養鶏ぶろぐ

鶏おぢさんのゆっくりのんびり日記

昨晩はすいませんでした

本日は少しだけ早く帰ってこられました。のんびり記事書こうと思ってま
す。
 最近はトミカの追っかけを引退したので、のんびりマイペースにトミカ
見ることが出来てます。これいいですね!完全に忘れてたトミカの楽しみ
思い出した気がします。
 なんにでもですが余裕がないといけないですね。特に趣味の世界は余裕
が大切だと分かりました。

 一生懸命追いかけたお陰なのかもしれないですね。楽しかったです。

 ま、後はのんびりと続けていきます。あ!辞めませんからね!のんびり
と、ひっそりと続けていきます。

 さて続きのトミカを。

 本日はキャラクター上最も強いキャラクターと言われてるキャラがモチ
ーフになっています。こんな一台です。

マーベルチューン
Evo.5.0
マスクドキャリー
ハルク
2017.11
2018041401.jpg

2018041402.jpg

(トミカ 4607)

 この映画見たことある方なら判るんですが、本日紹介するキャラが如何
に強いかご存知ですよね。
 とにかくかなうキャラがいない。

 なかなか上手く特徴捉えてると思います。そして何より言えるのが、
このシリーズの特徴として、とにかく重い。非常に重い。この重さがシリ
ーズの特徴になってるかもしれないですね。

 合金の塊ですね。なかなか子供さんが手にするには思い一台だと思いま
す。

 好きってのは不思議なもので、興味のない方から見たら、なんで?って
いうトミカも好きな方には最高の一台になってしまう。
不思議なものです。

 今日のトミカなんか好き嫌いありそうですよね!養さん的にはなかなか
素敵な一台だったようです。よかったよかった。

 さ、明日は日曜日。のんびりしたいですね。また明日に続きます。

 またそのうち報告させていただきますが、現在ちょっといろいろ動いて
おります。本日も少しだけ前進したようです。養鶏ぶろぐとして紹介して
良いのか判りませんが、そのうち何らかのアクションを起こしていこうと
思います。その時はまたよろしくです。

 ではまた明日です。

トミカ購入おさえても…

多分ここは、抑えられない所だろうな。なにせ養さんの最も大好きな分野
ですから。
 現在はトミカを買う事で、ほかのグッズの購入抑えてる状況ですからね
これ辞めるわけにはいかないんです。

 最近は自分も養さんも忙しいので、映画を見に行く時間が取れません。
トミカで憂さ晴らしってことですね。
カーズトミカなんかも同様ですね。トミカ辞めたら、多分その分違うグッ
ズにつぎ込んでしまう可能性があります。

 これからも、自分達の欲望を抑えるためにも、カーズ、マーベル一杯発
売してください。(笑)

 これって大半のトミカファンの意見を逆行するもののような気がするん
ですが、全く気にしない。(笑)

 という事で今回はこんなトミカを紹介していこうと思います。

マーベルチューン
Evo.2.0
アドトラック
マイティ・ソー バトルロイヤル
2017.11
2018041201.jpg

2018041202.jpg

(トミカ 4606)

 このアドトラックっていうシリーズ大好きです。
なんだかものすごく見栄えがいい感じがするんです。アメリカンな感じも
しっかり漂ってきます。良いですね!

 基本的に気に入らなかったら購入しないので。やはりキャラというより
コンセプト、マーベルが大好きなので、すべて受け入れちゃってます。

今回のキャラクターも大好きらしいので。オールOKです。(笑)

 それにしても忙しいな~何だろうね。現在は年度末の忙しさも一段落し
少しだけ落ち着いているんですが、それにしても多くの同業者が廃業もし
くは倒産したりしてるので、その分の仕事が自分の会社にのしかかってき
ているんだと思います。

 恐ろしく面倒なのは、会社それぞれでいろいろな製作方法が存在し、そ
の工程も多種多様。それをすべて引き継がないといけないわけで、前の会
社はこうだったとか、言われても、自分の会社ではその工程はやらない。

 でもお客さんですので、すべて断るってわけにもいかない。そこで仕事
が少し増えることになるんです。

 で、少しの仕事増量なんですが、大量な新規顧客になると、その仕事量
が大量になって来る。
 名古屋でも、デザインと大手印刷屋をつなぐ中間工程までこなす会社は
少なくなっています。
 各印刷工場 それぞれの入稿データのお約束が存在します。それを把握
出来るのか。いつも大変です。

 こんなことが私たち零細企業にのしかかってきている現状です。この余
分に増えた工程はお金になりません。なかなか辛い所ですね。

 会社が存在する限り、この忙しさは軽減していかないと思います。は~
とにかく頑張ってます。必死です。生き残りって難しいですね。

 明日も続く。何とか生き残っていきます。

再版に随分時間がかかりました

思い出せばこのトミカが入手できなかった理由。
問屋さんが、なぜかこのトミカの入手を忘れたと言ってた。社長はずっと
黙ってたんですが、実はこのトミカが出た時に、社長の身内の方が亡くな
っておらあれたんだね。

 うむ~後で理由がわかるといろいろな事が見えてくるもんですね。その
時も実際にこのトミカの人気が凄かったので、入手が難しかったんだな、
それくらいにしか思ってなかったので。

 人気のトミカだし、すぐ再販になるんだろう。くらいにしか思っていな
かったもので、別に社長に文句も言わなかった。
 って、過去に入手できてなくって、文句言った事なんて一度もなかった
けどね。
 購入人に任せておいて、文句言うってどういうこと?そうですか。で終
わってました。トミカでカリカリしたってしょうがないですから。

 という事で再版まで気長に待って、ほぼ9か月。本日やっと紹介すること
になりました。
 本日はこんな一台です。

ドリームトミカ
144-3 ミニオン/ボブ
2017.07~
2018041101.jpg

2018041102.jpg
(トミカ 4605)

 しかし久しぶりじゃないですか?いくらキャラクターものとはいえ、こ
こまでの売り上げを誇ったトミカ。

 自分はそれ程この映画に興味がなかったので、映画館には見に行ってい
ません。相当人気あったんですかね。
 映画館行っても、レイトショー見てると、人気があるのかないのかちょ
っと判らない。いつもすいてるんです。

 映画って本当に儲かってるんだろうかって思っちゃうよね。

 このミニオンって映画なんだけど、どこで見たかな?思い出しました。
スーパー銭湯の休憩室で映画上映してるの見たな。

 ああいう時って見てるのか見てないのか判らない、ぼ~~ってしてる感
じですもんね。真剣に見てるお客さんも少なかった気がするな。

 休憩室なんで、殆どの方が寝てた気もする。
 うん!やはり印象に残ってないです。(笑)
ギャグ映画はやはりあまり印象に残らないな。でも売り上げが伸びたとい
う事は、世間一般では人気があったってことだよね。ふ~んって感じです。

 結局ストーリーらしいものは思いう出せません。ウィキペディアで調べ
るまでもない気がする。

 とにもかくにも現在は再版されております。

 購入はセントレアのコンビニでした。

セントレアでは意外とトミカがよく売れているようです。確かにC国の方が
一杯いますもんね。
 本日はこんなトミカでした。いやいや久しぶりでした。ではまた明日で
す。

カラーリングがもたらすもの

驚くほどカラーリングによって、その車両のイメージって変わるような
気がするのは自分だけなんだろうか。

 本日紹介する車両なんかはどちらかというと、車両自体が復刻盤的な車
両なんだと思うんです。エンジンや足回りなどは最新のものをチョイスし
ていると思います。乗り心地などは、最新の心地よさを再現している。
 
 そこへもってきてレトロさをプラスする。kろえって、車好きにはたま
らなく素敵な車両に出来上がってる気がします。
 自分にも判らないのですが、ミニバンとSUVには興味がないのですが、一
般的に商用や仕様分野に特化された車両には非常に興味が向くのです。

 何かに特化された車両ってものすごく魅力を感じるんです。マニアック
ですよね。
 本日の車両も街乗りをするには少しだけ大きいし、駐車場など考えてし
まいそうなきがします。特に自分が住んでる町の中だったりすっると、駐
車場なんか困りそうな気がします。少し古い地下駐車場は天井低いし。

 色々なリスクが付きまとうんですが、そんなリスク乗り越えてでも乗っ
てみたい車両ではあります。

本日はこんな車両になります。

44-9 トヨタ ランドクルーザー JAFロードサービスカー
2018.01~
2018040701.jpg

2018040702.jpg

(トミカ 4604)

 この車両なんですが、昔からファンが多い車両なんです。自分が高校生
だった頃、アルバイトで山に荷物を担ぎ上げる仕事をしていました。
 足腰を鍛えるのにちょうどいいという理由で、ずっと前から自分の所属
するクラブの伝統でした。

 いま、今小屋に色々なものを上げる仕事はどこが担当しているのか自分
にはわからないのですが、当時は営林署からバイト依頼が来ていました。

 山小屋をどこが運営するのかによって変わるんでしょうね。じぶんが荷
揚げしていたものは、非常用の水だったり、毛布であったり、缶詰とうの
非常食でした。その山小屋は宿泊施設ではなく、非常用避難施設として使
用されていたんでしょうね。夏より冬前のほうが仕事が多かった記憶があ
りますから。

 自分が住んでいる町から、多くの荷物を積んで、未舗装の林道を走り、
登山道入り口まで。当時もランドクルーザーでしたが車両は板バネで、今
より随分乗り心地が悪かった印象です。
 でも営林署の車両イコールランドクルーザーでしたね。

 当然そこには三菱のジープという選択もあったと思うのですが、トヨタ
の信頼性は当時からあったのだと思います。もう何十年も前の話ですが、
自分が乗る以前から、この車両には思い入れが強かった方が多かったと思
います。

 今回登場した車両もレトロな感じですが、だからこそ魅力を感じます。
やっぱり個人的には商用的なイメージの強い車両のほうが魅力を感じるの
かもしれないですね。あまり街で見かけないってのもポイント高いです。
 環境には優しくないかもしれないですけどね。

 あまり多くの方から支持されない車両。へそ曲がりのおぢさんには魅力
が一杯なのかも知れません。
 なかなか魅力一杯の車両でしたね!!いい時間過ごさせていただきまし
た。

なんこった結局昨日より遅かったりする

ま、これが現実だったりします。実際には仕事が減るわけではないので
こんなものですね。しかたないです。少ない時間の中で頑張ってやりくり
する。うん!こんなものです。
 という事で少し遅刻しながらでも紹介していこうと思います。

 時間差にはなりますが後程しっかり紹介していこうと思います。では。

 紹介先延ばしにしててもしょうがないので、今日は時間を少しづらして
紹介していくことにします。
 どうしても新年度が始まったってすぐですので、ばたばたしているのは
仕方のないことです。

 しかし何だろうね、自分思ってたんですが、仕事が終盤を迎えたとき。
少しづつ余裕が出てくる。そんな風に思ってました。それが時代がどんど
ん変化していったんですね。
 会社の人員はどんどん減って来る。それどころか仕事自体が強烈に目減
りしてくる。今まで大手が仕事が出来なくて、小さな会社に流れていた分
がなくなってきてるってのも大きな原因です。大手が自分の会社を維持す
るために、外に回っていた仕事を自社に取り込むようになってきた。
うむ~これは仕事が減るわけです。

 仕事の量が極端に少なくなってる訳でなく、小さな会社に回らなくなっ
てきているのが現状なのかもしれないですね。難しい時代になってしまい
ました。

 とそんな愚痴を言ってても仕方ないので、切り替えていきます。

 本日はこんなトミカを紹介していこうと思います。

24-9 マツダ CX-5
(初回特別仕様)
2018.01~
2018040601.jpg

2018040602.jpg

(トミカ 4603)

 これは個人的な感想なんでしょうかね?皆さんご存知のように名古屋は
トヨタ自動車のお膝元です。そんなこともありますし、如何せん東洋工業
の所在があまりにも名古屋から遠いってこともあったのだと思いますが、
それ程マツダの車両がいっぱい走ってるっていう印象がないんです。

 確かに名車、ロードスターとかちょっと特別な車両もありますので、あ
の車両自体はよく見かけます。しかしそれ以外のマツダ車はどうだったか
というと、若干少なかったのではないか…そんな気がします。

仕方ないですよね。トヨタさんだけじゃなく、三菱自動車、ホンダと名古
屋を取り巻くようにして生産拠点があるんです。仕方ないですよね此の環
境。

 でも変化が出てきてる気がするんです、最近。それもものすごい勢いで
変化が続いてる気がするんです。

 まずマツダディラーの外観の変化。少し目立たなかった外観が、なぜか
黒を中心にした強烈な印象の店舗に変わりました。
 そこに、メーカーのイメージカラーであるマツダレッドの車両を並べる。

 うむ!!これが見事なデヴィルカラーに変化していく。恐ろしく印象的
な外観になっていくのです。
 販売店の外観が大きく変化しただけでなく、車両も大きな変化がありま
した。車の顔が、全車種統一化されたのです。個人的にこれが好きかとい
うと、あまり歓迎ではないのですが、マツダの車両だぞと言う印象は道行
く人に与えていく。
 この印象効果が成功したのもあるし、兎に角内装の豪華さも今のマツダ
車の特徴でもあります。

 これだけ車激戦区の名古屋で目立つようになってきてるってことは、全
国的に見ても確実にそのシェアが伸びてきていると思われます。
 凄いですね!この時期に売り上げが伸びていたとしたら、強烈な意識改
革が生んだ賜物としか思えない。恐れ入ります。

 これからもマツダ車両、手を変え品を変え、挑戦を続けて行くんだろう
な、そんな風に見ております。頑張って欲しいですね!!

 さ、これで明日に繋げます。遅くなりました。では本日こんなところで。

FC2Ad