養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

少し前のトミカの意味

少し前。この表現が年代によって随分違うと思うのですが、若者にとっ
てはもう創世記の代物。すっかり忘れ去られていても不思議ではないくら
い古い物だったりします。しかし自分達おぢさんには、単に懐かしくはあ
るのだが、めちゃめちゃ古いと言う感覚で見る事もないかも知れない。

 そんなとき私たちにとって非常に都合のいい言葉、少し前!!確かに間
違いではない表現ですよね。(笑)を使います。
 ひょっとすると本日紹介しようとしている車両の本来の用途を現在の若
者は知らないのではないかとおもう。地域的な物はあるかとおもいますが
少なくとも自分が生息してる名古屋の若者は知らないのではないか、そん
なふうに想像いたします。

 名古屋市は比較的早い時期に下水道施設が市内に張り巡らされていたと
聞きます。じぶんが名古屋に出て来た頃には当たり前に水洗でしたから。
 自分の田舎の方は、農家との絡みがあり相当遅くまで水洗が完備されな
かった記憶があります。

 山の中ですから仕方のない事なのかも知れないです。今も下水が完備さ
れていない地域となると相当限られて来ると思いますが、つい最近廃止と
なった北海道の無人駅はまだ水洗ではなかったように記憶しております。
 その駅だけという可能性もありますので、なんとも言えませんが。
 まだ日本全国見た時100%ってことはないのかも知れないですね。

 少なくとも私たちが住んでいる地域で、現在小学校に通う子供さんとか
実際のトミカ適齢期の皆さんは、全く見当もつかない車両である事間違い
ないです。こんな車両が昔は活躍していたんだぞ!という本日のお話にな
ります。あ~何だか凄く昔話しをしているような…。(笑)
 さ、本日の車両。とても大切な車両だったにも関わらず、ものすごく嫌
われていた車両です。こんな一台です。

18-4-1 トヨタダイナバキュームカー
1980.01~2001.02
2016041101.jpg

 ひょっとしたら店長のお店に逆戻りする可能性もありますので、トミカ
番号無しにしておきましょうかね。
 さ、この車両知ってる人!!手が上がった方、絶対昭和を生きて来られ
たかただ。(笑)
 多分知らない世代が圧倒的に増えて来てると思う。水洗じゃないトイレ
なんて想像出来ないよね。
 最近では和式のトイレですら使えない子供も多いとか聞きます。時代の
流れなんでしょうね。うん。確実に色々な物が目に見えて変化してきてる
んですね。
 海外の反応等を見ると、日本の印象として一番最初に出て来るのがトイ
レのハイテク化だと思います。あまりの進化に以前日本はトイレ文化後進
国だったことを忘れてしまいそうです。

 少なくとも私たちが小学生だった頃はこの車両が街の隅々を走り回り一
生懸命仕事をしておりました。記憶にありますか?小さい時様式トイレっ
って?残念だが自分の年代には略なかったんではないかと思います。

 ま、なにせ校舎ガが完全に木造の時代でしたから。これはもう仕方ない
事かな。日本もこんな時代を経て現在のトイレ先進国になったのだと思い
ます。
 なんだろう?本日はトイレを妙に熱く語っている自分がいます。(笑)

 いまだ海外旅行に出かけると。特にアジア諸国は以前の日本とあまり変
わらない現状がまっているようです。こうして海外を訪れる事によって、
少し前の日本を知る事ができるんだと思います。(ほら少し前が出て来た
!!笑 表現方法としては随分前の方がいいのかもしれない。)

 本日の記事意味が判らなかった少年少女諸君は、お父さんお母さんじゃ
なくおじいちゃん、おばあちゃんに聞いてみよう!残念だが具体的に記事
にするのは流石に憚られる。(笑)
 では又明日も少し前のトミカ紹介は続いて行く。
スポンサーサイト

コメント

こんばんは。
今の子供たちの世代だと画像の車両が
どういう車両なのか、わからないでしょうね。
私の地元にはまだこの車両の実車はあると思います。
まだ水洗化されていないところがあるようですので。
ただ現在の車両はタンク部分が囲われていて
一見しただけでは当該車両だとはわからないようですね。

画像の車両をよく見かけたころ、遠い子供時代、
あの臭い和式トイレを思い出します。
なぜかというと。。。あの穴から落ちそうになったことが。。。(汗)
水洗式はどちらのタイプであっても穴があっても
小さいし、ちょっと濡れるだけですみますが、
昔のは穴も大きかったので子供ながらに冷や汗ものでした。(滝汗)

今の日本のトイレのハイテク化にはすごいものがありますね。
温水便座だけの時でも驚きましたが。
日本在住の海外の人たちが里帰りする際に家族のお土産に
日本のシャワートイレを持ち帰り、家族が初使用後の反応を
紹介していましたが、皆一様に驚いていましたよ。

別の時にメディアで日本で実用化を目指しているトイレが
紹介されていましたが、それはトイレを済ませた後、
お尻まで拭いてくれるというのものでした。
いったいどこまで進化するのかわからないですね。




  • 2016/04/12(火) 22:35:39 |
  • URL |
  • プラム #A1Vas9nI
  • [ 編集 ]

プラムさん、こんばんは!!

自分もそう思います。間違いなく現代のトミカ中心世代の
少年少女にはこの車両全く理解できないでしょうね。
急速に脱田舎化が進んでいるように感じる中部地区です。
多分自分の田舎ですらもう見かけないと思います。
自分の実家は岐阜県と長野県の境にあるんです。すこし
だけ車で移動すると長野県という山の中なんです。しかしそこで
すらしっかり水洗化が進み、見かけることがなくなりました。
ながのけんはどうなんでしょうか?ひょっとしたら木曽の奥に
向かうとまだあるかもしれないですね。

よく車で向かう道の駅。一杯回ってるんですが、そのなかで
流石に非水洗はありませんね!比較的多く報告されるのは
JRの駅だったりしますね。
なんだか不思議ですが、駅は非水洗トイレの場合が多いようです。
そして無人駅も多いです。お~何か怖いな。(笑)

ぼっとんにぼっとんは怖いです!!ヤバカッタですねそれ。
今から考えると子供にとってトイレは命がけでしたね!(笑)
何か冗談のように書いてますが、やっぱ怖かった気がする。
現代の子供達にはこの体験どう説明していいやら。

ほんとうですね!超進化とでも表現したらいいのでしょうか
あまりの進化に目を見張るものがありますね。
名古屋駅なんですが多分プラムさんもご存知かと思うのですが
新しい背の高いビルがにょきにょき伸びてきています。
その進化にも自分はおどろいているのですが、新たにできる
ビル内のトイレの美しさにも目を見張るものがあります。
あんなの見たら、確かに観光客の外国の方欲しくなり
ますよね!メーカーも駅前の一等地。人の目にもっともつきやす
地域。力はいってるんだと思います。兎に角凄いです。
名古屋は比較的海外の方少ない地域ですから、それ程
見かけることもありませんが、余談ですが、何故か自分
やたら外国の方に声かけられます。(笑)多分日本人に
見られてない可能性大です。(笑)
偉大な田舎名古屋。ま、これからもちょこっとずつ変化して
行くのかもしれないですね。

  • 2016/04/12(火) 23:49:13 |
  • URL |
  • 鶏 #8iCOsRG2
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://youkei3298.blog43.fc2.com/tb.php/3806-79266363
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad