FC2ブログ

養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

これもずいぶん前のシリーズになるんですが

先週の中くらいから読み出しました。このシリーズ5冊で1セットのようで
す。
 2001年最初の刊行になりますのでもう17年も前の書籍になるんですね。
あっという間です。この作品なんですが2008年8月に映画化もされていま
す。監督は押井守氏です。自分も見させて頂いたんですが。内容的に非常
に難しかった気がします。
 ま、毎度のことですが、本であれ映画であれネタバレはなしです。

 今日紹介するシリーズ、「スカイ・クロラシリーズ」です。

この作品なんですが、映画が公開されたことにより、一気に注目を浴びた
という経緯もあります。
 書籍発売から7年後の映画化。たぶんこういったことはよくある時間差
だと思うのですが、これだけ小説が注目を浴びたのも珍しいように思いま
す。
 
 でもね、はっきり言って判りやすい内容で、読みやすいシリーズではな
いように感じます。意外に哲学的で内容は簡単ではありません。
 ゆっくり時間をかけて、しっかり読み進められることお勧めします。
とか言いながら、自分はほぼ一週間で…。申し訳ない。(笑)


 このシリーズなんですがこんな5冊で構成されています。
●スカイ・クロラ The Sky Crawlers
●ナ・バ・テア None But Air
●ダウン・ツ・ヘヴン Down to Heaven
●フラッタ・リンツ・ライフ Flutter into Life
●クレィドゥ・ザ・スカイ Cradle the Sky
 の順に刊行されています。映画は一番最初に刊行されたスカイクロラが
べーズになっているようです。

ここでまた面白いことが起こっています。
『スカイ・クロラ』は、刊行順では最初だが、作中の時系列では最後にあ
たる内容であり、時系列順に並べると『ナ・バ・テア』、『ダウン・ツ・
ヘヴン』、『フラッタ・リンツ・ライフ』、『クレィドゥ・ザ・スカイ』、
『スカイ・クロラ』の順になる。また、文庫版の帯もこの順番でスカイ・
クロラシリーズを紹介している。筆者によれば、「第1巻は「ナ・バ・テ
ア」ですので、これから読むのが普通」と言うことだが、「どの巻か
ら読んでも差し支えは無い」とも語っている。

 面白いですよね!刊行した一番最初の本が1巻じゃないってことなんです
なんか、完結から発売ですかって感じになっちゃいますね。

 自分は今回時系列順に読んでみました。それでも結構難しいですし、そ
れぞれの巻とのつながりというのもそれほどないので、解説通りどこから
読んでもいいのかも。

 本の世界いろいろ面白いことがいっぱいです。一歩だけ踏み込んでみる
いろいろ面白いことが待ってると思います。ぜひ!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://youkei3298.blog43.fc2.com/tb.php/4594-5d0fcfa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad