養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

あいたたたた!

書いた文全部飛ばしてしまいました。痛いな…時間もないし。ごめんねち
ょっと短めの分になっちゃうかもしれないです、お許しください。
タイムリミットまで30分くらいです。果たしてこの間に撮影して文書いて
どこまでいけるか、挑戦です。もし時間超過になるようならお許しを。な
んかなりそうな予感がしています。

 さて本日紹介する車両なんですが、昨日紹介した軽自動車の相方になり
ます。物凄く話題になった軽自動車の相方どんな車両が適任なのか、自分
は車両を見る前に考えてみました。外国車だろうか?しかしこれって軽自
動車には合いませんよね!外国車なら多分そちらの方がメインになってる
はずだし。初回が軽自動車に出たと言う事は、国産乗用車をここにぶつけ
て来る可能性は殆どないですから、国産乗用車の枠も消えましたね。残る
は働く車ですよね。緊急自動車は先月登場してきてますのでこの枠も削除
です。純粋に働く車だろうと予測。

 で、車両を確認してみる。なるほど!ここに持ってきましたか。これは
有りかも知れないですね。最近のタカラトミーさんが結構力入れてるメー
カーなんじゃないのいかな。デザインは今回も奥山清行氏です。やはり凄
い腕前をお持ちのようで、間違いなくヤンマーの製品すべてのイメージを
変えて行ってる気がします。自分の中ではこのデザイナーさんはドゥカテ
ィのデザインをされたと言うイメージが大きく、ここまで広い分野で仕事
ができるのは本当に凄いと思って注目しています。これからのヤンマーさ
んの製品を大きく変えていかれるデザイナーさんなのではないか、そんな
風におもって遠くから見ております。凄いですね~!デザイン力が会社を
左右するんですよ。素晴らしいです。

 さて本日はこんな農工機の分野を紹介していこうと思います。こんな1台
の登場になります。

28-10 ヤンマーコンバインYH590
2015.10~
2015120101.jpg
2015120102.jpg
(トミカ3919)

タカラトミーさん、物凄くいいところに目をついけてると思う。農工機の
モデルというと自分の中ではSikuが出てくるんですが、車種を選んで一つ
の作品としてモデル化する。このコンセプトは大きくSikuとは違うところ
なのではないかと思うのです。Siku的には農園を再現するには多くの日陰
のモデルを紹介する。実はこれも物凄く大切なんですよ。このコンセプト
もないとミニカーファンは寂しいんです。(特に養さんは。笑)同じ農工
機何だけどいってみたらデザイナーズブランド的な商品をピックアップす
る。いいんじゃないのかな!!トミカがイタリアンスーパーカーのランボ
ルギーニに力を入れているのは、やはり元が農工機ブランドだったからな
のかな~なんて勝手に想像しながらワクワクしています。(笑)

 農工機を馬鹿にしてる方なんていないと思いますが、良いもんですよね
!!ミニカーすきの自分としてはこういったある意味日の当たらない、そ
してトミカがなかったら注目すらしないであろうモデルの登場は、堪らな
いです。

 でも、トミカの農工機見てこんなに喜んでるファンも少ないと思うんで
すよ。(笑)自分でも文書いてて、こんなに楽しんでるのに始めて気づい
た!!面白いです。
 今度養さんと時間が出来たら、長浜のヤンマーミュージアムいって農耕
機堪能したくなってしまいました。

因みにURLはっておきます。知らない方なんて見えないとは思いますが、
もしご存じない方がおられれば、参考にしてみてください。

http://www.yanmar.co.jp/museum/index.html

あ~楽しかった。30分てっ結構ありますね。少し時間が余るくらいでした。
普段切羽詰らないとこんなスピードで文書けないんだけどね。(笑)だら
だらが言い訳じゃないんですね。しかしこんなガチンコは勘弁かな!!笑

 さて明日なんですが紹介何にしようかな?色々ありすぎて困ってしまい
ます。明日は記事飛ばさないように気をつけます。しかし全く違った文を
2回書いてしまいました。最初は何書いたか忘れちゃった。笑
では、又明日です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://youkei3298.blog43.fc2.com/tb.php/3671-16ce710f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad