養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

さて、本日から新たなシリーズ

まさに自分達の時代だ。サンダーバードは、タカラトミーさんが言うとこ
ろのクラシック版が結論だと思う。ある意味CGにする必要があったのだろ
うか。そんなことさえ感じてしまうくらいだ。そう感じませんか?多分そ
の昔自分と同じようにリアルタイムにサンダーバードの脅威を味わった皆
さん、そう思ってるんじゃ無いのかな?

 多分新しいサンダーバードは以前のストーリーを超えることは出来ない。
その証拠に、ストーリーの多くが初期のサンダーバードの物が使われてい
ること。基本的にこの新ストーリーが旧ストーリーを超えようと作られて
いないということ何だと思う。単にリメイク。

 新たなストーリーで新たなメカニックでこの時代で勝負かけたら果たし
て若者は食いついてくれるのだろうか。

 やはり映画もそうなんだが、相当なキャラクターと全く新しく観客の目
を引くストーリー展開。この二つは欠かせないものになる。と言う事は、
名前は同じでも全く別のものを造り上げる必要があると言う事なんだと思
う。この壁って凄いよね!

 新たな世界を築いている、スタートレックや、スターウォーズ。ま、ス
ターウォーズに関してはストーリーが繋がってるので、完結してないわけ
だから別口として、スタートレックなんかは名前だけは引き継いでいるの
だが全く新たな世界をつくりあげて、どんどんファン層を増やしていく。
これは物凄くまれな話なんじゃないのか。

元のストーリーがマリオネットだったところが驚きだったわけだから、新
ストーリー展開は超スーパーマリオネットで行かないとね!!
 またこの世界の面白さを忘れてしまった昔のファンももう一度見ようか
な?ってなるのかもしれない。

 今回はタカラトミーさんがクラシック版という名前で旧機体のモデル化
をしてきました。また久しぶりに振り返ってみようと思います。

 初日はこんな1台です。

サンダーバードトミカ 01
クラシック版
サンダーバード1号
2016.09
2016121001.jpg
2016121002.jpg
(トミカ 4237)

 一番の特徴はこの主翼の形態にあるのではないか、そんな気がします。
離陸するときはクローズドタイプ。そして、安定飛行のときはオープン
タイプと当時としては、こんな些細なメカも田舎の子供の目からしたら、
超凄かった。多分今でこそ多くの知識が身についているので、面白いな!
って見られるんですが、それを1960年代に造り上げたスタッフの凄さ。
 改めて思い知らされました!改めてすごいストーリーだったんだなと感
じております。

 01はやはり1号だね!当時を思い出すとこの1号の人気は何番目だったん
だろう?
 圧倒的な人気を誇った2号。それ以外の機体で、基地からの発信シーンが
一番多かったのがこの1号なんじゃないかと思います。

 この形でよく地球上を縦横無尽に飛んだものだ。空力的には問題ないと
思うのだが、果たして直進安定性。どの方向が背面なのか判らない。この
メカには背面とか言う理念は必要ないのかもしれないですが。
 どのように水平飛行を保つのか。そして旋回は何を使って旋回している
のか。飛行機に興味のある自分としては、非常に気になるところが一杯で
す。
 基本的に人が操るという前提のマシンではなさそうですね!
 当時ストーリーを見ながらそんなことを考えていたわけではないのだが。
兎に角、カッコイイ。そこだけだった。

 私たちの後の世代の方のなかには、大きくなったらゴレンジャーになる
んだと真剣に思っていた子達がいたように。自分達はサンダーバードに乗
るのが夢だったような気がする。
 
 責任重大だよね!こういった子供さん中心のドラマっていうのは。

 さ、番号的には明日のトミカちょっと期待です。明日もこのシリーズで
す。頑張って紹介しますね!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://youkei3298.blog43.fc2.com/tb.php/4053-acec30b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad