてきます。
 このトミカの登場が2014年ですから、3年!トミカとしてはそろそろ交
代の時期ではあります。

 と言う事で、つい先日紹介した、いすゞ エルフ車両運搬車にバトンタッ
チしました。

 基本的にはこれから先勢いよく、バリエーションが登場することもない
と思います。ま、なんか突然登場するのがトミカなんで、またそのときを
期待して待ちましょう!!

 しかし毎回「店長」はマニアックな車両を選択してきますね!!今回の
車両もしっり楽しませて頂きました。
 遅れました!!9周年おめでとうございました!!これからも頑張って
しっかり稼いでくださいね!!

なんだか飛び飛びになってますが。

仕方ないですね!!今回は入手した時点で、ヌケヌケでしたので、いま
少しづつ買い集めてる感じです。なかなか少しだけ以前のトミカ収集を思
い出す感じで、のんびり楽しんでいる感じです。

 もう発売されてから2ヶ月ほど経過しているわけですが、そうなると最近
のトミカの発売の多さが改めて判るんですよ。
 多分ですが、発売の多さは、再販しないに繋がっていると思うんです。
と言う事はです、売れてしまったら、その後追加で作られる事がないわけ
ですから、人気のあるものは、あっという間に姿を消していくんです。

 多分多くの方が足を運ぶことの出来る販売店では、あっという間に姿を
消すことになるんです。皆さんが足を運ぶ場所、イコール行きやすい場所
と言う事になります。買いやすい場所は、あっという間になくなっていく
と言う事になります。

 本日のトミカのように、いわゆる実車を使った人気車両は、ビックリす
るほど速く姿を消していきます。今苦労して購入してます。本日のトミカ
なんて、なんと購入先が中部国際空港だったりします。(笑)どこで買っ
てるの?って感じなんですけどね。何となくここならありそうかな?って
おもったら、やっぱりありました。残念ながらAEONさんとか、しっかり売
り切れとなっておりました。

 ま、これも場所なんだろうなって思うんですけどね。あるところにはき
っと一杯残ってる気もします。

 本日なんですがこんな一台紹介いたします。

ドリームトミカ
SP頭文字D FD3S RX-7
2017.03~
2017050601.jpg
2017050602.jpg
(トミカ 4371) 

 ね~、この黄色いFD何台目でしょうね?トミカのモデルとしてもやはり
注目度が高いような気がします。
 売れるモデル。なんでしょうね。

 でも今回思ったんですが、店頭に並んでいると、これが今回探していた
モデルなのか、以前に発売されたもいのなのか、全く判りません。発売を
沢山見てきたから、余計なんだと思うのですが、もう何がなんだかって感
じになってしまっています。(笑)

 しかし何でまたドリームトミカにこのシリーズ入れたんでしょうね!
別でもいいような気がするんですが。

 兎に角無事に入手できてよかったです。相変わらず一杯発売されるトミ
カです。なかなか追いかけるのも大変です。

 皆さんGWも終盤ですが、しっかり楽しめましたか?しっかり休むのも休
みですし、しっかり遊び倒すのもお休みです。皆さんなりにきっと楽しま
れた事と思います。また頑張って仕事すると、しっかりお休みがやってき
てくれますからね!!また頑張って仕事する。これですね!!

 さ、皆さん忘れているかもしれませんが、明日は日曜日です。のんびり
させて頂きます。
 ではまた明日よろしくお願い致します。

ちょっと報告。

昨日なんですが、店長のお店でちょっとした取材がありました。
果たして自分がその中で紹介されるのか判りませんが、少し懐かしいそし
て自分の中のカスタムの始まりの車両を持ち込みました。

 このブログ以前から見ていただいてる方には非常に懐かしく、そして多
分、物凄く印象に残る車両です。
 当然なんですが過去にも紹介させていただいておりますので、トミカの
紹介番号はありません。

 さて、どんなことがあったかというと、東海ローカルでは有名な方なん
ですが、「きくち教児さん」の番組の取材がありました。

 その番組内での自分の紹介枠が少しでもあるのかどうかわかりませんが
、何を紹介するべきか。物凄く考えました。
 自分はそんな特別なコレクターではないので。自分が紹介するべきは、
やはりここだろうとそんな結論でこのとみかを紹介することにしました。

 この絵覚えてますか?もう10年も前の話ですかね!
2017050501.jpg

 自分がどうしても欲しかった車両の絵をこのブログに掲載しました。
それを見た、カスタマーさんが作ってくれたトミカ。これが自分がカスタ
ムの世界に触れた第一歩だと思います。
2017050502.jpg

 なので、自分はこのカスタマーさんたちの存在を世に知らしめるのが仕
事だと思ってます。
 少しだけでも自分の持っていった車両達が紹介されるといいのですが。
 また放送がされたら、その時は記事にさせて頂きます。
 ということで、本日はこんな感じで。

 文は短いですが、なかなかインパクトのある車両です。いつみてもワク
ワク出来る車両です。

色々な意味で興味のある1台

本日の車両なんですが、独特の車両形態と圧倒的な性能で、結構前から
知っていました。どこで知ったかというと、実は航空自衛隊なんです。
 この車両が航空自衛隊の所属というわけではないのです。
 全国にたった1台という全地形対応の消防車両が、2013年3月より愛知県
の岡崎市消防本部に配備されました。 

 航空自衛隊の小牧基地航空祭は各地の航空祭と少し違い愛知県の多くの
市町村の代表的な食品販売があったり、特徴のある物産などが紹介される
場所でもあります。
 意外と知られていないのですが、物凄く地域感が前面に出ている航空祭
でもあるのです。

 最近はブルーインパルスの演技が開催されるようになりました。それも
シーズンの最終が小牧基地になっているので、多くのブルーインパルスフ
ァンが日本全国から訪れるようになりました。
 実にのんびりとした航空祭だったのですが、最近では大量の人が訪れる
有名な航空祭に進歩いたしました。

 相変わらず春日井市上空だけは使えませんので、春日井市上空を除いた
空域を使った演技になります。
 
 年々考えられた演技になり、今年も非常に美しい演目を見させて頂きま
した。

 全国から人が集まり、愛知県の市町村が多くいの方に知っていただける
いいチャンスでもあります!!いろんな意味で春日井市も全国に知られる
事になってますが。(笑)今回は春日井の話ではありません。岡崎市の話
になります。

 このトミカのボディーにも書いてあるのですが、岡崎市消防本部の一台
の紹介になります。こんな一台です。

121-2 全地形対応車レッドサラマンダー/エクストリームV
2017.03~
2017050401.jpg
2017050402.jpg
(トミカ 4370) 

 この車両なんですが、航空自衛隊のC130輸送機に搬入でき、全国の被災
地に即時に急行できるそんな車両なんです。
 今年開催された、小牧基地航空祭でデモ走行が行われておりました。凄
く独特の動きが特徴的でした。
 キャタピラという駆動方向があの独特の動きを生んでいるんでしょうね。
名前どおりまるで蛇のような動きを見せておりました、悪路では絶対的な
優位を発揮することは間違いなさそうですね。

 愛知県の岡崎市の消防本部に配属されたこともあり、航空自衛隊のイベ
ントでもいち早く紹介されることになっていました。一昨年も会場に配置
され、大変な人気を博しておりました。

 いち早くトミカ化されたのは嬉しいですね!!来年の小牧の航空祭にも
きっと配備される車両でしょうが、きっとトミカも販売されるんだろうな
そんな気がしております。
 消防隊の方にサインでも頂いてこようかね!来年は。(笑)

 今年はいろいろあって撮影が出来ませんでしたが、来年この車両が登場
したら一杯写真とってきますからね!!

 さ、本日はこんな感じで。本日も色々あって、あっという間に時間が過
ぎて行きました。忙しいのはいいことだと思います。
 ではまた明日です。明日は、家以外の場所からアップになります。頑張
りますのでよろしくです!!

何で今?

ゴメンネ!むっちゃくちゃ飛んでしまうんですが、たまたま訪れたトイ
ザらスで思わぬものを見かけてしまったもので、ちょっとビックリしたの
で、いきなり飛んでしまうんですが現在のトミカのお話をちょっと。

 といいつつもう先月の話になるんですね。いかん!!月日の経過するの
が早すぎで、何がなにやら。(笑)

 本題に。最近は自分仕事が忙しすぎて、トミカのSNSをのぞきに行く時間
が全く取れないでいます。と言う事は、トミカに対する情報が全く0に近い
という状況になるんです。
 SNSがのぞきに行けないくらいですので、他のトミカ系のHPも殆ど見る事
が出来ないでいます。情報0状態は数珠繋ぎになっていくんです。

 こうしてトミカに対する魅力ってのが薄れていってしまうのかな?そん
なことをうっすら感じながら、日々仕事を続けていっています。

 しかし驚くのは本日紹介していこうと思っている「トイザらス」さんの
オリジナルトミカの発売なんです。SNS覗きにいけないくらいですので、全
く個々の販売情報など入手できるはずも無く、たまたま、本当に何も知ら
ずいつも行くお店を訪れたら、何か凄く懐かしいトミカが並んでいるじゃ
ないですか。それも当時入手が叶わず、「たにさん」にお譲りしていただ
き、やっと我が家にやってきたトミカだったんです。

 そのトミカなんですが発売されたのが2015年の3月。
 お店に行ったら、チラシにも掲載いたしましたが、本日改めて再販させ
て頂きます。というちいさなワゴンが入り口においてあり、個数限定で販
売されておりました。

 2年以上経過しての再販!!うむ~なんとも驚きですね。当然ですが、
また購入させて頂きました。(笑)
 トミカファンの皆さんには当たり前に情報として流れていたんだろうな
と思っております。
 突然ですいません本日はこんなトミカ紹介になります。

131-1 三菱ふそうスーパーグレート キャリアカー
2009.05~
Hondaレーシングトランスポーター
トイザらスオリジナル
2015.03
2017050301.jpg
2017050302.jpg

 相当当時は人気があったこのトミカ。まさかまさかの2017年4月の再販。
2年経過しての販売。何があったんでしょうね?再販するほど人気が高かっ
たと言う事でしょうね。

 今思い出しても、当時このトミカは全く入手不可能でした。時分のよう
なホンダ好きの人間が、全く入手できないでいたのです。驚きのトミカだ
ったのは事実ですね。

 今回はまた別の意味で驚かせていただきました。(笑)まさかこの懐か
しい車両が目の前に現れてくれるとは。
 自分が行ったときには、もう数台しかなかったのですが、今回は結構な
台数を発売したんでしょうか?ラッキーだったですね。

 大好きなホンダに関するトミカ入手。非常に嬉しかったです。
 そんなトミカを紹介する理由の一つ。

 本日20年近く前の仲間に再会しました。それもひょんなことで、養さん
の仕事仲間のかたから何故かつながり、18年ぶりくらいの再会になりまし
た。
 その再開した仲間は、現在自動車メーカーのテストドライバーをしてお
りました。ひさしぶりに色々な話をして楽しんでまいりました。まさかメ
ーカーのテストドライバーとは、驚きました。皆結局好きな道にすすんで
いるんですね。外観は流石に18年という月日は、大きく見た目を変えてい
ましたが、それでも当時と同じように、色々話をさせて頂きました。

 ミニカーも実際の仲間との付き合いも、あっという間に月日が経過し。
しかし改めて見直すと、どちらもそれは非常に面白く。本日は印象的な一
日でしたので、トミカも印象的な一台を選んでみました。

 皆さんのんびりしていますか?GW各地大変な渋滞になっていたようです
ね、まさか巻き込まれてないですよね?大丈夫でしたか?まだこれからが
本番かも知れません。くれぐれも事故には気をつけてくださいね!!
 ではまた明日頑張っていきます!!

さて最終日です。

面白かったですねこのセット!どうなんだろう?このセットの売り上げ
って実際のところ。やっぱり売れてるのかな?
 自分達のようなマニアの感覚と世間一般の評価って全然違いますからね。
こればかりは、実際の販売店とかに知り合いがいないと判らないですね。

 しかし自分の周囲では概ね人気高いです。普段あまりギフトセット購入
しない友人も今回のセットは購入しているようです。
 トミカバスの人気恐るべしですよね!!

 自分もそうなんですが、なぜかワクワクしてしまいます。バスの魅力っ
て不思議です。決して自分がバスを中心にコレクションしてるわけじゃな
いんですよ。でも魅力があるのは事実ですけどね。

 さて楽しかったセットに戻りましょうね!!最終日。もうこのセットの
メインなんじゃないんだろうか。と勝手に自分の中では思っていました。
 しかし自分のトミカの紹介の仕方は、自分の好きな車両を最後に持って
くるわけにも行かない。
 ベースになるレギュラー番号の若い順に紹介してますから。今回のよう
うに一番好きな車両を最後に持っていくわけには行かないんです。
 いや~今回はラッキーだった出すね。

 この車両は自分も言うまでもなく、トミカの中の一番の古株。圧倒的に
支持率の高い車両ですから。今回のセットでもタカラトミーさんはこれは
入れないと!って思ったのは間違いない。
 本日の最終日の車両こんな一台になります。

95-3 ロンドンバス
(F15-1)→1988.07~
森永ラッピングバスセット
ハイチュウ
2017.03
2017050201.jpg
2017050202.jpg
(トミカ 4369)
 
 出ました!!ロンドンバス。この車両我が家に一体何台いるんだろう?
今はどうなのかわかりませんが、販売年数の長さがそうさせるのだとおも
うのですが、リサイクルショップに行けば必ず一台は見かける車両ですよ
ね!
 あまりにも多くのバリエーションがあり、リサイクルショップでもよく
判らず、結構価値のある車両が安く並べられていたりして。自分がリサイ
クルショップに行くといつも必ず見ていた車両でした。

 実際にこの車両が今走っているかというと、多分もう存在しないのでは
ないかと思います。でもこの塗装なんかを見ると、今このカラーリングで
走っていても不思議じゃない感じもしますね。

 昨日のバスじゃないんですが、この二階建てのロンドンバス、シンガポ
ール家、香港で見かけると、見事なまでのラッピング仕様なんですよね!
自分が海外にいってた時期の話ですので、間違いなくラッピングなんてな
い時代ですから。全面塗装だったんだろうなと思います。絶対的に今より
手間が掛かっていたんですよね。でも印象的だったな!!

 さて、最終日ですので外箱を。こんな感じでした。
2017050203.jpg
 残念です!やっぱり、PPがないのはトミカ好きにおは残念でなりません。
あったらそのまま飾って置けるのにね!!うむ~そろそろギフトセットも
復活させませんか?一度この形にしてしまったら戻らないのかな。残念!

 この外箱なんですが、よく見ると、全体の写真はロンドンバスの写真な
んですよね。これを見てもやはり、タカラトミーさんのメインはロンドン
バスだったんだなと判ります!!
 
 コメントでプラムさんもおっしゃっておられたんですが、またこういっ
たバスセット出してくれると嬉しいですね。楽しみに待っていようと思い
ます。

 さてGW後半戦ですね。皆さんしっかりお休みかと思います。ゆっくり休
んでくださいね!!自分はスケジュール一杯一杯です。目が回る!!
 ではまた明日よろしくお願い致します。

ラッピングが最も似合うのかな?

色々な意味で地味だといわれている名古屋です。どの地域も同じだと思
うのですが、少し大きめの都市は戦前から一気に発達した物があったんで
す。実はその乗り物が、街の形態を大きく変えてしまったといっても過言
ではないと思うのです。

 名古屋も例外なくそうだったんです。それは何かというと、市電。路面
電車って奴ですね。名古屋だけでなくどこの都市もそうだと思うのですが
道路の形状がいまだに当時の市電が走っていた起動が生かされている場所
が多いのです。

 名古屋知らない方も絶対判るのが、名古屋駅ですよね。ここも昔はメイ
ンが市電でしたからね。

 そしてこれもどこでも同じ流になっているのが、市電の車庫だった場所
が、現在は市バスの車庫になっている可能性が非常に高いのです。市電が
留め置ける十分な敷地の広さ、主要な場初に近いなど、考えたらバスの営
業所にするのにもってこいですよね!!

 名古屋は4月の1日から名古屋駅は新しいバスターミナルが出来ました。
そこからすぐのところに、凄く変形な多交差点があるんです。そこの地名
が那古野町って言うんですが、もう、もろ電車の軌道だったってわかる交
差点なんです。その交差点の横には中規模な高層ビルがあり、そのビルの
一階はバスの市バスの車庫営業所になっているようです。
 以前はここが市電の那古野車庫だったんです。

 自分の中でラッピングというと、市電が思い浮かぶのです。今のように
ラッピング技術がしっかりしていなかったわけですが、それでも塗装や看
板で企業カラーの物などがあったりしました。

 バスの全面ラッピングは走る広告塔としての当時の流れを受け継ぐもの
なんじゃないのか、そんな風に感じています。
 最近は実に派手になり、カラフルな車両が走っています。まちが明るく
なりますね!!
 本日紹介する車両形態が一番見かけるような気がします。

 本日はこんな一台の紹介になります。

93-5 三菱ふそう エアロスター
2002.10~2009.12
森永ラッピングバスセット
ミルクキャラメル
2017.03
2017050101.jpg
2017050102.jpg
(トミカ 4368)
 
 ね!こんな車両街の中一杯走ってますよね!!今回紹介してるような、
大きなメーカーの商品をラッピングしてるものもあります。
 もっと地元にも密着した広告をラッピングした車両なんかも見かけます
ね!街の中を縦横無尽に走るバス。市電の路線をそのまま引き継ぎ、市電
では走れなかった細かな路線も増えてるわけです。

 そこで、活躍するのがこういった路線バスのラッピングですよね。今で
も全面ラッピングとか凄いのに、まだまだ自分達部外者では想像もつかな
い方法が、バスなんかにも付けられるようになるのかも知れないですね!

 今の時代何があってもおかしくないですもんね!そのうちのバスの側面
がモニターになっちゃうかもしれないですよ!!

 自分が生きてる間に、バスの変化どんな風になるか見てみたいものです。

 
 さて、自分は本日より平常勤務になりましたが、皆さんGW楽しんでいま
すか?しっかり事故なんかに気をつけて楽しんでくださいね!!
 次の仕事の活力になりますので!!お休みは有意義に使って、そして身
体も休めてくださいね。
 さ、速いもので明日は最終日です。頑張って紹介していきます。
 また明日です!!

FC2Ad