養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

やはり見入ってしまう。

本日は少しだけミニチュアカーから外れます。これは懐かしいという物
頂きました。
 F1に関するグッズなんですが。これが実に懐かしい一冊でした。
 
 F1に関する正確な情報は持ち合わせていませんが、人気に関して、やは
り大きな変化があるんです。その最も大きい要因の一つが、F1日本グラン
プリを開催するにあたってのスポンサーの数だと思うのです。
 確かに、自分が思っているF1の黄金期、アイルトン・セナが走っていた
時代にくらべれば、若干減って来たころだとは思うのですが、それでも現
在のF1をサポートする企業より随分多い頃だと思います。

 本日は「はらさん」から頂いたパンフレットを紹介して行こうと思って
おります。
 結構懐かしい!!と思ってみられている方が多いんじゃないのかな。

2017073101.jpg
FUJI TELEVISION
JAPANESE
GRAND PRIX
SUZUKA
11-12-13 OCTOBER 2002

 これ頂いた時の第一印象。このころのパンフレットの厚いこと!!なん
かちょっとした冊子のような厚さがあります。
 その厚さの原因は、やはりスポンサーの多さなんでしょうね!!
 何せこの頃の日本グランプリの冠スポンサーがFUJI TVさんでしたから。
147Pフルカラーのパンフレットなんてなかなか出来ないですよ!!時代
を感じますね。

 ドライバーもこの時代良い感じですね!!トップにミハエル・シューマ
ッハ/フェラーリ それに対抗するのはマクラーレンのクルサードとライコ
ネン。
 そして日本グランプリが盛り上がってるもう一つの理由が、佐藤琢磨が
F1ドライバーとして参戦しているのです。
 マシンはジョーダンホンダ。良い時代だな!!

 まだ民放で放映がされていて、超盛り上がってた時代です。ミハエルも
異常な強さを発揮していた時代だったと記憶しております。

 兎に角一年に一度の鈴鹿を物凄く皆が楽しんでいた時代だともいます。
そうか…もう15年も前の話しなんですね。当時は日本グランプリが近付く
と仕事が手につかなくなってた記憶があります。ワクワクしましたよね!
 パンフレットをパラパラめくってるだけで色んな事が思い出されます。
パンフレットは貴重な資料だとかんじました。この一冊には当時の熱気が
そのまま封じ込められている感じがします。

 たまたま今朝、F1のホンダのW入賞の記事が入って来ていました。F1
つながリ。なんかの縁かも知れ無いですね。

「はらさん」今回は貴重な一冊有り難うございました。ついつい読みふけ
ってしまいました。(笑)たのしかった!!最高の時間でした。
スポンサーサイト

コメント

鶏さん、こんばんは!

F1のパンフレット、紹介してくださってありがとうございます♪
このころは、いい時代でしたよね〜。
ドライバーの顔ぶれも面白いし、何より日本でのF1ブームも上昇傾向でした。

このレースでは、佐藤琢磨のF1デビューシーズンで、母国GP初入賞!
サーキット中が盛り上がっていたのを覚えています。

パンフレットは、パラパラめくって眺めるだけでも楽しいですよね。
喜んでいただけたようで嬉しいです(*^^*)

  • 2017/08/05(土) 20:53:47 |
  • URL |
  • はら #OsOeDZSY
  • [ 編集 ]

はらさん、こんばんは!!

本当にこの時代の書籍は、一度ページを開くと
当時のことが一気に押し寄せてくるように感じます。
凄いですよね。もうタイムマシンです。
掲載されているドライバーの若さ。これも衝撃的です
よね!!(笑)当然ですが見ている自分たちもすごく
若かったわけです。

はらさん、と共通の友人であるクッキーさんや奥さん
この方たちも若かったんですよね!!
今はレースパンフレット一冊でも見方が随分変わって
きました。
本当に幅広く、楽しく見ることができるようになり
ました。多くの友人の存在がレースの広い目で
見させてくれてる気がします。

 しかしいい時代ですよね!!1ページ目読み出したら
結局全頁読むことになりました!(笑)面白かったです

忘れている部分も多く、なんだかすごく楽しい時間
過ごす事ができました。本当に素敵な一冊でした!
はらさんに感謝です!!いや~いい時間でした。
ありがとうございました!!

  • 2017/08/07(月) 00:38:14 |
  • URL |
  • 鶏 #8iCOsRG2
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://youkei3298.blog43.fc2.com/tb.php/4289-0a8601f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad