養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

昨日紹介した車両のインパクトの強かったこと!

兎に角独特のスタイル。そのスタイルに似合った強力なエンジンパワー。
どれをとっても昨日のマシンは凄いと思わせます。フランス車のやる気っ
てのはこう言う車両なんですね。
 自分は結構長い間フランス車見てきましたが、たまに驚かされることが
あるのです。今回のマシンもそうだったのですが、この時代にこのマシン
を発売するか!って時期ですよね。フランス車のエコカーってのもあまり
聞きません。この辺りがフランスの方が車に求めているものの違いっての
が前面に出ている気がするのです。
 その流れは日産車のスポーツカー攻勢にも表れているのですが、流石に
お国柄の違いは否めない。日本ではそろそろ認知されなくなって来ている
ようです。基本車両にエコカーを持ってくる。それも最低HVと言う流れは
確固としたものになりつつあるようです。日産さんの車両構成は嫌でもこ
れから先変更されていくことでしょう。

 しかし親会社であるルノーさんはフランス。当然ですが独自の道を歩ん
でいくのでしょう。昨日紹介したマシンはプジョーさんでしたがこちらも
フランス車。やはり独特の世界観で車両製造販売を続けているようです。

 自分がフランス車の最も感じたビックリ車はルノーさんが発売した車両
スポルスピダーだったのです。雨が降ったら雨合羽着なさい!屋根は幌さ
え装備されていない。そんなことではまだまだ!実はこの車両日本では認
可が降りなかったようですが、フロントガラスが無いのが通常仕様だった
のです。日本で販売されたときにはしっかりフロントガラスがついていま
した。フランス本国使用はありませんでした。新たに開発されたエアーの
流れを利用するエアーフロントガラス。これに乗っておられる方にお聞き
したことがあるのですが、雨の日に高速走っていれば全く濡れないそうで
す。とんでもない技術ですよね!噂では、ルマンとかF1の技術が生かされ
ているのだとか…そんなフロントガラスも無く、幌さえ装備されていない
車なのに、ドアはインセクトウイングという画期的なものだった!フラン
スですよね絶対カッコよくなくっちゃいけない!最高の車でした。

 確かにスタイルではフランス車には勝てないかもしれません。しかし現
代のもてる力を全て注ぎ込んで作られたマシンが本日のトミカです。
 金額的、スピード色々な面で勝ち目がありませんが、名前が良くにてる
ってことで。本日の車両こんな1台になります。

TL0148 Honda CR-Z
2012.10
2012112501.jpg
2012112502.jpg
(トミカ2899)
 
 昨日も少し話題にしてしまいました。我が家も購入してしまった車両で
す。名前は良く似ていますが全く別物。エコカーです。外観はスポーツカ
ーっぽいんですが、内面はしっかりエコカーです。
 でも嬉しかった。自分の乗る車両がトミカになるだけで嬉しかったのに
何と今回リミテッドとして発売になりました。
 普段はどう考えてもトミカがメインのお買い物なんですが、今回ばかり
はリミテッドがメインになってしまいました。

 今回のリミテッドはルーフの部分がグラストップとなっており、細かな
部分は置いておいて、我が家の車両と仕様が同じと言うことになりました。
そんなところも異常に嬉しかった!こんなこともあるんですね。初めての
経験です。
 我が家の車両CR-Zですが、このたびマイナーチェンジが施されました。
外観的にはフロイントグリルの形状変更。ハニカムになりました。大きく
変わったのはステアリングに付くSモードスイッチ。どのモードで走行して
いても、このスイッチで走りが激変します。そしてエンジンパワーも変わ
りました。どんな話題の車両も現代では進化をとめることはできいない。
 今回しっかりマイナーチェンジが施されました。

 したがって、あと3年経過したとき。多分、いや確実にフルモデルチェ
ンジが行われる事でしょう。より未来に向けたハイテクスポーツエコカー
として又登場して来ることでしょう。大いに楽しみです。
 トミカがそのときも注目してくれること願って止みません。

 さて、本日記事が簡単になってしまいました。少しお出かけをしており
ましたので、時間が遅くなってしまいました。又明日はしっかり記事書か
せていただきます。本日はこんな所で。
スポンサーサイト

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://youkei3298.blog43.fc2.com/tb.php/2558-c5adc765
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad