養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

大阪の風5

なんともすごいものが登場してきました。販売しているイベントモデル
で奇想天外なモデルが登場するのは、何となく想像がつくじゃないですか。
 しかし今回登場して来たのは、ミニイベントの参加賞で登場して来たよ
うです。

 個人的にはこのモデル何時かは出してやろうと、メーカーも手ぐすね引
いていたんじゃないのかなって思います。しかしどんな形で出すのかが問
題です。
 モデルのギミックの稼動箇所の多さを考えれば、小さなトミカファンか
らは好評を得るのは確実。
 しかし実際問題から言うとトミカ規格からは大きく外れています。

 元々このモデルの生い立ちがギフトセットと言う事もあります。
 このギフトセットってのは、我が家が大好きなトミカのセットなんです
が、いぜんから、必ずレギュラーとは何処か違った目玉モデルのようなも
のが1台投入されるという特徴があります。
 箱の大きさもあり、比較的トミカの規格を無視することが出来る。だか
らこそ作ることの出来る規格外の目玉モデル。

 ずっと以前のトミカ博のミニイベントのモデルはこのギフトセットの中
からチョイスされたリメイクモデルだったんだと思います。
 最近は、オリジナルのカラーリングを施したり、特別なモデルが登場し
てきています。
 でもやはり基本のラインにはギフトセットの流が、少しだけでも残って
いるのかな。なんて本日のモデル見て思ってしまいました。

 なんとも楽しい最高のモデルの登場です。
 本日の最終日。こんな素敵なモデルが登場してくれました。

70-3 いすゞエルフ高所作業車
2004.05~2010.09
いすゞエルフ高所作業車(黒)
イベント景品 非売品
2017.04
2017051301.jpg
(トミカ 4378)

 大きなバケット登場の理由は皆さんご存知ですが、プラキッズを載せら
れる。乗せる為に大きくしたってのが理由です。
 大きいですよね!基本的にトミカの特徴ってのが、箱に合わせるなんで
す。残念ながらこのトミカはその規格からは外れております。
 自分ならこのトミカどこで活用するかな?ミニイベントであれば、そう
ですね!多分トミカつり考えたでしょうね。

 しかしプラスチックパーツ多様の。トミカつりには向いてないのかな?
でもカラーリングを変える事によって、車両の大きさもあり非常に目立つ
ものが造り上げられる。ということで、ミニイベントの箱なし参加賞に登
場させることになったんでしょうね!

 ここが今までのタカラトミーさんの商品企画と大きく変わったところで
すね。ある意味規格に拘らなくなったところ。これ、過去のトミカ企画で
は在り得ない気がします。

 箱なしでも、トミカファンの心をつかむことが出来る。しっかり予測済
みってことですね。案の定皆さん結構注目のトミカだったようです。
 他にも登場しているかもしれませんが、我が家でもこんな2台を過去に
紹介しています。

70-3 いすゞエルフ高所作業車
2004.05~2010.09
はたらくプラキッズ車両セット
2010.06

70-3 いすゞエルフ高所作業車
2004.05~2010.09
メガトンダンプとあそぼう!
建設車両セット高所作業車
2011.06

 随分以前に登場してるんです。大きさ考えてもギフトセット以外では、
登場させられないですもんね。いや~なんとも魅力一杯の一台です。

 「寮さん」最後の一台まで、物凄く気合の入った車両ありがとうござい
ました。今年の大阪トミカ博の風、しっかり楽しませて頂きました。
 楽しい時間でした!!いつもありがとうございます!!
 「寮さん」に感謝して、今回の大阪特集終了です。楽しかった!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://youkei3298.blog43.fc2.com/tb.php/4209-9efc4d54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad