養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

昨日の一機では終わらないのです。

ほとんどの方は生まれる前の商品なんです。こんなものが未開封のまま
残ってるってのがもう不思議ですよね。物凄い貴重なものだと思うんだ。
 こういったシリーズのプラモデルたち。駄菓子屋プラモって呼ばれてい
ます。そしてそのファンも物凄く沢山おられるようです。

 こうして自分のような素人が簡単に記事が書けるのは、そういったしっ
かりとしたファンの方がおられ、多くの資料を残してくれているからなん
です。そして又すごいのが、この古いキットをしっかり作り上げていたり
するんです。物凄い勇気だな!!出来上がる飛行機のサイズは手のひらに
乗る大きさです。1/120になっております。
 自分達がよく製作した、ハセガワのプラモは飛行機モデルの標準と言わ
れている1/72です。今回紹介しているものが如何に小さいものなのかわか
りますね!!
 しかしこの駄菓子屋プラモのサイズってのが、現在結構メジャーになり
つつある、F-toysの大きさの基準になっていたりするんですよね。F-toys
はこんな所から脈々とつながっているのかもしれないです!!

 さて本日もなかなか魅力的な一機が登場してまいります。自分も過去こ
の機体何度か製作した記憶があります。メッサーシュミット同様、ドイツ
軍を代表する名機なんじゃないかと思います。こんな一機の登場になりま
す。

三和 ミゼットシリーズ
No.25 ユンカースJu87
1962~1963
2015091001.jpg
 愛称はシュトゥーカ。シュトゥーカって急降下爆撃機を意味する「Stur
zkampfflugzeug」(シュトゥルツカンプフルークツォイク)の略。なんか
物凄く旧式な機体に見えるのですが、実は物凄く高性能!凄い機体なんで
す。機体の出来は大きさ、時代を考えればこんな感じだと思います。しか
し挿絵が良いですね!なんとも良い味出してます。素晴らしいです!!
2015091002.jpg
 さて昨日少しだけ触れたのですが本日は三和について少し調べてみまし
た。こんな素敵なモデルを53年前に作ったメーカーについて。結構短命の
会社だったようです。初期の三和モデルとして確認されてるのが1961年~
1962年です。その一年後1962年~1963年に発売されたモデルがミゼットシ
リーズなんです。このミゼットシリーズは輸出もされてたんだね!

 当時の駄菓子屋さんで売っていた金額もわかりました。30円だったよう
です。これは結構子供にとっては高級品だぞ!!
 全29種類だったようです。しかし、ここにもカラクリガあり、24番~29番
間での5台は創業当時のシリーズから移籍してきたようです。
 そしてなんと…。1963年12月に倒産!!なんと言う劇的な!!!結局3年
間だけ製造販売された商品って訳なんです。
 しかしこの当時は、消えれば、必ずなんかの形で登場してくる。1964年
に東京プラモとして再登場してくる。しかしそこのもまた素敵なオチがま
っていたようです。東京プラモのミゼットシリーズ実際に発売になったの
か全く確認がされていないそうです。

 他にも三共ピーナツと言うモデルも存在し、こちらは1/150だったようで
す。一回り小さかったんですね。
 この時代は駄菓子屋プラモの全盛期だったんでしょうね!
 コレクターさんが製作された写真とかWeb上で見ることが出来ますが、
上手いものですね!!キットの出来よりフィニッシャーの力ですね。

 当時は絶対的にゼロ戦が大人気でこういった駄菓子屋プラモにも絶対必
要不可欠な機体だったようです。もう今ではゼロ戦知らない子供も一杯い
ますからね!時代は確実に流れてるんだな、そんな風に感じることが出来
るとても貴重な時間でした。

 「のっぽさん」楽しい時間を与えてくれて本当にありがとうございまし
た。そして明日は車に戻っていきますが、これも普通じゃないぞ!!自分
小さい頃多分同じもの持ってたきがします。こう言った玩具って記憶の片
隅に必ず残ってるものですよね!明日も一生懸命調べていきます。
 では又明日楽しんで行きましょう。本日もお付き合いいただき感謝でし
た!楽しい時間でした。明日もよろしくです!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://youkei3298.blog43.fc2.com/tb.php/3589-bacebfe1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad