養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

近未来的なデザイン

本日紹介する重機だけでなく、最近は色々なものが近未来的なデザイン
になってる気がします。自分たちが小さかった頃に見た未来の乗り物だっ
たりします。
 自分は殆ど漫画を見ない不思議な奴なんですが、それでも小さなころは
アニメに一生懸命だった時期があります。自分の時代で最もメジャーだっ
たのが、鉄腕アトム、鉄人28号、スーパージェッター、そんな所が物凄く
印象に残っている。
 やはりあの時代の子供の目は、みんな未来に向かっていたのかもしれな
いですね。残念なことなんですが、基本的に今も昔も全く変わらないもの
があるんです、それが何かというと、タイヤなんです。どのアニメストー
リーも共通しているのは、未来の乗り物にはタイヤが無いことなんです。
 これが定番だったような気がします。残念ながら頑張った結果、タイヤ
の性能が圧倒的に向上し、タイヤは2017年になっても生き残っています。

 それどころかタイヤが全てのようになりつつある。まさかこんな進化を
誰が考えていたのだろう?自分の中では鉄腕アトムに出てくるようなクル
マ、犬のようなクルマが走ってるはずなんだけどな!!多分あの当時の子
供はそう信じてるはずだ。

 そういった面で自動車の根本は大きな変化が無いわけです。しかしなが
ら、一番最初に目に飛び込んでくるデザインは大きく変化しています。

 この重機なんか間違いなく未来デザインですよ!!凄い進歩だ!!重機
ファンじゃないんだが、このデザインは凄いと思います。
 本日はこんな一台の紹介になります。

56-5 コマツ ブルドーザD155AX-6
2008.10~
建設車両セット5
ブルドーザ
2016.12
2017021601.jpg
(トミカ 4297)

 やはり何が一番変わったのかというと、鉄板の加工能力なんだろう。曲
線の表現は自分が小さかったころ60年代には絶対に在りえなかった技術だ
と思うんです。
 子供の書く自動車という言葉がありますが、当時の自分達が書いた自動
車の話なんだと思います。まるで積み木のような。何となく判るでしょ!
 実際の話し、どのクルマも皆あんな感じだったんだよね。

 良い例だと、日産のスカイライン。いわゆる箱スカって呼ばれてる車両
ね、基本的に積み木でしょ。でもいそんな中にもスカイラインがあったん
です。スカイラインってのはそこから来てるんですよ。ボディー中ほどか
らリアにかけてのサーフライン!!あれが最高に加工してある感じです。

 見て今の車の曲線!!かんがえられないよね。ボディーの薄さも昔では
かんがえられないくらいです。それでも当時の車両に比べると強度があっ
たりするわけです。これは塗料の進化なんてのもあるんでしょうけどね。

 兎に角思った以上に世の中は進化してるわけです。タイヤ以外は!!(笑)

 本日の車両の無限軌道もじつは素材とか、色々な面で物凄く進化してい
ると聞いたことがあります。無限軌道なんて今は言わないか。正式名称は
そうなんだよ!キャタピラって言ったほうが判りやすいよね。

 しかしまさかブルドーザがこんなデザインになるなんて誰も想像すら出
来なかったと思います。トミカも創世記の頃のモデルと比べると天と地ほ
どの差があります。

 面白いよね!ミニチュアカーってのは。立体の図鑑みたいなものだと自
分は思っています。でもそれ程重要視されていないのが悲しいところです。
 さ、本日は少し疲れました、こんなところで。後い少し頑張ればまた日
曜日がやってきます。頑張ります!!
さ、明日の最終日に続いていきます。また明日です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://youkei3298.blog43.fc2.com/tb.php/4121-c40eb306
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad