FC2ブログ

養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

ジャンルを選ばず多読する

これ、作家さんには嫌われてるらしい。多読する読者の気持ちがいまいち
判らないらしい。

 でもね、これが辞められないんです。なんかあんまり縛られるのも嫌だ
し、必死で読み進めたジャンル個人的には同じジャンルで気合を入れられ
無い自分でありました。
 次は違う世界を漂ってみたくなる

 壇蜜日記の後に、実は3冊あるんです。

 壇蜜さんの魅力一杯の日記の次に読んだのは、
吉田篤弘さんの 『つむじ風食堂の夜』なかなか面白かった。この本も、
実は隠れたベストセラーと言ってもいい一冊です。
自分の買った文庫は2009年に発行されたものです。しかしこの時点でなん
と15刷!!驚きの増刷です。
 少しだけ頭を働かせながら読み進む。面白い一冊でした。これだけ増刷
される本。それなりに理由があると思いますよ。是非、機会があったら読
んでみるのもいいかも。

 その後に読んだのがこの本
齊藤孝さんの 『サン=テグジュペリ 星の言葉』
こちらは2014年の本を入手したんですが、こちらもこの時点で6刷という
凄さです。人気の本だと思います。
 サンテグジュペリの研究本の中の一冊で、私たちにもわかりやすく、文
中の文章を切り取り、ピックアップしまとめた一冊に仕上がっています。
 個人的に、大変面白く読ませていただきました。一日で2度読ましていた
だきました。何度か読むことで、重要な部分が自分なりにピックアップで
きる気がします。良い本です。
 こちらも機会がありましたら是非!!

 本日紹介しようと思っているのは、こんな本です。

2018070101.jpg
 岩城宏之さん 『オーケストラの職人たち』

 残念ながら、2006年に亡くなられてしまいました。クラシックの指揮者
としてだけでなく、ポピュラーミュージックや、ジャンルにこだわらない
指揮が有名で、天才と言うのはこの人のためにある言葉なんじゃないか、
そんな気さえしました。
 そしてこの方の文才も有名で多くの書籍を残されました。その中の一冊
オーケストラなどの裏方さんを中心に書かれたのがこの本です。
 実に楽しくあっという間に読破してしまいました。
 多くの著作があります。どれも面白いです、どこかで手に取ることがあ
るようでしたら是非一度読んでみてください。なんだか自分たちの知らな
い世界に連れて行ってくれること請け合いです。

 最近はゆっくりペースで読み進めています。一週間で3冊程度。このくら
いが仕事に影響しない程度に読める、個人的にいいペースだと感じていま
す。のんびっり本を楽しむ。良い感じです。

 おかしな本一杯購入してますので、又紹介しますね。

 さ、明日からまた仕事です。暑い日が続きそうです。皆さん頑張って仕
事していきましょうね!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://youkei3298.blog43.fc2.com/tb.php/4635-6d4de78b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad