養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

ラッピングが最も似合うのかな?

色々な意味で地味だといわれている名古屋です。どの地域も同じだと思
うのですが、少し大きめの都市は戦前から一気に発達した物があったんで
す。実はその乗り物が、街の形態を大きく変えてしまったといっても過言
ではないと思うのです。

 名古屋も例外なくそうだったんです。それは何かというと、市電。路面
電車って奴ですね。名古屋だけでなくどこの都市もそうだと思うのですが
道路の形状がいまだに当時の市電が走っていた起動が生かされている場所
が多いのです。

 名古屋知らない方も絶対判るのが、名古屋駅ですよね。ここも昔はメイ
ンが市電でしたからね。

 そしてこれもどこでも同じ流になっているのが、市電の車庫だった場所
が、現在は市バスの車庫になっている可能性が非常に高いのです。市電が
留め置ける十分な敷地の広さ、主要な場初に近いなど、考えたらバスの営
業所にするのにもってこいですよね!!

 名古屋は4月の1日から名古屋駅は新しいバスターミナルが出来ました。
そこからすぐのところに、凄く変形な多交差点があるんです。そこの地名
が那古野町って言うんですが、もう、もろ電車の軌道だったってわかる交
差点なんです。その交差点の横には中規模な高層ビルがあり、そのビルの
一階はバスの市バスの車庫営業所になっているようです。
 以前はここが市電の那古野車庫だったんです。

 自分の中でラッピングというと、市電が思い浮かぶのです。今のように
ラッピング技術がしっかりしていなかったわけですが、それでも塗装や看
板で企業カラーの物などがあったりしました。

 バスの全面ラッピングは走る広告塔としての当時の流れを受け継ぐもの
なんじゃないのか、そんな風に感じています。
 最近は実に派手になり、カラフルな車両が走っています。まちが明るく
なりますね!!
 本日紹介する車両形態が一番見かけるような気がします。

 本日はこんな一台の紹介になります。

93-5 三菱ふそう エアロスター
2002.10~2009.12
森永ラッピングバスセット
ミルクキャラメル
2017.03
2017050101.jpg
2017050102.jpg
(トミカ 4368)
 
 ね!こんな車両街の中一杯走ってますよね!!今回紹介してるような、
大きなメーカーの商品をラッピングしてるものもあります。
 もっと地元にも密着した広告をラッピングした車両なんかも見かけます
ね!街の中を縦横無尽に走るバス。市電の路線をそのまま引き継ぎ、市電
では走れなかった細かな路線も増えてるわけです。

 そこで、活躍するのがこういった路線バスのラッピングですよね。今で
も全面ラッピングとか凄いのに、まだまだ自分達部外者では想像もつかな
い方法が、バスなんかにも付けられるようになるのかも知れないですね!

 今の時代何があってもおかしくないですもんね!そのうちのバスの側面
がモニターになっちゃうかもしれないですよ!!

 自分が生きてる間に、バスの変化どんな風になるか見てみたいものです。

 
 さて、自分は本日より平常勤務になりましたが、皆さんGW楽しんでいま
すか?しっかり事故なんかに気をつけて楽しんでくださいね!!
 次の仕事の活力になりますので!!お休みは有意義に使って、そして身
体も休めてくださいね。
 さ、速いもので明日は最終日です。頑張って紹介していきます。
 また明日です!!
スポンサーサイト

FC2Ad