FC2ブログ

養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

なんとも不思議です。

自分は以前にも書いたのですが、活字中毒患者です。活字が切れるのが
怖いところがあります。全然我慢が出来ないというわけではないのですが
それにしても出勤時間に活字がないのは我慢ならない。
 ということで、文庫本の在庫は常に100冊くらいはあります。

 この在庫もあっという間に減っていきます。いちいちどのくらいで、ど
の本にあたるかなんて計算して置いてありません。そして当然なんですが
ジャンルも全然考えずに並べてあります。買った順番で読んでいるのです。

 その中でもこれはいつか読まないとな、と思って買った本もあります。
でもそれすら忘れてしまっていますけどね。
 で、今回読む順番としてやってきた本。不思議としか言いようがない。
まさかこの時期にこの本の順番がやって来るとは。

 クライマーズ・ハイ 横山秀夫
2018080701.jpg


 この本の題名で思い浮かぶのは、テレビドラマや、映画だと思います。
そうなんですね1985年8月12日 日本航空123便墜落事故を題材にした小説
なんです。
 しかし実際にこの小説非常によくできており、素晴らしい出来だと思い
ます。単行本では読んだ記憶があるのですが、なんとなくストーリーを忘
れている部分が多い気がしたので、文庫本を購入したのでした。
 その本が8/7の順番でやってきました。

 ほんを手に取ったとき、忘れるな!!って言われてる気がしました。

別にこの時期に来るように置いたつもりはありません。実際の所購入した
事すら忘れておりました。不思議なものですね。
 こういった小説とかに、何か人を動かす意思があるんでしょうかね?す
こし驚きました。

 比較的厚手の本ではありましたが、一度読んでいますし、一冊を読むの
にそれほど時間はかかりませんでした。毎度のペースで2日ほどでした。
いま改めて読んで思いました、この小説やはりよくできている。傑作です
ね。
 題材は衝撃的ですが、読む多くの方にこの事故の重大さを思い出させる
そして、多くの人がどう動いたのか考えさせられます。

 まだ小説として読んでない方、ぜひお薦めです。
 別にこの時期に読む必要はないと思いますが、時間が出来たとき、是非
一度手に取ってみては如何がでしょうか?

 今日はちょっと不思議な一冊が巡って来たぞと言うお話でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://youkei3298.blog43.fc2.com/tb.php/4672-5b61720e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad