養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

今週も安定の3冊でした。

大体1週間三冊のゆっくりペースが定着した感じです。のんびりペースで
読書するのは楽しいです。
 基本的に通勤時間帯にしか読みませんので、自分の通勤途中の風景は活
字という事になってしまいました。

 雨が降っても晴れても、何か全然景色は変わりません(笑)ま、しょう
がないですね。

 さて今週読んだ3冊を。

先週の岩城宏之さんの『オーケストラの職人たち』の後に読んだ本が、本
来なら少し時季外れになる予定で読んでいたのですが、なぜかジャストフ
ィットしてしまった一冊です。

秋山ちえ子さんの『雨の日の手紙』
2018070601.jpg

まさに、そのままの一冊です。雨が降った日に手紙を書く。誰宛とかいう
わけでも無く手紙を書く。それがたまりたまって一冊の本になったわけで
す。
 なぜか自分の読む本は最近筆者が亡くなっているパターンが多い。この
方も2016年に99歳で亡くなられました。
 この方を調べると、最初に出てくるのがラジオパーソナリティという職
業。実際に自分はこの方の番組を聞いた記憶はないのですが、きっと有名
な方なのだと思う。
 自分はレコードと同じように、ジャケ買いをする時があります。この本
もそんな感じなのかもしれません。なんとなく題名で選んだ本でした。
 思った以上に楽しい一冊でした。またどこかでこの方の本が入手できる
ようであれば是非読んでみたいものです。縁があれば!!
徹底的に内容の説明をしないのはこのブログの特徴でもあります。(笑)
気が向いたら読んでみてください。



次に読んだのがこの一冊
碇義朗さんの『「夢の超特急」、走る!新幹線を作った男たち』
2018070602.jpg

航空機や乗り物関係の書籍の多さでは有名な方です。
残念ながらこの方も2012年に亡くなってしまいました。
題名のそのままです。新幹線の開発ストーリーです。なんだか創作の話よ
り実際の開発ストーリーはなんでも面白いですね。
過去あまり開発ストーリーは読んでいなかったのですが、最近面白いこと
に気づきたまに気が向いた時購入して読んでいます。
0系の開発ストーリーのように感じるのですが、実際には多くの登場人物の
自伝のような展開になっています。
 当然開発ストーリーも含めしっかりとした一冊にまとまっています。
ビジネス書とは違う、しっかり当時に戻ってしまうような一冊です
プロジェクトXのような1冊です。
当時の国鉄総裁 十河総裁。さ、なんて読むのでしょうか(笑)苗字って
難しいですよね。

 そごうって読みます。
中々あっという間に読んでしまいました。
楽しかったです。


 最後の一冊なんですが
百田尚樹さんの『永遠の0』
2018070603.jpg

良かった!!まだ生きておられる作家さんの作品です(笑)
少し週またぎになってしまいそうですね。P589という厚めの一冊です。
映画は見ました、民放などでも放映されていると思います。ストーリーも
頭の中に残っているのですが、小説自体は読んだことがありませんでした
ので、今回読んでみようと思い立ちました。
 やはり映画とは違う面白さがありますね。活字中毒の自分には映画より
頭の中で展開される絵は濃厚な気がします。
 まだ少し残っていますので、来週の頭まで読むことになりそうです。

 やはり映画になる小説ってのは、しっかりしていますね!面白いです。
ま、映画には描かれなかった細かな部分もあると思います。一度再読して
みるのも面白いかも!!


 すいませんもっとたくさん紹介できたらいいのですが、この程度のスピ
ードで読むのが一番頭に残る感じなんです。
 さ、来週はどんな本が登場するのやら。また来週です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://youkei3298.blog43.fc2.com/tb.php/4640-fe7ea7d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad