養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

日本の車を語る上で欠かせない一台

出ましたね!この車両が出てこないと!!トミカの車両としても繰り返
し登場しています。この車両に全く触れ合うことの無い世代の方までこの
車両の魅力に引き込まれていく。兎に角傑作と言う言葉が当てはまる車な
のだと自分は感じております。
 現代の車のように充実した装備も無い。シートなども素材、大きさ全て
の面で劣っていると思われます。この感覚の問題は色々で、感じ方はそれ
ぞれなんですね!逆にシンプルを非常に好む方もお見えになれば、豪華革
張りシートが大好きって方もお見えになります。
 これはインパネなどにも言える事で、物凄く色々な好みが存在するわけ
です。しかしこの車が発売された当時、私達一般庶民に比べる車両など無
かった。車を自分の家に置くということが、もう凄い事だった訳です。
 その凄いことを実現させたのが、本日紹介する車両だったんですね。
 排気量は360ccです。今では考えられませんが当時の軽自動車の上限は
何と360ccだったんですね。
 当然ですが、排気量に似合っただけの大きさのボディーです。物凄くコ
ンパクトなのです。しかも当時の平均的な家族4人が乗れる車両。それだけ
乗せて坂道登るのって大変なことなんですよ。自分も若い頃360ccに乗って
いたことがありますので、坂の大変さ実感しております。
 当時のテストに昨日話題にした箱根の峠が出てくるのです。国道一号線
。この坂を登り切ることこれが大変な試練だった。うそのような本当の話
なのです。そんな過酷な試験に合格して世に登場したのが、本日の1台です。
 こんな1台の登場になります。

21-4 富士重工スバル360
1983.06~1997.11
トミカくじII 2
2001.07
2012120901.jpg
(トミカ2911) 
 
 もう超有名車両ですね。トミカでも何台登場したことでしょう。現実に
この車両の走っている姿を見たことが無い方も大好きだと言われる方が一
杯おられます。
 当時外国車の代表であったビートル。この車両の小型版といってもいい
のかもしれません。ビートルに対しててんとう虫。確かに全体的な感じは
よく似ていると思います。
 この車両の生産に当たって、ビートルを参考にしなかったと言うほうが
無茶だと思う。あれだけの素材が目の前にあって、コンセプトが似通って
いる。参考にしないわけがないですよね。大なり小なり必ず参考にしたと
ころがあるはずです。
 まだまだ日本の自動車メーカーが独自性を前面に出せるような時代では
なかった。色々な国の車両を見ながら一生懸命真似ながら前に進んでいた
時代です。現在の某国のコピー車笑ってられない時代があったんですよね。
 その時代があったから現代があるとも言われています。
 そんな時代に日本が作り上げた車両です。
 
 しかし可愛いですよね!現代の可愛いという褒め言葉。まさか車にまで
適用されてくるとは、当時作られた方思っても見なかったでしょうね。
 車の売れる要因に、可愛いが入る時代。まさかこんな時代が到来すると
は。時代の流れって凄いものですね!
 車もどちらかと言うと男性の考えに優位性があったように思うのです。
しかし、世の中は男女が当然ですが同じ扱いとなる。女性が気に入る車両
が登場するのも当たり前です。可愛いは現代の車にとって大変大切な要因
と言うことなんですね。
 まだまだこれからどんどん車は変わっていくのでしょうね。しかし不思
議なもので、ホンダさんが登場させた車両は、360cc当時圧倒的に人気の
あった車両のリメイクと言ってもいい車両だった。
 時代はくるくる回っているんだな。そんなことを感じてしまいます。本
日紹介した車両もリメイクされて登場してくるかもしれませんね。
 うむ~古い車は色々考えさせてくれます。楽しいです。さ、長くなりま
した、本日こんな所で終了です。
 名古屋でも初雪が降りました。寒くなってます。皆さん気をつけてくだ
さいね!!では又明日も元気に!!
スポンサーサイト

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://youkei3298.blog43.fc2.com/tb.php/2572-36e85604
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad