養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

貴重なトミカです

昨日に引き続き、「来夢音さん」から頂いたトミカの紹介になります。
本日も昨日同様、日本国内が販売対象で無いトミカの紹介になります。こ
のトミカも色々な種類が登場する事と成り、海外では結構定番化されてい
るのではないのだろうか。

 しかしアジアって物凄く広く。自分2年程バックパッカーをやっており
ましたがあまりの大きさに果て無し状態で。
 自分の中では当時の現状しか残っていない物で、その後多くの国がどの
ように進化したのか、全く理解出来ておりません。
 自分が放浪していた時代のアジア、はっきり言ってミニチュアカーを購
入して収集出来る国なんて殆ど無かったように感じます。
 今ではトミカバブルの引き金になったような中国。当時はミニカー購入
して収集するなんて、もう全然。そんな余裕のある国では有りませんでし
た。
 当時そんな事が出来た国と言えば、自分が訪れた国としては香港。今は
中国になっちゃいましたけどね。そしてシンガポール。それくらいのイメ
ージしか無いな。
 その後急激に発展を遂げた国が多く、どんな事になっている事やら。

 今回紹介させて頂くトミカはどの国がメインと言う訳ではなく、アジア
を広範囲に捉えたシリーズとなります。

 車両の名前聞いても全然知らない状態ですから。自分これでも一応ホン
ダファンなんだけどね。それでも知らない名前だったりします。世の中に
はそんな車両一杯存在するのだと理解しております。

 さ、本日の車両なんですが、こんな車両になります。

Honda ブリオ
(タフホワイト)
アジア限定トミカ
2015.06
2016082901.jpg
2016082902.jpg
(トミカ 4149)

 ブリオ。トミカで見て始めて知った名前です。果たしてどこの国を対象
にどこの国で作られている車両なんでしょうね?

 少しだけ調べて見ました。基本的にタイ及びインド向けに開発された車
両のようです。生産国はタイのようですね。ぱっと見、どう見てもトヨタ
さんのヴィッツに見えてしまいます。何だか物凄く遠い所にフィットの面
影も有るような無いような。(笑)

 どちらにしてもタイ・インド向けの車両となると確実に言えるのが小排
気量 低価格。ボディーサイズのコンパクト化。これは絶対に避けられな
い受験なのでは無いか。その辺を攻めて行くと全体的に車両コンセプトが
書くメーカーよくにて来る事となります。じっと見ているとニッサンの新
型マーチにも似てます。
 できるだけメンテナンス重視で考えられた車両です。ひょっとしたら販
売国ではパーツの流用なんてのを平気でしちゃってるかも知れ無いですね。
 兎に角大事にいつまでも乗り続けられる車両達です。

 ブリオの意味なのですが、これ又不思議なのですが何故かイタリア語ら
しいです。元気とか陽気と言った言葉のようです。
 どちらの国もラテン語圏じゃないきもするが…。そんな事深く考えるな
ってことなのかも知れませんね。あまりそんな所を気にする方も少ないと
見た。
 でもこのホワイト系の車両を特にインドとかタイで買う方おられるのだ
ろうか?結構すくないと思う。基本汚れが目立つ色は海外では嫌われるか
らね。そういったいみでもこの車両のタフホワイトと言う色は貴重な色だ
と思われます。日本人のようにお休みにはワックスを!なんて楽しみ方す
る国も少ないです。

 この車両の他の色についてはトミカダスさんでしっかり紹介されており
ますので是非参考にしてみて下さい。

 いや~トミカって幅広いよね。面白い二日間でした。「来夢音さん」に
は良い刺激頂きました。楽しかったです。又トミカの別な魅力を感じた2
日間でした。本当に有難うございました。感謝感謝です。

 いや~楽しかったですね。今回頂いた物紹介させて頂きました。又明日
からは5月トミカの紹介に戻っていきます。では明日からも又よろしくおつ
き合いお願いいたします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://youkei3298.blog43.fc2.com/tb.php/3948-c5010785
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad