養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

トミカではいつまでも新車!!

ミニチュアカーの凄いところはこれだね。一体何年前になるんだ?
なんと、28年前にトミカで新車として登場して来たマシンが今回のトミカ
博で新たに登場してくる!しかしよく型が保管してるものですね。凄いと
思う。型の倉庫なんてのがあるとしたら、もう宝の山ですね!しかしよく
管理されているのか細部がそんなにナメテいるようには見えない。

 そしてもう一つの理由として、人気のあった車両なので、何度も何度も
再販を繰り返したので、新たな型が何度か導入されている可能性が高そう
ですね。
 いやそれにしても懐かしい車両です。自分もこの車両、実車が販売にな
った頃随分若かった気がします。1988年29年前。この車両の人気は本当に
爆発的で、当時圧倒的な人気だった、ホンダのプレリュードを販売台数で
抜いてしまった、とんでもないお化けマシンでもある。

 自分の印象に残っているのは、この車両のグレード名。J's、Q's、K's
なんかカッコイイですよね。そんな名称も販売に拍車が掛かった理由のひ
とつなんじゃないのかと思う。

 全体的に見ると実に車らしい車の形をしている。この当時の車両の欠点
はライトが白濁してしまうところなのかもしれない。日産車だけでなく、
各メーカー同じような感じです。年式が年式ですから、仕方のないところ
もあります。
 流石に人気車種のこの車両も、最近は見ることも少なくなってきていま
す。でもきっと大事に乗っておられる方は存在するのだと思う。いいマシ
ンです。

 本日紹介する車両なんですが、こんな一台になります。

6-5 日産 シルビア
1989.08~2001.06
トミカイベントモデル★No.19
日産 シルビア
2016.04
2017030701.jpg
2017030702.jpg
(トミカ 4315)

 なんと驚きのS13の登場です。トミカならではですよね!!

 現在のトミカの6番は何かというと、アウディR8です。レギュラー車両
から見たとき4代前のトミカになるのです。驚きですね!!もうそんなに
なるんですね。時の流れるのは速いです。

 今回のトミカの特徴なんですが、実にシンプル。こんな実車がいても全
く驚かない仕様で登場してきました。
 ブルーのボディにボンネットがカーボン仕様になっております。ボディ
横にはTOMICA EVENT MODEL。内装の黒もあいまって、実にしまった印象に
仕上がっております。

 実は自分が購入したのは12月なんですが、この車両が実際に登場したの
は4月の事になります。その数ヶ月後には170-1として、ドリームトミカで
レギュラー入りしてきたのでした。今も圧倒的な人気を誇るマシンなんで
すね。今では生産国もベトナムに変わり。トミカを取り巻く環境も大きく
変化しています。

 時代が流れていく中で、トミカでは今も新車として登場し、そしてしっ
かり売り上げを上げることの出来るマシンです。凄いことです。

 イベントモデルの魅力でもある、過去の車両の復刻。これから何が出て
くるのか非常に楽しみです。

 さ、本日こんな感じで終了して行こうと思います。イベントモデル面白
いですね!!結構楽しんでいます。さ、明日は何が出てくるんでしょうね
楽しみです!!では明日に続いていきます!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://youkei3298.blog43.fc2.com/tb.php/4141-ee10fdc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad