養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

なんだろう?この魅力的なフォルム!!

大きな企業、何をやってもやはり成功しちゃうんだな!そんな感じです
ね!凄い事だと思います。2016年現在本日紹介する車両と同じコンセプト
の車両製造販売するだけの勇気自動車メーカー持ってるだろうか?残念な
がら無理なようなきがする。

本日登場して来る車種は昨日紹介した車両とは少し違った側面を持った車
両なんじゃ無いか、そんなふうに感じております。確かに物凄くコアなフ
ァンが存在するという意味では同じなのかも知れないですが、その根幹に
位置する物があまりに違い過ぎるとかんじます。
 脈々と続いて来た歴史がこの車両にはあるのです。多分現在トミカファ
ンの主流の年代の方が生まれる遥か以前からある、信頼という大きなブラ
ンドを持ってる車両が、本日の車両なんだと思います。

 その車両の容姿は昭和を彷佛とさせる。自分を含めた古い昭和人間から
したらもう間違い無く直球のストライクです!!
 用途を考える事無く、自動車購入に際してなんの問題も無く、駐車場等
の諸問題も考え無くて良いという条件下であれば、申し訳無いですが今す
ぐディーラーに行って買っちゃってます。

 しかし車両形態といい、実に独特で現在の名古屋市内に住んでいるもと
して少し非現実的な車両のように思えます。だからこそ魅力一杯なんだけ
どね!!これだからトヨタさんは侮れない。この車両を真正面から販売し
ちゃう凄さ。恐れ入ります!!

 若い方にはどんなイメージで写っているんでしょうね?この車両。超古
臭い車両なんだろうな…。基本商用車なんか若い方が真剣に見てくれてる
とは思わないのですが、おぢさんたちはこんな車両をカッコイイ!!と思
って見ているのだよ。ジェネレーションギャップかね。(笑)

 さて、本日はなかなか魅力的な車両が登場します。(あくまでもおぢさ
ん世代限定かもしんないけど。笑)こんな一台です。

103-6 トヨタランドクルーザー
2015.02~
第44回東京モーターショー2015開催記念トミカ
NO.12 トヨタランドクルーザー
2015.10
2016021301.jpg
2016021302.jpg
(トミカ 3976)

めっちゃカッコよく無いですか。名古屋の町中で地下駐車場とか駐車する
の苦労しそうだし、現実的に自分が購入する事は無い車両だとは思います
が、しかしこの車両もし購入出来たらこんなふうに改造するな~!!とか
しっかり頭の中に思い浮かんで来るんです。
 シンプルなボディー形状だからこそ、余計にここが触りたいとか、なん
か買いもしないのに妄想だけは広がるとんでもなく素敵な車両です。

 あなたならどんなふうに触りますか?自分ならこのクラシックなボディ
はそのままに、足回りとか新しい物に変えていっちゃうだろうな。
 まず、ホイールの大型化、バルーン系タイヤ。ちょっと派手なスリーピ
ースホイールなんか履かせちゃったりして。ボディー外のロールバーなん
かもあえて付けたいな!格好のよさだけ求めた大きめのロールバー付けた
い。極め付けは無駄に一杯のフォグランプ。それも旧式な丸型のものがい
いな!
 シートは必要かどうかは二の次にして、赤いレカロがいいな!!オーバ
ーフェンダーも絶対欠かす事の出来ないアイテムです。ワークス系が欲し
いところです。電動ウインチ何かあるとかっこいいよね!!
 
 こんなバリバリオフロード攻めます的な車両をピカピカにワックス掛け
て街の中で乗りたい!!(笑)名駅前とか走ったらそのアンバランスで涙
が出るくらいワクワクしそうだ。音は残念ながらあまり触ろうとは思わな
いので、妙に細い水道管のようなマフラーがかっこいいと思う。(笑)

 現在では考えられないですが、窓の開け閉めがレギュレーターハンドル
だったら最高なんだけど。これは無理だよね。エアホーンも捨て難いな…。
 何となく想像つきますか?自分が乗りたいランドクルーザー。(笑)

 本日の1台、そんな妄想を駆り立ててくれる最高の車両です。無理に判ら
なくても良いからね!!(笑)でも多分自分が今回羅列した変な改造。一
緒にうなずいてくれる仲間がいると信じております。(笑)

 さ、本日こんな感じで取り留めも無く終了します。あ~本日も楽しい妄
想でした!カスタマーさんだったら形にしちゃうんだろうな。その技術う
らやましいです。ではまた明日です。あ!!明日ですがこのシリーズの最
終日になります。12日あっという間でした!楽しかった。では明日!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://youkei3298.blog43.fc2.com/tb.php/3747-0ae549a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad