FC2ブログ

養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

最後はここです。

いつもここにトミカを買いに行くといつもは、楽しいお友達が待ってて
くれます。(笑)
 そ、楽しみを前面に持ってきた大人たちが、朝早い時間から待っていま
す。個人的には正しい大人たちです。

 しかしお正月の発売は、こうした正しい大人たちがいません。基本的に
目指すものがちょっと違うんです。この方たちの目指す物はホットウィー
ル等、アメリカンなミニカーたちなんです。

 それを買い求める方たちの中にお友達もいます。でもその方現在単身赴
任で名古屋にお見えになってるので、お正月はいないんだ。ちょっと寂し
い。

 お正月のこのお店の行列は少しだけ寂しい感じです。

 でも行列はいつもより長くなるのです。この日は子供さんがいっぱい、
お金持ちになる日です。このお店にもガッツリ並ぶことになります。ま、
目的はミニカーじゃないですけどね。たぶんゲームです。

 少し違う目的の小さなお友達たちと一緒に大行列を作ります。そして、
おぢさんが購入したのはこんな一台です。

129-1 レーシングトランスポーター
2008.12~
トヨタ86レーシングシリーズトランスポーター
トイザらスオリジナル
2018.01
2018033101.jpg

2018033102.jpg

(トミカ 4601)

 なかなかカッコいいと思う。いつもロングトミカを見るたび思うのです
が、このトミカってトイザらスさんのために登場したような車両だと思う。

 多分ですがロングトミカの発売のきっかけを作ったのはトイザらスさん
のような気がします。

 このロングトミカより少し短いオリジナルトレーラーをシリーズ化して
発売していた。それをちょうどトミカの倍の長さにしたのが、このシリー
ズだと思います。

 色々題材はあるものなんですね。毎度発売されるたび魅了されます。

 さ、これでお正月トミカ終了です。自分のお正月トミカはこの3台で終了
です。

2018年もこうして始まっていきました。ではまた明日です。
スポンサーサイト



よし次はアピタだ!!

昨日の報告では、お正月の行事。最初の一件目報告でした。AEONさんの巻
でした。
 さて、ここから早速アピタさんに向かうことになります。自分の住んで
いる地域の地理関係ですが、AEONさんと、APITAさん それとトイザらスさ
んが、ほぼ一地域にまとまって林立しています。
 トミカ好きにはありがたい地域ではあります。

 移動時間としては、自動車で10分かからないところにアピタさんがあり
ます。本来時間的には余裕なんですが、今回は年末の仕事の忙しさに紛れ
予約することが出来ませんでした。
 という事で、並ぶしかないという事になりました。

 APITAさんのシリーズは、養三が結構拘りをもって集めておりますので
欠かすわけにはいかないのです。入り口が色々あるのですが、一般の買い
物の方の入り口は一か所。それほどたくさんの人が並んでるわけではない
のですが、いますね!!その仲間に入ります。

 別の入り口には、建物を一周するくらいの人が並んでいます。こちらは
千本引きと言って、換金率の高いクジ引きが行われます。ものすごくたく
さんの方が、並んでおられます。
 この地域の方のお正月の楽しみになってるようです。

 さ、今回のトミカを購入に行きましょう!!こんなトミカでした。

TL0021 トヨタ2000GT
2002.09
アピタピアゴオリジナル
世界の国旗シリーズ第29弾
トヨタ2000GT 日本国旗タイプV 桜
2018.01
2018033001.jpg

2018033002.jpg
(トミカ 4600)

 お正月ですね、日本人はデザインを見てお正月を感じることが出来ます。
不思議なことですね。これは日本人が備えた不思議な能力の一つでもあり
ます。蝉の声を聴いて、夏だな~と思う。鈴虫の声を聴いて秋だな~と
感じる。こんな感覚を持っているのって日本人独特のものなんですよね。

 あ!C国なんかもそうかもしれないですね。日本のそういった文化はどち
らかというと大陸から齎されたものが多い気がします。
 残念ながらその起源の国はその文化がどんどん廃れ、それを引き継いだ
国には脈々と息づき。不思議なものですね。

 そんな流れなんでしょうかね?色の組み合わせ、模様で季節を感じる事
が出来るようになっています。特殊能力ですかね(笑)

 今回の一台もお正月っぽいいい感じの一台でした。

 そしてこの長年購入し続けた店舗なんですが、なんと今回の購入が最後
になりました。
 アピタさん事態の経営状態あまりいい話聞きませんね、我が家が訪れる
店舗も残念ながら閉鎖の対象となったようです。

 その要因の一つが、アピタさんの道挟んで斜め前に、名古屋初上陸の店
舗ララポートさんがオープンすることになりました。
 それに伴い、この店舗は閉鎖という事になりました。ちょっと残念。
ちょうどそんなとき、ドン・キホーテさんとの経営統合の話が。

 現在はMEGAドンキになって営業再開しております。非常に活気のある店
舗に生まれ変わったようです。

 さてこれからアピタは?というと当地というところにPORT WALKという
店舗がありますのでそちらに行く事となりました。アピタの本拠地ですの
で店舗には困りません。ありがたいですね。

 さ、明日はお正月の締めです。頑張って紹介していきます。

お正月にしましょう

トミカのお正月は1月1日から始まります。しっかり始動しだします。
トミカも予約という方法が多用できるようになってきましたので、すべて
の店舗を駆け足で回ることはなくなってきました。
 
 お正月トミカを発売する店舗なんですが、自分が購入しに行ってる店舗
は上手く時間差が出来上がっておりました。

 元旦の朝一番でOPENするのがAEONです。購入する店舗は朝0800時に販売
開始されます。その一時間後がアピタピアゴ、そこからまた一時間後が、
トイザらスになります。上手く全部が回れるようになっているのです。

 今年はイトーヨーカドーとこちらは恒例となったのですが、トミカショ
ップも発売になったようです。この2店はどちらも名古屋市内にはありませ
ので最初から購入諦めです。

 という事で、2018年は3店舗のトミカから始まっていきました。

本日は店舗が一番最初にOPENしたAEONトミカの紹介になります。


 一時期はAEONさんまで2000GTで統一された時期がありましたが、やはり
それは売れるにしても、アピタさんの真似以外の何物でもなく、現在のよ
うな独自の人気を誇るようになった、AEONさんには真似っこは似合わない
です。オリジナル路線で、人気車種をリリースすり力が十分できましたの
で、しっかりその路線を追求した方がいいと思います。

 今年のお正月は、独自路線で。これまた人気のある車両をしっかりとチ
ョイスしてきました。こんなトミカでした。


98-9 ホンダ S660
2016.01~
AEONオリジナル
チューニングカーシリーズ 第36弾
(S660 β 特別仕様車 ♯コモレビ エディション)
第45回 東京モーターショー2017展示車両
2018.01
2018032902.jpg

2018032903.jpg

(トミカ 4599)

 白ではなく、いわゆるマルーンという仕様になります。クリーム色です
ね。これは自分の好きな色でもあります。残念ながらスポーツ車のイメー
ジは少し薄れてしまいますが。いいチョイスだと思います。

 ちょうどお正月明けの、ディラー初売りセールの際自分の車は点検時期
でした。という事でお正月休み明け早々のホンダディーラーに向かいまし
た。多分この日は車両販売というより、お正月の景品目当てのお客様で、
随分店舗も混み合っておりました。

 担当の営業さんも忙しそうにしておりましたので、カタログなぞ見なが
らのんびりしておりました。そこで見つけたのが、本日紹介したトミカの
実車限定車カタログでした。早速頂いてまいりました。
2018032901.jpg

 S660という独特のスポーツ車に対しいて落ち着いた車両設定。面白い組
み合わせだと思います。

 ましかし、現在のホンダさんのしっかり速さで攻めていけない弱気のよ
うな物も感じてしまいますね。徐々に昔のホンダさんに戻ってくれればい
いとは思ってますが、
 まだ少しだけ時間がかかりそうな気もしますね。

 個人的な好みや、スタイル的には好きなモデルです。果たして多くのホ
ンダスポーツファンに受け入れられるかは難しい所ですね。

 このトミカは果たして売れたのかな?ホンダ好きの方は一生懸命買いに
行かれたかもしれないですね。
 2018年こんなトミカから始まりました。

ご報告です

前々から、心配はしていたのですが、我が家がいつも購入させて頂いてい
る問屋さんが、閉店することとなりました。
 以前から記事にはしていたのですが、社長も高齢ですし、いつ終了して
もおかしくない状況でした。

 社長の身内の方に不幸があったので、今回の処置に至ったようです。
これに関して一顧客である自分が何か言う立場にもなく。10年以上のお付
き合いでしたので、半ば身内のような。残念な気持ちでいっぱいです。

 我が家が言えるのは、長い間お疲れ様でした。だけでした。仕方がない
ですね。

 我が家のトミカ通常品の購入はすべてこの問屋さんに任せておりました
ので、残念ながらそれが途絶えてしまうことになりました。

 自分もずっと購入続けてきたのですが、どこかでキリをつけないといけ
ないとは考えておりましたので、今回の問屋さんの閉店を機に、自分たち
で動ける範囲で、そして興味を持ったトミカだけの購入に変更していこう
と思っております。

 これもずっと問屋の社長と話していたのですが、社長が辞めるときは、
自分も引退かなって。何かきっかけがないと、長年続恒例化していた購入
を中止出来ないものです。今回はいい機会なのかもしれません。
引き際ですね。

 長年トミカを中心に続けてきたブログですが、トミカ中心のブログから
は徐々に変えていこうと思っています。
 まだ少しの間、社長から購入したトミカが残っておりますので、それを
紹介し終えたら、徐々に変化していくと思います。

 これからはのんびりと好きなトミカだけ購入していくつもりです。

 とりあえずどんな変化があるかわかりませんが、現時点での報告です。

 徐々に変化していく。世の常ですね。仕方のないことです
本日はご報告でした。

あすから、購入したトミカたちの紹介に戻っていきます。

早いものでこのイベントも2年目に。

先週の日曜日、中部国際空港セントレアでこんなイベントが開催されまし
た。

2018032505m.gif
 
「第2回 航空ファンミーティング in セントレア」
はやいな~もう一年経過してしまいました。

 昨年はセントレアの最も滑走路に近い所、突端に近い場所で開催された
んです。殆ど一般のお客さんには知られないようなひっそりとしたイベン
トだったんです。
 しかし航空会社は大挙して参加してくれました。

 今年は出世したんですよ!何と会場が、セントレア4階のメインステージ
になりました。

2018032504m.gif
 
 こちらのブースは、あくまでも航空会社さんメインのイベントとなりま
した。マニアの方だけでなく、一般の飛行機搭乗待ちのお客さんが、なん
となくイベント見られていました。

 そして、いつものようにマニアックな即売会。こちらも出世して、なん
と3階の特別室にて開催されることとなりました。
 今年も開催前から多くのマニアが並んで見えました。

 個人的に気になったのは、ポケモンジェットが解体され、窓の部分がカ
ットされ、販売されていました。魅力一杯ですよね。(マニアにだけです
けどね。笑)こちら少し値下げされて、250,000円ほどでした。
 ま、値下げされたとはいえ、なかなか購入できる値段ではないでしょう
が。

 この盛況さだと、きっと来年もきっと開催されることでしょう。また興
味が湧きましたら是非参加してみてください。

 本日はセントレアで行われたイベントの報告でした。

ブリスターの締めです

いい車両だと思います。80年代中盤に発売された車両です。ある意味こ
の時代だからこそ出来た車両なのかもしれないですね。
 この当時のホンダ車は走りが重視されていました。走る車両がホンダの
顔として売られていた時代です。

 自分の感覚としても、やはりホンダイコール走りにつながっておりまし
た。この車両もそうなんですが、レブカウンターの動きがまるでバイクの
ようだった。兎に角回るエンジン。

 素人でも踏めば走る。そんな車がホンダ車でした。でもね、だからホン
ダ車の事故が多かったかというと、そうでもなかったんです。それ程ホン
ダ車が事故を起こしたというニュースが流れた記憶がないんです。
 乗る側もそれなりに走りに対して覚えのある方が乗ってたものと思われ
ます。

 自分の記憶の中だけなんですが、それはそれは走りにくい車両が多かっ
たです。パワステのない車両もありましたしね。以前って走る車両にパワ
ステはないのが当たり前でしたからね。なかなか簡単に乗れるもんじゃな
かった。
 乗り心地や、操作性。色々なものを犠牲にしない限り乗れないのが当時
のホンダのスポーツ車両でした。兎に角乗りにくかったです。

 大きさも手ごろでしたね。いい車両が多かったです。
 本日はこんな車両です。
2018032601.jpg
HOT WHEELS
MODERN CLASSICS
'85 HONDA CR-X
 
 日本のライトウエイト。80年代を代表する日本のライトウエイトスポー
ツなんじゃないのかな、そんな風に感じています。

 自分良く言われることがあるんです。多分自分の車好きあまり知らない
方が多いのですが、自分が強烈にこの車両に憧れていると思われている方
がいるんです。(笑)
 
 ま、たしかに自分の車両CR-Zという名前です。そして間違いなくホンダ
さんもCR-Xを意識して設計してるとは思うんです。
 でもね、買ってる側はCR-X全く意識していません。自分の正確知ってれ
ばわかると思うのですが、もし本当にCR-Xに憧れていたら。速攻でCR-X購
入します。似た車両なんて購入しません。本物速攻で入手しちゃいます。
(笑)

 実際に横に並べると、大きさも全く違うし、大きく違う車両です。

ライトウエイト好きの自分としては、やはり別のカテゴリーの車両だと認
識しています。本日の車両は純粋なライトウエイトスポーツです。自分の
乗ってる車両は単純なハイブリットエコカーですから。比べちゃだめです
よ(笑)

 しかし今ではなかなか作れないかも知れないですね。いい時代だったと
思います。「ken-6さん」ありがとう!最終日はビシっと決まったライトウ
エイトで締めました。

本当に驚くほど売ってない。

いろんな方から頂くことが多いんです。名古屋に単身赴任とかに見えた
ミニチュアカーファンの方皆さん驚かれます。ここまで見かけないのも、
珍しいって。
 もうね、本当にないんですよ。驚くほどないんです。最近はドラッグス
トア―がいっぱいできてきてますよね。
 名古屋にも、もともと名古屋資本ではないドラッグストアーが進出して
来ています。またそこが結構安かったりするもので、よく出かけることに
なりました。
 そこ極稀になんですが、置いてあることがあるんです。でも本当に気持
地程度なんです。
 自分も養さんも結構いろんな店見てるんですが、殆ど発見することが出
来ない感じなんです。何でですかね?名古屋はこのミニチュアカーの流通
経路に入ってないのだろうか?本当に不思議です。

 ファンなんかも結構いると思うんですが、本当に見かけることがないん
です。これって自分が住んでる地域だけなんだろうか?
 同じ名古屋市でも離れるとなかなかその販売事情ってのは判らない。

 名古屋ではなかなか入手が難しい、ミニチュアカーになります。

 で、今回も「ken-6さん」 から頂いたものです。
2018032501.jpg
majorette
ジープ ルビコンX
 
 うむ~見かけないな~こんな車両もあったんですね。
 おかしいな「ken-6さん」が住んでるところから、名古屋までは100km/h
ほど。そんなに無茶苦茶離れてるわけではないんだが…なぜ名古屋に回っ
て来ないんだろう?

 もともと自分、フランス車大好きですから、本当はこのmajoretteって
物凄く魅力感じているところもあるんです。

 以前に比べると、フランス社のラインナップは減りましたが、それでも
日本国内ではなかなか入手が出来ない、フランス車なんかも結構ラインナ
ップされてますからね。

 特にルノー系には強いイメージがあります。今はないみたいですが、商
用車なんかがラインナップされてた時期もありました。
 今もフランス車のイベントに参加するような我が家です。妙に魅力を感
じるんです。

 しかし入手できないときたもんだ。なかなか歯がゆいですね。

 また今年の秋、イベントで色々見てこようと思います。

 とにかく今回も面白いモデルありがとう!!「ken-6さん」に感謝。3

さ、また明日から新しい週の始まりですね。自分もしっかり頑張っていこ
うと思っております。また一週間頑張って行きましょうね!!ではまた明
日です

歳とってきたら…。

人間って不思議ですね。感覚や感がえ方が以前の感覚に戻っていく気が
してるんです。自動車の好み何んかもそうなんです。

 一時期外観的には先進の車両や、どんどん進化していく内装、装備。そ
んなものに妙に憧れたわけです。自分が自動車に乗りだしてからの自動車
の進化ってのは凄かった。
 
 それ以前から乗ってた方も進化が凄かったと思うのですが、自分が乗り
だしたころは、時代の流れが急激だった。1970年代の日本はその進化が物
凄かった。自分が免許取ったころに、排ガス規制が登場してきたんです。

 キャブ車が当たり前だった時代でした。しかしもうキャブ車では規制を
クリアすることが出来なくなったんです。そこで登場しだしたのが、イン
ジェクション。これが登場したことによって何が変わったかっていうと、
音だったんです。インジェクションになったことによって、エンジンの空
気を吸い込む音がほとんどなくなった。
 静かになったんです。

 そしてもう一つ変わったのが、足回りなんです。免許取りたての頃は、
板バネが一般的だったんです。それがショックアブソーバーとコイルスプ
リングの進化が凄かったんでしょうね。どんどん板バネ車が減った。

 これによって変わったのは、乗り心地。いろんなものが変わってきたん
です。そんなときに強烈にひかれて乗ってたのが、本日紹介する車両です。
こんな車両です。
2018032401.jpg
HOT WHEELS
HW SHOWROOM
PORSCHE 356A OUTLAW
 
 もうね、最初に乗った車両が自分の生まれた年に近かったからね。超逆
行してるんですよね。キャブ車の楽しさしっかり味わいました。

 さて外観的に変わったのは前記した物だけではなく、外観的にも大きく
変わりだしたんです。まず変わったのがバンパー。

 鉄のものはもう世の中に登場しなくなりました。もう今は使わなくなっ
た言葉なのかもしれませんが、吸収バンパーという品名と、形態が登場し
てきたのでした。

 セリカLBなんかはその影響で、大きく形が変わった車両の一つですね。
バンパで人身事故を起こすと人に影響が大きい。そんなところから外に張
り出したFRP素材を使ったバンパ―だったんです。

 そしてもう一つ。サイドミラーの位置が大きく変わりました。
フェンダーについていたミラーがなんと、ドアに移動してきたんです。

 このフェンダーミラーからドアミラーへの変化は自動車のスタイルに大
きく影響していると思うんです。

 こうしてみると自分の時代、色々変化してるでしょ。面白い時代に自動
車に乗ってたんですよ。

 でもね~、またほんじつ紹介してるような、レトロな車両に魅力を感じ
てきています。また元に戻りたいな~っていう心の叫びなんだろうかね。
 ま、どちらにしても、自動車も終盤に来てると思います。今の車か、あ
ったとしてももう一台くらいだと思います。どちらにしても面白いカーラ
イフ送れたな~って嬉しく思ってます。最後の最後までしっかり自動車楽
しめたらいいな~って思ってます。

 本日も「ken-6さん」提供作品でした。ありがとうございました。
明日は日曜日少しだけ出かけなければいけないところがあります。また報
告させていただきますので。ではまた明日です。

癒しってこういうのだと思う。

自動車にも一種独特の魅力のある車両ってのがあるんですよ。自分だけか
も知れないですけどね。
 大きな排気量で、異常なほどスピードが出る車両が欲しい訳じゃないん
です。
 個人的には車体に会った排気量があればいいと思ってます。
 どちらかというと自分は飛ばす方じゃないので。のんびり運転楽しむ方
です。景色が感じられるスピードが好きです。

 高速道路走るのも好きなんですが、なんでもない一般道走るのも好きで
す。走るのが楽しくなる車が理想だけどね。それは自分の中では現代の車
じゃないんですよね。走りたくても走れないような、古い車も魅力一杯で
ね。
 
 本日紹介する車両なんか魅力の塊のような車両です。

 自分ね、不思議なんですが、バンパーのない車両に妙に魅力を感じるん
です。
 本日の車両なんて流線形にバンパーなし。もうね、自分の目標としてる
車両のようなものです。
 いいな~古い車両。本日はこんな車両の紹介です

2018032301.jpg
HOT WHEELS
HW SHOWROOM
PORSCHE 356A OUTLAW
 
 これも今回「ken-6さん」が送ってくれた車両です。もう完全に自分の
好みを心得てる「ken-6さん」ポルシェでもこの辺りの車両に妙に魅力を
感じているのをしっかり知ってるからね。

 多分送ってくれてる「ken-6さん」もこの辺りの車両は絶対に嫌いじゃな
いはずだ。なにせ同じ年齢だしね。
 車は飛ばすだけが魅力じゃないってのは同じ価値観とっして持ってるの
で。

 車に興味のない方からしたら、ただのオンボロなんだけどねきっと。で
もだから今生き延びてたら魅力感じるじゃないでしか。あ!感じないか(笑)

 勝手な考えなんですが、バンパーってのは、後で付いたものだと思うん
です。基本の車両デザインってのはバンパーのないものなんだと思うんで
す。 
 現在の車はバンパーとボディーは一体化され、それはそれで全く魅力が
なくなってきてるんです。
 なぜかな?って考えたら、やはり素材なんじゃないのかな?とってつけ
たような鉄でできたバンパー。それを取るとカッコいい。
 現在のバンパーは取ってつけたものじゃない。最初からボディーとして
設計されてる。取りたくったって取れないじゃないか。だから魅力ないの
かも。

 ま、おっさんの我儘ですよ。

 しかしいいシルエットです本日の車両は。

いい歳したおっさんが乗ると似合いそうな車両だと思う。のんびりとね。
ポルシェ、乗りたかったかも。もう無理かもね。ま、でも自分は良い自動
車ライフ送ったと思うから。ぜいたくは敵だ(笑)

 さ、明日は土曜日頑張って仕事するぞ!!ではまた明日です。
今晩も「ken-6さん」ありがとう!!感謝です。

ken-6さん、ありがとう!!

今回少し仕事が忙しい物で、「店長」のお店の周年に参加できなくなっ
てしまいました。
 それ報告したら、そいつは残念!って「ken-6さん」が詰め合わせセット
送ってくれました。

 もうね!これが好きなものいっぱい詰まった玉手箱みたいになってて。
いいんですよ。 今も仕事めっちゃくちゃなんだけどさ、こういうの見る
と、なんだか気持ちが安らいでしまう。

ありがたいです。

そんな宝物の中から本日はこんな一台です。

HOT WHEELS
BUNS OF STEEL
2018032201.jpg

 絶対的にホットウィールだよねこのモデルは。我が家はリアルなマシン
も好きだけど、こういった不思議で、なんかぶっ飛んでるマシンが大好き
です。仕事忙しい時は、こういうマシンで癒されます。

 非現実的なマシンは、現実を救ってくれることになります。

 ミニカーってのは不思議なものですね。

 20年近く前。実車しか興味がなかった自分。超現実主義だった。本日の
この車両見て何か感じたのかな?なかなか不思議です。

今はこういったミニカーに癒されております。

きょうもこれで、すっかり落ち着きました。

 また明日も頑張れそうです。「ken-6さん」ありがとうね!!感謝です。

さ、これでトミカ博の締めです

今回のトミカ博、組み立て工場の行列。車種によってこれだけ差が出る
んだと驚かされました。最初に紹介したキャラバン。自分が並んだんです
が、90分でした。

 この90分。一時間半は子供さんにはもう不可能に近いような時間のよう
な気がします。話聞いていたら、その後も結構この車両人気があったよう
で、翌日の日曜日はもっと長かったようです。凄いですね。
 昨日紹介したランエボや本日紹介する車両は、なんと20分ほどでした。
なんという差でしょう!小さな子供さんはこういったスポーツタイプの車
両には興味がないんだろうね。

 時代は変わったんだね。自分たちの小さなころは、こんなミニカーは高
級なもので特に本日紹介するようなスポーツカーなんかは一般の家では見
られなかったし、ミニカーでしか見られなかった。ミニカーですら憧れの
スポーツカーだったんだけどね。時代は変わったね。

 もう今スポーツカーにあこがれる子供さんはいないのかな。うむ~そん
なものかね。
 本日の車両なんかは夢のような車両なんだが。実は自分の仕事先の駐車
場に普通に止まってた。ちょっと夢のような車両なんだが、なぜか身近な
車両です。こんな車両の紹介になります。

トミカ組み立て工場 ★★★★第20弾
TOMICA ASSEMBLY FACTORY
メルセデスベンツ SLS AMG

91-4 メルセデスベンツ SLS AMG
2012.01~
2018032101.jpg

2018032102.jpg
(トミカ 4596)


2018032103.jpg
(トミカ 4597) 


2018032104.jpg
(トミカ 4598)

 一気にバリエーション増えましたね!3色もこの車両のバリが増えてし
まいました。
 こういったスーパーカーはそんなにバリは増えない感じだったんですが
なんとなく製作側も思い入れがあった車両なのかも知れないですね。
 これから先一気に増える車両ってわけじゃないですから、貴重なバリ
だったのかもしれない。
 
 スーパーカーですね。でも会場では、人気なかったな…。カッコいいん
だけどね。
 自分の中でも、さすがにこの車は夢のような車なんだが。
 あんまりにも夢の車すぎて、ちょっと遠い車ですね。

 でもカッコいい。組み立て工場としてこんな車両が登場するなんて、な
かなかおもいもしなかった。いい車両が締めになった気がします。

 さて、本日のこの車両で自分の2017年のトミカ博終了です。

 そうそう本日は祭日。皆さんのんびりできましたか。またもう少し頑張
るとお休み来ますからね。
 自分も頑張って休みの日まで仕事します。

 なかなか楽しかったです。さてこれでとりあえず自分の中の2017年終了
です。また明日から頑張って紹介していきます。

 さ、明日からまた頑張ろう。

自分の中ではこれがメインだったな!

実車も多くのバリエーションが存在する車両です。そりゃそうですね。
ほぼ一年に一度車両企画委が変更され、最終的にXまでたどり着きました。
この車両なんですが、日本でも確かに人気がある車両なんですが、それ以
上に海外での評価が高い車両です。

 日本ではお金を出せば購入できるのですが、海外では簡単に入手するこ
とが出来ない、スペシャルな車両なんですよね。特にラリー人気の高い北
欧などでは神格化されるほど人気のある車両です。

 残念なことに色々あって、現在は会社の存在自体が非常に幽霊のように
薄く、目立たない存在になってしまいました。しかし少しづつ大きな会社
の力を借りて、復活しつつあります。

 スバルさんがそうだったように、やはり一度大きな会社の力を借りて、
やり直すのも一つの方法なのかもしれないですね。今回はいいきっかけな
のかも知れないです。
 ま、しかし完全に全体性を崩してしまったわけではないので、その辺り
が少し残念です。ゼロからの出発を個人的には望んだのですが、あまりに
元の企業が巨大だったため、本来残ってはいけない部分が残ってしまった
気がします。

 もう少し時間がいるのかもしれないですね!そしていつかこのスペシャ
ルなマシンも復活してくれるといいのですが。

 本日はこんな車両を紹介していこうと思います。

トミカ組み立て工場 ★★★★第19弾
TOMICA ASSEMBLY FACTORY
三菱 ランサーエボリューションIV

104-3 三菱 ランサーエボリューションIV WRC
2000.12~2006.05
2018032001.jpg

2018032002.jpg
(トミカ 4593)


2018032003.jpg
(トミカ 4594) 


2018032004.jpg
(トミカ 4595)

 IVって結構古い車両なんですけどね、でもこの車両を語るとき結構この
辺りの車両にファンが多いのも事実なんです。IV V VI辺りが人気高いです
ね。ボディー形状が古くなればなるほど四角くなっていきます。本当に魅
力のある車両です。

 そしてとにかく早い。これがまたすごい。名前が表す通り、エボリュー
ションモデルなんですよね。
 もともとWRCに出場すっるために採算度外視で生産販売されたモデルです

 ホモロゲーションを取得するためのモデルなんです。海外で入手出来な
かったのは当然ですね。販売される期間も短く特別なモデルなんですね。

 そして最近のトミカの特徴なんですね。タンポ印刷の巧みさ。凄いです
ね。以前では考え得られないような細かなところまで再現できるようにな
ってきています。今回は組み立て工場ですので、オリジナル塗装になって
いますが。非常にいい出来だと思います。

 やっぱり個人的に、今回の組み立て工場の中で一番魅力のあるモデルで
した。
 さ、本日はここまでです。

 さ、明日でオオトリになります。のんびり行きます。ではまた明日です。

あ!明日は祭日ですね。お休みの方、のんびりしてくださいね。ちょっと
天気は下り坂。お家でのんびりなんてのいいかもね。では!!

兎に角すごい人気でした。

我が家のトミカ博のほとんどの時間はここに費やされています。それは
組み立て工場。
 トミカ博に参加しだしたころは、いっぱい買う場合は係員の方に伝える
と、並ぶことなく購入することが出来ました。注文したときの待ち時間だ
け待つという方式でした。なので一時間くらいミニイベントしたり、色々
楽しむことが出来ました。
 逆にあの当時のほうが、お金使ってた気がします。一時間くらいは確実
に会場に居なくてはいけなかったから、ミニイベントに一杯参加すること
になりました。

 そういえば今もそうなんですが、トミカ博の会場内にもケータリングブ
ースがあるんですが、過去一度も何か買ったことがないことに気づいた。

 なんかあそこで何か食べるって気にならないのは何故なんだろうね。
基本的に食べに行ってるわけじゃないという思いが強いのだろうか。

 のんびり食べるのも面白いのにね!しかし我が家はトミカ博会場出た後
養さんとご飯食べに行くのも楽しみにしています。色々楽しみがあるんで
す。ということで、最近のトミカ博はその大半を、このイベントで過ぎて
行きます。

 まずはここから。今回のトミカ博で最も人気がありました。自分が並ん
だんですが、90分待ちでした。いや~長かったです。途中脱落していった
子供さん数知れずでした(笑)
 こんなトミカの紹介になります。


トミカ組み立て工場 ★★★★第16弾
TOMICA ASSEMBLY FACTORY
日産 NV350キャラバン

105-8 日産 NV350キャラバン
2016.04~
2018031901.jpg

2018031902.jpg
(トミカ 4590)


2018031903.jpg
(トミカ 4591) 


2018031904.jpg
(トミカ 4592)

 なんかこれ並んで終了でした。(笑)子供さんにも人気ありましたね!
途中どんどん脱落していく子供さん。脱落してから後悔するのが子供さん

 大泣きすれば元に戻るはずもなく、現実を知ることになるのです。最後
まで頑張って並んだ友達だけ手に入れることが出来たトミカです。イライ
ラしながら駄々こねながらでも並んだ子の勝利です。

 おぢさんは、そんな子供さんに おめでとうって言いたかった。大人だ
って90分並ぶのは辛いですって。よく頑張った!!

 トミカ博は小さな子に耐えることの辛さ教えてくれるんです。それは小
さなトミカファンだけでなく、おぢさん達も大変なんです。

 全バリエーション製作しようとすれば、一度に3台しか作れないので3回
ならぶことになります。根性いりますよこれ!!みんなトミカ博で忍耐植
え付けられるのでした。

 なかなか面白い車両でしたね!!いい車両だと思います。

本日少し時間が出来たので

車をコーティングしに行ってきました。
これなんですけどね。非常に癖になるんですよね。最初はいつ頃だったか
な?最初は結構ボディーに細かな傷が目立ってたんです。

 何度か繰り返すうちに、ボディー表面はどんどん、ぬるっとした光沢が
出てくるんです。これってね、車好きには結構たまらない光なんです。
なんだろう表面的なワックスの光沢と違うんですよね。

 最近は黄砂なのかな?花粉なのかな?もうね車の汚れ方が半端ないんで
す。雨の日は中々車のらないので。
 このコーティングって雨の日に乗って、車ふく余裕さへあれば物凄く綺
麗になるんです。

 余裕さえあれば綺麗が保てる仕様ですね。そして屋根なし駐車場だと、
その威力は結構な勢いで発揮されることになります。
 その効果が持続するのが3か月くらいって言われてます。

 ラッキーなことに我が家は屋根がありますから、コーティングの効果は
もっと長持ちする感じです、効果が残ってるうちに、もう一度コーティン
グ。これを繰り返すわけですから、結構滑っと感が保ててます。

 自分の車も7年が経過しました。何もしないとボディーは劣化するばかり
です。長いこと乗ってあげるにはこのコーティングっていいですよね。


 最近は実車の記事なんてほとんど書いてなかったから。なんか新鮮です。
1時間半くらいがすぐ経過していきました。なかなかいい時間ですよね。
実車の楽しみ、購入から年数がたった車でも色々楽しみがあります。

 いい休み頂きました。明日からまた少しずつリハビリしていきます。

うん!何とか切り抜けた感じだ。

なんでもいいからとにかく動いてみる。これだね。何とかなるもんだ。
中々人間簡単には壊れないものです。
少しだけ山は越えた感じがします。本日とあす、おやすみ頂いたらまた復
活出来そうな気がします。

 何とかブログは書きつないだので。ちょっと安心してます。しかし今回
は最大の危機だったような気がする。もう全然記事書く意欲がなかった。
長いこと続けてるとこんなこともあるんだね。

 さ、本日ものんびりさせていただきます。もう少しだけ休憩だ。

本日も何とか終了。

さすがにきついです。でも、ここ乗り切ると少し楽になる気がする。
もうひと頑張りですかね。
 何とか乗り切るぞ!!頑張ってます。

 さて、本日少しだけ店長とお話してきました。一寸だったけどすこしだ
けいい時間過ごせた気がしました。本当はゆっくりとご飯でも食べに行き
たいところなんですが、今はそれも難しいです。

 ちょっとだけ時間が出来たときは、こういう時間の使い方がいい。

 さ、明日は土曜日です。もう少しだけ頑張ります。休憩もう少しだけ頂
きます。では明日に続きます。頑張れ自分!!

これは過去最悪の余裕のなさです。

ここまでひどいとは…。ちょっと本日は仕事の内容に触れてみますね。
いま、自分の業界は非常に厳しいです。小さな業者からどんどん淘汰され
デザインを生業にしている個人業主は非常に危機感をもっています。では
大手は大丈夫かというと、それも危ない感じなんです。大手ですら仕事が
絞られている現状。本当に厳しいです。

 腕はあるのに仕事が回ってこない。滅茶苦茶厳しいです。それは零細の
自分の会社も同じで、仕事の取り合いが熾烈なことになっています。

 今自分が手掛けている仕事は、多くの研修を専門に扱う国の機関の年間
予定紹介冊子の製作印刷です。
 
 とにかく納期は短い、そして不親切極まりない指示書。もう最悪なんで
すが、それでも国の機関ですからね、しっかりお金にはなります。

 こんな時期に研修って、思うでしょ。これがね、すぐに定員が埋まる。
全ての研修が無料じゃないんですよ。ちょっと法外かと思うような値段設
定がされているにもかかわらず、あっという間に定員オーバーになるんで
す。その参加企業ここで書きたいくらいですが、一寸問題がありますので
伏せますが、知らない方はいないくらいメジャーな企業ばかりです。

 この時期に研修に参加できる余裕のある企業がまだいっぱいある。驚き
ですね!ま、そんな企業がいっぱいあるから私たち下々のものに仕事が回
って来る訳です。しかし強烈です。


 やはり今週中は全く時間が作れないというのが判りました。申し訳ない
趣味に時間が割けない状況です。何とか今週中で片付けます。
 終わればまた次がすぐ来るのですが、仕事があるだけましかな。

 もう少しだけ頑張ります。っ申し訳ない今週はこんな感じで忙しくして
おります。とりあえずご報告まで。

全然時間がないんです。

ごめんね!今日も少しだけ時間が足らないんです。という事ではっきり言
って何とか時間稼ぎをしたいと思っています。

 この時期はどれだけ時間があっても足らないもので。申し訳ないです。
零細企業は今兎に角厳しい状況です。何とか生き残る努力しているのが現
状です。
 
 結構大変なんですよ!という事で、なかなか時間が自由に使えません。
何とかうまく運びますのでもう少しだけ時間下さい。

 
 昨年末に久しぶりに少し冒険をしました。自分はそれ程実力はないので
すが、たまにやっておかないと完全に忘れてしまうので少しだけデザイン
の仕事させていただきました、その結果が本日出たんですが、うむ~~~
黒歴史ですね(笑)なかなかうまくいかないですね。

 久しぶりに時間が出来たのが30分ほどだったので、制作に10分ほどかけ
残りの時間をプリントアウトやらもろもろの作業に使わせて頂きました。
 ま、こういったものって時間掛ければいいってものでもないので、出た
結果が実力だと思います。

 来年は年末までにもう少し時間作って頑張ってデザイン考えておこうと
思いますなかなか難しい世界ですが、非常に面白い世界でもあります。
 みんな持ってるものは同じ。想像力。想像した物をいかに形にするかだ
けです。来年はもう一つ上の結果が出せるように頑張って見ます。
 ちょっとよくわからない報告になりましたが、ちょっとしたことがあっ
たって報告でした。(笑)

 さ、明日は時間が出来るのだろうか?ひょっとしたら今週はやばいかも
ね。何とか努力します。ではまた明日です

時間があんまり取れないので…

ちょっとトミカの撮影時間が作れません。少し休憩頂こうかなって思いま
す。
 今回の休憩の話題なんですが、つい最近開催された航空自衛隊小牧基地
オープンベース。
 あまり興味のない方も、ちょいと休憩って感じで見といてください。

 小牧基地の場所なんですが、県営名古屋空港に面しています。名古屋空
港今ではなんだか寂れてしまった感じがするのですが、色とりどりのFDA
機体が始終飛び交うカラフルで日本全国に移動できる便利なローカル空港
になっています。

 動き慣れているってこともあるんでしょうが、我が家からは下道で40分
くらいです。ま時間帯もあるのですが、このくらいあれば到着です。

 航空自衛隊小牧基地はそのちょうど反対側に面しています。空港東側一
帯が航空自衛隊さんの敷地になります。これが意外に大きい。


航空機ファンの方には説明が必要ないのですが、小牧基地は日本でも非常
に珍しい機体が配備されているんです。

 その機体KC767というんですが、空中給油機なんです。名前の通りボー
イング767をベースに制作された機体なんです。
2018031301.jpg

 それほど珍しいって感じがないかもしれないですが、実はこの空中給油
機世界に8機しか存在しない物凄く貴重な機体なんです。
 イタリア空軍に4機、日本に4機。これですべてなんです。

2018031302.jpg

 県営名古屋空港の展望台からも駐機している機体見ることができます。
是非一度見に来てくださいな。


 休憩しっかり楽しみます。本日はKCの紹介でした。明日も少しお休みい
ただこうと思いますので、もう一つ小牧と言えばって機体の紹介していき
ます、。のんびりさせていただきます。

この選択は難しい!

私たち大人は両方購入することが出来るんだけどね、小さなトミカ好き
達は間違いなく二者択一が行われることとなります。
 ま、中には一杯トミカ買っていただける子供もいるんですけどね。自分
が見ていた限りでは、なかなか思ったように買っていただいてる子は少な
かった様に見られました。

 あちらこちらで駄々をこねる姿が見受けられる。

 名古屋のトミカ博が少しだけ特別な理由があります。それはトミカ博開
催日程がクリスマスにかぶっているという事。これは子供さんにとって結
構特別だったりしますよね。

 このクリスマスはおもちゃを購入していただくには、非常に好機で、よ
そのトミカ博あまり見たことがないのですが、多分多くのトミカ博より売
り上げは上がっている物と推察できます。

 帰りの地下鉄の駅であの大きなトミカの袋を持った親子連れを多く見か
けます。クリスマスのプレゼントに購入していただいてる感じがよく伝わ
ってきます。
 トミカ本体より、大物のほうが売れてる感じがします。クリスマスの名
古屋開催。たぶん売り上げは全国通しても上の方だと思います。比較的名
古屋って気前がいい感じですからね。

 ま、でも全てがそんな方ばかりとは限らない。このトミカもどっちにす
るの?と迫られてる姿何度か観察しました。
 なかなか辛い選択ですよね。両方買ってやれよ!とは流石に言えない(笑)

 早く大きくなって自分で稼いで好きなように買ってください。待ってま
すよ。
 という事で本日のトミカです。こんな一台になります。

ドリームトミカSP
アンパンマン(オープンカー)
2017.08
2018031201.jpg

2018031202.jpg

(トミカ 4589)

 ついにアンパンマン仕様のトミカはオープンカーになってしまいました
どことなく雰囲気がポルシェな感じですね(笑)

 昨日紹介した ばいきんまん 車両とどっちが人気があるんだろう?

 お話聞いてると、ばいきんまん に人気もなかなか捨てがたいようだ。
アンパンマンと人気を二分してる感じのようだ。
 
 カラーリング的に子供さんの目を引くのは間違いなく本日のトミカのよ
うな気がします。赤とイエローの組み合わせはなぜか子供さんには最高に
人気があるようなんです。
 子供服の仕事なんかしてると、圧倒的にこの組み合わせが多いんです。
子供さんも好きだし、親御さんも好んでこのカラーリングを与えている感
じがします。

 しかし時代とともに変わりそうなものなんですが、なぜかカラーリング
ってやつは、引き継がれていくようです。不思議なものです。

 このアンパンマンシリーズも続いていくんでしょうね!一年に一度の楽
しみ。果たして今年はどんな仕様が登場することやら。夏のトミカ博に、
多分新作が登場してくることでしょう

 今年のアンパンマントミカこんな感じでした。

 さ明日もまだ続いていきます。

このトミカも

すっかりトミカ博の楽しみになりつつあるトミカです。自分が楽しみっ
て訳じゃないんですよ。
 小さいトミカ好き達のアイドルになりつつあります。最近は一年に2台
のペースになってるんですかね。

 しかも販売に大変気を使っているトミカになっています。ほかの会場は
どんな感じなのか分からないのですが、名古屋では、入場券の版権が購入
に必要になっていました。このトミカの販売の為に、2人の販売員を置くと
いう、念の入れようです。

 最初に発売になったとき、こころない方の強烈な買い占めで、本来販売
したかった年齢の方にトミカが回らなかった。

 その後そのトミカは某オークションで高額取引される。いつものパター
ンにつながっていきました。

 自分たちには内情は全くわからないのですが、多分相当な苦情が入った
物と思われます。ま、当然ですね。必要以上の買い占めは問題だと思いま
す。どうしても遠保で購入できない方の代理という理由もあっただろうと
思いますが、なかなか難しい問題で、どうしてもどちらなのか販売側に判
断することが出来ない。
 そうなると、仕方がないのですが規制という方法をとるしかなくなる。

 現実的にチケットの半券利用は有効だと思います。

 これが欲しくてやって来る小さなトミカ好きの為には仕方のない販売方
法なんじゃないのかなと思います。

 販売規制のお陰で現在は円滑に回っているようです。
これでうまく回るのであれば、個人的には何の問題もありません。継続し
ていただければいいと思います。おかげで半年以上経過した名古屋会場で
も問題なく皆様にいきわたっているようです。

 さ、毎年トミカ博の目玉となってるトミカの紹介です。こんな一台の登
場になります。

ドリームトミカSP
ばいきんまん(むらさき)
2017.08
2018031101.jpg

2018031102.jpg

(トミカ 4588)

 大注目ですよね。このアンパンマンがトミカとして登場するだけでも画
期的な事なんですよね。ま、しかし作者自体は、非常に素晴らしい方で、
キャラクター等を色々製作しそれもほとんどボランティアのように製作を
続けて来られた方です。

 いつまでたっても子供さんのアイドルですからね!うん。これを商売の
対象としてしか考えないのは如何なものか。ま、少し規制がかかっても、
仕方がないかなって思ってしまいます。

 規模の大小はありますが、最近はトミカ博も日本全国を巡回するように
なりました。その各会場で、問題なく発売できるようになればいいのです
が。
 そうであってほしいですよね。

 入場者すべての方が購入されるわけではないと思います。一年分が確保
出来たらいいのにね。
 ま、子供さんの楽しみは、取っておいてあげましょうよ。

 さ、明日なんですが相方紹介していきます。こちらも人気だったと思い
ます。明日に続きます。

この流れは続くのだと思う。

色々継続発売されるシリーズがあります。その発売ペースも色々なんで
す。毎月発売されて行くレギュラートミカ。そして2か月3か月に一度発売
される物もあります。色々あるんですよ。

 本日紹介しようとしているトミカも少しづつですがシリーズ化されてい
るトミカだと思います。
 このトミカの最終は12台だと思うんです。

 ずいぶん以前にもこのモチーフのトミカがシリーズ化されていました。
我が家にも数台あると思います。いつの時代もすたることのないモチーフ
それが今回の主題です。

 残念なことに自分は野球というものにあまり興味がないんです。自分が
住んでいる地域は特に、野球に対してこだわりが強い地域なんです。それ
も強烈な中日ファン好きには今も聖地になってるような地域なんです。

 最近も話題になってました。松坂選手。自分の住む地域で色々なことが
行われたんですね。
 ご存知の方もおられると思うのですが、ナゴヤ球場が今はドラゴンズの
寮でもあり、練習用の球場にもなってるんです。
 うちのマンションのベランダから球場のネットが見えます。結構中日好
きにはいい場所に構えてるんです。しかし残念ながら興味のない奴が住ん
でいるんです。そんなものですね。

 という事でトミカが今コラボしてシリーズ化してるトミカ紹介していき
ます。こんな一台の紹介になります。

55-09 日産 フェアレディZ ロードスター
2010.06~2015.04
横浜DeNAベイスターズ×トミカ
2017.08
2018031001.jpg

2018031002.jpg

(トミカ 4587)

  今回やって来たのは横浜DeNAベイスターズ見たいです。そして発売さ
れたのは、トミカ博横浜だったようです。なるほど~。ってことはいつか
トミカ博名古屋で、ドラゴンズトミカ登場してくる可能性もあるかもです
ね。でも名古屋で発売って可能性少ないかな。なにせ年末ですからね。

 以外に今回の大阪あた理で登場して来ちゃったりして。可能性大ですね。

 こうしてみると車種は何だろう?名古屋なんでやっぱりベースはトヨタ
車だったりするのかな。
 と、出ると決まった訳でもないのに勝手に想像している自分でした。

 もうすぐ次のトミカ博が迫って来てます。本当に一年の周期の速さ。驚
いております。
 
 さ、明日は日曜日だ。のんびり過ごせるといいな。

 ちょっと短めなんですが本日こんな感じで終わっておきます。しかし毎
年なんですが、この時期年度末の超強烈な忙しさは何なんだ!!ちょっと
恐ろしいくらいです。ではまた明日に続いていきます。

満を持して、なのかな?

個人的に非常に疑問なモデルではあります。この手の形のスポーツタイ
プの車両は、結構速い時期にバリエーションが登場してくるのが相場だと
思っていたのですが、なかなか登場して来ませんでした。

 版権の都合があり、バリエーションが登場しにくい状況だったのかな?
とも思ったのですが、実は本日紹介するドイツの超有名自動車メーカーさ
んの商品に関して、版権シールなるものが存在していないのです。という
事はこのメーカーこの分野でお金儲けしていないという事なのだと思いま
す。
 逆に許可制だとすると、版権よりある意味商品化が難しくなる可能性が
あるんですね。なかなか版権がないからいいかというと難しいものだった
りしますね。
 変に機嫌を損ねてしまえば二度と商品生産が出来なくなる可能性がでて
きますからね。それは怖いです。現在は昔のように勝手な商品展開ができ
なくなってきていますから。
ある国を除いてですが(C国 K国)

 そうそうこのモデルを紹介する前に、昨日ネット等で発表になっていま
したね!トヨタさんと本日紹介するドイツメーカーとの共同開発マシン。
2018030901.jpg
 
 例えばですが、ああいったマシンをモデル化しようとしたら、商品名が
トヨタさんですから、版権が存在してくるんでしょうね。ドイツでは商品
名を変更して発売はないのでしょうか?なんか出てきそうな気がしますね
。現在のところレース仕様の車両だけのようですが、あの完成度ですと、
市販もあるのではないか、そんな風に感じてしまいます。
 その時はNEW Z4だろうか…。そう思いませんか?

 いつかトミカで登場してくるのかもしれないですね。

 さ、本日はそれとは違いますが、これも相当な注目を浴びたマシンです。
こんな一台が登場して来ました。

17-10 BMW i8
2016.11~
トミカイベントモデル★★No.14
BMW i8
2017.08
2018030902.jpg

2018030903.jpg

(トミカ 4586)

 本日があ実はイベントモデルの最終日になります。
最終がBMWになりましたね。なかなか強烈なマシンを持ってきました。この
モデルのバリエーションが今まで登場してこなかったのが嘘のようですね。

 このモデルの箱を見ると目立つ版権シールは貼ってありません。そのか
わり、こう記されております。
The BMW logo and the BMW wordmark are trademarks of BMW AG and are
used under License

BMWのロゴおよびBMWのワードマークは、BMW AGの商標であり、ライセンス
の下で使用されています。こう訳せばいいのでしょうかね?

 商標登録がしてあるので、BMWのマーク自体を使うのが難しくなっている
ってことなんだと思います。現代は自動車をモデル化するのも、なかなか
簡単な作業じゃないんだろうなと思います。ひっそりと文字だけの表示で
はありますが、しっかり記されております。なんか存在感感じますね。
 王者の風格みたいな。

 最後が電気自動車のスポーツタイプ。面白い締め方でしたね。いい車だ
と思います。

 さこれで今回のイベントモデル紹介終了になります。終了してもう数か
月後新たなシリーズ展開が待っております。この続き月くらいには見られ
ることになります。楽しみですね

 こんなところで、イベントモデルの紹介終了にしておきます。まだまだ
トミカ博紹介続いていきます。

日本人の自動車ライフ

この車が世の中に登場してくる前、日本で自家用車は夢のまた夢でした
。そんな日本に一台革命をもたらした車両が、本日の一台です。

 自分の近くにも、ずっとこの車両に乗りつづけておられる方がおられま
す。排気量は360cc。小排気量がもてはやされる現代から見たら、非常に
理想的な小排気量なんですが、実はこの小排気量は、当時の基準エンジン
で、今では多分小排気量故のCO2派出量の多さが問題になっています。

 バイクの原動機付自転車、いわゆる原付ですが、50ccではもう規制がク
リア出来なくなっている。遅かれ早かれ、日本国内から原付は消えていく
物と思われます。50ccだけでなくその範囲は125ccにまで及ぶと言われて
います。小排気量である程度のスピードを維持しようとすれば当然排出物
は多くなるという矛盾。
 小排気量すぎるとそれが解決できない。

 難しい問題ですよね!本日紹介する車両が登場した時代は、今のように
排ガス規制なんてなかった。小排気量エンジンイコールコストが安かった。

 税金や免許制度もそこにはあったのかもしれないが、相対的に小さな車
両が安くできたんですね。

 今は1000ccクラスの車両より軽自動車のほうが高いですからね!時代は
変わりました。
 何はともあれ、この車両の価格が当時の日本人の一般家庭で購入できる
ギリギリだったんだろうなそんな風に感じます。
 本日の車両こんな一台です。

21-4 富士重工 スバル360
1983.06~1997.11
トミカイベントモデル★★No.13
スバル360
2017.08
2018030801.jpg

2018030802.jpg

(トミカ 4585)

 この車両1958年発売で365,000円 この当時のこの値段って安いのか高
いのかなんですが、少しだけ資料があったので見てみると、当時の大卒の
初任給が14,000円位。これ考えるとスバル360って全然安くないですよね。
多分、現在だとアスリート新車で買うくらいです。(驚)

しかしこの車両が、当時の一般家庭にマイカーライフを根付かせた1台な
んですよね。当時の方って相当無理したんじゃないのか。そんな気がしま
すね。
 この当時の価格を今と比べるってのがなかなか無理があると思うのです
が、それにしても凄い値段だと思います。

 こんなこと書くと歳がばれますが、自分の初任給今でも忘れませんが、
75,000円でした全然1958年就職じゃないですよ、それでもこんなものだっ
たですからね。
 免許取得、自分が就職した会社が自動車学校経営していたので割引が利
いたのですが、それでも55,000円だった記憶があります。それ考えると自
動車の値段の高さ!
 凄いぜいたくなものだったんですよね!驚きました。

 今も自動車って決して安い物じゃないです。贅沢品です。そして買って
からの維持費(税金)が物凄い。自動車の人気がいまいち上がらない。
 どうしたらいいのか、国が根本的な考えを示さない限り、下降していく
のは仕方のないことではないか、そんな風に感じます。

 マイカーライフ。日本からいつか消えていくのかも知れないですね。

 自動車ってどうなっちゃうんでしょうね。気になるところです。
誰も教えてくれないんですよ。これから先どうなっていくのか。車好きは
気になりますよね。

 さ、本日はこんな話題でした。
 しかし今週は長い。頑張らねば。ではまた明日です。

この車両も人気があったんだろう。

 一時期のトミカの人気車両は働く車でした。その売り上げは圧倒的だっ
たようです。具体的に数字が発表されてるわけではないので、よくわから
ないところが多いのですが、
 当時のタカラトミーさんはメインとして働く車をもってきていました。
それはギフトセットなどを見てもわかるのですのですが、当時は圧倒的に
働く車系のセットが多かった。

 トミカはあくまでも子供さんのおもちゃなんだ。そう主張し続けたタカ
ラトミーさん。
 
 時代はあれから少し流れました。そしてタカラトミーさんも経営者が変
わりました。経営者さんの国籍も変わりました。大きく変化したんですね。

 今タカラトミーさんからトミカは子供さんのおもちゃですというお話と
か、雰囲気とかあまり聞くことが出来ない気がします。

 主要車両もどんどん外国車が増え、人気になる車両も所謂スーパーカー
というわれるものに移ってきている気がします。

 しかしその流れは、以前からトミカ大好きで楽しく集めていた人とは違
うトミカの見方を作ってしまったようです。難しいものですね。しかし、
玩具不況のこの時代、タカラトミーさんが生き残ってるのは、確実にトミ
カの売り上げがあるからだと思います。

 本日紹介するトミカなんて物凄く貢献してると思うんだが。多分今のト
ミカの中心は間違いなくこのイタリア車だと思う。
 こんなトミカの紹介になります。

118-4 ランボルギーニ ヴェネーノ
2015.02~
トミカイベントモデル★★No.12
ランボルギーニ ヴェネーノ
2017.08
2018030701.jpg

2018030702.jpg

(トミカ 4584)

 圧倒的な人気ですよね!
 今じゃトミカとしてこのメーカが発売になったら間違いなく凄い勢いで
売れてしまいます。ヤバくなったら外国車って感じですかね。(笑)

 考えたら、当時働く車こそトミカのメインだ!って言ってた時代、トミ
カ最悪なことになってましたよね。国産車にこだわり。外国車は殆ど発売
されなかった時代。
 確かに単価的には厳しくなってたんだと思いますが、それにしても酷か
った感じですよね。

 トミカの縮小化なんて、とんでもないことが始まってしまいましたしね。
黒歴史ですよ。

 このトミカなんか見ていると、トミカの縮小化なんて考えられないです
よね。変われば変わるものです。

 そう考えると現在のトミカのラインナップや販売方法は間違ってないの
かもしれないですね。こんな不景気だって言われてる時代に、売れすぎる
くらい売れてしまう趣向品。ある意味凄いな~って感じています。

 今週は自分のトミカを取り巻く環境が大きく変わる出来事があり、いろ
いろ考えさせられています。
 
 さ、こんなところで、本日終了です。まだ週の真ん中だね。今週は長い
です。頑張らねば。

圧倒的な人気

トミカでは圧倒的な人気を誇っていっる車両です。現実の車両はいった
ん生産終了という事になったようです。
 2018年1月31日 販売終了と同時にホームページ閉鎖。

現在も圧倒的な人気を誇る車両であることは間違いないです。しかし現実
的には今の時代のそぐわない車両になってるのだと思います。
 新たな設計の元、再発売のうわさも出ています。果たして登場するとな
ったらどんな形で登場してくるのでしょうね。

 やはり国内生産の車両としては…なんじゃないのかな。海外生産の逆輸
入車という事なら、多くの方が認めてくれるでしょう。しかし日本国内で
生産するにはコンセプトが違いすぎるのではないのかな?

 フロントマスクの共通化。自分はこれがあまり好きではないのですが、
一貫してトヨタさんはこれを今推し進めようとしてる感じがあります。
 果たしてこれがスタンダードになるんだろうか?本日紹介する車両は、
そのコンセプトと逆行してるから人気があるんじゃないかな?そんな気が
してしょうがないのだが。

 特にこの車両は、丸目じゃないとこの特徴が出せない気がします。

 変えられないものがあると思うんだ。さ、この車両は今後どう変わって
いこうとしているのか?知りたいですね。

 本日の車両こんな一台です。

85-6 トヨタ FJクルーザー
2011.08~
トミカイベントモデル★★No.11
トヨタ FJクルーザー(サファリ仕様)
2017.08
2018030601.jpg

2018030602.jpg

(トミカ 4583)

 トミカのバリエーションも圧倒的ですよね!確かに登場して来たのが、
2011年と古いのもあります。現社は生産終了になりましたが、トミカはま
だまだ元気です。

 これから先もまだまあだバリエーションが増えていきそうな予感がしま
す。

 この車両人気あるんですが、やはりその規格がアメリカ仕様なんじゃな
いのかな。大排気量と高燃費。もう日本の町では敵役みたいな車両です。
 我が家の近くに、逆輸入車のフルサイズトラック専門で扱ってる店があ
るんですよ。それがねもう圧倒的な大きさなんです。
 アメリカンサイズの日本メーカーのトラック。あまりの大きさにちょっ
と引いてしまうほどの大きさです。

 面白いのは、その販売店の隣が警察署なんです。警察車両駐車場と逆輸
入車販売店の展示場が隣り合わせなんです。もうね、パトカーの小さいこ
と。驚きます。
 パトカー喧嘩したら負けちゃいますね。(笑)

 今も昔も、どこか車好きは大きな車両にあこがれてるところがあるのか
も知れないですね。そういう自分もアメリカンフルサイズの車両結構憧れ
ています。ホンダのリッジラインなんか結構乗ってみたい衝動にも駆られ
ます。
 ま、日本では扱いに困りますからね。駐車場はないし。なかなか困った
車両です。だから魅力なのかな?
 さ、この車両の今後に期待しながら。本日はこんなところで終了してい
きます。いや~何だかうまく体が動いてくれないです。
 皆さん元気にしてますか?体調には気を付けてね、ではまた明日です。

いつ頃からだろう?

自分トミカを収集しだしたころ、もの凄く嫌だったことがあるんです。
それが、トミカの大きさの違いだったんです。実際の話それがトミカの魅
力なんだけどね。そんなこと当時は知らなかった。トミカサイズのミニチ
ュアカーの魅力なんて知りもしなかったんです。

 なので当時は、同じようなサイズのコンパクトカーしか買ってなかった
んです。働く車や緊急自動車は全く眼中になかったってわけです。
 そんな自分に、働く車を買わせるようにしたのは、イトーヨーカドーさ
んだと思う。

 オリジナルのトミカ、当時はマーチだったんだけどね。それを並んで買
ってるとき、一緒にオリジナルのバスなんかを発売したりしたんです。

 当時の自分は別に欲しくはなかったけど、オリジナルだしってことで、
ついでに購入したりしてました。多分一番最初はヤサカバスだったと思う。

 そうして、自分の興味とは全く違うトミカを購入するようになり、どん
どん手持ちのトミカが増えていきました。
 ってことで、トミカの一つ壁が壊れていったんです。それで、トミカな
ら何でもに変わっていったんです。

 当時は働く車の造形の緩さもあまり好みじゃなかったんです。今は逆な
んだけどね。逆に緩いトミカがトミカらしいと思ってるくらいです。
 時の流れは、好みも変えてしまうのでした。不思議ですね。

 本日紹介する車両なんかも当時あまり好きじゃなかったんですが、今で
は大好物です(笑)
 本日はこんな一台を紹介していこうと思います。

90-8 UDトラックス クオン エネオス タンクローリー
2016.04~
トミカイベントモデル★★No.10
UDトラックス クオン トミカ乳業タンクローリー
2017.08
2018030501.jpg

2018030502.jpg

(トミカ 4582)

 いいですね!!デザインの緩さが結構好きです。トミカ乳業。牛のイラ
スト。最高だと思います。
 小さなトミカ好きには相当訴えるものがありますよね。これは魅力一杯
の一台だと思います。

 自分最近のトラックヘッドアンバランスに大きいと思うんです。基本的
にトラックヘッドって共通じゃないですか。大きな大きなロングトラック
は全然問題ないんですよね、でもダンプなんかも同じトラックヘッド使っ
てるじゃないですか、そうすると物凄く寸詰まりな不思議な車両に見える
んですが、自分だけなんだろうか?

 高性能で、運転に非常に有利な高所からの見晴らしを実現した現在の車
両。そしてなぜだかトラックヘッドはどんどん薄っぺらになってる気がす
るんです。
 それもまた、不思議なアンバランスを生んでる気がします。

 ましかし見た目はずいぶんカッコよくなってますよね。その原因は車検
制度で大きく変更になったバンパーヘッドライトにあるんじゃないかと思
います。
 これだけでも随分近未来的なデザインに見えるようになりました。

 きっとまだまだ変わっていくんだろうな…。ちょっと楽しみではありま
す。きっとエンジン方式も変わってくると思うし。その時はもっと大きく
形状に変化がみられるようになると思います。楽しみに待ってたいと思い
ます。

 さ、本日はこんなところで、また明日頑張って記事書きますね!!

すいませんでした。

なかなか何が起こるかわからない年齢になってしまいました(笑)風邪
やインフルエンザとかならまだしも、なんとなく調子が悪いとか、強烈な
疲労とか。なんだかわからない症状でダウンするようになってしまいまし
た。きついですね。

 すこしづつですが、元に戻していきたいかな、なんて思っております。

 兎に角トミカ博トミカ紹介していかないとね。2日ほど空いてしまいまし
た、頑張って紹介していきます。

 ほんじつは9番からですね。

 この車両についてはいろんな意見がありますね。一個人の意見なんて書
いててもしょうがないので、客観的に見ていこうと思います。
 本日の車両なんですがこんな車両が登場してまいります。

50-11 トヨタ プリウス
2017.01~
トミカイベントモデル★★No.09
トヨタ プリウス
2017.08
2018030401.jpg

2018030402.jpg

(トミカ 4581)

 日本のハイブリッドカーの代表と言えば、この車両ですね。冗談抜きで
名古屋の街のメイン道路で、自動車カウントしてたら、20台数えれば必ず
この車両見かけるような気がします。
 今は一時期のようなことはないと思いますが、プリウスが全盛のころは
間違いなくそうでした。
 そして、当然のように、日本で一番売れている車両はこの車両でした。

 それにしてもこの車両が売れている原因ってのは何なんですかね?自分
にはちょっとよくわからないところもあります。
 やっぱりトヨタさんの力なんだろうか?

 以前に比べると新型車両は見かけなくなった気がします。名古屋でそう
かんじるってことは全国的に見ると結構以前より見かけなくなってると、
おもうんです。でもね、数字は下がってないんです。不思議なものですね

 先代プリウスの売れ方が如何に異常だったかという事なのかもしれない
ですね。

 ごめんね、あまり、まとまった記事が書けなくって。病み上がり、すこ
しのんびり行こうと思っております。
 
 あえて自分が書くこともないくらい安定の車でよかったです。
 さ、明日に続きます。

やはり、ダメでした!

こんなものです。さすがに体調不良には勝てませんでした。
ちょっと本日もお休みします。
インフルでないだけましかもしれないですね。
すいません明日には復活予定ですので。申し訳なです。

少しだけお休みさせてください

本日ちょっと体調不良気味です。どうにも週末が近づくと身体がたがた
で。(笑)なんとかもう一日持たさないといけないので。本日少しお休み
させていただきます。

 自分の住んでる地域の周辺では相変わらずマジョレットのミニカーは、
入手困難です。並んでいるのですら見かけることがありません。
 今、養さんは少し離れたところで仕事していますので、帰りの買い物が
ちょっと離れた地域になります。そこではマジョレットが少し売ってたそ
うで、その中から見つけてきてくれました。

majorette
Honda CR-Z
マッドブラック
2018030201.jpg


 車両的には多分同じなんじゃないのかなと思います。しかしバックの台
紙が新型のものに変わりましたね。うん!我が家的には新しいバリエーシ
ョンです。
 いいですよね!初めて自力で入手したら台紙が変わってる。なんか嬉し
い感じです。
 またどこかで見つけられると、次は外に出せるんだがな…

 そうすると、以前に「ken-6さん」がわざわざ台紙外してくれた車両と
比べることが出来るのだが…。

 またどこかで見かけることが出来たらいいが!

 ちょっと本日体調不良がピークですので短いですがこんなところで。