養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

これまた新たな分野開拓ですね!

基本的にこういった車両でメーカーがオリジナルで制作している物はな
いのかもしれません。ロールスロイスとかベントレーにはあるのかな?
 あまりにも高級車両につき私達が知らないことの方が多いんです。しか
し、ロールスロイスとかベントレーだったらお金さえ出せば、メーカーさ
んが作ってくれるんではないかそんな気がします。
 あの辺りの車両の値段ってもう天井知らずですから。どちらかというと
オーダーメイドと言っても過言じゃない。土地付きの高級住宅が買えちゃ
いますから。オーナーさんになろうという方にとっては痛くも痒くもない
金額なんでしょうが、私達にとったら夢のまた夢のような車両たちです。

 本日紹介しようとしている車両たちは、その高級車をベースにして一層
高級な車両を作ってしまおう!というコンセプトの車両たちです。元々自
分の中ではアメリカ車のイメージしかないのです。リムジンという言葉は
アメリカが作り出した車両カテゴリーだと思います。
 今でこそアメリカに対して大きな憧れを抱く日本人少なくなりましたが
一昔前にはアメリカは日本人の誰もが憧れる場所だったんです。その中に
は日本国内では大きすぎるアメリカの車もあったんです。世界のトヨタと
言う車メーカーが存在しますが、そのトヨタさんだってアメリカ車に憧れ
あんな車が出来たらいいな!から始まってると思うんです。アメリカンド
リームそんな言葉がよく似合う車両本日は紹介して行こうと思ってます。
 こんな車両の登場になります。

136-2 キャデラック エスカレード
2012.12~
2013012301.jpg
2013012302.jpg
(トミカ2955)

 現車は残念ながら名古屋では見たことがありません。名古屋の町の中を
走っているリムジンはハマーをベースにした車両です。なんだか運転しず
らそうです。このホイールベースでは仕方のないことなのかもしれません。
 以前自分が知っていたリムジンというのはここまで長くなかった。座席
2つ分くらい長いかな程度のものでした。しかしそれでも長く感じました。
 元々警護の人間が前に座れる、それでも邪魔にならないくらいの長さだ
ったんです。いつ頃からかこんなに長くなってしまいました。
 しかしこの車両フロントエンジンですよね。トミカを見ると中間パイプ
が延長され、リアからハイクするように仕上げてあります。
 残念ですがこれは有り得ない気がする。なんでそんな危険を冒してリア
から排気しなければいけないのでしょうか?サイドマフラーで十分じゃな
いですか?多くのリムジンはサイドマフラー化が施されております。
 そしてシャフトもあり得ない。少し段差があるだけで亀の子になっちゃ
う。常識的に考えてFFに機構変更が通常ですよね。

 ミニチュアカーに色々言ってもしょうがないですね!でも思い切った車
両をミニチュアカーにしたものです。個人的にはシリーズ化はして欲しく
ないな…。一台でおなか一杯になっちゃいました。
 この車両ってやっぱり働く車なんですかね?(笑)カテゴリーが難しい
な~!!

 さて週の折り返しになりました。きついな~!もうあと3日間仕事しな
いと休みがやってこない。頑張らないと。う~~~しかし眠い。
 今週末はW.M.C.Cの定例会です。仕事終わったら参加したいと思います。
さ、もう少し頑張って行かないとね!!皆さんもファイトです。
スポンサーサイト

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://youkei3298.blog43.fc2.com/tb.php/2618-63edc410
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad