養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

このシリーズにも訪れた現実。

この車両のバリエーションが出たのは物凄く嬉しいことです。カーズの
シリーズの中ではっきりと日本車だとわかる一台です。ネーミングから日
本車なのだろうなと思われる車両は結構いるんですけど、車両特定が難し
い。逆に車両を見ていて、これって日本車じゃないかなって車両もいるに
はいるのですが、表に出てこない。
 特にトミカという名前で登場する車両は物凄く数が限られている訳です
からね、この車両が選ばれたのはどういった理由からなのかわからないの
ですが、それでも私達車好きも納得できる車両選定だったように思えます。
 
 その日本車代表ともいえるこの車両、前回のカーズトミカシリーズ新作
が登場したとき、カーズトミカ初の世代交代という波に飲まれてしまいま
した。まさかカーズで世代交代が行われるとは思ってなかったので、ちょ
っと吃驚してしまいました。
 ま、永遠に種類を出し続け、すべての車両を売り続けるのは物理的に不
可能な話なんですけどね。でも37番辺りで折り返しになるとは思ってもい
なかった。
 番号の中には、メーターやマックィーンのようにダブって登場している
車両なんかもあるわけで。そちらの車両から世代交代を始めるべきなんじ
ゃないのか、そんな風に思ったりもします。なかなかトミカ好きの勝手な
コレクターの意見と、世間一般の意見は異なっているという事なのでしょ
うね。しかし残念なことです。
 最初に書いたように、セット品の中の一台としてですが新たにバリエー
ションとして登場してくれたのは嬉しいことだとい思います。多分ですが
あくまでも個人的な考えなのですが、これから先当分登場することもない
のでは、そんな風にかんじられます。

 さ、本日の一台こんな車両の登場になります。

マッハ・マツオ
(ジャパンチームタイプ)
チームシュウ・トドロキセット
2012.11
2013012701.jpg
(トミカ2961)

 お!ヘッドセットが付いた仕様ですね。お約束ではありますが、ちゃん
と目の位置は変えられております。こういった微妙な変化がコレクターと
してはたまらないわけです。
 実は箱バリも登場してるんですよねこの車両。ディープなコレクターさ
んは、この中の車両にも微妙な違いがあるということを発見したようで、
車両に対してもバリエーションがあるのだと言われておりました。
 残念なんですが自分にはもうそれがどんなバリエーションなのかすら覚
えていない状況なので、物凄く微妙な違いなのだと思います。
 トミカ研究者の皆さんは日々検証を続けているのでした。頭が下がりま
す。
 もともと単価が高いところに設定してあるカーズトミカ。それがセット
になると当然設定価格が上がります。トミカ研究者の皆さんはきっとロッ
トが変わると購入され、又細かな検証をされるのでしょう。物凄いことで
す。トミカに対する情熱、しっかり感じ取ることが出来ます。
 
 タカラトミーさんが沢山商品出すと、皆さん滅茶苦茶、苦労される事と
なります。もうちょっと発売ペース落としてくれると助かるんですが。
 そんな風にお感じます。ま、独り言です。気にしないでね。

 さて、昨日はW.M.C.Cの定例会でした。いろいろなお話して、美味しい
ものも頂きました。その中で物凄く感動したことがありました。
 昨年W.M.C.Cのメンバーさんがデザインが採用され、一年間レースシーン
で活躍した車両があったのです。待ちに待ったその車両が、やっとモデル
化されたのでした。
 そして、そのモデル化された車両が大量に並べられったのでした。
 いや~それが又壮観な眺めなんですよ。いいですよね!デザインされた
方が目の前にいて、そのデザインしたミニチュアカーが大量にいる。
 こんな景色、ミニチュアカー好きだけをオンリーにした集まりでは絶対
見られない風景だと思う。なんともミニチュアカーに嵌っててよかったな
と思う瞬間でした。手のひらサイズになった立体化されたデザイン。
 最高の瞬間でした。毎回色々楽しませてくれる定例会でした。
スポンサーサイト

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://youkei3298.blog43.fc2.com/tb.php/2622-2e5c535a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad