養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

最終日です。

順当です。最後の一台はこれに決まってますね。昨日の記事にもしまし
たがやはりこの一台はどうしても同じ車両って訳には行かないような気が
するんだが。なかなか難しい物がありますね。

 日産さん復活の為に一度大鉈がふるわれたラインナップ。スポーツカー
という分野の車両達は姿を消して行ってしまいました。そして強烈な、流
行の言い方であれば、無慈悲なまでのコスト削減が行われ、日産さんは現
在のように甦って来た訳です。
 そして、当時の外国人社長さんが甦った日産さんに与えた恩恵。それが
スポーツカーの再生産というご褒美。

 日本の常時販売するスポーツカーとしては異例の大型排気量の車両。そ
して「伝統のネーミングの復活」これは大きな話題となり、確実に当時の
日産さんの売上に大きく貢献した物と思われます。
 少し皮肉なんですが、現在はその大排気量が世間一般的な考えに合致し
ない無用の長物だという指摘もでております。

 確かにスポーツカーに関して何か大きな批判が出ているようには感じま
せんが現在の日本の自動車における小排気量化は極一般的で、日産さんの
大排気量メインの生産がその標的になってもおかしく無い。そんな風に見
えます。
 残念な事に現在の日産さんでは2000ccクラスの高性能小排気量エンジン
生産出来ないんじゃ無いのかという、真しやかな話しですら登場する始末。
 現実にダイムラー製エンジンですからそう言われても仕方のない事なの
かもしれませんね。どう考えてもこの時代に3700ccのエンジンなんて絶対
必要無い気もします。もう少し、せめて排気量のみでも抑えられたら。
 そんな事を感じる自動車ファンでした。

 形や批判はともあれ、兎に角ネームの復活はニッサンファンの皆様には
朗報だった事と思います。発売されていなかったら、いくらお金を溜めよ
うと購入出来ませんからね!!いつでも買えるハイパースポーツカーをレ
ギュラーで生産し続ける日産自動車さん、応援はしております。
(どんなに頑張ったって、あの値段じ絶対に買えないけどね!!笑)

 さ、最終日こんな一台が登場してまいります。

94-6 日産GT-R
2009.01~
栄光のGT-Rセット
R35
2015.12
2016031702.jpg
(トミカ 4009)

 しかし見れば見る程別物ですね!!完全に自分達がイメージしてるGT-
R像はなくなっております。
 昔からのファンはどうしても箱のセダンスポーツカーと言うイメージを
持っております。果たしてそれが各時代のGT-Rに当て嵌まるかと言うと
なかなか難しい所ではありますが、少なくともスカイラインという名前が
示すような、特徴的なボディーラインが皆生かされて生産されていたよう
に思います。

 色んな意味でGT-Rが世界を代表するスーパースポーツとなった事は、
日産ファンの皆さんは大歓迎なんだろうなと思います。
 しかしスカイラインファンは複雑なんだろうな。難しいですね!世の中
ってどっちも立てるってことはやはり出来なかったのか…。今後も絶対に
解決して行かない難しい問題だと思います。

 最終日ですので外箱を紹介して行きます。こんなかんじでした。
2016031701.jpg

 なんかやっぱり、昔のようにPP使用した外箱が良いな。何だか折角のラ
インナップを誇るセットが安っぽく見えてしまう。出来る言ならセットに
よって外箱の使い訳なんて出来たら良いのにね!やはりこう言った特別な
セットには若干の高級感は必要だと思うんです。臨機応変に対応して頂け
たら嬉しいですよね!!

 さ、今回の素敵なセットこれで終了になります。如何でしたか?個人的
には久し振りのギフトセットでしたし概ね満足の行く物でした。出来る事
ならもう少し入手し易いといいですね!又次回に期待しましょう。
 では今回のセット紹介こんな所で終了して行きます。明日からなんです
が、これまた難解なセットを紹介して行く事になります。又気合いれて頑
張って紹介して行きます。宜しくおつき合い下さい。では又明日です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://youkei3298.blog43.fc2.com/tb.php/3780-99108e43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad