養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

最近話題になってる車両です。

本日紹介する車両ではないのですが、この車両の名前が、最近の自動車
系Webをにぎわしています。
 どの記事も共通した見出しがあるんです。それがまさかの復活!!とい
う言葉です。
 何でまさかなんだろうね?(笑)個人的には復活するのが遅すぎるくら
いなんですけどね。

 とりあえず現在はこんな感じなんだろうか?
2017060601.jpg

 所で昔々の話になってしまうのですが、現在の若いトヨタファンの方は
ご存じないかもしれないのですが、本日紹介する車両の名称なんですが、
元々は国内向けの車両の名前ではなく、海外向け、輸出車両向けの名称だ
ったんです。
 日本国内の車両名称はセリカXX。このセリカXXは元はセリカの高級バー
ジョンとして登場して来た車両になります。個人的な記憶なんですが、現
在では極々当たり前になった、サンルーフが初めてメーカーオプションと
して登場してきた車両だったと記憶しています。

 当時は電動ではなく、レギュレーターハンドルを回して開閉する仕組み
でした。これはこれでなかなか味があってよかったです。

 色々な想い出のある車両です。その後、その輸出用の名前が前にでてセ
リカという冠が取れました。

 その後トヨタスポーツカーの代表として頑張ってくれました。GTにも登
場してましたもんね!名車です。本日の一台、こんな車両が登場してまい
ります。

トミカプレミアム
14 トヨタスープラ
2017.04~
2017060602.jpg
2017060603.jpg
(トミカ 4402)

 スープラ。気になりますね!噂では発売は確実といわれております。
 またトヨタのスポーツカーの新しい歴史作ってくれるのかもしれないで
すね。残念ながら自分トヨタさんの情報が希薄なもので。

 さて今回紹介しているスープラ。なかなかオリジナルで現存する車両が
少ないのは仕方のないところです。
 特に走りに特化した車両ですので、オリジナルを維持するオーナーさん
が圧倒的に少なかったのだと思います。

 現在残っている車両は比較的オリジナルが保たれた車両達のような気が
します。
 我が家のすぐ近くのマンション駐車場に赤のフルオリジナル車両が駐車
されています。屋根つきのマンション駐車場だから、あの塗装状態が確保
出来ているんでしょうね。
 なかなかオリジナルを維持するのは難しいものです。我が家の古い車両
もフルオリジナルです。維持するのが大変です。社外品のほうが簡単に入
手出来ますから、古い車両になればなるほど、オリジナルは難しくなるの
です。

 スープラは多分これだけメジャーになりましたから、きっとこれからも
残って行くことでしょう。オーナーさん頑張って維持して欲しいものです。


 しかしこのプレミアム。なかなか正体が判らなくなって来てますね。ど
こに向かってるんでしょうね?うむ~今のところ個人的に見えてきません。
観察が必要かな。(笑)ま、もう少し観察続けていこうと思います。

 さ、今月のプレミアムこれにて終了です。明日に続きます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://youkei3298.blog43.fc2.com/tb.php/4233-e13a667c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad