FC2ブログ

養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

養さんも、強烈な負担が。

 老人性の痴呆症に関する症状は人それぞれだと思います。特に自分で仕
事をしっかりして、生活が出来上がっていた方ほど、その症状は激しいギ
ャップとなって襲ってくる感じです。

 我が家は、養さんが頑張って仕事を休みながら対処にあたってくれてい
るんですが、残念ながらその養さんに対する感情も薄れてきている感じで
す。電話では残念ですがもう、恨みの対象になってしまっている感じです。

 本人を目の前にすると、しっかりとした対応をしてくれ、おはなしも楽
しそうなんですが、電話で話すと、もうその電話相手は全て自分を拘束し
た悪の権化に変化してしまいます。
 出来る限り時間が出来たときは会いに行くようにしているのですが、こ
れまた残念ですが、前回あった2日前の記憶があやふやになってしまいます。

 のんびりと話を進めると思いだしてくれるのですが、やはり一つの話を
完結させるのに1時間ほどかかってしまいます。でも1日経過すると記憶の
どこかに消え去ってしまうようです。

 家族としては残念なんですが、記憶に関する障害は日を追って悪化して
いる感じです。
柔らかに薬効が蓄積するように、パッチタイプの薬を処方していただいて
おります。その薬の効果もあると思うのですが、少しだけ落ち着いている
と思います。

 自分思うのですが、今痴呆だと判断されている本人が一番つらいのだと
思います。体力的には問題なく、ほぼ普通に戻ってる。
 しかし記憶が50%くらいだと思います。
何が現実で、何が非現実なのか…混乱してると思います。身体が自由に動
く分考えがついていかない。なんとも矛盾してますよね。可哀そうですが
やはり近くで見ていると行動のおかしさが目立ちます。

 今回の事で感じたのですが、本人の為と思って行動してるのですが、そ
れは本人からしたら大きなお世話なんですね。もうそれは良く判っている
のですが、どこかでそれする身内が必要です。
 親戚の方たちからしたら、息子は悪魔だと思います。あんなにしっかり
してるのに施設に入れてしまった。どう言われてるのか想像はつきます。
特に田舎ですので、その評価も過酷です。
でもね、誰かがやらないと。残念ながらそれは孤独死に直結してしまいま
す。

 家族が出来る範囲もう限られています。自分たちの生活も確保しながら
介護も考える。本当に難しいと思います。
 多くの方の力を借りながら、少しづつですが我が家は前に進んでいます。

 口に出さないですが、多くの方が持っている悩みだと思います。
長生きが普通になった時代。必ずその先にやってくる問題なのではないか
そんな気がしています。もし現在その問題で悩んでいる方、自分が壊れた
ら元も子もありません。相談できる所、人があれば相談してみましょう。
 必ず良いアドバイスを頂ける専門の方がいるものです。まず一歩踏み出
してみませんか。我が家はそういう方にずいぶん助けていただいておりま
す。

 少数の家族で出来ること限られています。補助していただく。自分の為
にも家族の為にも大切なのかもしれないですね。
 症状はそれぞれです。それに合ったヘルプを。まず一歩踏み出してみま
しょう!頑張れ!みんな同じように悩みながら自分の生活も維持し、戦い
続けてます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://youkei3298.blog43.fc2.com/tb.php/4731-8ff84a3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad