養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

W.M.C.C忘年会ってすごい その8

 昨日のトミカの相方。って言うか、一緒にセットになっておりました。
こういう物が登場してくるってのが凄いですよね。色々なトミカが好きな
方がお見えになります。トミカくらいの歴史とバリエーションがあると、
一車種だけで十分コレクターとして成り立ってしまう。

 ずっと前になってしまうのですが、長野県岡谷市にあるプリンス&スカ
イラインミュージアム紹介したことがあるのですが。ここには大量のトミ
カが展示されております。
 しかしその大量のトミカは一車種。そう、スカイラインのみなんです。
ミュージアムに展示されているそのバリエーションの多さ。驚くばかりで
す。
 もともと世代を超えた人気のある車種です。そして常に若者の憧れの車
種を提供してきたスカイラインというシリーズです。当然トミカでも売れ
筋になるのは当然。

 そして、その人気のあるトミカを現在でこそ少なくなってしまったので
すが、ミニカーショップの有名店。しっかりバリエーションを製作して発
売したのでした。拍車が掛かったんですね!!人気が人気を呼び、物凄い
数のバリエーションが登場したのでした。

 本日紹介する車両もそんなショップが製作した一台になります。

82-1-26 日産スカイライン2000GT-X
1974.08~1989.10
アイアイアド・カンパニー特注
GTRグリル
2017011001.jpg
(トミカ 4263) 

 実車に近づけた一台ですね!!なんとこの車両、グリルまでGT-R仕様に
なっております。凝ってます!!

 全体の雰囲気が一番実車に近いのではないか。そんな気がしております。
ガンメタのボディにオーバーフェンダーの黒。この黒のオーバーフェンダ
ーが黒タンポになっております。なるほどな~。こういったところにタン
ポ印刷を使う。勉強になるし、どういったところにタンポ印刷を使うと、
特徴的に目立つのかが判りますね。

 アイアイアドの商品は他にもあるのですが、その多くが内装色の違いの
ようです。この車両の内装はグレー。これもなかなか車両の雰囲気にあっ
た、実車に非常に近い1台のような気がします。

 基本的にこの当時の車両って、現在の車両に比べると地味なイメージが
あるんですよね。その地味なカラーリングが逆に渋さのようなものに繋が
り、今から見るとそれ程大きくない車両なんですが、当時は異状に大きく
見えたのを覚えております。
 スカイラインはボディーが重い。当時は皆さんそういっておりました。

 考えてみたらセリカLBも2000cc、スカイラインも同じ2000cc確実にスカ
イラインのほうが重く見えますよね!!

 実際運転してみたこともあるのですが、エンジンの特性もあったのでし
ょうが、非常に出だしは重々しく感じたのを今も覚えています。

 各社特徴がハッキリとあったんですね!今のようにPCで制御されていま
せんから、その特徴もよく判りました。
 その特徴が逆に皆さんの好みに直結していたのも間違いのないところだ
とおもいます。自動車が皆個性で走ってた時代ですね!!楽しい時代でし
た。

 今日も良い1台が紹介出来ました!!楽しかったですね!!

 まだまだ続きますよ!!明日からも非常に貴重なもの紹介させて頂きま
す。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://youkei3298.blog43.fc2.com/tb.php/4084-1eef92ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad