養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

次は何だ。

トミカに限らず、次は何だと考えて頂けるのは、ものすごいことで。連
続して発売される商品全てがこの言葉を待ってる気がする。
 トミカだってシリーズ化されれば、皆この言葉を待ってますよね。

 ま、どんな商品に関しても万人が全てというのは在り得ない。多くの声
が聞こえれば、それで成功なんだと思う。そしてそういった商品に関して
言えるのは、その独特の個性から、反対の意見も同じくらい登場してくる
って事です。
 それだけ個性が強いんですね。自分としては、この個性が物凄く大好き
で。もう題材を2000GTだけに絞ったって所も物凄く好みで。

 逆にこの選択が2000GTファンの方から批判を浴びる事となるんじゃない
かと。実際にあるのかな。ま、でも多分購入がそれ程難しいわけではない
ので、単純に出るから買ってる状態で。購入続けてくれてると思う。
 好き嫌いを別にして、トミカファンはありがたい存在だと思う。こうし
て大きなシリーズが維持存続していくのだろう。そんな風に感じておりま
す。

 継続は力といいます。確実に続けることによって何かが生まれていく気
がします。その生まれるものが、一番最初に登場したアメリカ国旗の2000
GTの値段がとんでもなく高騰する。ここは全然必要ない変化のようなきも
するが…。
 しかし見方によっては、これも継続した結果としてでたブームなんじゃ
ないのかな?いろんな意味で継続は大きいよね。
 さ、本日は大好きなシリーズ今回はこんな仕様で登場になりました。

TL0021 トヨタ2000GT
2002.09
アピタピアゴオリジナル
世界の国旗シリーズ 第19弾
トヨタ2000GT キューバ国旗タイプ
2016.05
2016090101.jpg
2016090102.jpg
(トミカ 4152)

 最近の通販のページ見ると、しっかり三面図が載ってますよね。デザイ
ナーさんが製作したイラストをそのまま予約写真として使っています。

 三面図ってね、以外に簡単そうに見えて難しいんですよ。イラスト上で
柄をあわせるってのは結構大変なことなんです。相当場数を踏んだデザイ
ナーさんが製作しているか、若しくは最近一般的になったキャドでの製作
ですかね。

 キャドがなかった時期には、ガイドラインを引いて柄をあわせたんだよ
。それでも局面はガイドでは合わない。頭の中で微妙な調整を試みながら
仕上げていきました。なのでこうした三面の柄が如何に難しいか。
 よく続いていると思う。

 最近の構図は統一性さえ感じるのだが、初期の作品はどう国旗を配置す
るかしか考えてなかった感じです。進歩してますよね。デザインも継続と
共にどんどん進化しているんだね。
 そんな進化の系譜は「トミカダス」さんのアピタの欄をみていただくと
一気に見ることが出来ます。面白いですよ!これがコレクションの醍醐味
なんでしょうね。楽しいです。

 タイムリーなのかどうか判らないのですが、本日キューバに定期便の一
号機が到着しました。
 出来ることなら、こちらもしっかり継続して歴史を作って欲しいもので
すね。変化してるんだね世の中。退化してるところも多いのだが。それで
も目に見えないスピードでも進化は続いてるんだね。
 トミカ。これからも進化辞めないと思う。楽しみだね。十分楽しませて
頂きます。

 なんだか本日の名古屋はまた暑さが戻ってきました。寒の戻りっての聞
きますが、暖の戻りって…いらね~な~。暑いの嫌いじゃ…。ではまた明
日です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://youkei3298.blog43.fc2.com/tb.php/3951-57c34e68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad