養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

好みはあるのですが。

多くのサンダーバードファンは、自分と同じなんじゃないかと思う。
 外観的になんだか凄く重そうなフォルム。決して鋭角な訳ではなく。カ
ッコイイには程遠いこのマシンが何故人気になったかですが、当然変化と
かは必須ですが、それ以前に自分が惹かれたのは、2号が出動するときに、
隊員さん、昔のストーリーではバージルだったかな。が乗り込むシーン。

 あのシーン物凄く印象的だった。くる!ってひっくり返ってそのまま頭
からスルーって滑っていく。そして中間あたりで回転。そのまま運転席に。

 このシステムに大変憧れた自分がいました。このシーン印象に残ってる
って方いませんかね?自分どのマシンよりカッコイイ乗り込み方だと思っ
た。
 考えたら無駄な乗り込み方なのかもしれないが、それがカッコよかった。
大切だと思うんです。こういったプロセスってのが。そして次のシーンに
繋がっていくのです。
 そのシーンってのが、コンテナを選ぶシーンだったりするわけです。自
分の中ではどんどん盛り上がっていく。このコンテナの中のメカ!魅力的
ですよね!実際コンテナは何号まであるのか。もうこれすら自分の中では
ワクワクだった。実際幾つまであったんだろうね!そんな不思議も魅力の
一つ。

 そして2号の魅力はそこでは終わらなかった。そのまま発射シーンに繋が
る。パタパタ倒れる椰子の木。何かこれがルーティーンとなって毎週やっ
てくる。発射台がギュイーンって上がる。そして遮蔽版が上がる。

 重々しく機体が飛び立っていく。う~ん。やっぱ全てがカッコイイと思
う。こんなもの60年代に見せられたら!嵌らないはずが無い。兎に角大好
きだったってことです。
 
 本日はそんな大好きだった機体を!!

サンダーバードトミカ 02
クラシック版
サンダーバード2号
2016.09
2016121101.jpg
2016121102.jpg
(トミカ 4238)

 何となく殆どの年代を共有する方々興奮度だと思うんです。2号は外観
の見た目と違い色々な物が洗練されていたきがしますね。しかし50年以上
前に作られたストーリー展開やメカとはどうにも思えない。英国ってのは
当時そんなに考え方が進んでいたのだろうか?
 確かに実車の自動車も同じですよね。

 自分の大好きなminiだってそうだよね1959年に登場してきてる。英国の
1950年代ってのはいろんなものが強烈に突出していたのかもしれないです
ね。現在の日本の自動車技術や鉄道技術。すべての根本になってるのは、
英国であるといっても過言ではないと思う。

 兎に角凄い。色んなものに影響を与え続け。そして私たちのような、何
の箸にも掛からないような穢多非人にまで大きな影響を与えてる。凄いよ
ね!英国って!!
 音楽だってそうですよね。ビートルズ物凄く色んなところに影響与えて
る。英国の影響力の大きさ凄すぎですね。

 現在日本はアニメの世界などで世界の先端を行ってると思います。50年
後日本の文化は英国人に大きな印象として残せるものを作っていけるのだ
ろうか。果たして残っているのだろうか。自分はもうその時この世にいな
いですが、どうなってるのか見たいものですね。

 なかなかクラシック版は面白いです。自分の中ではクラシックだとは全
然思ってないですけどね。さ、本日はこんなところで終了です。

 さ、自分これでお正月休みまで休みありません。ふ~~頑張らないとね
お正月休みのために!!皆さんも忙しいでしょうが頑張って行きましょう
ね!!ではまた明日です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://youkei3298.blog43.fc2.com/tb.php/4054-1cf820c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad