養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

最初にこの箱を見て違和感を。

自分ここに来てやっと気づいた事があるんです。自分が見ていたサンダ
ーバードの角度というのは、実は製作側から最もカッコイイ角度を見せ付
けられていたのだと思います。
 その証拠に、自分が書いていた絵はほとんどが々角度からだったように
感じます。それを自分の中で勝手に図案化していたんでしょうね。

 なので絵を描くと、皆同じ絵になっていたのだと思います。動画上では
色々な角度が登場しているのですが、そこにはトリックがあったのです。
 絵の題材にする全体が映る静止画に近い絵が非常に少ないのです。そし
て別角度になると、部分的なクローズアップ画像が増えてくるような気が
するんです。

 そして私たちが見ていた画像というのは毎週ルーティーンで流された同
じものだったんですよね。やはり最終的に製作側の見事な手法で、子供の
頭の中にサンダーバードの各号の決められた角度のようなものが割り当て
られていたように感じます。

 こう言われると、皆同じ角度の同じような絵をかいていたように感じま
せんか?実際同じだったと思います。だってカッコイイと思える絵は、ル
ーティーンで流される画像を如何に再現すいるかですもんね!
 絶妙に計算された番組進行がそこには隠されていたのでしょう。

 そこまで多くの視聴者の中に2次元化されたイメージが固定されていた
ものを立体化する。これは当時のイマイさん相当苦労したと思うんです。
その研究の成果、完成度の高さが、当時の私たち。子供の関心を一心に
集めることになったんでしょうね。色々考えてみているとあのお化けドラ
マしっかり考えられたものだというのがわかりますね!!

 そして本日の題材なんですが、箱絵の違和感。それこそこの成果だとお
もうのです。

 本日は5号を紹介して行きます。その辺中心に記事にして行こうと思いま
す。まずその違和感をどうぞ。(笑)

サンダーバードトミカ 05
クラシック版
サンダーバード5号
2016.09
2016121401.jpg
2016121402.jpg
(トミカ 4241)

 この箱絵、何か違和感感じませんか?自分の中の5号。そ、絵に描いてた
ものは、左右向きが反対だったんですよ。タカラトミーさんこのあたりの
調査もしてくれるとよかったのですが。おぢさんたち対象に物を売ろうとす
ると結構細かな拘りに気づくこと。これがヒットの鍵に繋がると思うんです

5号のフロントにある突起は自分の中では違和感にしか見えてこないのです
これも完全な思い込みのようなものなんだと思います。

 サンダーバード5号でみなさん印象に残っているところはどこですか?
これこそ人それぞれだと思うのですが、自分不思議な所が印象に残ってい
るのです。
 絵を書くときの特長にもしてた気がします。それはどこかというと、

 サンダーバード5号は3号とドッキングする装置を有しています。自分は
あのシーンが最もカッコイイと思って見ておりました。でそこで目に付く
ものがありましたよね、覚えてますか?
 層なんです。ドッキングする四角の部分にある 手摺 なんです。あれ
が書けると、5号の絵の制度が上がるような気がしていたのです。いつも
結構細かに書いていたきがします。にも拘らずフロントの突起部分はあま
り意識の中になかったきがするな。
 上部の角のような二本のアンテナらしきものと真下に伸びる長いタワー
暗いしか印象に残っていなし。にも拘らずどうでも良い 手摺 が印象に
残っているのです。
 これはドッキングのシーンがクローズアップだったという事を物語って
いるのかもしれないですね。

 こうして冷静に物事が見られるようになると面白いですね。

 5号のプラモデルは3号を持っていれば欲しいと思ったでしょうが、しか
しそれをドッキングさせようとすると、5号のプラモデルが巨大化していく
事になります。自分は3号のプラモデルを持っていなかったので、欲しいと
いう欲求も少なかったのかもしれないですね。最もギミックの少なさも、
自分としての魅力に繋がらなかった要因なのかもしれないです。

 コメント見ても判りますが、当時の子供。自分達ですが、ガンプラなん
てものじゃ無いほど、皆さん盛り上がったんですよね!!今思い出しても
たのしいな~って思えます。
 
 このシリーズこれで終了ですが面白かったですね!多分タカラトミーが
これで終わらすとも思えませんので。また登場してきたら皆さんで盛り上
がりましょうね!!良い5日間でした。楽しかったです。では明日に続きま
す。 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://youkei3298.blog43.fc2.com/tb.php/4057-d6344973
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad