養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

個人的には押してます!

少し前の記事にも書いたのですが、そろそろ新ストーリーは絶対に必要だ
と思います。どれだけカーズが好きな方が多いといっても、やはりその印
象はどんどん薄れていってしまうものです。
 そろそろ新しいカンフル剤を!!トミカのこのシリーズも手を変え品を
変え実際のストーリーと全く関係のない車両を登場させて、新車として販
売する。

 基本カーズもディズニートミカですので、しっかりとしたファンがつい
ています。どんな状態で登場して来たって、確実に売れるんですけどね。
 それが判ってる。でも決して商品は手を抜いているわけではない。しっ
かりした塗装と、しっかりとしたコンセプト。
 逆に考えたら、ここまでストーリーに間が空いたにも関らず、しっかり
売り上げが伸びるってのがもう凄い。

 このあたりで新作が登場したら、また結構売れるだろうな…。そんな風
に感じております。
 基本的に車の擬人化ってのは、車好きの夢みたいなところがありますか
らね。少し形は違うのですが、ナイトライダーなんかも角度の違う擬人化
だと思うのです。一緒にしゃべりしながらドライブできたら面白いけどね。

 いかんいかん。話が擬人化のほうに脱線していってる。
 なにせカーズの新車紹介しようにも、新たなストーリーがあるわけでも
なく、こんな車両いたっけ?見たいな車両ばかりが登場して来るわけです
から、どう記事を書いて良いやら。話も脱線するわけですって。
 さて本日なんですが、こんな車両のこんな仕様です。

カーズトミカ
ミゲル・カミーノ
(カーボンレーサータイプ)
2016082401.jpg
2016082402.jpg
(トミカ 4146)

 最近のカーズトミカの主題はカーボンレーサーズというシリーズのよう
です。
 結局これって、カーボン調の仕様のトミカって事ですよね。

 ひょっとしたらミゲル・カミーノすら忘れちゃってないかい?こんな車
両だったんだよ。

ミゲル・カミーノ代表国・スペイン
ゼッケン_ 5
スペイン代表のレーサー。ボディデザインはダッジ・バイパーやシボレー
・コルベット C6に近い。

 パンプローナ出身。最初に注目を集めたのは、ブルドーザー追い祭りに
参加したときのことで、ブルドーザー闘牛場で見せた彼の闘牛士としての
直観力とスタイルとスピードは、若い世代のブルドーザー闘牛士たちを感
化しただけでなく、その後間もなくして、「グランド・ツアーリング・ス
ポーツ」のレーシング・サーキットでも、そのスピードと気迫でファンた
ちや他の出場者たちの目を奪った。

 地元であるカタロニア・サーキットのチャンピオンとして有名。第1戦
の東京ではグレムの攻撃で最初に故障される。

 第2戦のイタリアでは故障したシュウに巻き込まれる。ペトロ・カータリ
ナミゲル・カミーノのチーフクルー。車体はオペル・コルサ(4代目)。

 こんな車両でした。

 って書いてる自分もあんまりはっきりと覚えていなかったりします。登
場人物が多いからね!!
 この車両もバリエーション2代目。これからも増えていくのかな…。ま
出たら買っちゃうんだろうな。カーズは辞められません。明日ももう一
台出てますので紹介していきます。ではまた明日です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://youkei3298.blog43.fc2.com/tb.php/3943-fce3a8b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad